自転車用LEDライトのおすすめ集|強力で明るい人気ライトも紹介!

おすすめの自転車用LEDライトをお探しの方へ。今記事では、自転車用LEDライトのメリットや選ぶポイントから、おすすめのLEDライトまで詳しくご紹介します。日頃から自転車に乗る機会が多い方が、ぜひ参考にしてみてください!

そもそも、自転車で「LEDライト」を使用するメリットとは?

自転車用LEDライトのおすすめ

自転車で暗い夜道を走行するならライトは必要不可欠。

しかし、ロードバイクにはライトが標準装備されておらず、安価なママチャリにはダイナモ式の薄暗いライトしか付いていません。

そんなライトの悩みを解決するのが後付けできる自転車用LEDライトです。昔ながらのダイナモライトと比べて強力な光量があり、夜道を明るく照らしてくれます

対物や対人など万が一の事故を防ぐのに、大きく役立ってくれますよ。

自転車で安全に夜間走行したい方には、LEDライトがおすすめです。


自転車用LEDライトの選び方|購入する前に確認すべき点とは

自転車用LEDライトは、自分の使い方に合ったものを選ばないとストレスが溜まるだけでなく、危険な目にあってしまうことも。

ここでは、自転車用ライトの選び方をご紹介。

自分に合わないライトを購入してしまわないように、しっかりとチェックしてくださいね。


自転車用LEDライトの選び方1. 走行する道に最適な「明るさ」を選ぶ

自転車のライトには、

  • 視認性を確保するため
  • 周囲に自身の存在を知らせるため

という2つの役割があります。

この役割を果たすためには、明るく照らせるかどうかが大切なポイント。

自転車用LEDライトの明るさを示す数値はlm(ルーメン)という単位で表記され、走る場所によって必要な明るさが異なります。


明るい場所や市街地なら「200~300lm」がおすすめ

街乗りなど街灯が多く明るい場所では200lmあれば十分。視認性を確保でき、周囲にも自分の存在を知らせることができます。

また、市街地から外れて路地裏など少し暗い道を走る可能性がある場合は、300lm程あると安心。

いつも走る場所に街灯があるか、家の近くが薄暗いのかなどを考えて、選んでみましょう。


街灯のない暗い夜道なら、最低でも「400lm以上」がおすすめ

ライトの明るさが足りなくて怖い思いをすることも。

街灯がないようなかなり暗い道では400lm未満のライトだと障害物を確認しづらくなります。

最近のLEDライトには1000lm以上の明るいタイプもあり、選択肢は豊富です。

街灯の少ない田舎道などは400lm以上、暗く路面の悪い道を走る場合は700lm以上のライトを選ぶようにしましょう。


自転車用LEDライトの選び方2. 乾電池式or充電式|自分にあった電源を選ぶ

自転車用LEDライトの電源には、

  • 乾電池式
  • 充電式

の2種類があります。

予備さえ持っておけばいつでも交換できる乾電池式、ランニングコストを抑えることができる充電式、どちらもメリットデメリットがあります。


ランニングコストを抑えたい人は「充電式」がおすすめ

充電式は自宅のコンセントなどで充電するタイプです。

充電式のほとんどがUSB充電となっており、パソコンなどでも充電できるので、ランニングコストを抑えられます。また、持ち運びできるモバイルバッテリーでの充電も可能。ソーラー充電できるタイプもあります。

充電式は電池代がかからない反面、使った後の充電する手間や出先ですぐに電池交換できないという点は、注意が必要です。


手軽に使いたい人は「乾電池式」がおすすめ

乾電池式は使い捨て乾電池などで使用するタイプです。

乾電池式のほとんどは単3か単4乾電池2~3本で使用できるので、気軽に予備を持ち歩くことができます。もし予備が無い状態で走行中に切れてしまったとしてもコンビニなどで購入できる点も安心感がありますね。

ただ、ランニングコストがかかる点は考慮しておきましょう。


自転車用LEDライトの選び方3. 着脱が簡単なものを選ぶ

盗難防止をはじめ、充電や電池交換など自転車用ライトは着脱することの多いアイテムです。着脱する度に工具が必要になるようなものだと手間がかかりストレスになるかもしれません。

