【2018】初心者におすすめの人気ペンタブレット12選。液タブ&板タブ特集

初心者&上級者が惚れ込む“ペンタブレット”とは。今回はおすすめのペンタブレットを液タブと板タブに分けてお届けします。MacやWindowsに対応しているものはもちろん、初めての人におすすめの安い一台から、プロが使うような高級な一台をお届け。デジタルイラストに最適なアイテムとは。

ペンタブレットの略称「ペンタブ」のおすすめを大公開

おすすめのペンタブレットを大公開

パソコンでイラストを書きたいと思った時に必要になるアイテムが“ペンタブレット”。ペンタブレットはお絵かきソフトをインストールすることで、絵を描くことができます。。ペンタブレットを使ったイラストは筆圧や線の太さなどを変えられる、かなりのクオリティのイラストを仕上げることができます。

そこで今回はおすすめのペンタブレットの選び方から、おすすめの商品まで厳選してお届けします。自分の用途にあった一台とはどのようなものでしょうか。


ペンタブレットのタイプは主に2種類ある。

ペンタブレットの種類は主に2種類ある

一言でペンタブレットと言っても、「板タイプ」と「液晶タイプ」の2種類があります。それぞれメリットがあるのですが、どちらを購入した方が良いかは明確に分かれます。

簡単に言うと本格的にイラストを書きたいのであれば液晶タイプ、簡易的なものでよければ板タイプがおすすめです。その違いはどのようなところにあるのか確認していきましょう。


板タイプの特徴とは

板タイプのペンタブレットはデスクトップパソコンやノートパソコンに接続して使う入力機械です。専用のペンを動かすとパソコンのお絵かきソフトに入力されるので、パソコンに描いた結果が出力されるという訳です。

価格は1万円を切るものからありますので、気軽に購入できるのも板タイプのペンタブレットです。手やペンがディスプレイと被らないという点もポイントですね。


板タイプに向いている人

板タイプのペンタブレットは値段も安いので、初心者の方におすすめ。板タイプの中にも様々なものがあり、筆圧を変えて絵を描くことも可能です。

ただパソコンの画面を見ながら絵を描くことになるので、操作になれるまでは少し大変です。また絵を描くときに少し感覚がずれることもあります。ただし価格が安いため、ペンタブレットを購入する初心者の方は板タイプから始めてみるのがおすすめです。


液晶タイプの特徴

液晶タイプのペンタブレットは、ボード部分が液晶になったいるタイプのペンタブレットで通称「液タブ」と呼ばれています。パソコンに接続するとタブレットに直接描くような感覚でイラストを描けるので、絵の質は高いものが描ける可能性が高いです。

一方で価格は10万円を超えるものもあるので、購入するのにはハードルが少し高くなります。このような点が液晶タイプの特徴です。


液晶タイプの向いている人

液晶タイプのペンタブレットはタブレットに直接絵を描くことができるため、クオリティの高い絵が書きたいという人におすすめの商品です。

一方で値段は4万円以上するものもありますので、導入コストは板タイプより高くつきます。液晶タイプのペンタブレットは購入する前に、本当に今の自分に向いているか?ということを考えてから購入するようにしましょう。


ペンタブレット選びで大切なこと

ペンタブレット選びで大切なこと

板タイプと、液晶タイプを紹介しましたが、ここからは重要な選び方についてレクチャーしていきます。ペンタブレット選びは

  1. 筆圧レベル
  2. カラー
  3. サイズ
  4. 付属ソフト
  5. 対応OS
  6. ワイヤレス対応

の6点を確認しておくことが大切です。ここからは6つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。


ペンタブの選び方1. タッチ感度に関わる「筆圧レベル」で選ぶ

ペンタブレット選びで大切なポイントとしてまず考える必要があるのは、筆圧レベルです。筆圧レベルは「1024」や「8192」といった数字で表されますが、数字が高いほど筆圧を読み取るセンサーが敏感になるので微妙な力具合を読み取ってくれます。そのため一般的に筆圧レベルの数値が高いほど、高性能なペンタブレットとなります。

しかし筆圧レベルが高まるとその分値段も高くなるので、デッサンをするような繊細なタッチが必要な方は2000以上、趣味で絵を描くような初心者の方は1000前後がおすすめです。


ペンタブの選び方2. カラーを重視して選ぶ

続いてのポイントとしては「カラー」です。ペンタブレットは液晶に絵を描くことになるので、色の見え方が普通の絵とは変わってきます。

またペンタブレットによっては選べるカラーが少ないこともあり、自分のイメージしている絵が描けないことがあります。どんな色が入っているか、出力される色はどんな色かをしっかり確認しましょう。


