りんご酢のおすすめ15選。料理からドリンクまで使える一本とは

体に嬉しい効果があるといわれている『りんご酢』。そこで今回は市販でも購入できる美味しいおすすめのりんご酢から、りんご酢の美味しい飲み方まで詳しくご紹介します。価格の安いコスパ重視の商品から素材にこだわったイチオシ商品まで幅広く厳選したので、ぜひ自分好みの一品をGETしてくださいね!

毎日使いたいおすすめのりんご酢を大公開

毎日使いたいおすすめのりんご酢を大公開

健康やダイエットに意識している方達に人気の『りんご酢』。通常のお酢に比べて、酸味が少ないものも多く、飲みやすい&使いやすいりんご酢が多くあります。しかしいざりんご酢を試してみようとしても、たくさんの種類があり迷ってしまいます。

そこで今回はりんご酢の選び方で大切なポイントと、おすすめのりんご酢を15本ご紹介しましょう。自分に最適な一本を見つけましょう!


市販で購入できる美味しいりんご酢のおすすめ15選

市販で購入できるりんご酢のおすすめ15選

りんご酢の選び方をふまれて、実際におすすめの商品をご紹介します。初めての場合はまずは『原材料』『使う用途』『価格』をしっかりと考えることが大切です。

購入前は自分がどのくらいの頻度で使用するのか、どう使うかをイメージしてください。そうすることでお店に行ってもスムーズに商品をセレクトできます。では、市販で購入できる美味しいおすすめのりんご酢15選を見ていきましょう!


1. ミツカン 純りんご酢

ミツカン 純りんご酢 500ml

まずはミツカンから市販されている『純りんご酢』。こちらの商品は、国産りんご果汁100%で作っており、国産100%なので産地を気にする方にも安心安全の一本です。お酢といってもまろやかな口あたりなので、飲みやすいことが特徴で、味わいはさっぱりとしており、やみつきになるおいしさです。

りんご酢を冷たい水で割って、お好みではちみつを入れるとあっという間にりんご酢ドリンクの完成です。ドリンクのほか、ドレッシング代わりに使用したり、マリネとして使用することもおすすめ。飲料用&料理用と幅広く利用できるりんご酢なので、迷った時は選んで間違いないコスパも抜群の人気商品です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:500ml
  • 酢酸濃度:5.0%
  • 栄養成分:エネルギー 28 kcal、炭水化物8.1g、ナトリウム8mg
  • 原材料名:りんご果汁
  • メーカー:ミツカン

2. マルカン酢 純りんご酢

マルカン 純りんご酢(プレミアム) 360ml

『マルカン酢 純りんご酢』は、りんごの産地として有名な青森県の『ふじ』のりんごを使用して作られたりんご酢です。『ふじ』の果汁100%で作られているため、ほんのりと甘いりんごの香りを楽しめます。

酸度(酢酸)濃度は4.5%と、すっきりとした味わいにプラスして、国産なので安心安全にこだわる方にもおすすめの一本で、飲み方はお水やお湯割りのドリンクとして飲むのはもちろん、ピクルスやマリネなどもおいしく作れます。また、りんごのコンポートなどスイーツメニューのアレンジも可能で、幅広い料理としても使えるりんご酢ですよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:360ml
  • 酢酸濃度:4.5%
  • 原材料名:りんご果汁
  • メーカー:マルカン酢

3. マルカン酢 蜂蜜&レモン入り リンゴ酢

マルカン 蜂蜜&レモン入り リンゴ酢 360ml

先ほどご紹介したりんご酢と同様に、青森県産の『ふじ』のりんごを使用しているマルカン酢の商品。『ふじ』りんごの果汁100%で作ったりんご酢に、アカシアはちみつとレモン果汁をブレンドしています。はちみつとレモン果汁を加えることで、かなりまろやかなりんご酢に変身。

香料などは使っていないので、りんごとレモンの爽やかさと、はちみつの甘さと香りを楽しめます。りんご酢を試してみたいけれど、酸味が苦手という方におすすめな商品です。飲み方としては、牛乳で割るとヨーグルト風のドリンクになり、炭酸水で割ってもおいしいです。アイスクリームにかけて食べると高級なスイーツのようになりますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:360ml
  • 酢酸濃度:なし
  • 原材料名:蜂蜜、りんご酢、レモン果汁、レモンエキス
  • メーカー:マルカン酢