できる限り、LEDライトがすぐ着脱できるアイテムを選びましょう。

自転車のハンドルバーにブラケットという土台を工具で取り付けして土台にライトをワンタッチで脱着できるものや、工具不要のベルトで脱着するものなど。

簡単に脱着できるライトにもいくつか種類があるので、使い方に合わせて選んでみてくださいね。


自転車用LEDライトの選び方4. 便利な機能にも注目して選ぶ

日々使う自転車用ライト、できるだけ快適に使えるものを選びたいですよね。

ここでは自転車用ライトをより便利にしてくれる機能を2つご紹介します。

自分が使うシーンを想像して、必要な機能を検討してみてくださいね。


周りの明るさに応じて調整できる「モード切替え機能」をチェック

モード切替え機能が付いている自転車用ライトは50lm、200lm、800lmといった感じで、ライトの明るさを段階的に調整できます。

明るい道は電力消費を抑えるために弱め、暗い道は危険性を防ぐために強めという風に調整することが可能です。

明るい道と暗い道、どちらも走る方にはモード切替え機能のついたライトがおすすめです。


雨の日でも安心して使える「防水機能」をチェック

自転車で走っている最中に突然雨に降られてしまうこともありますよね。そんな時でも安心なのが、雨が降っても壊れにくい「防水機能」のついたライトです。

防水規格は『IPX5』などの英数字で表記され、防水レベルによって雨降りから水没まで様々な水濡れに対応できます。

雨の日の通勤や通学で自転車を使う方、ロングライドでいつ雨に降られるかわからない方におすすめです。


自転車用LEDライトの選び方5. 背後からの追突を避けられるよう「テールランプ付き」を選ぶ

強力なフロントライトで前方を照らすだけでは安全とは言えません。後ろから追突されてしまうこともあります。夜間走行中は車や人から視認されることも重要。

通常、自転車の後方には反射板が付いています。しかし、反射板だけでは目立ちにくい場合があるので、点滅式のテールランプを付けて背後からでも自分の存在がわかるようにすると、より安全に夜間走行できます。

最近ではフロントライトとテールランプをセットで販売しているものも多いので、ぜひチェックしてみてくださいね。


自転車用LEDライトのおすすめ10選|夜間の走行をサポートしてくれる人気商品を大公開

市販されている後付け自転車用LEDライトは種類が多すぎて比較するだけでも大変ですよね。

そこで、光量が強力なものや自動点灯タイプなど、人気が高いおすすめの自転車用LEDライトを紹介します。

ロードバイクにもママチャリにも使いやすい人気アイテムを揃えたので、ぜひ参考にしてくださいね。


自転車用LEDライトのおすすめ1. Bestore (5200mAh大容量 USB充電式)自転車 ライト

(5200mAh大容量 USB充電式) 自転車 ライト 防水 LED 800ルーメン モバイルバッテリー機能付き テールライト付き 3つ調光モード クロスバイク ロードバイク ライト キャンプ ハイキング サイクリング 懐中電灯 犬散歩 日本語説明書付き (ブラック)
  • 電池が5200mAhと大容量なので、1回の充電で長時間利用できる。
  • 出力ポートがついているのでスマホの充電ができて便利。
  • 3つの調光モードでより安全に利用できる。

電池容量はあればあるほど嬉しいもの。長距離走行中など充電が切れる心配をしながら走りたくないですよね。

『Bestore』の自転車ライトは5200mAhと大容量の充電池を備えているので、長距離の夜間走行も安心です。3段階の調光機能がついており、明るい道ではロービームにして電池の消費を抑えることも。

スマホをフル充電できるほど大容量のライトなので電池切れの心配がありません。長距離の夜間走行で長持ちするライトが良い人や、充電の回数を減らしたい人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 明るさ:800 (lm)
  • 電源方式:充電式
  • 着脱工具:不要
  • モード切り替え:◯
  • 防水性能:IPX5
  • テールランプ付き:◯

