バイクブーツのおすすめ23選|選び方や人気のライディングブーツを解説

バイク用のブーツをお探しの方へ。今記事では、バイクブーツの種類(ライディングシューズ、レーシングブーツ、オフロードブーツ)や履くべき理由から、選び方や実際におすすめ商品まで詳しくご紹介。厚底タイプや防水タイプ、23cmからある女性でも履けるレディースアイテムもお届け!

普通の靴じゃダメ?バイクブーツを履いた方が良い理由

バイクブーツを履いた方が良い理由

バイクに乗る際に普通の靴やスニーカーなどを履いている方はいませんか。確かに普段から履いている靴でそのままバイクを運転する方がラクかもしれません。

しかし、スニーカーなどと違いバイクブーツを履いた方が良い2つの大きな理由があります。ここではバイクブーツを履いた方が良い理由をご説明します。


バイクブーツを履いた方が良い理由1. 足下をしっかり保護してくれるから

バイクは車と違って不安定な乗り物で、転倒するとケガをする可能性があります。ヘルメットを着用していれば頭は守ってくれますが、足はむき出しになっており危険度が高いです。

スニーカーなどの普通の靴を履いている場合だと、足の保護を目的としていないので転んだ時や地面に足をつけた時に重傷を負うことも。

そのようなケガから守ってくれるのがバイクブーツです。バイクブーツはかかとが補強され、ふくらはぎの周りは厚い革でおおわれています。

レース用のバイクブーツであればさらに強いプロテクターがほどこされているタイプも。足下をしっかりと保護してくれるためバイクブーツは履いた方が良いですよ。


バイクブーツを履いた方が良い理由2. バイクの操作性が向上するから

マニュアルバイクの場合シフトチェンジは「足」で操作します。この操作性は普通の靴よりもバイクブーツの方が圧倒的に優れているんです。

バイクブーツは外見上は重たそうに見えますが、足首は柔軟性に適した素材で作られています。

また、つま先もシフトチェンジしやすいように補強が入っているため操作感覚が抜群。ソールは突起が排除されているのでブレーキ感覚もわかりやすくなっています。

また通常のスニーカーでは想定されてない、足の甲を蹴り上げるような動作なため、通常の靴だと硬かったり、靴の劣化を加速させたりします。

※基本的に左手がクラッチは左足がギアチェンジになります


前提としてバイクブーツは大きく3種類に分けられる

ひとくちにバイクブーツといっても様々な種類があります。大きく分けると、「ライディングシューズ」、「レーシングブーツ」、「オフロードブーツ」の3種類。

それぞれ特徴やメリットが異なるため、ご自身の目的に合うバイクブーツを選ぶことが大事です。ここでは3種類それぞれの特徴を詳しくご説明します。


バイクブーツの種類1. ライディングシューズ

バイクブーツの中で最もデザインが豊富で人気の高い種類が「ライディングシューズ」。普段遣いとしても歩きやすいので、バイクに乗る時や歩行時まで幅広く使えますよ。

スニーカーにも似ていますが、バイクに乗るための機能も搭載されているので安全性や操作性など抜群です。サイズやデザインなどが豊富で各メーカーからリーズナブルな値段で販売されていますよ。

コスパ重視&通常使いしたい方にもおすすめのバイクブーツになります。


バイクブーツの種類2. レーシングブーツ

「レーシングブーツ」はバイクブーツの中でも最も安全性に優れている種類です。主にサーキットなどのレースで使用することが多く、頑丈で重量があるという特徴があります。

ほぼバイク専用のブーツとされていて歩く用としては設計されていないため、あまり歩きやすいとは言えません。ただ、足首やスネまでしっかりと防御してくれるので安全性は抜群

サーキット以外ではおすすめされていませんが、安全性に優れたバイクブーツを求めている方にはおすすめです。


バイクブーツの種類3. オフロードブーツ

山道などの険しいオフロードを走行するために設計されている種類が「オフロードブーツ」です。足首やスネに頑丈なガードがあるため、岩や木などあらゆる障害物から足を守ってくれますよ。

また、オフロードブーツも細分化されていて主に、「モトクロスタイプ」、「エンデューロタイプ」、「トライアルタイプ」の3種類に分けられます。

それぞれ用途別に仕様の違いがあるのでこれからご説明しましょう。


① モトクロスブーツ

バイクレース競技である「モトクロス」専用のブーツが「モトクロスブーツ」です。モトクロスは非常に激しいバイクレース。コーナーでは足を出しながら回ったり、転倒したりすることも多いレースです。

そのため、モトクロスブーツは防御力が高められていて、転倒時の安全確保に優れています。

レース用のブーツなので歩きやすい種類のバイクブーツではありませんが、怪我を未然に防いでくれるバイクブーツを探している方にはおすすめ。


② エンデューロブーツ

林道やダートコースなどの未舗装のコースで行われるバイクレースが「エンデューロ」です。全長が数十キロもあり、泥やぬかるみ、岩や枝などたくさんの障害物があります。

バイクでは走ることができずバイクから降りて押して進むこともしばしば。そのため、エンデューロブーツはバイクから降りて押す機動性を考慮して作られています。

オフロード初心者ならバイクから降りて押すことが多いためエンデューロブーツをおすすめします。


③ トライアルブーツ

「トライアル」とはバイクの操作技術を競うバイクレースのことです。崖や大岩などをバランスを崩さずに超えることもあり、トライアルブーツは操作性を最大限に考慮して作られています。

