【マンション&戸建て】無線LANルーターのおすすめ12選。高速Wi-Fi特集

インターネット回線では定番の無線LANルーター。配線無しでPC操作が可能なため、自宅でとても便利。今回は無線LANルーターの基礎知識から失敗しないための選び方、おすすめ機種まで徹底解説。マンション・戸建て問わず使える人気商品でWi-Fi環境を充実させましょう!

【2020年版】おすすめの無線LANルーターを大公開!

おすすめの無線LANルーター

一人暮らしや引っ越し時に必要なのが、無線LANルーターです。部屋の広さ、戸建てやマンション、ファミリー利用かどうかによっても、おすすめモデルはさまざま。ゲーム好きな方には速度の出るモデルが最適です。

今回は「予算があまりない…」という方にもおすすめの安くても速度の出る人気無線LANルーターを紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。


無線LANルーターとは?

家電量販店やインターネット回線を契約したりする時に耳にする「無線LANルーター」。しかしその意味を理解せずに使っている方も多く、「いまさら聞けない!」なんて方もいるのではないでしょうか。

無線LANルーターとはいわゆる「Wi-Fi(ワイファイ)」のことで、無線LANの接続範囲内で無線でインターネットが利用できる機械を指します。つまりマンションやアパート、一軒家であれば部屋中どこにいてもケーブルを必要とせずにネットが使えるようになるということです。

無線LANルーターでWi-Fi通信をする場合は、光回線やADSL回線といったインターネット回線を契約している必要があります


無線LANルーター選びで大切なこと

無線LANルーターの正しい選び方とは

無線LANルーターは難しい分野だからこそしっかり学習してから商品を購入したいところ。そこで無線LANルーターを選ぶ時に絶対押さえておくべきポイントを6点お伝えします。一つずつ確認してご自宅に最適な無線環境を整えましょう。

  1. 使用する人数
  2. マンション or 戸建て
  3. 設置場所(大きさ)
  4. 部屋の広さや部屋の数
  5. アンテナの本数
  6. 周波数帯

無線LANルーターの選び方1. 使用する人数

無線LANルーターを購入する際は、特にファミリー用途で重視したいのが”接続可能台数”です。お子さんなどが同時にネットを楽しむ時に、何台まで端末をネットに繋げるかという問題です。

接続可能台数が多いモデルを選んで置けば、お友達を呼んでネットゲームで対戦なども卒なくこなせますが、接続数が多くなってしまうと無線LANルーターからはみ出る人も。高いモデルでなくとも、接続台数が多い機種はあるため、予め人数を確認しておきましょう。


無線LANルーターの選び方2. マンション or 戸建て

設置する環境がマンションか戸建てかによって、無線LANルーター選びも変わってきます。高いモデルでは複数のアンテナを搭載した無線LANルーターがあり、そのモデルは一般的な機種よりも遠くまで確実に電波を届けられます。マンションなら5Ghz帯対応モデル、戸建ては2.4Ghz帯対応モデルを選ぶと効率よく電波を使用できるでしょう。


無線LANルーターの選び方3. 設置場所(大きさ)

無線LANルーターを設置するスペースによって、サイズを意識して購入すると良いでしょう。縦置き型、横置き型などがありますが、よりコンパクトなモデルもあります

テレビの下など目立たない場所に設置できる大きさのモデルを選べば、見た目にも大変スマートですね。購入時に寸法をよく確認し、必要であれば定規などで測定しましょう。


無線LANルーターの選び方4. 部屋の広さや部屋の数(推奨設置環境)

部屋の広さや部屋の数は無線LANルーター選びで重要なポイントです。推奨設置環境として、3LDK、1LDKなどと記載されていることが多いため、部屋の広さにあったモデルを選びましょう。

おすすめは実際に設置する環境よりも、少し広く電波を届けられるモデルです。電波強度を強くしたモデルもありますので、独自の機能にも注目です。部屋の広さや部屋の数は、モデルの対応畳数を見ておくとある程度無理なく使えます。