ペンタブの選び方3. S・M・Lの描きやすいサイズを選ぶ

ペンタブレットを選ぶ上ではサイズも大切です。ペンタブレットのサイズは15インチ以下の「S」、16~24インチの「M」、25インチ以上の「L」というサイズ表記があります。

特に板タイプのペンタブレットを購入するときは、サイズ選びに気をつかいましょう。ペンタブの描く範囲は、モニターの画面にそのまま1:1で反映されるため、あまりにもサイズが異なると描きにくくなってしまいます。


ペンタブの選び方4. お絵かき用の付属ソフトがあるかどうかで選ぶ

ペンタブレットを利用するためには、お絵かき用のソフトが必要になります。ペンタブレットによっては付属ソフトとして、お絵かきソフトがついているものもありますが、そうでないものもあります。

ただし付属ソフトが使いにくいこともあるので、そういった場合は新たにソフトを購入する必要があります。様々なソフトがあるため、上級者になったら自分にあったソフトを別途購入するのも良いかもしれませんね。


ペンタブの選び方5. ペンタブの対応OSをチェックする

ペンタブレットの中には「Windows」のみ対応の商品もあれば、「Mac」の方が操作しやすい商品もあります。中には特定のOSにしか対応していない商品もありますので、対応するOSは事前にチェックしておくようにしましょう。せっかく買ったペンタブレットにOSが対応していなければ使えないので、必ず確認するようにしましょう。


ペンタブの選び方6. ワイヤレス(無線)対応かどうかをチェックする

最後にワイヤレス対応ができるかどうかも選ぶ上でポイントになります。板タイプの場合は直接パソコンに接続するため、近くで使わなければなりません。

しかし液タブの場合はパソコンと離れていても使用できるため、ワイヤレス対応できるタイプの方が楽に利用できます。特に液タブを購入する場合は、ワイヤレス対応できるかどうか確認しましょう。


ペンタブレットのおすすめ12選

ペンタブのおすすめ12選

ここからはおすすめのペンタブレットを紹介していきます。板タイプのペンタブレットと液晶タイプのペンタブレットは別物なので、2つは分けて紹介していきます。先ほど紹介したペンタブレットを選ぶポイントを考慮に入れた上で、自分に合ったペンタブレットを探していきましょう。選ぶ上では自分に合うかどうかが一番大切ですよ。


これから絵を描く初心者はチェック。板タイプのペンタブレットのおすすめ7選

まずは板タイプのペンタブレットから紹介していきます。板タイプのペンタブレットは値段が安い商品が多く、初心者がチャレンジしやすいのが特徴的です。これから絵を描きたいという人は、こちらからご覧ください。


板タイプのペンタブ1. Wacom(ワコム) Intuos Draw Sサイズ

ワコム ペンタブレット Intuos Draw ペン入力専用 ...

ペンタブレットを販売している会社の中で品質・価格ともに優れているとされている「ワコム」が販売している、初心者向けペンタブレットが『Intuos Draw』です。価格は1万円を切るうえに、付属のペイントソフトもついているのでこれを購入するだけでお絵かきを始めることが可能。

初心者用ペンタブレットではありますが、筆圧レベル「1024」、ワイヤレス接続可能、ペンが右利き左利きどちらにも対応可能など、基本的な性能は備えています。価格も安いので、これからお絵かきをはじめたいという初心者の人におすすめの商品ですね。価格は約8,000円。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 筆圧レベル:1024
  • サイズ:S
  • 重量:約290g
  • カラー:ホワイト、ミントブルー、ブラック
  • 接続方式:USB
  • 対応OS:Windows 7/8/8.1/10(最新のSP適用)(64ビット版を含む)、Mac OS X 10.8.5以降
  • 付属ソフト:あり

板タイプのペンタブ2. Wacom(ワコム) One by Wacom Mサイズ

ワコム ペンタブレット One by Wacom ペン入力専用...

こちらも「ワコム」が初心者向けに販売しているペンタブレット『One by Wacom』。こちらの商品はワコムの直営店専用モデルですが、インターネットでも購入可能です。

Amazonのペンタブレット部門でベストセラーになるなど、多くの人に愛されている商品です。タッチ機能、ファンクションキー、無線接続といった機能はありませんが、筆圧レベル「2048」で絵を描く上ではクオリティを保証してくれます。Mサイズのペンタブレットの中ではかなり安いですし、シンプルで機能性の高い商品を探している人におすすめになります。価格は約8,600円。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 筆圧レベル:2048
  • サイズ:M
  • 重量:432 g
  • カラー:ブラック
  • 接続方式:USB
  • 対応OS:Windows® 7/8/8.1/10(最新のSP適用)(64ビット版を含む)、Mac OS X 10.10以降
  • 付属ソフト:なし

板タイプのペンタブ3. Huion(フイオン) Insupiroy Q11K Lサイズ

HUION ペンタブレット 無線 8192レベル筆圧感知 11...

