トリュフ塩のおすすめ13選。パスタや卵料理に合う黒&白トリュフを特集

パスタやオムレツ、ステーキに大人気のトリュフ塩の魅力とは。今回はトリュフ塩についておすすめの商品はもちろん、黒トリュフや白トリュフの種類や選び方まで全網羅してお届けします。安い&旨いものはもちろん、ギフトにも最適な高級なトリュフ塩まで大公開!

料理の隠し味に!トリュフ塩のおすすめを大公開

トリュフ塩のおすすめ

色々な調味料がありますが、今最も注目されているのがトリュフ塩です。料理にサッとひと振りするだけで風味が豊かになる、まるで魔法のような調味料。ですが、使い方がよくわからない主婦の方も多いのではないでしょうか。

トリュフ塩といってもいくつかの種類がありますし、塩や産地によっても特徴が違うもの。そこで今回はおすすめの13選ご紹介しながら、トリュフ塩の魅力をお伝えします。


トリュフ塩の原料になるトリュフは主に2種類ある。

トリュフは主に2種類ある

トリュフ塩は世界三大珍味の1つ、トリュフをフリーズドライして海塩と合わせた調味料です。原料となるトリュフには「黒トリュフ」と「白トリュフ」の2種類が。それぞれに特徴があり、使い方のコツがあります。トリュフ塩を使いこなすために、まずこの2種類について説明します。


黒トリュフとは?

黒トリュフは希少価値があり、味と香りの類い希な素晴らしさから「料理のダイヤモンド」と呼ばれています。フランスのプロヴァンス地方のものが特に有名。また収穫のやり方も独特で、トリュフの香りを嗅ぎ分ける訓練をした犬を使って掘り当てます。

その他の方法としては、トリュフの香りに反応する豚を使うことも。フランスではトリュフのスクランブルエッグが家庭の定番料理です。


黒トリュフの味わいと香りの特徴とは

黒トリュフは熟成したものをスライス状にすると芳醇な香りがします。香り高い味わいを楽しむには翌日までに使い切るのがよく、ソースに使う時には数時間浸して黒トリュフの香り付けをしておくと料理が楽しめます。

黒トリュフの芳醇な香りを生かすには、料理の味付けに使うのがおすすめポイントですね。加熱した料理に使うと香りがいっそう引き立ちます。


白トリュフとは?

白トリュフは北イタリアのアルバという場所で採れるものが素晴らしい香りと独特の芳香があり、「アルバの白トリュフ」として珍重されています。人工栽培ができないので、限られた条件の自然環境の中でしか育ちません

それゆえに希少価値があり、値段も高価な高級品として有名。また探し方も黒トリュフと同じく、香りの訓練を受けた犬が掘り当てるのです。非常にデリケートな食材で、10日間ほどしか保存がききません。


白トリュフの味わいと香りの特徴とは

白トリュフは黒トリュフよりも数が少なく、デリケートで取り扱いが難しいため、値段もより高くなっています。それだけに芳醇な香りは黒トリュフ以上で、媚薬に例えられることも。

また時間を置くとそれだけ香りが抜けてしまう特徴があり、より希少性を高めています。アーモンドに似た香りがあり、使い方としては調理後の料理に振りかけるのが一般的とも。加熱をしないでそのままスライスして使います。


トリュフ塩選びで大切なこと

トリュフ塩選びで大切なこと

トリュフの種類について触れたところで、ここからは今回の表題でもあるトリュフ塩の選び方について4ポイントレクチャーしていきます。

  1. トリュフの種類
  2. トリュフの産地
  3. 塩の種類
  4. 使用する料理

トリュフ塩の選び方1. 黒か白かの「トリュフの種類」

トリュフの種類は何十種類もありますが、大きく分けると黒トリュフと白トリュフの2種類になります。黒トリュフを使ったトリュフ塩は調理をする時の味付けに効果を発揮します。加熱できるので料理のソース作りにも適しています。

白トリュフは希少価値がより高く、日持ちしないので早めに使い切る必要があります。加熱に向かない素材なので、トリュフ塩として使う場合には完成した料理に振りかけると香りが引き立ちます。


