ココナッツバターのおすすめ6選|お菓子作りにも使える人気アイテムとは?

おすすめのココナッツバターをお探しの方へ。今記事では、ココナッツバターを選ぶポイントから、おすすめのココナッツバターまで詳しくご紹介します。バターやマーガリンの代用にしたり、お菓子作りに重宝したりするので、ぜひチェックしてみてください!

ココナッツバターの特徴とは?

ココナッツバターの特徴とは

ココナッツバターは、ココナッツの果肉を丸ごとすりつぶしてピューレ状にしたもの。脂質・食物繊維・タンパク質・ビタミン・ミネラルが豊富に含まれる栄養価が高い食材です。

味わいは濃厚ですが糖質やカロリーは低く、パンに塗るマーガリンやコーヒーに入れる砂糖の代用としても問題なく利用できます。この他にも様々な料理に使えるため、ダイエット中の食事にもおすすめですよ。


ココナッツオイルと、どう違うの?

ココナッツの中にある白い果肉、固形胚乳からオイルのみを絞り取ったものがココナッツオイルになります。飽和脂肪酸の一種である中鎖脂肪酸を多く含み、速やかに消化吸収されて分解が早いのが特徴です。

一方、ココナッツバターは固形胚乳を丸ごと砕いてすりつぶしたもの。ココヤシの実そのものなので、豊富な栄養素をたっぷり摂れるのが特徴になります。


ココナッツバターの選び方|購入する前に確認すべき点とは

いざココナッツバターを購入しようと思っても、何を基準に選ぶべきなのか迷いますよね。栄養面・味・素材の優しさなど、購入前に知っておけば選びやすくなるはず。

ここではココナッツオイルの具体的な選び方を3つ紹介します。


ココナッツバターの選び方1. ココナッツの栄養をしっかり取れるよう「加熱処理がされていないもの」を選ぶ

ココナッツに含まれる酵素は熱に弱く、48度以上の熱が加えられると壊れてしまいます。酵素は健康や美容に不可欠な物質なので、加熱処理されていないバターを選ぶようにしましょう。

加熱の有無の見分け方は、外箱に「raw」という記載があるかないかです。もし記載ばあれば、それが加熱処理されていないタイプになります。また、より自然に近いものを求める人は「Raw Coconut Butter」と表記されているものがおすすめです。


ココナッツバターの選び方2. 素材そのものを味わうためになるべく「無添加」のものを選ぶ

大量生産で作られたココナッツバターには添加物が含まれているものもあり、添加物には安全性の問題や糖質・脂質・塩分過多などのデメリットがあります。

しかし一方で、保存期間を向上させて長く使えるようにしたり、味や色が簡単に調整できて値段を安くしたりできる点はメリットといえるでしょう。

でも、せっかくなら素材そのものの風味や味わいを楽しみたいですよね。そんな時は無添加のココナッツバターを選ぶのがおすすめです。


ココナッツバターの選び方3. より安心して使用したい人は「オーガニック」を選ぶ

オーガニックとは、農薬や化学肥料に頼らず、太陽・水・土地など自然の恵みを生かした材料の育成・加工法です。

人工的な薬品が使われていない、遺伝子組み換えなども行われていない原材料なら美容・健康にも悪影響を与えず安心して食べられます。

ココナッツバターを購入する際も、安全性を重視するならオーガニック認定のある商品を選ぶと良いですよ。

「不要なものは口にしたくない」といったこだわりのある方にもおすすめです。


ココナッツバターのおすすめ6選|お菓子作りにも人気の商品を大公開

ココナッツバターは食べ方や使い方が豊富で、軽食やスイーツなどのレシピも豊富です。そのため、購入するとなると具体的にどれを選べば良いのか迷いますよね。

そこで、ここでは人気のココナッツバター6個を紹介していきます。購入前の参考にしてください。


ココナッツバターのおすすめ1. ココナッツバター200ml

  • 使用するココナッツはスリランカ産。栽培数を制限して栄養価が高い時期に収穫し、昔ながらの製法で作られている
  • 無添加・無農薬でオーガニック認証を受け、低糖質なのでダイエット中のおやつにも最適
  • 低温加工で製造し、品質保持にも配慮している

健康を考えてココナッツバターを買うといっても、やっぱりクリーミーさが足りないと満足できないですよね。

でもここでおすすめするココナッツバターは65%がバージンオイル、残り35%は食物繊維・タンパク質・酵素・ビタミン・ミネラルが含まれ、クリーミーで滑らかなに仕上がっているのが特徴。トーストやパンケーキはもちろん、冷凍・冷蔵ではチョコレートのような食感で美味しいですよ。

クリーミーな食感をパンに塗って楽しみたいという方はぜひこちらを購入してみてくださいね。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 加熱処理:無
  • 無添加:◯
  • オーガニック:◯
  • 内容量:200g
  • メーカー:アビオス

ココナッツバターのおすすめ2. アーティサナ オーガニック ロー カカオブリス

Artisana オーガニック ロー カカオブリス(チョコレートココナッツバター)(8oz)[海外直送品][並行輸入品]
  • コーシャ・ベーガン認証食品。ユダヤ教やベジタリアンでも安心して食べられる
  • チョコレート入りで豊かな味わいと甘さを含む
  • ロサンゼルスから並行輸入品のため、通関審査や混雑状況で遅くなる可能性もある

