4Kテレビのおすすめ特集2020。高画質な映像を楽しめる人気機種とは

代表的な液晶テレビである、4Kテレビとフルハイビジョンテレビ。どちらかが良いか、分からなく方も多いはず。そこで今回は、4Kテレビの特徴やメリット・デメリットと合わせて、4Kテレビ選びの際に大切なこと&おすすめ機種を解説します。

高画質を自宅で楽しめる、おすすめの4Kテレビを大公開

自宅で高画質な映像を楽しめる4Kテレビ

人気が高まっている4Kテレビについて解説していきます。オリンピックやサッカーワールドカップなどをより高精細に視聴できることでも話題。フルハイビジョンとの違いや、フルハイビジョン・4Kそれぞれのメリットやデメリットを解説するとともに、4Kテレビの選び方&おすすめモデルもご紹介します。自分に合うモデルをしっかりチェックしましょう。


液晶テレビのタイプは主に2種類ある。

4Kテレビのおすすめ商品を見る前に、まずは液晶テレビの種類について勉強していきましょう。液晶テレビは大きく分けて、

  • フルハイビジョン
  • 4K

の2種類存在します。フルハイビジョンと4Kは、画素数に違いがあり、満足度にも大きく関わる大切なポイントです。フルハイビジョンは2Kとも呼ばれ、現在の地上デジタル放送などほとんどの放送に対応。4K対応の放送はまだほとんどありませんが、平昌オリンピックの一部の放送や、一部ケーブルテレビやインターネットサービスなどで放送されていて、大きな画面でもきれいな画像を見られるのが特徴です。


フルハイビジョンテレビのメリット&デメリットとは

フルHDのメリット・デメリット

現在の地上デジタル放送は、フルハイビジョンで放送されています。4Kテレビでの放送が予定されているのは衛星放送で、地上デジタル放送には4K放送を行う予定はありません。 では、どのような時にフルハイビジョンにしておくメリットやデメリットがあるのでしょうか。価格や解像度など液晶テレビ選びの判断基準になる特徴をまとめてみました。


フルハイビジョンのメリットは、安い価格で購入できること。

フルハイビジョンテレビは、4Kテレビと比べて安い価格で抑えられるのが特徴です。また、小さくても43インチで場合によっては70インチや80インチにもなる4Kテレビと比べると、32インチなどの小さいものもあるので、6畳程度の小さな部屋にも置きやすいです。持ち運びも4Kテレビより楽なのでお部屋の模様替えをしやすくなります。


フルハイビジョンは、画面が大きくなれば粗さが目立つ。

フルハイビジョンテレビは、画面のサイズが大きくなればなるほど、粗さが目立ってしまうことがあります。特に60インチを超えるようなサイズのフルハイビジョンテレビの場合、粗さが目立つ場合が少なくありません。テレビを設置する部屋が広いなどの理由で、大きいテレビを設置したい時は、フルハイビジョンはあまりおすすめできません。


【参考記事】フルHDでも良いなら、32型テレビがおすすめ


4Kテレビのメリット&デメリットとは

4KとフルHDのおすすめテレビ

4Kテレビは2016年のリオデジャネイロオリンピックの頃に登場しましたが、まだまだ一般的には普及していませんでした。2019年になって、総務省が試験的に4K対応の衛星放送を始めてから、2020年の東京オリンピックを4K放送で視聴したいという声が注目されているようです。ここからは、そんな最新テクノロジー・4Kテレビのメリットやデメリットを詳しく勉強していきましょう。


4Kテレビのメリットは、とにかく画質が綺麗。

4Kテレビでは、大きな画面でも美しい映像を見られるのが大きなメリットです。フルハイビジョンテレビでは60インチを超えるような画面の場合、粗さが目立ってきれいに見えないことも。4Kテレビの場合フルハイビジョン放送であっても映像を4K対応に修正してくれる機能が付いたものがほどんどなので、きれいな映像を見ることができます。


4Kテレビは、まだまだ高い。

4Kテレビは値下がり傾向にあるとはいえ、まだまだ高額なのがデメリットです。また、2019年から始まる4K対応の衛星放送を視聴するためには専用アンテナの設置が必要なテレビがほとんどなので、かなり費用が高くついてしまいます。アンテナは5,000円~10,000円程度で購入可能ですが、フルハイビジョンでは不要ないコストがかかってしまいます。


