【完全網羅】豆乳のおすすめ15選。人気の無調整・調整・豆乳飲料を徹底公開

牛乳の置き換えとして飲まれる“豆乳”。牛乳に比べて大豆イソフラボンといった栄養素が豊富にあります。そこで今回はおすすめの豆乳を、無調整、調整、豆乳飲料の3種類に分けてご紹介。美味しい味で飲みやすい豆乳飲料はもちろん、ダイエットや健康を意識した無調整豆乳まで徹底レクチャーします。

自分にぴったりなおすすめの豆乳を大公開

おすすめの豆乳を大公開

最近いろいろな場面で耳にする、豆乳。一般には飲み物の一つとして知られていますが、ただ飲用する目的だけでなくお料理に使われたり、美容目的に用いられたりと用途が広い食品です。タンパク質が多く含まれているので、健康的な食生活を送る上でも有用。しかし市販されている豆乳はいろいろあってどれを購入するべき迷いますよね。今回は、特に人気のあるおすすめの豆乳を種類別にご紹介していきますので、参考にしてください。


市販の豆乳には3種類ある

市販の豆乳には主に3種類ある

一般的な豆乳はJAS規格によって3つにタイプ分けされ、「豆乳飲料」「調整豆乳」「無調整豆乳」になります。それぞれに固有の特徴があります。

どのようにして分類されているかというと、作られた製品から水分を全て取り除いた残りを『大豆固形分』と呼んでいますが、これがどの程度の分量含まれているかによって分けられています。こうした種類を確認したい場合は、豆乳を購入する際のパッケージに明記されているはずですので、よくチェックしましょう。


豆乳飲料の特徴

豆乳飲料は、豆乳を飲みやすく加工したものを指しています。含まれる『イソフラボン』や『サポニン』の成分量は、無調整豆乳や調整豆乳に比べて少なめです。豆乳飲料はそのまま飲用することを前提としていますので、フルーツテイストのバナナ味やいちご味のほか、コーヒー味やココア味などバラエティが豊富です。クセがある飲み物が好きになれない人でも美味しく飲めますし、バラエティが豊富なので続けて飲んでも飽きません。


豆乳飲料がおすすめの人

豆乳飲料は、豆乳がもっている独特の味や香りが苦手な人や子供、そして病気で体調を崩していて味に敏感になっている方におすすめです。豆乳がもっている青臭い香りが調整されていて、そのままでも十分に美味しくいただけます。また、いろいろな味の豆乳飲料が商品展開されているので、豆乳を飲むことを習慣づけたい人にもおすすめです。


調整豆乳の特徴

調整豆乳の原材料には、大豆や脱脂加工大豆のほか、食用植物油脂や調味料、食品添加物が加えられています。無調整豆乳に少しの塩分や糖分などを加えて、飲みやすく調整したものと考えれば良いでしょう。無調整豆乳に比べて飲みやすさは向上しますが、『イソフラボン』や『サポニン』などの栄養素は少なくなりますので注意が必要です。


調整豆乳がおすすめの人

調整豆乳は飲みやすいので、豆乳独特の青くさい味や香りが苦手という方におすすめです。しかし、フルーツなどでしっかりと味つけされている豆乳飲料に比べるとクセが残っていますので、豆乳の味が好きになれないという方にはおすすめできません。無調整豆乳は飲めないけれど、もう少し栄養価の高いものを飲みたいという場合に一番適しています。


無調整豆乳の特徴

無調整豆乳は、その名の通り、調整していない豆乳です。水に浸す、蒸すなどして大豆を絞ると、乳白色の液体が出てきます。これに味付けを一切行っていないものが無調整豆乳です。そのため、味や香りは大豆そのもの。無調整豆乳をそのまま飲むと、大豆を食しているような感じがするはずです。調整を加えていないぶん、『イソフラボン』などの栄養素がたっぷりと含まれています。


