きび砂糖の人気おすすめ7選|身体に優しい美味しい商品を徹底比較

さとうきびを原材料に用いた「きび砂糖」。今記事では、そんなきび砂糖の特徴や上白糖との違いから、選び方やおすすめのきび砂糖まで詳しくご紹介します。カルシウムやミネラルといった栄養成分はもちろん、カロリーや内容量、メーカーなども加味して、気になるきび砂糖をGETしてみてください!

さとうきびの風味を感じる「きび砂糖」の特徴とは

きび砂糖のおすすめ

きび砂糖は、さとうきびを原料とした砂糖で、精製時に最低限の不純物しか取り除かない製造方法で作られています。粗糖とも呼ばれており、真っ白に精製されない分、原料の栄養素が残りやすく、口あたりの優しさやコク深い味わいが人気です。

調理では、ただ甘いだけでなく照りの良さや深みのある色合いに仕上げる調味料としても活躍していて、自然派の人達にも注目されています。


「上白糖」や「てんさい糖」との違いについて

上白糖は、きび砂糖と同じ原料で作られますが、精製度が高く真っ白な色合いが特徴です。多くの家庭で使用されているメジャーな砂糖で、料理やスイーツ作りにも重宝されています。きび砂糖とは精製度の高さや色、味のまろやかさも異なるので、メニューによって使い分ける人もいるほどです。

てんさい糖は砂糖大根が原料ですが、きび砂糖と非常に似ている天然の色が特徴です。きび砂糖と称していても、てんさい糖を配合した商品もありますので、きび砂糖100%を求める人は間違わないようにしましょう。


どこをチェックすべき?きび砂糖の「選び方」とは

きび砂糖は、ミネラルの豊富さや内容量がメーカーによっても異なるため、使いやすいものを選んで購入したいですよね。特にどんな点に注目しておくべきなのかを把握しておきましょう。

ここからは、きび砂糖の選び方をご紹介します。


きび砂糖の選び方1. 栄養成分やカロリーを確認して選ぶ

少しでも自然に近いものを取り入れたいと考える人なら、栄養成分やカロリーを見て自分に役立てたいと考えるでしょう。特に、栄養素のなかでもマグネシウムや鉄、カリウム・カルシウム量は、商品によって大きな差がありますので、事前に目を通して選ぶことが大切です。

粗糖の精製具合によっては、色合いが違うきび砂糖が販売されていたりします。色が濃いほど栄養価も高く、さとうきび本来の風味を感じやすいため、クセのある砂糖が苦手な人は栄養成分と合わせてチェックしてみるのもおすすめです。


きび砂糖の選び方2. 内容量をチェックして選ぶ

自分の利用ペースを把握しておかないと、きび砂糖が余って硬くなってしまったり、不足して何度も買い足したりすることになり「使いにくいな。」と感じてしまいます。開封したてのサラサラの状態で使えるように、利用ペースをバランスが取れるようにしながら内容量をチェックしておきましょう。

コツとしては普通の砂糖と同様にきび砂糖も日持ちするため、思い切って大容量のきび砂糖を選んでみるのもおすすめですよ。コストも抑えられ、重い砂糖を何度も買う手間が省けます。


料理やお菓子作りにも!きび砂糖の人気おすすめランキングTOP7

様々な料理に活躍するきび砂糖を販売するメーカーはいくつもあります。きび砂糖選びに悩んだら、どんな商品の人気が高いのかもチェックしてみましょう。

ここからは、実際におすすめのきび砂糖をランキング形式でご紹介します。


【おすすめ人気ランキング第7位】きび砂糖ミニ角

きび砂糖ミニ角 (220g)【「賛否両論」店主 笠原将弘さん考案オリジナルレシピ冊子付き】
  • コーヒーや紅茶にもきび砂糖を使えるので、より健康意識や美意識が高まる
  • 国産商品だから、安心して口にできる
  • ジッパー付きなため、湿気を吸いこんだり転倒してこぼれたりしにくく扱いやすい

