【メンズ】ジム着のおすすめブランド特集|おしゃれでかっこいい服装とは?

巷ではジムに通う男性が増えており、おしゃれでかっこいいウェアが多く販売されているようになりました。しかし、そのせいでどこのブランドがおすすめか分からなくなっているそう。そこで今回は、ジム着のおすすめブランドをランキング形式でご紹介。人気のメーカーでモチベを上げていきましょう。

【メンズ】ジムの服装で大切なポイント|アイテム選びで重要なコトって?

メンズジム着でおすすめのブランド

ジム通いを始めるからには、普段通りのおしゃれさ重視な服装よりも、動きやすいジムならではの服装が適しています。しかし、いくら動きやすいからといっても、上下ジャージのような服装より、周りからの視線を意識したかっこいいコーディネートをしたい男性も多いかと思います。

しかし、ジムで一目置かれるようなメンズウエアは、どんな服装がいいのか迷ってしまうものです。ここでは、ジム通いに適したメンズの服装選びのポイントを紹介していきます。


ジムの服装選び1. 着心地を左右する素材

ジム着の選び方|服装の素材から選ぶ

一定時間運動を続ける場合、服装で肌触りが良くなければ違和感を感じやすく、ストレスを感じがちです。ジムである程度の時間運動を続けるからには、動きやすい服装で着心地が良い素材を使っていることが大切です。運動前でなく運動中や運動後の着心地の良さも考慮しましょう

素材それぞれが持つ特徴を考慮に入れながら、着心地が良い素材の服装を選ぶのがおすすめです

  • 綿:着心地が良く肌に優しい素材で肌触り抜群。汗を吸収しやすく重くなりがちなので、汗をかきにくい短時間の運動や、肌が弱い人におすすめ。
  • ポリエステル:水を発散しやすいうえに伸縮性が高く、運動に適しています。少し乾燥しやすいので、乾燥肌の人は避けたほうが良い場合もあります。
  • ポリウレタン:大変伸縮性のある素材です。関節部など屈曲する部位に使用するのに適した素材で、タイツなどのインナーに使われています。

ジムで本格的に運動をするなら、筋トレや有酸素運動などで汗をかくもの。

ポリエステル素材であれば汗をかいても生地が重くなりにくいうえに伸縮性も高いので、運動に適した素材といえるでしょう。より伸縮性を求める場合はポリウレタンとの混合生地を選ぶのがおすすめ。

運動後にどのような状態になるのかを想像しながら、着心地のいい服装選びをしましょう。


ジムの服装選び2. サイズ感

ジム着の選び方|サイズ感で選ぶ

ジムでの男性に適した服装のサイズ選びは、どのようなトレーニングを行うのかによって適した大きさが異なります。

ダンスやエアロビクスなど、スタジオプログラムに参加する場合には、大きめのTシャツや長ズボンなどでコーディネートするとかっこいいです。しかし、ジムマシンやバーベルなどの器具を使って男性が思いっきりトレーニングする場合、ダボっとした服装では器具に服がひっかかってしまうこともあり危険を伴うこともあり、大きすぎる服装は避けるほうが良いでしょう

メンズ用の体に沿うタイツやタンクトップなどでもかっこいい服装は豊富にあるので、トレーニングの内容に合わせながら服装選びをするのがおすすめです。


ジムの服装選び3. かっこよさ

ジム着の選び方|デザインのかっこよさ

ダイエットを目的になど、見た目を気にしてジムに通う男性は多いです。

通い始めた当初は見た目に自信が持てない分、少しでもかっこいい服装でコーディネートして、気分を上げていきたいもの。服装でテンションが上がれば上がるほど、ジムに行きたくなるものですし、通えば通うほどかっこよくなり自分に酔いしれることもできます。

ジムでのおしゃれさはタイツやぴったりしたシャツを着るなど、普段のおしゃれさとは少し異なりますが、ジムならではのメンズのかっこいいファッションを追求し、気持ちを盛り上げることで、トレーニングを続けやすくなるでしょう