無調整豆乳がおすすめの人

無調整豆乳は、大豆に含まれる栄養分がそのまま失われずに残っていますので、栄養をたくさん摂取したいという人におすすめです。クセが気にならないという人は無調整豆乳を飲んだ方が、効率的に栄養分を取り込めます。また、お料理に使う場合には、塩などで味付けされている調整豆乳よりも、無調整豆乳の方が余計な味がつかなくて便利です。


豆乳選びで大切なこと

豆乳選びで大切なこと

豆乳の種類を紹介したところで“選び方”についてレクチャーしていきます。豆乳選びは

  1. 使用目的
  2. コスパ

の3点を確認しておくことが大切です。ここからは3つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。


1. 味

豆乳製品は、味を整えてあるものが多いので、どんな味がするのかを確認することが大切です。ものによっては豆乳の味が薄いものもあります。せっかくお料理に使おうとしても、豆乳らしい味が生きてこないと残念ですよね。また逆に、コーヒーや紅茶などの飲み物に牛乳がわりに使う際などは、クセが残っていると気になってしまうので注意しましょう。


2. 使用目的

ただ単に飲むだけでなく、豆乳にはいろいろな用途が考えられます。お料理に使うことはもちろんですが、飲み物に入れたり、ダイエットやコスメとして美容のために使う場合もあるでしょう。どんな目的で使用するかによって、適切な豆乳製品が変わってきます。それぞれの豆乳製品の特徴をおさえて、自分の用途に合致しているかを検討するように心がけたいものです。


3. コスパ

業務用の豆乳などもネットで頻繁に見かけるようになってきました。大量でコスパが良いように思えますが、あまりに多くても使い切れずに傷ませてしまったり、使って見たらあまり好みの味でなかった、ということもあり得ますから注意が必要です。分量や品質に応じた価格設定がされているかどうかという点を、きちんと見極めて判断するようにしましょう。


【種類別】市販で販売されている豆乳のおすすめ15選

味や使用目的、コスパといった3つの柱をふまえて、今もっとも人気を集めている豆乳をピックアップしていきます。人気のある豆乳製品はどれもバランスのとれた製品ばかり。美味しさと栄養価のどちらを優先するのかということだけでも迷ってしまいそうですが、それぞれに特徴がありますので、お気に入りを見つけてみてください。


無調整豆乳のおすすめ4選

まず紹介するのが「無調整豆乳」。大豆の味と香りがダイレクトに楽しめる商品です。牛乳からの置き換えや、栄養素などを豊富に摂取したい!といった方におすすめの一品になります。どうしても他の種類に比べて飲みにくいため、初めての方は調整or豆乳飲料から始めるのをおすすめします。


1. マルサン 有機豆乳無調整

マルサン 有機豆乳無調整 1000ml×6本

メーカー独自の「酵素失活システム」である『大豆まろやか製法』によって、大豆独特の渋みや青臭い香りなどを抑えることに成功。これにより、スッキリとしたまろやかな飲みやすさを実現した無調整豆乳になりました。原材料には有機大豆を使用していて、

『有機JAS認定マーク』を受けていますので、健康志向の方でも安心して摂取できる一品です。大豆固形分が9%と多く、栄養価が高いのもポイント。味がスッキリとしているぶん、牛乳の代わりにスープなどのお料理に使ったり、コーヒーや紅茶などに入れるのにもぴったり。日持ちするのでまとめ買いするのがおすすめですよ。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 種類:無調整豆乳
  • 味:スッキリ
  • 原材料:有機大豆(遺伝子組み換えでない)
  • 内容量(1本あたり):1,000ml
  • メーカー名:マルサンアイ

2. マルサン ソイプレミアムひとつ上の豆乳

マルサン ソイプレミアムひとつ上の豆乳 成分無調整 200ml...

