【2018最新】サウンドバーのおすすめ15選。コスパ最強のテレビスピーカーとは

テレビスピーカーとして馴染みもあり、徐々に家庭に普及している“サウンドバー”。小型で軽量なため、家での映画・ゲーム、PCまで使用されます。そこで今回は4Kパススルー・ARC対応はもちろん、Wi-FiやBluetooth内蔵のサウンドバーをご紹介。自宅のホームシアター用としても使ってみて。

家での音楽を格上げする!おすすめのサウンドバーを大公開

おすすめのサウンドバーを大公開

テレビの音質向上に欠かせないのが「サウンドバー」。画質だけではなく音質にもきっちりこだわりたいのであれば、サウンドバー選びも非常に重要です。今回は、サウンドバー選びで大切なことからおすすめしたいサウンドバーをご紹介。各商品でサイズや接続方法が異なるので、それぞれ比較しながら参考にしてみてくださいね。


サウンドバーとは?

サウンドバーとは、棒状(バー)タイプの内蔵スピーカーのこと。基本的に薄型テレビを想定して作られており、テレビのサウンド面を大きく補強して立体感のある音にしてくれます。横長で薄いものが多いので、場所をあまり取らないのも大きな特徴。

ちなみにサウンドバーには、サウンドバー本体のみで音声の再生をする「ワンボディ型」と、サブウーファー部を別にした「2ユニット型」の2種類存在しています。とくに「2ユニット型」は、テレビ本体ではなかなか出せないような立体感ある音が再現できますよ。


ホームシアターシステムとの違いとは?

電気量販店などへ訪れると、サウンドバーやホームシアターシステムが同じコーナーで販売されているケースが多く見受けられます。特にはじめてオーディオ機器を購入する方は混合しやすいため、事前にきちんと違いを把握しておくと安心です。

サウンドバーは基本的には単体で配置できるため(※商品によってはサブウーファー有)、スペースをとらないのが特徴です。それに対し、ホームシアターシステムは立体的な音響を実現するべく、部屋に複数のスピーカーを配置する必要があります(2本なら2.1ch、5本なら5.1ch、7本なら7.1ch)。

したがって、スペースを取らずに自宅のオーディオ環境を改善したい方にとっては、サウンドバーがおすすめのアイテムと言えます。

【参考記事】臨場感溢れる音響環境を望むなら、ホームシアターシステムがおすすめ!▽


サウンドバー選びで大切なこと

サウンドバー選びで大切なこと

高音質で立体的な音楽が楽しめるサウンドバーにも“選び方”が重要になってきます。サウンドバー選びは

  1. サイズ
  2. 機能(Bluetoothなど)
  3. 対応フォーマット
  4. 価格

の4点を確認しておくことが大切です。ここからは4つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。


1. サイズ

サウンドバーを選ぶうえでまず重要になるのが「サイズ選び」。基本的なサウンドバーの形は横置きの棒状型で、テレビの前に置くことがほとんどです。そのとき横幅の長さがテレビの幅より大きいと、見た目のバランスが悪くなってしまうことも。テレビの幅よりも短いサウンドバーを選択すると、見た目にも違和感が出ないのでおすすめです。

また2ユニット型の場合は、バー以外にも「サブウーファー」もあるため、置き場所の確保は必須になります。基本的にはバーの近くに置くのがおすすめになります。


2. 機能

テレビ以外にも使用可能なサウンドバーも数多く存在しています。たとえば「Bluetooth機能」に対応可能なサウンドバーであれば、スマートフォンやPCに入っている音楽もBluetooth接続で簡単に楽しめますよね。それだけでなく、Wi-Fiなどのネットワクーク機能があればPCにある音楽をCDの並みのクオリティで再生できますよ。機能面もサウンドバー選びには非常に重要な要素です。


3. 対応フォーマット

対応するフォーマットもしっかり確認しておきたいところ。たとえば「ARC対応」と記載や「4Kパススルー」に対応などなど。この2つの機能は以外と見落としがちな部分でもあるため、把握する必要があります。


