美味しいジンジャーハイの作り方とは?割合からおすすめウイスキー銘柄まで解説

ジンジャーエールとウイスキーがあれば手軽に楽しめる飲み方、ジンジャーハイボール。ウイスキー独特の臭みを薄めながらも飲みやすくできるジンジャーハイは女性にも大人気です。今回は、ジンジャーハイの美味しい作り方から割合、おすすめウイスキー銘柄まで詳しく解説します。

ジンジャーハイを飲む前に覚えておくべきこととは?

ジンジャーハイボールの飲み方とは

ジンジャーハイとは、カクテルの一種で正式名は『ジンジャーハイボール』です。ウイスキーや焼酎などの蒸留酒を炭酸の効いたジンジャーエールで割り、さわやかな風味が楽しめる点に特徴があります。

日本では主にウイスキーと炭酸水を合わせたカクテル『ハイボール』と総称します。その理由は、ウイスキーの販売不振を回復させるため、ウイスキーの製造販売会社が、ウイスキーをビール感覚で飲めるようなカクテルとして全国の居酒屋などに作り方を広めたため。

ウイスキーをジンジャーエールやコーラで割ったカクテルは、『ジンジャーハイ』『コークハイ』などと称します。現在では、居酒屋などの多くでハイボールと同様に扱われ焼酎の炭酸割りである酎ハイなどとともに、自宅で気軽に楽しめるカクテルとして女性からも人気を集めていますよ。。


ジンジャーハイって何と何を割っているのか?

そもそもジンジャーハイは、何とジンジャーエールを割っているのか。

中には、ジンジャーハイのことを、焼酎のジンジャーエール割りと思っている人もいるかもしれません。本来は、焼酎も含んた蒸留酒を炭酸水で割れば『ハイボール』と言えるのですが、現在の日本ではウイスキーのジンジャーエール割りを指す場合がほとんどです。

使用するウイスキーによって味わいや香りはずい分と異なり、ジンジャーエールもスパイシーな風味のものを使うと味わいが異なってくるので、銘柄選びは風味を決める大きなポイントです。ウイスキーとジンジャーエールをの割合も変えてシーンに合わせた楽しみ方ができます。


ジンジャーハイのメリットは、めちゃくちゃコスパが良いこと。

ジンジャーハイはコスパ抜群

市販で売られているジンジャーハイもお手軽で良いものですが、自宅で作るジンジャーハイはコスパがとても良いのでおすすめです。

使用するウイスキーを自分好みのものに変えてみたり、ジンジャーエールを辛口に変えてみることで、ローコストで自分好みの味を作れる点も、自宅で作るジンジャーハイの醍醐味。

もっと本格的なジンジャーハイを作りたい方は、ジンジャーシロップを自作して、ジンジャーハイに利用するのも良いでしょう。炭酸の強さもウイスキーの濃度も思いのままに作れます。


ジンジャーハイのカロリーって?

ジンジャーハイのカロリーは、ウイスキーのカロリー+ジンジャーエールのカロリーで決まります。

ウイスキーとジンジャーエールのカロリーは、

  • ウイスキーシングル(30ml):約71.7kcal
  • ジンジャーエール100ml:約37kcal

ウイスキーとジンジャーエールを1:4の比率で、60ml+240mlで作ったとすると、1杯分のカロリーはおおよそ232.2kcalとなります。ジンジャーエールのカロリーはあまり高くありませんが、飲み過ぎるとカロリー過多になるので注意しましょう。


美味しいジンジャーハイの作り方を徹底解説

美味しいジンジャーハイの作り方とは

ジンジャーハイの豆知識について勉強したところで、ここからはジンジャーハイの作り方を詳しく解説していきます。お店で飲むジンジャーハイも美味しいですが、自宅で自分好みの味にアレンジするお酒の方がきっと満足するはず。家で時間を気にせずにゆったりお酒を楽しんでみてください。


ジンジャーハイに必要な材料

  • ジンジャエール
  • ウイスキー
  • ジンジャーシロップ(お好み)
  • すりおろし生姜(お好み)

ジンジャーハイの作り方

  1. グラスに氷を入れる
  2. ウイスキーをシングル(30ml)入れる
  3. 甘みを足すならジンジャーシロップ、辛さを足すならすりおろし生姜を入れる。(なしでもOK)
  4. ジンジャエールを適量注ぐ
  5. バースプーンなどで下から上に上げるようかき混ぜる
  6. (5)の時、炭酸が抜けてしまうので混ぜすぎない
  7. 完成

ジンジャーハイを作るのにおすすめのウイスキー割合って?

