ウォーキングで痩せない原因|効果的な脂肪燃焼に導くダイエットメニューとは?

ウォーキングを取り組んでいるのになかなか痩せない方へ。今回は、ウォーキングで痩せない原因や、続けることで得られるメリット、ウォーキングでダイエットを成功させる方法を解説します。体重や体脂肪率が減らない方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ウォーキングで痩せない原因|体重が減らない理由とは?

ウォーキングで痩せない原因.jpg

運動不足を感じてくる30代や40代から、60代以上の高い年齢の方や、運動が苦手な人でも毎日取り入れやすい人気のウォーキング。

毎日歩いているにも関わらず、体重が減らずに「全然痩せないんだけど…。」と感じる人もいるでしょう。

そこでここでは、ウォーキングで痩せない原因を詳しくご紹介**します。

ウォーキングに取り組んでいる人は、ぜひ参考にしてください。


ウォーキングで痩せない原因1. ウォーキングの効果を信じすぎている

ウォーキングの効果をあまり感じられない女性

「ウォーキングに取り組むと健康に良い」や「脂肪燃焼に効果的」などのメリットが雑誌やネットなどで数多く紹介されています。決して嘘ではありませんが、ウォーキングだけで簡単にダイエットが成功するわけではありません

ウォーキングを正しい方法により継続して取り組んでいれば、家でゴロゴロしているよりも健康的で脂肪燃焼にも役立ちます。しかし、ランニングや水泳などと比べると消費カロリーは少量。

ウォーキングをすれば痩せると過大評価していては、思った以上に効果が出ないと感じてしまうことでしょう。


ウォーキングで痩せない原因2. まだまだ始めたばかり

ウォーキングをまだ始めたばかりの女性たち

ウォーキングはランニングや水泳と同じ有酸素運動ですが、消費カロリーは少ないため、体重や脂肪が減ってすっきりするまでには時間がかかります。

60kgの人が30分ウォーキングを行うと、約135kcalを消費。体重を1kg減らすには約7200kcalの消費が必要とされており、たとえ毎日30分ウォーキングと食事制限を取り組んだとしても、減量には時間がかかります

ウォーキングで体重を減らしたいなら、3ヶ月、半年と長期間になることを認識しておきましょう。


ウォーキングで痩せない原因3. 体脂肪は減っているけど、筋肉もついている

ウォーキングを始めて足に筋肉がついてきた女性

ウォーキングを長時間、定期的に正しいフォームで行っているのに、痩せないこともあります。

これは、体脂肪が減ったかわりに下半身に筋肉が付いたため、同じ体重のままというのが原因。

この場合、脂肪が減って筋肉が付いていることで、ウォーキングに取り組む前と比べるとたるみがなくなったり、引き締まったりなど見た目には変化はあります。しかし、結果が数値に表れないと、「痩せてない!」と感じてしまいますよね。


ウォーキングで痩せない原因4. 食事に目を向けていない

食べ過ぎている女性

ウォーキングを定期的に取り入れるだけでなく、食事で摂取するカロリーを減らすこともダイエットには必要不可欠です。

ウォーキングでは、カロリーを消費できるため、何もしないで家でごろごろするよりは多くのカロリーを減らせます。しかし運動したからと言ってご褒美としてデザートを食べてしまえば、摂取カロリーが消費カロリーを上回って逆効果。

体重を減らすためにウォーキングをしているなら、食事のカロリーの方も同時に抑えて、バランスよく食べるようにしましょう。


ウォーキングのメリット|諦めないで続けて欲しい理由とは?

ウォーキングでは思っていたよりも痩せないと感じて「意味がない」とやめてしまう人も少なくありません。

しかしウォーキングには減量目的以外でも得られるメリットが実はたくさんあるのです。

そこでここからはウォーキングを継続するメリットをご紹介します。ウォーキングの良さを再確認してモチベーションに繋げていきましょう。


ウォーキングを続けるメリット1. リフレッシュできる

ウォーキングでリフレッシュしている女性

ウォーキングは、筋力アップや脂肪を減らすだけでなく、精神面にも優れた効果をもたらします

ウォーキングは、自律神経を整えてくれる要素もあります。具体的には、20分ほどウォーキングを行うことで爽快感をもたらす『βエンドルフィン』が分泌。さらにウォーキングを40分ほど行うと、リラックス効果をもたらす『セロトニン』が分泌されます。

特に20分以上のウォーキングはストレス解消にも良い影響を与えてくれるため、心のリフレッシュに役立ちますよ。


ウォーキングを続けるメリット2. 全ての運動の基礎となる

ウォーキングをして他の運動にも取り組んでいる男女

ウォーキングは、正しいフォームや呼吸でウォーキングを行えば、心肺機能が鍛えられ、持久力アップなど運動のパフォーマンスを上げられる運動です

持久力が上がれば、長時間走れるようになったり、階段を登っても疲れにくくなったりと、全ての運動に効果的。

ウォーキングによる恩恵はスポーツだけでなく、歩行にも表れるので、ぜひ継続してみてくださいね。


ウォーキングを続けるメリット3. 集中力が増す

ウォーキングをして集中力が増した女性

心拍数が上がるウォーキングを行った後は、脳内に分泌されるドーパミンが増えて、集中力アップに繋がるとも言われています。

ウォーキングによる集中力は、朝のウォーキング後30分~3時間まで続くことがあります。

そのため、仕事や勉強を集中して取り組みたいと考えているなら、その前にウォーキングを行うことで、タイミングよく集中力アップ。実力を発揮するために役立てられますよ。


ウォーキングを続けるメリット4. 普段、使わない筋肉の柔軟性が上がる

ウォーキングをして柔軟性が増した女性

普段生活しているだけでは、なかなか使わない筋肉があり、そのままにすると凝り固まってしまいます。

正しいフォームでウォーキングすると胸を張り、腕をしっかりと振ることになるので、普段生活している時には使わない全身の筋肉を動かせます

しっかり使われた筋肉は柔軟性がアップし、怪我をしにくくなったり凝りを未然に防いだり解消したりと、様々なことに効果的。

ぜひウォーキングを継続し、柔軟性アップを叶えましょう。


ウォーキングで痩せる方法|効果的なダイエットに繋がるコツとは?

