マッチングアプリの話題の広げ方|会話がネタ切れした時の対処法も解説!

マッチングアプリの話題の広げ方|会話がネタ切れした時の対処法も解説!

マッチングアプリの話題の広げ方を知りたい人へ。本記事では、マッチングアプリで盛り上がる話題から、会話の広げ方まで大公開!会話がネタ切れした時の対処法も解説していきます!

【基本】マッチングアプリで盛り上がる話題を紹介!

マッチングアプリ話題の広げ方

「マッチングアプリで何を話せばいいんだろう?」 「盛り上がる話題の出し方を知りたい!」

マッチングアプリでせっかく相手が見つかっても、初対面だとなかなか話のきっかけが掴めませんよね。

そこでここでは、マッチングアプリで盛り上がる話題についてご紹介します。

何を話題にすればいいか把握して、きっかけづくりに役立ててみましょう。

【参考記事】最初の5分が重要!女性に無視されないメッセージを人気恋愛ライターが解説!▽


話題1. プロフィールに書いてあること

プロフィールは公表している個人情報なので、そこからネタを拾って話題作りしていくのが一番無難な方法と言えます。

「音楽が好きって書いてあるけど、いつもどんな曲を聴いているの?」

「旅行が好きみたいだけど、行ってみた中でどこがおすすめ?」

のように、プロフィールを手がかりにして会話を進めていきましょう。


話題2. 趣味や好きなこと・好きな食べ物

ほとんどの人は夢中な物事が話題になるとおしゃべりになるので、会話ネタとしては話題作りが苦手な人にもおすすめです。

相手と話し始めたら単刀直入に、

「趣味でやってることを教えて」

「どんな食べ物が好みなの?」

と質問してみましょう。

このような質問に対しては正直に答えてくれるはずなので、後はそこから話を膨らませていってください。


話題3. プロフィールに載せてる写真

プロフィール写真は相手が気合を入れているアピールポイントでもあるので、そこからネタを拾えば相手も会話しやすいでしょう。

例えば、ハンバーグの写真を相手がアップしていたら、

「ハンバーグ好きなんです!写真のものってどこのなんですか?」

「その店のハンバーグ美味しいですよね。◯◯ってお店のも抜群ですよ」

のように、写真からどんどん話題を膨らませていってください。

まだ知り合ったばかりの関係性なので、写真についていじったり、からかったりして盛り上げようとするのは絶対NGです。


話題4. 自分と相手の共通点について

共通点があると会話が盛り上がり親近感も湧きやすいので、マッチした相手ともすぐ仲良くなりやすいです。

プロフィールやメッセージをしていく中で、自分との共通点を見つけたら、

「それ自分も好きです!」

「そこのお店、自分もこの前行きましたよ!」

など、共通点から話題作りをしていきましょう。


マッチングアプリでの話題の広げ方|会話の続け方のコツを解説!

マッチングアプリ話題の広げ方

「話題はあっても広げ方がよく分からない」 「会話が続かないのってどうすればいい?」

会話が苦手だと、ネタはあっても一言か二言で話が終わってしまって困ることがありますよね。

お互い無言が続いて気まずくなってしまうこともあるでしょう。

ここからは、マッチングアプリでの会話で話題を広げる方法についてご紹介します。


広げ方1. 相手が話す1つの会話を深掘りする

相手のことを知るために色々な質問をすることがあるかと思いますが、その時に、毎回違うことを聞いていると話が行ったり来たりして、会話のリズムが悪くなります。

相手が話したことについて深掘りして聞いていくテクニックを『フォローアップクエスチョン』と言い、このテクニックを使えば共通点がなくても話が盛り上がりますよ。

例えば、好きな食べ物の話をしていて相手が「焼肉が好き」と言ったら、

  • 「好きな部位は?」
  • 「タレか塩どっち派?」
  • 「気になるお店とかってある?」

など、元の焼肉に関してから広げていきましょう。

共通点がなくても、相手のことに関して深く聞いているから、相手からしたら「自分の話に興味を持ってくれてる」と好印象ですよ。


広げ方2. 相槌は”オウム返し”を意識

会話をする時に、相手からのリアクションがなければ「この人、話聞いてないのかな」と不信感を抱きます。

相手が話したことの一部をそのまま返す『オウム返し』の相槌をすれば、相手の話をしっかり聞いていることを印象付けられますよ。

例えば相手が「◯◯って歌を最近よく聴くんだ」といった時、「へえ、◯◯を聴いているんだ!」と返してあげましょう。

相手はあなたも同じ曲を好きだと思うので、「うん。それでね…」と積極的になって話してくるでしょう。

ただし、毎回オウム返しで反応するとさすがに不自然になるので、3回に1回くらいに頻度で使うようにしてください。


広げ方3. 会話が苦手な人は『5W1H』を使う

『5W1H』とは、

  • いつ(When)
  • どこで(Where)
  • だれが(Who)
  • 何を(What)
  • なぜ(Why)
  • どのように(How)