酒造会社がおいしい飲み方として居酒屋などでレクチャーした作り方は、ウイスキーの比率が1、ジンジャーエールの比率が4という割合です。ただ、お酒の苦手な方からすると1:4のジンジャーハイは少し濃いめに感じるかもしれません。

そんな時、アルコール度数を5%まで下げるために、ジンジャーエールを多めにした1:7のジンジャーハイを作りましょう。アルコール度数が低くなった分、さっぱりと飲みやすい味に仕上がりますよ。

バーのジンジャーハイはウイスキーを多めにする。

バーなどで提供されているハイボールは、ウイスキーの香りを活かすために、1:2~2.5ぐらいまでウイスキーの濃度を高めています。ウイスキーが持つ本来のフレイバーが楽しめる濃いめは、一度飲んでおいてもいいかも。その時の気分によって自由に比率を変えて楽しんてください。


ジンジャーハイに使われるお酒、ウイスキーとは?

ジンジャーハイにおすすめのウイスキー銘柄とは

ジンジャーハイに使われるウイスキーには多くの種類があり、産地【スコットランド・アメリカ・アイルランド・カナダ・日本】によって5大ウイスキーと呼ばれています。

ここでは、その中でも、スコッチ・バーボン・ジャパニーズウイスキーの3種類について簡単に紹介しましょう。バーボンは、主にアメリカンウイスキーの中でも、トウモロコシを主原料としてケンタッキー州で作られるウイスキーの総称で、甘い香りが印象的です。

スコッチウイスキーは、ウイスキーの醸造所が多いスコットランドで生産されるウイスキーで、スモーキーな香りが特徴。

ジャパニーズウイスキーは、スコッチタイプをベースに、日本人好みのソフトな味わいとなっています。これらのウイスキーは、それぞれジンジャーハイに向いているのかどうか見ていきましょう。


バーボンは、ジンジャーハイに向いているのか?

ジャックダニエル ブラック 1000ml

甘い香りが特徴のバーボンは、ジンジャーハイに向いているウイスキーが多くあり、濃いめでも薄めでも十分にたのしめる銘柄がそろっています。バーボンの特徴を存分に楽しむなら、1:2の割合でしっかりとウイスキーの個性を楽しめるような作り方が良いでしょう。

おつまみは、ウイスキーの個性に負けない味のものを選び、「飲むこと」に主眼を置いた楽しみ方がおすすめです。食中酒として楽しみたい場合は、ジンジャーエールの割合をグッと増やすと、後味爽やかなジンジャーハイにすると良いでしょう。

ステーキなどの肉料理、アメリカらしい食事と一緒にゴクゴクと飲み進めるスタイルなら、後者の作り方がぴったりと合いますよ。ぜひ試してみてくださいね。

バーボンを購入する


【参考記事】美味しいバーボンのおすすめ銘柄とは▽


スコッチは、ジンジャーハイに向いているのか?

シングルモルト ウイスキー ラフロイグ セレクトカスク 700ml

スモーキーで個性の強い銘柄が多いスコッチウイスキーは、スモーキーな味わいを楽しむ飲み方がおすすめです。ウイスキーとジンジャーエールの比率は1:2をベースとした作り方で、選んだ銘柄に合わせておつまみを考えるスタイルが良いでしょう。

独特の香りが特徴的な銘柄も、ジンジャーハイにすると非常に飲みやすく、爽やかさが引き立ちます。一度挑戦してみて、個性の強さから飲みきれないでいるスコッチウイスキーがあれば、ぜひ一度ジンジャーハイにしてみてください。

飲みやすく変化したその味わいに驚かされるかもしれませんよ。クセがなく非常に飲みやすい高級銘柄も、濃いめの割り方でじっくりと味わうジンジャーハイに向いています。ウイスキー初心者でも飲みやすい銘柄をジンジャーハイにして、スコッチの魅力を身近に感じてみてください。

スコッチウイスキーを購入する


【参考記事】スコッチウイスキーのおすすめ銘柄とは▽


ジャパニーズウイスキーは、ジンジャーハイに向いているのか?