特徴としてはかかとの出っ張りがなく、つま先まで直線的で足首はやわらかく柔軟性に優れています。操作性を最優先にして作られているため防御力が低い点がデメリット。

それでも軽量でコスパに優れているので安いオフロードブーツがほしいという方にはおすすめです。


自分に最適なバイクブーツの選び方とは

先程ご説明しましたが、バイクブーツには様々な種類があります。それぞれの種類により特徴やメリットが異なりますのでご自身の利用目的に合った商品を選ぶことが重要です。

利用目的を加味した上で、さらに重要といえるブーツの選び方をご紹介します。


バイクブーツの選び方1. 自分の足にフィットするサイズを選ぶ

バイクブーツはフィット感に優れているので、普段履いているスニーカーのサイズで購入する時つく感じることがあります。

バイクの走行時はシフトチェンジなど足で操作する機会が多いため、操作性を考えるなら自分の足にジャストフィットするサイズを選びましょう。

バイクブーツは様々なメーカーから販売されていますが、メーカーによってサイズがかなり違う場合があります。一般的にはいつも購入しているスニーカーなどサイズよりも0.5センチ程度大きいサイズがおすすめ。


バイクブーツの選び方2. 透湿防水素材を使っている靴を選ぶ

レインウェアやライディングウェアなどでよく使われている素材が「透湿防水素材」です。この素材は内部に溜まった湿気を排出して、外部からの水を中に通さないという性質があり、防水性や通気性に優れています。

バイクブーツというのは自分の足にジャストフィットするサイズが重要です。しかし、そうなると靴の中のムレが気になりまることも多いです。

この透湿防水素材が使われているバイクブーツだと長時間履いていてもムレずに快適。またツーリングの際に雨が降ることも考えると、防水に優れた透湿防水素材が使われている靴を選ぶことをおすすめします。

特に暑い夏は靴の中の湿気は凄いため、真夏に使用する方には欲しい素材と言えるでしょう。


バイクブーツの選び方3. ハイカットタイプを選ぶ

バイクブーツを選ぶ際には安全性も重要なポイントです。もし転倒した際にバイクに挟まれてしまった場合、くるぶしまでしかないローカットタイプの靴だと足首を骨折する可能性が高くなります。

足首の保護のためにもバイクブーツはハイカットタイプがおすすめ。ハイカットタイプのバイクブーツならくるぶしや足首をしっかりとホールドして守ってくれますよ。

バイクというのは転倒することが多い乗り物で、特に足首は接触しやすいため、悪天候でも運転するとなると完全装備でいきたいですね。

安全性を考慮するならハイカットタイプを選ぶようにしましょう。


バイクブーツの選び方4. ソールの厚さを確認して選ぶ

バイクに乗った際につま先が地面ぎりぎりで、かかとが付かないという方はいませんか。これは「足つきが悪い状態」です。足つきが悪いと立ちゴケをする確率が高くなり事故の原因にもなりかねません。

足つきが悪い方なら厚底のバイクブーツを選ぶようにすると、底が厚くなる分地面に足がつきやすくなりますよ。ただ、厚底だとブレーキングの感覚が弱くなるので、ブレーキングの感覚をしっかりと感じたい方には薄めのソールがおすすめです。

またバイクをブレーキする時の癖で止まり切る前に、足でも止めてしまうという方もソール厚さがあることで、靴の消耗と怪我の確率を低めることが可能です。


ライディングシューズのおすすめモデル7選

普段からスニーカー感覚で履けるので、ライディングシューズは街歩きにもおすすめ。

特に夏のシーズンになると、蒸れやすくできるだけ小さめのシューズがいいため、ライディングを選ぶのも“アリ”。

ツーリングしつつ街歩きもしたいという方のために、ここからはライディングシューズのおすすめモデルを7選ピックアップしてご紹介します。


ライディングシューズ1. アビレックス YAMATO

[アビレックス] カジュアル 2100 メンズ BLK 26.5
  • 防寒性やグリップ力に優れ、悪天候でも安定した走行をサポート
  • サイドファスナー付きで着脱もラクラク
  • 幅広いサイズ展開。足が小さい方から大きい方までおすすめの人気ブランドモデル

「アビレックス」はアメリカのミリタリーファッションブランド。防寒性や機能性に優れている点が特徴的です。ライディングシューズなら「YAMATO」がおすすめというほど、人気のモデルでもあります。

素材には牛革が使用されていて、ラグアウトソールは厚めになっています。防寒性やグリップ力に優れ、雨などの悪天候のオフロードでもスリップしない安定した走行をサポートしてくれますよ。

サイドファスナー付きで脱ぎ履きがしやすいため、初心者から玄人まで幅広い方におすすめのライディングシューズです。

定番だからこそ迷った時の一足に選んでみてくださいね。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


─このライディングシューズの特徴─

  • 素材:牛革
  • サイズ:22.0cm~29.0cm
  • 透湿性:ー
  • 防水:ー
  • ブランド:アビレックス

ライディングシューズ2. RSタイチ ライディングシューズ RSS009

RSタイチ(アールエスタイチ)バイクシューズ ブラック (29.5cm) 009アウトドライ ボアライディングシューズ RSS009
  • 日本におけるオートバイ用品の人気ブランドなので、品質は保証済み
  • 防水性、透湿性に優れた素材を採用しているため、ムレにくく快適
  • カジュアルなデザインなので街歩きにも最適

安全性を最優先に快適性や最適なフォルム、デザインを追求している日本のライディングギアブランドが「RSタイチ」です。こちらのバイクブーツはスニーカーと遜色ない、おしゃれが際立つカジュアルデザイン仕様。

