グラスフェッドバターとは?市販の美味しい商品/おすすめ人気レシピを紹介

今話題の商品「グラスフェッドバター」について詳しく知りたい方へ。今記事では、普通のバターやギーとの違いから、実際におすすめの商品や人気のレシピまで詳しくご紹介します。栄養価も高いので、健康に気を配りたい方は、グラスフェッドバターをぜひ有効活用してみましょう!

前提として「グラスフェッドバター」とは?

市販の美味しいグラスフェッドバターとおすすめ人気レシピ

「体に優しいバターを探している」「できるだけ栄養価の高いバターを使いたい」という人におすすめなのが、グラスフェッドバター。

聞き慣れない名前かもしれませんが、グラスフェッドバターとは、牧草だけで育てられた乳牛から作られたバターを指します。日本では江戸時代に「牛酪」と呼ばれ、上流階級で薬用として使われていました。

普段から健康に気を使っている方や、これから健康的な食生活を目指そうとしている方は、いつもの食事にグラスフェッドバターを使ってみてくださいね。


「グラスフェッドバター」と「普通のバター」の違い

「牛を飼育するのに牧草で育てるのが当たり前なのでは?」と思われる人も多いでしょう。実際のところ、現在の乳牛は牛舎では乳量を増やしたり、体を大きくしたりするために、穀物(トウモロコシなど)で育てるのが主流なのです。

また、普通の牛を育てるために、ホルモン剤や抗生物質などを投与しています。これらの牛はグレインフェッド牛と呼ばれています。

一方、グラスフェッド牛は、広大な牧場で放牧して飼育されます。牛が十分に動き回ることが出来る上、自分の体に合った牧草を食べられるのでストレスなく育っていますよ。

グラスフェッド牛から作られたグラスフェッドバターは、普通のバターより栄養価が高く薬剤を使用していないので、安心安全な食材と言われています。


混合されがちな「ギー」との違いは?

美容に良いとして話題になっている「ギー」は、無塩バターを煮詰めて、水分やたんぱく質と分離させてつくるオイルを指します。

「ギー」にはカゼインや乳糖が含まれていないので、乳糖不耐症、カゼイン不耐症の方でも安心ですね。

反対に、グラスフェッドバターには乳糖やカゼイン、乳たんぱくを含んでいます。そのため、もともと乳製品を食べたらお腹が痛くなってしまうという人は、「ギー」を使うのがおすすめです。


グラスフェッドバターが市販で買えるお店とは?

グラスフェッドバターは希少価値が高く、近くの業務スーパーなどでは簡単に手に入れることが難しいです。

しかし、輸入食品を扱っているスーパーの成城石井、カルディやコストコでは、一部の店舗で取り扱いがあります。

一度手に取ってみたいという方は市販のものを購入してみるのがおすすめですよ。近くの店舗でグラスフェッドバターを探してみてください。


ネットで買える!グラスフェッドバターの人気おすすめ5選

「グラスフェッドバターを毎日の食事に取り入れたい」と思っていても簡単に手に入らないグラスフェッドバター。でも、ネットなら市販で探すよりも手軽に手に入れられますよ。

ここでは、特徴のあるグラスフェッドバターを5つ紹介します。ぜひお気に入りの一品を見つけて試してみてくださいね。


おすすめグラスフェッドバター1. なかほら牧場のピュアグラスフェッドバター

  • 日本産グラスフェッドバターとしてテレビ番組で多数放映されている人気商品
  • 希少な通年昼夜完全放牧で、ストレスフリーな飼育が特徴
  • 使いやすい無塩タイプで、どんな料理にも合う

「マツコの知らない世界」で紹介されて一躍話題になった、なかほら牧場のグラスフェッドバターは、コクがあるのにさっぱりとした味わいが人気

国産のグラスフェッドバターを食べたいなら、なかほら牧場のグラスフェッドバターがおすすめです。なかほら牧場のグラスフェッド牛は、天然の野草や木の実、野シバなどを食べて過ごしているので、安心して食べられます。

なかほら牧場のグラスフェッドバターは、牧場内の自社工場で作られているので、フレッシュな状態のものが工場から直送で手元に届くもの魅力的です。

高品質で安心な国産製品を買い求めたいという方には最適の一品と言えるでしょう。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 原材料:生乳
  • 原産国:日本産
  • 内容量:100g
  • 賞味期限:製造日を含め60日間
  • 保存方法:要冷蔵10℃以下

