市販で楽しめるスムージーのおすすめ特集【粉末タイプ&液体タイプ】

美容や健康に意識している人の間で流行っている「スムージー」。ただ、スムージーと言っても、粉末タイプやそのまま飲める液体タイプと大きくわけて2種類あり、成分栄養素も様々です。今記事では、女性や子供でも飲みやすい物や、食物繊維が豊富でダイエット目的に考えている方にもおすすめのスムージーをご紹介します。

毎日飲みたいおすすめのスムージーを大公開

市販のおすすめのスムージーを大公開

スムージーを飲む目的は様々ですが主に『健康』と『ダイエット』を意識している方が多いですよね。今回は、それぞれの目的に合わせたおすすめのスムージーの選び方と、注目のスムージーを15商品ご紹介します。スムージーも粉末タイプや液体タイプ、カロリーなど多種多様ですので、1つずつその特徴を比較していきましょう。


スムージーのタイプは主に2種類ある。

スムージの種類とは

スムージーのタイプには、大きく分けて「粉末タイプと液体タイプ」の2種類があります。それぞれに違いや特徴がありますので、カロリーはどうか、そして自分にとって続けやすいタイプはどちらかなどを考えて選んでみてください。粉末タイプも液体タイプも状況に応じて使い分けることも可能ですから、ぜひご検討してくださいね。


液体タイプのメリット&デメリットとは

ここでは、スムージーの液体タイプのメリットとデメリットをご紹介していきます。一見、持ち運びもしやすい液体タイプにはどのようなデメリットが存在するのでしょうか、ぜひチェックしてくださいね。また、液体タイプならではの栄養素の特徴もありますので、そちらも合わせてご覧ください。


液体タイプのメリット

液体タイプのスムージーのメリットは「持ち運びがしやすい」という点があげられます。コンビニやスーパーなどで気軽に購入できるので、外出先で健康を意識したい時や、仕事のお昼休みを利用したりいつでもどこでも飲めてしまいます。粉末タイプと違って、混ぜる作業もないので忙しい会社員にはぴったりです。


液体タイプのデメリット

手軽な液体タイプのスムージーは、デメリットはないように感じます。しかし、実は粉末タイプにはないデメリットもあるんです。それは液体タイプのスムージーはダイエットを目的としていないということです。あくまで日々の健康を意識し、栄養素のバランスを整える目的で販売されている商品が多いので、糖質やカロリーが高いものもあります。


粉末タイプのメリット&デメリットとは

液体タイプのスムージーの特徴を確認できたところで、粉末タイプの特徴を見ていきましょう。粉末タイプは基本的には水で溶かして飲む必要があります。自宅で作って飲むことを想定して作られているので、外出先で作るには少し不便かもしれませんね。ただそれ以外にも嬉しい特徴がありますので、ぜひ参考にしてみてください。


粉末タイプのメリット

粉末タイプのスムージーは、普段は飲む時にパッケージを開けるので、それまではバッグやカバンに入れておくなど場所を取らずに持ち運びができます。また箱でまとめて購入することがほとんで、単価が非常に安く液体と比べると経済的なのも嬉しいですよね。最近ではいろんな味が発売されているので、飽きがこないのもおすすめ。


粉末タイプのデメリット

デメリットとしては「外出先で作りづらい」という点があります。パッケージ自体は持ち運びに困らないのだけど、いざ作るとなると水が必要ですよね。会社ならまだお昼休みに作れるかもしれませんが、ダイエットをしているのが周囲に気づかれてしまい気が引けます。また、液体タイプに比べて粉末タイプのスムージーはダイエットを目的にしている物が多いので、一言で美味しいと言えないような商品も多く揃えています。


スムージー選びで大切なこと

スムージー選びで大切なこと

液体タイプ&粉末タイプがわかったところで、ここからは重要な選び方についてレクチャーしていきます。スムージー選びは

  1. 素材
  2. カロリー・糖質
  3. 価格帯

の3点を確認しておくことが大切です。ここからは3つのポイントについてさらに詳しく解説していきます。


1. 素材

スムージーの素材についても様々な種類が発売されています。例えば体にむくみがある人やお通じが悪い人なら、食物繊維が豊富に含まれているスムージーがおすすめです。また、フルーツを多く取り入れているスムージーは1日のビタミンCを摂取できるので、最近ビタミン不足だと感じている人にもおすすめ。