自転車用LEDライトのおすすめ2. BronteHelius2

BronteHelius2 【進化版】自転車 ライト USB充電式 LED ライト 防水 らいと【光センサー自動点灯モード搭載】高輝度1000ルーメン 4段階照明モード 自転車用シートクランプ付き PSE認証済 クロスバイク ライト 自転車用 ヘッドライト ヘルメット ロードバイク ライト フロント 小型 led 懐中電灯兼用 スポーツ&アウ ブラック
  • 自動点灯機能があるのでライトの付け忘れを防止でき、日中にトンネルなどに侵入する際に便利。
  • 光センサー搭載で暗さによって自動で調光してくれる。
  • 光軸が下向きなので対向車が眩しくない。

「ライトを操作するのが面倒くさい。」夜間だけでなく日中であってもトンネルなどを通る時はライトをつけたり消したりする必要があります。

そんな手間を省いてくれるのが『BronteHelius2』のLEDライトです。光センサーによる自動点灯・自動調光が可能で、暗くなったら自動で点灯してくれますし、森の中と街中など暗さの違う場所を通り抜ける際も、その場にあった明るさを設定してくれます。

できるだけライトを操作する手間を省きたい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 明るさ:1000 (lm)
  • 電源方式:充電式
  • 着脱工具:不要
  • モード切り替え:◯
  • 防水性能:IP65
  • テールランプ付き:×

自転車用LEDライトのおすすめ3. キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 自転車 ライト

【Amazon.co.jp 限定】 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 自転車 ライト ヘッドライト LED 3LED ライト 227 SLIM 【 取り付け工具不要 生活防水 明るさ160カンデラ 自転車用ライト 】 ブラック Y-7086
  • カラーが豊富なので自分の自転車に色を合わせておしゃれできる。
  • 点灯・点滅・消灯とシンプル操作なので、機械が苦手な人にも向いている。
  • 価格が安いのでサブライトとして購入しやすい。

せっかく装着するなら、自転車の色にあったLEDライトでおしゃれを楽しんでみませんか。

『キャプテンスタッグ』の自転車用ライトは、ブラックだけでなく、クリア、グリーン、シアン、ホワイト、マゼンタ、ライトブルーとカラーバリエーションが豊富で、自転車に合わせた色を選びやすい点が魅力です。

丸みを帯びたコロンとしたフォルムはママチャリにもよく似合います。カラフルでおしゃれなライトをお探しの方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 明るさ:ー
  • 電源方式:乾電池式
  • 着脱工具:不要
  • モード切り替え:◯
  • 防水性能:ー
  • テールランプ付き:×

自転車用LEDライトのおすすめ4. MINIKA 自転車ヘッドライト

自転車ライト 自転車ヘッドライト 自転車用ヘッドライト ロードバイク ライト 自転車前照灯 ソーラー充電式&USB充電式 テールライト付属 夜間走行ライト 取付簡単 高輝度/IPX4防水防振/懐中電灯兼用/停電対応/防災緊急対応/登山/夜釣り(グリーン)
  • 4段階調整のバンドで簡単に取り付けできる。
  • クラクション機能がついているので、カーブの手前などで鳴らして安全性を高めることができる。
  • ソーラー充電のため、災害時などで停電した際にも活用できる。

「LEDライトを買うなら自転車以外にも使いたい。」せっかくのライト、自転車以外にも活用できるといいですよね。

『MINIKA』の自転車ヘッドライトは、USB充電式でありながらソーラー充電機能も搭載しているので、自転車での使用はもちろん災害時など停電した時にも活躍します。

日中の走行中にソーラー充電できるのはとても便利ですね。万が一に備えたい方や充電の手間を減らしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 明るさ:800 (lm)
  • 電源方式:充電式
  • 着脱工具:不要
  • モード切り替え:◯
  • 防水性能:IPX4
  • テールランプ付き:◯

自転車用LEDライトのおすすめ5. OLIGHT(オーライト) 自転車用ヘッドライト RN400

OLIGHT(オーライト) RN400 自転車ライト ロードバイクライト 自転車用ヘッドライト 400ルーメン フロントライト USB充電式 長時間持つ IPX7防水 バイク用 通勤 通学 サイクル用 防災 夜間走行
  • GARMIN標準ベースマウントとストラップバンドが付属されているので、ヘルメットなどにも取り付けできる。
  • コンパクトかつ85gと軽量、おしゃれな見た目なので持ち歩きしやすい。
  • 残量インジケーター機能があるので電池残量がわかる。

