ビーフシチューのルーおすすめ8選|美味しく仕上がる市販の人気商品を大公開!

美味しいビーフシチューのルーをお探しの方へ。今記事では、ビーフシチューのルーを選ぶポイントから、おすすめの売れ筋商品まで詳しくご紹介します。スーパーなどで市販されている人気商品も解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

ビーフシチューのルーの選び方|気に入るルーを見つけるポイントとは?

ビーフシチュールーのおすすめ

市販のルーで美味しいビーフシチューを作りたいけれど、どのルーが人気なのか分からない人も多いのではないでしょうか。

ここでは、ビーフシチューのルーの選び方をご紹介します。

家族の好みやこだわりに合うものを見つけるのに役立ちますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


ビーフシチューのルーの選び方1. 溶けやすさや使いやすさを考えて、ルーの形状を選ぶ

ルーを使う煮込み料理の場合、量の多さ、とろみ具合、味わいも好みが分かれるもの。

理想的なビーフシチューを作るには、調理に合ったルーの形状を選ぶと失敗しにくくなります。

また、形状ごとに特徴や作りやすさも違いますので、後に紹介するタイプの違いを把握しておきましょう。


とろみがあってしっかりとした味わいになる「固形」タイプ

固形タイプのルーは、美味しさの要になる旨味をギュッと濃縮しています。他に付け加える調味料もないので、誰でも美味しいビーフシチューが作れるのが特徴です。

固形で細かく分割しているため、人数に合う量を作りやすく残っても次に使えるのも嬉しいですね。

ただし、一旦火を止め余熱で柔らかくなるまで溶かす必要があり、溶けないままだと口に残ってしまうことも。しっかり溶かす時間を確保することも美味しく仕上げるポイントです。


溶けやすく固まりにくい「フレーク・顆粒」タイプ

フレークや顆粒のビーフシチューのルーは、粒が細かく溶けやすいので、材料さえ火が通れば素早く仕上げられるのが特徴です。

固形タイプのように「溶けていないルーがあった…。」ということもありませんから、飲食店や給食など人数の多い場所で提供する場合にも使用されています。

ただし、分量を間違えると後味が粉っぽく感じる人もいるため、よく溶けるとはいえ入れすぎないよう注意しなければなりません。


深みがある味わいになる「ペースト」タイプの特徴とは

ベースとなるルーの旨味をギュッと濃縮させているのが『ペースト』タイプの強み。フレークや顆粒よりも馴染むのが早く、肉と野菜の旨味と一緒に深い味わいに仕上げられますよ。

固形タイプやフレークタイプよりも値段が高めですが、比例して本格的なビーフシチューができるので、記念日や誕生日など特別な日のディナーやランチに選んでみてくださいね。


ビーフシチューのルーの選び方2. 自分好みの味わいになるベースや素材で選ぶ

ビーフシチューの味は素材によって異なります。人気があっても味が好みじゃないと満足できないため、しっかりと原材料に目を向けて選ぶ必要があるでしょう。

ベースは大きく2つに分類されます。主な素材を紹介しますので、ぜひ味わいの特徴を参考にしてみてくださいね。


さらっとしていながらも深みがある「フォンドボー」

フォンドボーは、子牛の骨やすじなどを煮込んで作るもので、さらっとしたスープのような舌触りが特徴です。香味野菜や根菜、牛肉の旨味が溶けだしているため、高級店のような深みのある味わいに仕上げられます

家庭でフォンドボーを作ると、圧力鍋を使っても時間がかかりますが、市販のフォンドボーがあれば手軽にレストラン級の味わいが出せるので便利ですよ。


濃厚さと酸味がある「デミグラスソース」

デミグラスソースは、主に赤ワインをベースに調味料やコンソメを使用して作られるソースで、食材に絡みやすい濃厚な質感が特徴です。

トマトやワイン、調味料類の酸味が感じられ、見た目以上に軽い口あたりで食べやすいでしょう。

市販のビーフシチューのルーは、デミグラスソースで仕上げられているものが多いです。安いので購入しやすいのも主婦には嬉しいですね。


ビーフシチューのルーの選び方3. アレルギーの人は「特定原材料不使用」を選ぶ

市販のビーフシチューには、アレルギーの出やすい食材をパッケージに記載するメーカーも多いもの。しかし、作り方や栄養成分表示などが細かい文字で書かれている商品の場合、見逃すことも多く、隅々まで確認しないと家族にアレルギー反応が出てしまいます。