それ以外にも、話題のスーパーフードが入っている商品もありますから、まずは自分の体にどの栄養素が足りないのかを考えてみましょう。


2. カロリー・糖質

スムージーの摂取がダイエット目的の場合は、カロリーや糖質の食品表示は気をつけて見ておきましょう。例えばスムージーを使用した置き換えダイエットでは、1食分置き換えるとしてデスクワークが中心の仕事をしている人の場合は最大でも約600kcalほどに抑える必要があります。またデスクワークをしている人を目安にすると約260gは摂取しましょう。


3. 価格帯

健康やダイエットを目的にしてスムージーを始める場合にも価格は非常に重要です。良い成分ばかりで購入したは良いけれど、ずっと続けるとなると価格で圧迫されている人が多いからです。健康にしてもダイエットにしても、続けられないと効果が現れません。ですから、続けやすい価格かどうかをしっかりとお財布と相談しましょうね。


市販で購入でできるスムージーのおすすめ15選

市販で購入できるスムージのおすすめを大公開

スムージー選びで大切なことを学んだところで、ここからはおすすめのスムージーを15商品お届けしていきます。価格だけでなく、カロリーはどうかそして素材は何を使用しているのか、味は飲みやすいのかを徹底比較していきますので、ぜひ自分に合いそうなスムージーを選んでみてくださいね。長く続けることを前提に選んでみましょう。


1. オデコマート イージースムージー グリーン

【機能性表示食品】イージースムージー グリーン

『オデコマート』の『イージースムージー』は、科学的根拠を元に機能性を表示する「機能性表示食品」に指定されています。この場合の機能性とは「体重を減らす」ことを目的にしており、成分の1つである『葛の花由来イソフラボン』が肥満気味の方の脂肪を減少させる効果があります。

天然由来の成分なので、安心安全なのがポイントです。グリーンスムージーなのでホウレンソウやケールなどの葉物野菜から、りんご果汁も入っているためすごく飲みやすいです。粉末タイプなので、1日分約6gを100mlの水で溶かして飲んでみてください。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:粉末
  • 味:フルーティー
  • 食材:ホウレンソウ、ケール、小松菜、セロリ、りんごなど
  • 内容量:180g
  • カロリー:6gあたり19.7kcal
  • 使用回数:1日あたり6g

2. カゴメ 野菜生活100 グリーンスムージー

カゴメ 野菜生活100 Smoothie グリーンスムージーミ...

トマトジュースでお馴染みの『カゴメ』から発売されている液体タイプのグリーンスムージーです。砂糖や甘味料などは無添加で、330mlあたりのカロリーは139kcalと低カロリーを実現しています。朝食代わりに摂取すれば健康的なダイエット効果をを期待できます。これ1本で、1日の野菜摂取量の約半分の野菜を取れてしまうので、野菜不足の方にもおすすめ

容器は紙パックながら、外出時でもキャップを閉められる『リキャップ容器』を採用し、持ち運びが便利ですよ。オフィスでも移動中でも栄養補給できるのでお勤めの方におすすめ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:液体
  • 味:フルーティー
  • 食材:にんじん、ピーマン、小松菜、キャベツ、りんごなど
  • 内容量:330ml
  • カロリー:1本あたり139kcal
  • 使用回数:1日1本

3. スリムアップスリム ベジフルレッドスムージー ベリーヨーグルト味

スリムアップスリム ベジフルレッドスムージー ベリーヨーグルト...

『スリムアップスリム』のスムージーはダイエットと美容に効果のある成分がたっぷりと入っていることで有名です。例えば、コラーゲンペプチド・ホエイパウダー・りんご果汁・ヨーグルトパウダー・アサイーパウダーなどです。今流行りのスーパーフードも含まれており、非常に人気があります。

合計36種類の野菜と、フルーツが入っているので栄養素もばっちり。味わいはヨーグルト味なので、とても飲みやすく1食わずか95kcalなので、食事と置き換えても、問題なく頂けます。ヨーグルト風味の一本のため、美味しく続けたいという方は選んでみてはいかがでしょうか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:粉末タイプ
  • 味:ヨーグルト
  • 食材:にんじん、りんご、オレンジなど
  • 内容量:300g
  • カロリー:1食あたり95kcal
  • 使用回数:1日1回

4. ファイン グリーンモーニングスムージー

ファイン グリーンモーニングスムージー ミックスフルーツ風味 ...