4Kテレビ選びで大切なこと

4Kテレビ選びで大切なこと

4Kテレビは、各メーカーから多数販売されており、どれがおすすめか非常に分かりにくい状況になっています。そこでここからは、4Kテレビ選びをスムーズに行えるよう、

  1. 画面サイズで選ぶ
  2. 高機能で使いやすい機種を選ぶ
  3. 価格を抑える

の3ポイントについて解説していきます。どれも選び方で大切なポイントですので、しっかりと学んでおいてください。


4Kテレビの選び方1. 画面サイズで選ぶ

4Kテレビのサイズは、お部屋の広さに合わせた大きさにすることがおすすめです。テレビを最もきれいに見られる距離と言われているのが、4Kの場合は画面の高さの1.5倍と言われています。目安としては

  • 6畳までの部屋:〜43インチ
  • 8畳程度の部屋:55インチまで
  • 10畳以上の部屋:60インチ以上

がおすすめの大きさです。4Kテレビを選ぶときは、実際のインチ数に目を向けておきましょう。


4Kテレビの選び方2. 高機能で使いやすい機種を選ぶ

4Kテレビに限らず、テレビを購入するときはまず画面の美しさは気になるところだと思います。それ以外におすすめの機能をご紹介します。

  • スピーカーの性能
  • 画面の種類(液晶・有機EL)
  • ゲーミング機能
  • 対応しているネット配信機能
  • 録画機能

これらの機能は、購入前に見ておくべき大切なポイントになるため、必ず確認しておきましょう。特に録画機能は、テレビ視聴の満足度を上げる機能ですので、念入りにチェックしておいて。


4Kテレビの選び方3. 価格をできるだけ抑える

4Kテレビは画面サイズが大きいこともあり、特に日本のメーカーではまだまだ高額なものが多く、中には80万円を超えるものもあります。しかし最近では、中国のハイセンスや韓国のエルジー、日本の東芝やシャープなどから、サイズによっては10万円を切るモデルも発売されています。特に、東芝の4Kテレビは国内メーカー品でありながら価格も安いため、非常に人気を集めています。


【2020最新】美しい映像を!4Kテレビのおすすめ14種類を厳選

4Kテレビのおすすめ機種

4Kテレビは値下がり傾向にあり、テレビの買い替えを考えている人にもおすすめです。 2020年の東京オリンピックを4Kや8Kの放送で視聴するために、総務省によっても取り組みが進められています。そのため、国内の多くの電機メーカーでもたくさんの種類の4Kテレビを発売しています。ここからは、各メーカーのエントリーモデルとハイスペックモデルを中心に、おすすめの4Kテレビをご紹介していきます。

自身に合っている4Kテレビはどのメーカーのどのモデルなのか、各機種の性能を比較しながら見ていきましょう。


おすすめ4Kテレビ1. シャープ アクオス 4T-C40BJ1

シャープ SHARP 40V型 4K チューナー内蔵 液晶 テレビ AQUOS Android TV HDR対応 4T-C40BJ1

「一人暮らし用にテレビを買いたいけど、販売されているテレビの種類が豊富過ぎて何を買えばいいか迷ってしまう。」そんな悩みを抱いていませんか。

そんな時は大手家電メーカーであるシャープの4Kテレビなら非常に安心できます。40V型と大き過ぎないサイズで過度にスペースを取ることもないので、6畳程の部屋に一人暮らししている方でも安心してご利用できます。価格も7万円以内とコスパの良さも一人暮らしには嬉しいポイント。 また、画質も8K液晶テレビ向けに開発した高画質技術を4K液晶テレビにも使用したことで、色彩表現力が高まっているので申し分なし。

サイズ感も価格も一人暮らしに向いており、画質も良いと至れり尽くせり。商品を選びきれない一人暮らしの方にぜひ見てほしいテレビです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 本体サイズ:(幅)91.5cm× (奥行)25.3cm×(高さ)60.3cm
  • インチ数:40V型
  • 備わっている機能:デジタル3チューナー、USB端子×2、回転式スタンド
  • 画面の解像度:4K(3,840×2,160)
  • インターネット接続:LAN端子×1
  • メーカー:シャープ

