スピーカーケーブルの選び方&おすすめ15選。高音質で安いコスパ最強ケーブルとは

ギターやカーオーディオなど幅広い用途で使われる、スピーカーケーブル。「ケーブルってどうやって選べばいいの?」と悩む人も多いはず。そこで今回はスピーカーケーブルの正しい選び方からおすすめ商品までを徹底解説します。コスパ最強の安いけど高音質を出せる商品をGETしましょう。

ギターから車まで。おすすめのスピーカーケーブルを大公開

スピーカーケーブルのおすすめ商品

音楽好きな方にとって、欠かせないアイテムの一つである、スピーカーケーブル。そもそも、「スピーカーケーブルとは何だ?」と思う人も多いはず。そこで今回は、 ケーブルの基礎知識からケーブル選びで大事なポイント、おすすめのスピーカーケーブルまで詳しく解説していきます。 ぜひ、アンプやレシーバーとスピーカーを繋げる、音を伝える鬼門とも言えるスピーカーケーブル選びの参考にしてみてください。

それではまず、スピーカーケーブルについての知識がない方でも参考になるよう、初歩から見ていきましょう。


スピーカーケーブルのタイプは主に3種類ある。

スピーカーケーブルの種類

スピーカーケーブルを選ぶ時に、ケーブルタイプをしっかりと把握するようにしましょう。ケーブルには、大きく分けて3種類で、

  1. スターガット型ケーブル
  2. 平行型ケーブル
  3. ツイスト型ケーブル

になります。どれもスピーカーケーブルとして使えますが、タイプによって特徴が異なります。ここから各種類の特徴、メリット・デメリットについて確認していきましょう。


スターガット型ケーブルとは

4芯のスピーカーケーブルで、ケーブル内にはプラスとマイナスが交差するように配置されています。ノイズ減少、高音質化を狙う方におすすめですが、皮膜を取り除き、絶縁体を処理する必要があるため、中上級者向けのケーブルと言えるでしょう。

きれいに絶縁体を処理するのが難しい方は、既にメーカーが端子の取り付けをしているケーブルを購入してもいいですね。音質にこだわる方は自作をし、ケーブルの種類、端子や長さなどにもこだわっています。


平行型ケーブルとは

ベーシックなスピーカーケーブルで、コストを低く抑えたい方向けです。太さも細めで、取り回しが良いケーブルになります。オーディオ初心者や外部の絶縁体を工夫することで高音質を追求できる、初心者から上級者まで愛されるケーブルタイプなため、一度見ておいて損ありませんよ。

メーカーや線材ごとの違いを比較するために、安価な平行型ケーブルを複数購入してみるのもよいでしょう。手持ちのケーブルの種類を多く増やしてみることで、より深くオーディオへ理解が深まります。


ツイスト型ケーブルとは

ツイストとは『撚り線】のことですが、このタイプのスピーカーケーブルはノイズへの耐性は強い一方で、振動には弱い特性があります。高級なオーディオにはよく採用されているケーブルのタイプなため、グレードアップにもおすすめですね。

ケーブルメーカーや音質へのこだわりを持つ方が選ぶ、少し上級者向けのケーブルになります。2本ツイストしたツイストケーブル、4本を練ったケーブルなど様々な形状がありますが、平行型よりはお値段がお高めなので慎重に選びましょう。


購入前にチェック!スピーカーケーブルの選び方とは?

スピーカーケーブルの正しい選び方

スピーカーケーブルの基礎知識について勉強してきたところで、スピーカーケーブル選びは

  1. 構造
  2. 材質
  3. 用途
  4. ケーブルの太さ(ゲージ)

の3点を確認しておくことが大切です。ここからは3つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。


1. 繋ぎ方とお質に関わるケーブルの構造を確認する

スピーカーケーブル選びで最も分かりやすいのが、構造による違い。リスニング環境で実際に音出ししないと分からないのが、ケーブルの世界の奥深さですが、構造によってある程度の向き不向き、傾向を探れます。

オーディオ初心者でも、構造によって見た目が違うため見分けやすく、ケーブル構造によって予算ごとのおすすめも決まってきます。まずは構造を決めた上で、スピーカーケーブルを選ぶと良いでしょう。