「ARC対応」とは

例えば、テレビとサウンドバーをHDMIケーブルにおいて接続したときに電源のオンまたはオフ、さらには音量調節も連動が可能になります。これが対応していない場合は、テレビのリモコンとサウンドバーのリモコンを別々に操作をしなくてはいけない、と手間になります。最近発売の商品には対応しているものが多いため、値段だけでなく機能も注目していきましょう。


「4Kパススルー」とは

4K映像の信号に対応したHDMI端子のことを指しており、HDD→サウンドバー→テレビに出力をする際に、「4Kパススルー」に対応していないと4Kの画質をテレビに届けられないといったことがあります。そのため、4Kテレビで良い音質を聴きたい!という方には必須の機能となります。

【参考記事】おすすめの4Kテレビを探している方はこちら▽


4. 価格

最後にサウンドバー選びにおいて重要なのが「価格」。あまり安い買い物ではないので、しっかりと比較検討してサウンドバーを選ぶ必要があります。ですがあまりにも低価格なサウンドバーだと、購入後に後悔してしまう可能性もゼロではありません。機能面も考えつつ、あらかじめ決めた予算内でコスパのいいサウンドバーを選ぶのもおすすめ。


サウンドバーのおすすめ15選

ここからは、おすすめしたいサウンドバーを全部で15種類ご紹介します。それぞれの商品において、「サイズ」「接続方法」「対応フォーマット」「メーカー」といった商品ステータスを記載しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。購入後に後悔しないようしっかり比較して、自分に最適なサウンドバーを見つけましょう。


1. パナソニック SC-HTB690-K

パナソニック 3.1ch シアターバー 4Kパススルー対応 B...

大手企業「パナソニック」が販売しているサウンドバー『SC-HTB690-K』。比較的コンパクトなサイズになっているので、テレビの前に置いてもあまり邪魔にならずに楽しめますよ。サウンドもこだわっており、まるでリアスピーカーを設置しているような3chサラウンドを実現。

映画や音楽を、より臨場感溢れる音声とともに楽しめちゃいます。それだけでなく、なんと「4Kパススルー」にも対応。音だけでなく、高画質な映像も一緒に堪能できますよ。面倒に感じやすい配線も要らないサウンドバーを、ぜひ手にとってみませんか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 種類:2ユニット型
  • サイズ:950X55X120mm(本体)、180X378X303mm(サブウーファー部)
  • 接続方法:Bluetooth
  • 対応フォーマット:ARC対応、4Kパススルー対応
  • メーカー:パナソニック

2. パナソニック SC-HTB885-K

パナソニック 5.1ch シアターバー 4Kパススルー対応 B...

「とにかく音質にこだわりたい」という人におすすめしたいサウンドバー『SC-HTB885-K』。リアスピーカーを設置したような5chサラウンドはもちろんのこと、サラウンド専用アンプ・スピーカーを搭載しているのが大きな特徴。

前方のスピーカーのみで音の広がりや、臨場感が感じられるつくりになっています。高さも51mmと低めに設計されているので、テレビ画面とも重なりにくいです。さらに壁掛けもできるので、好みに応じて場所を変えてみてくださいね。デザインも側面が三角形のデルタフォルムを採用しており、非常におしゃれです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 種類:2ユニット型
  • サイズ:1125X51X56.5mm(本体)、180X408X306mm(サブウーファー部)
  • 接続方法:Bluetooth
  • 対応フォーマット:ARC対応、4Kパススルー対応
  • メーカー:パナソニック

3. パナソニック SC-HTB175-K

パナソニック 2.1ch シアターバー サブウーハー内蔵 Bl...

ARCに対応した、ワンボディ型のサウンドバー。音の指向性の最適化が可能なセンサーを内臓しており、スピーカーの設置角度が変更されたときでも常に視聴方向に音を出力してくれます。

さらに「明瞭ボイス」の搭載により、ドラマやニュースなどのセリフもしっかりと聞き取れますよ。音質にもこだわっており、余分な低音振動を打ち消してくれる「振動キラー」効果で、よりクリアな低音を楽しむことが可能。Bluetoothにも対応しているので、スマートフォンやタブレットに保存している音楽も、迫力のある音で再生できます。さまざまな機能が搭載された『SC-HTB175-K』で、クリアな音を楽しみませんか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 種類:1ユニット型
  • サイズ:950X66X105mm
  • 接続方法:Bluetooth
  • 対応フォーマット:ARC対応
  • メーカー:パナソニック

4. ソニー HT-MT300

ソニー SONY サウンドバー 2.1ch NFC/Bluet...