愛知県産の大豆を使った『ソイプレミアムひとつ上の豆乳』。大豆以外には何も使わずに作った無調整豆乳であるにもかかわらず、スッキリとした飲みやすさを実現しています。

使用しているのは、国産大豆の『きぬさやか』。大豆固形分が11パーセントと最大レベルなので、味は濃いめに仕上がっていますが、大豆っぽい青臭さはありません。いわゆる豆乳独特のクセのある味が好みの方には、少々物足りなさを感じるかもしれませんが、一般的には好まれる味です。濃厚な味なので、シリアルと一緒に食したり、コーヒーに入れてラテを作るのにも最適。価格が高めというのが気にならない方にはおすすめです。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 種類:無調整豆乳
  • 味:濃厚だが飲みやすい
  • 原材料:大豆(国産)(遺伝子組み換えでない)
  • 内容量(1本あたり):200ml
  • メーカー名:マルサンアイ

3. ふくれん 九州産ふくゆたか大豆 成分無調整豆乳

ふくれん 九州産ふくゆたか大豆 成分無調整豆乳1L紙パック×1...

遺伝子組み換えでは無い九州産の『ふくゆたか』大豆のみを使用した無調整豆乳です。素材本来の風味を大切にするため、香料や乳化剤などは一切使用していないナチュラルな製品。少し高価ですが、原材料からこだわり抜いて生産されている、信頼のおける一品になります。

クセやえぐみが無いことで知られていて、料理に使う人も多い人気商品。例えば、豆乳で作るヨーグルトは一般的に美味しく仕上げるのが難しいのですが、この豆乳ならば美味しく作れます。温めても美味しく飲めて、牛乳の代わりにカフェオレを作るときにも便利。ノンコレステロールで、健康的です。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 種類:無調整豆乳
  • 味:ナチュラルな甘み
  • 原材料:大豆(遺伝子組み換えでない)
  • 内容量(1本あたり):1,000ml
  • メーカー名:ふくれん

4. マルサン タニタ カフェ監修 オーガニック 無調整豆乳

マルサン タニタ カフェ監修 オーガニック 無調整豆乳 100...

『株式会社タニタ』の『タニタカフェ』監修のオーガニック無調整豆乳。大豆固形分が10パーセント含まれていて濃厚な味わいが魅力。使われている大豆は愛知県産で、『有機JAS認定』製品の有機大豆なので安全面でも信頼がおけます。素材本来の味をそのまま活かしていて余計な味つけがありませんので、料理に使うのにもうってつけ

たくさん使っても、コレステロールなどを気にする必要がなく安心です。例えば、シチューやカルボナーラ、グラタンなど牛乳の代わりにこの豆乳を使えば、クリーミーで濃厚な味わい深い仕上がりになります。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 種類:無調整豆乳
  • 味:濃厚でクセがない
  • 原材料:有機大豆(遺伝子組み換えでない)
  • 内容量(1本あたり):1,000ml
  • メーカー名:マルサンアイ

調整豆乳のおすすめ3選

無調整豆乳を少し飲みやすくした「調整豆乳」。カフェなどで飲むソイラテなどに使われている豆乳は「調整豆乳」であることが多いです。牛乳の代わりに美味しく置き換えたいという方は選んでみてはいかがでしょうか。


1. マルサン 調製豆乳 カロリー45%オフ

マルサン 調製豆乳 カロリー45%オフ 1L×6本

飲みやすく調整された豆乳で、食塩や甘味料などが含まれています。また、標準的な調整豆乳と比較して、45パーセントのカロリーオフを実現。牛乳は脂肪分が多いので健康上の不安があるという方や、ダイエットのためにカロリーを抑えながら豆乳を飲用したいと考えている方にはうってつけの製品で、毎日飲んでも安心です。

味はスッキリ系で、豆乳がちょっと苦手という方でも飲みやすい仕上がり。大豆本来の栄養分はきちんとキープしていて、植物性タンパク質やミネラル分をしっかりと摂取できます。美味しく飲めて、健康的なカロリーオフシリーズは毎朝の食卓にぴったりですね。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 種類:調整豆乳
  • 味:スッキリ
  • 原材料:大豆(遺伝子組み換えでない)、食塩、乳酸カルシウム
  • 内容量(1本あたり):1,000ml
  • メーカー名:マルサンアイ

