おしりが大きい原因|尻を小さくする効果的な簡単トレーニング方法とは?

今回は、大きいお尻に悩んでいる女性へ、お尻が大きくなってしまう原因から効果的に小さくする方法を詳しく解説します。大きいお尻は、そのままにしておくとより大きくなってしまったり、冷え性につながったりとデメリットも多数。正しいやり方をマスターして小尻を手に入れましょう!

おしりが大きい原因|大きく見えてしまう理由とは?

お尻が大きい原因

おしりが大きいと、太って見えたりだらしない印象を与えたりしますよね。

ここでは、おしりが大きい原因をご紹介。おしりが大きい原因はひとつではなく、複数考えられます。

自分がどの原因に当てはまっているのか確認した上で対策を行うと、より効果的におしりを小さくすることができます。必ず原因を確認してくださいね。


1. 姿勢が悪く、骨盤が歪んでしまっている

お尻が大きい原因|骨盤が歪んでいる

お尻が大きくなる原因のひとつは、骨盤の歪みです。

姿勢が悪いと骨盤が歪み、お尻が横に広がってより大きく見えてしまいます。また骨盤が開いて内臓が落ち込むと、消化機能が低下して体の代謝が下がり、お尻に脂肪がつきやすくなる原因にもなります。

姿勢が悪い人は、しっかり見直して改善しましょう。


2. 不摂生な食生活で、脂肪が蓄積している

お尻が大きい原因|不摂生な食事

摂取したエネルギーを消費エネルギーとして使いきれなかった場合、余ったエネルギーは体脂肪として溜め込まれます。健康的な食生活を意識し、余計な脂肪をつけないように気をつけましょう。


3. 長時間座ることが多く、筋肉が衰えている

お尻が大きい原因|デスクワークを続けている人

デスクワークなどで座っている時間が長いと、筋肉が衰えてしまいます。筋肉が衰えると、脂肪を支えられずたるんでしまったり、基礎代謝が落ちて太りやすく痩せにくい体になったりと、デメリットだらけ。

最近座ってばかりいると感じる人は、この機会にお尻の筋肉を鍛え直してあげてくださいね。


おしりが大きいデメリット|なぜ小尻を目指した方がいいのか?

