福島県のおすすめの日本酒15選。東北地方が誇る地酒とは

東北地方は日本が誇る日本酒の名高い銘柄が数多く存在します。中でも福島県の酒造は、鑑評会における金賞受賞銘柄が日本一であり、新潟や秋田に迫る日本酒が有名な地域の一つです。今回は東北地方(福島県)のおすすめの日本酒をご紹介します。ぜひ、自分に合った福島の日本酒を選んでみてください。

東北を代表する“福島県”のおすすめ日本酒を大公開

福島県のおすすめのお酒を大公開

福島県の総面積は、全国第3位で非常に広く「浜通り」「中通り」「会津地方」と3つのエリアから成り立ちます。海沿いや盆地など多種多様の気候風土のおかげで、それぞれの地域によって全く異なる日本酒を楽しめるのが特徴です。

ここでは、おすすめの日本酒を15選お届けしていきます。それぞれのお酒の特徴から、友人への贈り物・自分へのプレゼントに最適な一本を選んでみてくださいね。


福島のおすすめ日本酒15選

福島のおすすめ日本酒15選

福島の日本酒は、ここ最近では「写楽」や「会津中将」など、全国区でも非常に有名な銘柄を数多く出しています。ここでは、代表的な酒蔵の銘柄から、あまり知られていないおすすめの銘柄まで一挙15本お届けしていきます。


福島のおすすめ日本酒1.磐城壽 純米酒

【今宵一献!純米酒】磐城壽 純米酒 500ml

江戸末期創業の福島県浪江町が酒蔵の「鈴木酒造店」は、2011年の東日本大震災による津波の影響で、全て流されてしまいました。しかしその後、県の試験場に預けていた酵母を元に山形県で再び日本酒造りを行っています。

この力強いメッセージと共に造られた『磐城壽』は、純米酒ならではのフルーティーな味わいと、旨味でファンを魅了しています。比較的アルコール度数も低めで、酒度も中辛口で飲みやすい印象です。日本酒を普段飲まれない方でも、気軽にお飲みいただけます。リーズナブルな価格帯なため、福島県の日本酒を試したい方は選んでみてはいかがでしょうか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 特定名称酒:純米酒
  • 内容量:500ml
  • アルコール度数:12.8度
  • 味わい(辛口 or 甘口):普通
  • メーカー:鈴木酒造店

福島のおすすめ日本酒2.風が吹く 中取り山廃純米生酒

風が吹く“中取り”山廃純米吟醸生酒 1800ml入

続いて紹介する酒蔵は会津地方の西南部にある「白井酒造店」です。明神ヶ岳の伏流水を使用して、仕込みをしています。自然農法「風」の会の方によって栽培された会津産無農薬有機栽培のお米を使用しています。原種タイプですので、生純粋酒の香りと酸味の効いたキレの良さが特徴

中辛口でアルコール度数は"17度"のため、日本酒が得意でない方には厳しいかもしれませんが、日本酒好きにはたまらない味となっています。甘さだけでなく、後味からきりっとした辛さがやってくる癖になる一本です。お値段は、720mlで1,512円程で購入できるため、晩酌のお供に選んでみてはいかがでしょうか。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 特定名称酒:純米吟醸
  • 内容量:1800ml
  • アルコール度数:17%
  • 味わい(辛口 or 甘口):中辛口
  • メーカー:白井酒造店

福島のおすすめ日本酒3.夢心 純米酒

夢心酒造 夢心 純米酒 720ml

喜多方に広大な敷地を持つ、酒蔵である「夢心酒造」の純米酒が『夢心』です。創業は明治10年で、夢心の他には共に看板商品となる『奈良萬』があります。伝統的な技法以外にも、近代的な方法を駆使して、酒造りを行っているのが特徴。

福島県ブランド認証商品となり、純米酒にも関わらず非常にすっきりとしており、食中酒としてもぴったりです。辛口のお酒なために、ここ最近のフルーティーな香りとは異なりますが、人気が高い日本酒ですので、ぜひお試し下さい。飲み方としては、冷やでもぬる燗でも大丈夫です。日本酒好きの友人へのプレゼントに喜ばれる一本になります。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 特定名称酒:純米酒
  • 内容量:720ml
  • アルコール度数:15%
  • 味わい(辛口 or 甘口):辛口
  • メーカー:夢心酒造

福島のおすすめ日本酒4. 一ロ万 純米大吟醸 生原酒

日本酒 『一ロ万(ひとろまん)純米大吟醸 無濾過生原酒720m...

