ロードバイク用ボトルのおすすめ人気ランキング|走行中の水分補給に便利な一本とは

ロードバイク用ボトルの人気アイテムをお探しの方へ。今記事では、自転車用ボトルの特徴や選び方から、おすすめランキングまで詳しくご紹介します。サイクリング中でも手軽に水分補給できるアイテムを解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

ロードバイク用ボトルは必要?|あると便利な理由とは

ロードバイク用ボトルのおすすめ

ロードバイク用ボトルは、走りながらでも片手で水分補給ができるという点で他のボトルよりも優れています。

ペットボトルなど、蓋を開けるのに両手を使う必要があるボトルの場合、一度停まって水分補給をしなくてはなりません。こまめな水分補給を怠ると、脱水症状などのリスクがあるため、ロードバイク用ボトルを使うことをおすすめします。


ボトルを自転車に取り付けるなら専用の「ボトルケージ」が必要

ロードバイク用ボトルを携帯する方法は、大きく分けて2パターンあります。1つはバッグに入れておき、取り出して飲むパターン。もう1つは、ロードバイクにボトルを取り付けるパターンです

ロードバイクにボトルを取り付ける場合、専用のボトルケージが必要になります。ボトルケージを購入する際は、車体に合わせて取り付け場所やサイズを選ぶことが重要です。

【参考記事】はこちら▽


ロードバイク用ボトルの選び方|水分補給に最適なアイテム選びのコツとは

ロードバイク用ボトルは色々なメーカーから販売されており、同じメーカーでも商品によってそれぞれ特徴が違うため、どんなものを選んだらいいか迷ってしまうのではないでしょうか。

そこで、満足のいく商品を購入できるよう、ロードバイク用ボトルの選び方を紹介します。


ロードバイク用ボトルの選び方1. 容量は600ml〜700mlの製品を選ぶ

どのくらいの量の水分を摂るかは走る距離や季節によっても変わりますが、ボトルの容量が小さすぎると水分が足りなくなったり、大きすぎると取り出して飲むのが大変といったリスクがあります。

ロードバイク用ボトルは、ペットボトルよりも小さい500ml未満のものから、1000ml以上入る大容量タイプのものまで幅広く販売されています。

そのなかでも、600~700mlのものが主流であるため、迷った場合は600~700mlのボトルを選ぶと良いでしょう


ロードバイク用ボトルの選び方2. 夏場なら保冷できる製品を選ぶ

冷たい飲み物で水分補給をしたいのなら、保冷機能を兼ね備えたボトルを選んでおくと安心ですよ。保冷機能のないボトルの場合、夏場は飲み物がすぐにぬるくなるので、スポーツドリンクなどは特に美味しく飲めなくなってしまいます。

市販のロードバイク用ボトルは、プラスチック製・ステンレス製・ポリプロピレン製など、様々な素材のものがあります。

保冷効果を長持ちさせたい場合は、ステンレス製の魔法びんタイプのボトルを選ぶのがおすすめです。


冬場なら保温もできる製品もおすすめ

冬場は温かい飲み物を収納する場合、保温機能も兼ね備えたボトルを選んでおくと安心ですよ。

保温機能のあるロードバイク用ボトルは、真空断熱構造を取り入れたステンレス製の魔法瓶が主流です。

ステンレス製ボトルのなかには、保冷はできても保温はできないというものもあるため、「保温・保冷」と記載がある商品を選ぶようにしましょう。


ロードバイク用ボトルの選び方3. 開閉せずに簡単に飲めるプル式やジェットバルブ式を選ぶ

蓋を開閉して飲むタイプのボトルだと、走行中に飲む際に手間取るため、前方不注意になってしまう危険があります。そのため、開閉が簡単、もしくはいらないボトルを選ぶと安心です。

最近では、飲み口を引っ張って開けるプル式、ボトルを握るだけで水が出せて逆さにしても水が漏れないジェットバルブ式、プル式とジェットバルブ式の機能を併せ持ったウォーターゲート式といったタイプのボトルが多く販売されています

ボトルを握って水を出すのが辛い場合はプル式、飲み口を引っ張って開けるのが手間に感じる場合はジェットバルブ式というように、使い方が自分好みのものを選ぶと良いですよ。


