SIMフリー対応のスマートウォッチのおすすめ5選。2020年人気の一台とは

腕時計の役割を持つのはもちろん、LINEやメールの通知から、通話など様々な機能を持つウェラブル端末「スマートウォッチ」。今回は単独で通信が可能なSIMフリーのおすすめスマートウォッチを届け。SIMフリーの意味から、でメリット・デメリット、通話・防水機能を持った一台まで徹底紹介していきます!

今年注目の「SIMフリースマートウォッチ」を大公開

SIMフリー対応のスマートウォッチのおすすめを大公開

ウェラブル端末の中でも人気アイテムである“スマートウォッチ”。腕時計型の端末で、LINEやメール、はたまた通話まで出来てしまうハイテク機械の一つです。今回はウェラブルウォッチの中でも、SIMフリー対応のスマートウォッチのおすすめを大公開します。スマホを持っていなくても通信ができる夢のような機械について、初めての方でもわかりやすくご説明してお届けします。


そもそもSIMフリーとは?

Softbank・au・docomoの3大キャリアで購入したデバイスは、通常SIMカードが挿入されます。そのSIMカードによって3大キャリアの回線で通信を行うことができます。

反対に『SIMフリー』とは3大キャリアに限らず、“MVNO”と呼ばれる「仮想移動体通信事業者」のSIMカードを自由に選択できる状態を指します。3大キャリア以外のデバイスは自由にMVNOと契約して通信できるというわけです。

2015年以前は3大キャリアのデバイスは、そのキャリアのSIMしか使用できなかったのですが、現在はその制約が解除されたのでお使いのデバイスをSIMフリーにすることも可能となりました。


SIMフリーのメリット・デメリット

SIMフリーのメリット&デメリット

SIMフリーについて説明したところで、ここからはSIMフリーのメリット・デメリットについて解説していきます。SIMフリーを検討している方は、メリット・デメリットをきっちり抑えていきましょう!


SIMフリーのメリット

SIMフリーは3大キャリア以外で自由に選択できるため、費用を安く抑えられます。スマートウォッチに挿入すれば、単独で通信ができてかつ費用も安く抑えられるので、経済的に利用できる優れものになりますよ。

また、通話を行いたい方は通話定額や通話無制限プランを契約することができるなど、プランが充実しているのもポイント。価格が安く選択肢が多いのも嬉しい点ですね。


SIMフリーのデメリット

SIMフリーはMVNOが3大キャリアからの回線を借りて通信を行うので、通信が不安定になることがあります。いつでも高速で使いこなしたいと考えている方は特に気にしてしまう点ではないでしょうか。また、キャリアメール等キャリア特有のサービスは利用できないので注意が必要です。

SIMフリーの端末は3大キャリアのような専門の店舗が少ないため、サポートがまだまだ十分ではないのも難点。使い方や不具合は自分で調べたりメーカーに直接問い合わせることになるので、その点は3大キャリアと比べると不便に感じることも…。


SIMフリーのスマートウォッチでできること

SIMフリーのスマートウォッチでできること

SIMフリーのスマートウォッチはその名の通りSIMを搭載しているので、単独で通信できるのがポイント。通常はスマートウォッチとスマートフォンがBluetoothで接続されていますが、スマホがなくてもメール通知やLINE通知をチェックができます。緊急に返信をしなければならない場合でも、見逃すことがないので安心ですね。

また、通話もできる機種ではウェラブルウォッチが携帯電話のように扱えるアイテムに。GPSを搭載したスマートウォッチはナビとしても使用できるので、非常に利便性の高いアイテムになっています。


SIMフリーのスマートウォッチを選ぶ時の注意点

一番注意をしなくてはいけないのが、選んだスマートウォッチが使用するSIMカードに対応するか否かです。電波方式の違いによっては使用できないなんてこともあるので、選ぶ上ではいつも以上に慎重に選択してくださいね。


2020年現在!一番のおすすめは断然「アップルウォッチ」

Apple Watch Series 5(GPS + Cellularモデル)- 44mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド - S/M & M/L

既にスマートウォッチ登場から数年続いていますが、他の海外ブランドの場合、どうしても保証がなかったり、Amazonから商品が消されたりしているのが現状。

そんな中でも圧倒的な利便性を図り、多くの人に人気なのが「アップルウォッチ」。

アップルウォッチは既にseries5まで出ており、series3からは「Cellularモデル」というものを販売しています。通常はiPhoneとBluetoothで連携して通信をしますが、CellularモデルはSIMを入れることでアップルウォッチ単体で通信が可能です。