こちらは「HUION」というメーカーの板タイプのペンタブレットで『Insupiroy Q11K』という商品です。価格は1万円少しと初心者でも手の届きやすい価格なのですが、この商品最大のウリは筆圧レベル「8192」というグレード。筆圧レベルがかなり高いので、自分の思った絵が描けるということでプロの仕事場でも利用されることがある商品です。

実際に使用された人もかなり描きやすいというレビューも多数ありましたので、はじめて購入するペンタブレットとしてもおすすめ。コストパフォーマンスのいいペンタブを探している人におすすめの一台になります。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 筆圧レベル:8192
  • サイズ:L
  • 重量:1814g
  • カラー:ブラック
  • 接続方式:USB
  • 対応OS:Windows 7/8/8.1/10、Mac OS X10.11.0
  • 付属ソフト:なし

板タイプのペンタブ4. XP-PEN StarG430S B Sサイズ

XP-Pen ペンタブレット ペンタブ 4*3インチ 2mm厚...

5000円以下という低価格でありながらクオリティの高い絵を描くことができると評判なのが「XP-PEN」から販売されている『StarG430S B』です。薄さは2mm、重量は約245gという薄型ボディなので、ペンタブレットを持ち運んで使うという人にはとても使いやすい商品になります。

付属ソフトはついていませんが、Windows専用ペイントソフトであるopenCanvasが無料でダウンロードできるという点も嬉しいポイント。筆圧レベルも「8192」と文句のないグレードに。安くて持ち運びがしやすいペンタブレットを探している人におすすめの商品になります。価格は約3,500円とコスパ最強のペンタブです。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 筆圧レベル:8192
  • サイズ:S
  • 重量:245g
  • カラー:ブラック
  • 接続方式:USB
  • 対応OS:Windows7、8、10/Mac 10.8以降
  • 付属ソフト:あり

板タイプのペンタブ5. Wacom(ワコム) Intuos Comic Mサイズ

ワコム ペンタブレット Intuos Comic M ペン&a...

漫画やイラストを本格的に描きたいという人におすすめの商品が「ワコム」から発売されている『Intuos Comic』です。デジタルイラストを描くためのソフトである「Clip Studio Paint Pro」が付属しており、オンラインでチュートリアルができるので、はじめてデジタルイラストに挑戦する人にも優しい設定になっています。

プロレベルの仕事がしたいとなると10万円以上のペンタブレットが必要になることもありますが、こちらの商品はあくまでプロへの入門編。これからイラストに挑戦するけど将来プロを目指している、そんな人におすすめの商品になります。価格は約17,000円。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 筆圧レベル:1024
  • サイズ:M
  • 重量:約480g
  • カラー:ブラック、ミントブルー
  • 接続方式:USB
  • 対応OS:Windows 7/8/8.1/10(最新のSP適用)(64ビット版を含む)、Mac OS X 10.8.5以降
  • 付属ソフト:あり

板タイプのペンタブ6. GAOMON M106K Lサイズ

GAOMON M106K-WindowsとMAC対応 10 x...

ペンタブレットの操作に少し慣れ始めてきたという人におすすめの商品が「GAOMON」というメーカーが販売している『M106K』です。こちらの商品はショートカットキーが12個、ソフトキーが16個ついています。そしてそれぞれに命令を割り当てることで、作業を効率化できます。

また画面サイズも大きく、筆圧レベルも「2048」というレベルなので自分の思った絵をそのまま表現することが可能。作業の効率化とクオリティの高い絵の両立ができるペンタブレットです。今よりも少しいいペンタブレットを探している人におすすめの商品になります。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 筆圧レベル:2048
  • サイズ:L
  • 重量:780g
  • カラー:ブラック
  • 接続方式:USB
  • 対応OS:Windows7/8/8.1/10 、Mac OS 10.8.0以降
  • 付属ソフト:なし

板タイプのペンタブ7. Wacom(ワコム) Bamboo Pen CTL-460/K0 Sサイズ

Wacom ペンタブレット Sサイズ シンプルタブレット 描き...