ボトルケージに置くならキャップ付きを選ぶのもおすすめ

開閉せずに飲めるボトルは、すぐに飲めて手軽な反面、砂埃などが飲み口に付きやすいという難点があります。ボトルをボトルケージに置く場合は、特に走行中に砂埃がかかる可能性が高いです。

市販のボトルは、開けた際にキャップが落ちないよう、本体にキャップがくっついているタイプのものも多くあります。

開閉の手軽さにこだわるのなら、ボタンを押すとワンタッチでキャップが開くボトルを選ぶのがおすすめですよ


ロードバイク用ボトルの選び方4. 走行中に落とさないよう握りやすいボトルを選ぶ

ボトルの握り心地も、快適な水分補給をするために重要なポイントです。走行中に水分補給をする際、握りにくい形のボトルだと手がすべり、道にボトルを落としてしまう可能性があります

ロードバイク用のボトルは、持ちやすいようにくぼみが付いているものや滑り止めが付いているものなど、様々な形状のものが流通していますよ。

そのなかでも、くびれがあってやや細い、しっかりと握れる形のボトルを選んでおくのが良いでしょう。


ロードバイク用ボトルのおすすめ人気ランキング|走行中に飲みやすいアイテムを徹底比較!

自分に合ったボトルを選ぶポイントについて知ったところで、続いてはロードバイク用ボトルのおすすめランキングを紹介します。

容量や保温・保冷機能といった商品情報を比較し、それぞれの特徴とおすすめポイントをまとめているので、ぜひボトル選びの参考にしてくださいね。


【ロードバイクボトルのおすすめ第15位】Kemier シリコンボトル

Kemier ボトル 水筒 ウォーターボトル シリコンボトル スポーツボトル スポーツジャグ アウトドア 大容量 おしゃれ 自転車 登山用 折りたたみ たためる 食品グレード 軽量 耐冷 耐熱 無毒 無臭 750ml 全3色 (ブルー)
  • 飲み終わったあと折りたためて、カバンへの収納が楽々
  • オレンジ・ピンク・ブルーなど、カラフルでおしゃれなボディが選べる
  • 飲み口に漏れ防止のシリコンシールが付いていて、水漏れが不安な人におすすめ

ボトルをカバンを入れて収納する人にとっては、「できるだけかさばらないボトルが欲しい。」というのが切実な願いですよね。

Kemierのシリコンボトルは、柔らかいシリコン素材で作られているため、飲み終わった後にコンパクトに丸めることができます。さらに、本体に付属のロープで丸めたボトルをまとめれば、手のひらサイズでカバンに収納が可能です。

できるだけ身軽な状態で帰りたい方にイチオシのロードバイク用ボトル。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:750 (ml)
  • サイズ:7.5 × 25 (cm)
  • 重量:155 (g)
  • 飲み口:開閉式
  • 保冷時間:×
  • 保温時間:×
  • キャップ付き:◯
  • メーカー:Kemier

【ロードバイクボトルのおすすめ第14位】UTOBEST ハイドレーション 3L

UTOBEST ハイドレーション 水袋 広口 給水リザーバー ウォーターキャリー 水分補給 防災用 1L 1.5L 2L 3L ハイキング 登山 サイクリング ランニング (3L)
  • 3リットルの水を入れることが可能で、長距離サイクリングの水分補給に最適
  • 飲み口を噛むと水が自然に出てくるため、手を使わずに給水が可能
  • 平らな形とソフトな材質で、大容量でもリュックに収納しやすい

長距離のサイクリングに挑む場合、なるべくたくさんの水を常備しておきたいという人も多いのではないでしょうか。

そんな願いを叶えてくれるのが、ソフトな素材のボトルに給水チューブを取り付けられた「ハイドレーション」。やわらかい袋状のボトルには、なんと最大3リットルの水を入れることが可能です。

こまめな水分補給でバテることなく長距離サイクリングを楽しみたいという方には、ハイドレーションがおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:3000 (ml)
  • サイズ:20.5 × 38.5 (cm)
  • 重量:160 (g)
  • 飲み口:プル式
  • 保冷時間:×
  • 保温時間:×
  • キャップ付き:◯
  • メーカー:UTOBEST

