「いいことないかな?」と悩む人の心理&特徴|幸せを引き寄せる方法をレクチャー!

毎日必死に生きていると「いいことないかな?」と悩むことがありますよね。そこで今回は、いいことないかなと思ってしまう人の心理と特徴を解説すると共に、幸せを引き寄せる方法をレクチャーしていきます。いいことがないと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「いいことないかな…」と悩んでいる方へ。

いいことないかなと悩む人の心理&特徴

「なんとなく充実しない」「周囲が羨ましくみえる」「いいことないかな」「楽しいことないかな」と考えてしまう理由は、どんなものなのでしょうか。

今回は「いいことや、楽しいこと」を求める男性と女性の、心理や特徴、いいことを引き寄せる方法をご紹介します。自分に当てはまる部分がないか、考えながらぜひ参考にしてみてくださいね。


いいことないかなと思ってしまう人の心理

「みんなどうやって幸せを得ているのかな…」と、周囲が羨ましく感じているのではないでしょうか。「いいことないかな、楽しいことないかな」が口癖のようになってしまっている方は少なくないはずです。

どうして「いいことないかな」と考えてしまうのでしょうか。ここでは、「いいことないかな」と思ってしまう人の心理をご紹介します。


心理1. そのうち、いいことがあるだろうと思いこんでいる

自ら探そうとする気持ちがないという特徴をもちます。いいことというのは意外と毎日起きているものです。しかし、それが当たり前と思ってしまったり、何げなく過ぎてしまうことで、いいことを見つけることができなくなってしまいます。

「いいことないかな、楽しいことないかな」と思ってしまう女性も男性も、「そのうち、いいことがあるだろう」と、大きないいことを期待する心理をもちます。


心理2. 理由はハッキリ分からないが、なんとなく退屈さを感じている

「毎日充実しないな…」なんて思っている人と、「いいことないかな、楽しいことないかな」と思ってしまう人が重なりやすい傾向にあります。なんとなく憂鬱な気分の時だったり、あるいはいつも憂鬱だったり…。

理由はハッキリ分からないけどなんとなく退屈さを感じ、「充実しないかな、いいことないかな」と楽しさを求める心理を持つのです。


心理3. 現状に滿足していないだけで、別に不満も感じていない

「このままでもいい」と心のどこかで思っているのです。もし今の自分が嫌でどうしても充実させたいと強く思っているのなら、改善する方法を考えるはず。

しかし、現状に満足していないだけで、別に不満も感じていない方は「いいことないかな、楽しいことないかな」とぼんやり思うだけ。本気で改善しようとは思っていないといえるでしょう。


いいことないかなと悩んでいる人の7つの特徴

いつも「いいことないかな、楽しいことないかな」と考えている人は、何が原因でそう考えてしまい、何が原因でいいことに触れることができないのでしょうか。

ここでは、いいことないかなと悩んでいる人の7つの特徴、行動力や、自分の自信、考え方などについてご紹介します。


特徴1. フットワークが重く、行動力が乏しい

「いいことないかな」と思ってしまう人は、男性も女性も普段の生活が同じことの繰り返しで、マンネリ化して楽しみがないということが考えられます。

フットワークが重く、行動力が乏しい方は学校や仕事はもちろん、休みの日でさえも同じようなことを繰り返しています。その分、新鮮さがないので新たな幸せや楽しみを感じることが少ないのです。


特徴2. 安定志向で、新しいことにチャレンジするのが得意じゃない

何も変わり映えのない毎日の中で、いいことを見付けるのは意外と難しいものです。人は新鮮さを味わうことで、新たないいことや、当たり前に感じていたいいことに気付けるということがあります。

安定志向で、新しいことにチャレンジするのが得意じゃない方は、毎日が慣れ親しんでいることで溢れ、楽しみが埋もれてしまい気付くことができないのです。


特徴3. 基本的に受け身な姿勢で、自分からアクションを起こせない

待っているだけなので、楽しみに触れるチャンスが少ないといえるでしょう。逆に、いいことで溢れているようにみえる人は、男性も女性も何にでも挑戦しアクティブなイメージがあるのではないでしょうか。

基本的に受け身な姿勢で、自分からアクションを起こせないという方は、誘ってもらうのを待つばかりで、自分がしたいことはできていないといえるでしょう。


特徴4. 自己肯定感が低く、自分に対して自信がない

いいことのチャンスが巡ってきても、自らチャンスを手放してしまうという特徴があります。何かにつけて「自分なんて…」と、否定的になっていないでしょうか。

自己肯定感が低い方は自分を認めることが不得意なので、自分に対して自信をもてずにいます。いいことを掴もうとしないので、「いいことないかな」と思ってしまうのです。


特徴5. 人や物事に対して興味や関心が薄い

どんなことに対しても興味が薄いため、他からいいことを取り入れるということがない特徴があります。

人と関わっているだけでいいことを共有できることもありますが、男性も女性も人と関わらない方はいいことが少ないといえるでしょう。

人に興味がないから人と関わらず、物事に興味がないからいいことに触れる機会がなくなってしまうのです。


特徴6. 慎重な性格で、リスクや失敗を避けている

石橋を叩いているうちに、いいことが去っている可能性があります。例えば、チケットを取ろうか悩んでいるうちに締切日がきてしまった、本当にこの道でいいのか考え諦めたことを後悔している、恋愛で告白するか悩んでいるうちに他の人と付き合ってしまったなど。

