【男のモテ部屋】北欧ナチュラルな部屋作り 4つのポイント

素敵な女性にモテる男は生活が整っているもの。毎日目にして暮らすインテリアを整えて、内面から自分の格を上げましょう。人気インテリアサービス「COSIC(コシック)」が、実例をもとにモテ部屋の作り方とおすすめインテリアを紹介します。

“おうち時間”が増えている今、インテリア選びをしている男性も多いでしょう。

世界が落ち着いて、女性や男友達が家に遊びに来た時、できれば「部屋おしゃれになったね」と言われたい。

そんな願いを叶えるべく、周囲のメンズが使っているインテリアサービス『COSIC(コシック)』にモテ部屋No.1である北欧ナチュラルな部屋の作り方を聞いてみました。

COSICは、誰でも簡単にネット上でインテリアコーディネートを依頼できる超便利なサービス。部屋のサイズや好みに合わせてプロがデザインし、3Dデータで提案してくれます。

実際のコーデイネート実例をもとにおしゃれモテ部屋の作り方をアドバイスしてもらうので、ぜひ実践してみてください!


今回のコーディネートは、大人気「北欧ナチュラルな部屋」

北欧モテ部屋3.jpg

北欧モテ部屋2.jpg

北欧モテ部屋1.jpg

北欧モテ部屋4.jpg

ナチュラルな雰囲気が男女ともに人気の「北欧」。インテリア選びで、一番最初に考える旬のテイストと言っても過言ではありません。

実際に依頼されたのは都内在住の30代男性で、お部屋のコーデの要望としては

  • 長めの窓(100cm x 245cm)が4つあり、カーテンをどうすべきか迷っている
  • 背の低い白い本棚を持ち込みで使いたいから、提案に入れて欲しい
  • ベッド、ソファ、カーテン、ラグと、ほぼ全てのものを買うため、トータルでコーディネートして欲しい

といったところ。

COSICのプロは、どのようなポイントで、食・寝・衣の動線をつないだ北欧ナチュラルなワンルームを実現したのでしょうか。


プロが徹底解説!北欧ナチュラルなモテ部屋の作り方

来客に「おしゃれ」な印象を与える北欧ナチュラルな部屋はどう作ればいいのか。プロに4つのポイントを解説してもらいました。


北欧の部屋作り ポイント1. 背の高い家具を使わない

北欧モテ部屋3.jpg

圧迫感がある空間は狭く野暮ったい印象になりがち。家具をロータイプで揃えることで、お部屋の圧迫感を軽減し、広く見せることができます。ゆったりと休める大きなダブルベッドもロータイプを選択し、空間にゆとりを持たせて大きさほどの存在感を感じさせていません。

また、ベッドスペースとリビングスペースを仕切るために白いシェルフを置いていますが、空間を分割するだけならこれくらい低めの家具でも十分。オープンタイプのシェルフは見た目に抜け感もあるので、違和感なく部屋を分けることができています。


北欧の部屋作り ポイント2. 明るい色使いで圧迫感をなくす

北欧モテ部屋2.jpg

家具を白で統一したら、ソファに明るいブルーを取り入れて、お部屋全体を爽やかで圧迫感のないカラーでまとめています。清潔感があるのはもちろん、明度の高い色使いは空間そのものに広がりを感じさせてくれる効果もあります。

家具選び+部屋の色使いにより圧迫感を徹底的に排除すると、ワンルーム最大の悩みである体感的な狭さを解決。淡い色合いに女性らしさを感じてしまう男性は、アートのフレームや椅子の脚、小物などでブラックを取り入れて空間を引き締めましょう。


ブルーを他の色にすれば、楽に模様替えできる

ソファや小物の色味に使われているブルーを、深いグレーやグリーンにしても調和します。色を変える時のポイントは、落ち着いた色を選ぶこと。

家具に白を多用して明るさや軽やかさを出しているので、アクセントカラーで落ち着かせれば全体的に大人の雰囲気でまとまります。アートやソファカバーを入れ替えたり、クッションで他の色をプラスするだけで、簡単に模様替えできますよ。


北欧の部屋作り ポイント3. オットマンを活用して省スペースでカウチソファ風に

北欧モテ部屋1.jpg

「カウチソファのゆったり感は欲しいけど、サイズが大きくて取り入れられない…」という方におすすめなのが、ソファ+オットマンの組み合わせを活用すること。カウチソファより省スペースながら、のびのびとくつろぐことができます。

友人を招いた際にはソファと分離して使えるので、その時々に応じて自由度高く模様替えできるのも嬉しいポイント。引っ越して間取りが変わっても臨機応変にレイアウトできたりと、柔軟に対応して長く使えます。


北欧の部屋作り ポイント4. 欲ばらない家具配置で空間にゆとりを持たせる

ダイニングセットを置くスペースはあったものの、部屋の圧迫感を最小限にするために、あえてダイニングセットを省いています。

その代わり気持ち大きめのセンターテーブルを置くことで、ゆったりとしたカフェダイニングのような使い方ができる空間に。「自分にとって最小限の必要な家具とは何か?」「すでにある家具で機能を代用できないか?」を考えて、余裕のある空間づくりを意識してみてください。


おしゃれなインテリアにしたいなら、部屋自体の特徴を活かそう!