夏にスニーカー感覚で使いたい方もいいですね。

素材にはメンテナンスが容易な合成皮革「クラリーノ」を、アウターには防水性、透湿性に優れた「OutDry」を使用しているのでムレにくく快適な履き心地になっています。

耐衝撃性に優れ、転倒時に衝撃を受けやすいつま先やかかとにはプロテクター付き。安全を重視した品質の良いライディングシューズを探している方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


─このライディングシューズの特徴─

  • 素材:合成皮革
  • サイズ:23.0cm~29.5cm
  • 透湿性:◯
  • 防水:◯
  • ブランド:RSタイチ

ライディングシューズ3. スコイコ カジュアルライディングシューズ MT016-2

[スコイコ] カジュアルライディングシューズ カモ/ブラウン 44(28.0cm) MT016-2
  • 高品質で機能性に優れたアイテムを安い値段で提供する人気ブランド
  • カジュアルなデザインになっているため、街でも歩きやすいライディングシューズ
  • 怪我を防止してくれるライディングシューズとしてもおすすめ

「スコイコ」は中国に本社を置いている人気オートバイギアブランド。高品質で機能性に優れたアイテムを安い値段で提供し、コスパに優れたブランドとしても有名です。

「MT016-2」はカジュアルな雰囲気のライディングシューズ。足首にはプロテクターを備え、足の甲にはシフトパッドが付いています。マニュアルバイクで、良く左足の甲の消耗が早いという方にもありがたい一足に。

剛性の高いソールで足首をしっかりサポートしてくれますよ。怪我を未然に防いでくれるライディングシューズを探している方におすすめ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


─このライディングシューズの特徴─

  • 素材:ー
  • サイズ:23.5cm~29.5cm
  • 透湿性:ー
  • 防水:ー
  • ブランド:スコイコ

ライディングシューズ4.スコイコ ベーシックライディングシューズMT015

SCOYCO(スコイコ) ベーシックライディングシューズ Black 39(25.0cm) MT015
  • ヨーロッパのCE規格EN13634をクリアしたバイクブーツなので安全に履ける
  • 高品質のプロテクターを使用しているため、耐衝撃性、耐摩耗性などに優れていて安心
  • メッシュ、パンチング処理をしてあるので、ムレにくく履きやすい

スコイコのライディングシューズなら「MT015」もおすすめ。ヨーロッパのバイクブーツにおける厳格な規定CE規格EN13634をクリアした商品で、品質には定評があります。

つま先やかかと、くるぶしには高品質のプロテクターを採用。耐衝撃性、耐摩耗性などに優れているので転倒時の衝撃から足首を守ってくれますよ。

また、全面はメッシュ、フェイクレザー部分にはパンチング処理をほどこしてあるためムレにくく快適な履き心地。安い値段でも品質の良いコスパに優れたライディングシューズをお求めの方におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


─このライディングシューズの特徴─

  • 素材:マイクロファイバーレザー
  • サイズ:25.0cm~29.5cm
  • 透湿性:ー
  • 防水:ー
  • ブランド:スコイコ

ライディングシューズ5.ガエルネ ライディングシューズ ToughGear

GAERNE(ガエルネ) ライディングシューズ ToughGear/タフギア ブラック 26.0cm 【総輸入元:ジャペックス】
  • イタリア人気ブランドによる質の良いライディングシューズ
  • マイクロファイバー素材使用で軽くてやわらかい快適な履き心地
  • 紐なしタイプなので着脱もラクラク。引っかかることもなし

イタリアで登山靴ブランドとして1962年に創業した「ガエルネ」。品質にはこだわりがあり、ブーツのほとんどがガエルネ本社で丁寧に生産されています。

「ToughGear」もイタリアからの輸入品。独自加工により運動性とファッション性を向上させた一品です。軽くて柔らかいマイクロファイバー素材を使用しているため、本革製のような「慣らし履き」の必要がありません。

購入した日から快適な履き心地。紐なしなので着脱も楽ですよ。イタリア人気ブランドの高クオリティなライディングシューズを探している方におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


─このライディングシューズの特徴─

  • 素材:合成皮革
  • サイズ:23.5cm~28.5cm
  • 透湿性:ー
  • 防水:ー
  • ブランド:ガエルネ

ライディングシューズ6.ガエルネ ライディングシューズ ToughGear Flat

GAERNE(ガエルネ) ライディングシューズ ToughGear Flat/タフギア フラット ブラック 27.0cm 【総輸入元:ジャペックス】
  • 底がフラットタイプで薄いから操作性が抜群
  • ポリエステルメッシュ素材による内装でムレを防ぐ
  • ソールは耐久性に優れたガエルネオリジナルソールを採用しているので長く愛用できる

「ガエルネ」で靴底が薄めのライディングシューズなら「ToughGear Flat」がおすすめ。底がフラットタイプなので先程の「ライディングシューズ5.ToughGear」よりも軽く、操作性も抜群です。

つま先の外側にはトウガードを装備。地面と接触した際のプロテクターになっていて安全性にも優れています。

内装にはポリエステルメッシュを使用して速乾性に優れているので、長時間履き続けてもムレを防いでくれますよ。長時間のツーリングや夏の日におすすめのライディングシューズです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