おすすめ4Kテレビ2. ソニー 有機EL ブラビア 2020年モデル KJ-55A8H

ソニー 55V型 有機EL テレビ ブラビア 4Kチューナー 内蔵 Android TV KJ-55A8H (2020年モデル)

美しい映像と音を楽しめる映画館。日常のストレスから解放されてどっぷり映画の世界に浸れるけれど、映画館までわざわざ出向くのが面倒な時もありますよね。

ソニーの『KJ-55A8H』は、829万画素が自発光する有機ELパネルで深い黒から輝く光まで忠実に表現する、2020年発売したばかりの高画質高性能な4K有機ELテレビです。 「アコースティックサーフェスオーディオ」搭載で、被写体の位置に合わせ画面を振動させて音を出すため、まるでその場にいるような映像体験を楽しめます。

映画館に行くことなく、リラックスできる自宅で気軽に映画の世界を堪能したい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 本体サイズ:122.7×71.2×5.2(cm)
  • インチ数:55インチ
  • 画面の解像度:4K(3,840×2,160)
  • インターネット接続:無線LAN内蔵、LAN端子×1
  • メーカー:ソニー

おすすめ4Kテレビ3. LG 50UM7300EJA

LG 50V型 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ Alexa搭載 ドルビーアトモス 対応 TV 50UM7300EJA

生活に必要不可欠なテレビ。テレビ台に置くとなんだか生活感が出てしまい、憧れていたおしゃれなお部屋とイメージが異なってしまいますよね。

LGの『50UM7300EJA』は、自発光パネル搭載で壁掛けに最適なスリムなデザインの4K液晶テレビ。AIによる自然な会話での音声認識も可能で、様々なリクエストに応えてくれます。この機能があれば、部屋のテーブルに無造作に置かれがちなリモコンも不要ですね。

スマートなテレビを買って、あなたもSNSや雑誌で見かける生活感のないスタイリッシュなお部屋にしてみませんか。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス

  • 本体サイズ:113.0×72.2×23.1(cm)
  • インチ数:50インチ
  • 画面の解像度:4K(3,840×2,160)
  • インターネット接続:無線LAN内蔵、LAN端子×1
  • メーカー:LG

おすすめ4Kテレビ4. シャープ アクオス LC-70XG35

シャープ 55V型 液晶 テレビ AQUOS LC-55US45 4K HDR対応 低反射「N-Blackパネル」搭載  2017年モデル

アクオスの4Kテレビの中でも上位のモデルの一つ。高精細で、8Kに近い解像度で視聴可能で、綺麗な映像を思う存分楽しめます。スマートフォン(機種限定)の画面をテレビに映し出せる機能や、スマートフォン(AQUOS PHONEなど)の写真をテレビに移動させて見ることも可能です。お子様の写真などを家族で楽しめるため、一家に一台あって損なしの4Kテレビですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 本体サイズ:173.2×37.5×97.0(cm)
  • インチ数:70V型ワイド
  • 備わっている機能:デジタル3チューナー、USBメモリー用USB端子×1、USBハードディスク用USB端子×1、2画面機能、
  • 画面の解像度:4K(3,840×2,160)
  • インターネット接続:無線LAN内蔵、LAN端子×1
  • メーカー:シャープ

おすすめ4Kテレビ5. パナソニック ビエラ H-43GX500

パナソニック 43V型 4Kチューナー内蔵 液晶 テレビ VIERA TH-43GX500

パナソニックの『ビエラ』には、液晶の4Kテレビと有機4Kテレビがあります。このモデルは液晶型のスタンダードモデルで、必要最低限の機能を完備。HDMI端子が3つ付いていたり、他のメーカーと比較してUSB端子の数が多いなど外部機器との接続がしやすいモデル。

家の中の他の機器とネットワークをつなぐのにも適しているので、自宅のIT化を進めていきたい人にもおすすめの4Kテレビのエントリーモデルです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 本体サイズ:97.4×62.4×23.2(cm)
  • インチ数:43V型
  • 画面の解像度:4K(3,840×2,160)
  • メーカー:パナソニック