2. キッコーマン飲料 調製豆乳

キッコーマン飲料 調製豆乳 200ml×18本

一回に飲み切ることのできる1パック200mlという分量や、飲みやすさを重視して味が整えられていることから、年齢を問わず人気のある『キッコーマン』の調整豆乳。大豆はカナダ産の契約栽培丸大豆(非遺伝子組み換え)を使用していて安心。

大豆固形分が7パーセントと多めで『大豆イソフラボン』や『大豆レシチン』をたっぷりと含んでいるのに、コレステロールはゼロなので、健康的です。冷蔵庫に冷やしておいて、牛乳やジュース代わりにこれを飲めば、コレステロール値を気にする必要がありません。牛乳を飲むとお腹がゆるくなるという方にもおすすめ。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 種類:調整豆乳
  • 味:大豆臭がなく飲みやすい
  • 原材料:大豆、砂糖、米油、天日塩、乳酸カルシウム、乳化剤、糊料、香料
  • 内容量(1本あたり): 200ml
  • メーカー名:キッコーマン飲料

3. [トクホ]マルサン 国産大豆の調製豆乳

[トクホ]マルサン 国産大豆の調製豆乳 1L×6本

国産大豆を使用している『マルサン』の調整豆乳。消費者庁によって『特定保健用食品(トクホ)』として認められている商品です。遺伝子組み換えでない国産大豆を使っているという点でも安心があります。調整豆乳ではありますが、乳化剤や香料といった添加物を使用せずに作られています。

余計な味がついていないぶん、自然な美味しさを楽しめますし、体にも優しいということで、小さなお子さんに飲ませるのにもぴったり。また、大豆固形分が9パーセント以上とたっぷり含まれていて栄養価が高いというのもポイント。濃厚な味わいなのに飲みやすい豆乳です。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 種類:調整豆乳
  • 味:濃厚だが飲みやすい
  • 原材料:大豆(国産- 遺伝子組み換えでない)、水あめ、トレハロース
  • 内容量(1本あたり):1,000ml
  • メーカー名:マルサンアイ

豆乳飲料のおすすめ8選

豆乳を飲みやすく加工した製品の「豆乳飲料」。豆乳を飲んでみたいけど、まずいのは嫌だ!という方はまずは豆乳飲料から初めてみてはいかがでしょうか。様々な味があるため、子供でも飲みやすいような一本が多くあります。


1. キッコーマン 豆乳飲料 いちごラッシー

キッコーマン 豆乳飲料 いちごラッシー 200ml×3本

フルーツの果汁を混ぜることで、いっそう飲みやすく調整されている豆乳飲料。「キッコーマン」の『いちごラッシー味』は、ほどよい甘さがあって豆乳が苦手というお子さんでも美味しく飲めます。『ラッシー』は、インドの発酵飲料として知られていますが、この飲み物を意識して乳酸菌を発酵させることで、味付けを工夫したものがこちらの商品です。

ヨーグルト風味とほんのりとした甘みと酸味が混ぜ合わさった爽やかな味わい。乳酸菌を100億個摂取できるので、お腹の調子を整える効果が期待できます。植物性でコレステロールゼロというのも魅力の一本になりますね。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 種類:豆乳飲料
  • 味:いちご味
  • 原材料:大豆(カナダ産)(遺伝子組み換えでない)、砂糖、いちご果汁、寒天、米油、乳酸菌(殺菌)、糊料(ペクチン)、香料
  • 内容量(1本あたり): 200ml
  • メーカー名:キッコーマン飲料

2. 有機JAS認定 プロヴァメル 豆乳飲料

〔有機JAS認定〕 プロヴァメル 豆乳飲料 1L

「有機大豆」や「有機濃縮リンゴエキス」など素材にこだわって作られた豆乳飲料。『リンゴエキス』が入っているので豆乳飲料と分類されますが、ほぼナチュラルな豆乳です。メーカーの『プロヴァメル』は、ベルギーで設立されたオーガニックブランドを展開しており、厳選された原材料から作られた大豆飲料は安心感をもたらしてくれます。

