テレビブースターのおすすめ10選|地デジ・BS/CS対応の人気機器を徹底比較

地デジなどに対応したテレビブースターをお探しの方へ。今記事では、テレビブースターの必要性や選び方から、おすすめ商品まで詳しくご紹介します。BSやCSにも対応したブースターも厳選。室内用や屋外用など使うシーンはもちろん、電波の強力さなどを加味して、最適な1台をGETしましょう!

テレビブースターの必要性|地デジなどの映りが悪い時に効果的!

テレビブースターのおすすめ

テレビブースターは、テレビの受信で使用する電波を増幅させる機器で、地デジなど安定してテレビ視聴を実現できる機械です。

例えば、自宅の周囲にマンションやアパートが建設されたり、山間部だったりすることで電波が受信しにくくなりノイズが発生するなど不具合が生じるので、こうした状況を改善できますよ

また、屋外に問題はなくても、配線ケーブルが長くなりすぎる、分配器が多いなどの要因でテレビ映りが悪くなってしまいます。テレビの設置方法などに左右されず、綺麗な映像を楽しむためにはブースターが必要です。


テレビブースターの選び方|電波強化に役立つ人気アイテムとは

テレビブースターは馴染みの少ないアイテムなので、どれが良いのか分からない方も多いですよね。

そこで、テレビブースターの選び方を紹介していくので、使いやすいブースターを見極めるために活用してくださいね。


テレビブースターの選び方1. 室内用or屋外用のどちらかを選ぶ

テレビブースターは設置場所によって、屋外用と室内用の2つに分かれます。それぞれの機器によって働き方が変わり、電波症状の改善についても大きく異なります。

そのため、それぞれの特徴やメリットなどを把握しておき、最適なタイプを選びましょう。


工事不要で使える「室内用」

室内用は送られてくる電波をある程度増幅させる働きがあり、分配器やテレビ線からの距離が長いなどの問題による電波の改善に適したタイプ。根本から改善させるというよりも受信電波を安定化させる場合に使うことが多いタイプです。

また、室内用は電源に直接繋ぐため工事が必要なく、アンテナ工事などができないマンションやアパートでの使用にも向いています


電波の増幅効果が高い「屋外用」

テレビを点けても映像が映らないなど、根本的な問題を解消させるためには屋外用が必要です。アンテナなどに取り付けることで、受信できる電波そのものを強力に増幅させ、テレビが見られるようになります。

ただ、専門業者などによる取り付け工事が必要なため、より深刻な電波状況を改善する際に活用するのがおすすめです。


テレビブースターの選び方2. コスパ重視なら地デジ用の製品を選ぶ

ブースターには対応する電波の種類が決められており、対応する電波の種類によって本体の価格が異なります。そこで、一般的なテレビ番組を見たいという方は、地デジ用のブースターを選ぶようにしましょう。

地デジ(UHF電波帯)のみに電波を絞ることで比較的安い価格で購入でき、コスパの良い商品を選べます。せっかく全電波に対応していても見る機会が少なければ増幅させる必要はないので、割り切ってしまうのも良い選択肢です。


BSやCSも視聴したいなら対応しているブースターを選ぶ

BSやCSなどもしっかり視聴したいなら、地デジだけでなく該当する電波にも対応した高性能ブースターがおすすめ。特に、CSは個別契約が必要になり、綺麗に見れないとその分の視聴料が無駄になってしまうため、しっかりと改善しましょう。

また、将来的に見るかもしれないと考えている方は、BSやCSのみに対応しているブースターも参考にして今取り付けるものを選ぶと良いでしょう。


テレビブースターの選び方3. 利得(ゲイン)の数値は20〜30dB以上の製品を選ぶ

テレビブースターの効果を比べる際に注目したいのが『利得(ゲイン)』という数値です。利得はdBの単位で表されており、数値が大きいほど増幅させる力が強いことを表しています。

対応している利得の最大値が20~30dB以上のブースターを選ぶと状況を改善させやすくなるでしょう。一方で、利得が高すぎてもテレビ映りが悪くなることがあるので、最大値だけでなく数値幅に余裕があることも使いやすいポイントになります。


テレビブースターの選び方4. 雑音指数は5以下の製品を選ぶ

ブースターの働きを表す数値の一つに『雑音指数(NF)』というものがあります。これは、受信したテレビの電波がどれくらいノイズの影響を受けやすいのかという指数で、数値が低いほどノイズが受けにくいことを表しているのです。

電波の受信量が多くなってもノイズを受けやすくなると、ブースターの効果を実感できません。そこで、雑音指数をチェックする時には5以下の数値を製品を選ぶようにすると、信号をそのまま出力できて綺麗な映像を楽しめますよ。