おすすめ4Kテレビ6. パナソニック ビエラ TH-65FZ950

パナソニック 65V型 有機EL 4K テレビ ビエラ TH-65FZ950

パナソニックの有機ELの4Kテレビで、65インチの他に受注生産型の77インチのテレビがあります。有機ELの特徴は何と言っても、その薄さ。外部接続端子が豊富なビエラの特徴はそのままに、43インチの液晶4Kタイプより少し薄くなっています。同インチ数のテレビよりも軽量なため、お部屋の中での持ち運びもしやすいのが特徴です。音響も高性能で、Wi-Fiにつないで映画や動画を楽しむのにも使える4Kテレビ。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス

  • 本体サイズ:144.9×89.8×4.6(最薄部)(cm)
  • インチ数:65V型
  • 画面の解像度:4K(3,840×2,160)
  • インターネット接続:無線LAN内蔵、LAN端子
  • メーカー:パナソニック

おすすめ4Kテレビ7. 東芝 レグザ LED液晶テレビ 4チューナー内蔵 43M530X

REGZA 東芝 43V型地上・BS・110度CSデジタル4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ 43M530X

東芝は、4Kテレビの人気メーカー。ネトフリやFuluといった動画配信サイトにも対応しており、ネット動画を見るのにも最適な一台になります。

パソコンと接続してモニターとしての使用できるので、省スペースで過ごしたい人にもおすすめの4Kテレビです。価格も10万円を切っていてとってもリーズナブルですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


おすすめ4Kテレビ8. 東芝 レグザ 65X910

東芝 65V型 4K対応 有機ELテレビ 別売HDD録画対応 REGZA 65X910

東芝のレグザは、4Kの有機ELの中で人気を集めており、主にファミリー層から支持されています。有機ELのX910シリーズは55インチ・65インチと2つのサイズが用意されているため、部屋に合わせて大きさを変えられますよ。

軽い画面を頑丈な土台でしっかり支えているので、万が一でも倒れる心配はありません。黒を美しく見せてくれる機能があり、810シリーズよりさらに美しい4K放送の視聴が可能な4Kテレビです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 本体サイズ:145.1×85.1×19.0(cm)
  • インチ数:65V型
  • 備わっている機能:地デジ9チューナー、BS- 110度CSデジタルデジタル3チューナー、4K放送対応スカパー!プレミアムサービスチューナー内蔵、USB端子×4
  • 画面の解像度:4K(3.840×2,160)
  • インターネット接続:無線LAN内蔵、LAN端子×1
  • メーカー:東芝

おすすめ4Kテレビ9. ソニー ブラビアA1シリーズ KJ-65A1

ソニー 65V型 有機EL テレビ ブラビア KJ-65A1 4K Android TV 外付けHDD録画外付けHDD裏番組録画 2017年モデル

ソニーから販売されているブラビアの有機EL版。別売りの壁掛けユニットを使用することで、壁に設置できるため、スタイリッシュさを求める方はぜひユニットも同時にお買い求めください。

独自の映像技術によってスポーツなどの素早い動きも滑らかかつ迫力満点で視聴可能です。ハンディカムなど様々な4K対応機器と組み合わせることでより多彩な使い方ができるハイテクな一品。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 本体サイズ:145.1×83.4×8.6(cm)
  • インチ数:65V型
  • 備わっている機能:デジタル2チューナー、スカパープレミアムサービスチューナー内蔵、CATVチューナー内蔵、USB端子×3、Bluetooth対応
  • 画面の解像度:4K(3,840×2,160)
  • インターネット接続:無線LAN内蔵、LAN端子×1
  • メーカー:ソニー

おすすめ4Kテレビ10. ソニー ブラビア Z9Dシリーズ KJ-75Z9D

ソニー 75V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-75Z9D 4K Android TV 外付けHDD録画外付けHDD裏番組録画 2016年モデル