非常にコンパクトなサイズになっているので、ソファーや家具の隙間などさまざまな場所に置きやすい2ユニット型のサウンドバー。32型や40型のテレビとのバランスもバッチリですよ。Bluetothに対応しているので、PCやスマートフォンなどの音楽も気軽に楽しめます(10m以内の通信可能)。

さらにアプリとの連動もしており、「SongPal」というアプリをダウンロードすれば、サウンドの音量調節や音楽の再生等もスマートフォンで操作可能。色も「チャコールブラック」と「クリームホワイト」が選べるので、好みにあわせて選んでみてくださいね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 種類:2ユニット型
  • サイズ:500X55X103mm(本体)、95X383X365mm(サブウーファー部)
  • 接続方法:Bluetooth
  • 対応フォーマット:LPCM対応
  • メーカー:ソニー

5. ソニー HT-MT500

ソニー SONY サウンドバー 2.1ch NFC/Bluet...

音にこだわりたい人にぜひおすすめしたいサウンドバー『HT-MT500』。なんとCDをも超える音質だといわれているハイレゾ音源に対応。曲の繊細な表現や空気感がよりリアルに伝わってきます。さらに前方のスピーカーのみで臨場感のある音にしてくれる「S-Force PRO フロントサラウンド」を採用。

ソニー独自のデジタル音場処理によって、後方にスピーカーを置くことなく豊かな音の表現が楽しめますよ。それだけでなく、テレビドラマやバラエティなどの人の声やセリフが聞き取りやすくなる「ボイスモード」を搭載。普段のテレビ視聴もより快適なものになること間違いなしの一台です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 種類:2ユニット型
  • サイズ:500X64X110mm(本体)、95X383X380mm(サブウーファー部)
  • 接続方法:Bluetooth、無線LAN
  • 対応フォーマット:ARC対応(出力のみ)
  • メーカー:ソニー

6. ソニー HT-CT380

ソニー SONY サウンドバー 2.1ch NFC/Bluet...

こちらもハイレゾ音源に対応した2ユニット型のサウンドバー『HT-CT380』。上記の『HT-MT500』と比較して低価格なので、できるだけコスパを重視したいという人におすすめしたい商品です。とはいっても、機能面は『HT-MT500』とあまり遜色なく、ハイレゾ音源にも対応しているので、高音質なサウンドが楽しめますよ。

さらに高さが51mmと非常に低いのも大きな魅力で、見た目もシンプルでおしゃれなつくりになっています。ただし幅が900mmと長いので、購入する際は置き場所をしっかり考えておくことが重要になります。ゲーム好きな人は、ぜひゲームの際にも利用してみるのも”アリ”ですね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 種類:2ユニット型
  • サイズ:900X51X117(本体)、170X342X381mm(サブウーファー部)
  • 接続方法:Bluetooth
  • 対応フォーマット:ARC対応、4Kパススルー
  • メーカー:ソニー

7. ヤマハ フロントサラウンドシステム YAS-107

ヤマハ フロントサラウンドシステム YAS-107 4K HD...

大手企業「ヤマハ」が販売しているワンボディ型のサウンドバー『フロントサラウンドシステム YAS-107』。高さが53mmと非常にスリムな形をしているので、狭い場所でも設置できるのが大きな特徴です。

さらに4Kパススルーにも対応しているのも大きな魅力で、音声だけでなく映像でも楽しめますよ。それだけでなく、高さ方向のバーチャル音場をつくりだせる3Dのサラウンド技術「DTS Virtual:X」を搭載(世界で初めて対応)。便利な機能がたくさん詰まったサウンドバーを手にとって、音をより楽しんでみませんか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 種類:1ユニット型
  • サイズ:890X53X131mm
  • 接続方法:Bluetooth
  • 対応フォーマット:ARC対応、4Kパススルー対応
  • メーカー:ヤマハ

8. ヤマハ ホームシアタースピーカー YSP-5600

ヤマハ ホームシアタースピーカー デジタル・サウンド・プロジェ...