本記事では紹介している商品ごとにおすすめの設定環境を記載していますので、合わせて確認してくださいね。


無線LANルーターの選び方5. アンテナの本数

アンテナレスのモデルもありますが、より強く電波を届けたいのならアンテナ付きの無線LANルーターを選びましょう

無線LANルーターに搭載されたアンテナの本数が多ければ、接続が安定し、速度低下のリスクを減らす事ができます。お仕事での使用やオンラインゲームを楽しむ場合には、特に意識したいポイントですね。


無線LANルーターの選び方6. 周波数帯

無線LANルーター選びで気になるのが、2.4Ghzと5Ghzへの対応です。現在では多くのモデルで両方の通信規格が使えますが、安いモデルでは2.4Ghz帯のみ対応ということも。

この電波帯域で無線LANルーターの速度が、PC環境に大きく影響を与えるため、しっかりと確認してきましょう。


2.4Ghzがおすすめな人

2.4Ghz帯対応の無線LANルーターは、複数の部屋でネットを利用したい場合におすすめ。遠くまで電波が届くことで、家中でネットを楽しめますので一軒家は2.4Ghz帯を選びましょう。

またYoutubeやネットサーフィンなどライトなユーザーにもおすすめなため、取り敢えずネット環境を整えたいという方は、まず2.4Ghz対応の無線LANルーターを購入しましょう。

反対に電波干渉により速度低下の可能性があるため、無線タイプのマウスやキーボードを使っているなら、2.4Ghz帯は避けた方が無難です。場合によってはネット速度が遅くなる場合があります。


5Ghzがおすすめな人

無線LANルーターに5Ghz帯対応と記載があれば、ネットゲームや動画視聴などに向いているモデルです。2.4Ghz帯でみられる混線が少ないので、高速かつネット環境が安定しやすい特徴があります。仕事用は5Ghzで接続、その他端末は2.4Ghz帯で接続という使い分けをすると、5Ghz帯のメリットを感じられるでしょう。

ただし無線LANルーターを設置する環境が、壁が多いなど干渉物ばかりという場合には速度低下が懸念されます。基本的には干渉物がないマンションやアパートのリビングでの利用が最適となります。


【マンション&戸建て】動画もゲームもスピーディー!無線LANルーターのおすすめ12選

【2018最新】おすすめの無線LANルーター

詳しい選び方について確認した後は、無線LANルーターのおすすめを15モデルご紹介します。部屋のサイズ(利用環境)や同時接続数、各帯域での通信速度(理論値)や重量などの情報も併記していますので、参考にしてくださいね。一人暮らしやマンション、ファミリー向けなど用途は様々ですので、あなたのニーズと照らし合わせてじっくり選びましょう。


おすすめ無線LANルーター1. BUFFALO WSR-1166DHPL2/N

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WSR-1166DHPL2/N 11ac ac1200 866+300Mbps IPv6対応 デュアルバンド 3LDK 2階建向け 簡易パッケージ テレワーク 日本メーカー 【iPhone11/iPhone11 Pro/iPhone11 ProMax メーカー動作確認済み】

2階建て(戸建て)・3LDK(マンション、アパート)におすすめ

バッファローから2020年発売のリーズナブル一台。

少スペースでシンプルなルックスのおすすめ無線LANルーターです。ビームフォーミング機能により、部屋中で移動しながらでもスマホの高速通信が可能のも魅力ですね。また、従来は面倒な操作が必要だったファームウェアのアップデートも、本体が自動で行ってくれます。AOSS対応、QRコードでの簡単なセットアップもでき、初心者にもおすすめですね。

BUFFALOのサポートは、メール、チャット、LINEでも対応してくれますので、忙しい方こそ選んでいただきたいモデルです。安心のサポートと簡単セットアップが魅力ですね。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 同時接続数:9
  • 通信速度(5GHz):866Mbps
  • 通信速度(2.4Ghz):300Mbps
  • サイズ:5.5cmx15.9cx13cm
  • 重量:約241g
  • AOSS搭載有無:有り
  • メーカー:バッファロー