着色料や保存料は不使用で乳糖フリー、コレステロールもありません。薄すぎず濃すぎずほのかな甘みのある飲みやすい味なので、『ソイティー』や『ソイラテ』、『チャイ』などのドリンクメニューを作るのに最適。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 種類:豆乳飲料
  • 内容量(1本あたり):1,000ml
  • メーカー名:アルプロ

3. マルサン 豆乳飲料抹茶

マルサン 豆乳飲料抹茶 200ml×24本

日本有数の生産量を誇る抹茶のふるさと『西尾』の抹茶をブレンドした贅沢感のある美味しい豆乳です。大豆本来の味わいを活かしながら、口当たりの良い、飲みやすい味わいに仕上げています。材料となる大豆にとことんこだわってビタミンやミネラルなど、現代人に不足しがちな栄養成分をたっぷりと含んでいます。

ほどよい甘さなので、毎日飲んでも飽きることなく続けられます。そのまま飲む以外にも、お料理やお菓子、パン作りのための材料としても利用可能。ちょっとしたお料理に抹茶のまろやかな味をプラスしたいというときに便利に使えますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 種類:豆乳飲料
  • 味:抹茶味
  • 原材料:大豆、ぶどう糖果糖液糖、ひまわり油
  • 内容量(1本あたり):200ml
  • メーカー名:マルサンアイ

4. トーラク おいしさスッキリきな粉豆乳飲料

トーラク おいしさスッキリきな粉豆乳飲料200ml×24本

深煎りした『京風きな粉(黒須きな粉)』を使うことで、きな粉本来の香ばしい風味を再現することに成功しています。豊かな甘みが特徴の黒糖を隠し味として使用することで、奥行きのある甘みとコクが加わり、よりいっそうバランスの良い味わいに。

まるで和菓子を食べているような、ほっこりとした気分にさせてくれる豆乳飲料ですので、リラックスタイムを演出するのにぴったり。コレステロールがゼロなので、小さなお子さまや年配の方、ダイエット中の方や健康への意識が高い方にとくにおすすめできます。ほどよい甘さなので飽きることなく毎日飲み続けられるのもポイント。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 種類:豆乳飲料
  • 味:きなこ味
  • 原材料:大豆(アメリカ)(遺伝子組み換えでない)、砂糖(黒砂糖、三温糖)、きな粉、食塩、寒天、乳酸Ca、セルロース、香料、安定剤(増粘多糖類)、pH調整剤
  • 内容量(1本あたり):200ml
  • メーカー名:トーラク

5. マルサンアイ ことりっぷ 豆乳飲料 黒蜜きなこ

マルサンアイ ことりっぷ 豆乳飲料 黒蜜きなこ 200ml×24本

旅行ガイド本として知られる『ことりっぷ』とマルサンアイがコラボして作った豆乳飲料です。『ことりっぷ』編集者が監修し、香ばしい国産きなこと、やさしい甘さの沖縄産黒蜜の良いところを掛け合わせることでできあがりました。優しい甘さが特徴の和風のスイーツを食べているような感覚で楽しめます。

一息つきたいときに飲むと、ほっこりした気持ちになりリラックスを促してくれます。甘すぎず、飲みやすいので、大人の方でも毎日飲んでも飽きない美味しさ。きなこというと少し粉っぽい質感を連想しがちですが、なめらかな味わいに仕上がっています。クセがないので、豆乳が苦手な方にもおすすめの商品になります。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 種類:豆乳飲料
  • 味:きなこ味
  • 原材料:大豆(カナダ)、糖類(ぶどう糖果糖液糖、果糖、砂糖、黒みつ)、きな粉、食塩、本みりん、酵母エキスパウダー/香料、安定剤(増粘多糖類)
  • 内容量(1本あたり):200ml
  • メーカー名:マルサンアイ

