婚活アプリおすすめ人気ランキング&目的別で厳選。プロフィールや写真のコツも解説!

婚活アプリのおすすめ人気ランキングと20代30代40代の各世代向け、Facebookなしでも登録できるなど目的別アプリを厳選。Omiaiやペアーズ、ゼクシィ、ユーブライド、withなど人気のマッチングアプリはもちろん、マッチするプロフィールや写真のコツまで全て紹介します。

婚活アプリで結婚相手を探そう!将来を見据えた出会いが見つかるおすすめマッチングアプリを解説

婚活アプリ

結婚をしたいけど出会いがない男女にとって、合コンや友だちの紹介、あるいはお金を使って結婚相談所や婚活パーティーに参加して、出会いを増やしたいと考えている方は多いと思います。

しかしどれも1人でできるけど費用が高めだったり、家と仕事場の往復で時間が取れなかったり、いまいち効率よく出会えていないのでは。そんな方におすすめなのが婚活アプリです。

そこで今回は、真剣に結婚相手を探したい独身男女におすすめの人気婚活アプリをご紹介。恋人探しや趣味友探しとは全く異なる真面目な目的で利用している会員が多いマッチングアプリとその選び方、注意点、出会うためのテクニックまで一気にご紹介します!


2019年最新の恋活アプリおすすめ人気ランキングTOP5

婚活アプリおすすめ人気ランキング

以上を踏まえて、マッチングアプリでの婚活に興味がある方にまずは無料会員から登録してお試しで使ってみてほしい絶対おすすめ婚活アプリを5つご紹介します。

今や世の中に100以上のマッチングアプリがあるなかで、利用者の口コミや評判と実際に使ってみた体験から選んだ婚活アプリで、素敵な結婚相手を探してみましょう。


婚活アプリおすすめ人気ランキング|第1位 Omiai(オミアイ)

おすすめの婚活アプリランキング第1位はOmiai

婚活アプリおすすめ第1位はOmiai(オミアイ)を選びました。名前が“お見合い”を連想させるせいか、プロフィールでも結婚に対する意思がはっきりした会員が多かったのが印象的で、婚活要素が強めのマッチングアプリ。すぐにでも結婚がしたい、2〜3年のうちに結婚したい、と言った願望を持つ会員が多いのも特徴的です。

ただ最初から結婚ありきではなく、友達や恋人のプロセスを経てからの結婚を希望している方が多いので、自然な形での婚活や出会いを探しているなら登録して、どんな会員がいるのかチェックしてみて。


婚活アプリ「Omiai」の詳細

  • 会員数:360万人
  • 年齢層:10代、20代、30代、40代、50代
  • 男女比:5:5
  • 有料会員価格:3,980円〜/月(Web版)※女性無料
  • 会員登録方法:Facebook認証 or 電話番号
  • 年齢確認:あり

Omiaiに無料登録する


婚活アプリおすすめ人気ランキング|第2位 ペアーズ

おすすめの婚活アプリランキング第2位はpairs

マッチングアプリ業界でもOmiaiと二強とも言われているpairs(ペアーズ)は、出会いを探すなら登録してみてほしいアプリです。そもそも婚活はお相手の候補がたくさんいればいるほど、条件にあった相手が見つかる、質よりも量が圧倒的に希望の相手に出会える可能性が高まります。

その点、累計会員数が800万人を超えているpairsなら婚活目的の会員もたくさんいます。もちろんpairsには、恋人や友達作り目的も多いですが、そもそも会員の母数が多いので、婚活目的の会員も必然的に多くなります。

もし婚活アプリを使って結婚相手になりそうな異性と出会うなら、会員が多いOmiaiとpairsに登録することをおすすめします。


婚活アプリ「pairs」の詳細

  • 会員数:800万人
  • 年齢層:10代、20代、30代
  • 男女比:5:5
  • 有料会員価格:3,480円〜/月(Web版)※女性無料
  • 会員登録方法:Facebook認証 or 電話番号
  • 年齢確認:あり

pairsに無料登録する



婚活アプリおすすめ人気ランキング|第3位 marrish(マリッシュ)

おすすめの婚活アプリランキング第3位はmarrish

一般的に出会いの機会が少ないと言われている、再婚希望・シンママ・シンパパ向けにサービスが充実している婚活アプリ「marrish(マリッシュ)」を第3位に選びました。