同じくソニーブラビアの4Kテレビ。65インチ・75インチの他に受注生産で100インチタイプがあるので、より大きいサイズのテレビが欲しい人におすすめのモデルです。

スピーカーの数も65インチ・75インチは2つなのに対して、100インチタイプは4つとスピーカー数にも違いがあります。シアタールームがあるような方におすすめの4Kテレビです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 本体サイズ:168.4×104.7×27.8(cm)
  • インチ数:75V型
  • 備わっている機能:デジタル2チューナー、スカパープレミアムサービスチューナー内蔵、CATVチューナー内蔵、USB端子×3、Bluetooth対応
  • 画面の解像度:4K(3,840×2,160)
  • インターネット接続:無線LAN内蔵、LAN端子×1
  • メーカー:ソニー

おすすめ4Kテレビ11. 三菱 LCD-58LS3

三菱 58V型地上・BS・110度CSデジタル 4K対応レーザ...

三菱の液晶テレビの中で、唯一の4K対応モデルです。家庭用の機器との連携や複数のテレビチューナーなど、他のメーカーと同じように基本的な機能は完備。TANITAの体重計や万歩計などと連動可能なため、ご家族の健康づくりにも役立ちます。

SDカードスロットを搭載しているので、デジタル一眼レフなどで撮影したような高画質な画像をテレビの画面で楽しめますよ。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス

  • 本体サイズ:153.9×84.9×40.2(cm)
  • インチ数:58V型
  • 備わっている機能:デジタル3チューナー、USB端子×1(外付けハードディスク対応)、Bluetooth対応
  • 画面の解像度:4K(3,840×2,160)
  • インターネット接続:LAN端子×2
  • メーカー:三菱

おすすめ4Kテレビ12. エルジー 43UJ630A

LG 43V型 液晶 テレビ 43UJ630A 4K HDR対応 外付けHDD録画対応(裏番組録画) 2017年モデル

韓国の有名電機メーカーである『エルジー』の4Kテレビ。エントリーモデルで43~65インチの間の4タイプ。画面の淵がとても薄く、画面自体もとても薄く作られていてデザイン性が高いのが特徴です。

綺麗な映像はもちろん、音にもこだわったモデルなため、使うユーザーを心の底から満足させてくれますよ。大きさによっては10万円を切っているので、安い価格で4Kテレビを欲している方におすすめの機種になります。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス

  • 本体サイズ:97.7×63.1×23.5(cm)
  • インチ数:43V型
  • 備わっている機能:デジタル2チューナー、USB端子×2、WebOS搭載
  • 画面の解像度:4K(3,840×2,160)
  • インターネット接続:無線LAN内蔵、LAN端子×1
  • メーカー:エルジー

おすすめ4Kテレビ13. ハイセンス 43E6800

ハイセンス Hisense 43V型 4K 内蔵液晶テレビ NEOエンジン搭載 Works with Alexa 対応 メーカー3年保証 43E6800

中国の大手電機メーカーである『ハイセンス』の4Kテレビも大人気。ハイセンスは、2018年サッカーワールドカップのオフィシャルスポンサーになっており、映像技術に定評があるメーカーです。

エントリーモデルには43インチと50インチの2種類用意。裏録画可能でケーブルテレビにも対応しているなど、必要最低限の機能は備えています。5万円台で購入可能なため、予算を抑えて4Kテレビを購入したい方に特に人気がありますよ。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス

  • 本体サイズ:94.12×52.94(cm)
  • インチ数:43V型
  • 画面の解像度:4K(3,840×2,160)
  • メーカー:ハイセンス

おすすめ4Kテレビ14. ハイセンス 65S6E

Hisense(ハイセンス) 65V型 4Kチューナー内蔵 UHD液晶テレビ [Amazon Prime Video対応] 65S6E

中国メーカーである『ハイセンス』の上位モデルで、サイズは55インチと65インチの2つ。スポーツモードがあるため、オリンピックやワールドカップなど、大画面で迫力を感じながらスポーツ観戦をしたい人におすすめの4Kテレビです。

『CATV パススルー方式』でケーブルテレビの視聴も可能。HDMI接続することで、パソコンに接続できます。多用途で使えるので、ファミリー向けにおすすめの4Kテレビですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 本体サイズ:144.6×83.3×7.6(cm)
  • インチ数:65V型
  • 画面の解像度:4K(3,840×2,160)
  • インターネット接続:Wi-Fi対応
  • メーカー:ハイセンス


ゲームにおすすめの4Kテレビって?