2. 音の得意不得意が分かれる材質で選ぶ

ケーブルに使用される材質は主に「銅」・「銀」・「銅と銀の複合型」の3種類に分かれます。それぞれ特徴がありますので、選ぶ際の基準にしましょう。

  • 銅:不純物が少なく、主に低音の強さが特徴的
  • 銀:銅と同じく不純物が少なく、銅より高音がクリア。ただし低音にやや弱い
  • 銅と銀の複合型:銅と銀のメリット・デメリットを含んだタイプ。

3. 用途を決めて商品を選ぶ

スピーカーケーブルはオーディオやホームシアター、カーオーディオに使われます。メーカーによっては車載用ケーブルとして、車用のケーブルをラインナップしています。

種類によって、1m100円から数千円まで揃っているため、用途と予算に応じて選びましょう。購入する際は、必要な長さより若干長めにしておくと、長さが足りなくなる心配もなく安心です。

【参考記事】ホームシアターシステムのおすすめ機種を厳選


4. 音質に左右されるケーブルの太さ(ゲージ)を確認する

スピーカーケーブルの太さは実は音質に関わるとても重要なポイント。太ければ高音質というわけでも細ければ良いというわけでもありません。ケーブルが太くなるほど高音域が出にくく、細くなるほど音質に雑味が表れるため、ほどよい太さが大切になります。

ケーブルの太さはゲージ(AWG)という単位で表され、数字が大きくなるほどケーブルが細くなります。一般的なスピーカーケーブルには12〜16ゲージが用いられますので、よほどのこだわりがない限りは12〜16ゲージを目安に選びましょう。


【2018最新】スピーカーケーブルのおすすめ15選

スピーカーケーブルのおすすめ

ケーブル選びの基礎知識をおさらいした所で、スピーカーケーブルのおすすめ15選をご紹介します。安価で手の届きやすいケーブルから、高級モデル、音質重視派に人気のケーブルまで幅広く取り上げますね。まだ試していないケーブルがあれば、ぜひレビューなどを確認して購入し、あなただけのオーディオ環境を構築してください。


おすすめスピーカーケーブル1. Amazonベーシック 16ゲージ スピーカーケーブル 約15m

Amazonベーシック 16ゲージ スピーカーケーブル 約15...

AmazonベーシックはPCの周辺機器、電池なども揃えている、Amazonのプライベートブランドで、お求めやすい価格と品質が特徴。1000円以下で購入できるため、ひとまずケーブルを揃えたいときに最適ですね。

このスピーカーケーブルに使われている線材の種類はCCAで、銅とアルミのクラッド銅素材となっています。端子が付いていないタイプですので、カーオーディオやあらゆる用途に活用可能。太さは16ゲージとなっており、長さは15mとコスパの高いケーブルなので、大量・長距離のケーブル敷設を考えている方におすすめです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:平行型
  • 材質:CCA(銅とアルミのクラッド鋼素材)
  • 長さ:15メートル
  • ゲージ:16
  • メーカー:Amazonベーシック
  • 車オーディオ対応:◯

おすすめスピーカーケーブル2. Amazonベーシック 14ゲージスピーカーワイヤー 無酸素銅 30m

Amazonベーシック 14ゲージスピーカーワイヤー - 99...

とにかく安いコスパ抜群の製品を扱う人気メーカー『Amazonベーシック』から販売されている無酸素銅スピーカーケーブル。こちらは無酸素銅を使用し、30mと長いのでより大量にケーブルが欲しい方におすすめで、お好みの端子を付けて使用できます。

無酸素銅とは、オーディオ業界ではよく使用される線材の一つで、優れた音響特性を持つケーブルのため、最初の1本として選んでも間違いないでしょう。こちらのケーブルは白を貴重としたお部屋によくあうカラーで、価格や線材の質以外に、インテリア重視の方にも人気があるようです。購入しやすい価格なので、これから好みのケーブル探しをする方にもおすすめです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:スターガット型
  • 材質:99.9% 無酸素銅
  • 長さ:30m
  • ゲージ:14
  • メーカー:Amazonベーシック
  • 車オーディオ対応:記載なし

おすすめスピーカーケーブル3. オーディオテクニカ AT-CA20 車載用 OFCスピーカーケーブル20ゲージ

audio-technica オーディオテクニカ AT-CA2...

