【2020年最新】ビアンキクロスバイクの人気おすすめランキングTOP10

最新のビアンキクロスバイクのおすすめをお探しの方へ。本記事では、ビアンキクロスバイクの魅力や選び方&比較方法を解説!さらに2020年最新のおすすめ人気ランキングを大公開します。ローマやCスポーツなどの人気モデル紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

ビアンキクロスバイクが愛される「3つの魅力」とは

ビアンキ・クロスバイクのおすすめ人気ランキング.jpg

ビアンキはイタリアの自転車メーカーで、新しいクロスバイクやロードバイクを毎年のように発表しており、ラインナップも豊富です。自転車を愛する人たちから人気のビアンキクロスバイクにはどのような魅力があるのかを紹介していきます。


ビアンキクロスバイクの魅力1. 使用目的に合わせて選べるラインナップの豊富さ

ビアンキは自転車専門メーカーとだけあって、様々なシーンに合わせたバイクがあります。クロスバイクだけでなくロードバイクやマウンテンバイクの種類も豊富にあり、どんな道を走るのかやレースで使うのかなど、使用目的に合わせてバイクを選べるのが魅力です。

ビアンキではクロスバイクは「SPORTS」に分類されていますが、走行する道の状態によっては、マウンテンバイクのエントリーモデルをクロスバイクとして使うのもいいでしょう。バイクの種類が多いことから、使用目的に応じて選べる点が、ビアンキクロスバイクの大きな魅力といえますよ。


ビアンキクロスバイクの魅力2. 街中でも目を引く高いデザイン性

ビアンキはイタリアの会社とだけあって、スタイリッシュかつデザイン性の高さにもこだわっているクロスバイクを展開しています。ミラノの青空をイメージした明るいエメラルドグリーン、いわゆるチェレステカラーを取り入れたクロスバイクはビアンキの代名詞的存在にもなっており、街中を走っていると目を奪われるでしょう。

明るい色合いを用いてスタイリッシュなデザインに仕上げられているビアンキクロスバイクは、男性だけでなく女性にもよく選ばれています。


ビアンキクロスバイクの魅力3. エントリーモデルは5万円程度でコスパが高い

本格的に自転車を楽しみたいと思っても、ビアンキのロードバイクやマウンテンバイクはかなり高額で、10万円を超えてしまうこともよくあります。クロスバイクはロードバイクとマウンテンバイクの中間の性能を持つバイクであるのと同時に、安い値段で手に入れられるのも魅力です。

ビアンキクロスバイクのエントリーモデルは5万円台のモデルもあり、安い値段で手に入れられます。自転車を楽しみたいものの値段が高くなかなか手が出せない人にとって、コスパが高いビアンキクロスバイクのエントリーモデルはおすすめです。


ビアンキクロスバイクの「選び方・比較方法」を紹介!

ビアンキクロスバイクには様々な性能を持つ車種があり、どれが自分に合っているのかわからない人も多いでしょう。ここでは、ビアンキクロスバイクをどう選ぶといいのかを解説していきます。詳しく見ていきましょう。


ビアンキクロスバイクの選び方1. 人気シリーズから選ぶ

ビアンキからは毎年新しいクロスバイクが発売されていますが、いくつかのシリーズに分類できます。シリーズごとの特徴を見ておかないと、自分の走り方に合うクロスバイクを選べないこともあるので事前に把握しておきましょう。ビアンキクロスバイクの代表的な人気シリーズは下記の通りです。

  • ROMA(ローマ):ロードバイクに近い仕様に組まれており、街中を駆け抜けるスピード感を楽しみたい人にぴったり。
  • C・Sport(Cスポーツ):人気シリーズ『カメレオンテ』の後継で、マウンテンバイクに近い仕様。オフロードも難なく走れ、場所を選ばずクロスバイクに乗ってみたい人に最適。
  • VIA BRERA(ヴィアブレラ):ロードバイクのハンドルをフラットハンドルに変更したモデルで、長い距離を乗って楽しみたい人におすすめ。