─このライディングシューズの特徴─

  • 素材:合成皮革
  • サイズ:23.5cm~28.5cm
  • 透湿性:ー
  • 防水:ー
  • ブランド:ガエルネ

ライディングシューズ7.IRON JIA'S ライディングシューズ

オートバイ靴 ライディングシューズ バイクブーツ プロテクトシューズ スポーツ カジュアル 通気性 耐磨耗性 滑り止め メンズ グレー 29.5cm
  • 人間工学に基づいたデザインのため、長時間履いても疲労を軽減
  • つま先、かかと、足首には丈夫なプロテクションがあるため転んでも平気
  • カジュアルデザインの街歩きもできるライディングシューズを探している方におすすめ

アウトドア、スポーツ用品などを販売している中国の人気ブランドが「IRON JIA'S」です。「IRON JIA'S ライディングシューズ」はカジュアルなデザインのライディングシューズ。

カジュアルながらも人間工学に基づいたデザインのため、長時間履いても疲れにくくなっています。つま先やかかと、足首には丈夫なプロテクションを施してあるので転倒した際には衝撃から守って怪我を防いでくれますよ。

ファッション性とプロテクトを兼ね備えた怪我を防止してくれるライディングシューズを探している方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


─このライディングシューズの特徴─

  • 素材:ポリウレタン&レザー
  • サイズ:25.0cm~29.5cm
  • 透湿性:ー
  • 防水:ー
  • ブランド:IRON JIA'S

レーシングブーツのおすすめモデル7選

レーシングブーツはバイクブーツの中では最も安全性に優れた種類の靴。しかし、ゴツくて重く歩きやすいとは言えないので、バイクに乗る時だけに履くバイクブーツとして使いたい方におすすめです。

ここからはレーシングブーツのおすすめ人気モデル7選をご紹介します。


レーシングブーツ1. XPD バイクブーツ XP-3S XPN018

  • XP-3レーシングブーツシリーズの中でもトップレベルの運動性

  • 新設計のトウガードは横方向からの剛性を高め衝撃を抑えてくれるため、フレキシブル性や安全性が向上

  • 安全性に優れているので、激しい動きが多いレースをする方におすすめ

イタリアのライディングフットウェアブランド「XPD」。日本では大阪のバイクメーカー「RSタイチ」が提携ブランドとして取り扱っています。

「XP-3S XPN018」はXP-3レーシングブーツシリーズの中でもトップレベルの運動性を誇っています。新しく設計されたトウガードは横方向からの剛性を高め衝撃を吸収、安全性が向上。

激しい動きのミニバイクレースやロードレースまで幅広く使用する方におすすめの一足になります。

楽天で詳細を見る


─このレーシングシューズの特徴─

  • 素材:マイクロファイバー(合成皮革)、ポリウレタン、ナイロン
  • サイズ:23.5cm~29.5cm
  • 透湿性:ー
  • 防水:ー
  • ブランド:XPD

レーシングブーツ2.ARCX レーシングブーツ

バイクブーツ オートバイ カジュアル靴 レーシングブーツ 長靴 オフロードブーツ ユニセックス 防水 滑り止め ブラック メンズ大人用
  • 防水性に優れた素材を使っているため、悪天候やオフロードでも安心
  • 紐なしでマジックテープで留めるタイプなので着脱しやすい
  • かかとには反射素材を使用して、夜間走行時の安全をサポート

横浜で創業したバイク商品を供給するメーカー「レイト商会」が取り扱っているブランドが「ARCX」です。安全で快適な商品を販売し、信頼性のあるブランドを目指しています。

ARCXのレーシングブーツは紐なしでマジックテープで留めるタイプなのでしっかりと足のサイズにフィットしますよ。また、防水牛革を素材にしているため、防水性が抜群。雨などの悪天候や泥が多いオフロードでも水を防いでくれるので安心です。

もちろん、つま先、足首、かかとに防具が入っているため、安全性にもしっかりと対応。防水性に優れたレーシングブーツを探している方におすすめのバイクブーツになります。

Amazonで詳細を見る


─このレーシングシューズの特徴─

  • 素材:牛革
  • サイズ:24.5cm~29.0cm
  • 透湿性:ー
  • 防水:◯
  • ブランド:ARCX

レーシングブーツ3.ARCX レーシングブーツ ショート

ARCX ライダーブーツ ショートブーツ バイク用ブーツ オートバイ&バイク用 レーシングブーツ プロテクトスポーツブーツ 防水 強化防衛性 ライディングシューズ 26.5cm
  • 素材には防水牛革を使用。雨や泥道でも安心
  • シンプルなデザインなので、ファッションアイテムとしてもgood
  • くるぶしにはプロテクションを装備しているため、側面からのダメージも安心

ARCXのレーシングブーツには丈が短いショートタイプもあります。シンプルなデザインになっているのでジーンズなどにも合わせやすく、ファッションアイテムとしてもおすすめ。

紐なしでマジックテープで留めるタイプですから着脱しやすいですよ。丈は短めですがくるぶしにはしっかりとしたプロテクションを装備。

側面からの衝撃を保護してくれます。脱ぎ履きしやすいショートタイプのレーシングブーツを探している方におすすめ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


─このレーシングシューズの特徴─

  • 素材:牛革
  • サイズ:24.5cm~27.5cm
  • 透湿性:ー
  • 防水:◯
  • ブランド:ARCX

レーシングブーツ4.SPEED BIKERS レーシングブーツ

レーシングブーツ バイク用ブーツ メンズオートバイ靴 プロテクトスポーツブーツ バイク用靴 ライディングシューズ (25.5-26cm)41サイズ ホワイト
  • 厳選された軽量素材を使用しているため軽い履き心地
  • プロテクターにはロータリー弾性調整装置が付いているので、転んだ際も守ってくれる
  • 内部の熱を高速で換気してくれる高速換気システムが内蔵されているため、通気性も抜群で涼しい