6. キッコーマン飲料 豆乳飲料 アーモンド

キッコーマン飲料 豆乳飲料 アーモンド 200ml×18本

からだの内側から、生き生きとした美しさを呼び覚ます食材『ビューティフード』として注目を集めるアーモンドを、豆乳に混ぜ込んだ注目の豆乳飲料です。香ばしいアーモンドを細かくすりつぶし、アーモンド本来の香り高さを活かした一本に

飲み口は飲みやすく、口当たりがなめらかな優しい味わいの豆乳飲料に仕上がっています。もちろん、動物性由来の成分が含まれていないので、コレステロールはゼロ。契約栽培丸大豆を使用しているので、小さなお子さまやダイエット中の方のおやつとしても、安心して食すことができます。毎日のリラックスタイムに選んでみてはいかがでしょうか。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 種類:豆乳飲料
  • 味:アーモンド味
  • 原材料:大豆、砂糖、アーモンド、米油、天日塩、寒天、香料、糊料、乳化剤、ビタミンE
  • 内容量(1本あたり):200ml
  • メーカー名:キッコーマン飲料

7. マルサン 豆乳飲料麦芽コーヒー カロリー50%オフ

マルサン 豆乳飲料麦芽コーヒー カロリー50%オフ 200ml...

大豆の栄養がたっぷり詰まった豆乳飲料です。標準的な豆乳飲料に比べてカロリーを50%も少なく仕上げていますので、ダイエット中の方や、糖質制限がある方にもおすすめできます。他方、植物性タンパク質やミネラルなど、大豆ならではの栄養成分はきちんと含有されていますので、栄養が偏りがちな方にもおすすめ。

また、喉ごしがよく、口当たりがとてもいいのが特徴なので毎日の習慣にしても飽きずに続けられます。大豆のクセが少なく麦芽コーヒーを使っているので、コーヒー党の方や豆乳があまり好みでないという方にもおすすめしやすい味に仕上がっています。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 種類:豆乳飲料
  • 味:麦芽コーヒー味
  • 原材料:大豆(アメリカまたはカナダ)(遺伝子組み換えでない)、コーヒー、食塩
  • 内容量(1本あたり):200ml
  • メーカー名:マルサンアイ

8. キッコーマン飲料 豆乳飲料 チョコミント

キッコーマン飲料 豆乳飲料 チョコミント 200ml×18本

品質と鮮度にこだわった豆乳飲料です。大豆の微量栄養成分をしっかりと抽出することで、大豆特有の青臭さが少なくなり飲みやすくて、美味しい味に仕上がっているのが特徴です。爽快感のあるミントの香りと、奥行きのあるチョコを合わせたチョコミントフレーバーを加えることで、さらにクセがない味を実現しています。

心や体をリフレッシュさせたいときに飲むのがおすすめです。食物繊維を配合しているので整腸作用が望めます。植物性なのでコレステロールは含まれませんし、乳製品を使っていないので牛乳にアレルギーがあるお子さまでも安心です。

販売サイトで購入


商品のステータス
  • 種類:豆乳飲料
  • 味:チョコミント味
  • 原材料:大豆(カナダ産)(遺伝子組み換えでない)、砂糖、水溶性食物繊維、米油、ココアパウダー、チョコレートスプレッド、天日塩、寒天、ミントエキス、糊料(セルロース、増粘多糖類)、乳化剤、香料、乳酸カルシウム
  • 内容量(1本あたり):200ml
  • メーカー名:キッコーマン飲料

まとめ

ひとくちに豆乳と言ってもさまざまなタイプがありますね。そのまま飲んでもよし、料理に使ってもよし、両方に使ってももちろんOKなのですが、種類によってそれぞれに向き不向きがあります。どんな用途で使うのかによって、どんなタイプの豆乳を選ぶべきかを検討しながら、ぴったりの豆乳を選ぶようにしたいものです。健康的な生活を送る上で欠かせない栄養素をたっぷりと含んでいますので、自分の好みの豆乳を見つけてぜひ生活の中に取り入れてください。

お気に入り

注目の記事

関連する記事