サントリー ウイスキー 角瓶 700ml

ジャパニーズウイスキーは、バーボンやスコッチに比べてソフトで穏やかな味わいが持ち味です。料理の味を邪魔せず引きたててくれるという特徴があり、主に食中酒として楽しめます。

和食のように繊細な味わいの料理にも合わせやすいでしょう。価格の高い年代物の銘柄は香り高いものがあるので飲み方が変わりますが、お手軽価格のジャパニーズウイスキーは、気軽に飲める作り方で楽しめます。比率的には1:7ぐらいにすると、真夏の夜にごくごくと気兼ねなく飲み進められるでしょう

大きめのタンブラーグラスやビールジョッキに氷を詰め、ジャパニーズウイスキーを入れた後、ジンジャーエールをなみなみと注いでたっぷりとした量で割りましょう。

ジャパニーズウイスキーを購入する


【参考記事】ジャパニーズウイスキーのおすすめ銘柄とは▽


ジンジャーハイにおすすめのウイスキー銘柄5選

ウイスキーのおすすめ銘柄とは

ここからは、ジンジャーハイにおすすめのウイスキーを5銘柄ご紹介します。個性の違うウイスキーをセレクトしていますので、興味のある銘柄から順番に試してみてくださいね。中には、製菓用のミニボトルとして売られている銘柄もあります。どんな風味なのか味見をしたい場合は、ミニボトルを購入して試してみるのもいいでしょう。


おすすめウイスキー1. ザ・マッカランファインオーク10年

シングルモルトウイスキー ザ・マッカランファインオーク10年 ...

スコッチウイスキーの中でも、大麦麦芽のみを原料とし、単一の醸造所で作られたモルトウイスキーのことを、シングルモルトウイスキーと呼びます。

スコットランドのハイランド地方に位置する老舗の醸造所が作る「マッカラン」は、シングルモルトウイスキーのロールスロイスと呼ばれるほど有名な銘柄です。マッカランの銘柄の中でも10年ものは、一番若い年数のウイスキーで、強めの刺激があります。

ジンジャーエールなど甘めの炭酸で割ると、この刺激がマイルドになってマッカランらしいシェリーの華やかな香りが感じられるように。まさに、ジンジャーハイ向けの1本です。割り方の比率は、ウイスキー1ジンジャーエール2でどうぞ。

販売サイトで購入


ザ・マッカランファインオーク10年とは

  • 内容量:700ml
  • 種類:スコッチ(ハイランド地方)
  • 度数:40度
  • おすすめの飲み方:甘めの炭酸で割る
  • 熟成期間:10年

おすすめウイスキー2. ラフロイグ 10年

ラフロイグ 10年 40度 700ml

スコッチウイスキーの中でもかなり個性的なアイラモルトウイスキーで、ピート香や潮の香りが大きな特徴です。ストレートでこの個性を楽しめる方は、ストレートで味わうことを好みますが、この個性に慣れない、という方はぜひジンジャーハイで再トライしてみましょう。

個性の強さがまろやかになり、爽やかさが引き立つようになるので、非常に飲みやすくなります。ストレートとジンジャーハイ、2パターンの楽しみ方ができるウイスキーの銘柄としておすすめです。