特定原材料不使用、または一部使用、使用している食材と同ラインで製造されているなど、表示の仕方は様々です。アレルギーの人は、安心して食べられるよう、しっかり説明書きにも目を通して選びましょう。


ビーフシチューのルーの選び方4. 健康にこだわるなら保存料・着色料・化学調味料が「無添加」を選ぶ

できるだけ体に優しい食事をしたいと思う人も多いもの。長持ちさせるために必要だと分かっていても、保存料や着色料、化学調味料などが多いと「からだに優しくないかも…。」と不安になりますよね。

ビーフシチューのルーには、無添加の商品も販売されています。素材の味を生かした優しい味わいの商品も多いですよ。

小さな子供がいる人や口にするものにこだわる人は、無添加かどうかを確認して選びましょう。


ビーフシチューのルーのおすすめ8選|本格的な美味しさになる人気商品を大公開!

市販のルーを使って手軽に美味しいビーフシチューを作るためにも、人気のあるおすすめルーを知りたい人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのビーフシチューのルーをご紹介します。

みんなの「美味しい!」を引き出すルーを厳選しましたので、ぜひ最後までご覧くださいね。


ビーフシチューのルーのおすすめ1. ハウス 北海道シチュー ビーフ 172g×3個

ハウス 北海道シチュー ビーフ 172g×3個
  • 生クリーム入りで味に深みやコクがあるから、濃厚さを重視したい人におすすめ
  • ルーが肉や野菜とよく絡むため、まとまりのある味わいを楽しめる
  • パッケージは二分割でき、余っても蓋をして使えて保存しやすい

「ビーフシチューのルーが薄味だと物足りない。」あっさりしすぎる味わいだと、スープみたいでご馳走感がなかなか出ませんよね。

『北海道シチュービーフ』は、デミグラスソースに生クリームのコクがプラスされており、深い味わいだと人気です。牛肉や野菜にもよく絡むので、素材のおいしさが口の中で綺麗にまとまります。

食べた後までビーフのコクと旨味の余韻を楽しめる逸品。濃厚さを重視して選びたい人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ルーの形状:固形
  • 素材:デミグラスソース
  • 特定原材料不使用:×
  • 添加物:有
  • 内容量:172g
  • メーカー:ハウス

ビーフシチューのルーのおすすめ2. ハウス ふらんす厨房 ビーフシチュー 102g×5個

ハウス ふらんす厨房 ビーフシチュー 102g×5個
  • バルサミコソースや赤ワインが旨味を引きたてるので、リッチな味わいにできる
  • ペースト状で旨味が濃縮されているから、コクの深い味わいが堪能できる
  • 小分けされているため、1~2人の小人数分でも余さず使いきれる

大切な記念日には、腕をふるってもてなしたいもの。でも、安いルーでは味わいも家庭的すぎて、どうしたらいいか悩むこともあるはず。

ふらんす厨房の『ビーフシチュー』は、バルサミコソースや赤ワイン、トマトペーストなどを配合していて、レストラン級の味わいが堪能できます。ペースト状で旨味も凝縮されており、深い味わいに満足すること間違いなし。

自宅で簡単に高級感のある味わいに仕上げられる本格派。「お祝いのディナーを贅沢な味わいにしたい。」という人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ルーの形状: ペースト
  • 素材:デミグラスソース、フォンブルン
  • 特定原材料不使用:×
  • 添加物:有
  • 内容量:102g
  • メーカー:ハウス