真四角の部屋というのは実はとても少なく、日当たりや間取り、柱などの構造に合わせた形をしているお部屋が多いです。インテリアのコーディネートを考える上で、部屋そのものの特徴を活かすのはとても大事な視点になります。


特徴的な間取りの部屋は、壁と平行に家具を置こう

北欧モテ部屋4.jpg

この部屋の鳥瞰図を見てみると、斜めに傾いた角が二ヶ所あります。このような特徴的な間取りの場合、近接する壁と並行になるように家具を配置しましょう。

写真を見るとわかるように、リビングダイニングのソファとベッドの向きが微妙に異なっていますよね。そうすることでベッドスペースとリビングダイニングスペースの自然なゾーニング(※1)となり、より過ごしやすい空間となっています。

※1 ゾーニング:目的別に空間を分けること


白いロールカーテンで、室内を明るくしよう

大きな窓のある部屋なので、その窓から入る光を活かすため、光を透過させる白いロールカーテンをチョイス。

昼間は日光で淡く明るい室内になり、夜間は部屋のインテリアを邪魔しないスタイリッシュなたたずまいが空間を広く見せてくれます。

カーテンには遮光の役割を求める人が多いですが、自分の生活スタイルが朝方であったり、深夜の街灯の光が直接入ってくるような立地でない場合は、「どのように光を取り入れるか、活かすか」という視点でウィンドウトリートメント(※2)を考えることもできるのです。

※2 ウィンドウトリートメント:窓周りのしつらえ・デザインのこと

COSICでモテ部屋作りをしてみる


+αでモテ部屋を叶える、上級インテリア4選

北欧ナチュラルな部屋作りがわかったら、ちょっと上級編。

さらにいい部屋作りをしたい男性に向けて「これが部屋にあったら絶対に映えるインテリア」を4つ紹介します。


お部屋に彩りを添えるインテリアグリーン

お部屋に彩りを添えるインテリアグリーン.jpg

出典:a.r10.to

インテリアグリーンを置くと、殺風景なお部屋もどこかこだわりを感じさせる空間になります。無機質な電化製品の印象を和らげる役割も。

120〜150cmほどの高さのものを部屋の角に置くと広く見える効果があるのでおすすめです。高さのあるグリーンを置いて部屋の隅を際立たせることで、奥行きを強調して広がりを感じさせるのです。

お手入れに自信がない人や日当たりがあまり良くない場所に置きたい場合は、インテリア用のフェイクグリーンを使うのも手。インテリアのプロが使うフェイクグリーンは実物と見間違うほどの精巧さで安っぽさもありません。

楽天で詳細を見る


床置きでおしゃれに飾る、A2サイズのアート

床置きでおしゃれに飾る、A2サイズのアート.jpg

出典:a.r10.to

物が多くても少なくても、お部屋の中に目を引くポイントがないと、散らかって見えたり落ち着かない空間になったりしてしまいます。グリーンやディスプレイで飾る方法もありますが、大人の男性におすすめしたいのは、少し大きめのアートを床置きすること。A2サイズ以上のものだとワンルームでもちょうど良い存在感を発揮してくれます。

インテリアのアクセントカラーが使われたアートを選べば、悪目立ちせず部屋に馴染んでくれます。色を意識して選んでみてください。

楽天で詳細を見る


シンプルにキメる、無地&上質なベッドリネン

シンプルにキメる、無地&上質なベッドリネン.jpg

出典:a.r10.to

部屋の中で大きな面積を占めているのはベッドです。柄ものや濃いカラーのリネンを使うと、部屋全体のトーンが下がってしまうことも。

部屋を見渡したとき、「なんだか暗い」「片付けているのに、乱雑とした感じがする」と感じたら、ベッドリネンを無地で明るい色のものに変えてみてください。空間の雰囲気が一気に明るく軽やかになるはずです。

またいい男なら質にもこだわりたいところ。肌触りの良い綿100%のもの、質感と風合いが魅力の麻など、デザインだけでなく素材も吟味しましょう。

楽天で詳細を見る


確かなデザイン性で取り入れやすいイームズチェア

確かなデザイン性で取り入れやすいイームズチェア .jpg

出典:a.r10.to

デザインチェアを一脚取り入れるだけで空間がぐっと垢抜けます。

取り入れやすいのはイームズチェア。やわらかな曲線を描くシルエットは、無機質になりがちな男性の部屋で程よいアクセントになります。

リプロダクト品も多くありますが、本物の素材、技術などを体感してみてはいかがでしょうか。

楽天で詳細を見る


部屋を整えて、内面からモテる男に。

北欧ナチュラルな明るいワンルームのコーディネートを紹介しました。

インテリアにこだわりたくても、「どうしてちぐはぐなのか分からない」ということも多いですよね。

人生とは時間のことであり、時間を過ごすのは空間です。自宅のインテリアを格上げすると時間の質も上がり、読書、家事、勉強、趣味、あらゆることの時間の質が高まります。

充実した時間を過ごしていて余裕がある、前向きな男性は女性にモテること間違いなし。ぜひこの記事を参考にして、インテリアにこだわってみてくださいね。

COSICでモテ部屋作りをしてみる

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