割り方は、ウイスキー1ジンジャーエール4で試してみて、自分好みに合わせて割合を調節すると良いでしょう。

販売サイトで購入


ラフロイグ 10年とは

  • 内容量:700ml
  • 種類:スコッチ(アイラ地方)
  • 度数:40度
  • おすすめの飲み方:ストレート- ハイボール
  • 熟成期間:10年

おすすめウイスキー3. デュワーズ ホワイトラベル

デュワーズ ホワイトラベル 700ml

アメリカで一番人気のスコッチウイスキーで、一説によればハイボールの起源で使われた銘柄とも言われています。熟成期間が2年と若くて刺激が強いのですが、ジンジャーハイにすることによって、その刺激がまろやかに。

ジンジャーハイは、「デュワーズ」本来の味と爽やかさを堪能できる飲み方です。割り方は1:4の比率が基本。喉ごし、後味の爽やかさなど、すべてにおいて高いレベルで楽しめるのに、焼酎と価格的に近くお手頃という点も魅力的ではないでしょうか。日常的に楽しめるウイスキーとして、ぜひ一度味わってみてほしい銘柄です。

販売サイトで購入


デュワーズ ホワイトラベルとは

  • 内容量:700ml
  • 種類:スコッチ
  • 度数:40度
  • おすすめの飲み方:ハイボール
  • 熟成期間:2年

おすすめウイスキー4. ジャックダニエル ブラック

ジャックダニエル ブラック 700ml

バーボンウイスキーの中でもプレミアムな「テネシーウイスキー」の代表的な銘柄。その味わいはメロンの香り、バニラ・キャラメル・メープルの香りなども複雑に絡み合い、ジンジャーハイにするとその複雑さはそのままに、爽やかな風味へと変化します。

1:2の濃いめ、1:7の薄めの割り方でも、どちらでもジャックダニエルらしさが堪能できるのでおすすめです。飲み方はロックやハイボール、相性の良いフードは、チョコレートやフライドチキンなど。チョコレートの甘さに合わせるには、ロックやストレートなどが良いでしょう。フライドチキンなどの料理には、ジンジャーハイがぴったり合います。

販売サイトで購入


ジャックダニエル ブラックとは

  • 内容量:700ml
  • 種類:バーボン(テネシーウイスキー)
  • 度数:40度
  • おすすめの飲み方:ロック、ハイボール

おすすめウイスキー5. サントリー ウイスキー 角瓶

サントリー ウイスキー 角瓶 700ml

自宅で日常のウイスキーとして選ぶなら、やはり外せない銘柄です。山崎と白州蒸溜所のバーボン樽原酒をブレンドしており、バーボンに近い香りと甘みが感じられます。1:4の黄金比率でハイボールやジンジャーハイを作って気兼ねなくゴクゴクと飲み干すのがおすすめ

唐揚げなどの揚げ物と相性が良いので、ぜひ組み合わせてみてください。揚げ物料理と合わせる時は、ジンジャーハイにレモン化果汁を少し絞り、爽やかさをプラスするとさらにさっぱり感が増しますよ。

普段は安い焼酎を使って家飲み用のカクテルを作っている方は、コスト的にも変わらないので、ぜひ一度「角瓶」をお試しくださいね。

販売サイトで購入


サントリー ウイスキー 角瓶とは

  • 内容量:700ml
  • 種類:ジャパニーズウイスキー
  • 度数:40度
  • おすすめの飲み方:ハイボール

ジンジャーハイボールでいつもの晩酌をちょっぴり豪華に。

ジンジャーハイの定義やおすすめの割合、作り方、ジンジャーハイに合うおすすめウイスキーの銘柄を紹介しました。ウイスキーは産地によって個性が違いますので、個性に合わせた比率でジンジャーハイを作ることで、ウイスキーの個性を存分に引き出せます。

スコッチ、バーボン、ジャパニーズそれぞれの個性と自分の好みも加味しつつ、ベストの作り方を探してみてくださいね。おいしいジンジャーハイを自宅で楽しみ、日々の疲れを癒やしてみてはいかがでしょうか。

【参考記事】ジンジャーハイ以外のウイスキーの美味しい飲み方を解説します▽

【参考記事】ジンジャーハイが好きな方は、コークハイもおすすめ▽

【参考記事】ちょっと粋な飲み方『トワイスアップ』の作り方とは▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事