ジムの服装選び4. 値段

ジム着の選び方|価格はいくらか

男性なら、スポーツブランドのおしゃれでかっこいい服装でジム通いするととてもテンションが上がりますが、頻繁に通うのにいつも同じ服装では長続きしません。

2着程度揃えおくことで着回しができ長持ちするので、ジムの服装を購入する際2着セットでどの程度の価格帯なのかを考慮して選ぶといいでしょう。フィットネスブームの影響もあり、比較的安い服装でもおしゃれにコーディネートできる男性向けのブランドも多いです

頻繁にジム通いして集中してトレーニングを行うためにも、複数のトレーニングウエアを購入できる価格帯の服装を選ぶのが男性におすすめです


【メンズ】ジム着で必要なアイテム|どのくらい重要で持っておいたほうが良いの?

男性がジム通いする時に、人それぞれ必要なウエアが異なります。ジャージなどの上下セットが良いのか、トップスはどのようなものが良いのか、タイツが良いのか長ズボンが良いのかなど、様々。

ジムでどのようなトレーニングをするのかや、通う頻度によって必要なアイテムが変わってくるので、まずは自分がどんなトレーニングを行うのか目星を付けてから選ぶといいでしょう。

ここでは、ジム着で必要なメンズアイテムを重要度別にご紹介していきます


ジム着で必要なアイテム1. トップス【必要度:★★★】

メンズのジムの服装において最も必要なのが、動きやすいメンズ用トップス。トレーニングでは、大量の汗を流すことが考えられるため、一般的なウェアでは汗を吸ってくれなかったりと、あまり良くありません。

ジムの形式によっては貸し出しを行っていることもありますが、どうしてもサイズが合わないこともあるので、自分で用意するのがおすすめです。自分の体形に合うメンズトップスを家から着てくるか、ジムのロッカーで着替えるかして動きすいトップスになり、ジムでのトレーニングをより集中して行いましょう。


ジム着で必要なアイテム2. ボトムス【必要度:★★★】

男性にとってジムで間違いなく必要なアイテムの一つがボトムスです。

スーツのズボンやデニムなどの普段着はおしゃれですが、伸縮性がなく運動に適していないため、ジムでのトレーニングに適した動きやすいメンズの服装が求められます。メンズのジム通いに適したボトムスには、ジャージやタイツ、長ズボンにハーフパンツ、上下セットアップなどたくさんあり、選ぶのも絶対に楽しくなるはず。

筋トレや有酸素運動など、どんなトレーニングを行うのかで動きやすさが異なるので、自分の行うトレーニングに適したメンズの服装で行いましょう。


ジム着で必要なアイテム3. シューズ【必要度:★★☆】

ジムに通う時に履いてきた外履き用のメンズシューズでも運動できるジムは増えつつあるものの、正直なところジムによりけり。トレーニングやスタジオ専用シューズも販売されていますが、外で一度も履いたことがなければ、外履きシューズでも基本的には使えることが多いため、あらかじめ聞いておくことをおすすめします。

本格的にトレーニングを行う人は、新しいシューズを購入するのもGOOD。ランニングなど有酸素運動をメインで取り組む場合には、できるだけ軽く振動に耐えられるランニング専用シューズを。ジムメインで取り組む場合は、怪我のリスクを考えて少しだけ丈夫なアイテムを。

まずはジムに入会する前に見学するなどしてシューズが必要かどうかチェックし、そこから自分の行う種目に応じてアイテムを選んでいきましょう。


ジム着で必要なアイテム4. 上半身用アンダーウエア【必要度:★☆☆】

メンズのジムでの服装において、必ずしも必要ではないものの、あると動きやすいのが上半身用のメンズアンダーウエア(コンプレッションウェア)

