やっとこ鍋のおすすめ13選|選び方のポイントも解説!

おすすめのやっとこ鍋をお探しの方へ。本記事では、やっとこ鍋の選び方&比較方法、人気商品まで大公開!ぜひチェックしてくださいね。

やっとこ鍋ってどんな鍋?

やっとこ鍋ってどんな鍋?

やっとこ鍋とは、取っ手がなく均一な構造をした鍋のこと。

「やっとこ」というペンチのような形状をしたアイテムで掴むことから、やっとこ鍋と呼ばれています。

取っ手がないので、火の入り方が均等で調理しやすく、洗いやすい点が人気の理由。

サイズ違いで購入しても重ねて収納できるため、キッチンの収納スペースを取りません。


やっとこ鍋の選び方

やっとこ鍋には、IH用、ガスコンロ用、IHとガスコンロ兼用のタイプがあり、家庭によって使える商品が異なります。

さらに、素材や大きさの種類が豊富で、「どれを選んだらいいの?」と迷ってしまう人も多いでしょう。

そこでここでは、上手にやっとこ鍋を選ぶポイントを解説します。


やっとこ鍋の選び方1. 目的に適した素材を選ぶ

やっとこ鍋は商品によって、アルミ、ステンレス、銅、モリブデンなどの素材が使われています。

素材ごとに適した調理方法や手入れのしやすさが異なるため、違いをしっかり踏まえたうえで、自分に合ったものを選んでくださいね。

  • どんな料理に使いたいか

  • こまめなお手入れが苦にならないか

などの観点からチェックすると、やっとこ選びで失敗しないでしょう。

ここからは素材ごとに、特徴やどんな人におすすめなのかを解説していきます。


アルミ製|スムーズに調理ができて使いやすい

仕事から帰って「早く夕飯の準備をしなくちゃ!」という時に、火がゆっくり入るような鍋では、調理に時間がかかってしまいますよね。

アルミ製のやっとこ鍋は、比較的熱伝導性に優れているため中身が温まるのが早く、効率よく調理できます。

コンロから降ろすと熱が入らないため、火加減の調整も簡単。

さらに、アルミは軽い素材なので、力の弱い女性や重い鍋は使いにくいと感じる人におすすめです。


ステンレス製|長持ちで手入れも簡単

せっかくお気に入りのやっとこ鍋を見つけても、使っているうちにサビてしまったら悲しいですよね。

ステンレス製のやっとこ鍋は、手入れがしやすく清潔に使い続けられるのが特徴です。他の食器と同じ洗い方でよく、サビがつく心配もありません。

食洗機でも洗えるため、なるべく洗い物は簡単に済ませたい方に最適です。

また、一度熱が入ると冷めにくいので、余熱調理をしたい時にも重宝します。


銅|熱伝導率がよく頑丈

銅製のやっとこ鍋は、他の金属よりも熱伝導率が高いのが特徴。火が均一に早く回り、素早く調理できます。

さらに、冷めにくい材質でもあるため、火を止めてもしばらくは汁物や煮物を温かいまま保てます。

サビに弱いという特徴もありますが、しっかりお手入れすれば一生物のやっとこ鍋として使えるため、料理好きの方はぜひ選んでみてください。


モリブデン|酸化しにくくて長持ちする

モリブデン製のやっとこ鍋は、サビなどが発生しにくく、腐食にも強いため、非常に頑丈で長持ちしやすいのが特徴。

酸に強いため作った食材の保存や、煮込み料理をまとめて作り置きしたい人におすすめです。

他の材質のやっとこ鍋と比較すると高い傾向にありますが、用途に合った使い方をすれば長く愛用できるでしょう。


やっとこ鍋の選び方2. 作りたい料理に合わせて板厚を調整する

やっとこ鍋は商品によって、板厚と呼ばれる鍋の厚みが異なります。厚みも材質と同様に、重要な選び方のポイントです。

板厚は熱の伝わり方に影響するため、じっくり火を通したいのか、サッと手早く火を通したいのかで、適した厚さが変わってきます。

そのため、作りたい料理や目的ごとに厚みを選ぶと失敗がないでしょう。

ここからは、鍋の厚みによってどんな違いが生じるのか、どんな料理にはどんな板厚が適しているのかを解説していきます。


煮込みや煮物などを作るなら「板が厚い鍋」を選ぶ