料理に栄養素の豊富なきび砂糖を使うなら、コーヒー用の砂糖が白い角砂糖では、健康のための努力も水の泡になってしまいますよね。

この商品は、コーヒーにぴったりの角砂糖です。きび砂糖のおいしさをいつでも楽しめるのが特徴で、コーヒーや紅茶に入れてもマイルドさが増して飲みやすくなります。チャック付きなので、湿気を進入させずに使用できるのも使いやすいポイント。料理用と飲み物用をそろえられ、より健康にコミットした食生活ができるから、美意識や健康意識を高めたいあなたに購入してほしい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:220g
  • 原料糖:さとうきび、甜菜糖
  • カロリー:ーkcal/100gあたり
  • メーカー:日新製糖

【おすすめ人気ランキング第6位】波動法製造 極楽きび糖

  • 熱で香りや甘さがグッと引き立つため、おいしさ重視で選びたい人にぴったり
  • 少量の塩も配合されているから、調味料としての活躍度が高く美味しく作れる
  • 国産商品でミネラルもカルシウムも豊富なので、健康が気になる人にもおすすめ

「砂糖が焦げると香りも色もイマイチになってしまう…」という悩みをもつこともあるでしょう。

この商品は、きび砂糖に少量の塩も配合されていて、甘さとの対比効果を発揮するのが特徴です。熱を加えるとカラメルのような風味や味が楽しめると評判で、コーヒーの他、大学芋やプリンのシロップ作りにも重宝します。風味の良さが加熱料理においしさをプラスしてくれるため、「美味しさ重視で選びたい。」という人にイチオシです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:1000g
  • 原料糖:種子島産さとうきび、極楽塩
  • カロリー:ーkcal/100gあたり
  • メーカー:ハドウホウセイゾウ

【おすすめ人気ランキング第5位】うまんかとう

  • 無農薬・無化学肥料の自然農法で作っており、安全性や信頼性を重視したい人にぴったり
  • オーガニック砂糖を作り続けて20年のメーカーなので、安心して購入できる
  • ミネラルやカルシウムなどの栄養が多く、健康志向の人にもおすすめ

オーガニックは土地や肥料・農薬まで厳しい基準をクリアしなければならず、生産者も少ないことから、国産のきび砂糖を探すのは難しいもの。

この商品は、無農薬・無化学肥料の自然農法で作られたオーガニックきび砂糖です。若干価格は高くなりますが、20年以上も前から黒糖からきび砂糖までを一貫して製造しており、職人の長年の技術が作るきび砂糖は美味しいと大人気。子供にも安心して口にできるオーガニックきび砂糖を作っているため、食べ物は安全性や信頼性で選びたい人に購入をおすすめします。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:350g
  • 原料糖:サトウキビ(鹿児島県)
  • カロリー:ーkcal/100gあたり
  • メーカー:ー

【おすすめ人気ランキング第4位】千代の一番

  • 優しい甘さが強調しすぎないから、素材の味を生かす和食にぴったり
  • 内容量が少ないため、ちょっとした手土産などにしても喜ばれる
  • ミネラルやカルシウムも豊富な粗糖なので、健康意識が高まる

「甘さが強すぎる砂糖は、和食に合わないな…」という悩む方もいますよね。

このきび砂糖は、とても優しい甘さが特徴です。和食やお菓子作りに使用してもガツンとくる甘さではないため、素材の味を生かしやすいと人気があります。内容量も少ないので、ちょっとしたお礼や挨拶にも喜ばれますよ。肉じゃが・和え物なども、さとうきびの優しい甘さが素材の味を引き立ててくれるから、「美味しい和食を作りたい!」というあなたにこそ、おすすめしたい商品です。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:150g
  • 原料糖:さとうきび(甘蔗糖)
  • カロリー:ーkcal/100gあたり
  • メーカー:千代の一番

【おすすめ人気ランキング第3位】にんべん きび砂糖 天糖太陽

  • 少しでも甘みやコクを感じられるから、糖質制限中の人にもぴったり
  • ミネラルやカルシウムが豊富なため、健康意識の強い人にもおすすめ
  • 国産で安全性も高いので、安心して使用できる