プロのイラストレーターの仕事にも利用されている板タイプのペンタブレットが「ワコム」から発売されている『Wacom Bamboo Pen CTL-460/K0』です。イラストを描くことに特化したデザインと仕様になっているため、自分の思うがままに絵が描けるという事でプロからも賞賛の声が上がっています。

筆圧レベルは「1024」ですが滑らかにペンを動かすことができるので、その描き心地は他のものと比べられないようです。プロ仕様で滑らかにイラストを描きたいと考えている人は、少し高めですがこちらの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 筆圧レベル:1024
  • サイズ:S
  • 重量:360g
  • カラー:ブラック
  • 接続方式:USB
  • 対応OS:Windows 7/Vista/XP日本語版(64ビット版を含む)、Mac OS X 10.4.以降
  • 付属ソフト:あり

本格派のイラストに。液晶タイプのペンタブレットのおすすめ5選

ここからは液晶タイプのペンタブレットおすすめ商品を紹介していきます。液タブは板タイプに比べると価格が高く、プロの人も利用しています。本格的にイラストや漫画に取り組みたいという人は、ぜひこちらの商品を参考にしてみてください。


液晶タイプのペンタブ1. Wacom(ワコム) Cintiq 13HD Mサイズ

ワコム 液晶ペンタブレット 13.3フルHD液晶 Cintiq...

「ワコム」が発売している液タブの中ではスタンダードなモデルと言える商品が『Cintiq 13HD』です。優れた色性能と解像度、「2048」という筆圧レベル、傾き検出機能によりエルゴノミクスを追求したプロペンなど作業環境としては、ばっちりの環境を整えてくれます。

ワコムの商品はまだまだ上位のモデルが発売されていますが、液タブの入門編としては十分なレベルをクリアしています。はじめて液タブの購入を検討しているという人であれば、十分な作業環境が作れるのではないでしょうか。液タブ初心者の方はチョイスしてみてはいかがでしょうか。価格は約77,000円。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 筆圧レベル:2048
  • サイズ:M
  • 重量:1200g
  • カラー:ブラック
  • 接続方式:USB
  • 対応OS:Windows® 7, 8, & 10 、Mac OS X®, 10.10, 10.11, & 10.12
  • 付属ソフト:あり

液晶タイプのペンタブ2. XP-PEN Artist15.6 Mサイズ

XP-Pen 液タブ 液晶ペンタブレット 15.6インチ バッ...

4万円以下という液タブの中では低価格でありながら、プロレベルのクオリティを出すことができると評判なのが「XP-PEN」が発売している『Artist15.6』です。解像度「1920x1080」、アスペクト比「16:9」、 178度の視野角、そして筆圧レベルは最高峰の「8192」という数字。機能面だけを見てもかなりの数字なので、お値段以上のパフォーマンスを生み出すことは間違いなし。

また液タブとしてはかなり薄い11mmという数字を実現しているので、持ち運びにも便利です。コスパのいい液タブを探しているという人にはおすすめできる商品になります。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 筆圧レベル:8192
  • サイズ:M
  • 重量: 2.68 kg
  • カラー:ブラック
  • 接続方式:USB
  • 対応OS:Windows 10/8.1/8/7(最新のSP)(64ビット版を含む)、Mac OS X 10.8以降
  • 付属ソフト:あり

液晶タイプのペンタブ3. Wacom(ワコム) MobileStudio Pro13 Mサイズ

ワコム Windows10搭載液晶ペンタブレット Wacom ...

「ワコム」が発売するプロ向けの液タブが『Wacom MobileStudio Pro13』です。本格的にデジタルペイントがしたいというのであれば、こちらの商品を推すというプロもいるほどクオリティの高い仕上がりになっています。

「Adobe RGB 96%」の色精度という色精度が素晴らしく、自分の思った色を自由に表現できます。2Dだけでなく3Dの作業も問題なくこなせますので、グラフィックデザインをしている人にもおすすめ。デジタルペイントを仕事にしているプロの人、今後本格的に取り組もうと思っている人は選んでみてくださいね。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 筆圧レベル:8192
  • サイズ:M
  • 重量:1420g
  • カラー:ブラック
  • 接続方式:USB、Bluetooth
  • 対応OS:Windows 10 Hom
  • 付属ソフト:なし

液晶タイプのペンタブ4. GAOMON PD1560 Mサイズ

GAOMON 15.6インチIPS液晶ペンタブ 10個ショート...