ぴったりと体に沿ったつくりになっているコンプレッションウエアで、基本的にはインナーとして着用します。おしゃれ度を高めてくれるのはもちろん、体を適度に刺激して温めやすくするなど運動をサポートしてくれる要素があります

しかし、初心者はメンズアンダーウエアが必要なほど負荷がかかるような動きをすることは少なく、わざわざお金をかけるほどでもないという人が多いですが、形から入るとテンションが上がるタイプの人であれば購入を検討してもいいでしょう。


ジム着で必要なアイテム5. 下半身用アンダーウエア【必要度:★☆☆】

下半身用のメンズアンダーウエアは、足腰や膝を負荷から守ってくれるアイテム。上半身のメンズアンダーウエアと同様、おしゃれにきめられるのはもちろん、体を適度に刺激し保温できるなど、運動をサポートしてくれる要素があるアイテム

筋トレをメインで行おうと思っている筋トレ初心者にとって、最初から必要なアイテムではありませんが、フルマラソンを走ることを目標にしているなど、ランニングを中心に考えている人には必要なアイテム。ただし、筋トレメインで考えている人でも形から入るタイプの男性であれば、購入を検討してもいいでしょう。


ジムでおすすめのメンズコーディネート|おしゃれでかっこいい服装とは?

初めてジム通いをする男性は、どのような服装でコーディネートすればかっこいいのかよくわからない人も多いかと思います。ボトムスだけでもタイツやハーフパンツ、長ズボンなど様々あり、どれを選ぶのが適切なのか迷ってしまうものです。

ここでは、ジム通いするメンズのおしゃれなおすすめコーディネートを紹介していきます。詳しく見ていきましょう。


おすすめのコーディネート1. モノトーンコーデ(トップス+長ズボン)

おしゃれでかっこいいジム着:モノトーンコーデ

出典:wear.jp

  • 黒と白とのシンプルな組み合わせなのでコーディネートを失敗しにくい
  • スポーツウエアブランドでも発売されていることが多い定番色で選びやすい
  • 引き締め色の黒を取り入れることで下半身がスリムに見えやすい

ジムでメンズにオーソドックスな服装として人気のおしゃれコーディネートをしたいなら、トップス+長ズボンのモノトーンコーデがおすすめ

伸縮性がある素材があれば動きやすいので、筋トレや有酸素運動も行いやすいでしょう。ハーフパンツでは気になりがちなすね毛も気にする必要がなく、周りの目を気にせずにトレーニングできます。

また、派手な色が少ないことで誰でもおしゃれにきめやすく、体形によらずコーディネートしやすいでしょう。誰にでも似合う定番おしゃれコーディネートとして、押さえておきたい組み合わせです。


おすすめのコーディネート2. モノトーンコーデ(トップス+半ズボン+アンダーパンツ)

おしゃれかっこいいメンズジム着:アンダーウェアを使ったモノトーンコーデ

出典:wear.jp

  • 白と黒との組み合わせなので失敗が少なく、おしゃれにきめやすい
  • どのスポーツブランからも発売されていることが多い定番色で探しやすい
  • 関節部分を動かしやすく服装でのひっかかりを感じにくいので運動に集中しやすい

「露出をあまりしたくないけれど長ズボンは少し動きにくい。」

そんな人に最適なジムの服装。動きやすい半ズボンの下にタイツを取り入れることで、すね毛を隠し露出を控えつつ、動きやすい半ズボンで筋トレや有酸素運動ができるメンズのスタイルです。

また、アンダーパンツや上半身のコンプレッションウエアで運動を助け冷えを抑えられ、クーラーが効きすぎたジムでも快適に運動できます。見た目や冷えなどの理由から露出を控えたくても、動きやすい半ズボン・半袖でトレーニングしたい男性に最適な服装です。