南会津の豪雪地帯に酒蔵を持つ「花泉酒造」が造りあげる日本酒『一ロ万』その名前の由来は、「一口で万の旨みを咲かせる味わい」という思いからきていると言います。中でも、純米大吟醸酒生原酒は、毎年12月に発売されるしぼりたての限定酒で、非常に上品な甘みと、芳醇な香りが特徴。

原料米には「五百万石」や「ヒメノモチ」を使用し、共に精米歩合45%という極限まで磨きあげています。アルコール度数は“18%”でやや高い印象ですが、トロンとして口あたりは多くのファンを魅了します。酒度については非公開となっておりますが、日本酒通ならチャレンジして貰いたい一本になります。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 特定名称酒:純米大吟醸
  • 内容量:720ml
  • アルコール度数:17.5%
  • 味わい(辛口 or 甘口):非公開
  • メーカー:花泉酒造

福島のおすすめ日本酒5.天明 無濾過本生純米酒

天明 無濾過本生純米酒 槽しぼり 五百万石720ml【要冷蔵】...

会津坂下にあり、3代続けて女性が蔵元という大変珍しい酒蔵である「曙酒造」。2011年の東日本大震災では母屋全壊などの被害にあったものの、酒造りをすぐに再開しています。地元「福島」の復興に力を注いできた酒蔵でもあります。

『天明』は会津産の「五百万石」を使用しており、精米歩合は60%にし、低温でじっくり仕込む吟醸造りと優しく圧をかける槽しぼり造りが特徴です。優しい香りと、まろやかな口当たり、そして後味も爽快ですので、中辛口ではありますが日本酒が得意でない方も飲みやすく仕上がっています。アルコール度数は、17%とやや高めの一本になりますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 特定名称酒:純米酒
  • 内容量:720ml
  • アルコール度数:17%
  • 味わい(辛口 or 甘口):中辛口
  • メーカー:曙酒造

福島のおすすめ日本酒6.大七生もと純米

大七生もと純米 720ml

「大七」は、福島の日本酒の中では抜群の知名度を誇る銘柄になっており、福島県内のテレビCMでも放送される程。また、福島だけでなく全国のお店でも頻繁に目にする機会がある有名な銘柄になります。

大七を仕込む「大七酒造」は1752年(宝暦2年)の創業で、主に日本酒の伝統程な醸造方法である「生もと造り」を一筋に行っています。お燗にして美味しい日本酒とも知られており、数々の賞を受賞するなど、実力は折り紙つきです。『生もと』も味わいはすっきりして爽やかな飲み心地になり、父親へのプレゼントにも最適な一本に。お値段も、720mlで1,648円とお求めやすいのも人気の秘訣です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 特定名称酒:純米酒
  • 内容量:720ml
  • アルコール度数:15%
  • 味わい(辛口 or 甘口): 中辛口
  • メーカー:大七酒造

福島のおすすめ日本酒7.純米 生貯蔵酒 てふ

國権 「てふ」 純米生貯蔵酒 720ml [福島県南会津郡]

福島県南会津に酒蔵を構える「国権酒造」が造る『純米生貯蔵酒 てふ』は、ソフトで大変柔らかい口当たりと、舌ざわりが何とも言えません。また、低温熟成されているので、ソフトだけど適度な酸味も余韻に残るバランスの整った日本酒と言えるでしょう。

お料理との相性も抜群で、お刺身や日本料理は特にお酒が進みます。それだけでなく「全国新酒鑑評会」で金賞を受賞するという実力のある蔵です。比較的、日本酒があまり得意でない方でも、飲みやすく人気が高い銘柄です。お値段も、720mlで1,400円とお求め安いのもメリットですね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 特定名称酒:純米酒
  • 内容量:720ml
  • アルコール度数:15.3%
  • 味わい(辛口 or 甘口):普通
  • メーカー:国権酒造株式会社

福島のおすすめ日本酒8.ゴールド人気 純米大吟醸

人気酒造 ゴールド人気 純米大吟醸 720ml [福島県]

『ゴールド人気」』は、福島県二本松にある「人気酒造」が仕込んでいる日本酒です。他の酒蔵にはないユニークな名前が特徴で、人気酒造は、日本酒のみならず焼酎なども造っております。