2017年の統計では、3組に1人が離婚すると結果が出ている日本。年々マッチングアプリでも再婚を目指す独身の男女が増えていますが、より再婚に理解のある方と出会いたいなら「marrish」一択です。運営が“バツイチ、シンママ、シンパパ優遇”を明言しているため、サポートが充実。

さらに電話番号やLINEなど個人的な連絡先を交換しなくても、marrishのアプリを使って通話が出来きる点が魅力的。プライバシーや安全に配慮されているのは嬉しいポイント。


婚活アプリ「marrish」の詳細

  • 会員数:20万人
  • 年齢層:20代、30代、40代、50代
  • 男女比:4:6
  • 有料会員価格:2,980円〜/月(Web版)※女性無料
  • 会員登録方法:Facebook認証(※フェイスブックなしでも登録可)
  • 年齢確認:あり

marrishに無料登録する


婚活アプリおすすめ人気ランキング|第4位 match.com(マッチドットコム)

おすすめの婚活アプリはマッチドットコム

日本人だけでなく世界中の人と出会いがある『match.com(マッチドットコム)』。ほとんどが日本国内向けの出会い系サービスですが、マッチドットコムはアメリカ発のマッチングアプリ。そのため、日本人以外にも日本在住の外国人の登録も多いマッチングアプリです。

いいねではなく、ウインクと表現されるのも海外アプリならでは。運営会社も日本法人がちゃんと存在しているため、海外製アプリですが安全性は問題なく健全です。使ってみた感じ、欧米の利用者が多い傾向なので、国際結婚に憧れを持つ方は無料登録して会員をチェックしてると面白いかも。


婚活アプリ「マッチドットコム」の詳細

  • 会員数:1,500万人
  • 年齢層:30代、40代
  • 男女比:7:3
  • 有料会員価格:3,980円〜/月(Web版)
  • 会員登録方法:Facebook認証 or メールアドレス
  • 年齢確認:あり

match.comに無料登録する


婚活アプリおすすめ人気ランキング|第5位 ゼクシィ縁結び

ブライダルで有名な『ゼクシィ』が運営している『ゼクシィ縁結び』。結婚のイメージがあるブランドが名前のマッチングアプリのため、特に女性会員の結婚に対する真剣度はトップレベルレベルで高いです。

またゼクシィ縁結びの大きな特徴として、女性もメッセージのやり取りをするには有料。お金がかかる分、本気で結婚相手を探したい強い意志を持った女性しか登録していません。任意ですが卒業証明や収入証明を提出して、プロフィールにもその旨が表示されるため、他の婚活アプリとは安心感が段違いです。

ではなぜ婚活に真剣な会員しかいないのに婚活アプリで第5位なのか。その理由は月額費の高さにあります。『ゼクシィ縁結び』は男性も女性も月額4,900円/月(1ヶ月プラン/スマホ決済)。マッチングアプリの平均価格から1,000円近く高いため、本気の会員しか集まらないですが、値段的なハードルが高いのもややデメリット。なので、第4位に選びました。


婚活アプリ「ゼクシィ縁結び」の詳細

  • 会員数:70万人
  • 年齢層:20代、30代、40代
  • 男女比:3:7
  • 有料会員価格:4,298円〜/月(Web版)
  • 会員登録方法:Facebook認証 or メールアドレス
  • 年齢確認:あり

ゼクシィ縁結びに無料登録する


目的別・ニーズ別のおすすめ婚活アプリを厳選してご紹介!

まずは確実に登録して、異性とのマッチングや反応を試したほうがいい婚活アプリを5つ紹介しましたが、ここからは世代に合わせて婚活アプリをご紹介していきます。

ランキングTOP5で登録しようと思っているアプリ以外に自分の世代や目的に合ったアプリがあれば一緒に登録するのがいいですね。

多くの人が気にするであろう年齢は、結婚相手に求める条件がたくさんある内でも、かなり重要視している方が多いと思います。

それぞれのアプリごとに特徴があり、利用している世代が違うだけでなく、結婚に対する意識の差もあります。Omiaiに登録している20代とwithに登録している20代では利用目的が代わるので、世代だけでなくその目的も見極めることが大切。

というわけで、

  • 20代の婚活におすすめ
  • 30代が多く利用しているアプリ
  • 40代でも結婚が叶うおすすめアプリ
  • 地方の会員が多いおすすめ婚活アプリ
  • Facebookなしで登録して利用できるおすすめアプリ

に分けてご紹介していきます!