トリュフ塩の選び方2. 「トリュフの産地」も有名どころをチェック

黒トリュフはフランスが主な産地で、プロヴァンス地方のものが高級品として有名です。黒トリュフのトリュフ塩を選ぶ時には「プロヴァンス地方」か「ペリゴール地方」のものがおすすめ。またイタリアでもトスカーナ地方などで黒トリュフが採れます。

白トリュフの名産地といえばイタリアの「アルバ地方」。なので、トリュフ塩を選ぶ時にもこの地方のものを選ぶのがポイントですね。


トリュフ塩の選び方3. トリュフ塩に使われる「塩の種類」

トリュフ塩の元になるトリュフに種類があるように、塩にも種類があります。食材に合った塩を使うとより料理にも深みが出て、トリュフ塩の実力を引き出せます。

塩には天然塩、精製塩、再生加工塩の3種類がありますが、トリュフ塩にはやはり天然塩のものを選びたいもの。天然塩にもいくつか種類があるので、料理との兼ね合いで紹介してみましょう。


岩塩の特徴は、塩辛い、濃い味付けが魅力

天然塩といえば岩塩ですが、よく見られるのは薄いピンク色をした粒状の塩です。これはピンクソルトと呼ばれ、ヒマラヤ産の岩塩ですね。もともと海だった所が隆起してできたのがヒマラヤですから、長い時間をかけて濃縮して結晶となった塩です。

そのためミネラル分がなくなって塩化ナトリウムの固まりとなり、塩辛いのが特徴。濃い味付けの料理に向いており、食材は赤身の肉などに使うと美味しい料理になります。


湖塩の特徴は、独特の風味が魅力

湖塩は馴染みが薄い塩の種類ですが、塩分を多く含んでいる湖から採れます。海で採れる海塩と地上で採れる岩塩の中間的な味わいが特徴で、量的にも少ないので貴重な潮の1つです。

湖潮は独特の風味があるので、素材としてはオリーブオイルを使った料理に適しています。マリネやドレッシングなどに使うと風味が引き立ち、美味しい料理になります。


海塩の特徴は、うま味が魅力

海塩は馴染みのある塩です。海から採取した海水を乾燥させて結晶化させたものが海塩に。岩塩よりもミネラル分を多く含んでおり、塩辛さよりもうま味を感じさせます。

またトリュフ塩はフランスやイタリアの海に近い場所で多く生産されており、海潮のトリュフ塩は多く流通しています。うま味を引き出す素材としては、野菜や魚介類などが適していますね。淡泊な素材に使うと、より美味しい料理に仕上がります。


トリュフ塩の選び方4. 「使用する料理」によって変えてみる

トリュフ塩の使い方は料理によって変わってきます。相性がいいのは卵で、オムレツにトリュフ塩を使うと高級レストランなみの味になります。ワインにもよく合うおすすめ料理ですね。イタリアンにもトリュフ塩は実力を見せてくれます。

パスタの中でも特にカルボナーラはおすすめ。クリーミーな味わいに深みが増して、ホテルのリッチなカルボナーラ顔負けの美味しいパスタに。また、野菜サラダやポテトサラダにも合います。


トリュフ塩のおすすめ13選

トリュフ塩のおすすめを大公開.jpg

ここまでの説明で、トリュフ塩の素晴らしさが理解いただけたかと思います。では実際にトリュフ塩を購入する時に、どの商品を選んだらよいのでしょう。たくさんの種類があるので初めての人は迷うかもしれません。

そこでおすすめできるトリュフ塩の中から厳選した13種類をご紹介しましょう。使用している塩の種類や産地によって風合いが違いますので、選ぶ時の参考にしてくださいね。


1. ジャパンソルト トリュフソルト 白 25g

ジャパンソルトトリュフソルト 白 25g

イタリアの「ピエモンテ州」で採れた白トリュフから作られたトリュフ塩です。値段が約900円と安いので手軽にトリュフ塩を使ってみたい人におすすめ。そして塩はフランスの「ゲランド産」で天日塩を使っており、白トリュフの持ち味であるガーリック系の香りが食欲をそそります

冬にしか収穫できない白トリュフは希少価値が高く、それを素材としたトリュフ塩が手軽な安い値段で購入できるのは驚き。初めての人にも、トリュフ塩愛好家にもおすすめできる一品です。

色々な料理に使えますが、和風のからあげや天ぷらにも最適。またステーキに振りかけるだけで絶品の美味しいレストラン料理に変身しますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • トリュフ:白トリュフ
  • 塩:フランス(ゲランド産)の天日塩
  • 内容量:25g
  • 原産国:イタリア

2. A&I(アーパ・アンド・イデア)T&C トリュフ塩 50g

A&I(アーパ・アンド・イデア) T&C トリ...