ヤマハが誇る最上級のサウンドバーです。最新の3Dサラウンドフォーマット「Dolby Atmos」を、ホームシアターシステムで世界で初めて実現しました。さらに壁への反射を利用するビームスピーカー技術「YSP」を搭載しているので、ほかのサウンドバーとは一線を画した高音質な音が聞けますよ。

プラスして天井へのビームスピーカーも配置しているので、7.1.2ch相当の3Dサラウンドの再生が可能。大画面のテレビとまさに相性抜群です。ですがお値段が少々張ってしまうので、予算としっかり相談することを忘れずに。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 種類:1ユニット型
  • サイズ:1100X212X93mm
  • 接続方法:Bluetooth、Wi-Fi
  • 対応フォーマット:ARC対応、4Kパススルー対応
  • メーカー:ヤマハ

9. ボーズ ワイヤレスサウンドバー SoundTouch 300 soundbar

Bose SoundTouch 300 soundbar ワイ...

こちらは「ボーズ」が販売しているワンボディ型のサウンドバー。サイズは特別大きいわけではありませんが、非常に臨場感溢れる音を演出してくれます。またホームシアターの魅力を引き出す「高性能カスタムドライバー」や「QuietPort」「PhaseGuide」などさまざまなテクノロジーを内臓。

デザインも非常におしゃれで、上品さが感じられますよ。それだけでなく、スマートフォンやタブレットと連動しているのもこの商品の大きな魅力。「SoundTouch」というアプリをダウンロードすれば、インターネットラジオや音楽ライブラリにアクセスもできますよ。部屋全体がエレガントな空間になること間違いなしの一台。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 種類:1ユニット型
  • サイズ:978X57X108mm
  • 接続方法:Bluetooth、無線LAN
  • 対応フォーマット:ARC対応、4Kパススルー
  • メーカー:ボーズ

10. ボーズ ワイヤレスサウンドバー Solo 5 TV sound system

Bose Solo 5 TV sound system ワイヤ...

非常にコンパクトなつくりが特徴のワンボディ型サウンドバー『Solo 5 TV sound system』。32型や40型とのテレビの前に置いても、違和感を感じることはありません。この商品の大きな特徴は「ダイアログモード」を採用しているところ。

このモードを選択すると、ニュースやトーク番組など人が話している音が明確に聞き取れるようになるため、さまざまなジャンルで大活躍してくれますよ。さらに付属しているユニバーサルリモコンは、テレビやブレーレイレコーダーなども操作可能。さまざまな機器が操作できるので、非常に便利な一台になります。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 種類:1ユニット型
  • サイズ:548X70X86mm
  • 接続方法:Bluetooth
  • 対応フォーマット:PCM2.0対応
  • メーカー:ボーズ

11. ジェイビール 2.0chホームシアターシステム BAR STUDIO

JBL Bar Studio 2.0chホームシアターシステム...

こちらもワンボディ型のテレビ用サウンドバー『BAR STUDIO』。ARCに対応していながら、Amazon価格で16,993円と非常にコスパが良いですよ。設定は非常に簡単で、HDMIケーブルが1本あればテレビと接続可能。機械に疎い人でも、迷うことなく高音質な音が聞けます。

サイズはコンパクトですが、38mm径ツイーターと50mm径ウーファーを2基ずつ、さらには低音を強調してくれる「デュアルパスポート」を採用。迫力のある重低音を楽しみたい人向けの機能もたくさん兼ね備えています。音質モードも5種類と幅広く、映画やスポーツを楽しみたい人にもおすすめしたいサウンドバーです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 種類:1ユニット型
  • サイズ:614X58X86mm
  • 接続方法:Bluetooth、3.5mmステレオミニプラグ付きオーディオケーブル
  • 対応フォーマット:ARC対応
  • メーカー:ジェイビーエル

12. ジェイビーエル 2.1chホームシアターシステム CINEMA SB450

JBL CINEMA SB450 2.1chホームシアターシス...