20代におすすめの婚活アプリはOmiai(オミアイ)

20代におすすめの婚活アプリはオミアイ

Omiaiは20代の結婚願望強めな女性・男性が多く会員に属している婚活アプリ。男性の月額費が高い分、真剣度が他の婚活アプリよりも高いので、遊び目的の異性が少ない婚活アプリです。

登録している会員も様々。女性は可愛い系よりも美人系が多く、客室乗務員、受付、秘書、看護師、保育士など同性ばかりの職場で出会いがない方が多い印象。男性は爽やか系なイケメンが多く、大手企業や有名私大出身、外資、弁護士や税理士などの士業を仕事にしている男性も多く見られました。

普段生活していては絶対に出会うことがないような職業の異性ともマッチングできる可能性が高いので、

Omiaiに無料登録する


30代におすすめの婚活アプリはfeliz(フェリース)

30代におすすめの婚活アプリはフェリース

feliz(フェリース)は登録時のチュートリアルがわかりやすく丁寧なため、マッチングアプリや出会い系アプリの使い方がわからない方でもスムーズに使いこなすことができます。

また、プロフィールの自己紹介文を穴埋め形式で作成できるので、文章を書くのが苦手な方でも婚活を手軽に始めれられますよ。まだリリースしてから数年と新しい部類の婚活アプリですが、使いやすくわかりやすいので、初めてネットで出会いを探す30代におすすめの婚活アプリです。

ちなみに筆者が登録してみたところ、穴埋めで作った自己紹介文と写真を乗せただけでも、登録から4時間位で19いいねもらえたので、結婚に意欲的な女性が多い印象を抱きました。

felizに無料登録する


40代におすすめの婚活アプリyoubride(ユーブライド)

40代におすすめの婚活アプリはユーブライド

結婚相談所や婚活パーティーを運営している株式会社IBJが運営している婚活アプリ『ユーブライド』。男女の結婚のことを知り尽くした会社が運営しているので、サクラや業者がゼロ宣言を行っているほど会員の質向上に力を入れています。

ランキングでもご紹介したゼクシィ縁結びと同じく女性側も月額料金を課金しないといけませんが、その分女性側のガチ度が高いため、男性も必然的にガチ度が高い男性が集まっています。

月額制で女性もお金を払っていて、サクラや業者に騙されないアプリ環境が整っているため、本気で結婚相手を探したいなら、婚活事業の会社が運営するユーブライドをおすすめ。

ユーブライドに無料登録する


地方でおすすめの婚活アプリpairs(ペアーズ)

地方ユーザーにおすすめの婚活アプリはペアーズ

ペアーズが地方での婚活にもおすすめなのはその会員数。累計会員数は800万人を超えています。地方の都市部や郊外でも利用者が多いため、他のアプリよりも圧倒的に地方でも出会いやすいのが特徴的です。

地域によっては同世代が少なく、出会いの場に行っても同じ顔ぶればかり、そんなときはペアーズを使ってみてください。

pairsに無料登録する


Facebookなしで使えるおすすめ婚活アプリは、Omiaiとpairs

Facebookアカウントで会員登録するメリットは“友達”と“友達の友達”まではアプリ上で表示されない機能。なので、Facebookのアカウントをわざわざ婚活アプリのために作る意味はありません。

けれど持っているなら、フェイスブック登録をすれば身バレしないため安心なのは確かです。なので圧倒的にFacebook認証をするのがおすすめ。もちろんタイムラインには表示されないので使っているのはバレませんよ。

ランキングでも紹介したOmiaiとpairsはFacebookを持っていなくても電話番号の認証で登録ができます。会員も業界では1位と2位でとても多く、気軽に電話番号登録できるため婚活に対するハードルも下がるでしょう。

Omiaiに無料登録する


pairsに無料登録する



【選び方】そもそも婚活アプリは何を基準に選んだら良いの?

「人気の婚活アプリがわかったけどいまいち決定打に欠けるなぁ」という人もいるでしょう。そこでいくつ下記になったアプリから自分に合ったアプリを見つけるために、婚活アプリの選び方をお教えします。


婚活アプリの選び方① 登録している会員の年齢/世代を見て選ぶ

結婚願望が強くなる20代後半から30代が会員にいるアプリを選びましょう。そもそもマッチングして出会って付き合っても、結婚の意思がないのに付き合っているため、結婚まで進むのはかなり難しいでしょう。

恋人が欲しいだけで結婚は考えていない会員が多いマッチングアプリで、どれだけ結婚相手を探してもお互いのニーズが合わないので出会えません。必ず婚活ニーズを持った会員が多い20代後半〜30代、40代の利用者が多いか、確認を行いましょう。