レーシングブーツは重くて扱いにくいと思っている方には、「SPEED BIKERS」の軽量レーシングブーツがおすすめです。厳選された軽量素材を使用しているため軽い履き心地

プロテクターは二層構造になっていてロータリー弾性調整装置が付いているため、耐衝撃性能にも優れています。もしもの転倒の際には衝撃を軽減してくれますよ。

内部の熱を高速で換気してくれる「高速換気システム」が内蔵されているので通気性も抜群です。軽い履き心地のレーシングブーツを探している方におすすめ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


─このレーシングシューズの特徴─

  • 素材:TPU素材
  • サイズ:25.5cm~27.0cm
  • 透湿性:ー
  • 防水:ー
  • ブランド:SPEED BIKERS

レーシングブーツ5.SPEED BIKERS レーシングブーツ ショート

メンズ オートバイ靴 バイク靴 バイク用レーシングブーツ ライディングシューズ レーシングブーツ プロテクトスポーツブーツ サイズ40(約25-25.5CM) ホワイト
  • 衝撃吸収構造のプロテクター付きで衝撃に強く安心安全
  • 足首を包み込むようなデザインとなっているため、足のサイズにフィットしやすい
  • 1万円以下と安いのでコスパに優れたレーシングブーツとしてもおすすめ

もっと軽い履き心地のレーシングブーツなら、「SPEED BIKERS」のレーシングブーツ ショートがおすすめ。こちらは丈の短いタイプなので先程ご紹介した「レーシングブーツ4.SPEED BIKERS レーシングブーツ」よりも軽くなっていますよ。

側面やくるぶし、かかとには衝撃吸収構造のプロテクター付き。軽量ながらも耐衝撃性は十分です。

インナーは足首を包み込むようなフォームをしているため、足のサイズにフィットしやすくなっています。1万円以下という安い値段も魅力的。安くて軽いレーシングブーツを探している方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

─このレーシングシューズの特徴─

  • 素材:TPU素材
  • サイズ:25.0cm~26.5cm
  • 透湿性:ー
  • 防水:ー
  • ブランド:SPEED BIKERS

レーシングブーツ6.コミネ レーシングブーツ

コミネ KOMINE バイク バイクブーツ サイドジッパーブーツ ブラック 24cm 05-112 K520
  • シンプルなデザインでサイズが豊富なため、様々な人にフィットしやすい
  • インストラクターなども愛用しているレーシングブーツ。品質は抜群
  • サイズ展開が豊富なコミネなら足の小さい方でもぴったりのブーツが見つかる

60年以上の長い歴史を持つ日本の老舗バイク用品メーカーが「コミネ」です。長年培った技術を受け継いだ商品開発チームによって優れたアイテムを販売しています。

コミネのレーシングブーツはシンプルなデザインでサイズが豊富。厳選された素材を使っているため品質も抜群です。サイズは23.0cm~29.0cmまで展開している点も魅力的。

レーシングブーツは大きいサイズが多いので、足の小さい方はサイズの合うものがなかなか見つからなくて探すのに苦労しますよね。

レディースタイプのバイクブーツを探している女性にもおすすめの一足になります。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


─このレーシングシューズの特徴─

  • 素材:牛革・合成皮革
  • サイズ:23.0cm~29.0cm
  • 透湿性:ー
  • 防水:ー
  • ブランド:コミネ

レーシングブーツ7.ガエルネ レーシングブーツ GP-1

GAERNE(ガエルネ) レーシングシューズ GP-1 / ジーピーワン ブラック 26.5cm 【総輸入元:ジャペックス】
  • フレームを浮かせて配置するシステムを採用した革新的なレーシングブーツ
  • カーボンコンポジットフレームで足首を保護しているため安全性も十分
  • 全てのスライダーがドライバー1本ではずせるのでカスタマイズも自由

創業50年の歴史を持つイタリアの人気バイクブランド「ガエルネ」のレーシングブーツなら「GP-1」がおすすめ。フレームがブーツから浮かせて配置されているため、操作感が抜群です。

サイド部分のバックルではふくらはぎ部分のフィット感の調節が可能です。ユーザーのサイズに合わせてカスタマイズできますよ。全てのスライダーはドライバー1本ではずせるため、交換もカンタン。

自由にカスタマイズできるレーシングブーツを探している方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


─このレーシングシューズの特徴─

  • 素材:合成皮革(ロリカ)
  • サイズ:25.0cm~29.5cm
  • 透湿性:ー
  • 防水:ー
  • ブランド:ガエルネ

オフロードブーツのおすすめシューズ9選

険しい山道などのオフロードコースを走りたい方におすすめなのがオフロードブーツ。

「モトクロスタイプ」、「エンデューロタイプ」、「トライアルタイプ」の3種類があるので、ここではそれぞれのおすすめ人気モデル3選をピックアップしてご紹介します。


モトクロスブーツのおすすめ3選

数あるバイクブーツの中でも特に足首のひねりに対する防御に優れているタイプがモトクロスブーツです。

足首を固定しているため安全性が高いのですが、慣れないとギアチェンジしにくいという特徴があります。安全性を重視した熟練ライダーにおすすめ。モトクロスブーツの人気モデル3選をご紹介します。


モトクロスブーツ1.ガエルネ モトクロスブーツ

Gaerne sg12メンズブルー/グレーモトクロスブーツ 10 2174-014-010
  • ゲートルの伸縮性に優れているためフィットして履きやすい
  • 3ピース構造のガードで横方向からの衝撃を吸収するので安心
  • 低反発素材を使用した内装は足に馴染みやすく履き心地抜群