4. タマノイ リンゴ酢

ダイエットタマノイ リンゴ酢 500ml×12本 瓶

多くのお酢製品を手掛けるメーカー『タマノイ』。タマノイの『リンゴ酢』は、ソムリエである田崎真也さんが監修したりんご酢であり、国産のりんご果汁、アルコール、米のみを使用しており、マイルドで使いやすい市販でも購入できるおすすめのりんご酢です。

『リンゴ酢』は独自の製法「黒発酵法」を取り入れており、米を加えることで、味に奥行き感が出るといわれています。料理用だけではなく、ドリンク用としても使いやすいまろやかな一本に。『リンゴ酢』は100mlあたり27kcalと、カロリーが低いことも特徴で、ダイエット中の飲料に選んでみるのも“アリ”ですね。

1ダース(12本入り)で3,000円未満と価格も安いため、日頃から愛飲したい方にも嬉しい1本あたり200円弱とコスパの良さもおすすめのポイントです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:500ml
  • 栄養成分(100mlあたり):エネルギー 27kcal、水分 94.2g、炭水化物 3.3g、灰分 0.1g、ナトリウム 7mg
  • 原材料名:りんご果汁、アルコール、米
  • メーカー:タマノイ

5. 内堀醸造 【Amazon.co.jp限定】まろやか米麹りんごの酢

【Amazon.co.jp限定】内堀醸造 まろやか米麹りんごの...

『まろやか米麹りんごの酢』は、内堀醸造が作っており、アマゾン限定で販売している商品。値段は1,000円以上と決して安いとは言えませんが、原材料には、こだわりの米麹調味料、有機りんご果汁、米酢、有機りんご酢が使用されています。

お米の甘みが加わり、他の製品とはまた違った使いやすいりんご酢となっています。甘味料などは使用しておらず、米、りんごや米酢本来の甘さなので、安心して飲めるのも大きなメリット。水やお湯割りでドリンクとして飲むのはもちろん、炒め料理やデザートなどにも使用できる優れものに。甘酸っぱい味わいを楽しんでみてはいかがでしょうか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:900ml
  • 栄養成分:エネルギー 25kcal、炭水化物 6.0g、タンパク質 0.1g
  • 原材料名:米麹調味料、有機りんご果汁、米酢、有機りんご酢
  • メーカー:内堀醸造

6. 内堀醸造 純りんご酢

内堀醸造 純りんご酢 500ml

「内堀醸造」は穀物酢、米酢、黒酢などお酢に特化した商品を多く販売している会社。そのなかでも『純りんご酢』は、上記でご紹介したりんご酢とは違い、国産のりんご果汁だけを使用して作られています。

原材料は国産のみ使用しており、自然なりんごの香りが楽しめ、フルーティーな味わいでさっぱりと使用できるりんご酢になります。そのまま飲むだけではなく、お肉料理やお魚料理、ピクルスやマリネと幅広い料理に使用できるので、料理をメインに使用する方は1本持っておくと便利な一本に。実際に利用している方ではスムージーに入れてアレンジしている方もいます。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:500ml
  • 酢酸濃度:4.5%
  • 栄養成分:エネルギー 3kcal、炭水化物 0.3g、ナトリウム 0.15mg
  • 原材料名:りんご果汁
  • メーカー:内堀醸造

7. ミツカン まろやかりんご酢 はちみつりんごストレート

ミツカン まろやかりんご酢 はちみつりんご ストレート 1000ml

『まろやかりんご酢はちみつりんごストレート』はりんご酢に、りんご果汁を加えた市販のりんご酢飲料です。飲みやすいりんご酢を探しているという方におすすめです。りんご果汁を入れることでまろやかになった液体に、はちみつを加えてさらに飲みやすくしました。

この商品は薄めずにそのまま飲め、お酢さをあまり感じなく、ジュースのように飲めると大人気の商品です。りんご酢は手軽に飲めるのにも関わらず、内臓脂肪を減少させる働きがあるなど、健康への効果が期待できるので、毎日の習慣におすすめの一本になります。価格も500円未満と安いため、コスパの良さも申し分ありません。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:1000ml
  • 栄養成分:エネルギー 6 kcal、炭水化物 1.5 g、ナトリウム 1mg
  • 原材料名:りんご酢、りんご果汁、黒糖入り砂糖液(砂糖液糖、黒糖、果糖ぶどう糖液糖、果糖)、はちみつ/酸 味料、香料、甘味料(スクラロース)
  • メーカー:ミツカン