婚活アプリの選び方② 本人確認・年齢確認制度があるかで選ぶ

今のマッチングアプリでは、メッセージのやり取り前に公的書類を使った本人確認・年齢確認を行っているサービスがほとんど。免許証やパスポートなどを写真を撮ってアプリ上でアップロードするだけなのですが、業者やサクラなどはこの手続きを避ける傾向にあるので、手続きがある=健全な会員がいることの裏返し。

さらにFacebook認証があると、“友達”と“友達の友達”がアプリ上で表示されないことと、本名登録のFacebookで使っている安心感もありますよね。「本人確認」と「Facebook認証あり」を婚活アプリを選ぶ時の一つの基準にしてみてください。


婚活アプリの選び方③ 登録会員の監視体制や退会制度が整っているかで選ぶ

もし規約に違反している会員がいても、通報すればすぐにアカウント停止や強制退会の措置をとってくれる。そんな厳格な監視体制が整っていることも、婚活アプリで結婚相手を探すための大切な基準。

実は、男性が有料のアプリならアプリ運営や違反会員の監視に資金を使えるため、安全性が高いアプリになります。

24時間監視やサイト内パトロールを行ってくれる体制が整っているか、違反会員の通報や報告制度があるか、有料のマッチングアプリなのか、は事前にチェックしましょう。健全な交際がしたい会員とマッチングするためにも、しっかりと確認してみて。


婚活アプリで使える簡単なコツやテクニックを駆使してマッチング率をあげよう

婚活アプリのプロフィールや写真のテクニック

婚活におすすめのアプリはわかったけど、実際にどうやって使えばいいのか分からない、出会い方を知りたい、という方のためにここからは登録時でも登録した後でも実践できるテクニックをご紹介します。


婚活アプリでマッチングを増やすテクニック① 写真編

婚活アプリの写真のコツ

婚活アプリで一番大事なのは写真です。写真でマッチング率が8〜9割決まると言ってもいいほど、一番最初に見られる写真は決定的な差を生みます。

写真が悪いとそもそも詳細なプロフィールを見られることもないため、出会いの確率を上げるには写真選定に全力を注ぎましょう!ポイントをまとめると

  • 自撮りではなく誰かに撮ってもらった写真
  • 笑顔の写真を使う
  • アップではなく、上半身が映り込む程度引いた写真
  • 不鮮明or引きすぎて表情が見えない写真もダメ
  • 趣味に取り組んでいる時の写真を使う

それぞれどんな写真を選べばいいのか詳細な理由とポイントを解説します。


プロフィール写真のポイント① 自撮り写真は使わない。誰かに撮ってもらった写真を使う

自撮り写真はナルシストっぽい印象を与えるだけでなく、誰かに撮ってもらった写真だと、写真を撮ってもらえる友人がいると認識されるため、交友関係に関するバックボーンも見せられるためおすすめです。


プロフィール写真のポイント② 笑顔の写真は絶対!無表情だと怖い印象しか与えない

作り笑いや、爆笑している写真じゃなく、自然と笑みがこぼれているような優しい笑顔の写真を選びましょう。

「あ、この人こんなふうに笑うんだ」ということが伝わるだけで一気に心の壁が取り払われて、親近感や興味を持つようになります。イケメンとか美人とかは関係ありません。誰かに撮ってもらった笑顔の写真を載せてみましょう。


プロフィール写真のポイント③ 上半身が写っているアップ過ぎない写真

自撮りを避けるべきもう一つの理由として、映る顔が近くなりすぎることも挙げられます。イケメンならなまだしも、フツメンの顔面アップや顔だけの写真は見るに堪えないので、上半身が映り込む程度引きの写真を使いましょう。


プロフィール写真のポイント④ 不鮮明or引きすぎて表情が見えない写真もダメ

何万人もの会員がいるため、男性も女性も写真が不鮮明だったり、表情がよく見えない写真だと、詳細なプロフィールを見てもらえません

プロフィールは一覧で表示されるため、他の男性会員と比較される形で表示されるので、どうしても表情や人となりが伝わる写真の方に目が行ってしまい注目されなくなってしまいます。

アップすぎず引きすぎない、ちょうど上半身が映り込むくらいの距離感の写真を使いましょう。


プロフィール写真のポイント⑤ 趣味に取り組んでいる時の写真を使う

サッカー観戦が好きならスタジアムで撮った写真、ゴルフが好きならラウンド中の写真、海外旅行が好きなら旅先での写真、など、趣味を楽しんでいる写真を掲載することで、足あとが付きやすくなります

