2016年10月26日

おしゃれなストリート系リュック10選。人気メンズブランドのおすすめとは

タウンユースに最適なストリート系リュックサックを厳選。5つの人気ブランドから、選りすぐりのおすすめメンズバッグ10種類をご紹介します。通勤通学から休日のコーディネートまで、幅広く活躍するおしゃれリュックをGETして!

根強い人気を誇る、ストリート系ブランドのリュックサックを厳選

ストリート系ブランドのリュックは根強い人気

おしゃれメンズで根強い人気を誇る“ストリート系ファッション”。カジュアルさの中に男らしさが共存し、おしゃれに決まりつつ自然体な仕上がりに。今回は、そんなストリート系ブランドの定番アイテムから“リュックサック”にフォーカスしてご紹介。デザイン性や機能性に富んだものばかりなので、きっと貴方のニーズを満たすリュックが見つかるはず。

 

知識として知っておきたい。ストリート系ファッションは、“ブランド”が重要

ストリート系はブランドが重要

実はストリートファッションって明確な定義がないんです。従って、重要視されるのはどこのブランドのアイテムを使っているのか

そこで今回は、

    1. STÜSSY(ステューシー)
    2. Supreme(シュプリーム)
    3. NIXON(ニクソン)
    4. THRASHER(スラッシャー)
    5. X-LARGE(エクストララージ)

上記の有名ストリート系ファッションブランド5つから、おすすめリュックを2モデルずつ、計10個をお届けします。デザインやネームバリュー、価格帯を加味して、とっておきのリュックを選んでくださいね。

 

おすすめストリート系ブランド1. STÜSSY (ステューシー)

ストリート系ファッションを意識しないメンズからも高い人気と知名度を誇る『ステューシー』。他社ブランドとの積極的なコラボアイテムも展開しているフットワークの軽さも人気の秘訣。ストリート系ブランドに詳しくなくても取り入れやすいので、この機会にぜひ試してみて。

 

ステューシーのおすすめリュック① PORTER x STÜSSY コットンキャンバスリュック(32,800円)

人気鞄ブランド『ポーター』とコラボしたステューシーのコットンキャンバスリュック。インパクトの強いステューシーのロゴをあえて内側にあしらい、外見は上品にまとめあげています。大人メンズにも気軽に使用してほしい、遊び心溢れるリュックサックです。

販売サイトで購入

 

ステューシーのおすすめリュック② Herschel x STÜSSY CLEAR TARP LAWSON(9,850円)

ストリート系ブランドハーシェルとステュシーのコラボブランドリュック

 

出典:http://amazon.co.jp/

人気ブランド『ハーシェル・サプライ』とコラボとした、センス抜群のリュックをご紹介。バッグ全体がクリアなフォルムなため、インパクトも抜群。ミュージックポケットなど細部にまで気が配られており、派手なデザイン性とユーザーを考慮した高い機能性を兼ね備えています。

販売サイトで購入

 

おすすめストリート系ブランド2. Supreme(シュプリーム)

スケートボード愛用者のために作られた製品が多く、使いやすく・動きやすいのが大きな特徴。そのため、タウンユースやちょっとした小旅行にも活用可能。シュプリームの新作アイテム発売日には、ファンが行列を作ることでも有名です。そんなシュプリームのおすすめリュック2モデルをご覧ください。

 

シュプリームのおすすめリュック① Supreme 3M Reflective Repeat(37,260円)

シュプリームのストリート系リュックサック

2016年秋冬の新作モデルをご紹介。リュック自体はベーシックなデザインと機能性ですが、全体に散りばめられたブランドロゴが、しっかりと存在感をアピールしてくれます。黒・赤・青・白の4色選べるから好みに合わせて選べるのも嬉しいポイント。デイリーユースで使いやすい、スタンダードなストリート系リュックをお求めの男性は、ぜひ試してみて。

販売サイトで購入

 

シュプリームのおすすめリュック② Supreme x THE NORTH FACE Steep Tech Backpack(38,664円)

シュプリームとノースフェースのストリート系コラボリュックサック

 

出典:http://amazon.co.jp/
機能性がたくさん詰まった、『ザ・ノースフェイス』とのコラボリュックをピックアップ。取り外しできる背中のポーチは、単品でも使用したいほどおしゃれな一品。収納力も高いため、一泊旅行や日帰り観光に持って行きたいリュックサックです。

販売サイトで購入

 

おすすめストリート系ブランド3. NIXON(ニクソン)