おすすめ無線LANルーター2. BUFFALO WSR-A2533DHP3-BK

【Amazon.co.jp 限定】BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WSR-A2533DHP3-BK 11ac ac2600 1733+800Mbps デュアルバンド IPv6対応 日本メーカー 4LDK 3階建向け 【iPhoneXS/XS Max/iPhone 11/11 Pro/11 ProMax メーカー動作確認済み】

3階建向け(戸建て)・4LDK(マンション・アパート)におすすめ

「家が広く、家族が多いせいか、場所や時間によって電波の強さが全然違う気がする。」せっかく光通信を契約しているなら、家にいる時くらいどんな時でも、インターネットや動画再生など止まることなく楽しみたいですよね。

BUFFALOの無線ルーターは端末との距離や障害物など、その時に1番繋がりやすい電波を選んで接続してくれるので、家の端っこにいてもサクサクネット接続ができます。 また、複数端末接続しても速い通信を楽しめる「MU-MIMO」という機能があり、家族みんなでWi-Fiを使ってもネットや動画が止まることなく通信可能。

接続台数が多くみんなのストレスが溜まる心配もなく、家のどこにいても高速通信を楽しめるので、家のネットを安定して速いものにしたい人におすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス

  • 同時接続数:18
  • 通信速度(5GHz):1733Mps
  • 通信速度(2.4Ghz):800Mps
  • サイズ:37.5x160x160mm
  • 重量:382g
  • AOSS搭載有無:◯
  • メーカー:BUFFALO

おすすめ無線LANルーター3. I-O DATA WN-DX1167R/E

I-O DATA WiFi 無線LAN ルーター ac1200 867+300Mbps IPv6対応 デュアルバンド 3階建/4LDK向け チャコールグレー 標準モデル WN-DX1167R/E

3階建て(戸建て)・4LDK(マンション、アパート)におすすめ

家族で快適にWi-Fiを利用したいと思っている人はいませんか。 『I-O DATA WN-DX1167R/E』は「360コネクト」技術を搭載しており、360度満遍なく電波を飛ばしてくれるので、3階建てのご家庭や広い家のご家庭でも快適にWi-Fiを利用できますよ。また「MU-MIMO」対応で、同時に2台まで速度を落とさずに安定した通信が可能。

価格も4,000円以下とコスパも良く、どんな家でもしっかり電波を届けてくれるので 、ファミリー向けで無線LANルーターを探していた人はぜひ検討してみて。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 同時接続数:16
  • 通信速度(5GHz):867Mbps
  • 通信速度(2.4Ghz):300Mbps
  • サイズ:150(W)×87(D)×150(H)mm
  • 重量:約250g
  • AOSS搭載有無:無し
  • メーカー:I-O DATA

おすすめ無線LANルーター4. I-O DATA WN-DX2033GR/E

I-O DATA WiFi 無線LAN ルーター ac2000 1733+300Mbps IPv6 デュアルバンド 3階建/4LDK/返金保証 WN-DX2033GR/E

3階建て(戸建て)・4LDK(マンション、アパート)におすすめ

『I-O DATA WN-DX2033GR/E』は、上記でご紹介したモデル『WN-DX1167R/E』をさらにハイスペックにした無線LANルーター。 話題の次世代通信方式IPv6(IPoE)に対応し、1733Mbpsの高速通信が可能なので、動画サービスで映画を楽しんだり、スマホアプリをサクサク楽しむことができます。

同じく「MU-MIMO」対応しており、こちらではさらに同時に4台まで速度を落とさずに安定した通信が可能なので、先程のモデルでは不安な人はこちらがおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 同時接続数:24台
  • 通信速度(5GHz):1733Mbps
  • 通信速度(2.4Ghz):300Mbps
  • サイズ:180(W)×120(D)×186(H)mm
  • 重量:約410g
  • メーカー:I-O DATA