『ゴールド人気』は、香り高くしっかりとした芳醇な香りのする「純米大吟醸」で、辛口特有のパンチのある口当たりだけでなく、すっきりとした後味も人気の秘密。また、ノーベル賞のフィナーレを飾るパーティでも採用される程の実力の持ち主で、「ワイングラスのおいしい日本酒アワード」も2013年〜2016年の4年連続金賞を受賞している名実ともに実績高いお酒です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 特定名称酒:純米大吟醸
  • 内容量:720ml
  • アルコール度数:15%
  • 味わい(辛口 or 甘口):辛口
  • メーカー:人気酒造

福島のおすすめ日本酒9.奈良萬 純米大吟醸

奈良萬 純米大吟醸 720ml 要冷蔵 [専用箱入り]

『奈良萬』は福島が誇る名酒と言っても良いでしょう。全国的にも知名度のある日本酒で酒蔵は「夢心酒造」です。地元用に販売している「夢心」という銘柄と共に、酒蔵を代表する2大看板となっています。『奈良萬』は全ての地の酒で仕込むことをコンセプトにしており、米や酵母、水、造り手に至るまで全て地元福島産のものです。

そして、こちらの『奈良萬 純米大吟醸」』は奈良萬の中でも、会津産「五百万石」を限界ギリギリの48%まで磨きあげた最高級品となり、その味わいは淡麗ですっきりとしているにも関わらず後味には、キリッとした辛口らしい味わいを感じることができます。自分用としてはもちろんのこと、大切な人へのプレゼントに相応しい福島産の日本酒になります。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 特定名称酒:純米大吟醸
  • 内容量:720ml
  • アルコール度数:16.3%
  • 味わい(辛口 or 甘口): 辛口
  • メーカー:夢心酒造

福島のおすすめ日本酒10. 寫楽 純米吟醸

写楽 純米吟醸 720ml

今や、福島県のみならず全国でも。万が一、見つめたとしてもプレミアムな価格がついているので、飲むのがもったいないと感じる日本酒です。「寫楽」の純米吟醸は「五百万石」というお米を使用し精米歩合は、50%まで磨きあげています。純米吟醸であるにも関わらず、純米大吟醸に引けを取らない日本酒と言っても過言ではありません。

味わいとしては、磨きに磨いたお酒ですので、すっきりとしたフレッシュ感と、酸味が魅力的です。非常にバランスに富んだ日本酒で、万人受けする純米吟醸と言えるでしょう。お値段はプレミアムな価格ですが、一度は飲む価値のあるお酒です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 特定名称酒:純米吟醸
  • 内容量:720ml
  • アルコール度数:16%
  • 味わい(辛口 or 甘口):-
  • メーカー:宮泉銘醸

アイテム11.会津中将 純米吟醸 夢の香

『会津中将』は、寛政6年(1794年)創業の老舗中の老舗酒蔵で仕込まれています。会津中将の搾りには、昔ながらの槽を使うなど、今もなお伝統的な製法で造られており、純米吟醸ならではの、フルーティーな香りとまろやかさは非常に上品に仕上がりました。

『会津中将』に使用しているお米は、福島ブランドの酒造好適米「夢の香」を使用しています。精米歩合は、55%まで磨き透き通る味わいを楽しむことができます。数々の賞を受賞するなど、その実力は折り紙つきです。中辛口ではありますが、甘みが強いので日本酒が苦手という方でもおいしく飲める一本になります。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 特定名称酒:純米吟醸
  • 内容量:720ml
  • アルコール度数:15%
  • 味わい(辛口 or 甘口):中辛口
  • メーカー: 鶴乃江酒造

福島のおすすめ日本酒12.ロ万 純米吟醸酒

ロ万 純米吟醸酒 無濾過一回火入れ 720ml【要冷蔵】【限定...