じっくり火を通すような煮込み料理は、加熱ムラがあると鍋の中心部と端で仕上がりの味に差が出てしまいます。

そうならないためには、板の厚いやっとこ鍋を選びましょう。

比較的大きなやっとこ鍋であっても全体に均一に熱が回るため、全ての食材にじっくり味がしみこみます。

カレーやシチュー、肉じゃが、ふろふき大根などには、厚みのあるやっとこ鍋がおすすめです。


汁物や下ごしらえで使うなら「板が薄い鍋」を選ぶ

やっとこ鍋のお湯がなかなか沸かないと、調理の下ごしらえをするのには少し不便です。

サッとスピーディーに加熱したい場合は、板が薄いやっとこ鍋を選びましょう。

お湯がすぐに沸くため野菜の下茹でや、みそ汁やスープを作る際の効率がアップします。

インスタントラーメンも手早く調理できるため、一つあると重宝するでしょう。


やっとこ鍋の選び方3. 家庭で使うなら、サイズは18cmか20cmがおすすめ

やっとこ鍋は業務用としてもよく使われるため、各メーカーから様々なサイズの商品が販売されています。

「大きいと色々使えて便利かな?」と思うかもしれませんが、4人家族の家庭であれば最も使いやすいのは18cm~20cm程

そのサイズを基準に、たくさん作り置きをする人などは大きめを、一人暮らしや汁物メインで調理する人は小さめを選ぶと便利です。

重ねて収納すればスペースを取らないため、使いやすい2~3種類のサイズをセットで揃えるのもおすすめです。


やっとこ鍋の選び方4. 目盛りやコーティングなど使いやすい機能が備わっているか

調理中は様々なことを同時進行するため、少しでも便利な工夫があるアイテムだと嬉しいですよね。

販売されているやっとこ鍋の中には、鍋肌に目盛りがついていたり、コーティング加工が施されているものがあります。

目盛付きなら計量カップ要らずで調理が可能。コーティング加工されたやっとこ鍋なら、食材が焦げ付きにくく、洗い物の際の負担を軽減できます。

少しでも調理や後片付けの効率をアップしたいなら、ぜひ機能面にも注目してみましょう。


やっとこ鍋のおすすめ13選

やっとこ鍋には様々な商品がありますが、一見しただけではその違いが分かりにくいもの。どれを選ぶべきか、迷ってしまいますよね。

そこでここからは、口コミ評価をもとに人気のあるおすすめやっとこ鍋をご紹介します。


1. 中尾アルミ製作所 やっとこ鍋

アルミ 打出 ヤットコ鍋(目盛付)15cm
おすすめポイント
  • アルミ製のやっとこ鍋なので、300gと使いやすい軽さ
  • 内側に目盛付きだから、「計量カップいらず」と口コミで人気
  • コンパクトで軽いため、キャンプなどアウトドアに持っていくのにぴったり

メーカー「中尾アルミ製作所」のやっとこ鍋は、アルミ製で比較的軽いのが特徴です。

直径15cmでコンパクトなこともあり、重量はわずか300g。女性でも片手で簡単に持ち上げられる軽さなので、やっとこで安全につかむことができます。

汁物やスープを作るのに最適な大きさなので、一つあれば毎日活躍すること間違いなしです。収納場所でかさばらないため、持っておいて損はないですよ。

軽くてコンパクトで使いやすいやっとこ鍋なため、毎日料理をする人に特におすすめしたいアイテムです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 深さ:65mm
  • サイズ:内寸150mm
  • 鍋の材質:アルミ
  • 重量:300g
  • 容量:1.0L
  • 対応熱源:ー
  • フタ:なし
  • 底厚:ー
  • ふたの材質:ー
  • 形状:ラウンド

2. 遠藤商事 やっとこ鍋 AYT0916

遠藤商事 業務用 矢床鍋 16cm IH100V対応 三層鋼ステンレス 日本製 AYT0916
おすすめポイント
  • 三層鋼ステンレス素材なため、耐久性があって長く使える
  • つるりとした質感なので、調理後はそのまま食卓に出してもおしゃれ
  • 300ml刻みの目盛付きだから、軽量の手間が省ける