おすすめ無線LANルーター5. TP-LINK Archer A10

TP-Link Wi-Fi 無線LAN ルーター 11ac AC2600 1733 + 800 Mbps MU-MIMO IPv6 デュアルバンド ギガビット Archer A10 3年保証

たくさんの人が評価していて「これなら間違いない」そう思えるような無線LANルーターを探しているなら『TP-LINK Archer A10』がおすすめ。

TP-LinkはWi-Fi機器8年連続世界シェアNo.1を達成している世界的ブランド。 本製品はAmazonでも高い評価を受けており、「安定性が素晴らしい」「この金額とスペックは申し分ない」「嘘のように快適になりました」など多くのユーザーから絶賛の声が寄せられています。

業界最高基準の3年保証もついているので、評判の無線LANルーターを探している人に手にとっていただきたい商品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 通信速度(5GHz):1733Mbps
  • 通信速度(2.4Ghz):800Mbps
  • AOSS搭載有無:無し
  • メーカー:TP-LINK

おすすめ無線LANルーター6. エレコム WRC-1167GHBK-S

エレコム WiFi ルーター 無線LAN 11ac 867+300Mbps ビームフォーミング対応 接続推奨12台 全ポートギガ対応 WRC-1167GHBK-S

2階建て(戸建て)・3LDK(マンション、アパート)におすすめ

接続や設定などに詳しくなくセッティングができるか心配という人も多いはず。

『エレコム WRC-1167GHBK-S』は簡単な設定方法を採用しているので、CD-ROMやアプリを使わず、簡単に誰でも接続ができる無線LANルーターです。接続先端末のWPSボタンを押し、ルーター側のWPSボタンを押すだけで接続できますよ。

もし何か困ったことが起きても、webで解決できるサポートや年中無休サポートダイヤルなどのサポートも整っているので安心して購入できますよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 同時接続数:12
  • 通信速度(5GHz):867Mbps
  • 通信速度(2.4Ghz):300Mbps
  • サイズ:130.0×26.0×182.5mm
  • 重量:230g
  • AOSS搭載有無:無し
  • メーカー:エレコム

おすすめ無線LANルーター7. エレコム WRC-2533GSTA

エレコム WiFi ルーター 無線LAN 11ac 1733+800Mbps トレンドマイクロセキュリティ DXアンテナ監修内蔵アンテナ搭載 WRC-2533GSTA

3階建て(戸建て)・4LDK(マンション、アパート)におすすめ

「在宅ワークが増えたのでセキュリティが心配。」速度だけでなく、セキュリティもしっかりしている無線LANルーターを探していませんか。

『エレコム WRC-2533GSTA』は、トレンドマイクロ社のセキュリティ技術を搭載したことにより、無線LANルーターからセキュリティが強化できます。悪質サイトのブロック機能や、脆弱性攻撃に対する防御や、C&Cサーバへの接続をもブロックしてくれるので安心。

セキュリティを強化できる無線LANルーターなら、データやお使いのPCをより安全な状態で使用できるので、安心を求める人には特におすすめですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 同時接続数:18台
  • 通信速度(5GHz):1733Mbps
  • 通信速度(2.4Ghz):800Mbps
  • サイズ:36.5 x 14.1 x 16 cm
  • 重量:798
  • AOSS搭載有無:無し
  • メーカー:エレコム

おすすめ無線LANルーター8. NEC PA-WG1900HP

NEC 11ac対応 1300+600Mbps 無線LANルータ(親機単体) PA-WG1900HP

3階建て(戸建て)・4LDK(マンション、アパート)におすすめ

先程のモデル『PA-WG1200HS』と比べて、速度も速い無線LANルーターです。2.4Ghz帯は約2倍の速度なため、予算に余裕のある方は、こちらのモデルをおすすめしたいですね。壁掛け、横置きにも対応しており、設置環境を選びません。LANケーブルも付属していますので、届いてすぐにネットを開始できます。

