チートデイ翌日の食事で意識すること|体重を早く元に戻すコツとは?

チートデイの翌日の食事や過ごし方を知りたい方へ。本記事では、チートデイ翌日の食事法から、体重を元に戻すコツやポイントまで大公開!食欲対策やおすすめの食事メニューも紹介していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

チートデイ翌日は一時的に体重が増える

チートデイ翌日は一時的に体重が増える

チートデイとはダイエット中に痩せることができなくなった停滞期に、あえて摂取カロリーを増やす日を指します。中には、ダイエット中のストレス発散として、好きなものを食べていい日と捉える人もいるようです。

チートデイの翌日は、食べた分だけ体重が増えるので太ると驚く人もいるかと思いますが心配はいりません。

少しずつ元の体重に戻るのはもちろんのこと、チートデイをきっかけに代謝がアップし痩せやすい体質になることもあります。


チートデイ翌日の食事メニューは?

チートデイ翌日の食事メニューは?g

チートデイ翌日は体重が増えているのでどのような食事をすべきか迷うかもしれませんが、基本的にはチートデイ前の食事に戻すだけで問題ありません。

チートデイ以前の食事に戻すと3日程度でチートデイ以前の体重に戻り落ち着いてくるため、急な減量や断食の必要はありません。

断食の場合は回復食を挟まないと体に大きな負担がかかりますが、チートデイの場合は食べ過ぎた状態を元に戻すという意味で普段の減量食に戻します。


チートデイ翌日の体重を早く戻すコツ|次の日はどんな食事に気をつければいいの?

チートデイ翌日に体重を早く戻すコツ|次の日はどんなことを気をつければいいの?

ここからは、チートデイ翌日の体重を少しでも早く元に戻すコツをご紹介します。

筋トレなどの運動をするだけでなく、食事のメニューにちょっと気を遣うだけでも痩せるようになります。

どのようなことに気を付けたらいいのか、チェックしてみてください。


ポイント1. カリウムを摂取し、余計な塩分や水分を排出する

カリウムを摂取し、余計な塩分や水分を排出する

むくみとは皮膚の下に余分な水分が貯まっている状態で、塩分の取り過ぎで起こることがあります。

例えば、チートデイに塩分濃度が高い食事をした場合、体内の塩分を薄めるために翌日はどうしてもむくみやすくなるので、水分調整機能があるカリウムを摂取するのがおすすめ。カリウムは腎臓でナトリウムが再度吸収されるのを防ぎ、尿中への排せつを促します。

カリウムはバナナやアボカドに多く含まれているため、普段の食事に意識して取り入れてみてください。


ポイント2. 2〜3日は気持ちカロリー控えめを意識する

先ほども説明したようにチートデイ後は3日程度で元の体重に戻ります。なので、この期間のカロリー摂取量を抑えることがポイント。

基本的に消費カロリーよりも摂取カロリーが多いと太りやすくなるため、摂取カロリーを減らすことで痩せやすくなります。

チートデイ前の食事よりも1品少なくする、食べる量を減らすなど工夫してみてください。


ポイント3. タンパク質を多めに摂取し、食欲をコントロールする

タンパク質を多めに摂取し、食欲をコントロールする

チートデイの翌日は余計に空腹を感じやすくなりますよね。我慢できずにお菓子や食事を食べてしまうと、なかなか体重が元に戻りません。

そこで、空腹を抑えるためにタンパク質を多めに摂取しましょう。

タンパク質には、胃から分泌されるグレリンを抑える効果があります。グレリンの分泌を抑えることで空腹を感じにくくなり、食欲がコントロールできるようになるのです。

サラダチキンなど食事からタンパク質を摂ることも大切ですが、食事だけで摂取しようとするとカロリーオーバーになる可能性もあるため、プロテインを飲んだりして調整するといいですよ。

【参考記事】空腹を感じにくくする高タンパクな食べ物はこちらでチェック▽


チートデイ翌日の過ごし方を意識してダイエットを成功させよう。

チートデイの翌日は一時的に太るかもしれませんが、食事のメニューなどに気を遣うことですぐに元の体重に戻ります。

今回ご紹介したチートデイ翌日のコツを取り入れることで、少しでも早く体重を元に戻せるでしょう。

チートデイを上手に活用して、ストレスを貯めないで無理なくダイエットを続けられるようにしてみてください。


【参考記事】チートデイをさらに効果的に行いたい方はこちらをチェック▽

【参考記事】ダイエットの停滞期を解決する方法はこちらから▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事