イタリアのサルディニア島のサラサラとした苦みのない海塩を使ったトリュフ塩で、イタリア産の黒トリュフの粉末を2%、イタリア産の乾燥黒トリュフを1.5%使っています。

高級で贅沢なトリュフの香りを楽しめるトリュフ塩が安い料金で手に入ります。まだトリュフ塩を使ったことがない人におすすめの一品で、色々な料理に使えますよ。

例えばステーキやチキンなどの肉料理に使えば、リッチなホテル並の美味しい料理に。また、茹でたじゃがいもにつけて食べれば高級ポテトに大変身も。オムレツなどの卵料理に使えばもう手放せなくなりますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • トリュフ:黒トリュフ
  • 塩:海塩(イタリア産)
  • 内容量:50g
  • 原産国:イタリア

3. トリュフ塩 50g ロイヤルトリュフソルト 黒トリュフ

トリュフ塩 50g ロイヤルトリュフソルト 黒トリュフ (イタ...

イタリア産の黒トリュフと沖縄産の海塩を使ったトリュフ塩です。色々な料理にひとふりするだけで高級料理に変身します。パスタはもちろん、卵料理、サラダ、野菜料理など洋食から和食まで幅広く使えて重宝に。

用途の広さとワンランク上の高級感を味わえることを考えれば、50gでこの値段は安いとしか言いようがありませんね。知ると知らないでは満足度に大きな差が出るおすすめのトリュフ塩です。これをひとふりするだけで料理の本当のうま味を知ることができちゃいますね。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • トリュフ:黒トリュフ
  • 塩:海塩(沖縄県産)
  • 内容量:50g
  • 原産国:イタリア

4. カシーナロッサ イタリアンフレーバーソルト トリュフ100g

カシーナロッサ イタリアンフレーバーソルト トリュフ 100g

イタリア産の黒トリュフを使った香りの高さが人気のトリュフ塩です。特徴的なのが塩で、遠い昔からイタリアの王室御用達の指定を受けている『チェルビアの海塩』を使用しています。

黒トリュフも海塩も価値あるトリュフ塩で、100gの大容量がこの値段はお買い得。しかも、色々な料理に使えるのが嬉しいですね。おすすめはオリーブオイルで炒めた野菜サラダで、ひとふりかけるだけで相性抜群の美味しい料理になりますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • トリュフ:黒トリュフ
  • 塩:海塩(チェルビア産)
  • 内容量:100g
  • 原産国:イタリア

5. Tetsuya's トリュフソルト

Tetsuya's トリュフソルト

日本が誇る世界の名シェフの一人、和久田哲也がプロデュースしたトリュフ塩がこれです。オーストラリアのシドニーで超有名なレストランを経営しており、世界的にも人気があります。その名シェフがプロデュースしたと聞くだけで、購買意欲がそそられますね。

海塩はイタリアのシチリア産、黒トリュフはイタリアのアブルッツォ産のブラックサマートリュフを5%使用した贅沢な逸品といえます。ステーキをはじめとする肉料理はもちろん、パスタや卵料理も贅沢な味わいの高級料理に変身します。たったひとつまみで極上のうま味を堪能できちゃいます。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • トリュフ:黒トリュフ
  • 塩:海塩(シチリア産)
  • 内容量:100g
  • 原産国:イタリア

6. SABATINO TARTUFI サバティーノ・トリュフ社 黒トリュフソルト

SABATINO TARTUFI サバティーノ・トリュフ社 黒...