盗難防止のため持ち歩くことが多い自転車用LEDライト。持ち歩くことを想定すると、重さや大きさが気になりますよね。

人気メーカー『オーライト』の『RN400』は、100g以上が多いLEDライトの中でも軽量の85g。サイズも7cm程で手のひらにすっぽり収まるコンパクトサイズで、バッグに入れてもかさばりません。

マットブラックに緑の通知ランプでおしゃれな見た目もポイント。

なるべく荷物を増やしたくない方には、軽量コンパクト、おしゃれなルックスで持ち歩きやすい『RN400』がおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 明るさ:400 (lm)
  • 電源方式:充電式
  • 着脱工具:不要
  • モード切り替え:◯
  • 防水性能:IPX7
  • テールランプ付き:×

自転車用LEDライトのおすすめ6. DeliToo 自転車ライト

【190°ワイド照射 ソーラー充電】 自転車 ライト USB充電式 高輝度 大容量 2000mAH 自転車ヘッドライト 3段階調光 防水 LED ヘッドライト リアライト付き コンパクト クロスバイク ロードバイク サイクリング 懐中電灯兼用 通勤通学 キャンプ 登山 アウトドア 停電対策 防災 緊急用 DeliToo (ブラック-ブルー)
  • 190度のワイド照射なので左右の歩行者や障害物なども視認しやすい。
  • 独自設計で明るく、最大250m先まで見通せる。
  • USBに加えソーラーも搭載されており、太陽光約10時間でフル充電できるので、充電の手間が少ない。

夜間の自転車走行は前方だけでなく横からの飛び出しも心配ですよね。突然歩行者が出てきて、ビックリすることも少なくありません。

『DeliToo』の自転車用LEDライトは照射角100度以下も多い自転車用ライトの中で、左右もしっかり照らし出す190度の照射角を確保。歩行者の多い道でも安心して走れます。

少しでも安全に夜間走行したい方におすすめのライトです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 明るさ:350 (lm)
  • 電源方式:充電式
  • 着脱工具:不要
  • モード切り替え:◯
  • 防水性能:ー
  • テールランプ付き:◯

自転車用LEDライトのおすすめ7. OLIGHT(オーライト) 自転車用ヘッドライト RN3500

OLIGHT(オーライト) RN3500 自転車 ライト 3500ルーメン 高輝度 バイクライト 大容量 モバイルバッテリー機能 強力 ロードバイク サイクリング クロスバイク 緊急対応 IPX5防水 2年保証
  • 調光モードが15段階あり、シーンに合わせて適した明るさを細かく設定できる。
  • 自転車用ライト最高クラスの最大3500lmの強力な光量で真っ暗な山道なども対応可能。
  • 31°と22°のビーム角の組み合わせで遠距離も近距離も見やすい。

「とにかく明るいライトが欲しい。」夜間の山道など真っ暗な道を走る人にとって一番重要なのは明るさですよね。

人気メーカー『オーライト』の『RN3500』は、自動車のヘッドライトに相当する3500lmという高出力により、真っ暗な道でもしっかりと照らしてくれます。

ロードバイクでの走行だけでなくマウンテンバイクでのエンデューロやダウンヒルなどスポーツ走行の際にも活躍してくれるライトです。

明るいライトでしっかりと照らし、危険を防ぎたい方は、ぜひチェックしてみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 明るさ:3500 (lm)
  • 電源方式:充電式
  • 着脱工具:不要
  • モード切り替え:◯
  • 防水性能:IPX5
  • テールランプ付き:×

自転車用LEDライトのおすすめ8. XOSS 自転車ライト Navi800

Navi800 自転車ライト 大容量LG3350mAH 800ルーメン Type-C充電式 LED ヘッドライト StVZO カットライン 自転車ヘッドライト 懐中電灯 自転車前照灯 フロントライト 自転車用 ロードバイク クロスバイク アンチグレア 高輝度 CNC アルミ合金 IPX6防水 防振 停電対応
  • ドイツ『StVZO』に準拠したカットラインリフレクター設計で対向車や人への眩惑を防げる。
  • 吊り下げでも使用できる設計なので、吊り下げで取り付けたい人にもおすすめ。
  • 充電式でありながらバッテリーの交換が可能で、予備を持っておけば長距離走行時も安心。