スピーカーケーブルを選ぶ時に、車載用ケーブルと銘打って売っているものは限られます。オーディオテクニカでは車載用のケーブルや、各種オーディオケーブルを数多くラインナップしており、カーオーディオ愛好者の方にとって頼もしいメーカーですね。こちらの芯材はOFC(無酸素銅)を使用し、1mごとに切り売りが可能。

必要な長さだけ購入できますので、「リールでの購入は長すぎる」という方にもおすすめのスピーカーケーブルです。ノイズにつよく、90℃までの耐熱性能がありますので、安心して選ぶことができるケーブルの一つですね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:ツイスト型
  • 材質:OFC:Oxgen-Free Copper(高純度無酸素銅)99.99%純度の無酸素銅
  • 長さ:1m単位の切り売り
  • ゲージ:20
  • メーカー:オーディオテクニカ
  • 車オーディオ対応:◯

おすすめスピーカーケーブル4. オーディオテクニカ AT7433 車載用 OFCスピーカーケーブル14ゲージ

audio-technica オーディオテクニカ AT7433...

スピーカーケーブルを購入する時、ケーブルの取り回し、固さも考慮すると良いでしょう。このケーブルは太さの割には柔らかめのケーブルで、取り回しも良いため、評判が良いです音質も各帯域バランス良い鳴りで、あらゆるジャンルを聴く方におすすめですね。

車載用のケーブルとしては激安ではないですが、少し高い程度ですので、間違いないケーブルを選びたい方は選択肢に入れてみてください。オーディオテクニカでは、このケーブルを14ゲージの基本ケーブルと位置づけているので、最初の1本としてもおすすめです。また、触れるだけでケーブルのプラスとマイナスが分かる工夫も嬉しいですね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:ツイスト型
  • 材質:高純度OFC素材
  • 長さ:1メートルごとの切り売り
  • ゲージ:14
  • メーカー:オーディオテクニカ
  • 車オーディオ対応:◯

おすすめスピーカーケーブル5. オーディオテクニカ スピーカーケーブル 30m AT6135/30

audio-technica スピーカーケーブル 30m AT...

大量にスピーカーケーブルが欲しいならば、リール巻のケーブルを買いましょう。こちらのケーブルは30mの長さで、ホームシアター(6畳〜8畳)に対応しています。メインスピーカー、リアスピーカー、センタースピーカー用に最適で、お求めやすい価格ですので、初めてのホームシアターにもおすすめですね。

取り回しの良い太さなので、太いケーブルだと敷設が難しかった環境の方にも最適。音質面でもホームユースでは十分満足できるレベルで、ホームシアターデビューのマストアイテムと言えます。余ってしまったケーブルはカーオーディオにも使用可なので、まずは購入してみてはいかがでしょうか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:平行型
  • 材質:99.99%純度の無酸素銅
  • 長さ:30m
  • ゲージ:4mm(ゲージ表記なし)
  • メーカー:オーディオテクニカ
  • 車オーディオ対応:◯

おすすめスピーカーケーブル6. ベルデン 8460 3m スピーカーケーブル

Belden ベルデン(BELDEN) 8460 3m スピー...

オーディオケーブルやスピーカーケーブルなど、配線ケーブルを多く手掛ける有名ブランド『ベルデン』の人気ケーブル。ノイズに強いツイスト型で、3mの長さがあるのでスピーカーとアンプ、コンボなどとの接続に最適。比較的近くに設置するスピーカーとの接続に使っているケースが多いようです。

購入後には、「音が最高レベルまで変わった!」という意見を持つ人が多く、世界中で使われているベルデンブランドの強さを感じることができるでしょう。人気のベルデンケーブルを試したい方、付属のケーブルでは満足できなくなった方におすすめです。ベルデンケーブルはケーブルの種類によって向いている音楽ジャンルがあるので、より深くケーブルの世界を知りたい方に最適ですよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:ツイスト型
  • 材質:記載なし
  • 長さ:3m
  • ゲージ:16
  • メーカー:ベルデン
  • 車オーディオ対応:記載なし