食物繊維9500mg、米麹やハトムギ、りんご、そしてパイナップル、にんじんなど合計で219種類の野菜や果物が入っております。継続して飲んで頂くことによってお通じの改善や、食物繊維が豊富なので置き換えダイエットにも最適です。

置き換えダイエットは、一時的に栄養不足状態になる人が多い中で、こちらのスムージーであれば十分な栄養を摂取できるのでおすすめです。たくさんの野菜が入っているからと言って味が定まらないということもなく、飲みやすく続けやすいミックスフルーツ味になっています。アイス or ホットでも楽しめるスムージーを選んでみてはいかがでしょうか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:粉末
  • 味:ミックスフルーツ
  • 食材:米こうじ、ハトムギ、リンゴ。パイナップルなど
  • 内容量:200g
  • カロリー:55kcal
  • 使用回数:1日1回、1日あたり10g〜20g

5. アサヒ スリムアップスリム ベジフルVitaスムージー

スリムアップスリム ベジフルVitaスムージー 300g

これまで数々のスムージーをトライしてきたけど美味しくなかったという方向けにおすすめしたいのが、『ベジフルVitaスムージー』です。どうしてもダイエット中のスムージーは単調な味が続いてしまって、長続きしないという方もいらっしゃいます。ですがこちらのスムージーはマンゴー風味に仕上がっているので非常に飲みやすいのが特徴。

また、ダイエット中に不足しがちなマルチビタミンやミネラル、アミノ酸を配合しているため、気になる方には大事な栄養素になります。35種類の野菜とフルーツがあなたのダイエットをサポートしてくれるでしょう。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:粉末
  • 味:マンゴー
  • 食材:にんじん、りんご、オレンジトマトなど
  • 内容量:300g
  • カロリー:1食あたり96kcal
  • 使用回数:1日1回

6. ユーグレナ 飲むミドリムシ

ユーグレナ 飲むミドリムシ 195g×15本

最近注目を集めているスムージーが『ユーグレナ』の『飲むミドリムシ』です。いつまでも健康的な体を手に入れたい人におすすめ。飲むミドリムシにはビタミン・ミネラル・アミノ酸・不飽和脂肪酸など数多くの栄養素が含まれていて、これ1本で野菜とお肉、なんとお魚に含まれてる栄養が摂取できます。

忙しい生活の中で、効率良く栄養を取るのは難しいですよね。そんな時こそ、ぜひ飲んで頂きたい1本です。ミドリムシと言うと不安に感じるかもしれませんが、その味わいは青臭くなくりんご、ぶどうなどフルーツが入っているので、爽やかに飲みやすいですよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:液体
  • 味:フルーティー
  • 食材:ミドリムシ、りんご、ぶどう、キウイフルーツなど
  • 内容量:195g
  • カロリー:1本99kcal
  • 使用回数:1日1本目安

7. ラシンシア ベジフルスムージーダイエット ココナッツ

ラシンシア ベジフルスムージーダイエット ココナッツ 300g

お腹で膨らむ酵素が入っているスムージーですので、置き換えダイエットには最適な『ベジフルスムージーダイエット』。具体的には、話題の3種類のオイルである「エキストラバージンココナッツオイル」、「サチャインチオイル」、「アルガンオイル」が豊富に含まれています。

例えば『エキストラバージンココナッツオイル』には体脂肪を燃焼させる中鎖脂肪酸が豊富で、抗酸化作用もあることで話題のオイルです。食物繊維も豊富なのも嬉しいですよね。また1回あたりのカロリーは、29kcalと非常に低カロリーなため、カロリーが気になる方にもおすすめのスムージーになります。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:粉末
  • 味:ココナッツ
  • 食材:ココナッツ、チアシードなど
  • 内容量:300g
  • カロリー:1回あたり29kcal
  • 使用回数:1日1回

8. ベジエ グリーン 酵素スムージー

ベジエ グリーン 酵素スムージー 200g

『ベジエ』の『グリーン酵素スムージー』は、ミキサーもシェイカーも不要で簡単に作れる気軽に飲めるスムージーです。今話題の美容成分である『プラセンタ』を含んでいます。『プラセンタ』は美肌・アンチエイジング・免疫力の向上などが期待されています。