おすすめのコーディネート3. ワンポイントカラーを入れておしゃれに仕上げる

おしゃれでかっこいいメンズジム着:ストリートスタイル

出典:wear.jp

  • ポイントで複数個所に同系色を使用しているので、おしゃれに見える
  • 目立つ色を使っているのでジムで目立ちやすく注目を集められる
  • 普段着としてもおしゃれなコーディネートで気分が上がりやすい

「モノトーンよりおしゃれにこだわった服装でテンションを上げてジムでトレーニングしたい。」

そんなメンズにおすすめの服装が、ストリートスタイル。シンプルな組み合わせのなかに、帽子やパンツ、Tシャツの差し色などポイントで赤を取り入れることで、ストリートっぽいかっこいいスタイルに仕上がります。

アンダーパンツを穿いているなら大きめサイズにしても動きやすいので、かっこよさと動きやすさ両方を手に入れられるでしょう。動きやすく見た目もかっこいい服装で気分を上げてジムでトレーニングしたい人は、取り入れて見てほしいコーディネートです。


おすすめのコーディネート4. ブラックコーデ

おしゃれでかっこいいメンズジム着:黒アイテムを使ったコーディネート

出典:wear.jp

  • 全身がブラックなので統一感があり、おしゃれにこだわる人という印象を与えられる
  • スリムに見えるブラックを全身に使っていて、体形に自信がない人も取り入れやすい
  • 各ブランドにブラックのアイテムが多く、アイテムの選択肢が豊富にある

ジムでおしゃれかつスリムに見えるコーディネートをしたいなら、全身ブラックできめるのも人気があります。

ブラックのなかでもポイント使いでカモ柄やブラック系の柄を取り入れることで、クールでおしゃれな印象に。体形に自信がない人でもブラックを使っていることで、スリムに見えやすいです。

できれば靴や靴下までブラックにこだわることで統一感が出て、周りの人からおしゃれな人と見られやすいでしょう。ジムでの服装でおしゃれさも見た目のスリムさも意識したい人は、ブラックコーデに挑戦してみてください。

公式サイトで見る


おすすめのコーディネート5. タンクトップスタイル

おしゃれでかっこいいかっこいいメンズジム着:タンクトップを使ったコーディネート

出典:wear.jp

  • 腕や肩などの筋肉の変化が目視で確認しやすく、筋トレする男性に最適
  • 筋トレの際に袖が邪魔にならず、トレーニングに集中しやすい
  • 関節を動かしやすく、違和感なく筋トレできる

「筋トレの効果を鏡で確認しやすい服装でトレーニングしたい。」

とにかく運動しやすいトレーニングウェアが良い方は、タンクトップスタイルがおすすめ。上半身は脇が大きく空いたタンクトップスタイル、下半身はぴったりめの長ズボンまたはタイツを取り入れることで、筋肉の変化がわかりやすいです。

この服装をすることで、筋トレ中に鏡を見ることでどこの筋肉を動かしているのかわかりやすいですし、筋トレ後もパンプアップなどの効果を目視で確認しやすくなります。ジムで筋トレを中心に行うメンズなら、筋トレの効果を確認しやすいタンクトップスタイルが最適です。


ジム着のおすすめブランドランキング|かっこいい服装でテンションを上げよう!

かっこいい服装できめてジム通いをしたいのであれば、メンズのブランドから選ぶのもおすすめです。

フィットネスブームの影響で、一般的なスポーツウエアブランドだけでなく、ファッションブランドからもジム着に適した服装が発売されています。

ここでは、男性のジム着に適したおすすめブランドをランキング形式で紹介していきます。


ジム着のメンズブランドランキング【10位】Gymshark(ジムシャーク)

イギリス発祥の人気フィットネスアパレルブランドである「Gymshark」は、2012年にベン・フランシスによって設立されました。体にフィットする服装が特徴で、鍛えられた体形の人が着ると美しいシルエットになり、海外のボディービルダーやトレーニングに取り組む男性や、フィットネス愛好家などにとても人気があるブランドです。

