マッチングアプリで電話したがる女性の心理|通話したがる理由を解説!

マッチングアプリで電話したがる女性の心理|通話したがる理由を解説!

マッチングアプリで電話したがる女性の心理を知りたい男性へ。本記事では、マッチングアプリで電話したがる女性の心理から、電話するメリット、デメリットまで大公開!電話が嫌な場合の断り方も解説していきます!

マッチングアプリで電話したがる女性心理|初デート前に通話したがる理由とは?

マッチングアプリで電話したがる女性の心理

「なんで会う前に電話したがる女性がいるんだろう?」 「初デート前に電話をしたがる女性の心理を知りたい」

すぐ会いたいからマッチングアプリを使ったのに、「まず電話から」と女性に言われてしまうと面倒くさく感じてしまいますよね。

なぜ電話での会話を望む女性がいるのか?ここでは、マッチングアプリで電話したがる女性心理を解説していきます。


女性心理1. 会う前に安心感を得たい

いきなり初対面の人に会うのは怖いと感じる女性は少なくありません。

マッチングはしたものの、

「危ない人だったらどうしよう」 「危険な目には合いたくない」

と、心配になってしまうのです。

そのため、まずは直接声を聞いてから会うかどうか判断しようとします。


女性心理2. 寂しさを紛らわしたい

彼氏がいない時期が長く続いたり、仲の良い友達に彼氏がいたりすると、どこか寂しさを感じる女性は少なくはありません

誰でもいいから電話をして、一人で考えてしまって寂しさを感じる時間を過ごしたくないと思っています。


女性心理3. 純粋に電話をしたい

女性はおしゃべりが好きなもの。意味や目的もなく、何時間も話すことがよくあります

あなたが話し相手に相応しいと思って電話をしたがっているので、少なからず印象は良いですが、恋愛感情とはまた別なものです。


女性心理4. 暇つぶしをしたい

寝るまでの間に時間ができたり、休日に何も予定がないと「なんもしないのは嫌だな」と思います。

ちょうどあなたとメッセージをしていて、あなたが暇していると思ったので、暇つぶし相手に相応しいと思って電話をしたがっているだけ。恋愛感情は特にありません。


女性心理5. 準備の時間や出費を無駄にしたくない

女性の場合は男性よりもマッチングしやすく、会える機会が多い分、あらかじめ会ってもいい男性を絞り込みたいのです。

もし、初デートでガッカリしてしまうと、こんな男性に時間や費用をかけてバカバカしかったと後悔することも。

会う前に電話して「この男性と会っても時間の無駄だな」と思ったら、そのままフェードアウトしてしまうでしょう。


女性心理6. 相性を確認したい

メッセージだけでは男性の内面部分までよく分からないと思っています。

直接話せば相性の良し悪しがある程度直感的に判断できるので、会うより先に電話したがるのです。

「この人となら上手くいきそう」と思えれば、女性は初デートする気になるでしょう。


女性心理7. 緊張感を減らしたい

初めて会う人とは緊張して話せなくなってしまう女性も少なくありません。

会ってみて想像していた人物と違っていると、どう対応していいか分からずに困ってしまうでしょう。

なので、事前に男性と電話で会話して雰囲気を知っておけば、会った時に気が楽になれていいのです。


女性心理8. メッセージが面倒くさく感じている

メッセージは文字を打ち込むのが面倒だし、誤解も生まれやすいから苦手と感じています。

電話で会話してしまえば簡単に済むし、感情も話し方のニュアンスでしっかり伝わるから手っ取り早くていいのです。

なので、何事も効率よく済ませたい女性ほど電話したがるでしょう。