テレビブースターの選び方5. 定格出力の数値も確認して選ぶ

受信する電波を増幅させても、それがブースターの出力レベルを超えてしまうと綺麗な映像が見られないだけでなく、本体が故障してしまう危険性があります。そのため、テレビブースターの『定格出力』の数値もチェックしておきましょう。

定格出力とは安定して映像を出力できる電波の範囲を示しており、定格出力を超えてしまうと映像が安定しなくなります。この定格出力の上限が広いものを選ぶことで、テレビ映りがより安定しやすくなりますよ


テレビブースターの選び方6. 4Kテレビなら4K対応のブースターを選ぶ

より綺麗な画質で楽しめる4K放送は、通常の地デジ放送よりも情報量が多いため電波を増幅させても滑らかな映像を出力できない場合があります。4K映像を楽しみたいなら、必ず4K映像に対応したブースーターを購入しましょう

また、今は地デジ放送のみに対応しているテレビだったとしても4Kや8K放送に対応しているものを選んでおくと、将来テレビを買い替えたときに引き続き使えます。


テレビブースターのおすすめ10選|地デジ・BS/CSの映りが変わる人気モデルを比較

ここでは、市販されているおすすめのテレビブースターを紹介していきます。

商品ごとの特徴などを比較しながら、自宅の電波の悩みに合うものや設置しやすいブースターを選んでくださいね。


テレビブースターのおすすめ1. マスプロ電工 マスプロ UHF用ブースター UB35

マスプロ電工 マスプロ UHF用ブースター UB35
  • 利得や定格出力などを調節することで、ブロックノイズなどの問題を解決しやすい
  • 屋外でも屋内でも使用できて、自分なりの使い方で設置できる
  • 雑音指数が1.5dBと少なく映像にノイズが入りづらい

ブースターの効力は取り付けないとわからないからこそ、きちんと見られるのか気になってしまうもの。

『マスプロ電工 マスプロ UHF用ブースター UB35』は利得や定格出力を細かく調節できるようになっており、取り付けた後の状況に応じて調節ができるのが人気。特に、定格出力は-10dBの調節ができ、強力なブースター効果で高すぎてしまう場合でも綺麗にテレビが映ります。

ブースターをしっかり活用したい方は、調節することで迫力ある映像美を実現できるこちらがおすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:室内、屋外
  • 利得:32dB〜37dB
  • 信号:地デジ
  • 雑音指数:1.5dB以下
  • 定格出力:105dB
  • 4K対応:×
  • メーカー:マスプロ電工

テレビブースターのおすすめ2. マスプロ電工 UHF/BS/CSブースター EPUBCBW35

マスプロ電工 UHF/BS/CSブースター 35dB増幅タイプ EPUBCBW35
  • 3つの視点から配線状態を検知し、問題の有無がひと目で分かる
  • 初めて取り付ける方でも失敗しにくく、ブースターを活用しやすい
  • 電波受信以外の問題を知ることができ、問題解決への近道になる

初めてテレビブースターを取り付ける時には、正しく設置できているのか不安になってしまいますよね。

『マスプロ電工 UHF/BS/CSブースター EPUBCBW35』は接続時のお知らせ機能によって、配線がうまくできているのかを目視できるようになっています。そのため、正常でもテレビが映らない場合には電波以外の問題が考えられ、的確な対応が可能だと人気。

テレビブースターを正しく使いたい方は、配線の状態が正しいのかを簡単に判断できるこのブースターがぴったりですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:室内、屋外
  • 利得:32dB〜37dB
  • 信号:地デジ/BS/CS
  • 雑音指数:1.5dB以下(地デジ)、6dB以下(BS/CS)
  • 定格出力:105dB(地デジ)、96dB・104dB(BS/CS)
  • 4K対応:×
  • メーカー:マスプロ電工

テレビブースターのおすすめ3. 日本アンテナ UHF卓上型ブースター VBC-22CU

日本アンテナ VBCシリーズコンパクトタイプ BS・110°CS・UHF卓上型ブースター VBC-22CU
  • ブースターのサイズがコンパクトなため、テレビ台の背面収納などを活用できる
  • スペースがなくても設置できるので、どの部屋でも活用でき分配器とも併用しやすい
  • 高性能なシールド構造によって、ブースター内のパーツが電波の影響を受けない

屋内で設置するタイプでは、大きなサイズだと設置場所を選んでしまい使いにくくなることも。

『日本アンテナ UHF卓上型ブースター VBC-22CU』はテレビ台の上に置いていても邪魔にならないほどコンパクトにつくられているので、邪魔にならずにどこにでも設置できますよ。ブースター内部はシールド構造になっているのため、ブースター自体が電波の影響を受けないのも人気のポイント。

限られたスペースでも設置させたい方は、置きたい場所にきちんと設置できるこちらがベストです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:室内用
  • 利得:17dB〜22dB(地デジ)、9dB〜16dB(BS・CS)
  • 信号:地デジ/BS/CS
  • 雑音指数:ー
  • 定格出力:95sB
  • 4K対応:×
  • メーカー:日本アンテナ