また、スマホから専用アプリ(Atermスマートリモコン)を使用し、各種設定が可能なのも嬉しいですね。接続許可/制限する端末を表示する『見えて安心ネット』は、お子様のネット利用、情報教育に役立ちます。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 同時接続数:10台
  • 通信速度(5GHz):1,300Mbps
  • 通信速度(2.4Ghz):600Mbps
  • サイズ:24.2cmx22.1cmx5.4cm
  • 重量:699g
  • メーカー:NEC

おすすめ無線LANルーター9. BUFFALO WMR-433W-TB

BUFFALO 無線LAN親機 エアステーション 11ac/n/a/g/b 433/150Mbps ターコイズブルー WMR-433W-TB

持ち運びにおすすめ

一人暮らしや、おしゃれな無線LANルーターをお探しのあなたにおすすめのモデルです。ターコイズブルー、アッシュシルバー、パッションレッドなどのカラー展開は全部で8色。ケーブル付きモデルも販売されており、見た目にこだわりつつも、予算を抑えたい方にぜひ購入していただきたいですね。

ちょっとしたネットでの調べ物程度なら、5Ghzと2.4Ghzに対応しますので困ることはないでしょう。公衆無線LANの中継機としても使え、セキュリティーを手軽に強化したい時にもおすすめ。『QRsetup機能』もあり、専用のアプリをダウンロードすることで、誰でも簡単に設定が完了します。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 同時接続数:記載なし
  • 通信速度(5GHz):433Mbps
  • 通信速度(2.4Ghz):150Mbps
  • サイズ:4.5cm×4.5cm×1.5cm
  • 重量:約19g
  • AOSS搭載有無:無し
  • メーカー:バッファロー

おすすめ無線LANルーター10. エレコム WRC-1167FSA

エレコム WiFi 無線LAN ルーター 11ac ac1200 867+300Mbps 2階建/2LDK コンパクトサイズ デュアルバンド WRC-1167FSA

2階建て(戸建て)・2LDK(マンション、アパート)におすすめ

手のひらサイズのかわいらしい無線LANルーターです。「これまでのルーターは大きくて邪魔だった。」という方でも、コンパクトなこのモデルなら、きっと満足できるはず。頻繁に友人を呼ぶご家庭でも『ゲスト機能』がありますので、おすすめできるモデルですね。

エレコムでは電話、Web、訪問の3つのサポートを用意していますので、もし接続ができない場合でも安心。価格もお手頃ですし、『ビームフォーミング』機能を搭載し、隅々まで電波が届きますで頼もしいですね。6台まで接続できる点も魅力ですし、戸建てでは2階建てまで対応しています。

Amazonで詳細を見る


商品のステータス

  • 同時接続数:6
  • 通信速度(5GHz):867Mbps
  • 通信速度(2.4Ghz):300Mbps
  • サイズ:約11.cm×約32cm×約11cm
  • 重量:150g
  • メーカー:エレコム

おすすめ無線LANルーター11. エレコム WRC-F300NF

エレコム WiFi ルーター 無線LAN WRC-F300NF 11n 300Mbps 1LDK1階建向け 接続推奨3台

1階建て(戸建て)・1LDK(マンション、アパート)におすすめ

同時接続台数は少なくて良いという方に、おすすめの無線LANルーターです。3台までの接続になり、2.4Ghzのみの対応ですが、その分価格も抑えてありますので、一人暮らしにぴったりですね。有線での接続をしたい方(ゲーム機、お仕事用のネット環境など)には、有線LANポート4つ搭載という点が嬉しいです。

サポートダイヤルも年中無休、10時から19時まで開設されているため、設定が苦手な方にもおすすめ。『えれさぽ』という設定ポータルサイトがありますので、PC操作に抵抗がない方はご自分で設定にチャレンジしてみましょう。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • 同時接続数:3
  • 通信速度(5GHz):記載なし
  • 通信速度(2.4Ghz):800Mbps
  • サイズ:10.7cm7.2cm×2.5cm
  • 重量: 約86g
  • AOSS搭載有無:無し
  • メーカー:エレコム