「単なるココナッツバターは飽きてしまった。」

「少し違った味を試したい!」

など、健康志向のベテランになると贅沢な悩みも出てきますよね。

アーティサナのココナッツバターは、ベネズエラ産の希少なカカオを使用したチョコレート入りの生ココナッツバターです。

チョコレート風味の豊かさはもちろんですが、一方で砂糖の使用は抑えられているのでヘルシーさもばっちり。

オイル・砂糖・グルテン・着色料・人工甘味料・防腐剤は未使用なので、美容健康を目的としながらココナッツバターの味を楽しみたい方にはおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 加熱処理:無
  • 無添加:◯
  • オーガニック:◯
  • 内容量:236g
  • メーカー:アーティサナ

ココナッツバターのおすすめ3. ココナッツファクトリー ココナッツバター 200g

ココナッツファクトリー オーガニックエキストラバージンココナッツバター 200g
  • 日本・米国の両国で有機栽培認定を所得。栄養価がたかいバターとして知られる
  • 保存温度によってはバターとオイルが分離し、それぞれを使い分けられる。そのまま食べてもOK
  • コーヒーやパン以外にも様々な料理に使える

「ココナッツはバターもオイルも両方試したい!」と思っている人も多いはず。

ココナッツファクトリーのココナッツバターは、20~25℃以上で上部はオイルに、下部はバターに分かれるため、楽しみ方のバリエーションは豊富です。

オイルはサラダや炒め物に、バターはお菓子に使ったりそのまま食べたりもできるので、一つで色々な味を楽しみたい方には絶対おすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 加熱処理:-
  • 無添加:◯
  • オーガニック:◯
  • 内容量:200g
  • メーカー:ダイレックス

ココナッツバターのおすすめ4. ヌティバ 有機ココナッツマナ

Nutiva - 有機ココナッツ マナ - 15ポンド
  • 甘さはクリーミーながらもスッキリしていて、固めると食べ応えが出る
  • 滑らかな口当たりになる温度は23℃前後。そのままでも冷やしても美味しく食べられる
  • 遺伝子組み換えを行っていない安全性が重視されたココナッツバター

「ダイエットや健康は意識したいけど、たまにはチョコレートのような甘さが欲しい。」ダイエットをずっと気にしてると頭も疲れてしまいますよね。

ヌディバの有機ココナッツマナは、クリーミーな甘さとすっきりしたコクが特徴。

23℃を目安に保存すれば滑らかさが適度になり、ドライフルーツと混ぜて冷やせばホワイトチョコレートのような味わいを楽しめます。

また、米国有機栽培、Non-GMO Project認定で安全性も抜かりなし。健康を意識しつつ甘さも楽しみたい方には絶対おすすめの逸品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 加熱処理:-
  • 無添加:◯
  • オーガニック:◯
  • 内容量:443g
  • メーカー:Nutiva

ココナッツバターのおすすめ5. エクーア ココナッツバター 250g

エクーア ココナッツバター 250g 有機JAS認定 米国農務省認定オーガニック EUオーガニック認証 米国FDA認証 ハラル認証 コーシャオーガニック認証 ガラス瓶
  • オーガニック認定や宗教上の戒律に則って製造されている
  • 農薬不使用・無添加で、大人はもちろん、小さなお子様にとっても安心
  • お菓子だけでなく料理にも活用でき、様々な使い方が可能

「ココナッツバターを楽しみたいけど安全性に不安が…。」と感じている人も多いはず。

エクーアのココナッツバターは、アメリカ農務省認定・有機JAS認定・EUオーガニック認証を受けた安全性の高いバターです。

コレステロールや脂肪酸は含まれておらずカロリーも低め。農薬や添加物も不使用なので美容健康を意識する方にはぴったりです。

自分はもちろん、子供や両親にも安心して食べてもらいたいと考えている方はぜひ試してみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 加熱処理:-
  • 無添加:◯
  • オーガニック:◯
  • 内容量:250g
  • メーカー:イーグルアイ・インターナショナル株式会社

ココナッツバターのおすすめ6. ジバオリジナル ローココナッツバター

  • オーガニック認定済み。遺伝子組み換えもしていないので安心
  • ケトフレンドリーなので、余計な物が含まれていない
  • 非加熱なロータイプなので、ココナッツの栄養がそのまま残っている

糖質制限ダイエット中の方は、定期的に甘みのあるものを食べたくなりますよね。少しでも頭に浮かぶと止まらなくなってしまうことも。

ジバオリジナルが扱うココナッツバターは、乳製品・穀物・豆類などを含まないケトフレンドリー食品です。

加熱処理しないロータイプで甘味料や添加物も使用していないため、太りにくいにも関わらずココナッツの味と香りを堪能できます。

定期的に食べても問題ないバターなので、ダイエット中の食事に悩む方や健康を意識する方には特におすすめですよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 加熱処理:無
  • 無添加:◯
  • オーガニック:◯
  • 内容量:473g
  • メーカー:Jiva Organics

そのままでも調味料としても美味しいココナッツバターを選んでみて。

ココナッツバターはココナッツを丸ごとする潰したもので、濃厚な味わいと栄養の豊富さが魅力です。

適度に甘いながらもカロリーは低めで砂糖の代用にも使えます。そのため、ダイエット中でも使いやすい食材といえるでしょう。

人気商品も多く「どれを選べばいいの分からない」と感じるかもしれませんが、正しい選び方を知れば十分に解決可能です。

自分に合ったココナッツバターを選んで食事を楽しんでくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事