ジムでは筋トレを重点的に行うため、体のラインが見やすい服装でトレーニングしたい男性なら、体のラインの変化がわかりやすく、きっと満足できるでしょう。

  • 筋トレで体ができ上がっていくと似合う服装で、着こなせるようになりたいと目標を持ってトレーニングできる
  • フィットネスブランドでトレーニングに適したつくりなので、動きやすい
  • おしゃれなのでファッションブランドとしてもおすすめ

おすすめのジム着:ジムシャーク メンズ ボディービル タンクトップ

「おしゃれなジムの服装のなかでも、筋トレで鍛えた筋肉の変化がわかりやすくおしゃれなものはないだろうか。」

そんな悩みを解決してくれる、「Gymshark」のタンクトップ。脇が大きく空いていて、腕や胸周りが筋トレによって変化していくのが目でわかりやすく、実感しやすいです。

フード付きでおしゃれなので、ジムに通う時にも着やすく、ジムに到着後着替える手間もありません。日常でも違和感なく着られるおしゃれさと、筋肉の見やすさを兼ね備えたタンクトップを求めている男性に、最適な服装です。

楽天で詳細を見る


ジム着のメンズブランドランキング【9位】ZUMBA(ズンバ)

  • ダンス専用につくられたフィットネスウエアなので踊りやすい
  • 華やかで明るいデザインは着るだけで気分が高揚しやすい
  • トップスの他にボトムスやシューズ、リストバンドなど様々な商品がありそろえやすい

「ZUMBA」とは、世界中で行われている、ダンス系のフィットネスプログラムです。日本では主にフィットネススタジオで行われていて、世界各国のリズムに合わせてダンスをしながら有酸素運動ができます。そんなZUMBAでは、ダンスをより楽しめるよう専用ウエアも発売していて、ダンスの気分を盛り上げてくれます。

メンズウエアも発売していて、ZUMBAの世界観を表すような鮮やかな色使いとダンスの踊りやすさが特徴。派手なスタイルでダンスの世界観を楽しみながら踊りやすい服装で楽しみたい人は必見です。


おすすめのジム着:ZUMBA ズンバ ユニセックス ロゴTシャツ

派手過ぎず色々なボトムスと合わせやすいウエアが欲しいという人におすすめのZUMBATシャツ。ピンクやイエローなど派手な色使いが多いZUMBAウエアのなかではシンプルな配色で、ボトムスを選ばずに着用できます。

ユニセックスなサイズ展開なので、ジム仲間でおそろいにすると楽しみが広がるでしょう。様々な色合いのボトムスと合わせられるZUMBAトップスを探している人に最適です。

楽天で詳細を見る


ジム着のメンズブランドランキング【8位】Reebok(リーボック)

  • 「クロスフィット」などの話題のトレーニングに対応したウエアもあり、おしゃれ
  • おしゃれな服装もフィットネスシューズもそろえられ、全身に統一感を出せる
  • フィットネスプログラム「レスミルズ」専用ウエアもあり、スタジオ用ウエアも探しやすい

「Reebok」は、日本でも広く知られているイギリスのスポーツ用品ブランドです。1980年代に大ヒットしたエアロビクスシューズ「フリースタイル」が有名ですが、現在はランニング・ウォーキング・トレーニング用シューズや、フィットネスアパレルなどを中心に展開しています。

フィットネスアパレルとしては、「クロスフィット」や「コンバット」シリーズも展開していて、激しい動きに対応でき、男性がハードな動きをするのにおすすめのブランドです


おすすめのジム着:リーボック クロスフィット スピードショーツ

クロスフィットで使い勝手が良いおしゃれな服装を求めているなら、「スピードショーツG」がおすすめです

欧米で話題のファンクショナルトレーニングであるクロスフィットの公式ウエアです。クロスフィットでは、日常生活で繰り返し行う動作がベースになっていて、歩く・走る・起き上がる・拾う・持ち上げるなど、どんな動きにも対応できます。