最近では、「Nintendo Switch」や「PlayStation4」など、テレビやモニターを使ったゲームが人気を集めており、それらの需要と共に4Kテレビ・4Kモニターを購入する人も増えているそう。

近年販売されているテレビゲームのリアリティは一昔前とは比べものにならないほど進化しているため、フルHDと4Kの差だけで満足度は大きく異なります。今回は、テレビゲームをする方におすすめの4Kテレビを3つご紹介します。ゲームもテレビも楽しみたい方は、4Kモニターではなく、4Kテレビを購入しましょう!


ゲームにおすすめの4Kテレビ1. ソニー KJ-43X8000H

ソニー 43V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)Android TV 機能搭載BRAVIA KJ-43X8000G

鮮やかな色を再現してくれるソニー独自の機能『トリルミナスディスプレイ』を搭載した、4Kテレビ。現在人気を集めている、「モンスターハンターワールド」や「メタルギアソリッドV」などのソフトは、細かな色描写を極めたソフトは、色の再現力が満足度に繋がるため、まさにソニーの4Kテレビはゲームにうってつけです。

価格は、9万前後と決して安くはありませんが、高画質なゲーム・テレビも楽しめることを考えたらコスパは良い商品だと言えるでしょう。

Amazonで詳細を見る


ゲームにおすすめの4Kテレビ2. ソニー 55X8550H 2020年モデル

ソニー 55V型 液晶 テレビ ブラビア 4Kチューナー 内蔵 Android TV KJ-55X8550H (2020年モデル)

ソニーから2020年発売の新型モデル。ソニー独自の高画質技術に加え、圧倒的な臨場感を演出してくれる「ドルビーアトモス」技術を採用しています。まさにゲーム好きのための4Kテレビです。

価格は15万を超えるため、ゲームだけに使う予定の方にはおすすめできませんが、音楽番組や映画も嗜む方は、買っておいて損しない商品ですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


ゲームにおすすめの4Kテレビ3. マクスゼン JU43SK03

maxzen JU43SK03 03シリーズ 43V型 4K対応 液晶テレビ 地上・BS・110度CS 外付けHDD録画機能対応 裏番組録画機能搭載 ダブルチューナー メーカー1000日保証

マクスゼンから販売されている安い価格が魅力的な4Kテレビ。LED直下型バックライトを採用しているため、色ムラが少なく高画質な映像を楽しめます。ゲームをしながらでも録画できる『ながら録画』にも対応。

ゲーム・テレビどちらも好きな方におすすめの4K商品ですよ。HDMI端子も4つ搭載しているため、ゲームと繋げっぱなしでもブルーレイプレーヤーやHDDレコーダーも使用できます。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


【2020】4Kテレビのおすすめメーカー特集

そもそも、4Kテレビの人気メーカーってどこなのか。ここからは、4Kテレビのおすすめメーカーを7社ご紹介します。人気メーカーから自分にあった最高の一台を手に入れましょう。


おすすめメーカー1. パナソニック(VIERA)

パナソニック 49V型 液晶テレビ ビエラ TH-49EX600 4K USB HDD録画対応 2017年モデル

パナソニックのVIERAシリーズといえば、今や日本トップクラスの人気を誇ります。小型であれば10インチから、大型のテレビになると85インチまで幅広い大きさのモデルを販売しています。

最近では、マイチャンネルなど細かな機能を搭載したテレビも多く、使い勝手の良さが、一人暮らしから子連れ家族まで幅広い人々に支持されていますよ。

パナソニックのテレビを購入する


おすすめメーカー2. ソニー(BRAVIA)

ソニー 55V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-55X8500E 4K Android TV 外付けHDD録画外付けHDD裏番組録画 2017年モデル

多くの人々から人気を集めるテレビメーカー、ソニー。高画質・AndroidTV機能・高音質の3つを搭載した4Kテレビは、番組はもちろん、ゲームや映画鑑賞に最適です。テレビサイズも小型から大型まで豊富に取り揃えているため、貴方にぴったりの一台が見つかること間違いなし。

