【最新】8Kテレビとは?次世代液晶テレビの人気おすすめ1選

8Kテレビとは何か?詳しく知りたい方へ。今記事では普通の液晶テレビや4Kテレビとの違いから、実際にSHARPのおすすめ8Kテレビまで詳しくご紹介します。自宅でも最高画質の映像が楽しめるので、気になる方はぜひ購入を検討してみてください!

前提として「8Kテレビ」とは?

8Kテレビの人気おすすめ商品

8Kテレビとは、現行のハイビジョン放送(高精細度テレビジョン放送)を上回る、解像度の動画や映像を映すスーパーハイビジョンの放送を視聴できるテレビです。

8Kとは8,000を表す単位で、横方向の画素数が約80,00なので8Kと呼ばれており、正確には横7,680×縦4,320=331,777,600画素。

これは2Kとも呼ばれている現行のフルハイビジョンの16倍、フルハイビジョンよりも高精細な画像表現を見ることができる4Kの4倍となっていて、圧倒的な高解像度の映像を楽しめます。

8Kの映像を楽しむためには大きい画面ではないと高精細さが発揮されないので、8Kテレビは大画面であることも特徴の一つ。大画面の超高画質画像でみる映像は臨場感や色の表現力も圧倒的で、現在のテレビシステムの最終形といわれています。


「4Kテレビ」との違いについて

8Kテレビと同じく高画質な画像が見られるテレビとして4Kテレビがありますが、両者を数値で比較すると画像の解像度には大きな差が。

先程紹介した通り、解像度を測る指標に画素数があり、4Kテレビの画素数が約800万画素であるのに対して8Kテレビは約3,300万画素と約4倍もの差で、より高い画像解像度があることが分かります。

また、8Kテレビはより色を現実に近く表現する再現性や1秒間あたりに処理されるフレームレートが大きく上回り、色の再現性においては4KテレビのBT.709に対して8KテレビはBT.2,020、フレームレートにおいてもHz600からHz1,200へとなっており、映像表現力においては大きな差があります。

さらに、音響においても共に臨場感を味わえる迫力あるサウンドを体験できますが、4Kテレビの5.1チャンネルに対して8Kテレビは22.2チャンネルと大きく上回っており、8Kテレビの方がより迫力あるサウンドが楽しめるのです。


高画質なのに何故?8Kテレビの普及が難しい理由

超高画質なスーパーハイビジョンと迫力ある音響が楽しめる、テレビの最終形といわれている8Kテレビですが、まだまだ課題もあり一般に普及することは現時点では難しいと言われています。

解決しないとならない問題点がいくつかあって、今は買い時と言えないのが現状です。そこで、ここでは8Kテレビが抱えている問題点をいくつか紹介していきます。


理由1. アンテナやチューナーを張り替える可能性が高いから

8K放送を視聴するためには、2018年12月より開始された新4K・8K衛星放送を受信できる環境を整える必要があります。

つまり、今のテレビで使用しているものではなく、アンテナを対応したものにしなければなりません。チューナー内蔵型ではない場合は8K対応チューナーも必要になります。

さらに、ブースター、混合器、分配器なども、新4K・8K衛星放送に対応するものに変更しなければなりません。

このように、初期投資の出費と手間がかかることが普及の妨げの原因の一つです。


理由2. 8K対応テレビの本体価格が高いから

2019年8月時点で、8K放送に対応している液晶テレビはシャープからのみ発売されています。2017年に発売された初号機の『AQUOS LC-70X500』でも、2019年で30万円ほどの価格です。

当初の100万円という価格からは安くなった印象ですが、チューナーが内蔵されていないので別途購入する必要があり、8K対応チューナーは20万円ほどします。合わせて45万円というのは決して気軽に買える価格ではないですね。