これからクロスフィットで体を鍛えたい人や、様々なトレーニングに挑戦したい人は、ぜひ使ってみてください。

楽天で詳細を見る


ジム着のメンズブランドランキング【7位】lululemon(ルルレモン)

  • もともとがヨガウエアブランドで、長袖や長ズボンでも関節を固定しにくく動かしやすい
  • トレーニングやランニング対応のメンズウエアもあり、用途に応じて選べる
  • シンプルなデザインなので誰でも抵抗なく着こなせる

カナダのバンクーバー発のヨガウエアで有名なブランド「lululemon」。

ヨガウエアだけでなく、ランニングやメンズフィットネスウエアなども展開している、ジム通いをしている人に人気のブランドです。ヨガウエアなので関節を動かしやすくなっていて、シンプルで使い勝手が良いことから男性にもリピーターも多く、人気が高まっています。

シンプルで着こなしやすく、ヨガやストレッチなどでも使いやすいので、関節を大きく動かすヨガなどの運動を中心に行う男性におすすめのブランドです。


おすすめのジム着:ルルレモン ヨガ・ピラティス メンズ用ボトムス

「ムダ毛を見せたくないから長ズボンでトレーニングしたいけど動きにくいのではないか心配。」

そんな人に最適な人気ジョガーパンツ。四方向に伸びるストレッチ素材を使っていて、関節を動かす動作も違和感なくできます

サイズ展開が豊富で、S~XXLまで5サイズあり、体形に合うサイズを見つけやすいのも強みです。足首にはファスナーがあり、動き方に合わせて調節可能。動きやすい素材を使った長ズボンを探している人に、おすすめできる製品です。

楽天で詳細を見る


ジム着のメンズブランドランキング【6位】UNIQLO(ユニクロ)

  • 日本人の体形に合わせてつくられていて、サイズが適合しやすい
  • サイズ展開が豊富にあり、体形に合うものを探しやすい
  • フィットネスブランドより価格が安いのでセットでそろえやすい

高品質で安いジム着を探しているなら、UNIQLOで探してみましょう。日本中に店舗があるアパレルブランドで、動きやすいスポーツウエアも展開しています。乾きやすくサイズ展開が豊富なTシャツ・ポロシャツをはじめ、インナーやパーカー、ボトムスなども充実。

安い製品でも、フェデラー選手や錦織圭選手と契約しているウエアもあり、動きやすさには定評があります。品質・安さ・サイズともに充実しているジム着を求めている人は、UNIQLOで探してみてください


おすすめのジム着:エアリズムパフォーマンスサポートタイツ

「ジム着を一式そろえたいけどタイツが高くてなかなか変えない。」と思っている人に最適なのが、UNIQLOの「エアリズムパフォーマンスサポートタイツ」。

消費税を入れても2,000円程度の安い価格帯なので、フィットネスブランドのタイツに比べるととてもリーズナブルです。

サイズ展開もXS~4XLまであり、痩せている人でも肉付きが良い人でも体形に合うものを見つけやすいでしょう。高額になりがちなタイツを手軽な価格で購入したいなら、UNIQLOがぴったりです

公式サイトで見る


ジム着のメンズブランドランキング【5位】PUMA(プーマ)

  • 他のフィットネスブランドに比べて少し安い価格帯で気軽に買える
  • 洗練されたデザインは全身をおしゃれにまとめられる
  • トップス・ボトムス・シューズ・雑貨など身に着けられるものが豊富にあり、全身揃えるとおしゃれ

ドイツ発祥のフィットネスウエアブランド「PUMA」。サッカーや陸上競技などのシューズで有名なブランドですが、フィットネスウエアや雑貨も展開していて、ジム着にもおすすめです。フィットネスウエアはシンプルかつ洗練されたおしゃれなデザインが特徴で、誰でもが着こなせます。