おすすめ無線LANルーター12.【Amazon.co.jp限定】NETGEAR R6120-100JPS

NETGEAR WiFi 無線LAN ルーター AC1200 ワンルーム~1DK/1人暮らし用 接続台数12台 デュアルバンド R6120-100JPS (Fire TV Stick動作確認済み)

1〜2人暮らしにおすすめ

アメリカ生まれの人気メーカー『NETGEAR』の無線LANルーターです。ゲーム好きな方、男性は好きなデザインかもしれませんね。横幅18.5cmのコンパクトサイズで、壁掛けもでき、設置度が自由なモデルです。デュアルバンド対応で、5Ghzは867Mbpsまで速度がでますので、高速通信が可能。

NETGEARで販売されているこのモデルで、最も嬉しいのは『3年保証』サポート。保証が充実しているため、安心して長期間使用できます。また、『ゲストネットワーク』にも対応しているので、友人が集まってパーティーをするという場合にも向いている無線LANルーターですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品のステータス

  • おすすめ利用環境:記載なし
  • 同時接続数:12
  • 通信速度(5GHz):867Mbps
  • 通信速度(2.4Ghz):300Mbps
  • サイズ:18.5cmx13.7cmx4.6cm
  • 重量:249g
  • AOSS搭載有無:無し
  • メーカー:ネットギア

無線LANルーターのおすすめメーカーを3社ご紹介します!

無線LANのおすすめメーカーを紹介.jpg

おすすめの無線LANルーターを15モデルご紹介した所で、メーカーについてみていきますね。今回は3メーカーを取り上げていきますので、最終的な機種選定の参考にしてください。各メーカーの特徴、価格帯、おすすめのユーザー層などにも丁寧に触れていきます。貴方の無線LANルーター選びの参考になりますように。


おすすめメーカー1. バッファロー

WAVLINK 無線LAN中継機技適認定済みワイヤレスWi-Fi  AP /リピータ/Wi-Fi ルータ 11n/g/b 300Mbps  外部アンテナ付き コンセント直挿型 黒

安い価格帯から、高価格の無線LANルーターを販売しているメーカーです。この記事でも紹介した『WMR-433W』シリーズのように1,000円台のモデルから、1万円オーバーのモデルまでがラインナップされており、メーカーのサポートも充実。

スマホを使って簡単に設定ができる『AOSS』機能、『ビームフォーミング』機能などがおすすめのメーカーで、ファミリー向けにおすすめですね。

Amazonで詳細を見る


おすすめメーカー2. NEC

NEC Aterm WG1200HS 11ac/n/a(5GHz帯)&11n/g/b(2.4GHz帯) 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) 同時利用タイプ 867+300Mbps PA-WG1200HS

無線LANルーターの『Atermシリーズ』は長年続く製品群で、専用サイトも充実しているため、初めての購入でも安心です。微妙に仕様が異なるモデルを揃えることで、予算に限りがある方でも手に取りやすい製品展開をしているのも特徴。

ファームウェアの更新も頻繁に行われており、古い製品でもサポートを受けることができます。お仕事での利用もしたい方や、古くから同シリーズのユーザーだった方におすすめですね。

Amazonで詳細を見る


おすすめメーカー3. ELECOM

エレコム WiFi ルーター 無線LAN 11ac 867+300Mbps ビームフォーミング対応 接続推奨12台 全ポートギガ対応 WRC-1167GHBK-S

キーボードやマウスを販売するメーカーとしても知られる、『ELECOM』の無線LANルーターです。製品お設定方法を解説した『えれさぽ』ページでは接続先機器や製品から、設定方法を確認できて大変便利。

Wi-Fi接続についてやひかりテレビとの接続、スマホなど端末との接続に必要なSSIDの確認方法が探せます。設定は自分でやりたいという方、ある程度知識がある方にもおすすめのメーカーですね。

Amazonで詳細を見る




無線LANルーターの疑問点を解決!