また、人気のあるチューナー内蔵タイプで、最も価格が低い機種でも平均販売価格は35万円前後となっています。

80インチの大画面サイズだと100万円を超えることもあり、まだまだフルハイビジョン液晶テレビの価格に比べると気楽には手を出しづらいというのが現状です。


理由3. 8K対応テレビの画面サイズが大きすぎるから

8Kテレビはフルハイビジョンの16倍もの高画質の画像が楽しめるテレビですが、その映像の美しさや迫力を実感するには大画面である必要があります。小さいサイズの画面だと、フルハイビジョン液晶テレビでも画像の荒さを感じることがないため、区別がつかないのです。

そのため8Kテレビは小さいもので60インチ、大きい物だと80インチになります。一般的に家庭でのテレビのサイズの適正はテレビを観賞する距離が1.5mなら40インチ、2mであれば52インチが理想といわれており、部屋に対してテレビが大きすぎると圧迫感を感じることも。

それらを合わせて考えると、家庭用のテレビとしてはあまりにも画面サイズが大きいといえるでしょう。


8Kテレビを導入するのに適している人とは?

ここまで8Kテレビの普及の難しさを書いてきましたが、その画像の高解像度や音響の素晴らしさは、ハイビジョン液晶テレビや4Kテレビを大きく上回る性能を持っています。

テレビ画質の最終形といわれている程の高精細な映像は、スポーツ観戦などの場面で迫力のある臨場感を堪能することができます。

2019年ラグビーワールドカップや2020年の東京オリンピックなど人気のスポーツを最高の画質で楽しみたい人には、8Kテレビは今が買い時かもしれません。

また8Kテレビは写真を画面に映すことができ、写真撮影が趣味で、自分の撮影した写真を高画質な大画面で見たいという方にも8Kテレビはぴったりです。


【2019年最新】現在市販されている8Kテレビとは?

まだ8Kに対応しているテレビの数は少なく、2,019年8月の段階で市販されている8Kテレビはシャープから発売されているX500ラインの70インチ、AW1ラインの60インチ、AX1ラインの60、70、80インチの5機種のみとなっています。

現状ラインナップは少なくなっていますが、今回はその中でも8K入門としておすすめしたい人気の液晶テレビを紹介していきます。


おすすめTV1. シャープ AQUOS 8T-C60AX1

シャープ 60V型 液晶 テレビ AQUOS 8T-C60AX1 8K チューナー内蔵 N-Blackパネル 8K倍速液晶 2018年モデル
  • 世界初の8K対応チューナー内蔵で、チューナーを購入する手間と出費を抑えられる
  • 2019年8月時点でもっとも画面がコンパクトな60インチで、一般家庭にもフィットしやすいサイズ感
  • 倍速駆動8K液晶パネルにより、今まで再現不能だったリアルできめ細かい映像を楽しむことができる

「8Kには興味津々、でも出費は抑えたいし、大きすぎるテレビは部屋に不釣り合い」そのような方におすすめしたいテレビが、シャープの『AQUOS 8T-C60AX1』。

部屋に置いても違和感のない60インチのサイズ感、そして8Kチューナー内蔵型で2019年8月時点では最も安く導入できるリーズナブルな価格が特徴です。

それでいて液晶開発が強みのシャープの高画質が楽しめることが人気の理由でしょう。

8Kテレビを部屋に違和感なく設置できて、リーズナブルなAQUOS 8T-C60AX1は入門におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 画面サイズ:60インチ
  • 本体サイズ:135.4×44.0×87.4(㎝)
  • 重量:40.5(㎏)

話題の8Kテレビで最先端の高画質を体験しよう!

8Kとは現在のテレビの映像表現の最終形といわれている映像規格で、その映像を楽しむために必要なのが8Kテレビです。

8Kテレビを視聴するためにはアンテナやチューナーを張り替える必要がある場合が多く、8Kテレビの大画面が一般家庭には大きすぎることもあり普及は難しいと考えられていて、ベストな買い時ではないのかもしれません。

しかし、その圧倒的なリアルで高精細な画像はスポーツ観戦などでは従来にない迫力をもたらしてくれます。家庭で圧倒的な高画質を楽しんでみたい人や世界的スポーツイベントを8Kの画質で楽しみたいと考える人は、8Kテレビの購入を考えてみてはいかがでしょうか。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事