腹筋EMSベルトは効果ある?着けるだけで痩せるっていうのは本当なのか?

腹筋EMSベルトに効果があるのか気になる方へ。今回は、腹筋ベルトの効果から、効果を高める方法、効果を引き出すためのポイントまで大公開!つけるだけでお腹を鍛え、痩せると人気が高い筋トレアイテム。ダイエットや筋肥大に効果があるのか、徹底解説します!

腹筋EMSベルトは効果アリ|つけるだけでカロリーを消費できます!

腹筋EMSベルトは効果がある

腹筋EMSベルトとは、電気で筋肉を刺激して、筋肉を強制的に動かすトレーニングアイテム

つけるだけで筋肉が動いて、筋トレのように鍛える効果や、消費カロリーアップによる痩せる効果が期待できるメリットがあります。

ただし、自分の意思によって筋肉を動かすことも忘れずに。もっと効率よく痩せるなら、腹筋EMSベルトだけに頼らず、運動するのも重要です。

そのため、トレーニングでの運動を基本として、腹筋EMSベルトをメインに使って筋肉を動かすのではなく、あくまでも日常のサポートアイテムとしてベルトを活用すること。

装着するだけで痩せられますが、本当に痩せたいなら、運動も取り組んでさらに消費カロリーのアップを目指しましょう!


腹筋EMSベルトの効果を高める方法|ただ着けるよりも痩せやすい?

腹筋EMSベルトの効果を上げる方法

腹筋ベルトは、装着しながらトレーニングを行うことで、より効率的に鍛えられます

例えば、普段と同じ筋トレメニューでも、腹筋EMSベルトを着けて行うと、ベルトから腹筋への刺激も加わるため、より筋トレの負荷が増すのです。その結果として、短時間のトレーニングでも、しっかりと筋肉を追い込めて、効果的に引き締められます

また、ダイエット目的の場合は、ジョギングやエアロビクスといった有酸素運動と組み合わせるのもおすすめ。有酸素運動では、一定時間が過ぎると体脂肪が燃料として消費されるようになるため、ベルトで腹筋を引き締めながら同時に脂肪燃焼も期待できます

効果的に筋肥大やダイエットを目指していくためにも、腹筋ベルトとトレーニングを組み合わせるのがおすすめですよ。


腹筋EMSベルトの注意点|効果を引き出すために覚えておくべきこととは?

腹筋EMSベルトの効果を高める方法とは?

筋肥大やダイエット目的などで活用できる腹筋ベルトですが、効果をしっかり実感するためには、いくつかの注意点を押さえておく必要があります。

そこでここからは、腹筋ベルトで効果を出すためで抑えるべき注意点について、ご紹介していきましょう。今回は、4つのコツについて詳しくまとめて解説しています。

腹筋EMSベルトをさらに効率的に利用するために役立つ情報なので、ぜひあなたも参考にしながらトレーニングを行ってみてくださいね。


腹筋EMSベルトの注意点1. 有名メーカーの腹筋EMSベルトを使う

近年、有名メーカーの腹筋ベルトを模した商品が多く出回っている現状があります

安い価格で販売されているため、お得感があってついつい手を出してしまいそうになりますが、正規品のような効果は得られない場合がほとんど。効果が出ないのなら買っても結局無駄になってしまうだけなので、そのような商品は避けるようにしてください。

有名メーカーから発売されている正規品なら、お腹周りのトレーニングがしっかり行えるような自動プログラムや、データ記録など、便利な機能がいろいろと搭載されており、ダイエット&筋肥大をサポートしてくれるでしょう

質の良い腹筋ベルトを単体で使用したり運動しながら使ったりと、定期的に使い続ければ、効率良くダイエットに取り組めますよ。


腹筋EMSベルトの注意点2. 正しい位置に着ける

腹筋EMSベルトの効果を高める方法:正しい位置につける

腹筋ベルトの装着位置がずれていると、目的の筋肉がうまく刺激されず、思ったような効果が得られないため、注意すること。

お腹の筋肉は、真ん中の部分が太く、両端は細くなっています。そのため、端と端にある細い腹筋にベルトを合わせれば正しい位置に装着しやすく、お腹の筋肉にまんべんなく刺激を与えられるでしょう。

一方の端に寄りすぎてしまうと、腱にも刺激が伝わって、ダメージを受ける可能性も考えられるため、注意しながら位置を調整してください。

正しい位置になっている場合は、筋肉に刺激が加わっていることが感じられます。逆に、何も感じなかったり、毎日使用しても変化が見られない場合は、位置がずれている可能性があるため、見直しましょう。


腹筋EMSベルトの注意点3. 脂肪をある程度落としてから着ける

腹筋EMSベルトの効果を高める方法:脂肪をある程度落としてからつける

腹筋ベルトは、お腹の筋肉に電気刺激を与えることによって、運動した時と同じような効果が期待できるアイテムです。

しかし、腹筋の周りを覆うように脂肪がついている場合は、腹筋ベルトを使って外から電気刺激を加えても、脂肪が邪魔してインナーマッスルまで刺激が届きません。そうなると腹筋は収縮しないため、当然ながら効果が得られにくくなってしまうのです。

お腹が出過ぎている場合は、やはり皮下脂肪が厚くなっていると考えられるので、まずはジョギング・ウォーキングなどの有酸素運動を取り入れて、お腹周りの脂肪をある程度落としてから、再度腹筋ベルトを使ってみましょう

そうすることで、インナーマッスルに効果的に刺激が与えられるようになりますよ。


腹筋EMSベルトの注意点4. しっかりと継続すること

腹筋EMSベルトの効果を高める方法:しっかりと継続すること

EMSの筋肉ベルトを使うと、忙しい時でも、つけるだけで手軽に腹筋を鍛えることが可能です。ただし筋肉ベルトは低刺激のため、腹筋を大きく収縮させながら、しっかり筋肉に刺激を与える通常の筋トレと比べると、結果が目に見えてくるまで、どうしても時間がかかるのがデメリット。

腹筋EMSベルトで痩せるなら、長期間継続することを念頭に置いて、使用していきましょう

個人差があるため、一概にどれくらいの期間使えば効果が実感できると言い切ることはできないのですが、目安としては、最低1カ月は続けることをおすすめします。

1カ月以上コツコツ続けていると、腹筋の引き締めや痩せる効果が徐々に感じられるようになるでしょう。


腹筋EMSベストを用いて、手軽にお腹を引き締めよう!

EMSの腹筋ベルトは、つけるだけでいいため、運動初心者や忙しい人にも気軽に活用できるのがメリットです。つけながら筋トレや有酸素運動を行うことで、さらに効果的に筋力アップが狙えますし、消費カロリーをアップさせて痩せる効果も期待できます。

正しい位置に装着したり、少なくとも1カ月以上は継続して使用するなど、使い方のコツをきちんと押さえれば、きっとあなたも身体の変化を感じられるでしょう。


【参考記事】おすすめの腹筋EMSベルトを厳選!▽

【参考記事】本格的にお腹の脂肪を落とすならお腹痩せのダイエットメニューも取り組もう!▽

【参考記事】初心者でも簡単にできる腹筋トレーニングはこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事