価格帯も一般的なフィットネスウエアに比べると少し安いため、セットで揃えるのもいいでしょう。洗練された服装でトレーニングしたいと思っている男性なら、おしゃれなウエアがそろっているため、PUMAがおすすめです。


おすすめのジム着:PUMA X CTM COLORBLOCK MEN'STEE

個性的なデザインのTシャツを着てトレーニングの気分を上げていきたいなら、こちらのメンズTシャツがおすすめ。ニューヨークのチャイナタウンがモデルになった製品で、ベースは黒ですが左右の袖の色が違っていて、存在感たっぷりです

ブラックはもちろん、青や緑、イエローなど、様々なボトムスに合わせやすいでしょう。他にはないデザインのTシャツを着て、トレーニングのテンションを上げていきたい人は、ぜひ使ってみてください。

楽天で詳細を見る


ジム着のメンズブランドランキング【4位】adidas(アディダス)

  • 商品の種類が多く、好みのデザインや色の服装を見つけやすい
  • 頻繁に新しいモデルが発売されていて、流行に乗ったおしゃれな服装ができる
  • スポーツウエアブランドなので機能性も高く快適にトレーニングできる

「アディダス」は、ドイツ発祥のフィットネスブランドで、豊富なアパレル製品が魅力です。トレーニングやランニング、アウトドアなど様々な用途で使えるメンズの服装がそろっていて、使い分けもできます。トップスだけでも、ジムでのトレーニングで使いやすいタンクトップや、肩を冷やさない半袖・長袖タイプ、コンプレッションウエアなど、様々。

たくさんの選択肢のなかからおしゃれなジム着を探したい男性は、adidasで探すときっと気に入るものが見つかるでしょう。


おすすめのジム着:adidas オウン ザ ラン ノースリーブ メンズTシャツ

「汗をかいても快適でいられるジム着でトレーニングできればいいのに。」そんな願いをかなえてくれる、「オウン ザ ラン ノースリーブTシャツ」。

通気性と速乾性に優れたポリエステル素材で、気温が上昇しても体をクールでドライに保ってくれます。体の線に沿った適度なフィット感があるノースリーブシャツなので、袖や布がまとわりつかずスムーズにトレーニングできます。

たっぷり汗をかいても変わらず集中してトレーニングできるシャツを求めている人は、きっと満足できるでしょう。

楽天で詳細を見る


ジム着のメンズブランドランキング【3位】NIKE(ナイキ)

  • スタイリッシュなフィットネスウエアが豊富にあり、おしゃれにきめられる
  • 上下セットのアイテムも多く、全身をコーディネートしやすい
  • ランニング・フィットネス・各種スポーツなど動き方の違いに合わせて商品展開していて、使い心地が良いものを選べる

世界的に有名なフィットネスブランド「NIKE」は、おしゃれな服装できめたい男性に最適なフィットネスウエアがそろったブランドです。

アメリカに本社があるシューズやフィットネスウエアのブランドですが、ジムで着られるメンズアパレルも充実。少しダサくなってしまいがちな上下のセットアップも、NIKEならかっこよくきめられます。

アスリートと契約したウエアも多く展開していて、動きやすさも抜群。スタイリッシュなおしゃれさと動きやすさ両方を求める男性なら満足できるであろう、スポーツウエアブランドです。


おすすめのジム着:クラブ フレンチテリー メンズジョガーパンツ

「どうせジム着を購入するなら、スタイル良く見える服装が良い。」と考えている男性に最適な、「クラブ フレンチテリー ジョガーパンツ」。

先細りで9分丈のデザインは、綺麗に履きこなせます。丈夫かつ柔らかいフレンチテリー素材は吸水性が良いうえに肌触りが良く、調節紐でサイズ調整も簡単です

おしゃれなので、ジム着としても普段着としても使えます。上半身はボリュームを持たせて下半身はすっきり見せられスタイル良く見えるので、着やせできるジム着を探している男性におすすめです。