【ロードバイクボトルのおすすめ第13位】ユニコ B.free ステンレスサーモボトル

UNICO(ユニコ) B.free ( ビーフリー ) ステンレスサーモボトル クール & ホット 500E カラー: シルバー
  • 本体に付いたシリコンプロテクターでグリップ力を強化し、手を滑らせにくい
  • キャップが付いているので、砂埃などで飲み口が汚れにくい
  • 真空二重構造で、長時間の保温・保冷が可能

ロードバイク初心者の場合、走行中の水分補給で最も不安なのが、手を滑らせてボトルを落としてしまうことではないでしょうか。

ユニコの「B.free ステンレスサーモボトル」は、そんなあなたの不安を解消してくれます。上部にはくびれが、下部にはシリコンプロテクターが付いており、手を滑らせにくい工夫が凝らされたボトルです

走行中にボトルを落としてしまうというアクシデントを避けるために、ぜひ使ってみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:500 (ml)
  • サイズ:7.5 × 7.5 × 26.5 (cm)
  • 重量:340 (g)
  • 飲み口:開閉式
  • 保冷時間:18時間
  • 保温時間:10時間
  • キャップ付き:◯
  • メーカー:ユニコ

【ロードバイクボトルのおすすめ第12位】O2 COOL ドリンクミスト DMSW1-BL

ドリンクミスト【ミストクーラー専用タンク搭載スポーツボトル(500ml以上)】(スクイズボトル)自転車・ランニング・レジャー/ブルー DMSW1-BL
  • ミストクーラー専用タンク搭載で、走行中でもミストを浴びてクールダウンができる
  • 丈夫で柔らかい素材を使用し、吸わずにドリンクを押し出すことが可能
  • キャップを外すと間口が広いため、大きい氷も楽々入る

走行中にドリンクを飲む人の中には、水分補給のついでに首元や顔に水を浴びてクールダウンしている人もいるはず。しかし従来のボトルだと、水がうまくかからないことがありますよね。

O2 COOLの「ドリンクミスト」は、水分補給と体のクールダウンのどちらにも適した、ハイブリッド型のボトルです。飲み口とは別に付いたレバーを押すと、ミスト状の水が噴射し、顔や体をとクールダウンしてくれます。

水分補給だけでなく、ほてった体をひんやりと鎮めたい人におすすめしたいロードバイク用ボトルです

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:590 (ml)
  • サイズ:7 × 7 × 29 (cm)
  • 重量:136 (g)
  • 飲み口:プル式
  • 保冷時間:×
  • 保温時間:×
  • キャップ付き:×
  • メーカー:O2 COOL

【ロードバイクボトルのおすすめ第11位】キャメルバック ポディウムチル レッド 21OZ

CAMELBAK(キャメルバック) ボトル 保冷ボトル ポディウムチル レッド 21OZ 620ML 18892091
  • 素材の柔らかさにこだわり、給水時に手が疲れない
  • 手にしっかりとフィットするくぼみがついたボディで、握りやすい
  • ビビッドな配色とスポーティーなデザインが、おしゃれでかっこいい

ジェットバルブ式のボトルの場合、疲労がたまってきたときに固いボトルを握りしめて給水するのは辛いですよね。

キャメルバッグの「ポディウムチル レッド」は、そんなあなたの悩みを解決します。握りやすさにこだわった柔らかい素材を使用しているため、軽く力を入れるだけで給水が可能です

ジェットバルブ式を使いたいものの、ボトルを強く握りしめるのは大変という人には、こちらの商品がベストな選択といえるでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:620 (ml)
  • サイズ:24 (cm)
  • 重量:ー (g)
  • 飲み口:ジェットバルブ式
  • 保冷時間:通常ボトルの2倍
  • 保温時間:通常ボトルの2倍
  • キャップ付き:×
  • メーカー:キャメルバック

【ロードバイクボトルのおすすめ第10位】コアラボトル サイクルボトル&ケージセット

KOALA BOTTLE(コアラボトル) KOALA BOTTLEケージセット Watergateキャップ仕様 / ボトル&ケージ (22oz / 650ml) KBS0005GR22OZ グレー 22oz/650ml
  • ボトル本体にマグネットリングが付いているため、取り出しが簡単
  • 全7色と豊富なカラーバリエーションで、自分好みのボトルを見つけたい人におすすめ
  • コアラが自転車にしがみついているような可愛いデザインで、周りと差をつけるおしゃれが楽しめる

