シャツ×ニットの重ね着コーデを厳選。ニットインシャツのおしゃれな着こなし方とは

男の定番コーデである、ニットとシャツの重ね着スタイル(ニットインシャツ)。おしゃれに見える着こなしはどのアイテムと合わせれば良いのか。今回は、シャツ×ニットのおすすめメンズコーディネート15構成ご紹介。レイヤードコーデで周りのメンズを差をつけて。

シャツ×ニットの重ね着でナチュラルなおしゃれコーデに。

シャツとニットのメンズ重ね着コーディネート

おしゃれに見えるコーディネートとして挙げられる重ね着スタイル(レイヤードコーデ)は、今や男性の多くが取り入れている着こなしですよね。そんな重ね着コーデの中で、最も定着しているコーディネートといえば、シャツ×ニットの着こなし。暖かさを担保しながら、幅広いアウターに使える万能性は他の重ね着にはない魅力と言えるでしょう。

今回は、そんなシャツ×ニットの重ね着スタイル(ニットインシャツ)から、参考にしたいおしゃれコーディネートを15構成ご紹介。“ダサい”と言われない着こなし方法をこの機会に学んで。


シャツニットコーデ1. 白ニット×ネイビーシャツ

コーデの例はこちら

白ニットとネイビーシャツを使ったメンズ重ね着コーディネート。白ニットの清潔感とネイビーシャツのかっこよさが融合した着こなしで、幅広いアウターに対応してくれる万能性も兼ね備えています。シューズをニットと同じ白スニーカーにすれば、一層まとまったコーデに仕上がりますよ。

【参考記事】白ニットの着こなし方法とは▽


シャツニットコーデ2. 黒ニット×白シャツ×グレーチェスターコート

コーデの例はこちら

黒ニットと白シャツの定番メンズ重ね着コーディネート。白と黒の正反対カラーを取り入れることで、コーディネート全体にメリハリが出ておしゃれなビジュアルに。少し肌寒い時はジャケット、ジャケットで寒い日はチェスターコートダッフルコートを合わせてみて。

【参考記事】黒ニットの着こなし方法とは▽


シャツニットコーデ3. 黒ニット×青シャツ

コーデの例はこちら

黒ニットと青シャツの定番コンビで構成したおしゃれコーディネート。男らしいシックな印象に仕上がる黒と青の2つを組み合わせた着こなしで、比較的誰でも似合わせ可能です。ニットの柔らかい印象とは真逆のタイトめなパンツを合わせれば、すっきり強弱のある見た目になりますよ。

【参考記事】青シャツの着こなし方法とは▽


シャツニットコーデ4. グレーニット×チェックシャツ×ダウンジャケット

コーデの例はこちら

グレーニットとチェックシャツの重ね着にダウンジャケットを合わせたメンズコーディネート。ダウンジャケットで大きめのシルエットに作り、下半身はスキニータイプのパンツで引き締めます。たったこれだけを意識するだけでコーデのおしゃれ度を高められますよ。

【参考記事】グレーニットの着こなし方法とは▽


シャツニットコーデ5. 白ニット×チェックシャツ

コーデの例はこちら

白ニットとチェックシャツのメンズ重ね着コーディネート。白ニットのクリーンさを際立てるため、あえてシャツに柄を取り入れましょう。無地アイテムだけじゃ実現できない“こなれ感”は柄をちょっと取り入れるだけで解決します。アウターが無地の時は、特に取り入れたい着こなしです。

【参考記事】チェックシャツの着こなし方法とは▽


シャツニットコーデ6. 白ニット×青シャツ×グレーピーコート

コーデの例はこちら

白ニットと青シャツの重ね着にグレーピーコートを合わせたおしゃれコーディネート。作りすぎないナチュラルな仕上がりが、幅広い年代層から支持されますよ。やや幼く見えてしまいがちなピーコートコーデには、ちょっぴり大人っぽいシューズを取り入れましょう。

【参考記事】ピーコートの着こなし方法とは▽


シャツニットコーデ7. ベージュニット×チェックシャツ

コーデの例はこちら

ベージュニットとチェックシャツのメンズ重ね着コーディネート。強くなりすぎないベージュニットは、今や冬の定番アイテム。そんなベージュニットはチェックシャツや水玉柄と相性抜群。今年は周りのメンズと一線を画すベージュニットレイヤードにチャレンジしてみて。