本記事でも取り上げている『一ロ万』を造る酒蔵「花泉酒造」のロ万シリーズの中の1つ『ロ万 純米吟醸酒』。福島の日本酒はフルーティーさだけでなく、最後に“きりっ”とした辛味や酸味がくるのが特徴の1つにあります。

しかし、日本酒が得意でない方にとっては「もう少し甘い日本酒が欲しい」と思うことがあります。そこで、そのニーズに答えたのが『ロ万 純米吟醸酒』。優しい口当たりと、あとからやってくる程良い酸味が特徴で、使用している精米「五百万石」と「夢の香」の甘みをうまく引き出してくれます。老若男女が親しめるお酒として非常に人気があります。ぜひ一度お試し下さい。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 特定名称酒:純米吟醸
  • 内容量:720ml
  • アルコール度数:16%
  • 味わい(辛口 or 甘口):甘口
  • メーカー:花泉酒造

福島のおすすめ日本酒13.飛露喜 特別純米

飛露喜 特別純米 1800ml (要冷蔵)

会津坂下の町中に酒蔵がある「廣木酒造本店」は、福島だけでなく全国にその名をとどろかせている『飛露喜』を仕込んでいる蔵元です。会津坂下は、人口が2万人と小さい町でありながら、3件の酒蔵があり非常に競争の激しい地区で、それぞれに特徴のある美味しい日本酒が販売されています。

言わずと知れたお酒である『飛露喜』は、香りやまろやかさだけでなくあとからやってくる酸味と、軽い口当たりが魅力的な日本酒です。「出会えたら奇跡」とも言われる一本は日本酒を嗜むものなら、一度は飲んでみたい一本になります。中辛口であるにも関わらず誰にでも飲めるやさしい口あたりで、記念日や大切な日の贈り物としてもおすすめです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 特定名称酒:特別純米酒
  • 内容量:1800ml
  • アルコール度数:16%
  • 味わい(辛口 or 甘口):中辛口
  • メーカー:廣木酒造本店

福島のおすすめ日本酒14.山の井 純米大吟醸 朝日50

【日本酒/福島県/会津酒造】山の井 純米大吟醸 朝日50 18...

福島県の南西部、栃木県にほど近い旧田島町で酒蔵を構えるのが「会津酒造株式会社」です。創業は、何と元禄年間という歴史のある酒蔵で、江戸時代から守り続ける土蔵によって一年を通じて温度差がない低温発酵に適した最適な環境があります。日本酒造りに欠かすことのできない水は、地下40mからくみあげた超軟水を使用。

『山の井 純米大吟醸』は、マスカットのような爽やかな甘みとフレッシュな口当たりが特徴です。また、2016年6月から8月までJAL国際線ファーストクラス・ラウンジのドリンクメニューに採用されたことでも知られています。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 特定名称酒:純米大吟醸
  • 内容量:1800ml
  • アルコール度数:15%
  • 味わい(辛口 or 甘口):大甘口
  • メーカー:会津酒造株式会社

福島のおすすめ日本酒15.廣戸川 純米酒 悠久の里 石背

松崎酒造 廣戸川 純米酒 悠久の里 石背(いわせ)720ml

新酒鑑評会などで、高く評価をされている『廣戸川』で有名な松崎酒造店のライナップの1つです。『純米酒 石背』は、地元須賀川のコシヒカリを原料米に使用しており、その味わいは白桃などを思わせるフレッシュな香りと芳醇な香りを実現しています。

純米酒ならではの上品な味わいを達成しており「廣戸川」のみならず、『純米酒 石背』もご堪能して欲しいところです。楽しみ方としては、冷からぬる燗まで幅広く楽しめ、日本料理から洋食までマッチします。価格も、720mlで1,274円ほどとお求めやすいですので、親しみやすい日本酒です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • 特定名称酒:純米酒
  • 内容量:720ml
  • アルコール度数:16%
  • 味わい(辛口 or 甘口):普通
  • メーカー:松崎酒造店

福島の名だたる日本酒を堪能してみて

福島のお酒を飲んで楽しんでみて

みなさんここまでいかがでしたでしょうか。福島県には名だたる名酒が、浜通り・中通り、会津地方と点在しています。都道府県第3位の総面積を誇る福島の地酒は、他の都道府県にはない程の条件が揃った場所でもあります。

なかなか手に入れることができないプレミアムな地酒から、まだ有名にはなっていない一本までありましたね。いつしか全国区になってしまうであろう日本酒まで幅広い味わいと奥行きのある口当たりを、一度お試しください。きっと、あなたも福島の日本酒の虜になるでしょう。

【参考記事】全国にあるおすすめの日本酒について徹底レクチャーします!▽

【参考記事】京都の日本酒も合わせてチェックしてみて▽

【参考記事】福島と同じ東北地方の山形の日本酒もチェックしてみて▽

お気に入り

注目の記事

関連する記事