「走行中に水分補給をした後、ボトルをケージに戻すのがちょっと怖い。」しっかりケージにはまらず、誤ってボトルを落としてしまったらと思うと不安ですよね。

コアラボトルの「サイクルボトル&ケージセット」は、ボトル本体に付いたマグネットリングが最大の特長です。飲み終わったボトルをケージに戻す際にマグネットで固定してくれるため、しっかりとはめずに乗せるだけでOK

取り出し・取り付け時にボトルを落とす不安から解放されたい人にぴったりな商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:650 (ml)
  • サイズ:ー (cm)
  • 重量:ー (g)
  • 飲み口: ウォーターゲート式
  • 保冷時間:×
  • 保温時間:×
  • キャップ付き:×
  • メーカー:コアラボトル

【ロードバイクボトルのおすすめ第9位】キャメルバック ポディウムアイス 21OZ

CAMELBAK(キャメルバック) ポディウムアイス 自転車用保冷保温ボトル 保冷効果4倍 エアロジェル採用 620ml(21oz) ブラック 18892125
  • 保冷・保温効果のある断熱素材を使用しているため、夏も冬も好きな温度のドリンクが飲める
  • あらゆるボトルケージに対応した細い形状で、出し入れがしやすく便利
  • 飲みやすいジェットバルブ式で、初心者でも走行中の水分補給が安心

保冷や保温のどちらかではなく、両方を兼ね備えたボトルが欲しいと思ったことはありませんか?

そんな悩みを解決してくれるのが、キャメルバックから販売されている「ポディウムアイス」。断熱素材を使用した独自の二重構造で保冷・保温のどちらにも対応しており、シーンに応じた冷たいドリンク、温かいドリンクを楽しむことができます。

夏場はキーンと冷えたドリンクでほてった体を冷やし、冬場はほっとする温かいドリンクで体を温めるなど、季節によって季節に応じたドリンクを飲みたいという方にこそ、使ってみてほしい一品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:620 (ml)
  • サイズ:ー (cm)
  • 重量:139 (g)
  • 飲み口: ジェットバルブ式
  • 保冷時間:通常ボトルの4倍
  • 保温時間:通常ボトルの4倍
  • キャップ付き: ×
  • メーカー:キャメルバック

【ロードバイクボトルのおすすめ第8位】スパーサイクル ウォーターボトル Catch Up

SPURCYCLE (スパーサイクル) ウォーターボトル Catch Up (Red)
  • ケチャップのボトルをイメージした個性的なデザインが、おしゃれでかわいい
  • 口に当てて握るだけの開閉がいらないタイプで、飲みやすい
  • ボトル全体に施されたPurist加工で、汚れやカビを防いでくれる

一般的にはシンプルなデザインのものが多いロードバイク用ボトルですが、もっとおしゃれでかわいいボトルを使えたら、日々のサイクリングがより楽しくなるはずです。

スパーサイクルの「Catch Up」は、トマトケチャップをイメージしたデザインがポップでかわいいボトル。自転車に取り付けるだけでアクセントになり、水分補給をするのが楽しくなります。

アクセサリーの見た目のおしゃれさにもこだわってサイクリングをしたいという人にぴったりの商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:650 (ml)
  • サイズ:ー (cm)
  • 重量:ー (g)
  • 飲み口:ジェットバルブ式
  • 保冷時間:×
  • 保温時間:×
  • キャップ付き:×
  • メーカー:スパーサイクル

【ロードバイクボトルのおすすめ第7位】キャメルバック ポディウム 21OZ

CAMELBAK(キャメルバック) ポディウム 自転車用ボトル やわらかい 飲みやすい 620ml(21oz) スモーク 18892153
  • 飲み口が自動で開閉するジェットバルブ式のため、逆さにしても漏れない
  • 有害物質を含まない素材を使用し、健康に害を与える心配がない
  • ボトル本体を握ると飲み物が出てくるので、走行中でも飲みやすい

プル式のロードバイク用ボトルを使っていて、飲み口を引っ張る際にストレスを感じている人もいるのではないでしょうか。

キャメルバックから販売されている「ポディウム」は、飲みやすさを意識したジェットバルブ式のボトルです。ボトル本体を軽く押すだけでドリンクが噴き出し、逆さにしても漏れないので、開閉のストレスがいっさいありません