ファッション性を強く意識した製品づくりがリュックサックにも表現されています。スポーティーとストリートをミックスしたデザインは、性別問わず人気を博しています。オラオラ感を抑えることでファッションに合わせやすくなり、定番リュックとして認知されるようになりました。

 

ニクソンのおすすめリュック① NIXON JP SMALL LANDLOCK NC2256(9,612円)

ニクソンの日本限定リュック

ストリート系リュックを始めたいなら、日本限定モデルのリュックがおすすめです。日本人体型に合ったサイズだから、ちょっとしたお出かけにさくっと持ち出せる背負いやすさ。彼女とのデートや友達と行くポケモンGoなど、軽く背負って行きたいお出かけに重宝しますよ。

販売サイトで購入

 

ニクソンのおすすめリュック② NIXON SMITH II NC1954(5,300円〜)

ニクソンのスミスⅡストリート系リュック

黒・グレー・オレンジなど、迷っちゃうほど多い13種類のカラー・デザインから好きに選べます。最近増えてきたクライミングやレンタサイクルなど、タウンアクティビティにちょうどいいスポーティー感と耐久力も人気の秘密。表にあるストラップはスケートボードを留めるもの。使わないなら隠すこともできます。

販売サイトで購入

 

おすすめストリート系ブランド4. THRASHER(スラッシャー)

スケートボード専門誌の販促用に作ったアイテムが話題を呼び、アパレル販売を始めた『スラッシャー』。ストリート系ファッションをこよなく愛す男性から、絶大な支持を集めている名ブランドです。今回は、機能性にフォーカスしておすすめリュックをチョイスしました。

 

スラッシャーのおすすめリュック① THRASHER カブセ蓋 バックパック(5,980円)

スラッシャーのストリートリュックサック

クッション付きポケットや水に強いコーテイング加工、通気性の良いメッシュ素材などユーザーの使いやすさをとことん追求したリュックサックです。6,000円弱とリーズナブルな価格帯も魅力的。とことん使い倒せるストリート系リュックとして持っておくのもアリですね。

販売サイトで購入

 

スラッシャーのおすすめリュック② THRASHER マグロゴBOX THRRM-502(8,532円)

スラッシャーのマグロゴリュックストリート系

大容量サイズなのに、重量660gと驚きの軽量感を実現したスラッシャーのおすすめリュックサック。大きくて軽いのに形が崩れず背負いやすさがいつまでも続きます。開閉口が大きく開くため中身の出し入れも楽チン。ユニセックスデザインなので、彼女とお揃いのリュックで一緒にお出かけしてみては?

販売サイトで購入

 

おすすめストリート系ブランド5. X-LARGE(エクストララージ)

ゴリラのブランドロゴ「O・G」が大きなインパクトを与えるストリート系ファッションブランド『エクストララージ』。同ブランドでレディース向けの『X-GIRL』を製造しており、彼女とおそろいコーデを楽しめますよ。今回は、無骨で男らしいおすすめリュック2モデルをピックアップしました。

 

エクストララージのおすすめリュック① X-LARGE 2WAY BACKPACK(13,608円)

リュックサックだけでなく、トートバッグとしても使用できる、汎用性の高い2WAYリュックサック。近頃人気の2WAYスタイルを早速取り入れている辺りも抜け目ないですよね。内部構造をすっきりすることで、抜群の使いやすさを実現しています。

販売サイトで購入

 

エクストララージのおすすめリュック② X-LARGE ACTIVE BACKPACK(15,120円)

『エクストララージ』のバックパックは、狭いところでも荷物を簡単に取り出せる大きめのポケットが特徴。夏フェスやビアフェスなど季節毎のイベントでも大活躍してくれますよ。イベントを最大限楽しむためにも、このリュックをぜひ貴方のコレクションに加えてみて。

販売サイトで購入

 

おしゃれなストリート系リュックで、充実したアクティブライフを

おしゃれなストリート系リュックを持ち歩こう

有名ストリート系ブランド5つからおすすめモデル10品をお届けしました。バリエーションが豊かなため、様々なリュックをコレクションしてシーンに応じて使い分けるのも◎。自然体なおしゃれさをアピールできるので、ぜひストリート系リュックをコーデに取り入れてみて。

【参考記事】デザイン性の高いリュックサックを厳選▽

【参考記事】レザーの触り心地が心地いい。革製リュックサックのおすすめは?▽

【参考記事】身軽に持ち運べる旅行用リュックサックを10種類ご紹介します▽

Smartlog(スマートログ)

注目の記事

関連する記事

こんな記事も人気です!