マッチングアプリで電話したがる女性と電話するメリット

マッチングアプリで電話したがる女性の心理

「会う前に電話するといいことあるの?」 「電話が何の役に立つのか知りたい!」

自分は早く会いたいのに女性から電話を求められると、前もって話しておいたほうがいいのか迷いますよね。

ここからはマッチングアプリで電話したがる女性と話をするメリットをご紹介します。


メリット1. 相性を確かめられる

マッチングアプリのメッセージでは、文字だけのコミュニケーションになるので、相手の女性がどんな話し方をするのか、どんな声なのかまではわかりませんよね。

実際に会って喋ってみて、「なんか違うな」と初めてわかることもあります。

電話をすれば、声でのコミュニケーションが取れるので、メッセージの時よりも女性の雰囲気がよりわかりますよ。

初デートの前に自分と女性の相性が分かれば、会ってみてがっかりすることもなくなります。


メリット2. 会う前の緊張がほぐれる

メッセージだけでは、どんな雰囲気なのかまでを確かめることができないので、何通かメッセージを交わしたと言っても、初めて会うのは緊張しますよね。

初デート前に1回でも電話をしておくと、どんな女性なのかある程度知った上で会うことができるから、安心してデートを迎えれられますよ。


メリット3. 会うモチベーションを上げられる

なんとなくいいなと思って「いいね!」を押してマッチングが成立したけど、デートするまでの相手かどうか悩んでしまう男性もいるはず。

ですが、相手の女性から電話したがられたら、自分を求められてる感じがして嫌な気分になる男性はいないですよね。

そこで電話で話してみると、相手からの好意も伝わったりして「会ってみたいな」という気持ちになれますよ。


マッチングアプリで電話したがる女性と電話するデメリット

マッチングアプリで電話したがる女性の心理

「電話はあまりしたくないんだけどな」 「電話すると何か面倒なことになりそう」

まだ合う前に女性から電話を求められてしまうと、何か損したり失敗したりしそうで心配してしまいますよね

ここからは、マッチングアプリで電話したがる女性と話をするデメリットをご紹介します。


デメリット1. 会いにくくなる可能性が高くなる

電話だと、メッセージだけでのやりとりよりも得られることが多いのがメリットですが、それがデメリットになることもあります。

女性から、「話し方や声がなんか合わないな」と思われてまうと、相手は初デートに対するモチベーションが下がる原因に。

会う前から相性の悪さを感じられ、せっかくの初デートのチャンスを失くしてしまうかもしれません


デメリット2. ギャップにガッカリしやすい

マッチングアプリでは、写真とメッセージだけでしか相手のことを判断できません。

ある程度やりとりが続くと、自分の中で女性の声や喋り方を想像してしまうかもしれませんが、電話をしたらその想像と全然違うこともあります。

勝手に想像したのはあなた自身ですが、実際の声を聞いて「イメージと違う」とテンションが下がり、会うのをやめたくなるかもしれません


デメリット3. 無駄に時間を拘束されてしまう

女性は基本的におしゃべりが好きなので、電話したがる女性ほど長電話になってしまう可能性があります。

求められるまま電話してしまうと、いつまでも話が続いてしまって切りづらくなるかもしれません。

話していてデートに繋がるのならいいですが、女性が暇つぶし相手だけを求めていたりしたら、ただ時間だけを過ごしてしまい無駄だなと感じてしまうでしょう


マッチングアプリで電話する時の注意点|初めて会う前の通話で気をつけることは?