テレビブースターのおすすめ4. DXアンテナ UHFブースター(33dB/43dB共用形)

DXアンテナ UHFブースター(33dB/43dB共用形) デュアルブースター 家庭用 お知らせ機能付き 水平マストに取付可能 U43A
  • 2つのブースターを使用することで、状況に合わせて切り替えられる
  • 定格出力に合わせやすいので、綺麗な映像を見やすくなっている
  • 横幅をスリム化させたため、省スペースでつけられるようになった

テレビを新しく分配した時など、ブースターを取り付けていても入力レベルが下がってしまい綺麗に映らなくなることも。

『DXアンテナ UHFブースター(33dB/43dB共用形)』は2つのブースターが使われており、切り替えることで増幅幅を上げられるようになっています。また、分配しない時でも増幅幅を変更することで、テレビが受信しやすい電波レベルに合わせやすくなっているのも人気の特徴。

テレビとの接続状況に合わせた電波量へ変換できるので、弱い電波をパワフルに増強したい方に最適です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:屋外用
  • 利得:40dB〜46dB(地デジ)、26dB〜34dB(BS・CS)
  • 信号:地デジ/BS/CS
  • 雑音指数:1.50dB以下(地デジ)、4.0dB(BS・CS)
  • 定格出力:105dB(地デジ)、102dB(BS・CS)
  • 4K対応:×
  • メーカー:DXアンテナ

テレビブースターのおすすめ5. XFTREE HDTVアンテナ (100KM-WHITE)

室内アンテナ HDTVアンテナ 100KM受信範囲 信号ブースター付き UHF VHF対応 全種類テレビ対応 5mケーブル … (100KM-WHITE)
  • アンテナによって電波を受信し増幅させることでテレビ映りが改善しやすい
  • アンテナは薄型タイプで壁面でも台上でも設置できて使いやすい
  • ケーブルは5mの長さがあるので、離れていても使える

アンテナを使用していない家庭では、使用できるブースターが限られることがあり電波状態が改善しないことも。

『XFTREE HDTVアンテナ (100KM-WHITE)』は名前通りアンテナの役割を持つブースターで、電波を集め強力に増幅させることで綺麗な映像が見られるようになります。アンテナは薄型タイプで、窓でも壁でも好きなところに設置が可能。

電波量が不足している悩みを改善したい方は、室内アンテナで電波をしっかり受信するこちらがおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:室内用
  • 利得:25dB
  • 信号:地デジ
  • 雑音指数:ー
  • 定格出力:ー
  • 4K対応: ×
  • メーカー:XFTREE

テレビブースターのおすすめ6. DXアンテナ UHFブースター(卓上用) TU15L1B

DXアンテナ UHFブースター(卓上用) TU15L1B
  • ブースターが自立するため、設置した時の重心が安定して動きにくい
  • 縦置きすることで省スペースでも設置でき、固定することでブースターによって床が傷つかない
  • テレビ台などにも設置でき配線をスッキリさせられる

ブースターをそのまま床の上に置いておくと、ケーブルによって正面を向かないことがあり、ひと目で正しく稼働しているのか分からないことがあります。

『DXアンテナ UHFブースター(卓上用) TU15L1B』は縦置きタイプに作られているので、しっかりと自立して設置ができますよ。

取り付け方はアンテナ線とテレビの間に設置するだけなので、初めてでも正しく設置できます。自立させることでブースターだけを独立して固定できるので、稼働状態をきちんと確かめたい方にぴったりです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:室内用
  • 利得:15dB(地デジ)、0dB〜-5dB(BS・CS)
  • 信号:地デジ/BS/CS
  • 雑音指数:4.0dB以下
  • 定格出力:90dB
  • 4K対応:×
  • メーカー:DXアンテナ

テレビブースターのおすすめ7. 日本アンテナ 4K8K対応 卓上型ブースター NAVBC22CSE-BP

日本アンテナ 4K8K対応 卓上型ブースター BS・110°CS増幅 22dB型 1出力 NAVBC22CSE-BP
  • 地デジ用のブースターが必要ない方でも使いやすい
  • 地デジ用のブースターと共存でき、テレビの楽しみ方が変わった方にもおすすめ
  • 4Kや8K映像にも対応しており、テレビを買い替えても使える

地デジは綺麗に見れるのに、BSだけが映りが安定しないということありますよね。

『日本アンテナ 4K8K対応 卓上型ブースター NAVBC22CSE-BP』はBSとCSのみの増幅の対応したブースターで、地デジの増幅が必要ない方に向いています。また、既に地デジ用のブースターを持っている方でも使用でき、テレビの楽しみ方が変わった方にも人気。