水分補給時をする時、飲み口の開閉に気を取られず快適に走りたいという人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:620 (ml)
  • サイズ:ー (cm)
  • 重量:ー (g)
  • 飲み口:ジェットバルブ式
  • 保冷時間:×
  • 保温時間:×
  • キャップ付き:×
  • メーカー:キャメルバック

【ロードバイクボトルのおすすめ第6位】ビアンキ ボトル680CC

Bianchi(ビアンキ) ボトル BOTTLE 680 cc ブラック JPA0207001BK000
  • ブラックとミントグリーンの配色が、クールでかっこいいデザイン
  • 80gと軽量タイプなので、水分補給時に手が疲れにくい
  • ボトル本体に目盛りが付いていて、飲み物の残量を確認するのに便利

機能面も重要ですが、せっかくサイクリングのお供に持っていくのですから、デザインにもこだわったおしゃれなボトルを携帯したいですよね。

そんな願いを叶えてくれるのが、ビアンキから発売されたロードバイク用ボトル。ブラックのボディにミントグリーンの差し色が映えるかっこいいデザインで、取り付けるだけで愛用の自転車をおしゃれに演出してくれます。

アクセサリーでもおしゃれを楽しみたい方には、最適なボトルです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:680 (ml)
  • サイズ:23 (cm)
  • 重量:80 (g)
  • 飲み口:プル式
  • 保冷時間:×
  • 保温時間:×
  • キャップ付き:◯
  • メーカー:ビアンキ

【ロードバイクボトルのおすすめ第5位】キャメルバック ポディウムチル 21OZ

CAMELBAK(キャメルバック) ポディウムチル 自転車用保冷保温ボトル 保冷効果2倍 620ml(21oz) カスタム ブラック/ブラック 18892137
  • 飲み口とキャップが5つに分解できるため、洗いやすいうえに衛生的
  • エアロゲル素材を使用した2重構造で、保温・保冷効果が持続
  • 自動で開閉するジェットバルブ式で、キャップを開けるストレスがない

「直接口が触れるものだから、なるべく清潔に保ちたい。」清潔さを重視するなら、細かく分解できて、しっかりと洗いやすいものが安心できるはず。

キャメルバックの「ポディウムチル」は、本体とキャップが分解できるのはもちろん、キャップと飲み口が全部で5つに分解できます。隅々までしっかりと洗うことができるため、きちんと乾かせば水カビの心配もゼロです。

しっかりと手入れして、清潔なボトルを長く使っていきたい人は、ぜひ1度お試しください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:620 (ml)
  • サイズ:ー
  • 重量:117 (g)
  • 飲み口:ジェットバルブ式
  • 保冷時間:通常ボトルの2倍
  • 保温時間:通常ボトルの2倍
  • キャップ付き:×
  • メーカー:キャメルバック

【ロードバイクボトルのおすすめ第4位】サーモス FFQ-600 真空断熱ストローボトル

サーモス 真空断熱ストローボトル FFQ-600 600ml Sブラック(FFQ-600-SBK)
  • 10度以下が6時間持続する保冷効果で、冷たい飲み物が長く楽しめる
  • 本体に握りやすい滑り止めが付いているため、手が滑る心配なく取り出せる
  • ワンタッチで蓋が開き、素早く水分補給ができる

時間の経過とともにどんどん飲み物がぬるくなってしまうのは、ロードバイク用ボトルを使う多くの人が抱える悩み。走行中、いつでもキーンと冷えた飲み物が飲めたら最高ですよね。

サーモスのロードバイク用ボトルは、真空断熱層を取り入れたステンレス製魔法ビン構造で、高い保冷力で冷えた状態を長時間キープしてくれます。

こちらのボトルで、お気に入りのスポーツドリンクやミネラルウォーターを冷たい状態で堪能してはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:600 (ml)
  • サイズ:7.5 × 7.5 × 23 (cm)
  • 重量:270 (g)
  • 飲み口:開閉式(ストロータイプ)
  • 保冷時間:10度以下6時間
  • 保温時間:ー
  • キャップ付き:◯
  • メーカー:サーモス