ビーフシチューのルーのおすすめ3. ハウス ビストロシェフビーフシチュー 170g×3個

ハウス ビストロシェフビーフシチュー 170g×3個
  • バルサミコ酢の酸味で軽い口あたりなので、クドすぎず飽きずに食べられる
  • エシャロットの甘さや濃縮赤ワインの風味があって、ソースとしても活用しやすい
  • 3箱セットで安いし味は抜群だから、コスパがGOOD

「濃厚すぎると最後まで食べきれない…。」コクのある美味しさは欲しいけど、クドすぎるとたくさん食べたくても飽きますよね。

ビストロシェフのビーフシチューは、酸味の効いたバルサミコ酢と濃縮赤ワイン、エシャロットなどが溶け込んでいてクドすぎないのが魅力。デミグラスの風味やコクが引き立っていて、オムライスやハンバーグのソースにしても美味しさが抜群です。

コクがあるのにさっぱりした味わいで飽きずに食べられるから、軽い口あたりが好みの人にイチオシですね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ルーの形状:固形
  • 素材:デミグラスソース
  • 特定原材料不使用:ー
  • 添加物:有
  • 内容量:170g
  • メーカー:ハウス

ビーフシチューのルーのおすすめ4. S&B ディナービーフシチューフレーク 1kg

S&B ディナービーフシチューフレーク 1kg
  • 1kg入りの業務用なので、たっぷり作りたい人におすすめ
  • フレーク状で溶けやすいから、溶かす時間が少なくて仕上がりを早くできる
  • フォンドボーやスパイスが味や香りを引き立てるため、家庭用よりワンランク上に仕上がる

市販のビーフシチューのルーでは、大人数分を作るのに少なすぎるもの。大量に作る時は、家庭用のルーでは何箱あっても足りませんよね。

S&Bの『ディナービーフシチューフレーク』は、約50皿分を作れる業務用で、たっぷり作れるのが人気です。フォンドボーとスパイスが味や香りを引き立てる美味しいルーなので、自宅でレストランやカフェの味わいを堪能できますよ。

みんなが集まるキャンプや、ホームパーティーにも使えるので、みんなにお腹いっぱい美味しいものを食べてほしい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ルーの形状:フレーク
  • 素材:フォンドボー
  • 特定原材料不使用:×
  • 添加物:有
  • 内容量:1,000g
  • メーカー:S&B

ビーフシチューのルーのおすすめ5. 江崎グリコ ZEPPINビーフシチュー

江崎グリコ ZEPPINビーフシチュー 180g×5個
  • マッシュルームや香味野菜の旨味がかなり絶品なので、味にうるさい人におすすめ
  • ワインやスパイスの味が感じられるため、贅沢な味わいで大人に人気
  • 中のペーストが素材の旨味を広げるから、コクのある味わいを楽しめる

「ビーフシチューは好きだけど、少し香りやコク、味が弱いんだよな…。」ビーフシチュー好きの中には、もっと大人向けの味わいを求めている人もいるでしょう。

『ZEPPIN』は、ルーの中に濃厚ペーストが入っていて、風味豊かで贅沢な大人の味わいに仕上がるのが特徴です。マッシュルームや香味野菜の旨味がギュッと詰められており、コクと香りが格段にアップします。

自分はちょっと味にうるさいと感じる人は、『ZEPPIN』をぜひ試してみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ルーの形状:固形
  • 素材:ブイヨン
  • 特定原材料不使用:×
  • 添加物:有
  • 内容量:180g
  • メーカー:江崎グリコ

ビーフシチューのルーのおすすめ6. ハウス コクの贅沢シチュービーフ用

ハウス コクの贅沢シチュービーフ用 140g×5個
  • 濃厚チーズのコクが入るため、定番のルーと違う味に興味がある人におすすめ
  • 炒め玉ねぎの旨味が効いていて、ほど良い甘みがあり子供でも食べやすい
  • 5箱セットなのに格安だから、予算が少なくても購入しやすい