専門放送を綺麗な映像に楽しみたい方は、BSやCSに特化したこのブースターが最適です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:室内用
  • 利得:12dB〜18dB
  • 信号:BS/CS
  • 雑音指数:ー
  • 定格出力:ー
  • 4K対応:◯
  • メーカー:日本アンテナ

テレビブースターのおすすめ8. マスプロ 地上デジタル放送用UHFラインブースター UB18L-P

日本アンテナ VBCシリーズコンパクトタイプ BS・110°CS・UHF卓上型ブースター VBC-22CU
  • 電源部と接続するなので、配線が苦手な方でも簡単に取り付けられる
  • シンプルな操作性で、複雑な操作が必要ないので手軽に使える
  • 屋内でも室内でも使用でき、自宅の状況に合わせて使える高性能なアイテム

ブースターと取り付けるためのケーブルが多いと、配線が難しく失敗してしまうことも。

『マスプロ 地上デジタル放送用UHFラインブースター UB18L-P』は出力端子にブースターを差し込み、電源部と接続するだけで完了する取り付けが簡単なブースターです。また、室内のテレビ端子でも用いることで使用でき、手軽に取り付けられますよ。

シンプルな取り付け方で設置できるので、配線が苦手な方にこそ使ってほしいブースターです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:室内、屋外
  • 利得:16dB〜20dB
  • 信号:地デジ
  • 雑音指数:1Db以下
  • 定格出力:ー
  • 4K対応: ×
  • メーカー:マスプロ

テレビブースターのおすすめ9. 日本アンテナ BS・CSラインブースター CSBE25

日本アンテナ BS・CSラインブースター 4K8K対応 F型端子 電流通過切換型 CSBE25
  • 電源ケーブルが必要ないので、ブースターでコンセントを塞がない
  • 本体は非常にコンパクトで場所を取らずに設置できる
  • 4K8Kの高解像度に対応しており、美しい映像もしっかり映し出せる

テレビ周りはレコーダーやゲーム機などを設置することが多く、電源の確保が難しいことがあります。

『日本アンテナ BS・CSラインブースター CSBE25』は電源が必要なく、アンテナとテレビとの電気のやり取りで稼働するように作られているのが特徴です。本体はプラグのようなコンパクトサイズで、余計な場所をとらないのも嬉しいポイント。

テレビ周りの電源確保や置き場所に悩んでいる方は、電源不要で邪魔にならないこのブースターがぴったりです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:両方OK
  • 利得:14dB〜24dB
  • 信号:BS/CS
  • 雑音指数:ー
  • 定格出力:ー
  • 4K対応:◯
  • メーカー:日本アンテナ

テレビブースターのおすすめ10. DXアンテナ CS/BS-IF・UHFブースター CU35MS

DXアンテナ CS/BS-IF・UHFブースター 【2K 4K 8K 対応】 小規模集合住宅共同受信用 省電力設計 混合器機能付き  CU35MS
  • 耐久性や省エネ性に優れており、安心して長期間使用できる
  • 細かな数値が本体に記載されているので、説明書を用意しなくても調節できる
  • 手のひらサイズのコンセント設計なので、設置スペースを選ばない

テレビブースターは毎日長期間使いたいからこそ、その耐久性が気になってしまうもの

『DXアンテナ CS/BS-IF・UHFブースター CU35MS』はマンションやアパートなどで使用することを目的に作られており、故障しにくいよう金属を本体に用いた耐久性を重視した設計になっているのがポイントです。さらに、細かな調節ができるだけでなく、利得などが記載されているので説明書がなくても調節ができますよ。

ブースターの故障に悩まされたくない方は、耐久性が高くしっかりと電波を増幅してくれるこのブースターがおすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • タイプ:室内、屋外
  • 利得:35dB
  • 信号:地デジ/BS/CS
  • 雑音指数:ー
  • 定格出力:105dB
  • 4K対応:◯
  • メーカー:DXアンテナ

テレビブースターの寿命|買い替えは10年が目安!

テレビブースターの平均的な寿命は分かっておらず、気づいたら故障していたという方がほとんどです。そのため、一般的に電波を受信するアンテナの寿命である10年を目処に、一緒に取り替えることが多くなっています。

また、10年を経っているとメーカー保証が切れている場合があるため、修理を依頼するよりも買い替えても大きな支障がありませんよ。


テレビの電波を改善して、地デジやBS/CSなどを楽しもう!

テレビブースターはテレビ映りを電波から整えてくれるアイテムで、根本から問題を解決してくれるアイテムです。ただ、商品によって取り付け方や増幅作用は異なり、設置しても改善しないことも。

そのため、幅広く調節できるものや電源不要なものなど、使い方を比較してから選ぶのがおすすめ。必要な機能を搭載したテレビブースターを取り付けて、快適なテレビライフを堪能しましょう。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