おすすめスピーカーケーブル7. ベルデン スピーカーケーブル 8470-10m

BELDEN スピーカーケーブル 8470-10m

ノイズに強い、ツイスト型のスピーカーケーブルを少し長めで欲しい方はこちらを購入してください。10メートルの長さがあるので、複数のスピーカーをお持ちの方、特にホームシアター環境におすすめ。柔らかくないケーブルですので、あまり短めでは使えませんが、多くのオーディオマニアが愛するベルデンブランドの間違いないケーブルの一つです。

ホームシアター用には複数本購入する必要がありますが、ハイエンドのケーブルに比べると安価で良い音質ですので、ぜひ選択肢に入れてみてくださいね。まだベルデンを試したことない方にもおすすめのスピーカーケーブルです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:ツイスト型
  • 材質:記載なし
  • 長さ:10m
  • ゲージ:16
  • メーカー:ベルデン
  • 車オーディオ対応:記載なし

おすすめスピーカーケーブル8. ベルデン スピーカーケーブル 9497-5m

BELDEN スピーカーケーブル 9497-5m

スピーカーケーブルの用途は、オーディオ用だけではありません。こちらのケーブルに限らずですが、楽器のアンプ用にも使えるものもあります。ケーブル自体の質が良いと評価も高いので、スピーカー接続以外にも色々な用途に使えるでしょう。

音の印象は人それぞれではありますが、クリアな音質、低域が出るというケーブルとしても知られてますので、現状のリスニング環境を変えたい方にもおすすめ。「スピーカーケーブルとは何か?」を知るべく、ベルデンの型番違いを試してみるのも良いでしょう。ノイズに強いツイスト型でゲージは16となっています。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:ツイスト型
  • 材質:記載なし
  • 長さ:5m
  • ゲージ:16
  • メーカー:ベルデン
  • 車オーディオ対応:記載なし

おすすめスピーカーケーブル9. ベルデン 8470 バナナプラグ付 スピーカーケーブル 2本セット1m

BELDEN 8470 バナナプラグ付 スピーカーケーブル 2...

スピーカーケーブルを接続する端子の一つに『バナナプラグ』があります。バナナプラグとは抜き差しが容易で、音質面のアドバンテージが高い特徴があり、オーディオ好きの皆さんにはお馴染みですね。

自分で加工しても良いのですが、購入時に加工済みのものを選べば音質の劣化の心配や無駄な作業時間を確保する必要がありません。バナナプラグ接続のできるスピーカー、機器をお持ちなら、こちらのケーブルがおすすめですスピーカーケーブルは様々な長さのものが販売されていますが、設置環境が許すならば、このケーブルのように短めを選ぶと音質的には良いですね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:ツイスト型
  • 材質:記載なし
  • 長さ:1m
  • ゲージ:記載なし
  • メーカー:ベルデン
  • 車オーディオ対応:記載なし

おすすめスピーカーケーブル10. カナレ 4心スピーカーケーブル 外径8.3mm 4S8ハイ

カナレ/CANARE ★切売販売★ 4心スピーカーケーブル 外...

ベルデンやモガミなどと並び、有名なケーブルメーカーの一つで、響きから推測できる通り、日本の企業です。1970年創業、上場も果たしており、世界的に認知度が高い企業。プロのレコーディング現場などでは、よく使われているケーブルメーカーで、スピーカーケーブルも販売しており、安価ながら評価が高いです。

ケーブルの巻グセなどがつきづらい素材を使っており、業界標準としても大変人気ですので、ケーブル選びで悩んでいる人におすすめですね。ノイズを抑えた設計で、周波数特性にも優れています。安価なケーブルでも間違いない一本を選びたい、基準となるケーブルを試したい方はぜひ購入しましょう。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:スターガット型
  • 材質:無酸素銅
  • 長さ:1m単位の切り売り販売
  • ゲージ:16
  • メーカー:カナレ
  • 車オーディオ対応:記載なし

おすすめスピーカーケーブル11. カナレ 4S6 バナナプラグ付 スピーカーケーブル 2本セット1.5m

CANARE カナレ 4S6 バナナプラグ付 スピーカーケーブ...