日頃は薄味が好みの人も、たまには濃厚な味を求めるもの。同じ味ばかりだと、食べ飽きてしまいますよね。

ハウスのルーは、濃厚チーズのコクと炒め玉ねぎの旨味が強く反映されているのが特徴です。濃厚な旨味がルーに溶け込んでいるため、一口食べても美味しさの違いが分かるはず。

いつもは定番のルーがあるけれど、「ちょっと違う味も興味がある。」と思うなら、旨味とコクがすごいこちらのルーを試してみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ルーの形状:固形
  • 素材:チキンエキス
  • 特定原材料不使用:×
  • 添加物:有
  • 内容量:140g
  • メーカー:ハウス

ビーフシチューのルーのおすすめ7. コスモ直火焼 ビーフシチュールー

コスモ直火焼 ビーフシチュールー 150g×3袋
  • 直火にかけることで余計な水分を飛ばし旨味を凝縮できるので、美味しい
  • 旨味やスパイスの香りが直火で引き立つため、香り高いビーフシチューが味わえる
  • 小分けにされたフレークタイプだから、一人暮らしの人にも人気

「大量生産されるルーは、どれも似たようで安っぽい味なのが嫌。」製法はメーカーによって違いますが、手間ひまかけたものには美味しさは勝てませんよね。

この商品は釜を直接火にかけ、職人がつきっきりで調理しており、新鮮な野菜や果物の水分を飛ばし、旨味を凝縮しているのが特徴です。旨味やスパイスの香りをグッと引き立たせられるので、香り高いビーフシチューができるでしょう。

丁寧な製法でワンランク上の上品な味を堪能できるから、上品な味わいを求める人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ルーの形状:フレーク
  • 素材:ポークチキンエキス
  • 特定原材料不使用:ー
  • 添加物:ー
  • 内容量:150g
  • メーカー:コスモ直火焼き

ビーフシチューのルーのおすすめ8. S&B 濃いシチュー ビーフ

S&B 濃いシチュー ビーフ 168g
  • 国産和牛を使用しているので、牛脂の甘みや旨味が引きって美味しい
  • ドミグラスソースには香味野菜もたくさん使用されていて、甘みも香りも抜群にいい
  • しっかりした味のため、パンやご飯との相性が良く食も進む

ビーフシチューは牛肉の旨味が欲しいところ。でも、牛脂がくどすぎると旨味や味わいも感じにくく美味しくありませんよね。

『濃いビーフシチュー』は、120時間熟成させた国産和牛の甘みや旨味が詰まっていて、くどさのない濃厚な味わいに仕上がっています。デミグラスソースには香味野菜もふんだんに使用されているため、甘みも引き立ち香りもGOOD。

「牛肉の美味しさが分かるビーフシチューを作りたい。」という人には、こちらのルーがおすすめ。ぜひこの美味しさを堪能してみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • ルーの形状:固形
  • 素材:デミグラスソース
  • 特定原材料不使用:×
  • 添加物:有
  • 内容量:168g
  • メーカー:S&B

ビーフシチューのルーが余ったら?|残り物を上手く活用して楽しむ方法を紹介!

ビーフシチューのルーが半端な量で余ってしまったら、ソースかスープにして綺麗に使い切るのが良いでしょう。

少量のワインや水で煮溶かしてそのままデミグラスソースにすれば、ハンバーグやロールキャベツ、オムライスなどにかけて食べられます。

また、水分を多めにして味を整えれば、洋食に合うスープが簡単にできるので、ぜひ試してみてください。


自分好みのルーを見つけて、美味しいビーフシチューを作ってみましょう!

炒めたり煮込んだりする時間も長く、複雑で旨味が凝縮されたビーフシチューは、一から作るとなると大変な時間と作業が必要です。

ビーフシチューのルーを使えば、短時間で簡単に作れて、豪華なメイン料理を味わえるでしょう。

忙しい日にも美味しいビーフシチューが味わえるよう、ぜひお気に入りのルーをゲットしてみてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事