家庭用焙煎機のおすすめ8選|自宅で美味しいコーヒーが楽しめる人気商品を紹介します

おすすめな家庭用焙煎機をお探しの方へ。今記事では、家庭用焙煎機を使うメリットや選ぶポイントから、おすすめの商品まで詳しくご紹介します。お家で本格的なコーヒーを味わいたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

前提として焙煎機とは?

家庭用焙煎機のおすすめ

焙煎機とは、コーヒーの生豆を焙煎できる商品です

自宅で気軽に焙煎できる商品も増えてきており、コーヒー愛好家を中心に人気を集めています。また、最近では機能が簡略化されており、簡単な作業をするだけで良いので気軽に試せるようになりました。

焙煎機を使えばお店などで飲む本格的なコーヒーの味を再現できるため、コーヒーが好きな人やコーヒーをよく飲む人におすすめです。


家庭用焙煎機の選び方|購入する前に確認すべき点とは

家庭用焙煎機は自宅でも気軽にコーヒー豆を焙煎できる便利な商品です。そんな家庭用焙煎機ですが、いざ購入したいと思ってもどのような基準で選べば良いのかわかりませんよね。

そこでここからは、家庭用焙煎機の選び方について紹介していきます。家庭用焙煎機を購入する前にこれらの選び方を確認することで、自分に合った人気アイテムを見つけやすくなりますよ。


家庭用焙煎機の選び方1. 自分の使いやすい「熱源」を選ぶ

家庭用焙煎機は熱源が異なるため、使いにくいタイプを選んでしまうと作業効率が悪くなります。熱源の種類によって使い方が変わってくるので、自分に合ったものを選んでください。

熱源には「ガス式」と「電気式」、「ガス式+電気式」の3種類があります。


火力を自分で調整できる「ガス式」の特徴とは

直火を使って焙煎する「ガス式」は、自分で火力を調整できるのが特徴です。

自宅のコンロやカセットコンロ、ガストーチを使います。しかし、調整ができる分、慣れるまでは安定した味に仕上げるのは難しいので、試行錯誤を繰り返しながら自分好みの味を目指してください。

自家焙煎の醍醐味を味わいたい人におすすめです。


自動で焙煎してくれる「電気式」の特徴とは

スイッチを押すだけで自動的にコーヒー豆を焙煎してくれるのが「電気式」です。

「ガス式」のように焼きムラが少ないので、いつも安定した焙煎を求めている人におすすめといえます。

また、自動で焙煎してくれるから、朝の忙しい時でも他のことをやりながら使えるのもメリットといえるでしょう。時間がなくてもこだわりのコーヒーを飲みたい時に活躍します。


使い勝手のいい「ガス式+電気式」の特徴とは

「ガス式」と「電気式」の長所を活かして設計されたのが「ガス式+電気式」です。ガスコンロの上に置いて電動で回します。焙煎具合を確認しながら火力を調整できるため、自分好みの焙煎にしたい人におすすめです。

ただし海外製品が多いので、取り扱いに手間取ってしまう可能性があります。なかには変圧器が必要な場合もあるため、購入前に必ず確認しておきましょう。


家庭用焙煎機の選び方2. 自分に合う「焙煎方法」で選ぶ

せっかく家庭用焙煎機を使ったのに、淹れ方が難しかったら使わなくなってしまいそうですよね。

家庭用焙煎器は、さまざまな焙煎方法があるので、自分がどのくらいこだわりたいかで選ぶのが大切。焙煎方法は「手動式」、「電動式」、「自動式」の3種類があります。

どの焙煎方法が自分に合うのか確認していきましょう。


「手動式」の特徴とは

コーヒー豆を入れる容器を自分の手で振って焙煎するのが「手動式」です。

自分で焙煎している感覚が最も味わえるので、焙煎している実感を楽しめるのがメリットといえるでしょう。また、ドラム式のチャンバーを手回しするタイプもあります。こちらは、炎と焙煎機の距離が一定に保たれるため、安定した焙煎を行いやすいです。