「黒糖みたいに少量でも糖質の甘みが強い砂糖ってないかな。」と商品選びに悩むこともあるでしょう。

この商品は、コクが強いのが特徴のきび砂糖です。精製度を控えた粗糖なのでミネラルやカルシウムなども豊富で、健康を気にする人からも人気があります。素朴な味わいなので、どんなお料理にもマッチするのが魅力。少量でも甘く、素材の旨味とコクを引き出してくれるので、糖質制限中の人やコスパのいい砂糖を選びたい人に、ぜひ購入してほしいですね。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:500g
  • 原料糖:粗糖
  • カロリー:ーkcal/100gあたり
  • メーカー:にんべん

【おすすめ人気ランキング第2位】薩南製糖 島砂糖

  • 非常に粒子が細かいからよく溶けて、子ども用の食事やおやつにぴったり
  • 沖縄の国産品でクオリティが高いので、安心して使用できる
  • 上品な甘さが広がるから、和菓子や洋菓子にもおすすめ

赤ちゃんの離乳食や子供のおやつに使えるきび砂糖を探していても種類が多くて悩みますよね。

こちらは、非常にきめ細かい粉末砂糖で、食材にもすぐ馴染むのが特徴です。離乳食にもよく溶けますし、和菓子や洋菓子にもマッチします。子どもの健康にも役立つ栄養素が多く、ミネラルやカルシウムなども豊富なのがポイント。国産なのでクオリティが高く、赤ちゃんや子供にも安心して使用できるため、安全性を重視して選びたい人にぴったりですよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:500g
  • 原料糖:粗糖(沖縄・奄美産サトウキビ100%)
  • カロリー:ーkcal/100gあたり
  • メーカー:薩南製糖

【おすすめ人気ランキング第1位】日新製糖 きび砂糖

  • 料理にツヤやコクが出せるから、角煮や煮魚作りにぴったり
  • フワッとしているのにしっとり感があり、スプーンでもすくいやすい
  • 他の調味料の邪魔をしない優しい甘さなので、バランスの良い味わいにできる

「煮物にツヤがないと美味しそうに見えないんだよなぁ…。」と悩むこともあるでしょう。

この商品は、料理にツヤやコクを与えるのにぴったりなきび砂糖で、みりんがない時でも重宝します。上白糖の強い甘みとは違い、黒糖のように深みのある柔らかい味わいがあるため、ダシの味わいや旨味を消さずに仕上げられます。美味しさだけでなく、見た目も抜群に良い状態で仕上げられるため、角煮や煮魚などに使用する粗糖を探している人に購入してほしい商品ですよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:750g
  • 原料糖:さとうきび、甜菜糖
  • カロリー:396kcal/100gあたり
  • メーカー:日新製糖

「きび砂糖」って赤ちゃんの離乳食に使ってもいいの?

小さな子どもに与えるものだと、はちみつのようにボツリヌス菌などを気にする親御さんもいるでしょう。しかし、きび砂糖はボツリヌス菌を死滅させる120度で4分以上の加熱処理をクリアしている商品がほとんどです。

メーカーでも製品検査をして安全性を公開していることもあるので、気になる方はチェックしてみましょう。身体に優しいと言っても砂糖なことには変わらないので、離乳食に使う時は使用する商品のパッケージは必ず確認するようにしてくださいね。

ただ、優しい口当たりも離乳食にぴったりですから、基本的には使用しても大丈夫といえますよ。


美味しいきび砂糖で料理に活かそう!

きび砂糖には産地や容量、形状の違う様々な商品が発売されています。価格も幅がありますが、気軽に手にできる金額の商品も多いため、まずは身近な金額からきび砂糖を始めてみるのもおすすめですよ。

今回ご紹介した商品は、価格も手頃で国産のものをご紹介しました。ぜひ参考にいていただいて、美味しいきび砂糖を活用してみてください。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事