【ロードバイクボトルのおすすめ第3位】TRIWONDER スポーツ ウォーターボトル

TRIWONDER スポーツ ウォーターボトル マラソン ランニング 給水ボトル 水筒 ハイドレーション ボトル ジョギング用 スポーツボトル (700ml)
  • 中身が見えやすいクリアタイプのため、水分摂取量を把握しやすい
  • BPA(人体への影響が心配される化学物質)フリーで、体に優しく安心
  • お得な2個入りで、長距離サイクリングの際に予備として持っていくこともできる

夏場のサイクリングに出かける場合、うっかり水分補給を怠った際の脱水症状が心配になるかもしれません。脱水症状を防ぐためにはこまめな水分補給はもちろん、自分がどのくらい水分を摂取したか把握しておくことが重要です。

TRIWONDERの「スポーツ ウォーターボトル」は、中身が透けて見えるクリアタイプのため、自分がどのくらい水分を摂取したかが一目でわかります。

気が付いたら中身が空になっていて、慌ててコンビニや自動販売機を探すといった事態を防いでくれるので、ぜひ使ってみてくださいね

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:600 (ml)
  • サイズ:21.7 × 7.2 (cm)
  • 重量:70 (g)
  • 飲み口:プル式
  • 保冷時間:×
  • 保温時間:×
  • キャップ付き:×
  • メーカー:TRIWONDER

【ロードバイクボトルのおすすめ第2位】シマノ ドリンクボトル

シマノ ドリンクボトル クリア/ブルーロゴ Y9S0BOTLE1X
  • スタンダードな使い勝手と安い価格で、ロードバイク用ボトルデビューにぴったり
  • 大きなくびれがついたデザインで、しっかりと握りやすい
  • 容量が500mlと小さめで軽量なので、近場のちょっとしたサイクリングに最適

ロードバイクに乗り始めて間もない場合、ボトルをはじめとするアクセサリーはなるべく価格が安いもので揃えたいという人も多いのではないでしょうか。ロードバイクは何かとお金がかかるので、出費は少しでも抑えられたら嬉しいですよね。

シマノのドリンクボトルは、1つ600円台とかなり安い。お試し用として買ってみるのに最適ですし、気に入ったらリピート買いするのもいいでしょう。

アクセサリーに必要以上のコストをかけずに、サイクリングを楽しみたい方にぴったりです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:500 (ml)
  • サイズ:ー
  • 重量:ー
  • 飲み口:プル式
  • 保冷時間:×
  • 保温時間:×
  • キャップ付き:×
  • メーカー:シマノ

【ロードバイクボトルのおすすめ第1位】ゼファール ウォーターボトル

ゼファール(Zefal) ウォーターボトル 自転車 センスM65 [Sense M65] クリアー/ブラック/オレンジ ドリンクに臭いが移らない ロード マウンテン サイクリング ドリンク 155H
  • ボトルと飲み口の素材にこだわり、飲み物に臭いが移らず安心して飲める
  • 価格が650円と安いため、初心者でも手軽に試し買いしやすい
  • ボトルの入り口が広いデザインのため、洗いやすい

「飲み物を入れる容器だから、素材に有害物質が含まれていないか心配。」ボトルの安全性は、使い勝手以上に気になるところですよね。

ゼファールのウォーターボトルは、ボトル本体の素材にポリプロビレンという樹脂を使用しており、ボトル本体の臭いが飲み物に移りません。さらに、直接口が触れる飲み口の部分には食品グレードのシリコンを使用しているため、口に含んでも安心。

品質の安全性を心配することなく、安心して快適にサイクリングを楽しみたい人におすすめのボトルです

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:650 (ml)
  • サイズ:19.3 (cm)
  • 重量:77 (g)
  • 飲み口:プル式
  • 保冷時間:×
  • 保温時間:×
  • キャップ付き: ×
  • メーカー:ゼファール

ロードバイク用ボトルでサイクリング中の水分補給をもっと手軽に!

従来の水筒やペットボトルにはない工夫が凝らされることによって、走行中でも手早く水分補給をすることができるロードバイク用ボトル。ロードバイク用ボトルを選ぶ際は、容量や飲み口の形・握りやすさ・保温や保冷機能などに注目することが重要です。

握りにくい形や開閉に手間がかかる飲み口など、使い勝手の悪いものを選んでしまうのはイヤですよね。

スムーズな水分補給で快適なサイクリングを楽しめるよう、今回ご紹介したランキングを参考に、自分好みのボトルを選んでみてはいかがでしょうか。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事