慣れないと焼きムラが発生してしまうので、使いこなすには時間がかかります。しかし自分好みの焙煎具合を追求できるから、こだわりのコーヒーを飲みたい人におすすめです。


「電動式」の特徴とは

ガスコンロの上に焙煎機をセットして、ボタンを押すとチャンバーが回転し焙煎してくれるのが「電動式」の特徴です。「手動式」のように焙煎機を振る必要がないため、自家焙煎の醍醐味を味わいつつ、できるだけ労力を削減したい人におすすめします。

また焙煎の状態を確認しつつ火力や時間の調整ができるので、好みの焙煎に仕上げやすいです。


「自動式」の特徴とは

焙煎時間や温度などを設定しておき、ボタンを押すだけで自動的に焙煎を行ってくれるのが「自動式」です。自動とは言いつつもカスタマイズできる商品もあるため、こだわりがある人にも対応できるでしょう。ただし高機能な分、「手動式」などに比べると高価なものが多いです。

自分で焙煎しないので失敗することが少なく、安定した品質を求める人におすすめします。


家庭用焙煎機の選び方3. 使いやすい工夫がされているものを選ぶ

自家焙煎で気になるのは煙です。自宅で家庭用焙煎機を使う時は換気扇の下や窓の近くなどで行うと煙対策になりますが、できるだけ煙の発生が少ない商品を選ぶと良いでしょう。

また、焙煎すると「チャフ」というコーヒーのカスが出ます。意外と飛び散ってしまい片付けが大変になるので、チャフ受けが付いているものや飛散防止対策がとられている商品を選ぶと後が楽です。

商品によっては焙煎時の音対策をしているものや、焙煎後の冷却機能が付いているものもあるため、どんな機能が必要なのかチェックしておきましょう。


家庭用焙煎機のおすすめ8選|初心者でも扱える人気商品を大公開

家庭用焙煎機は自宅で本格的な焙煎を行える人気の商品です。しかし家庭用焙煎機は焙煎方式や使う熱源などそれぞれ特徴が異なるため、どれを購入すれば良いのか悩んでしまうかもしれません。

そこでここからは、おすすめの人気家庭用焙煎機8選を紹介します。


家庭用焙煎機のおすすめ選1. ライソン KLRT-001B ホームロースター ブラック

  • 冷却機能がついており、焙煎の進みすぎを防止できる
  • MEDI・DARKと煎り加減の調整をボタン一つでできるため、初心者でも簡単
  • 搭載されているマイコン機能で温度や風量が自動で制御されるので、複雑な操作をしなくて良い

家庭用焙煎機は自宅でも本格的な焙煎を行えるため、コーヒー好きに人気の高い商品です。しかし焙煎を自分で行うと煎り加減がよくわからず、上手に焙煎できないとさじを投げてしまうおそれがありますよね。

『ライソン KLRT-001B ホームロースター』は、ボタンを押すだけで煎り加減を選択できる、便利な焙煎機です。煎り加減は、中煎りと深煎りの2種類選択できます。どちらかを選択してボタンを押すだけと難しいことはありません。

簡単な操作で煎り加減を調整できる家庭用焙煎機を使いたい人におすすめの人気商品です。

公式サイトで見る


商品ステータス

  • 熱源:電気式
  • 焙煎方法:自動
  • 使いやすい工夫:冷却機能付き
  • サイズ:20.8×17.5×24.6〇 (cm)
  • 重量:1.4 (kg)

家庭用焙煎機のおすすめ選2. 発明工房 コーヒー豆焙煎器・煎り上手

発明工房 コーヒー豆焙煎器・煎り上手
  • 重さが240gと軽量なため、腕に負担がかかりにくい
  • 家庭用焙煎機の中では販売価格が安いので、購入しやすい
  • 一度の焙煎で5~6人分の焙煎ができるため、何度も焙煎する手間がかからない

手動式の家庭用焙煎機は自分で焙煎している気分を味わうのに最も適しているタイプといえます。しかし焙煎中はガスコンロの上で火にかけつつ焙煎機を振らなければならないので、腕にかかる負担があり疲れてしまいますよね。

『発明工房 コーヒー豆焙煎器・煎り上手』は、重さが240gと軽く作られています。コーヒー豆は5~6人分入れられるため、重さを感じられれば焙煎する量を減らせばさらに負担が減るでしょう。