それ以外にも水溶性食物繊維が豊富に含まれて、お通じの改善や満腹感につながると良い事づくめになります。また綺麗なお肌をつくる上で欠かせない、コラーゲンがたっぷり含まれていますので、女性にはぴったりの酵素スムージーです。グリーン酵素ですが青臭くなく、マンゴー風味なのでちょっと飲みにくいかな?と思っていた方にもおすすめのスムージーになります。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:粉末
  • 味:フルーティー
  • 食材:りんご、バナナ、ホウレンソウ、大麦若葉、ケールなど
  • 内容量:200g
  • カロリー:1回あたり58kcal
  • 使用回数:1日1回

9. イデア ブラックチェリースムージーダイエット

ブラックチェリースムージーダイエット(ダークチェリー味) ~1...

ちょっと変わったスムージーをご紹介します。その名も『ブラックチェリースムージー』です。見た目が、黒いスムージーで燃焼系なので脂肪燃焼をしたい人にはおすすめの一袋になります。

具体的には、成分に黒生姜・黒たまねぎ・黒米・黒豆など全て黒い食材で構成されています。体を燃焼するだけでなく、豊富な食物繊維で満腹感も得られるので置き換えダイエットには最適。気になる味わいですがブラックチェリー味で、飲みづらいということもありません。Amazonではベストセラーになっている実績のあるスムージーになっているため、気になる方は選んでみてはいいかがでしょうか。価格は約2,800円。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:粉末
  • 味:ブラックチェリー
  • 食材:黒生姜、黒胡椒、黒たまねぎ、黒米、黒豆など
  • 内容量:300g
  • カロリー:1杯で約78キロカロリーほど
  • 使用回数:1日2回まで

10. ハリウッドグリーンスムージー酵素ダイエット グリーンスムージー

短期集中 ダイエット 植物酵素+プラセンタ配合 -10kg成功...

粉末タイプや液体タイプのスムージーに共通して言えることは、継続しているうちに同じ味に飽きてしまうことです。『グリーンスムージー酵素ダイエット』のスムージーなら、飽きずに続けられるように6種類の味を、定期コースで毎回変更できてしまいます。

飽きやすかったり、あまり続きにくい…という方でも、飽きずにダイエットを継続できるんです。また、今話題の栄養素『プラセンタ』が配合。『プラセンタ』はダイエットだけでなくアンチエイジングの効果もあると言われているます。朝は毎日ヨーグルトを食べていると言う方は、期間限定のヨーグルト味を選んでみてはいかがでしょうか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:粉末
  • 味:ローグルト
  • 食材:記載なし
  • 内容量:200g
  • カロリー:1回あたり29kcal
  • 使用回数:1日1回

11. 伊藤園 充実野菜 グリーンスムージー

伊藤園 充実野菜 グリーンスムージー 265g×24本

日本茶で有名な「伊藤園」から発売されている『グリーンスムージー』。1本あたり1食分の野菜が含まれているので、健康を意識する人にとっては日々の生活で、不足ぎみの栄養素を効率良く取り込める一本に

また、もっともこだわりがある「朱衣」と呼ばれるにんじんは、通常のにんじんよりもβカロテンが約1.5倍も含まれており、抗酸化作用によるアンチエイジング効果も期待できます。健康思考の大人だけでなく、市販品の中でも豊富な栄養素が含まれているため、小さな子供様にも人気です。ぜひ、健康的な体を手に入れてみてはいかがでしょうか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:液体
  • 味:フルーティー
  • 食材:ケール、緑豆スプラウト、セロリ、りんごなど
  • 内容量:265g
  • カロリー:1本あたり106kcal
  • 使用回数:1日1本目安

12. グラフィコ 満腹30倍ダイエットスムージー

満腹30倍ダイエットスムージー(ブラック) 150g

『グラフィコ』から発売されている『満腹30倍ダイエットスムージー』は、チアシードのように非常に多くの満腹感を味える「バジルシード」が含まれています。このバジルシードは、いわゆるバジルの種にあたる食品で食物繊維はチアシードの1.4倍にあたります。これにより、すぐに満腹感が得られるので置き換えダイエットにも有効とされています。