イタリアの人気バイクブランド「ガエルネ」のモトクロスブーツは、ゲートルの伸縮性が優れている点が特徴的。すね部分のプレートがフィットし、履きやすくなっています。

全体のガードは3ピース構造になっていて横方向からの衝撃を吸収。モトクロスレースでの上下に揺れる激しい動きをサポートしてくれますよ。内装はガエルネ独自の「メモリーセル」と呼ばれる低反発素材を使用して足に馴染みやすい点がメリットです。

イタリアの人気ブランドによる良質なモトクロスブーツを探している方におすすめ。

Amazonで詳細を見る


─このモトクロスシューズの特徴─

  • 素材:ー
  • サイズ:25.5cm~31.0cm
  • 透湿性:ー
  • 防水:ー
  • ブランド:ガエルネ

モトクロスブーツ2.フライレーシング 2018年 マーべリック モトクロスブーツ

FLY フライ 2018年 Maverik マーべリック MX ブーツ ハイビズ/US9 [並行輸入品]
  • デザイン性に優れていて街歩きにも最適、おしゃれなモトクロスブーツ
  • 素材には耐久性、柔軟性の高いプラスチックを使用。足首の機能性も十分
  • ゴム製ゲートルで泥や砂をガード。オフロードでも安心走行

1998年に創設されたアメリカのモータースポーツ人気ブランドが「フライレーシング」です。デザイン性や耐久性に優れた製品を販売し、世界40カ国以上の国で人気を博しています。

この「マーべリック モトクロスブーツ」もカラーリングが独特でデザイン性に優れた人気アイテム。レース仕様の高強度スチールシャンクを装備しているので耐久性も十分です。

走行中の岩や地面からの衝撃や負荷を吸収してくれますよ。周りの人と差別化できるおしゃれで耐久性に優れたモトクロスブーツを探している方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


─このモトクロスシューズの特徴─

  • 素材:3Dモールドプラスチック
  • サイズ:26.0cm~30cm
  • 透湿性:ー
  • 防水:ー
  • ブランド:フライレーシング

モトクロスブーツ3.オニール モトクロスブーツ Element 2019年 モデル

O'Neal ブーツ Element 2019年 モデル ブラック/US9(約26.5cm) [並行輸入品]
  • グッドイヤーウェルト式製法のソールを採用しているため、しなやかな履き心地
  • サイズ展開は25.5cm~30.5cmまで。大きな足の方におすすめ
  • 4点バックルシステム、射出成形プリカーブデザインを採用。フィット感が向上

アメリカの人気スポーツメーカー「オニール」。主にスノーボードやバイク用品などを製造、販売しています。

この「Element」は人気エントリーモデルとなっていて、アッパーにはマイクロファイバー、ソールにはメタルシャンクを使用しています。4点バックルシステムによりフィット調節も可能ですよ。

アメリカ規格のためサイズが大きく、最大で30.5cmまであります。大きな足の男性におすすめのモトクロスブーツです。

Amazonで詳細を見る


─このモトクロスシューズの特徴─

  • 素材:マイクロファイバー/合成素材
  • サイズ:25.5cm~30.5cm
  • 透湿性:ー
  • 防水:ー
  • ブランド:オニール

エンデューロブーツのおすすめ3選

林道ツーリングや初心者におすすめのバイクブーツがエンデューロブーツです。悪路を長時間走るバイクレースのエンデューロに対応しているブーツのため、長時間のツーリングでも疲れにくい仕様になっています。

バイクから降りても押しやすいので障害物の多い林道に最適。林道ツーリングが好きな方におすすめです。


エンデューロブーツ1. ガエルネ G-REACT

GAERNE ガエルネ G-REACT GOODYEAR BOOT 2018モデル オフロードブーツ ブラック/レッド/イエロー 43(約26.5cm)
  • 人間工学的なライナーによる快適な履き心地を実現
  • つま先には金属製ガードを装着。障害物によるソール剥がれを防止
  • パイプから熱を放出するのに役立つゴム製のグリップガード付きなのでムレないのがメリット

イタリアの人気バイクブランド「ガエルネ」。プロテクション性と操作性の高いバイクブーツの人気モデルとして「ファストバック」がありました。その後継モデルが「G-REACT」です。

開発期間3年をかけて日本人の足に最適化するように作られているのでフィット感は抜群。片側だけにヒンジがある「ユニピボットシステム」を採用しているため、しなやかな足首の動きと剛性をバランス良く融合。

操作性に優れているので、オフロードライディングにおすすめの一足です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


─このエンデューロブーツの特徴─

  • 素材:ー
  • サイズ:25.5cm~30cm
  • 透湿性:ー
  • 防水:ー
  • ブランド:ガエルネ

エンデューロブーツ2.アルパインスターズ 2018年 Tech 3 Enduro テック エンデューロブーツ

Alpinestars アルパインスターズ 2018年 Tech 3 Enduro テック エンデューロ ブーツ 黒/7 [並行輸入品]
  • 耐久性とグリップ性を兼ね備えたエンデューロ仕様の本格ブーツ
  • すね部分はベルクロで調節可能。ライダーのサイズに合わせてフィット
  • バックルは形状記憶機能を備えた素材で高い耐久性を実現

1963年にイタリアで登山用ブーツメーカーとして創設された「アルパインスターズ」。1970年台には洗練されたモトクロスブーツで一躍人気ブランドになり、現在でも世界中の人から愛されています。