8. オリヒロ バーモントリンゴ酢

オリヒロ バーモントリンゴ酢 1800ml

健康食品を扱っている『オリヒロ』という会社が販売している商品。『バーモントリンゴ酢』はりんご酢だけではなく、はちみつやクエン酸、リンゴ酸などを加えた健康ドリンクになります。疲れが取れやすくなったりと、健康に嬉しい効果が期待できる「クエン酸」を配合。

もともとあるりんご酢の成分にさらに多くの健康成分が加わっているので、普段から飲む習慣をつけたいおすすめな酢飲料になります。『バーモントリンゴ酢』の飲み方としては、水で薄めて飲んだり、ヨーグルトに混ぜて食べるアレンジがあり、夏バテや脱水症状の対策としても人気のリンゴ酢となります。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:1800ml
  • 栄養成分:熱量 139kcal、脂質 1.07g、炭水化物 32.41g、ナトリウム5mg
  • 原材料名:果糖ぶどう糖液糖、リンゴ酢、精製蜂蜜、リンゴ果汁、米酢、酸味料、香料、甘味料(ステビア)、乳酸Ca、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB2
  • メーカー:オリヒロ

9. 坂元のくろず 天寿りんご黒酢

天寿りんご黒酢 700ml

鹿児島にある醸造会社が作っている『天寿りんご黒酢』。純米黒酢をベースとしており、ガラクトオリゴ糖とりんご果汁をブレンドした商品です。黒酢のおいしさとりんご果汁が加わることでミネラルやアミノ酸などを豊富に含んでいます

お酢が苦手という方も、これなら飲めると人気の商品です。さらに特定保健用食品でもあるトクホにも認定されており、毎日の健康をサポートしてくれます。

ただし、飲み過ぎには注意してください。腸内のビフィズス菌を増やす働きも行っているので、飲み過ぎるとお腹がゆるくなってしまうので、回数を決めて飲むのがおすすめ。特定保健用食品に選ばれてるのも人気の一つですね

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:700ml
  • 栄養成分(100ml当たり):熱量247Kcal、たんぱく質0.5g、炭水化物64.8g、ナトリウム1~6mg
  • 原材料名:ガラクトオリゴ糖液糖(乳糖を含む)、果糖ブドウ糖液糖、米黒酢、りんご濃縮果汁、香料、ビタミンC
  • メーカー:坂元のくろず

10. キユーピー ビネガードリンク りんご酢

キユーピー ビネガードリンク りんご酢 1000ml

りんご酢をもっと手軽に楽しみたい方は『キユーピー ビネガードリンク りんご酢』もおすすめです。1Lの大容量ながら600円弱と価格も安いから、毎日飲めるコスパの良さも人気のポイント。

りんご果汁やはちみつなどが入っているため、通常のりんご酢よりかはマイルドになり、ドリンクとして飲みやすい一本に。酢酸濃度は高くなく、わりとあっさりした飲み心地が楽しめます。

お水やお湯で割ったり、ヨーグルトドリンクとして入れてみたり、お酒と割ってもおいしいため、ドリンクで中心に飲みたい方におすすめのりんご酢となります。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:1000ml
  • 原材料名:果糖ぶどう糖液糖、りんご酢、濃縮りんご果汁、はちみつ、香料、酸味料、甘味料(スクラロース)
  • メーカー:キユーピー

11. 伊藤園 りんご酢

伊藤園 りんご酢(紙パック) 200ml ×24本 [機能性表...

毎日りんご酢を愛飲するなら、やはりコスパの良さも気になるところ。そんな方へおすすめなのが、『伊藤園 りんご酢』。200ml×24本で2,000円弱と1本あたり100円未満ととにかく安いのが魅力

とはいえ、りんご果汁と国産りんご酢を使って作られており、「機能性表示食品」にも認定されています。その理由は、柑橘由来のポリフェノールである『モノグルコシルヘスペリジン』成分を配合しているから。

また、通常の瓶に入っているりんご酢とは違い、紙パックなので忙しい時でもサッと飲むことが可能。毎日飲み続けやすく美味しいと人気のりんご酢です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:200ml
  • 栄養成分:エネルギー68kcal、炭水化物17.0g
  • 原材料名:りんご、糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、りんご酢/ヘスペリジン(オレンジ由来)、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)
  • メーカー:伊藤園