おすすめグラスフェッドバター2. ウエストゴールド グラスフェットバター無塩1kg

ニュージランド産 グラスフェットバター無塩1kg 冷凍
  • 日本産のグラスフェッドバターよりも安く購入できるので、手軽に試したい方に最適
  • たっぷり1㎏もあるので、パンやお菓子作りと日頃から使いたい方に最適
  • まろやかでさっぱりとしたコクのある味わいが特徴

グラスフェッドバターを使って料理やバターコーヒーに日常的に使いたいという方には、たっぷりとした容量で楽しめるニュージーランド産『ウエストゴールド グラスフェットバター』がおすすめです。

たっぷり1㎏入っている上に、100gずつカットできる目印もあるので、手軽に保存しやすいのが特徴。「国産品は高い」と感じる方も、100gあたり約280円程度で買えるので、トータルコストでは安く購入が可能ですよ。

1kgも入っているので、料理やコーヒーなどグラスフェッドバターならではのまろやかさやコクもたっぷり楽しめます。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 原材料:生乳
  • 原産国:ニュージーランド
  • 内容量:1㎏
  • 賞味期限:商品に記載
  • 保存方法:-20℃以下冷凍保存

おすすめグラスフェッドバター3. フォンテラ社グラスフェッドバター 業務用5kg

業務用5kg フォンテラ社グラスフェッドバター
  • 毎日バターコーヒーに使いたい方におすすめのたっぷり容量5㎏
  • 国が牛の管理を徹底しているので、安心して食べられる
  • カロテン豊富なので健康志向や美容が気になる方にもおすすめ

「毎日バターコーヒーを飲みたい!」「自分で手作りの牛酪やギーを作ってみたい!」という方には、業務用5㎏のグラスフェッドバターがおすすめです。

ニュージーランドは国が牛の管理をしているのでBSE問題や汚染問題もなく、管理も厳しく徹底されています。その中でもフォンデラ社は、牛の管理に厳しいメーカーと言われています。

広大な自然環境の中で育った牛は、ストレスもなく健康そのもの。牧草で育つため、通常のバターよりもカロチンが豊富で黄色味が濃いのが特徴です。品質管理が厳しいニュージーランドなので、外国産でも安心してグラスフェッドバターが食べられますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 原材料:ー
  • 原産国:ニュージーランド
  • 内容量:5㎏
  • 賞味期限:冷暗所で2か月、冷蔵庫で半年
  • 保存方法:冷凍保存

おすすめグラスフェッドバター4. グランフェルマージュ バイオ・グラスフェッドバター 無塩 250g

グランフェルマージュ バイオ・グラスフェッドバター 無塩 250g
  • ヨーロッパ全土で認知度の高い有機農法AB認証取得で安心な食品
  • 1日15gをコーヒー1杯に使用して、バターコーヒーが16回分作れる
  • カロチン含有量が高く、香り深くコクのある味わい

「コーヒーバターを始めてみたい」という方に最適なのが、『グランフェルマージュ バイオ・グラスフェッドバター』。

フランスシャランと地方で有機農法で育てた乳牛から取れた生乳で作られているので、薫り高くコク深い味わいが人気のバターです。オーガニック製品に関心が高い人にもおすすめですよ。

マイルドで癖のない風味は、根強いファンも多い逸品。『グランフェルマージュ バイオ・グラスフェッドバター』の味わいやコク深さは特にバターコーヒーに最適です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 原材料:生乳
  • 原産国:フランス
  • 内容量:249g
  • 賞味期限:出荷時3週間以上保障
  • 保存方法:冷蔵保存(2~6℃)

おすすめグラスフェッドバター5. ニュージーランド産 グラスフェッドバター フォンテラ無塩ポンドバター

ニュージーランド産 グラスフェッドバター フォンテラ無塩ポンドバター 454gx2個セット【冷凍】
  • 滑らかな風合いと展延性で口当たりが良い
  • 取り扱いしやすく、保存に最適なポンドバターなので食事や料理に幅広く使える
  • 1年間で90%を牧草地で過ごし、85%以上を飼料としているので安心安全

「たっぷり大容量のグラスフェッドバターが欲しい」という方におすすめなのが安心安全な飼育方法で有名なニュージーランド産のグラスフェッドバター。

取り扱いやすいポンドバターなので保存にも最適です。1年の90%以上を放牧地で過ごし、年間で85%以上牧草を飼料として使っている乳牛から取れた新鮮なミルクを使っているので、カロテンも豊富で栄養価が高いのが特徴。また、内容量が454gなので、家庭用の冷蔵庫でも管理しやすい大きさですよ。

家族が多い方や、普段から食事にグラスフェッドバターを使っている人におすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 原材料:生乳1000%
  • 原産国:ニュージーランド
  • 内容量:454g
  • 賞味期限:ー
  • 保存方法:冷凍(-20℃)