のことで、話す時に相手より伝わりやすくする会話テクニックです。

例えば、「カフェ行ってきた」と言うよりも、

「昨日、学校の友達とドライブしながらカフェに行ってきた!インスタで見てオシャレだと思ってどうしても行きたかったんだよね〜。」

と、5W1Hを使えば、話もわかりやすいし、相手も質問しやすくなります。

5W1Hは相手に質問をする時も使えますが、全てを聞こうとすると詮索しているようで、不審がられるので、使いすぎには気をつけましょう。


広げ方4. 相手の好きなものや興味のあるものに質問をする

好きなものや興味のあるものが話題なら相手も話しやすいので、会話のキャッチボールが続きやすくなります。

「料理が好きみたいだけど、普段どんなものを作ってるの?」

「旅行が好きなら、どの辺がおすすめか教えてくれるかな?」

のように、「それはね…だよ」と相手が答えやすい質問を意識しましょう。

プロフィール文や写真に載せているものは、ほぼ間違いなく相手が関心を持っているものなので、そこからネタを拾うと質問しやすいですよ。


広げ方5. 会話の”8割”は疑問系で終わるようにする

ただ相槌を打っているだけで相手に何も質問しないと、相手は「私の話はつまらないのかな?」という心理状態になります。

特にメッセージで「そうなんですね」と受け身調の返事ばかりすると、「この人は私に興味がないのかな?」と思われてしまいます。

会話を盛り上げるには、相手の話に食いつく印象を与えることが大切。

「それってどういうこと?」のように疑問形で返事をし、相手の話をもっと聞きたがっている自分をアピールしましょう。

ただし毎回質問していると面接のようで疲れさせてしまうので、適度に自分のことを絡めながら話すといいですよ。


広げ方6. 会話に行き詰まった時は「そういえば」で話題を変える

ここまで紹介した会話テクニックを使っても、上手く深掘りできなかったり、会話に詰まってしまったりすることもあるでしょう。

そのような場合は無理して同じ話題で引っ張ろうとせず、思い切って話題を変えることも大切です。

「そういえば◯◯って知ってる?」のように、「そういえば」を使えば自然な流れで別の話題に持っていけるでしょう。

ただし、連続して使うと会話の内容が混乱しかねないので、「このまま同じ話題だと厳しいな」と感じた時に使ってくださいね。


マッチングアプリで会話がネタ切れした時の対処法|話題がない時にすべきことは?

マッチングアプリ話題の広げ方

「ネタ切れでこれ以上話が続かないから困ったな」 「もう話題がない時はどうしたらいいんだろう?」

いろいろ頑張って話題作りしても、途中でネタ切れしてしまうことってありがちですよね。

せっかく相手と上手くいきそうな流れになっていても、会話が途切れてしまっては元も子もありません。

ここでは、マッチングアプリの相手との会話でネタ切れした時の対処法を詳しく解説していきます。


対処法1. 無理やり会話を続けようとしない

ネタが続かないのに会話していても苦しい感じが相手に伝わってしまいます。

「次は何を話そうか?」とネタに詰まった様子を見せてしまうと、相手は「無理しているな」と感じて返す気がなくなってしまうでしょう。

そのような時は「私のことで何か聞きたいことはある?」のように話を振って一旦待ち、相手から出方を伺ってみるといいですよ。

相手が質問してくればそこからまた話が続くし、「今日はここまでにしようか」と言ってもらえれば自然な形で会話を終わらせることができます。


対処法2. 自分の好きなものや趣味の話をする

相手の情報が少ないと、そこを話題にする話の広げ方ではすぐにネタが尽きてしまうことがあります。

そのような状況になったら、自分の情報を話題にしてみましょう。

「自分は食品関係の仕事をしてるんだけど、気になっている食べ物ってある?」 「アウトドアの趣味が好きなんだけど、ソロキャンプに興味ある?」

のように、相手が答えやすいように質問を交えながら話をしてみてください。

あなたに少しでも興味を持っている相手や、思いやりのある相手なら、あなたが自分の話をしてもリアクションしてくれるはずです。


対処法3. メッセージだけに頼らず、電話に誘ってみる

文章でのやりとりが苦手だったり、相手の表情が読めないと不安だったりする人は、メッセージ機能では会話が続かないこともあります。

そのような人は、思い切って電話での会話にしたいと言ってみましょう。

「文字を打っていると時間がかかっちゃって」

「文章だと誤解されちゃうニュアンスもあるから」

のように正直に言えば、思いやりがある相手や気遣いのできる相手ならきっと電話をOKしてくれるはず。

メッセージでは滞りがちだった会話も、電話で雰囲気が伝われば相性が合うと分かって盛り上がることもありますよ。


対処法4. 会話のテンポが悪くなった時にデートに誘う

メッセージで何十回やりとりするよりも、直接1回会うだけのほうが相手をすぐ理解できるものです。

話題がない状況でこれ以上の会話は難しいと感じたら、無理して話題を変えるのではなく、思い切ってデートに誘ってみてください。

「メッセージだと話題もなくなってきたから、直接会って話ししてみない?」と誘えば、「それもそうだな」とOKしてくれる相手もいるはず。

会う約束さえできてしまえば、その後のメッセージで多少ネタ切れしても気まずくならないでしょう。


対処法5. そもそも相性が悪かったかもしれないと切り替える

ここまでの対処法を試しても会話がネタ切れするようであれば、そもそも相手が自分に興味を持ってないのかもしれません。

何を話しても相手が受け身な反応を続けているのであれば、無理に会話を続けても無駄なだけだし、直接会っても楽しくはなれないでしょう。

この相手とは相性が合わないと感じたら、「そろそろメッセージはお開きにしようか」と言って会話を終わらせることも大切です。

1人の相手にこだわらず、自分との相性がいい相手を探して楽しく会話するほうが素敵な出会いに恵まれますよ。


マッチングアプリの話題の広げ方を知って、初デートに繋げよう。

マッチした相手に「デートしてみたい」と思わせるには、最初の会話でどれだけ良い印象を持ってもらえるかが大切。

それには楽しい話題で盛り上げることが一番ですが、初対面の異性相手だと何をネタにすればいいか悩んでしまう人も多いでしょう。

相手のプロフィールや話の中に出てくるワードは好きなものであることが多いので、それをネタにするのが上手に会話するコツですよ。

ぜひ今回の記事で話題の広げ方を把握し、マッチングアプリで会話する時に役立ててみてくださいね。

よく一緒に読まれる記事