「慎重な性格で、リスクや失敗を避けている」という方は「思い立ったら即行動」の人と比べて、いいことを発見するチャンスを逃しやすいといえるでしょう。


特徴7. 夢や目標を設定していない

人生のビジョンがぼんやりとしているので、どこに向かえばいいのか分からないという可能性があります。恋愛や仕事など将来の設計がしっかりとしている方は、男性も女性も「どれが自分にとってのいいことなのか」ということも明確。

夢や目標を設定していない方は、なにが自分にとっての幸せで、どれが良い方向なのかがはっきりしてないという傾向にあります。

【参考記事】はこちら▽


なんかいいことないかなと考えているうちは、いいことはやって来ない

受け身の状態ではいいことはやってきません。新しいことにチャレンジしたり、将来のビジョンを定めてみたり、自分がしたいことに積極的になったりと、自分から行動に移しましょう。

「なんかいいことないかな」と考えているだけではダメ。ただいいことを待つのではなく自ら行動に移すことで、いいことに触れるチャンスが巡ってきて、恋愛のきっかけにもなり、充実した毎日に変わっていくのです。


いいことを引き寄せるためにやるべき6つのこと

「自分にはいいことはやってこない」と投げやりになっていてはいけません。いいことは誰にでも訪れる可能性を秘めています。ただ、そのいいことに触れるのが、多いか少ないかの違いがあります。

ここでは、いいことを引き寄せるためにやるべき6つのことをご紹介します。


やるべきこと1. 叶えたらワクワクするような夢や目標を設定してみる

自分のテンションを高めたり、モチベーションを上げることでいいことが近付きます。男性も女性も「毎日つまらないな…」と感じている人より、「毎日を楽しんでいる」人の方が、いいことを掴みやすいのです。

叶えたらワクワクするような夢や目標を設定してみることで、テンションやモチベーションが上がり、「夢を叶えるために新たな挑戦をしよう」と行動的になれますよ。


やるべきこと2. 新しい趣味や習い事を初めてみる

日々の生活に新鮮さを取り入れることも効果的です。変わり映えのない毎日に、新たな趣味や習い事が加わるだけでいいことが近付きます。

何か興味があることを見付けてみるといいでしょう。そうすることで、新たな人との出会いや新たな目標、新たな習得になり、いいことがどんどん増えて、恋愛にも繋がるかもしれません。


やるべきこと3. フリーの場合、出会いの場へ足を運んで恋をする

彼氏や彼女ができるだけで既にいいことですよね。恋愛をして彼氏や彼女の存在は生活を大きく変えます。他愛もないやりとりや、デート、時には喧嘩など。恋愛には刺激がたっぷりで、新たな習得もあります。

フリーの場合、出会いの場へ足を運んでみましょう。恋愛をするだけでも人生は変わり、LINEの返事が来る喜びや、デート前のドキドキ感など恋愛の刺激的な感情が生まれるのです。


やるべきこと4. フットワークを軽くし、行ったことがない場所へ積極的に足を運んでみる

次の休みはいつもと違うことをしてみましょう。いつも家から出ない方は散歩をするだけでもいいことがあるかもしれません。どこで何をしようか計画してみましょう。

フットワークを軽くし、行ったことがない場所へ積極的に足を運ぶことで、新たな発見や人との関りから恋愛に繋がる可能性も。友達を誘ってみてもいいですし、一人旅でもいいでしょう。


やるべきこと5. 最近連絡をとっていなかった友達と再会する企画をたててみる

懐かしい人と関わることで刺激になるかもしれません。例えば、思い出話に花が咲き、「あの時こうしておけば良かったのかな…」などと、昔を振り返ることで今に磨きをかけることができるかも。

最近連絡をとっていなかった友達と再会する計画をたてて、友達の現状を知りいい刺激を受けましょう。また、昔の自分を振り返り、今の参考にすると何かが変わるかもしれません


やるべきこと6. 無駄なプライドは捨て、全ての物事に対して興味や関心を持つ癖をつける

興味を持つだけで新しい発見ができ、今までより楽しい人生を歩めます。こんなことは自分に相応しくないとか、自分から誘いたくないとか、そういった小さなプライドはいいことを見つけるのを邪魔します。

無駄なプライドは捨て、全ての物事に対して興味や関心を持つ癖をつけましょう。そうすることで、新鮮さをどんどん味わい、いいことを引き寄せるのです。


いいことを引き寄せられるかは自分次第ですよ!

「いいことないかな」とぼんやり思っている方は、いいことを真剣に掴もうとしていないのかもしれません。

いいことに対してもっと欲をもって、自分から行動に移してみましょう。新たなことに挑戦したり、人と関わりをもったり毎日の生活に新鮮さを見つけるのです。

そうすることで、いいことを引き寄せることにきっと繋がりますよ。毎日をいつもより楽しいものに変えていきましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事