無線LANルーター(Wi-Fi)の疑問を解決

ここからは無線LANルーターのよくある質問をQ&A形式で解説していきます。一人暮らしや引っ越しなどで初めて無線LANルーターを購入する方は、ぜひ知っておいて欲しいポイントになります。購入後に「どうしたら良いの?」とならないように予めチェックしておきましょう。


Q1. 部屋を移動したら通信速度が遅くなったけどどうしたら良いの?

無線LANルーターとパソコンやタブレットなどWi-Fiに接続している機器が離れると、通信が不安定になることがあります。たとえば電波を発する機械を近くで使用していたりすると、電波干渉を受けてスピードが落ちる可能性があります。また接続機器との障害物が多いと、Wi-Fi電波が受信しにくいなどの問題が発生します。

もし通信速度が落ちた場合は、無線LANルーターの配置場所を移動したり、使用する接続機器を無線LANルーターの近くで使用するといった対策を取りましょう。


Q2. 無線LANルーターの設置場所はどこが良い?

Q1で解説した通り無線LANルーターと接続機器との間に障害物があると、接続が不安定になります。そのため約1〜2mのなるべく部屋の高い位置に設置するのがおすすめです。高い場所に置けない場合は、普段パソコンやスマホを利用する場所の近くが良いです。

ただし電子レンジやお風呂場の近くは電波干渉が発生して接続が遅くなるため、これらの場所に置くのは控えましょう。


Q3. インターネットがよく途切れる場合は何が原因?

無線LANルーターを使用していると「通信がよく途切れるようになった」というケースが発生します。その場合は無線LANルーターの寿命や不具合などの可能性が考えられます

まずは再起動を繰り返して接続できるか試してみましょう。それでも利用できない場合は故障の可能性を考慮して、保証期間内であればサポートに連絡、保証期間外であれば買い替えをおすすめします。


Q4. 無線LANルーターの寿命はどのくらい?

商品の性能によりますが、およそ4〜5年程度です。利用していると劣化してくるので、「通信速度が遅くなった」「Wi-Fi接続できなくなった」といった場合には買い替えを検討してみましょう。


Q5. 無線LANルーターが使えなくなったけど修理期間ってどのくらい?

無線LANルーターの修理期間はおよそ4日以上になります。当然その期間内はパソコンやスマホがWi-Fi接続できなくなります。

仕事などパソコンで緊急でインターネットに接続しなければならない場合は、無線LANルーターを買い換えるか、インターネット契約を行っているスマホとペアリングするか、カフェなど無料のWi-Fiスポットで利用するなどの方法を取りましょう。


Q6. 元々ネット通信ができるスマホに無線LANで接続するメリットはあるの?

無線LANで接続しておけば、スマホのパケット通信料がかかりません。また高速回線で有名な光回線などと契約していれば、通常スマホで利用する通信速度より速く接続することができます。


この機会にマンション・戸建てに最適な無線LANルーターを手に入れてみて

無線LANルーターのおすすめ機種とは

無線LANルーターのおすすめモデル、メーカーの紹介、いかがでしたか。予算や見た目から選ぶのも良いですし、機能や接続可能台数、お家の広さから最適なモデルを探すのも良いでしょう。

安価なモデルでも5Ghzと2.4Ghzの両方使えることもありますので、しっかり確認してください。設定が不安という方は、年中無休のサポートがあるメーカーを選ぶと良いでしょう。長期間使用したいという場合は、長期保証があるメーカーが選択肢になりますね。

【参考記事】無線LAN子機の選び方&おすすめ機種を厳選しました▽

【参考記事】PC用キーボードのおすすめ商品を詳しく解説します▽

【参考記事】マウスにも差がある。詳しい種類からおすすめ機種まで徹底解説

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