通話やメールの返信はもちろん、音楽再生やSuicaも搭載しているため、とても便利な一台になります。

SIMフリーモデルでも確実に外したくないと考えているなら、アップルウォッチの一択といえるでしょう。

Amazonで詳細を見る


SIMフリーのスマートウォッチのおすすめ4選

SIMフリーのスマートウォッチのおすすめを大公開

アップルウォッチ以外に使えるものがあるのか?と気になっている方にはm実際にどのようなスマートウォッチがあるか気になりますよね。

ここからはそんな疑問にお答えすべく、SIMフリーのスマートウォッチのおすすめ5選を紹介していきます。

どうしても機能的に劣っているものが多いので、参考程度に見るようにしましょう。


1. Diggro DI07 スマートウォッチ 3G NANO SIM

Diggro DI07 スマートウォッチ NANO SIMカード可能 GPS 3G WiFi アンドロイド 5.1 MTK6580 1.1GHz クアッドコア RAM 512MB ROM 8GB デュアルモード 心拍計 歩数計 天気 通知 (グリーン)

GPS機能を搭載した『Diggro DI07 スマートウォッチ』。位置情報をキャッチしてくれるので地図アプリとの相性が抜群です。時計感覚でマップが見られるので、人ごみの中でも安心ですね。

また、SIMを差し込めば単独で通話やLINEの通知を確認できるので、とてもスマートな一台に。ただしSIMカードは『3G NANO』のみ対応なので、SIMを利用する方は注意してくださいね。高い性能を持っていながら約8000円と安いので、初めてスマートウォッチを使う方におすすめの一台になります。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 重量:73g
  • サイズ:3.7 × 1.4cm
  • 連続使用可能時間:3.5時間
  • 最大待受時間:72時間
  • 内臓ストレージ:8GB
  • メモリ:512MB
  • 防水性能:生活防水レベル

2. STK スマートウォッチ smart watch

STK スマートウォッチ smart watch SIM 搭載 3Gウォッチフォン GPS Android5.1 HDカメラ テザリング 日本語対応 (黒)

多くのスマートウォッチを手がける『STK』が開発したウェラブルウォッチです。HDカメラを搭載しているので、カメラやムービー撮影が楽しめる一品になっています。

また、防水性能も搭載しているのに加え心拍数を計測したり、トレーニングの成果・分析をしてくれるアプリを導入しているので、スポーツにも適しています。トレーニングをしながらの利用を考えている方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 重量:119g
  • サイズ:4.5 × 4.28 × 1.38cm
  • 連続使用可能時間:4時間
  • 最大待受時間:7日間
  • 内臓ストレージ:4GB
  • メモリ:512MB
  • 防水性能:IP67(完全防水レベル)

3. LG Watch Urbane 2nd Edition LG-W200A

LG Watch Urbane 2nd Edition LG-W200A Black ブラック 3G/LTE対応 【並行輸入品】

シンプルながら高級感あふれるデザインの『LG Watch Urbane 2nd Edition』。前モデルが320×320ピクセルでしたが、今モデルは480×480ピクセルと大幅にグレードアップしました。この解像度は他のスマートウォッチと比べてもかなり高い方です。スマートウォッチ自体がコンパクトなアイテムなので、高い解像度は嬉しいですね。

また、メモリ容量も768MBあるので、動きがカクカクせずに操作ができます。価格は3万円台になりますが、価格以上に活躍してくれる一品なので、良い商品を長く使い続けたい方におすすめ。

Amazonで詳細を見る


  • 重量:92.8g
  • サイズ:5.12 × 4.45 × 1.42cm
  • 連続使用可能時間:2時間
  • 最大待受時間:35時間
  • 内臓ストレージ:4GB
  • メモリ:768MB
  • 防水性能:IP67(完全防水レベル)

4. KKmoon H2 スマートウォッチ

KKmoon H2 スマートウォッチsimカードでき(au不可...

メタリックなデザインが目を引く『KKmoon H2 スマートウォッチ』。鮮やかな画面を表示する"AMOLED"を搭載しているため、繊細な画面を届けてくれます。見た目にこだわったスマートウォッチと言えますね。

また、内臓ストレージが16GBで、メモリが1GBと大容量なので、スムーズな動きを実現してくれるのもポイント。多くのアプリを使いたい場合にはとても便利ですね。デザイン・機能性を重視する方におすすめの一品です。

※auのSIMカードは対応していないため、注意が必要です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 重量:74.0g
  • サイズ:ー
  • 連続使用可能時間:ー
  • 最大待受時間:ー
  • 内臓ストレージ:16GB
  • メモリ:1GB
  • 防水性能:生活防水レベル

SIMフリースマートウォッチで日常を便利にしてみて

今回はSIMフリーの意味から、SIMフリーにおすすめのスマートウォッチを紹介しました。一台あるだけで日常生活に大きな変化をもたらしてくれる便利アイテムでしたね。まだまだ使用している方が少ないため、この機会にSIMフリースマートウォッチを身に付け、スマートな日常を手に入れてみてください。


【参考記事】今年おすすめのスマートウォッチを大公開▽


【参考記事】安いスマートウォッチを探すならこちらをチェック▽


【参考記事】Androidユーザー必見のスマートウォッチを大公開▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