クロスバイクの中でも人気のあるシリーズから選ぶことで、自分のクロスバイクへの乗り方に合う車種を選びやすいでしょう。


ビアンキクロスバイクの選び方2. フレームの素材から選ぶ

フレームはクロスバイクの背骨部分にあたるので、高い強度がある素材を使われているモデルを選ばないと、壊れやすくなることもあります。フレームにどのような素材が使われているかは、メーカーやシリーズによって異なりますがアルミやカーボン、クロモリなどが代表的な素材です。

ビアンキクロスバイクの2018~2020モデルには、アルミニウム合金やアルミニウム、ハイテンシルという鉄の一種がよく使われています。

特にアルミニウムは一般的にスチールより軽く十分な強度を備えている上に、他の素材と比較すると値段も安いことから、クロスバイクではよく用いられていますよ。


ビアンキクロスバイクの選び方3. タイヤ幅を選ぶ

ビアンキクロスバイクは車種によってタイヤ幅が異なり、乗り心地も違った印象になります。タイヤ幅が広いと悪路でも安定した走行をしやすく、逆にタイヤ幅が細いと舗装された道路でスピードを出しやすくなるでしょう。

タイヤ幅はCという表記がなされており、細いものだと25C程度、太いと35C程度、平均28C程度です。スピードを重視するのか安定性を重視するのか、平均的な走行を求めるのかを考えながら、自分に適したタイヤ幅を選ぶのがおすすめです。


ビアンキクロスバイクの選び方4. コンポーネントから選ぶ

コンポーネントとはタイヤとフレーム以外の部分のパーツの総称です。クロスバイクはマウンテンバイク系・ロードバイク系に分類される様々なコンポーネントを組み合わせてできており、コンポーネントの質が変わると性能が変化するので、乗り心地も変わります。

代表的なコンポーネントのメーカーは、日本の「シマノ」、イタリアの「カンパニョーロ」、アメリカの「スラム」など。どのメーカーのどのシリーズのコンポーネントを選ぶかで、乗り心地はもちろん値段にも大きく差が出るでしょう。


ビアンキクロスバイクの選び方5. 好みのデザインから選ぶ

いくら高性能で乗り心地が良いクロスバイクでも、デザインやカラーが好みではないと、積極的に乗りたいと思えないこともあります。せっかくクロスバイクを購入するなら、自然と乗りたい気持ちになれる自分好みのデザインを選ぶのが大切です。

ビアンキのクロスバイクはイタリア生まれでスタイリッシュなデザインなのはもちろん、フレームの種類が選べる車種も多く、好みに応じて選べます。自分好みなデザインのビアンキクロスバイクを見つけて、自転車乗りを楽しみましょう。


【2020年最新】ビアンキクロスバイクおすすめ人気ランキングTOP10

ここからは、2020年の最新モデルを中心に、おすすめのビアンキクロスバイクを人気ランキング形式で紹介していきます。

ビアンキには様々な種類のクロスバイクがあるので、デザインや機能などを比較しながら自分に合った最適の1台を選び、自転車乗りを楽しみましょう。


【ビアンキクロスバイクおすすめ第10位】2019 Roma 2 Disc(2019 ローマ2 ディスク)

  • マットなチェレステカラーと黒系のメタリックカラーの2色展開で、どちらもスタイリッシュでおしゃれなデザイン
  • 18段階変速でき、通勤から遠出のサイクリングまでシーンに合わせて使い分けできる
  • 複数のフレームサイズから選択可能で、体型に合わせてカスタムでき、乗り心地抜群

「おしゃれさも性能の高さもどちらも欲しい。」そんな希望を叶えてくれるのがこちらの製品です。マットなチェレステカラーと黒っぽいメタリックの2色展開で、ロゴの色合いも含めてスタイリッシュなデザインに仕上がっています。