バナナプラグ付きのスピーカーケーブルで、カナレの4S6を使用しています。2本セットですので、届いてすぐにスピーカーのケーブルのアップグレードができますね。注意点としてはバナナプラグに対応していない端子ですと、接続ができない点。お持ちのオーディオ、スピーカーを確認して購入しましょう。

自作もできるスピーカーケーブルで、完成品のケーブルを購入するメリットは、やはり信頼度です。レビューをよく見て、信頼できる製品、出品者から購入すると良いでしょう。こちらのケーブルは、0.5mから50mまで選ぶことができますので、必要な長さより少し長め程度のケーブルを買うようにしてください。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:スターガット型
  • 材質:記載なし
  • 長さ:1.5m × 2
  • ゲージ:20
  • メーカー:カナレ
  • 車オーディオ対応:記載なし

おすすめスピーカーケーブル12. カナレ 4S11 スピーカーケーブル 4芯結線 スピコン 15m

CANARE カナレ 4S11 スピーカーケーブル 4芯結線(...

スピーカーケーブルの接続端子の一つである、スピコン。スピコンとは、端子のブランドとして知名度の高い、ノイトニック社が開発した端子で同社が商標登録をしています。感電リスクが少なく、電力を多く給電できるメリットがあり、専用端子がある場合はぜひ使用したいですね。

こちらは15mのカナレ4S11を使用している、スピコン端子付きのケーブルです。長さは0.5mから50mまで選べ、灰色と黒色の2色をラインアップ。設置環境や接続するスピーカー、アンプの色、インテリアに合わせてお好みのスピーカーケーブルを選べます。また長さが足りない場合、スピコン端子を延長する方法としては、アダプターの使用がおすすめですね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:スターガット型
  • 材質:記載なし
  • 長さ:15m
  • ゲージ:14
  • メーカー:カナレ
  • 車オーディオ対応:記載なし

おすすめスピーカーケーブル13. ゾノトーン 6NSP-1500 Meister スピーカーケーブル1m

ZONOTONE 6NSP-1500 Meister(1M) ...

株式会社前園サウンドラボが販売する、ZONOTONEの人気スピーカーケーブルです。同社ではデジタルケーブル、USBケーブルなども販売していますが、こちらは切り売り1mから購入できるため、気軽に試せますよ。導体には4種の素材を採用しており、大変こだわったケーブルとなっています。使用時には方向性を意識すると、よりケーブルの特性を活かすことができるでしょう。

購入後の満足度が高く、音にこだわりがあるオーディオマニア、評判の良い品を最初から試したい方におすすめです。同社サイトには様々な価格帯のケーブルラインナップ、種類のケーブルが販売されていますので、比較して購入するとよいでしょう。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:平行型
  • 材質:高純度6NCu (99.9999%純銅)
  • 長さ:1m単位の切り売り
  • ゲージ:記載なし
  • メーカー:ゾノトーン
  • 車オーディオ対応:記載なし

おすすめスピーカーケーブル14. モガミ 3104 12AWG×4 スピーカーケーブル 1m

Mogami モガミ 3104 12AWG×4 スピーカーケー...

スターガット型、4芯のおすすめスピーカーケーブルです。4芯全て違う色でしっかりと色分けしてありますので、加工時に迷うことはありません。モガミは広く使われているメーカーですので、初めてのスピーカーケーブルとしても選びやすいメーカーですね。

スターガット型で取り回しが良いとは言えませんが、価格も比較的安価なため、余裕を持った長さで購入しましょう。Neglex OFCを導体に使用し、音の面でも大変評価の高いケーブルですので、よりよいリスニングう環境構築、ケーブルのグレードアップ用にもおすすめのケーブルです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:スターガット型
  • 材質:記載なし
  • 長さ:1m単位の切り売り
  • ゲージ:12
  • メーカー:モガミ
  • 車オーディオ対応:記載なし

おすすめスピーカーケーブル15. モガミ 3103 12AWG×2 スピーカーケーブル

Mogami モガミ 3103 12AWG×2 スピーカーケー...

スピーカーケーブルは、そのケーブルごとの特性ある音というのがあります。このケーブルは基準となる味付けない音ということで、評価されているので、視聴環境、視聴するソースによってケーブル選びをするために一本購入すると良いでしょう。

癖のない音と言われるケーブルを一本持っておくことで、より深くオーディオの世界を知ることができます。レビューや専門誌などでケーブルの特性が大きく異なるものを選び、比べてみることで、あなたの環境で最適なスピーカーケーブルを選べますね。これからオーディオ関係のケーブルを揃える方にもおすすめです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:スターガット型
  • 材質:Neglex OFC (無酸素高純度銅)
  • 長さ:1m単位の切り売り
  • ゲージ:12
  • メーカー:モガミ
  • 車オーディオ対応:記載なし

スピーカーケーブルのおすすめメーカーを5社ご紹介します!