イタリアのサバティーノ・トリュフ社のトリュフ塩。一流レストランにしか卸さないことで有名な会社の製品で限定販売品です。100gの大容量がうれしい高級品。それだけに料理を問わず美味しい風味を引き出せます。

イタリアンはもちろん、和風料理の隠し味にも。雑炊や卵かけご飯といった庶民派料理もリッチに変身しますよ。また鍋やバーベキューなどのパーティーにも欠かせません。お客様へのおもてなしにも使えるおすすめのトリュフ塩です。

プロの料理人も使う高級なトリュフ塩を、家庭でも使ってみてはいかがでしょうか。料理のメニューがぐんと広がりますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • トリュフ:黒トリュフ
  • 塩:海塩
  • 内容量:100g
  • 原産国:イタリア

7. BREZZO トリュフ塩 80g

イタリアで採れた黒のサマートリュフにフランス産の海塩を混ぜ合わせたおすすめのトリュフ塩です。特にフランスの西海岸にある「ブルターニュ地方」の有名なゲランド塩田から採れる「ゲランド塩」を使っているので、トリュフの香り高い風味を引き出すことに成功しています。

ステーキに振りかけるだけで、それまでとは違う肉の濃厚な味が味蕾を刺激してやみつきになります。パスタ好きにも欠かせないトリュフ塩ですね。色々な和食にも使えるので、一家に一瓶あると何かと重宝しますよ。トリュフに縁のなかった人も、その奥深い味わいにきっと満足感を覚えるでしょう。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • トリュフ:黒トリュフ
  • 塩:海塩(ゲランド産)
  • 内容量:80g
  • 原産国:イタリア

8. インターフレッシュ サマートリュフ入りゲランド塩 300g

インターフレッシュ サマートリュフ入りゲランド塩 30g

トリュフそのものが日本では高級食材で、食卓ではあまり馴染みがありません。そのような人におすすめなのがトリュフ塩。特にこの製品はイタリア産の中でも値段が安く、気軽に調味料として使えます。300gもあるのでかなりお買い得

オムレツや朝の野菜サラダにも合いますし、お昼のお弁当にも使えます。いつもの何気ない食事が、お口の中に広がるトリュフの香りでひと味もふた味もアップしますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • トリュフ:黒トリュフ
  • 塩:海塩(ゲランド産)
  • 内容量:30g
  • 原産国:イタリア

9. タルトゥフランゲ 黒トリュフ塩 30g

タルトゥフランゲ 黒トリュフ塩 30g

「タルトゥフランゲ」は白トリュフで有名なイタリアの「ピエモンテ州アルバ」にある老舗メーカーです。アルバ地方でも最も品質の高いトリュフを扱うことで知られ、世界で初めてトリュフ風味のパスタを作っています。

普通の黒トリュフとは違ってサマートリュフを混ぜているので、とても香り高いのが特徴。そのため料理の味がよりディープになり、ワンランクアップします。容量に比べると割高ですが、それだけ高品質のトリュフと塩を使っている証拠でしょう。

プロのシェフも好んで使うトリュフ塩の中の名品です。各家庭に1つは置いておきたい逸品です。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • トリュフ:黒トリュフ
  • 塩:海塩(ゲランド産)
  • 内容量:30g
  • 原産国:イタリア

10. CONTI社 黒トリュフ塩 50g

CONTI社 黒トリュフ塩 50g

イタリアのフィレンツェにある「CONTI社」が製造販売しているトリュフ塩です。トスカーナ産の黒トリュフを細かく砕いて、ミネラルたっぷりのイタリア産の海塩を合わせた高級な一本に。

イタリア料理には最適の調味料で、パスタ好きには見逃せないでしょう。ステーキや焼肉、バーベキューなどに振りかけると、肉本来の味を引き立てることも。特に炭火焼きの肉料理にはピッタリの相性ですよ。

今までと違う味わい方をしてみたい時に使ってみてはいかが。価格は約1,500円。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • トリュフ:黒トリュフ
  • 塩:海塩(イタリア産)
  • 内容量:50g
  • 原産国:イタリア

11. SABATINO TARTUFI Truffle Zest 50g サバティーノトリュフゼスト

SABATINO TARTUFI Truffle Zest 5...

「サバティーノ・トリュフ社」は一流レストランで使用されているトリュフ塩で有名な会社です。はじめは業務用として開発されたトリュフパウダーですが、グルメの間で評判を呼んで大人気になっている製品とか。

サバティーノ・トリュフ社は100年以上の歴史があり、世界中にトリュフを輸出。それだけの実績があるのでトリュフも良質のものを調達して、他ではできない加工品質を保っています。

パウダー状なので色々な料理に振りかけるだけで、黒トリュフの香りを楽しめます。特にバーベキューに持っていくと、ワイルドな肉料理に繊細な風味が加わって美味しくなりますよ。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • トリュフ:黒トリュフ
  • 塩:食塩
  • 内容量:50g
  • 原産国:イタリア

12. トリュフ塩 100g 三ツ星ロイヤルトリュフソルト 黒トリュフ

トリュフ塩 100g 三ツ星 ロイヤルトリュフソルト 黒トリュ...