変速が18段階可能だから、通勤などの普段使いからサイクリングで長距離を乗る時など、シーンに合わせて細かく調節可能です。おしゃれなだけでなく、高性能なクロスバイクを求めている人は、きっと満足できるモデルなので、ぜひ検討してみてくださいね。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:113,000円
  • フレーム素材:Alloy(アルミニウム合金)
  • 重量:-
  • 変速:18
  • コンポーネント:Shimano Sora
  • タイヤサイズ:700×28C
  • カラー:チェレステ、メタル

【ビアンキクロスバイクおすすめ第9位】2019 ROMA 1 DISC(2019 ローマ1ディスク)

  • 雨の日でも制御しやすいディスクブレーキを搭載しており、雨天でも安定したブレーキで安心
  • マットな色味は落ち着いた色合いを好む人に最適
  • アルミを使用したフレームで軽く、女性など力が弱い人でも扱いやすい

日常的にクロスバイクを使う機会がある人は、雨の日のブレーキの効きが心配ですよね。このモデルは雨の日でも制御しやすいディスクブレーキを搭載していて、ブレーキの効きが天候に影響を受けにくく安心して走行できます。

通勤時やサイクリングの途中に急な雨が降ることがあっても、ブレーキが滑る心配がありません。お天気を選ばず走行しやすいクロスバイクを普段使いしたい人は、ディスクブレーキを搭載したこのモデルが最適ですよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:123,000円
  • フレーム素材:Alloy(アルミニウム合金)
  • 重量:-
  • 変速:あり
  • コンポーネント:Shimano Tiagra
  • タイヤサイズ:700×28C
  • カラー:マットチェレステ、マットブラック

【ビアンキクロスバイクおすすめ第8位】2019 VIA BRERA(2019 ヴィアブレラ)

  • 舗装された道の走行に適していて、通勤や軽いサイクリングに最適
  • 変速に対応していない分安定した速度で走行でき、安全に走れる
  • 複数のサイズからカスタムでき、自分の体格に合わせられる

「まずは街の走行から慣れていきたい。」と思っている人は、「VIA BRERA」が最適です。変速には対応していないものの、安定したスピードで走行でき、安全に走りやすく、街を走行するのに適したモデルで、程良い速度で安定した走行ができます。落ち着いたデザインのボディは黒系のクロームとチェレステとの2色展開で、おしゃれに街を自転車で走りたい人にぴったりです。

クロスバイクで街を中心に走りたい人は、ぜひ検討してみてください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:78,000円
  • フレーム素材:Hi-Ten(ハイテンシル)
  • 重量:-
  • 変速:×
  • コンポーネント:-
  • タイヤサイズ:700×25C
  • カラー:チェレステ、クローム

【ビアンキクロスバイクおすすめ第7位】2019 ROMA3 Disc(2019 ローマ3 ディスク)

  • カラーバリエーションが4色あり、定番色以外にも選択でき、他の人と色が被りにくい
  • ギアを16段階で変速でき、通勤でもサイクリングでも、シーンに合わせて走行しやすい
  • パーツのサイズ展開が豊富にあり、体型に合わせて細かくカスタムしやすい

「ビアンキクロスバイクに乗ってみたいけど他の人と色が被るのは嫌。」そんな願いを叶えてくれるのが、『2019 ローマ3 ディスク』です。カラーバリエーションが4色あり、定番色の他にブラック地にピンクの文字、マットミリタリーグリーンなどがあり、とても個性的。

さらに、クロスバイクとして快適に走行するための変速ギアやディスクブレーキなども備えており、走り心地抜群ですよ。他の人が持っていないような配色のビアンキクロスバイクに乗りたい人におすすめしたいモデルといえます。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:80,000円
  • フレーム素材:Alloy(アルミニウム合金)
  • 重量:-
  • 変速:16
  • コンポーネント:Shimano Claris
  • タイヤサイズ:27.2x350mm
  • カラー:チェレステ、マットブラック、マットブラック/ピンク、マットミリタリーグリーン