「向かいから来る人が眩しいかも。」明るいLEDライトを使っていると、対向車や向かいから来る人に眩しい思いをさせていないか心配になりますよね。

『XOSS』の『Navi800』は、規制の厳しいドイツの道路使用許可基準である『StVZO』に適合したカットラインを採用したライトで、対向者の眩惑を防ぎます

街灯の少ない田舎道でも大丈夫な800lmという十分な明るさを確保している点もポイント。

対向者にも配慮した明るいライトをお求めの方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 明るさ:800 (lm)
  • 電源方式:充電式
  • 着脱工具:不要
  • モード切り替え:◯
  • 防水性能:IPX6
  • テールランプ付き:×

自転車用LEDライトのおすすめ9. EILIOC 自転車ライト KX3B

自転車 ライト 6400mah 1200ルーメン 進化版 USB充電式 防水 LEDヘッドライト 高輝度大容量 自転車ライト アルミ合金製 自転車用ヘッドライト 長時間 クロスバイク ロードバイク ライト 同時に5つおよび3つの照明モード 懐中電灯兼用 停電対応 地震対策 登山 夜釣り 犬散歩 モバイルバッテリー機能付き
  • 360℃回転式のブラケットを採用しており、好きな方向に光を向けることができる。
  • 電池が6400mAhあり、ハイビームでも約5時間使用することができる。
  • モールス信号のSOS点滅パターンも設定されているので、いざという時にも使える。

一般的な自転車用LEDライトは左右に方向を変えることはできません。「もうちょっと右側を照らしたい。」と、ライトの照射方向を変えたい時もあるでしょう。

『EILIOC』の『KX3B』は、360度回転するブラケットを備えているので、前後左右好きな方向に角度を変えて自分好みに調整可能です。

モードの中にSOS点滅パターンもあり、暗闇での転倒時などにも心強いですね。

照らす方向を自由に変更したい方に最適のライトです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 明るさ:1200 (lm)
  • 電源方式:充電式
  • 着脱工具:不要
  • モード切り替え:◯
  • 防水性能:IPX5
  • テールランプ付き:×

自転車用LEDライトのおすすめ10. zamJP 自転車ライト

自転車 ライト ロードバイク 防水 LEDライト USB充電式 900ルーメン 4000mAH 自転車 ヘッドライト 長時間 高輝度 懐中電灯 盗難防止 360度回転 ヘッドライト フラッシュ ゴムシート付き バッテリーインジケーター 三つモード 防災 点滅 緊急対応 日本語取扱説明書付き
  • スマホホルダーとしても使用でき、スマホを充電することも可能。
  • 左右だけでなく上下にも角度調整できるので自分好みに照射しやすい。
  • 1000円以下で安いうえに多機能でコスパが良い。

自転車で走行中にナビアプリなどで道を確認することもありますよね。しかし、カバンやポケットからスマホを取り出して地図を見て、また戻してという過程は結構面倒。

『zamJP』の自転車用ライトなら、スマホホルダーの役割も果たすので、スマホを固定でき、地図を確認しながらの移動に便利ですよ。

1000円以下と安い価格設定も嬉しいポイント。

ナビアプリを使うことが多い方、スマホの通知が気になる方におすすめのライトです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 明るさ:900 (lm)
  • 電源方式:充電式
  • 着脱工具:不要
  • モード切り替え:◯
  • 防水性能:IPX5
  • テールランプ付き:◯

LEDライトを自転車に取り付けて、暗い道でも安全に走行しましょう!

夜間走行など暗いところを自転車で走る場合は必ず必要になってくるライト。

明るさ、防水性能、電源タイプなど、総合的にみて自分に合ったライトを選ぶ必要があります。

自分にあったライトを使って、安全に走行してくださいね。


【参考記事】本当におすすめの自転車ライトを徹底比較!▽

【参考記事】おしゃれな自転車ライトも検討してみて!▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事