12. 内堀醸造 美濃有機純りんご酢

美濃 有機純りんご酢 360ml

内堀醸造から販売している『美濃有機純りんご酢』は、有機JASに認定されている商品で、原材料は、有機りんご果汁のみです。『美濃有機純りんご酢』の作り方は、初めに有機りんご果汁を発酵します。発酵させることで酢もろみを作り、りんご酢を作っていきます。

そうして出来上がった『美濃有機純りんご酢』は、まじりけのない透き通ったキレイな液体になるのが特徴的。りんごを連想させる香りと、まろやかな甘みと酸味をもつりんご酢はサラダによく合い、ドリンクとして飲む場合はお好みではちみつを入れて飲んでみてくださいね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:360ml
  • 栄養成分:熱量3kcal、炭水化物0.2g、ナトリウム 0.5mg
  • 原材料名:有機りんご果汁
  • メーカー:内堀醸造

13. カネショウ株式会社 ハチミツ入りんご酢

ハチミツ入りんご酢 500ml

お酢をはじめとする調味料を多く販売している『カネショウ株式会社』が作るりんご酢は、津軽の完熟りんごを100%使用した一本。醸造を行っている地域が本州最北の場所のため、気温が低い土地でじっくりを醸造されたりんご酢になります。

独自の醸造方法で完成した『ハチミツ入りんご酢 』には、はちみつがプラスされており、まろやかな味わいになっています。はちみつが加わっても、甘さが際立つことはなく、さっぱりとした味わいが広がるのが特徴。そのまま料理に使うのはもちろん、水やお酒で割って飲むのもおすすめです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:500ml
  • メーカー:カネショウ株式会社

14. カネショウ株式会社 樽塾りんご酢

樽塾りんご酢 500ml【アップルビネガー】

『樽塾りんご酢』は、ちょっと変わった作り方のりんご酢で、りんごをすりおろしてから発酵させるという方法をとっています。低温でじっくりと発酵をさせたあと、樽に移してさらにじっくりと熟成させます。そうしてできあがった『樽塾りんご酢』は、さっぱりとした味わいが特徴的

使い方としては、炒めモノや煮込み料理に使う方法や、ドリンクにして飲む方法があります。水やお湯で割って飲んだり、お酒で割っても美味しく、実際に使っている方は毎朝レモン水に『樽塾りんご酢』をスプーン一杯入れて楽しんでいるそう。さまざまなアレンジ方法があり、りんご酢を楽しんで飲みたいという方は選んでみてはいかがでしょうか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:500
  • 栄養成分(100mlあたり):エネルギー 18.0kcal、炭水化物 1.2g、ナトリウム 5ml
  • 原材料名:りんご
  • メーカー:カネショウ株式会社

15. 井藤漢方製薬 ビネップル りんご酢飲料

井藤漢方製薬 ビネップル りんご酢飲料 720ml

『ビネップル りんご酢飲料 』はりんご酢を手軽に飲める飲料です。酸味と甘みのバランスがいいりんご酢に、はちみつとリンゴ濃縮果汁プラス。はちみつと果汁を加えることにより飲みやすい飲料になっています。お酢の量はそのままにフルーツ果汁をミックスして、お酢が苦手という方にも飲みやすいように工夫しています。

クエン酸などの栄養成分が配合されたりんご酢なのでさわやかな味わいが楽しめます。そのままで飲むのもおいしいですし、ソーダで割ることもおすすめです。1日100mlを目安に飲んでください。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 内容量:720ml
  • 栄養成分:エネルギー25kcal、炭水化物6.2g、ナトリウム0.8mg
  • 原材料名:リンゴ酢、リンゴ濃縮果汁、ハチミツ
  • メーカー:井藤漢方製薬

りんご酢選びで重視したいこと

りんご酢選びで大切なこと

初めてリンゴ酢を使用する方にとってはどれも一緒なのでは?と思うことが多いかと思います。しかし、人によって最適な商品は異なるもの。そのため、りんご酢選びは、

1. 使用している原材料を確認する 2. 使う用途で選ぶ 3. 使う頻度が高いならコスパの良さで選ぶ

の3点は重視しておきたいところです。ここからは上記の3つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。


1. 使用している原材料を確認する

りんご酢で使われている原材料は主に『りんご果汁』と『アルコール』です。果汁を用いて作られているので、果実酢となります。または『りんご果汁』を熟成し発酵させて作るりんご酢もあります。