【ビアンキクロスバイクおすすめ第6位】2020 ROMA3 Disc(2020 ローマ3 ディスク)

  • ローマシリーズの2020モデルの中で最も安いので手軽に購入しやすい
  • 油圧式ディスクブレーキを用いていて、握力が弱い人でも簡単にブレーキをかけられる
  • カラーバリエーションが6色と豊富にあり、好みの色を選べる

せっかくクロスバイクに乗るなら、赤が目立つしかっこいいですよね。2020年最新モデルの『ローマ3 ディスク』には豊富なカラーバリエーションがあり、鮮やかで明るい色味のレッドも含まれているから、男女問わず人気があります。

ローマシリーズの最新モデルの中では一番安いことから、エントリーモデルとしてもおすすめです。明るい赤のクロスバイクに乗って楽しい気分でサイクリングをしたい人に、最適なモデルといえるでしょう。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:85,000円
  • フレーム素材:Alloy(アルミニウム合金)
  • 重量:-
  • 変速:14
  • コンポーネント:Shimano
  • タイヤサイズ:700×28C
  • カラー:チェレステ、ブラック、ホワイト、ネイビー、マットダークグレー、レッド

【ビアンキクロスバイクおすすめ第5位】2020 C・SPORTS1(2020 Cスポーツ1)

  • 定価が5万円台とクロスバイクとしては安いので手頃に購入できる
  • 白、黒、チェレステの落ち着いた色合いの3色展開で、大人にぴったりの色合い
  • 太めのタイヤを使用しており、初心者でも乗りやすい

「クロスバイクを使ってみたいけど高くて買えない。」と思っている人に最適な2020年最新モデルが『Cスポーツ1』です。定価が5万円台とリーズナブルで手軽に購入しやすいうえ、太めのタイヤを使用していてクロスバイク初心者でも乗りやすい仕様になっています。

本体サイズは4種類あり、自分の身長や足の長さに合わせて適したタイプを選べますよ。手頃に購入できるエントリーモデルなので、これからクロスバイクを楽しみたい人にぴったりの製品といえるでしょう。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:59,800円
  • フレーム素材:Alloy(アルミニウム合金)
  • 重量:-
  • 変速:24
  • コンポーネント:Shimano 3 X 8sp
  • タイヤサイズ:700×35C
  • カラー:チェレステ、マットブラック、マットグレー/ピンク、ネイビーブルー、ホワイト

【ビアンキクロスバイクおすすめ第4位】2020 ROMA2 disc(2020 ローマ2 ディスク)

  • 一般的な大きさのタイヤに軽いフレームを使っておりスピードが出やすく、道路の走行に適している
  • カラーバリエーションは定番の2色で、男女ともにおしゃれに決められる
  • 油圧DISCブレーキを搭載しており、急な雨でもブレーキが滑らず安心

「通勤などでクロスバイクを使うので道路を走ることが多い。」そんな人に最適な2020年最新モデルが『2020 ローマ2 ディスク』です。クロスバイクとしては一般的な大きさのタイヤに軽いフレームを使っていることでスピードが出やすく、舗装された道路を快適に走行できます。

カラーバリエーションは定番のチェレステと黒のマットタイプで、性別を問わず使える色味です。舗装された道路を中心に走る人は、スピードが出やすいこのモデルを使ってみてください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:95,000円
  • フレーム素材:Alloy(アルミニウム合金)
  • 重量:-
  • 変速:18
  • コンポーネント:Shimano
  • タイヤサイズ:700×28C
  • カラー:マットチェレステ、マットブラック

【ビアンキクロスバイクおすすめ第3位】2020 C・Sport2(2020 Cスポーツ2)

  • 太めのタイヤを使用しており、場所を選ばず安定した走行ができる
  • 派手すぎずスタイリッシュな雰囲気でおしゃれ
  • 本体サイズが4種類あり、自分の体格に合う大きさを選べ、使い勝手が良い