楽天で詳細を見る


ジム着のメンズブランドランキング【2位】GU(ジーユー)

  • 1,000円以下で購入できる製品も多く、少ない出費で一式そろえられる
  • 吸水速乾・ストレッチに富んだ素材を使っていて、ジムで汗をかいても快適
  • カラー展開やサイズ展開が豊富にあり、サイズが合うものを見つけやすい

「GU」は、低価格で流行を取り入れた服装が特徴のブランドで、「GU SPORTS」としてスポーツウエアも展開しています。ラン・ジム・ヨガなど、様々なスポーツで使えるシリーズで、安い価格帯で全身そろえられます

これからジム通いをしたいけれど予算があまりない人は、GUで一式揃えジム通いに備えると、出費が少なく済むでしょう。毎日でもジム通いしたいと考えている男性は、GUにジム着をそろえにいきましょう。


おすすめのジム着:サイドシームレスVネック メンズTシャツ

とにかく費用を抑えてジム着を一式そろえたい人に最適な、「サイドシームレスVネックT(半袖)」は、1,000円程度とフィットネスブランドに比べて安い、リーズナブルなTシャツ。吸水速乾機能が付いていて、汗をかいてもべたつきを感じにくく、快適です。

脇に縫い目がないシームレス仕様のシャツで、違和感を感じにくくトレーニングに集中できます。安いのに快適に着られるジム着を探している人は、一度試してみてください。

公式サイトで見る


ジム着のメンズブランドランキング【1位】UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)

  • 暑さや寒さに対応できるインナーが豊富にあり、様々な気候や状況に対応できる
  • パンツの丈やデザインなどが豊富にあり、使い勝手やデザインの好みなどで好きなものを見つけやすい
  • シンプルで派手過ぎないデザインの製品が多く、誰でも着こなしやすい

アメリカに本社があるスポーツアパレルブランド「UNDER ARMOUR」は、ジムでトレーニングを行うフィットネス男子に不動の人気を誇ります。トップス・ボトムス・シューズ・小物類など豊富な商品展開が魅力で、組み合わせも自在

トレーニングの効果を上げられるインナーも人気があり、ジムで着ている人が必ず見つかるメジャーなアイテムです。アウターだけでなく、インナーも同一ブランドでそろえたい男性は、かっこよさと機能性を兼ね備えたアンダーアーマーが、おすすめのブランドです


おすすめのジム着:アンダーアーマー メンズ半袖コンプレッションインナー 1343036 UA

「汗をかいたことを気にしなくていいようなトップスはないだろうか。」そんな悩みを解決してくれる、「UAヒートギアアーマー ショートスリーブ」。半袖タイプのオリジナルの高機能ウエアで、汗をすばやく逃がして涼しくドライな状態をキープしてくれます。

4方向へ伸びるストレッチ素材で、どんな方向への動きもサポートしてくれ、動きやすさも抜群です。いつもドライな状態をキープでき快適で、動きやすいトップスでトレーニングしたい人は、きっと満足できるでしょう。

楽天で詳細を見る


ジム着はおしゃれでかっこいいアイテムがテンション上がる。

ジム通いをするのであれば、動きやすいジムならではの服装を揃えることで、快適にトレーニングできます。動きやすさだけでなくおしゃれさや乾きやすさ、手触りなどにこだわることで、ジム着を着るのが楽しみになり、トレーニングが楽しみになりやすいです。

フィットネスブランドやアパレルブランドのスポーツラインなどで、好みに合うジム着を見つけ、ジム通いをますます楽しいものにしていきましょう。

【参考記事】ジムでやらずに鍛えるなら、結局"腹筋ローラー"が最強

【参考記事】プッシュアップバーを使えば、自宅でもバキバキな上半身に仕上がる

【参考記事】バランスボールで全身の筋肉を自宅で鍛え抜こう!

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事