その他にも、バジルシードは糖尿病患者の食事制限食としても知られています。このようにダイエットに優れている食品が配合されていることで、ダイエットを効率良く進められるのでおすすめですよ。日々のスムージーに満腹感を求められる方は選んでみてはいかがでしょうか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:粉末
  • 味:バナナ風味
  • 食材:バジルシード、黒米、黒大豆、黒ごま、黒松の実など
  • 内容量:150g
  • カロリー:1回48kcal
  • 使用回数:1日1回

13. アンファー ビューティーベジ グリーンスムージー

『アンファー』によって発売されているのが『ビューティーベジ グリーンスムージー』です。他のグリーンスムージーと異なる点は、より健康を意識し女性に嬉しい「コラーゲン」や「プラセンタ」、そして「ビタミンC」、食物繊維をたっぷりと配合しています。

もちろん毎日の生活で置き換えダイエットに使用しても良いですし、健康とダイエットの両面からお飲み頂けます。気になる配合野菜と果物は、合計で198種類にものぼります。アンファーが販売しているスムージーなだけにアンチエイジングを意識した方が多く選び、年齢関係なく老若男女誰でもおすすめですよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:粉末
  • 味:ベリー風味
  • 食材:大豆、りんご、オレンジ、くるみ、ごまなど
  • 内容量:180g
  • カロリー:1回16.4kcal
  • 使用回数:1日1回目安

14. くまもとスムージー 本格濃厚ナチュラルスムージー

くまもとスムージー(グリーン)2個+シェーカー1個付きセット(...

平成27年度熊本県優良新商品賞を受賞した『くまもとスムージー』。人口甘味料や香料、そして砂糖、着色料は一切無添加の健康に良いグリームスムージーになっています。寒暖差の激しい熊本県あさぎり町の新鮮な野菜を使用しており、栄養分が凝縮した安心・安全の素材が特徴です。

飲みやすいように、バナナやパッションフルーツを加えているので、誰でも気軽に飲めるのが嬉しいポイント。ミルクと合わせることでまとやかな口当たりになるため、粉のスムージーは飲みにくいと感じている方にもおすすめです。くまもんの可愛らしいパッケージも選ばれる要因の一つになります。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:粉末
  • 味:パッションフルーツ
  • 食材:ホウレンソウ、ごぼう、にんじん、小松菜、かぼちゃなど
  • 内容量:270g
  • カロリー:記載なし
  • 使用回数:1日1回目安

15. メタボリック エンナチュラル グリーンスムージー

エンナチュラルのおすすめのグリーンスムージ.jpg

忙しい朝に、さっとスムージーでより多くの栄養をとりたい、体の内面から綺麗になりたいと願う全ての方におすすめなのが『エンナチュラル グリーンスムージー』です。こちらのスムージーは、話題のスーパーフードである「アサイー」や、野菜とフルーツ合計20種類と酵素をバランス良く配合しています。

それだけでなく、乳酸菌や食物繊維もたっぷり含有されているため、多くの人に選ばれます。水溶性食物繊維で満腹感をサポートして、不溶性食物繊維でお通じを促すダブル食物繊維の仕組み。自然派スムージを好む方は選んでみてはいかがでしょうか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • タイプ:粉末
  • 味:フルーティー
  • 食材:大麦若葉、ケール、ブロッコリー、りんごなど
  • 内容量:170g
  • カロリー:1回48.6kcal
  • 使用回数:1日1回

毎日の生活にスムージーを取り入れてみて

毎日の生活にスムージーを取り入れてみて

みなさんここまでいかがでしたでしょうか。様々な種類が発売されているスムージー。粉末タイプや液体タイプなどに別れていますし、使用する素材もたくさんあります。まず自分がスムージーによって期待する効果はどのようなものがあるのかを詳しく考えてみましょう。

それに沿ってどんな栄養素が入っていたら良いのかをイメージしてみましょう。健康に重点をおくのか、ダイエット重視なのかそれぞれの良さを、ぜひ比較検討してみてくださいね。

【参考記事】スムージーより手軽に楽しめる野菜ジュースのおすすめについてレクチャー▽


【参考記事】野菜の中でも特に人気のトマトジュースのおすすめについてお届け▽


【参考記事】朝食にシリアルの選択肢を考えてみて▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事