そもそも趣味を楽しんでいる瞬間は良い表情をしていますし、趣味のモノを一緒に写り込ませようして自然と引きの写真になりますよね。

また、マッチングした時の会話のネタにもなるので、趣味の写真を使うことはメリットしかありません。婚活アプリは複数枚写真を使えるので、確実に一枚は載せましょう。


婚活アプリでマッチングを増やすテクニック② プロフィール編

写真が完璧なものになって見られるプロフィールですが、写真ばかり意識していてプロフィールを疎かにしていると全くいいねが来ません

一番のハードルである写真を突破したということは、あなたに興味がある証拠です。興味が持ってくれた貴重な異性を逃さないためにも、プロフィールの充実にも気を配りましょう。

ポイントは4つです。

  • 自己紹介文の文字数は200文字〜400文字
  • 第三者のコメントを引用する
  • 選択式の項目はなるべく全部埋める
  • 盛りすぎない

それぞれ詳細に説明していきます。


プロフィール作成のポイント① 自己紹介文は200文字〜400文字程度に

自由に文章を書ける自己紹介欄は自分をアピールできる項目です。一番個性が出る部分なのでプロフィールの中でも特に見られる部分だと認識しましょう。

でも中には書きたいことが多すぎて超長文になったり、逆に内容を書かなさすぎて短文になってしまったり極端なプロフィールを見かけます。

目安として200文字〜400文字で収まるように書くことを意識しましょう。その中で、

  • 見てくれたことのお礼
  • 婚活アプリを始めた理由
  • 趣味や休日の過ごし方
  • 性格や
  • 恋愛や相手に求める条件
  • 結婚について
  • 最後まで読んでくれたことのお礼

は書いておくと印象◎。特に婚活アプリなので「恋愛や相手に求める条件」「結婚について」は軽くでも良いので、あなたの思いを自分の言葉で書きましょう。


プロフィール作成のポイント② 友達や会社の同僚など第三者のコメントを引用する

自己紹介文で自分のことを自分でいうよりも、「友人からは〇〇って言われます」とか、「会社の同僚いわく、〇〇らしいです笑」のような客観的な意見として書くことで、過剰なアピールにならないので、性格や価値観をオブラートに包んで伝えることができますよ。


プロフィール作成のポイント③ 選択式の項目はなるべく全部埋める

自由に書ける自己紹介文以外にも、出身地や血液型、兄弟構成、年収、職業など選択式のプロフィール欄もあります。

もちろん人によっては知られたくない情報もあるので、すべてをきっちり埋める必要はありません。ただ、特に結婚を意識した人が多く利用する婚活アプリは、その人のことをよく知りたいとマインドが強めなので、全体の70%くらいは設定しておきましょう。


プロフィール作成のポイント④ 見栄を張りすぎたり過剰に盛ったりしない

年収や身長、体型などコンプレックスに感じやすい項目は、どうしても盛りがち。ですが、いざ会った時の心象を悪くするので、身長は+2cmくらい、体型はややぽっちゃり→普通、年収は380万なら400万〜600万くらいのちょい盛りくらいに留めておきましょう。


婚活アプリでマッチングを増やすテクニック③ メッセージ編

プロフィール文も完璧でお互いにマッチングした!となったら、次の関門はメッセージです。人気会員ほど多くのいいね!をもらってメッセージのやり取りをしているので、少しでも返信に困ったりめんどくさく感じたら、途絶えます。ポイントとしては

  • 質問攻めにしない
  • 長文を送らない
  • 日記風メッセージは避ける
  • 受け身にならない
  • すぐ連絡先を聞きたがらない
  • 自慢話をしない

の6つです。詳細な解説は続きをご覧ください。


メッセージやり取りのポイント① 相手を質問攻めにしない。こちらの情報も混ぜる

せっかくマッチして嬉しくなり相手のことを知りたいのは分かりますが、会話のキャッチボールも無視して質問に次ぐ質問で相手を困らせるのは止めましょう。

例えば、
どんなお仕事されているんですか?」の答えに対して
営業です」と答えが来たら
なんの営業ですか?なんていう会社ですか?」と質問に質問を重ねるのはやめましょう。
今の時期は暑いので営業は大変ですよね。僕も営業でこの時期の外回りは大変です。
などと相手に共感しつつ、こちらの情報(営業職)もさらっと伝えられるとベストです。