本格的にクロスバイクを始めたいと思っているなら「オフロードにも積極的に挑戦していきたい。」と思う人も多いですよね。

2020年の最新モデル『2020 Cスポーツ2』は太めのタイヤを使用しており、クロスバイクとマウンテンバイクの中間のような仕様で、道路だけでなくオフロードにも対応できます。

デザインはマット系の本体の色に、落ち着いたグレーの文字色が使われていて、とてもスタイリッシュな雰囲気です。道路での走行だけでなく、オフロードも走ってみたいと考えている人は、きっと満足できるでしょう。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:69,800円
  • フレーム素材:Alloy(アルミニウム合金)
  • 重量:-
  • 変速:24
  • コンポーネント:Shimano 3 X 8sp
  • タイヤサイズ:700×35C
  • カラー:チェレステ/ブラックーホワイト(マット)、ブラック/グラファイトーチェレステ(マット)、ホワイト/ブラックーチェレステ(グロッシー)、チェレステ/ブラックーホワイト(マット)

【ビアンキクロスバイクおすすめ第2位】2020 ROMA1 Disc(2020 ローマ1 ディスク)

  • 軽くて頑丈な素材を使っているので長距離の走行も快適にできる
  • ディスクブレーキを使っており、濡れた路面もブレーキの制御が効きやすい
  • 高級感ある配色の2色展開は2020年ビアンキクロスバイク最上位モデルにぴったり

最新かつ最上位モデルでサイクリングを楽しみたいなら、『2020 ローマ1 ディスク』が最適です。

クロスバイクの2020年モデルの中では一番価格が高い最上位機種で、軽くて頑丈かつ高額なコンポーネントを使用しており、長距離サイクリングも快適に走行できます。

また、雨の日でも制御しやすいディスクブレーキを使用しており、雨などで濡れた路面でも問題なく走行可能。現行最上位モデルに乗って快適にクロスバイクでサイクリングを楽しみたい人はぜひ検討してみてくださいね。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:125,000円
  • フレーム素材:Hi-Alloy(アルミニウム合金)
  • 重量:-
  • 変速:20
  • コンポーネント:Shimano Tiagra
  • タイヤサイズ:700×28C
  • カラー:チェレステ、ブラック

【ビアンキクロスバイクおすすめ第1位】2019 ROMA4(2019 ローマ4)

  • カラーバリエーションが豊富にあり、好みの色合いを見つけやすい
  • 舗装された道路を軽快に走れ、通勤など道路をよく走行する人にぴったり
  • 本体サイズを5種類から選択でき、体型に合う大きさに調整できる

「自転車通勤メインで使いやすいクロスバイクが欲しい。」そんな人に最適なモデルが、『2019 ローマ4』です。軽量なアルミフレームを使った2019年のモデルで、舗装された道路を軽快に走行できます。

カラーバリエーションの豊富さもローマ4の魅力の一つで全5色あり、クラシカルな配色でとてもおしゃれ。舗装された道路を走行する頻度が高く、道路を快適に走れるビアンキクロスバイクを求めている人に、使ってみて欲しいモデルです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:75,000円
  • フレーム素材:Alloy(アルミニウム合金)
  • 重量:-
  • 変速:24
  • コンポーネント:シマノ ターニー・アルタス
  • タイヤサイズ:700×28C
  • カラー:チェレステ、マットブラック、マットグレー/ピンク、ネイビーブルー、ホワイト

自分に合うビアンキクロスバイクでサイクリングを楽しもう!

ビアンキクロスバイクはイタリアならではのおしゃれなデザインと、自転車メーカーならではの性能の高さを併せ持ったアイテムがたくさんあります。また、種類が多いのでどれを選んでいいのかわからない人も多いでしょう。

舗装された道を走るのか、オフロードも走るのかなど、どのように使うのかをはっきりさせることが、自分に適したビアンキクロスバイク選びのポイントですよ。

性能も好みも自分に合うビアンキクロスバイクを見つけて、快適な自転車ライフを送ってくださいね!


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事