ウォーキングは負担が少ないので、筋トレやジョギングでは続けるのが難しい人にも心強い運動です。誰もが取り組みやすいですが、ただ歩いているだけでは効果が得られず痩せないことも。

そこでここからは、ウォーキングをダイエットを成功させる方法をご紹介します。

しっかりと確認してウォーキングを効率的に利用してみてください。


ウォーキングで痩せる方法1. 正しい歩き方を心がける

正しい歩き方でウォーキングをする女性

当然だらだらと歩いているだけでは、筋肉が上手く使われず、ダイエット効果は期待できません。

ウォーキングにも効果が出る歩き方があり、意識して取り組むだけで、スピーディーに脂肪を燃焼できます。

ウォーキングで体重を落としたいなら、自分の行っている歩き方が正しいのかどうか、しっかりとフォームを確認してみましょう。

ー効果が出る正しい歩き方ー

  • 背筋を伸ばして背筋と腹筋を使うことを意識する
  • 歩幅は普段よりも広くし、スピードも普段歩くよりも速めに行う
  • 腕を大きく振って、全身の筋肉をバランスよく使う

ウォーキングで痩せる方法2. 食事にも必ず目を向けること

健康にも気を遣う女性

運動の中でも消費カロリーは決して多くはないウォーキング。そのため、ウォーキングでダイエットをしたいなら、食事で摂り入れる摂取カロリーを抑える必要があります

ただし低カロリーなら何でも良いというわけではありません。

偏った素材だけを毎日食べてビタミンやミネラル、タンパク質などの栄養バランスが崩れると、代謝が悪くなって痩せにくい体質になることもあります。

ウォーキングを取り組みながら、食事面は低カロリーを意識しつつ、バランスの良さを意識してみましょう。


ウォーキングで痩せる方法3. ハードな筋トレにも挑戦する

ハードな筋トレをする女性

既に説明した通りですが、ウォーキングでは効果が出るのに時間がかかります。

「ウォーキングだけでは体重が減らない」「早く結果を出したい」そんな人は、ウォーキングに加えてハードな筋トレをプラスしたメニューに取り組むのがおすすめ

負荷の高い筋トレを取り入れることで、筋肉量が大幅にアップ。すると脂肪を燃焼しやすい体になって、結果的にウォーキングの効果を高められます。また、基礎代謝も上がることで、歩いていない時でも脂肪を効率よく減らせられますよ。

もちろん最初は回数を少なめにしたりしても構いませんので、少しキツめの筋トレにチャレンジしてみてくださいね。

【参考記事】筋トレ✕ウォーキングで効率よくダイエットができる!


ウォーキングで痩せる方法4. 食前または食べてから2時間経ったタイミングで行う

食事をしている男女

ウォーキングで痩せるためには、取り組むタイミングも大切。

食後すぐの運動は、摂取した糖質を優先的に使うため、血糖値は下げる効果はありますが、胃での消化にエネルギーを使うため、ダイエット効果は少なくなります。

一番良いのが、お腹の食べ物がちゃんと消費されているタイミング。つまり、食前か食後2時間くらい経った後。

脂肪がエネルギーとして消費されやすくなり、ここでウォーキングをすると脂肪燃焼効果が高いとされています。

ウォーキングをするなら、食前と食事の2時間後とできる限りお腹が減ったタイミングで取り組んでみてはいかがでしょう。


ウォーキングで痩せる方法5. しっかりと水分を摂る

ウォーキング中に水分補給をする女性

ウォーキングはジョギングなどに比べると運動負荷は少ないですが、それでも汗をかくため、水分補給は定期的に行う必要があります

また、体内に水分が十分にある状態では血流がよくなり、代謝向上にもつながるため、ダイエット目的のウォーキングでも水分補給は大切なポイント。

のどが渇いて水分補給をするのでは遅いので、のどの渇きを自覚する前に水分を補給するのがコツです。


ウォーキングで痩せる方法6. ストレッチで代謝を上げてから挑戦する

ウォーキング前にストレッチをする女性

ウォーキングを始める前には、何もしないで急に歩き出すより事前のストレッチを行うことがおすすめ。

ストレッチは血流を促し、代謝を上げる効果があります。その状態でウォーキングをすると、何もしないよりも脂肪が燃焼しやすくなり、消費カロリーがアップします。

「ウォーキングの前にストレッチを行う」たったこれだけでウォーキングにおけるダイエット効果がグッと高まるので、必ず歩く前に柔軟体操を行いましょう。

【参考記事】ウォーキング前に取り組みたいストレッチの効果的なやり方を解説!▽


ウォーキングはやり方次第で痩せる。コツを押さえて取り組んでみよう。

ウォーキングでダイエットをした女性

楽しくマイペースに実践できる運動、ウォーキング。負担が少ないので、ダイエットには効果があるのか気になるところですが、やり方次第では体質を改善し、引き締めることもできます

ウォーキングの効果を高め方法や正しいフォームなどを意識し、少しでも短期間で効果を出せるように頑張ってみましょう。


【参考記事】歩いて痩せるウォーキングダイエットのやり方とは?▽

【参考記事】ウォーキングは毎日やってOK!

【参考記事】ウォーキングの効果を高めるならプロテインもおすすめ

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事