職場で必要以上に話さない方法はある?オンオフを上手に分けるコツを解説

職場で必要以上に話さないようにしたいと思っている方へ。今記事では、職場で必要以上に話さない時の注意点から、話さないようにする時のコツまで詳しくご紹介します。会社でプライベートの話は控えるなど、、オンオフを切り替えたい方は、ぜひ参考にしてみてください!

職場で必要以上に話さないようにする際に気をつけたい注意点とは

職場で必要以上に話さないようにするコツとは

「仕事は仕事。プライベートはプライベート。」

きっちり分けたい人にとって、職場は、仕事をするだけの場所。にも関わらず、会社や職場の雰囲気によっては、仕事以上の人間関係を求められる事も。

そんな環境で、上手に仕事とプライベートを分けるためには、少々コツが必要です。

まずは、職場で必要以上に話さないようにする際に気をつけたい注意点について、一つずつチェックしていきましょう。


職場で話さない時の注意点1. 最低限の挨拶はする

円滑な人間関係に欠かせないものといえば、「おはようございます。」「お先に失礼します。」などの挨拶。

職場の人たちと、必要以上に話さないと心に決めていても、出勤時や退勤時にする最低限の挨拶は欠かさないようにしましょう。

挨拶すらしないと「無愛想で嫌な人。」「私達の事、挨拶する価値もないって思ってるんじゃないの?」などと、マイナスイメージがつきやすくなり、同僚達とギクシャクして仕事がしづらくなってしまう可能性があります。


職場で話さない時の注意点2. 嫌な時はきちんと否定する

無口な人には、つい何でもかんでも好き放題言いがちなのが人間の性。

会社で最低限の会話しかしないと心に決めていても、自分の意思表示はきっちりしておきましょう。

急に残業を押し付けられそうになったり、無理なスケジュールの案件を任されそうになったりした時など、ごちゃごちゃ話したくないからと、不満を心に秘めつつ引き受けてしまうのは、絶対ダメ

「あいつ、何も言わないから、あいつに任せちゃえばいいよ。」

などと、ますます厄介事を頼まれてしまいますよ。


職場で話さない時の注意点3. 仕事に関する話は積極的にする

会社の人達が、自分のプライベートに踏み込まないようにしたいといっても、全く会話をしないというわけにもいきません。

会議での発言や上司への確認など、スムーズに業務を進めるために欠かせないコミュニケーションに関しては、積極的に行っていきましょう。

「仕事に関してはなんでも話すけど、プライベートに関しては話さない。」というメリハリある姿勢を見せることが大切ですよ。


職場で必要以上に話さないようにするコツとは|上手く振る舞う秘訣を解説

職場の人たちとは、あまり深い付き合いはしたくない。

会社の中で、プライベートな人間関係に発展しないように気をつけたい。

そんな時には、職場で必要以上に会話しないようにするコツが欠かせません。

ここからは、職場で必要以上に話さないようにするコツや、上手く振る舞う秘訣を、一つずつチェックしていきましょう。


職場で必要以上に話さないようにするコツ1. 誰に対しても敬語で話す

丁寧な言葉遣いは、時に心の距離も示してくれるもの。

相手が、同期であろうと後輩であろうと、関係なく常に敬語で話すようにしてみましょう。

「お昼ご飯ですか?今日は、お弁当を持ってきてるんです。でも、誘ってくれてありがとうございます。」

などと、終始丁寧に話すようにすると、相手が誰であれ一定の距離感を保ちやすくなりますよ。


職場で必要以上に話さないようにするコツ2. 仕事以外の話は上手に受け流す

プライベートな話は職場で話さない!と心に決めても、好奇心旺盛でぐいぐい聞いてくる人って、どこにでもいるものです。

お昼休憩中や、会社の更衣室、欠席できなかった部署の飲み会などで、プライベートな情報を聞き出したくて、マスコミ記者並みにしつこく迫ってくる人は、にっこり笑顔で受け流してしまうのがおすすめです。

「え?彼氏ですか?仕事が忙しくて会社と家の往復しかしてませんよ。」

などと、プライベートな質問は全て曖昧な返答のみを返していくと、そのうち相手も諦めてくれますよ。


職場で必要以上に話さないようにするコツ3. 仕事中はチームワークを意識する

「木を隠すなら森の中」とは良くいったもの。

仕事とプライベートはきっちり切り替えたいからと、職場で単独行動が多くなると、良くも悪くも目立ちやすくなってしまいます。

その結果、噂好きの同僚にロックオンされて、プライベートな話を聞き出すまでしつこく付き纏われる可能性も。

必要以上にみんなの注目を集めないためにも、仕事中はチームワークを意識して同僚の中に上手に溶け込みましょう

【参考記事】はこちら▽


職場で必要以上に話さないようにするコツ4. 信頼できる人を一人は作る

プライベートな話は絶対にしないと心に決めても、常に上辺だけの付き合いをするのはそう簡単でありません。

特に、フルタイムで会社にいる時間が長い場合、気軽にお喋りできる人が全くいないと、息が詰まりそうなほどストレスを感じてしまう事も。

可能であれば、職場に一人、安心して話せる味方を作りましょう。

口が堅くて、他の同僚に話した事をうっかり漏らしてしまわないタイプの人がいるだけで、気持ちも楽になりますよ。


職場で必要以上に話さないようにするコツ5. 仕事で成果を出す

仕事には全く関係ないはずのプライベート。

しかし、職場によっては、仕事にプライベートをわざと絡めて話してくる上司や先輩、同僚などがいる場合も。

「ねえ、この見積もり、明細変更になったって、先週言ったよね?週末遊びすぎて忘れちゃったわけ?」

などと、嫌味なお小言を言われるのも鬱陶しいもの。

そんな時には、プライベートな話を持ち出されないぐらい、仕事でガッツリ成果を出しちゃいましょう

仕事に文句がつけられなくなれば、プライベートな話を持ち出される事も無くなっていきますよ。


仕事とプライベートを分けたい時は、メリハリを付けて周りと関わってみて。

仕事とプライベート。

きっちりオンオフ分けたいと思っていても、なかなか難しいもの。

特に、職場での人間関係が何かと濃い場合、程良い距離感を保つのも大変です。

そんな時は、業務連絡や挨拶は欠かさず、話したくないプライベートな話は曖昧に受け流すなど、柔軟な姿勢を目指していくとスムーズに分けられるようになりますよ。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事