おすすめのスピーカーケーブルを15種類ご紹介していきました。ここからは、ケーブルのおすすめメーカーについて解説。あなたにあったケーブルメーカーが見つかるよう、じっくりと読んで、好みのメーカーを見つけてください。メーカーの特徴、価格帯やおすすめな人についても触れます。


おすすめメーカー1. オーディオテクニカ

オーディオテクニカ OFCスピーカーケーブル AT6157

オーディオテクニカは業務用から一般家庭向けまで、幅広いラインナップを揃えているメーカーです。家庭向けもターゲットに展開しているためか、メーカーページは大変分かりやすく、初心者にも手に取りやすいメーカーと言えるでしょう。

マイクロフォン、ヘッドフォンや各種ケーブル類を販売しており、普及価格帯から、高グレードのケーブルまで揃えていますので、オーディオ初級者から上級者までおすすめできるメーカーです。

オーディオテクニカの商品を見る


おすすめメーカー2. ゾノトーン

ZONOTONE 6NSP-1500 Meister(1M) ...

ゾノトーンは、スピーカーケーブルだけでなく、USBケーブルなども販売しています。このメーカーの特徴は、ハイエンド寄りということ。普及品では満足できない、こだわりのオーディオ好きが選ぶメーカーの一つで、メーターあたり万単位のケーブルもあります。

オーディオケーブルだけでなく、電源ケーブルまで揃えていますので、ゾノトーンのみで固めたいという方にも向いていますね。

ゾノトーンの商品を見る


おすすめメーカー3. カナレ

カナレ/CANARE ★切売販売★ 4心スピーカーケーブル 外...

買いやすい値段でスピーカーケーブルはじめ、数々のケーブルを展開しているメーカーとして知られますが、非常に多岐にわたる製品展開をしています。コネクタ類、工具、オーディオパッチ盤、ケーブルリールなども揃えるカナレは、もともと、音響設備の工事を行う企業として創業しました。

広く使われているケーブルとして評価が高く、信頼できる製品を販売していますので、オーディオ初心者も安心して選べます。

カナレの商品を見る


おすすめメーカー4. ベルデン

BELDEN スピーカーケーブル 8470-10m

スピーカーケーブルに限らず、ギター用のシールドでも知られるメーカー。ケーブル類を全てベルデンに揃えるという方や、評判の良い定番ケーブルを導入したい方におすすめです。

価格帯としては数千円で揃えられるレベルなため、それほど高いケーブルではありません。世界で標準的に使われているものも多く、「高級ケーブルはいらない!」という意見もあるほど、ファンの多いメーカーですね。

ベルデンの商品を見る


おすすめメーカー5. モガミ

Mogami モガミ 3104 12AWG×4 スピーカーケー...

モガミと言えば、カラフルなケーブルが印象的という方も多いはず。ギターシールド、パッチケーブルでお馴染みのメーカーではないでしょうか。好みの端子と組み合わせてカスタムが可能なお店も多く、ケーブル自作派にもおすすめのメーカー。価格帯は数千円で入手できることから、オーディオ初心者でも試しやすいコスパ良好のメーカーですよ。

モガミの商品を見る


車からギターまで高音質なスピーカーケーブルをGETしよう!

スピーカーケーブルのおすすめ15選、おすすめメーカーをご紹介していきました。この記事ではケーブルの太さについても記載していますので、スピーカーケーブル選びの参考にしてくださいね。

取り回しの良さだけでなく、音質、入手性、価格なども考慮した上で、最適なケーブルを選びましょう。ケーブルが短い場合の延長する方法として、中継プラグも買っておくと、もしも長さが足りない時などに応急的な対処ができますね。

【参考記事】AVアンプのおすすめ機種を詳しく解説します▽

【参考記事】プリメインアンプとは?特徴からおすすめ機種までご紹介▽

【参考記事】サウンドバーのおすすめはコレ!コスパ良好の一台とは▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事