コスパのいい液タブとして人気のある商品が「GAOMON」が発売している『PD1560』です。価格は4万円を切る低価格なのですが、スタンド付き、ショートカットキー10個、筆圧レベル「8192」と価格の高い液タブにも負けない性能を誇っています。画像解像度などではプロ仕様のものには劣りますが、作業環境としては十分のレベルなのではないでしょうか。

中国製ということで不安がある人もいるかもしれませんが、サポートセンターは日本語で対応してくれるので安心ですよ。コスパのいい液タブを探している人におすすめの商品です。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 筆圧レベル:8192
  • サイズ:M
  • 重量:2.88 Kg
  • カラー:ブラック
  • 接続方式:USB
  • 対応OS:Windows7/8/8.1/10、Mac OS 10.11.0以降
  • 付属ソフト:なし

液晶タイプのペンタブ5. Huion(フイオン) Kamvas GT-156HDV2 Mサイズ

HUION 液晶タブレット Kamvas GT-156HDV2...

クオリティの高い製品を販売している「HUION」の商品の中でおすすめの液タブが『Kamvas GT-156HDV2』です。筆圧レベル「8192」という数字に加え、付属のペンは16gと非常に軽いのサラサラと思うがままに絵描けます。ショートカットキーも全部で14個配置されているため、作業の効率化も楽。

5万円を切る価格でプロでも使えるレベルのクオリティの製品を仕上げてくれています。ストレスなく絵を描くことができる上、価格も安い。はじめて買う液タブとしてもおすすめですので、初心者の人にもおすすめできる商品になります。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 筆圧レベル:8192
  • サイズ:M
  • 重量:3.82 kg
  • カラー:ブラック
  • 接続方式:USB
  • 対応OS:Windows 7/8/8.1/10及びMAC OS 10.11以後
  • 付属ソフト:なし

ペンタブレットのおすすめメーカーを3社ご紹介します!

ここまでおすすめのペンタブレットを紹介してきました。ペンタブレットは高い精度が求められる商品なので、参入しているメーカーもまだあまり多くはありません。

そんな中、力を入れているメーカーもいくつかありますので、ここからはおすすめのメーカーを紹介していきます。ペンタブレットはそこそこ値が張りますので、しっかりといいメーカーのものを選ぶ事も大切です。


おすすめメーカー1. Wacom(ワコム)

ワコム 液晶ペンタブレット 13.3フルHD液晶 Cintiq...

まず紹介するメーカーは『Wacom(ワコム)』です。ワコムはこの記事でも1番商品を紹介したメーカーで、多種多様なペンタブレットを作っています

ワコムの商品の特徴としては、初心者向けのガイドが充実している点。オンラインでチュートリアルができたりと、はじめてペンタブレットを使う人にはとても優しい商品を販売しています。はじめてペンタブレットを買うのであればワコムがおすすめです。

ワコムのペンタブレットを見る


おすすめメーカー2. Huion(フイオン)

HUION 液タブ Kamvas GT-191 IPS液晶 フ...

技術力に優れたメーカーが『Huion(フイオン)』です。フイオンの商品は筆圧レベルが2018年現在販売されている中では最高の「8192」を実現するなど、技術力には定評のあるメーカーです。

しかし高品質の商品を開発していながら、商品自体の価格が高くなくコスパが良いのがポイント。クオリティの高いペンタブレットを探している人は、フイオンがおすすめです。

フイオンのペンタブレットを見る


おすすめメーカー3. XP-PEN

XP-Pen ペンタブ バッテリー充電不要 8192レベル筆圧...

最後に紹介するのが『XP-PEN』です。先ほど紹介したワコムやフイオンに比べると知名度は劣りますが、コストパフォーマンスのいい商品を販売しているということでAmazonなどでは人気になっています。

特に液タブに強く、価格は安いけど性能のいい商品を展開しています。コスパのいい液タブを探しているという人であれば、XP-PENの商品がおすすめです。

XP-PENのペンタブレットを見る


自分のレベルに合わせたペンタブレットを選んでくださいね。

ここまでペンタブレットについて詳しく解説してきました。ペンタブレットは簡単にお絵かきができるものから、デジタルペイントをするプロが扱うものまで様々な商品が販売されています。

趣味でお絵かきをするのであれば1万円以下の商品もありますし、プロ仕様であれば10万円を超える商品もあります。価格の幅が広いからこそ、自分に最適な商品を選ぶことがとても大切です。自分に合ったペンタブレットを購入して、今よりいい絵を描いていきましょう。


【参考記事】今年おすすめのタブレットを大公開します▽

【参考記事】タブレットへのちょっとしたお絵かきならタッチペンのおすすめも見てくださいね▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事