2018年6月より販売される最新機種『有機EL4Kテレビ』は、黒から白まで全てのカラーを色鮮やかに見せてくれる最高品質の映像を届けてくれますよ。

ソニーのテレビを購入する


おすすめメーカー3. 東芝(REGZA)

東芝 43V型 液晶 テレビ 43C310X 4K レグザエンジンBeauty レグザパワーオーディオシステム 地デジビューティ 2017年モデル

高品質な映像に定評のある東芝『REGZA』シリーズ。24V型から65V型までとパナソニック・ソニーと比べるとサイズラインナップは少なめですが、その分選びやすいのが魅力的なポイント。

3Dメガネが無くても3D映像を楽しめる裸眼3D機能など、最先端の技術力を駆使した4Kテレビは、どれも満足すること間違いなし。テレビ購入を考えている方は見ておくべきメーカーですよ。

東芝のテレビを購入する


おすすめメーカー4. シャープ(AQUOS)

シャープ 50V型 液晶 テレビ AQUOS LC-50U45 4K HDR対応 低反射パネル搭載 2017年モデル

薄型テレビNo.1のシェアを誇る人気メーカー『シャープ』。最近、台湾の企業に買収されたことが話題となりましたが、薄型テレビの大人気メーカーとしての立ち位置は変わっていません。

世界トップクラスの液晶技術に加え、高音質を約束するハイレゾスピーカー対応など満足度を上げる機能が揃っています。「迷ったらシャープを見ておけ!」と言えるほど安定感のあるメーカーです。

シャープのテレビを購入する


おすすめメーカー5. 三菱(REAL)

三菱電機 58V型 4K 液晶テレビ HDD 2TB 搭載 REAL LCD-58LS1

柔らかくも力強い音質が人気を集めている三菱『REAL』シリーズ。録画機能に特化した商品が多く、1TBの録画容量を持ったテレビも販売されています。パナソニックやシャープ、ソニーと比べると4Kテレビの数は少なくラインナップも少なめですが、4Kテレビとしての質は引けを取りません。

REALシリーズは、4Kテレビ以上にフルHDテレビが安い価格で販売されているため、「4Kテレビは少し高い。」という方は見ておいて良いかも。

三菱のテレビを購入する


おすすめメーカー6. LG エレクトロニクス

LG 65V型 有機EL テレビ OLED65B7P 4K HDR対応 外付けHDD録画対応(裏番組録画)

日本でも多くの家庭で使われるようになった『LG エレクトロニクス』の4Kテレビ。安い価格でありながら、圧倒的な高画質を実現した機種が多いため、一人暮らしの方からも人気を集めています。

最近では、有機ELテレビも販売されており、他メーカーから乗り換えている人も増えているそう。画質と価格でコスパの良さを追い求める方は、エルジーの4Kテレビをチョイスしましょう。

LGのテレビを購入する


おすすめメーカー7. ハイセンス

ハイセンス 65V型 液晶 テレビ HJ65N8000 4K 4K ULED TV Ultra Color 2017年モデル

ネット通販で人気の高い中国のメーカー『ハイセンス』。とにかく安い価格が魅力のテレビメーカーで、日本メーカーと比べると半額ほどの金額で購入できます。画質も悪くはなく、金額以上の働きを担ってくれますよ。

画質・音質を重視する方にとっては、少し物足りない印象はありますが、価格面で見るとコスパは最強と言えるメーカーです。

ハイセンスのテレビを購入する


4Kテレビで毎日を充実させよう!

4Kテレビの前に立つ大人3人

オリンピックやサッカーワールドカップなどで、2020年も注目度が急上昇している4Kテレビ。発売当初と比べても値下がり傾向にありますが、メーカーや画面の大きさによっては数十万円するものも多いため、どのようなもを購入するのか、しっかりと吟味することが必要です。自身の使い方やライフスタイルと照らし合わせて、必要な機能はどういう機能なのかをしっかりと見極めた上で、自分に合った4Kテレビを選びましょう。


【参考記事】テレビの売れ筋ランキング&人気モデルを徹底解説▽


【参考記事】ゲームに使うなら、テレビよりもモニターディスプレイがおすすめ


【参考記事】一人暮らしにおすすめのテレビを徹底解説▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