基本的に原材料は同じですが、健康や美容にこだわりたい方は、余計な添加物が入っていないかなど、事前に原材料にも目を通してみてみましょう。

2. 使う用途で選ぶ

りんご酢をどのように使うのかによって、購入するサイズなどが変わってきます。市販のりんご酢の多くは、開封後半年ほどで使い切らないといけない場合が多いため、使用する期間が重要になります。

ドリンクで飲んだり、料理に使ったりするなど使用頻度が高い場合は、大きめのサイズを購入したほうがコスパは良いです。もしあまり頻繁に使用しない場合は価格も安い小さめサイズのりんご酢を購入するのがおすすめです。


3. 使う頻度が高いならコスパの良さで選ぶ

リンゴ酢の価格はだいたい1本300円台とわりと安い値段で市販されているケースが多いです。産地や量によっては1,000円以上するりんご酢もありますが、基本的にはお求めやすい価格設定といえます。

したがって、自分がどれくらいりんご酢を使用するのかによって、選ぶ価格も変化します。また、通常の酢の代わりに利用することもできるので、使う頻度が多い場合はコスパの良い商品を選ぶようにしましょう。


りんご酢の美味しい飲み方&飲むタイミングとは

りんご酢の美味しい飲み方&飲むタイミング

おすすめのりんご酢や選び方についてお届けした後は、簡単にできるりんご酢の美味しい飲み方&飲むべきタイミングをご紹介します。

りんご酢の摂取量は、目安として1日15ml(大さじ一杯)、多くても大さじ30ml(大さじ二杯)が好ましいです。飲むタイミングに関しては食事中or食後が基本と言えます。ダイエットや健康のために飲むなら食事中で問題ないでしょう。他にも疲労予防なら運動前or運動後、睡眠の質を向上させるなら食事前など、目的に応じて飲むタイミングを考慮しましょう!

タイミングについて把握したあとは、自宅で試せるりんご酢の美味しい飲み方レシピについて解説します!


おすすめの飲み方① 牛乳や豆乳に入れて飲む

「りんご酢は飲みたいけど酸っぱいのが苦手」という方は、牛乳や豆乳に入れる飲み方がおすすめです。口当たりもマイルドになるため、スッキリと飲みやすいのも特徴。

作り方もコップ一杯の牛乳/豆乳に対し、大さじ一杯のりんご酢をいれるだけでOK。お好みで砂糖(目安は大さじ一杯)を加えるのもおすすめですよ。

【参考記事】市販でも買えるおすすめの豆乳をピックアップしました!▽


おすすめの飲み方② 炭酸水(ソーダ)で割って飲む

スッキリとした飲み口を好む方は、りんご酢をソーダで割っても美味しい飲めます。りんご酢大さじ一杯に対し、ソーダは300ml〜350mlが最適な分量です。

カットフルーツを入れたり、ハチミツを加えたりしても美味しいので、自分だけのアレンジレシピが作れるおすすめの飲み方です。

【参考記事】スッキリと飲みやすい人気の炭酸水を大公開!▽


おすすめの飲み方③ 紅茶に入れて飲んでも美味しい

ストレートの紅茶にりんご酢を大さじ一杯加えて飲むのも、手軽で美味しいおすすめの飲み方です。程よい酸味が加わるため、レモンティーのようなスッキリと爽やかな飲み口に仕上がります

アイス/ホットどちらでも活用できるので、日頃から紅茶を愛飲する方はぜひ試してみてください。


用途に合わせたリンゴ酢を選んでみて

用途に合わせたリンゴ酢を選んでみて

今回は沢山の種類のりんご酢をご紹介しました。お酢だから一見飲みにくそうと思いがちですが、はちみつが加わったり、製造方法によって味や風味が変わってきます。また、もし酸味が強いと感じても自分ではちみつをプラスしたり、ヨーグルトと混ぜるなりしてアレンジもできます。ドレッシングやマリネなど幅広い活用ができますよ。

さらに、疲労を回復に役立つクエン酸が含まれているものもあるので、自分に合った使い方を色々と試してみてくださいね。

【参考記事】健康を気にする方におすすめのココナッツオイルを大公開!▽

【参考記事】市販の野菜ジュースも健康を気にする方におすすめです▽

【参考記事】トマトジュースのおすすめについてレクチャーします▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事