グラスフェッドバターの使い方/美味しい人気レシピ3つ

続いては、美味しく体に優しいグラスフェッドバターを使ったレシピを紹介します。話題のバターコーヒーをはじめとするお手軽メニューばかりですので、気軽にお試しいただけますよ。

健康や美容に関心の高い人は、毎日の食生活にぜひ取り入れてみてくださいね。


人気レシピ1. バターコーヒー

デイヴ・アストリー著「シアトル式自分を変える最強の食事」で、一躍有名となったバターコーヒー。バターコーヒーは、ダイエット効果や体質改善、生活習慣病予防に効果が期待されています。

健康や美容に関心のある方にもおすすめのビターコーヒーは簡単に作れて、しかもまろやかで美味しいので、ぜひ試してみてくださいね。


材料

  • ドリップバッグコーヒー(1パック)
  • グラスフェッドバター10~15g
  • MTCオイル(ココナッツオイル)大さじ1杯
  • 熱湯250~300㏄

作り方

① コーヒーを淹れる(クッキングミキサーのタンブラーにドリップバッグを直接セットして入れてもOK)。

② ①のコーヒーにグラスフェッドバターとMTCオイルを投入(この時点では分離しています)。

③ クッキングミキサーで、バターやオイルが乳化するまで攪拌して出来上がり。

クッキングミキサーの耐熱温度を確認し、60℃設定の場合には少し冷ましてミキサーします。アツアツを飲みたい方は攪拌した後にレンジで加熱するのがおすすめ。


人気レシピ2. グラスフェッドバターを使ったシュガーラスク

カリッとした食感がクセになるシュガーラスクも、グラスフェッドバターを使うとヘルシーに。バターコーヒーとの相性も抜群です。

余ったパンを使っても利用して作れるので、特別な材料を用意する必要はありません。シュガーラスクは難しい工程もないので、お菓子作り初心者でも簡単に作れますよ。

軽いおやつにも最適なシュガーラスクをぜひ作ってみてくださいね。


材料

  • バターロール4個(ブランロールでも可)
  • グラスフェッドバター20g
  • グラニュー糖9g(スティックシュガーだと扱いやすい)

作り方

① オーブンを200℃に予熱しておく。

② パンを半分にカットし、さらに1cm幅にスライスする。

グラスフェッドバターを湯煎で溶かす(レンジ200Wで1分間加熱)。

④ オーブンシートに①のパンを並べて10分加熱する。

⑤ ②のバターを刷毛で塗り、グラニュー糖を振りかける。

⑥ さらに200℃のオーブンで10分加熱して出来上がり。


人気レシピ3. グラスフェッドバター 食パン

バターコーヒーが飲めなかった方やバターが余ってしまった方、消費期限が近付いてきたので早めに消費したいという方におすすめなのが、グラスフェッドバター食パンです。

ホームベーカリーがあれば、セットするだけで簡単に美味しい焼き立てパンが楽しめます。グラスフェッドバターを使った食パンで、バターの香りを堪能できる深い味わいをぜひご賞味ください。


材料(食パン一斤分)

  • 強力粉280g
  • グラスフェッドバター20g
  • 水200㏄
  • ドライイースト4g
  • 砂糖大さじ1
  • 塩小さじ1

作り方

① ホームベーカリーがある場合には、材料を全て入れてセットするだけ。

ドライイーストは専用の投入口に

③ 焼きあがったら、取り出してから粗熱を取ります。

④ 冷めてきたら、スライスして盛り付けます。


バターの酸化を防ぐ「正しい保存方法」とは

バターを一度開封してしまうと、酸化が気になりますよね。

グラスフェッドバターの酸化を防ぐためには、密閉することがポイント。バターは空気に触れると外側から黄色に変色し、酸化しやすくなります。

大量にバターを購入した時には、使いやすい量にわけ、タッパーウェアや専用のバター容器など密閉できる容器に入れて保存しましょう。

具体的には、ジッパー付きのフリーザーバッグやラップに入れて空気に触れないようにしておくのがおすすめ。容器や小分けにしたものには賞味期限を記入しておくこともお忘れなく。


毎日の健康に、グラスフェッドバターを取り入れてみて。

市販では手に入りにくいグラスフェッドバターは、ネット通販でお手軽に購入できるので、少量から試したい方や継続して使いたい方にも便利に使えます。

グラスフェッドバターを使った簡単レシピはたくさんあるので、香りが高く、コクのあるグラスフェッドバターの味わいをぜひ楽しんで。

健康のために、食卓に気軽に取り入れられるグラスフェッドバターをぜひ試してみてくださいね。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事