メッセージやり取りのポイント② 内容は簡潔に!長文はウザいだけなので避ける

伝えたいことがありすぎて延々と長い文章を送るのもNGです。読む気が失せて返信が来なくなります。

忘れてはいけないのは、婚活アプリを含めたマッチングアプリはちょっとでも面倒になったら、いつでもメッセージのやり取りを終わらせられること。仲のいい友達からの長文LINEですらめんどうなのに、それが面識のない相手からだったら速攻無視されます。

婚活アプリだからといって気負いせずに、普段のLINEと同じ感覚で肩の力を抜いてやり取りしてくださいね。


メッセージやり取りのポイント③ 返信に困る、日記のようなメッセージは送らない

今日会ったことを送られてきても、「だから何?」となります。まだ興味を持った段階でしか無く、冗談を飛ばせるような仲がいい関係ではないので、返信に困るような日記風メッセージは絶対に避けましょう

送ることがないなら、相手のプロフィールを見直して、マッチングごと変わったとろこはないかチェックして、変わったところを話題にしてみて。


メッセージやり取りのポイント④ 来た質問に返すだけの受け身にならない

相手の質問に答えるだけの淡白なメッセージになっていませんか。答えしか返ってこない相手にメッセージを返すのはめちゃくちゃ大変ですし疲れます。

他にもマッチングしている相手とのメッセージのほうが楽だったり盛り上がったりしていると直ぐに返信が返ってこなくなるので、お互いに相手に興味を持っていることをアピールできる“質問”を混ぜたメッセージのやり取りをしましょう。


メッセージやり取りのポイント⑤ すぐにLINEなどの連絡先を聞こうとしない

一通目のメッセージからLINEを聞くのは失礼です。

まだ何も知らない異性に対してLINEを教えるような相手は業者かサクラを疑ったほうが良いです。また、こちらがすぐにLINEの連絡先を聞こうとすると相手から業者だと疑われてしまう可能性も。メッセージのやり取りができないだけでなく、運営に通報される危険性もあります。

アカウント停止にもなりかねないので、最初から連絡先を聞くような野暮な行動は避けましょう。


メッセージやり取りのポイント⑥ イタイだけの自慢話はしない

自慢男、自慢女は一発で嫌われます。リアルでも好きな人っていないですよね。アプリだからって金持ち自慢、会社自慢が好きな人がいるわけないです。ネット上のやり取りだからって普段人と接する態度と何ら変わりませんよ。


※実際に会う約束をしただけで浮かれない。会うまでも大切!

メッセージがうまく進んで実際に会う約束をしても、油断は禁物です。約束を取り付けてからも当日までなるべくメッセージのやり取りを続けて相手の熱量を維持し続けるようにしましょう。

ちょっとメッセージを続けないだけでドタキャンされたりもしますし、当日会っても相手の熱が冷めていては会話も盛り上がりません。なので、メッセージはなるべく続けて当日まで相手のモチベーションを保ちましょう。


【参考記事】プロフィールの書き方や例文をご紹介▽


婚活アプリを使って結婚した人の体験談

最後に、Omiai(オミアイ)で結婚を希望する異性が見つかり、結婚前提で付き合っている方の体験談コメントをご紹介します。

29歳男性:東京都在住
Omiaiで結婚相手を探そうと思い、1年ほど前から登録して使っていました。結婚相談所や婚活パーティーは料金が高かったのと、仕事の都合でまとまった時間がとれなかったので、スマホでできる婚活アプリにしました。最初はいいねが集まらなくて苦労しましたが、写りが良い写真と詳細なプロフィールを作ってみたところ徐々にいいねを返してもらえる様になり、3ヶ月くらい過ぎたところで今の彼女とマッチングしました。

これまでマッチングした女性よりもメッセージのやり取りが楽しくて、自然とライン交換もできたので、今思えばその時からすでに付き合うことが決まってたかのようですね笑。僕自身の経験でアドバイスするなら、自分自身がしっかり伝わるようなプロフィール作りが大切だと思います。

Omiaiに無料登録する


婚活アプリで生涯のパートナーを見つけよう。

今や結婚相談所や婚活パーティーと並んでメジャーな婚活方法になっている婚活アプリをのおすすめとプロフィールと写真、メッセージのテクニックまで含めて総特集でご紹介しました。

職場と家の往復で出会いがない方もスマホがあれば婚活ができる時代です。ぜひ素敵なパートナーを見つけて幸せな未来を手に入れてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事