名前にあるように、料理にひとふりするだけで三ツ星レストランなみの高級メニューに様変わりするトリュフ塩です。たっぷり使える100gなので、値段的にも家庭用におすすめできる一品。

イタリア料理にはもちろんですが、和食にも使えますよ。ひとふりするだけでトリュフの香りが高級料亭に誘ってくれるでしょう。特に相性がいいのは卵料理ですが、肉料理、野菜料理、サラダにもぴったり。また鍋料理に使うと、それまでにない味わいを体験できて手放せなくなること請け合いです。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • トリュフ:黒トリュフ
  • 塩:海塩(沖縄県産)
  • 内容量:100g
  • 原産国:イタリア

13. トリュフ塩 100g イタリア産トリュフとヒマラヤ紅岩塩トリュフソルト

トリュフ塩 100g イタリア産トリュフとヒマラヤ紅岩塩 トリ...

イタリア産の黒トリュフに、パキスタン産のヒマラヤ紅岩塩を組み合わせたこだわりのトリュフ塩です。大容量の100gなので割安感があり、キッチンに一瓶置いておくだけで料理の幅がぐんと広がるでしょう。

忙しい朝食も、このトリュフ塩をひとふりするだけでワンランクアップ上のリッチなメニューに。まだトリュフ塩を使ったことのない人は試してみてください。今まで知らなかったことを後悔するかもしれません。

販売サイトで購入


商品のステータス

  • トリュフ:黒トリュフ
  • 塩:紅岩塩(パキスタン産)
  • 内容量:100g
  • 原産国:イタリア

トリュフ塩にあうおすすめ料理とは?

色々なトリュフ塩がありますが、商品紹介でも何度もお話しましたが、どれにでも良く合うのが卵料理です。特にオムレツには効果抜群で、トリュフの香りでホテルの高級オムレツに匹敵する美味しさが実現します。

もう1つおすすめなのが肉料理ですね。肉はソースで旨さが変わるといいますが、まさにトリュフ塩のひとふりで味が大変身。ただのステーキが上質の香りに包まれて高級ステーキハウスの逸品になります。バーベキューのワイルドな肉料理にも相性がぴったり。トリュフ風の焼肉にビールも進むことでしょう。

野菜サラダにもトリュフ塩はおすすめです。その他にもパスタをはじめ、色々な料理に使えるのがトリュフ塩。ご自分で新しい出会いを発見してみてはいかがでしょう。


トリュフ塩のおすすめの保存方法とは

トリュフは香りが命の食材ですが、時間が経つと徐々に香りが失われていきます。そのため早めに食べきる必要があります。トリュフ塩の場合は密閉しておけば長期保存が可能です。

常温保存もできますが、より安全に保存するなら冷蔵庫がおすすめに。ただし冷蔵庫には色々な食材が入っているので、匂いが移らないような工夫が必要でしょう。しっかりと蓋を密閉して、さらに真空パックに入れておけば長持ちします。

また日差しのあたらない冷暗所を選ぶことも大事です。トリュフ塩のひとふりで美味しい料理になるのですから、多少面倒でも大切に保管してください。


料理で活躍するトリュフ塩を堪能してみて

日本ではまだ馴染みが薄かったトリュフ塩についてご紹介してきました。黒トリュフや白トリュフなど素材の違いや、海塩や岩塩など塩の違いによってトリュフ塩の風味も変わってきます。産地によっても色々な製品があり、はじめて選ぶ時は悩むかもしれませんね。

決して安いものではありません。初めての人は手頃なトリュフ塩から始めるのもいいでしょう。どの製品でも使ってみればトリュフ塩の素晴らしさ、魔法のような魅力に気づかされます。そこから新しい味覚の扉が開いていきますよ。


【参考記事】通常の塩のおすすめについてはこちら▽


【参考記事】おすすめのココナッツオイルも合わせて、チェックしてみて▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事