女性でも使いやすい焙煎機をお求めの人にイチ押しの人気商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 熱源:ガス式
  • 焙煎方法:手動
  • 使いやすい工夫:ー
  • サイズ:10×6.5×32 (cm)
  • 重量:240 (g)

家庭用焙煎機のおすすめ選3. ダイニチ コーヒー豆焙煎機 MR-101

ダイニチ コーヒー豆焙煎機 MR-101 (電気式)
  • 連続焙煎が可能なため、たくさんのコーヒー豆を焙煎したい人におすすめ
  • 煎り加減を12段階から選択でき、味へのこだわりを追求できる
  • 多機能ながら小型なので、自宅に置いてもスペースをとらない

コーヒーにこだわりを持っている人は自分の好きな味を求めるため、焙煎加減からこだわります。しかし、細かい焙煎の調整はプロでも難しいので、自分で行うとなるとさらに困難になるでしょう。

『ダイニチ コーヒー豆焙煎機 MR-101 』は、12段階の焙煎加減を選べます。風味で3段階、煎り加減は4段階と細やかな設定がボタンを押すだけで済むため、難しい操作も必要ありません。

自分好みの焙煎加減を細かく設定したい人に最適の人気商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 熱源:電気式
  • 焙煎方法:自動
  • 使いやすい工夫:連続焙煎可能、脱臭機能
  • サイズ:37.5×25×26.5 (cm)
  • 重量:7 (kg)

家庭用焙煎機のおすすめ選4. フレッシュロースター珈琲問屋 電動焙煎機 GENE CAFE

珈琲焙煎機コーヒーロースター Gene Cafe ジェネカフェ CBR-101A コーヒー豆 焙煎器 生豆 電動コーヒー焙煎機 ロースト機
  • チャコフレクターが付いているので、掃除がしやすい
  • 世界唯一の3D回転方式を採用しており、コーヒー豆がしっかりと混ざる
  • 表示ディスプレイでは設定温度や残り時間が表示されるため、状況確認がしやすい

コーヒー豆の焙煎は楽しく自分好みの焙煎に仕上げられるので、毎日のようにつかう人は珍しくありません。しかし、焙煎中はチャフというカスが飛び散ってしまうので、掃除が大変ですよね。

『フレッシュロースター珈琲問屋 電動焙煎機 GENE CAFE』は、チャフをまとめて収集できる、チャコフレクターがついています。チャフが飛び散ることなく集められるので、焙煎機周辺は汚れずにすむので掃除の手間が省けるでしょう。

焙煎後の掃除をする手間を省きたい人におすすめの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 熱源:電気式
  • 焙煎方法:自動
  • 使いやすい工夫:チャフコレクター付き
  • サイズ:49×24.3×22.9 (cm)
  • 重量:5.5 (kg)

家庭用焙煎機のおすすめ選5. KMRYP 電動焙煎機

焙煎機 電動 自動 家庭用 業務用 DIY ステンレス製 コーヒーロースター ミニ 軽量 温度調節可能100℃ - 240℃ 栗品種 ·ピーナッツ·はと麦 だいず·あずき·ひまわりの种·ポップコーン
  • コーヒー豆以外にオートミールやポップコーンなどにも使えて、使い勝手が良い
  • 透明な蓋を採用しているため、焙煎具合が確認しやすい
  • 耐熱性のシェル素材を使っており、火傷防止になる

家庭用焙煎機は、コーヒー豆を自宅で焙煎するために、様々な種類の商品が市販されています。便利な機能を搭載している商品も多いので、他の食品にも対応できると使い勝手が良いですよね。

『KMRYP 電動焙煎機』は、コーヒー豆以外の食品も焙煎できます。ピーナッツや花インゲン豆などの豆類の他に、オートミールやメロンの種などに使えるため便利です。

自宅にある様々な食品を、一つの商品があれば焙煎できる使い勝手の良い焙煎機をお探しの人にイチ押し。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 熱源:電気式
  • 焙煎方法:電動
  • 使いやすい工夫:ー
  • サイズ:32×12 (cm)
  • 重量:ー (kg)