非常に大きなサイズを誇る2ユニット型サウンドバー『CINEMA SB450』。高音質でパワフルな臨場感を感じてみたい人にぜひおすすめしたい商品です。世界中の映画館もしくはコンサートホールで使用されている「ジェイビーエル独自の音響テクノロジー」を採用しており、臨場感ある音を最大限楽しめますよ。

さらに4Kパススルーにも対応しているので、非常に綺麗な映像と迫力あるサウンドどちらも堪能できるのも大きな魅力。それだけでなく、付属のリモコンだけでなく今持っているテレビのリモコンでも操作可能となる機能を搭載。リモコン1つでテレビもサウンドバーも、同時に操作できる便利な点もおすすめポイントです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 種類:2ユニット型
  • サイズ:1100X97X76mm(本体)、320X355X320mm(サブウーファー部)
  • 接続方法:Bluetooth
  • 対応フォーマット:ARC対応、4Kパススルー対応
  • メーカー:ジェイビーエル

13. パイオニア HTP-CS1

パイオニア Pioneer HTP-CS1 コンパクトフロント...

こちらも大手企業「パイオニア」が販売している2ユニット型サウンドバー。サウンドバーを分離することでコンパクトになるので、さまざまな場所に設置することが可能。サウンドバーに重要な音も、高音域から低音域までバランスよく再生可能で、パイオニア独自の技術によりテレビドラマや映画、さらにはニュースなども臨場感溢れる音が楽しめますよ。

さらに4Kパススルーにも対応しているので、音だけではなく高画質な映像も一緒に楽しむことができる一台に。パイオニア独自の技術が詰まったサウンドバーをぜひ購入して、臨場感のある毎日を過ごしてみませんか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 種類:2ユニット型
  • サイズ:150X57X88mm(本体)、435X115X369mm(サブウーファー部)
  • 接続方法:Bluetooth
  • 対応フォーマット:ARC対応、4Kパススルー対応
  • メーカー:パイオニア

14. ソニー HT-NT5

ソニー SONY サウンドバー 2.1ch NFC/Bluet...

拡張性の高い、2ユニット型のサウンドバー『HT-NT5』。この商品の最大の特徴は「DSD」「WAV・FLAC」といったハイレゾ音源に対応しているところで、ライブの空気感や曲の細部までしっかりと再現してくれますよ。

さらに4Kパススルーにも対応しているので、音だけではなく高画質な映像も同時に楽しむことが可能。Bluetoothのペアリングも、NFCマーク部分にタッチするだけで接続できるので非常に楽チン。テレビの前に置いても邪魔にならない薄型デザインに設計されたサウンドバーで、ぜひ音をより楽しんでみませんか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 種類:2ユニット型
  • サイズ:1080X135X80mm(本体)、190X382X386mm(サブウーファー部)
  • 接続方法:Bluetooth、無線LAN
  • 対応フォーマット:ARC対応、4Kパススルー対応
  • メーカー:ソニー

15. パナソニック 2.1ch シアターバー SC-HTB488

パナソニック 2.1ch シアターバー Bluetooth対応...

最後にご紹介するのは、「パナソニック」が販売している2ユニット型のサウンドバー『SC-HTB488』。サブウーファーはユニット部のコーンの強度を改善しているので、引き締まった音が楽しめますよ。またメインスピーカーの高さは60mmほどなので、テレビの前に置いても邪魔になりません。

Buetoothにも対応しているので、スマートフォンやタブレットなどの音楽もワイヤレスで再生できますよ。サウンドモードの種類も豊富で、映画や音楽、明瞭ボイスなどさまざま。色々なシーンで活躍してくれる優秀なサウンドバーを購入して、毎日の生活をより優雅なものにしませんか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 種類:2ユニット型
  • サイズ:853X60.5X90mm(本体)、185X303X337mm(サブウーファー部)
  • 接続方法:Bluetooth
  • 対応フォーマット:ARC対応
  • メーカー:パナソニック

サウンドバーのおすすめメーカー5選

おすすめ商品からピックアップするのも良いですが、オーディオ機器はメーカーで絞って選ぶのも懸命な判断といえます。そこでここからは、良質なサウンドバーを販売しているおすすめメーカー5つをご紹介します。

各メーカーの特徴や強みをしっかりと比較して、自身の求める商品をセレクトしましょう!