【参考記事】ベージュニットの着こなし方法とは▽


シャツニットコーデ8. グレーニット×スーツスタイル

コーデの例はこちら

スーツスタイルにグレーニットを合わせたメンズ重ね着コーディネート。フォーマル感の強いネクタイとシャツのコーデには、ワイドなニットを合わせるのが吉。さらにマフラーやストールを使えば、フォーマル感を感じさせない理想的な着こなしに仕上がりますよ。

【参考記事】ネイビースーツの着こなし方法とは▽


シャツニットコーデ9. グレーニット×青シャツ

コーデの例はこちら

グレーニットと青シャツのおしゃれ重ね着コーディネート。グレーニットと青シャツの落ち着いた組み合わせは、20代前半はもちろん、30代男性でも無理なく決まる黄金の方程式。足元をローファーでフォーマルに決めれば、大人の休日を感じさせるおしゃれな着こなしに仕上がりますよ。

【参考記事】スキニーパンツの着こなし方法とは▽


シャツニットコーデ10. ネイビーニット×青シャツ

コーデの例はこちら

ネイビーニットと青シャツの同系色で合わせたメンズ重ね着コーディネート。冷たい印象になりやすい青系アイテムも、ニットとシャツを合わせれば暖かな雰囲気に変化します。アウターは明るぎない黒やグレーをチョイスしてみて。

【参考記事】ネイビーニットの着こなし方法とは▽


シャツニットコーデ11. カーキニット×ネイビーシャツ

コーデの例はこちら

カーキニットとネイビーシャツのおしゃれ重ね着コーディネート。使いにくいと思われがちなカーキニットは、使い方次第でグレー・ブラック・ネイビーよりもおしゃれなアイテムに変わります。主な使い方は、コーデ全体の差し色として使うのが無難です。

【参考記事】トートバッグの人気ブランドとは▽


シャツニットコーデ12. ベージュセーター×ストライプシャツ

コーデの例はこちら

ベージュセーターとストライプシャツのメンズ重ね着レイヤードスタイル。編みニット系アイテムは、重厚感があるため、色合いに問わず暖かい見た目になります。だからこそシャツは、あえて柄モノを選びましょう。ストライプ・ボーダーなど持っているシャツを使えばOK。重たくなりすぎないよう、ボトムスはスラックスなどでシンプルに見せることを重視してください。

【参考記事】ストライプシャツの着こなし方法とは▽


シャツニットコーデ13. グレーセーター×白シャツ

コーデの例はこちら

グレーセーターと白シャツのおしゃれ重ね着コーディネート。グレーセーターとグレーパンツの大人アイテムで構成した着こなしも、白シャツを入れるだけで自然と明るい印象に。シャツのカラーは外から見える部分は少ないですが、コーデに大きな影響を与えるということを覚えていきましょう。

【参考記事】白シャツの着こなし方法とは▽


シャツニットコーデ14. 赤ニット×水玉シャツ×ステンカラーコート

コーデの例はこちら

赤ニットと水玉シャツのおしゃれレイヤードコーディネート。赤ニットのように派手になりやすいニットを使うときは、アウターで抑えめに見せましょう。アウターのカラーは何にでも合うブラックかネイビーがおすすめです。

【参考記事】赤ニットの着こなし方法とは▽


シャツニットコーデ15. 黒ニット×チェックシャツ

コーデの例はこちら

黒ニットと黒×白のチェックシャツのおしゃれメンズコーディネート。黒ニットとチェックシャツの定番コンビは誰でも使えるレイヤードスタイルです。アレンジもしやすく、暖かさも兼ね備えた最強コーデとも言えるでしょう。ボトムスやシューズは、黒をベースに組み立てることでチェックシャツのカラーを問わないブレにくい着こなしになりますよ。

【参考記事】黒チェックシャツの着こなし方法とは▽


シャツ×ニットで作りすぎないおしゃれを実現して。

シャツとニットのメンズコーディネート

重ね着スタイルは一歩間違えるだけで、“ダサいコーディネート”になりがちですが、シャツ×ニットのレイヤードはナチュラルな着こなしになるため、比較的おしゃれな見た目に。この機会にシャツ×ニットの着こなしをマスターして、おしゃれメンズの看板を手に入れましょう。

【参考記事】シャツのおしゃれ着こなし術とは▽

【参考記事】おしゃれなニットコーディネートをご紹介▽

【参考記事】冬ファッションのトレンドコーディネートとは▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事