家庭用焙煎機のおすすめ選6. Hangxi 焙煎機

焙煎機 コーヒーロースター 電動 珈琲焙煎機 自動攪拌 ホームロースター ポップコーン 豆/ひまわりの種/珈琲/コーヒー生豆 焙煎器 家庭用 かくはん機
  • 45度の傾斜をつけることで攪拌しやすくなり、均一にローストできるため焼きムラを防ぐ
  • ハンドルは耐熱性なので、火傷を防ぎ安全に使える
  • 攪拌棒は取り外しできるため、お手入れが簡単にできる

家庭用焙煎機でコーヒー豆を焙煎する時、悩みどころの一つが焼きムラができてしまうことです。焼きムラができてしまうと味が落ちてしまうので、できるだけ均一にローストしたいですよね。

『Hangxi 焙煎機』は、角度を45度に設定した焙煎器。傾斜をつけることでコーヒー豆の攪拌がしやすくなり、均一にローストできるため焼きムラを減らせます。

焼きムラを防ぎ美味しいコーヒーが飲みたい人におすすめの人気商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 熱源:電気式
  • 焙煎方法:電動
  • 使いやすい工夫:ハンドルが耐熱性
  • サイズ:33×26.5 (cm)
  • 重量:4 (kg)

家庭用焙煎機のおすすめ選7. Behmor 1600AB plus

米国Behmor(ビモアー)社のBehomor1600AB plus 直火式コーヒー焙煎機 日本仕様
  • アメリカのメーカーながらも、変圧器が必要ない日本仕様になっており便利
  • 自動モードとマニュアルモードの2種類の焙煎モードを選択できるため、初心者から上級者まで幅広く使える
  • 自動排煙システムが搭載されており、排気対策ができる

コーヒー豆を自分好みに焙煎するのにはある程度の経験が必要です。焙煎の入門モデルを買って、上達した後にレベルを上げていくのも良いですが、何度も焙煎機を購入するのは手間がかかりますよね。

『Behmor 1600AB plus』は、自動モードとマニュアルモードの2種類の焙煎モードを搭載しています。焙煎の初心者は自動モード、焙煎の上級者はマニュアルモードなどの使い分けができるので、これ一台あれば十分でしょう。

初心者から上級者まで満足できる焙煎機をお求めの人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 熱源:電気式
  • 焙煎方法:自動
  • 使いやすい工夫:自動排煙システム、庫内冷却
  • サイズ:44×30×35 (cm)
  • 重量:10 (kg)

家庭用焙煎機のおすすめ選8. OTTIMO(オッティモ) 珈琲豆電動焙煎機

煙の出ない家庭用電動焙煎機 OTTIMO(オッティモ) コーヒービーンロースター J-150CR
  • 煙を抑制できるアフターバーナーを搭載しており、自宅でも使いやすい
  • 小型サイズなので、自宅に置いても場所をとらない
  • 6段階の温度設定と9段階の焙煎時間の設定が可能なので、焙煎にこだわりを持つ人におすすめ

コーヒー豆を焙煎している時に気になるのが煙の発生です。集合住宅のように近所の人と密集している状態では、煙を嫌がる人がいるので使う場所やタイミングが難しいですよね。

『OTTIMO 珈琲豆電動焙煎機』は、煙の発生を抑える、アフターバーナー機能が搭載されています。口コミでも煙が発生しないとあり、煙対策に効果を感じているようです。

焙煎する環境を気にせずに焙煎機を使いたい人にイチ押しの人気商品でといえます。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 熱源:電気式
  • 焙煎方法:自動
  • 使いやすい工夫:アフターバーナー
  • サイズ:24×33×30.5 (cm)
  • 重量:5.6 (kg)

焙煎器でコーヒーを淹れて、贅沢なひとときを過ごそう。

焙煎機は、自宅で本格的な焙煎を行いたい人に役立つようにする、知る人ぞ知る商品といえるでしょう。小型で持ち運びが便利なものやガス式で火力の調整がしやすいものなど、様々な焙煎機が市販されています。

しかし、種類が多く販売されているので、どの商品が良いのか悩んでしまうかもしれません。この記事を参考に自分に合った人気焙煎機を選んで、美味しさを引き出したコーヒーを自宅で楽しみませんか。

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事