アルパインスターズのエンデューロブーツなら「Tech 3 Enduro」がおすすめです。素材には耐摩耗性が高い軽量のマイクロファイバーを使用しているので、足首やふくらはぎにはTPU素材プロテクターを装備するなど足を安全に保護してくれますよ。

人間工学に基づいたデザインでフィット感が抜群なので、長時間の林道ツーリングなどにおすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


─このエンデューロブーツの特徴─

  • 素材:マイクロファイバー
  • サイズ:25.5cm~31.5cm
  • 透湿性:ー
  • 防水:ー
  • ブランド:アルパインスターズ

エンデューロブーツ3.シディ Crossfire 2 SRS CE エンデューロブーツ

Sidi Crossfire 2 SRS CE ブラック グレー モトクロス エンデューロブーツ EC 43 Sidi-2019-Parent-1
  • 通気性に優れているため、長時間でも快適なライディング
  • 足首の可動範囲がフレキシブルでスムーズ。横方向からの衝撃もサポート
  • インナーやアウターが二重構造になっているため、ホールド感が向上

イタリアの人気シューズメーカー「シディ」。主に自転車やバイクシューズを製造、販売しています。エンデューロブーツはプロテクターが重厚なタイプが多いのでオフロードのライディング中に蒸れやすいです。

通気性に優れたエンデューロブーツならシディの「Crossfire 2 SRS」がおすすめ。ふくらはぎから後方へかけて通気口が設置してあるため、ブーツ内の温度上昇を抑えてくれますよ。

長時間のツーリングでも快適な履き心地を実現。エンデューロブーツのムレからサヨナラしたい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


─このエンデューロブーツの特徴─

  • 素材:ー
  • サイズ:ー
  • 透湿性:ー
  • 防水:ー
  • ブランド:シディ

トライアルブーツのおすすめ3選

街乗りにおすすめなのがトライアルブーツ。プロテクターが薄く軽い素材でできているため動きやすいのが特徴。他のオフロードブーツに比べて操作性が高く、やわらかくて履きやすいので普段履きとしても最適です。

山道や林道よりも普通にお店で食べ歩きしたい街乗りが好きな方におすすめ。


トライアルブーツ1.ガエルネ トライアルブーツ

GAERNE(ガエルネ) トライアルブーツ BALANCE CLASSIC/バランス クラシック イエロー 27.5cm 【総輸入元:ジャペックス】
  • すね部分のガードは3段階で細かく調節できるためフィット感が向上
  • バックルは3ヶ所全てビス調整だけで、移設できるので手間がかからない
  • 特殊ヒートガードを内蔵しているため耐熱効果も抜群

イタリアのバイクブーツトップメーカー「ガエルネ」から最高峰のトライアルブーツをご紹介します。こちらは純日本向けをコンセプトにした「ジャペックス」との共同開発商品。

外国製のバイクブーツは形や大きさが合わなくて悩んでいるという方はいませんか。このトライアルブーツは日本人に合った木型を採用しているため、日本人の足のサイズにジャストフィットするように作られています。

外側にはプロテクションパーツを多めに使い足首の剛性をアップ。耐久性にも優れていますよ。フィット感を重視するトライアルブーツを探している方におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


─このトライアルシューズの特徴─

  • 素材:合成皮革(マイクロファイバー)、プラスチック
  • サイズ:25.0cm~29.0cm
  • 透湿性:◯
  • 防水:×
  • ブランド:ガエルネ

トライアルブーツ2.シディ トライアルゼロ1

Sidi Trialゼロ1バイクトライアルDirt Off Road Motorcycle Boots – ブラック47
  • 耐摩耗性のあるスプリットグレインレザーで外部の熱から防御
  • 足首にはフレックスシステムを採用。関節の動きがスムーズ
  • インソールは取り外しできるので自分のサイズに合わせて調整可能

イタリア、トライアルブーツの老舗メーカー「シディ」からトライアルレース向けに開発されたブーツが「トライアルゼロ」です。軽さや柔軟性、踏破性を追求した一品。

ゴム製のグリップをトライアルレース用に改良した唯一のソールが使用されています。トライアルの世界戦でトップ選手が愛用していることからも品質の良さがうかがえます。

トライアルレース以外にも林道ツーリングやオフロードライディングに最適。品質に優れたトライアルブーツを探している方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


─このトライアルシューズの特徴─

  • 素材:マイクロファイバー
  • サイズ:ー
  • 透湿性:ー
  • 防水:ー
  • ブランド:シディ

トライアルブーツ3.アギ トライアルブーツ アドベンチャーブーツ AT-1

  • 透湿防水フィルムを使っているのでムレずに快適な履き心地
  • 高い負荷がかかる部分には保護パッド、プロテクターを内蔵し、安全性が向上
  • 紐なしでファスナーとベルクロ式になっているため着脱もラクラク

2014年にアメリカで設立された新興バイクブーツブランドが「アギ」です。一流ブランドの下請けとして安い値段で品質の良いアイテムを販売し、人気を集めています。

アギのトライアルブーツなら「AT-1」がおすすめ。水を通さず、湿気を通す性質の「透湿防水フィルム」を使用しているため履き心地が抜群。

インソールやインナーライニングには吸汗速乾素材を使用しているので汗を吸ってすぐ乾きますよ。トライアルブーツはムレやすくて困ってるという方におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