おしりが大きいデメリット

おしりが大きいと、様々なデメリットが考えられます。

  • 太っている印象を与える
  • 着たい服が着れない
  • 体型のバランスが悪く見える

これらのデメリットを改善するために、これからご紹介していくおしり痩せの方法を実践していきましょう。


おしり痩せに効果的なメニュー|大きいお尻を小さくするトレーニング方法

ここでは、おしり痩せに効果的なメニューをご紹介。

どのメニューも自宅で簡単に取り組めるものですので、正しいやり方を覚えた上でぜひ実践してみてくださいね。

おしりが引き締まりヒップアップ効果が期待できますよ。


1. 寝ながらできるおしりのストレッチ

寝ながらできるおしり痩せストレッチ

寝ながらできるおしりのストレッチでは、おしりの中臀筋や骨盤の外側から股関節にある大腿筋膜張筋を伸ばせます

中臀筋と大腿筋膜張筋は骨盤を安定させ、股関節の運動に関係する筋肉なので、ストレッチすることでおしりから太ももにかけての外側のハリの解消が可能。

日頃デスクワークなどで下半身の血流が滞りおしりの筋肉が凝り固まっている人はぜひ取り組んでみてくださいね。

【参考記事】硬い中臀筋の効果的なストレッチメニューはこちら


2. 座って取り組める4の字ストレッチ

大臀筋の筋トレ前に取り組んで欲しいストレッチ

4の字ストレッチは、オフィスワークや長時間ドライブなどで凝り固まりやすい、大臀筋や中臀筋をほぐす効果が高いです。

凝り固まったおしりの筋肉をほぐすことによって血行が促進され、むくみが解消されるので見た目がスッキリしますよ

起床後や就寝前の小尻習慣として取り入れましょう。


3. もも上げ運動|おしり痩せのための有酸素運動

腿上げトレーニングの効果を高めるコツ|太ももを上げすぎない

もも上げ運動は、場所も時間も選ばないので、日常生活の隙間時間に簡単に取り入れることができます

短期間で成果を出すためには、こういった細かい運動をこまめに行うことがかなり重要になりますので、ぜひ行ってみてくださいね。

ただもも上げをするのではなく、しっかりおしりの筋肉への刺激を感じながら取り組みましょう。

【参考記事】腿上げトレーニングのやり方を解説


4. ヒップアダクション|おしりに効く筋トレ

薄筋を鍛えられるヒップアダクション

ヒップアブダクションは、横向きに寝転がり足を上げるトレーニング。お尻の上側の中臀筋とその下につく小臀筋をメインに鍛えられます。

お尻の筋肉の中でも大きな筋肉は大臀筋ですが、小さな中臀筋や小臀筋も鍛えることで効果的にお尻の脂肪を落とすことが可能です。おしりが引き締まり、見た目がきれいになりますよ。

【参考記事】ヒップアダクションの効果的なやり方はこちら


5. ヒップエクステンション|おしりに効く筋トレ

ヒップエクステンションの効果的なやり方

ヒップエクステンションは、四つん這いの姿勢で足を上げるお尻のトレーニングメニュー

お尻の筋肉の中で最も大きい大臀筋や、太ももの裏側の3つの筋肉であるハムストリングスを鍛えられるので、ヒップアップを始めとして下半身全体の引き締め効果が期待できますよ。

【参考記事】ヒップエクステンションの効果的なやり方はこちら


おしり痩せのコツ|短期間で大きいお尻を小さくするポイントとは?

普段の生活で少し意識を変えるだけでもおしり痩せに効果的になります。ここでは、普段から気をつけたいおしり痩せのコツをご紹介。

ぜひ実践して、おしり痩せにつなげていきましょう。


1. 姿勢正しく生活し骨盤の歪みを防ぐ

お尻が大きい原因|骨盤が歪んでいる

姿勢が悪く骨盤が歪んでしまうと、おしりが大きくなる原因になります

骨盤が開くと腰回りなどに脂肪がたまりやすくなるので、おしりが大きくなるのです。また、体のバランスが悪くなり、姿勢を保つためにおしりを含む筋肉のバランスが悪くなってしまいます。

普段から正しい姿勢での生活を心がけて骨盤の歪みを防ぎ、おしり痩せしていきましょう。


2. 脂肪がつきすぎないように食事にも気を遣う

脂肪がつかないよう食事を制限する

ダイエットは、基本的に、摂取カロリー<消費カロリーの関係が保たれていなければ、成功しません。1日の摂取カロリーが消費カロリーよりも高ければその分脂肪となって蓄積していくからです

いくらトレーニングをしてもそれ以上に食事を摂ればダイエットは成功せず、お尻も小さくはなりません。

まずは食事に気を使い、食事制限と同時にトレーニングをすることが小尻への第一歩と言えるでしょう。


3. 身体を温めて代謝をあげ、痩せやすい体に

身体が冷えてしまうと、カロリーを消費してくれる代謝量が下がり、脂肪を燃焼しにくくなるとともに、血流が悪くなり脂肪がつきやすくなってしまいます。

おしりのマッサージをしたり、毎日しっかり湯船に浸かることによって身体を温めて代謝を上げていきましょう

常に身体を温かくしておくことによる健康効果はかなり高いですよ。


4. おしりの筋肉を鍛えるために大股で歩く

大股で歩く

歩幅が小さいと筋肉の可動域が狭く、筋肉を効果的に刺激できずに衰えてしまいます

歩くときは、おしりの筋肉を鍛えるために大股で歩くようにしましょう。筋肉の可動域が広くなり、歩いているだけで少しずづおしり痩せにつながっていきますよ。


大きいお尻を小さくするなら、しっかりと努力すること。

今回はおしりが大きい原因と、大きいお尻を小さくする方法についてご紹介いたしました。

ストレッチやトレーニングはもちろんおしり痩せに効果的ですが、普段の生活の意識を少し変えるだけでもおしり痩せが期待できます。

おしりが大きいことで起こるデメリットを解決するためにも、今回ご紹介した対策をしっかりと実践し、効果的におしり痩せしていきましょう。

【参考記事】寝ながらできるおしり痩せするメニューとは?

【参考記事】おしり痩せに効果的なダイエットメニューはこちら

【参考記事】即効でおしり痩せできる効果的なメニューはこちら

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事