マッチングアプリで電話したがる女性の心理

マッチングアプリで知り合った女性とデート前に電話で話す時は、気をつけないと失敗に繋がる注意点がいくつかあります。

リスクを減らすにはどうしたらいいか。ここからは、初めて会う前に電話で話す時の注意点について解説していきます。


注意点1. 長時間・頻繫にしない

長々と話してしまうと相手の女性は飽きてしまい、あなたのことなんてどうでもよくなってしまいます。

「どんな男性なんだろう?」 「もっと詳しく知りたい!」

と自分に興味を持ってもらうには、相手の女性に少し物足りなさを感じさせるくらいの接し方が効果的です。

電話は週に1〜2回で、1回の通話時間は15分以内にしてみましょう。


注意点2. 違うと思ったら早めにブロックする

相手が「この人はヤバいな」と直感で分かる女性だった場合、トラブルに巻き込まれる可能性が高くなるかもしれません。

特に、メンヘラ女子や感情移入が激しすぎる女性とズルズル会い続けてしまうと、周囲の人を巻き込んだ騒動に発展することもありえます。

自分の個人情報は伝えないようにし、相手から連絡できなくなるよう早々にマッチングアプリ設定などでブロックしてしまいましょう。


注意点3. マッチングアプリの電話機能を使う

マッチしたといっても相手とは他人の関係なので、電話番号を教えるのは危険。個人情報を悪用されてしまう可能性があるでしょう。

通話する場合はプライベートな電話番号を直接伝えるのではなく、マッチングアプリの通話機能で話すこと。

相手が「普通の電話で話そう」と言っても、「それはもっと親密になってから」とはっきり意思表示することが大切です。


注意点4. ヤリモクではないか見極める

女性でも遊びのためにマッチングアプリを使う人は多いので、真面目な出会いを期待している人は、相手がヤリモクでないか注意しましょう。

やたら口説いてくる人やLINEを交換しようとしてくる人はヤリモクの可能性が高いです。

あまりにもしつこく相手が誘うようであれば、単刀直入に「Hしたいの?」と尋ねれば本心を見せてくるはずですよ。


【対処法】マッチングアプリで電話したがる女性が嫌な時の断り方は?

マッチングアプリで電話したがる女性の心理

「電話でおしゃべりするのは苦手なんだよな」 「女性のヘソを曲げずに断る方法を知りたい!」

電話が好きじゃないのに女性から通話を求められてしまうと、何とかして回避したいと考えてしまいますよね。

下手な断り方をしたら女性の機嫌を損ねて会えなくなってしまうかも。

そこで、ここからは女性がマッチングアプリで電話したがった時の上手な断り方をご紹介します。


断り方1. 仕事が忙しいことを理由にする

露骨に通話を嫌がると、「そんなに私のことが嫌なのかな」「避けられているのでは?」と傷ついてしまい、初デートの可能性がなくなってしまいます。

初デートの希望を残しつつ納得させるには、「電話したくない」とハッキリ拒否しないで、電話できない事情があるように思わせること。

「仕事で手が離せなくてごめんね」など別の理由があるような言い方をしてみましょう。

電話そのものを断っている感じにならないので、相手の女性は「だったら仕方ないな」と素直に諦めてくれるはずですよ。


断り方2. 電話が苦手だと正直に伝える

電話を断るために下手な言い訳をしてしまうと、かえって女性から「私に興味がないのかな?」と不審に思われてしまうかもしれません。

相手から疑われないようにするには、自分の気持ちを正直に言うこと。

例えば、忙しいと断って「いつも忙しいなんて変じゃない?」と突っ込まれたら、素直に「実は電話が苦手なんだ」と告白します。

はっきりものを言ってくれる男性を好む女性はけっこういるので、「そういうことなのね」と納得してくれるでしょう。


断り方3. 「早く会いたい」とデートの約束を急ぐ

女性が電話したがるということは、そもそもあなたに興味があって会いたい気持ちがあるはず。

とにかくあなたの会いたい気持ちを伝え、電話している時間がもったいないと説得するのも一つの手です。

女性が電話したいと言ってきたら、「電話するより会ってみたい」と相手を口説いてみてください。

持ち上げられれば相手の女性も嬉しくなるので、「じゃあすぐにでも会おうか」と言ってくれるでしょう。


マッチングアプリで電話したがる女性の心理を知って、良い出会いに繋げよう。

マッチングアプリでマッチした女性によっては、電話で話してからではないと会いたがらないことがあります。

女性には「まずは相手を知ってから」という心理があるので、気持ちを組んであげることが大切。

電話は苦手で断りたいという男性も、女性を困らせないようにして上手に対処すれば良い出会いに変えられます。

女性から電話を求められてどうするか迷っている男性は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

よく一緒に読まれる記事