─このトライアルシューズの特徴─

  • 素材:ー
  • サイズ:25.0cm~27.5cm
  • 透湿性:◯
  • 防水:◯
  • ブランド:アギ

バイクブーツと合わせて購入したいおすすめアイテム4選

バイクブーツは足元を保護してくれるアイテムですが、バイクに乗るためにはバイクブーツの他にもヘルメットやガードなどいろいろな保護アイテムが必要です。

ここではバイクブーツと合わせて購入したいおすすめ人気アイテムを4選ピックアップしてご紹介します。


おすすめアイテム1. Umora シフトガード

Umora シフトガード バイク用 滑り止め 抜け落ちにくい ブラック
  • ゴムバンドの部分は弾力があり、やわらかく装着しやすい
  • 足先の感触がわかりやすいので、操作性にも優れている
  • シフトチェンジによる靴へのダメージやつま先の痛みが軽くなる

バイク走行時シフトチェンジする際に足が痛くなったり、靴が傷んだりする方におすすめのライディングアイテム。

そんな方におすすめなのが「Umora シフトガード」です。シフトチェンジする操作での傷から靴を守ってくれるガードで、ゴムバンド型のデザインになっています。

ゴムの部分は弾力がありやわらかいため、装着がカンタン。足先の感触もわかりやすくなっています。滑り止めも付いていて抜け落ちにくく、靴紐がある場合には紐部分にバックルを通してボタンで止めることも可能。

より抜け落ちにくくなりますよ。シフトチェンジによる靴へのダメージやつま先の痛みを軽減したい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:TPU
  • サイズ:長さ12cm、幅9cm
  • ブランド:Umora

おすすめアイテム2. IDEAPRO タクティカルグローブ

ideapro タクティカル グローブ サバゲー バイク用手袋 タッチスクリーン フルフィンガー 自転車 アウトドア M
  • 人体解剖学にもとづいて設計されているので、抜群のフィット感
  • 指先はタッチパネル対応になっているため、グローブをしたままスマホ操作が可能
  • 天候に関係なく快適なライディングを楽しみたい方におすすめ

バイクの操作は手が中心ですよね。そのため、バイクを安全に楽しむならグローブは必須です。グローブをすることで路面からくる振動や、暑さや寒さなど天候による操作性の低下などから手を守ってくれますよ。

おすすめのグローブは「IDEAPRO タクティカルグローブ」です。

指先はタッチパネル対応になっているので、グローブをしたままスマホ操作もできますよ。スマホで色々な写真を撮りながら快適なライディングを楽しみたい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:ナイロン
  • サイズ:Mサイズ20.5-22.5cm、Lサイズ22.5-24.5cm
  • ブランド:IDEAPRO

おすすめアイテム3. ヤマハ フルフェイスヘルメット YF-1C

ヤマハ(YAMAHA) バイクヘルメット フルフェイス YF-1C RollBahn ブラック M (頭囲 57cm~58cm) 90791-1770M
  • 強靭なポリカーボネイト複合素材が使用されていて安全に守ってくれる
  • 丸洗いが可能なので長く綺麗に愛用できる
  • 日本ブランドの安全性の高いヘルメットを探している方におすすめ

バイクのヘルメット着用は法律により義務付けられています。それだけバイクを運転する際に頭を保護するのは重要だということがわかりますよね。

バイクブーツよりも確実にこだわって欲しい、ライダー必須のアイテムです。

しっかりしたブランドの安全性に優れた製品ならヤマハのヘルメットがおすすめです。素材には強靭なポリカーボネイト複合素材が使用されているため安全性は抜群。

日本人の頭にかぶりやすく設計されているのでフィット感も優れています。フル着脱内装で丸洗いが可能。お手入れもしやすく清潔に使えますよ。正統派ブランドの安全性の高いフルフェイスヘルメットを探している方におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:ポリカーボネイト複合素材
  • サイズ:M(57~58cm)、L(59~60cm未満)、XL(61~62cm未満)
  • ブランド:ヤマハ

おすすめアイテム4. キャプトスタイル マスタングペースト

キャプトスタイル マスタングペースト 100ml
  • 良質な馬油を使っているため浸透力が抜群、薄く塗るだけでしっかりと浸透する
  • カチカチに硬化した革製品もしんなりと復活
  • バイクシューズの他にも色々使えて便利。革製品のお手入れに悩んでいる方におすすめ

革製品というのはお手入れせずに放置しておくとカチカチに硬化するもの。硬化すると使いにくくなってしまいます。

バイクブーツのお手入れにおすすめなのが「キャプトスタイル マスタングペースト」です。動物性オイルの中ではもっとも浸透性が高い純度100%天然の馬油を使っていて浸透力が抜群。薄く塗るだけで内部までしっとりとやわらかくなりますよ。

このマスタングペーストなら傷んで硬化した革製品もしなやかに復活しますよ。バイクブーツのお手入れに悩んでいる方におすすめの一品です。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 素材:馬脂
  • サイズ:幅7cm×奥7cm×高6cm
  • 透湿性:ー
  • 防水:ー
  • ブランド:キャプトスタイル

自分のスタイルに合わせたバイクブーツを選んでみて

バイクが趣味の方やこれからツーリングを始めようと思っている方なら、バイクブーツについて色々考えることがありますよね。

初めてのツーリングだと不安もあるかもしれませんが、自分に合ったバイクブーツならきっと楽しいツーリングができるでしょう。

特に週3以上バイクに乗る方は、靴の消耗や安全性を考慮して、一足持ってるだけでも万が一の備えになります。

今回の記事を参考にして良いバイクブーツに巡り会えれば幸いです。ぜひ快適なバイクライフを送ってくださいね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事