おすすめメーカー1. SONY(ソニー)

ソニー SONY サウンドバー HT-S200F 2.1ch ...

ハイレゾ音源や4Kパススルーや最新技術にも対応したサウンドバーを販売している人気メーカー『SONY(ソニー)』。Bluetooth接続可能なアイテムも販売しており、テレビだけでなく、スマホやPC、タブレットから気軽に音楽を流すことも可能です。

音質の良さはもちろん、使い勝手、デザイン、サイズ感と全てにおいて高水準で満たしているため、はじめてサウンドバーを手に取る方には、安定感抜群のソニーのサウンドバーがおすすめですよ。

ソニーのアイテムをみる


おすすめメーカー2. ヤマハ

ヤマハ フロントサラウンドシステム YAS-107 4K HD...

楽器やオーディオ機器を手がける大手メーカー『ヤマハ』も優れたサウンドバーが充実しています。高級モデルには壁への反射を利用して音を反響させる「YSP」技術を搭載し、従来のオーディオとはレベルの違う高音質を実現しています。

そのため、「とにかく高音質にこだわりたい!」そんな方は、ぜひヤマハのサウンドバーを検討してみてください。

ヤマハのアイテムをみる


おすすめメーカー3. BOSE(ボーズ)

Bose SoundTouch 300 soundbar ワイ...

イヤホンやスピーカーなど、オーディオ製品に定評のある人気メーカー『BOSE(ボーズ)』。低音までしっかり奏でてくれるため、しっかりと細かい音まで楽しめるのが特徴です。

また、デザインも非常にスタイリッシュなものが多く、インテリアとしても問題なく配置できるのも嬉しい魅力。テレビの音源再生はもちろんのこと、Bluetooth対応の機種も多いため、スマホやPCから手軽に音楽が流せる汎用性の高さも嬉しいメリットと言えます。

ボーズのアイテムをみる


おすすめメーカー4. JBL

JBL CINEMA SB350 2.1chホームシアターシス...

機能性を重視したい方は、人気メーカー『JBL』のサウンドバーも目を通しておきましょう。ARC対応の機種ならHDMIケーブルで繋ぐだけでご自宅のテレビと接続完了。全体的にコンパクトな機種が多く、それでいて音質の良さも申し分ありません。

価格の安いコスパ抜群の製品もあるので、機能性や値段を加味しながらJBLのサウンドバーを選んでみるのもおすすめですよ。

JBLのアイテムをみる


おすすめメーカー5. パナソニック

パナソニック 2ch シアターバー Bluetooth対応 S...

抜群の知名度と人気を誇る『パナソニック』も、高性能なサウンドバーを販売しているメーカーと言えます。4Kパススルーに対応している製品も多いため、高音質に加えて高画質でテレビが楽しめるアイテムが充実しているのも大きな魅力。そのため、映画鑑賞やスポーツ観戦を好む方には嬉しい機能と言えるでしょう。

また、1万円台と安い価格のアイテムも販売しているため、予算に応じて自身に最適なサウンドバーが探せるのもパナソニックのメリットです。

パナソニックのアイテムをみる


自宅で高音質の音楽を堪能してみてくださいね

ここまで、おすすめのサウンドバーをご紹介しました。サウンドバーがあるだけで、テレビの音質も劇的に変化します。それだけでなくBluetoothやWi-Fiを利用すれば、スマートフォンやタブレットに保存されている音楽も高音質で楽しめます。今回ご紹介したサウンドバーは、どれも自信を持っておすすめできるものばかり。予算をしっかりと考慮にいれながら、この記事を参考にして最適な一台を手にとってみてはいかがでしょう


【参考記事】モニタースピーカーのおすすめについてはこちらをチェック▽

【参考記事】家に置きたくなる高音質スピーカーについてはこちら▽

【参考記事】スピーカーと一緒に購入したいテレビのおすすめを大公開▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事