「遠藤商事」が販売しているやっとこ鍋は、三層鋼ステンレス素材を使用した耐久性抜群の優れモノです。

サビに強く腐食しにくいため、普段の洗い物程度のお手入れで、十分長く使うことができます。食洗機で丸洗いできる点も嬉しいポイントです。

約2,000円で比較的安い商品ですが、表面はなめらかな質感で高級感がありスタイリッシュな見た目。

調理後はそのまま食卓に出してもおしゃれに決まります。

特別なメンテナンスや手入れを必要としない商品なので、細かいことは気にせず気軽に使いたい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 深さ:72mm
  • サイズ:内径157×深さ72mm
  • 鍋の材質:三層鋼ステンレス
  • 重量:303g
  • 容量:1.2L
  • 対応熱源:ガス、IH
  • フタ:なし
  • 底厚:ー
  • ふたの材質:ー
  • 形状:ラウンド

3. アカオアルミ やっとこ鍋

アカオアルミ DON矢床鍋 18cm アルミニウム合金 日本 AYT02018
おすすめポイント
  • 厚みがあるため、火を止めた後でも中身が冷めにくい
  • 表面に凹凸のあるアルミ素材だから、表面積が広くなり熱が伝わるのが早い
  • 手入れが簡単なので、忙しい方でも購入しやすい

アルミ製品メーカー「アカオアルミ」が販売する『DON矢床鍋』は、板厚3mmでやっとこ鍋の中では比較的厚いのが特徴です。

厚みがあるため熱が均一に回りやすく、時間をかけて食材を煮込む肉じゃがなどの料理に使用しても、美味しく仕上がります。

また、「保温性が良い」という口コミも。キャンプやバーベキューといった寒さが気になるアウトドアシーンで使っても便利ですよ。

加熱ムラが生じにくく冷めにくいやっとこ鍋なので、煮込み用の鍋を探している方はぜひ選んでみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 深さ:75mm
  • サイズ:内径180×深さ75mm
  • 鍋の材質:アルミ
  • 重量:480g
  • 容量:1.6L
  • 対応熱源:ガス
  • フタ:なし
  • 底厚:ー
  • ふたの材質:ー
  • 形状:ラウンド

4. 北陸アルミニウム やっとこ鍋 AYT0821

SS ヤットコ鍋 21.0
おすすめポイント
  • 直径21cmだから、様々な用途に使えて便利
  • 表面にアルマイト加工がされているので、黒く変色しない
  • 板厚が3mmで厚めなため、シチューやカレーなどの煮込み料理に適している

アルミ製品の老舗メーカー「北陸アルミニウム」からは、直径21cmで幅広い調理に活用できる万能なやっとこ鍋が販売されています。

一人暮らしや二人暮らしなら煮物や煮込み料理の調理に、4人家族の家庭ならみそ汁やスープの調理にぴったりな大きさです。

さらに、鍋の表面に凹凸を打ち出し加工を付けることで、表面積が広がり、熱伝導効率がアップ。口コミでは「加熱ムラがない」という声も多いですよ。

様々な家庭料理に使いやすいサイズなので、「まず1つ買ってみたい」と考えている人に最適なやっとこ鍋になります。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 深さ:89mm
  • サイズ:内径210×深さ89mm
  • 鍋の材質:アルミニウム
  • 重量:596g
  • 容量:2.7L
  • 対応熱源:ー
  • フタ:なし
  • 底厚:ー
  • ふたの材質:ー
  • 形状:ラウンド

5. 中尾アルミ やっとこ鍋

アルミ 打出 ヤットコ鍋(目盛付)16.5cm
おすすめポイント
  • 重さ300gなので、「軽くて使いやすい」と口コミで高評価
  • 200mlごとに目盛りがついており、計量カップがなくても水分量を量れる
  • 約2,000円と比較的安いため、やっとこ鍋初心者でも気軽に買いやすい

「中尾アルミ」の打ち出しやっとこ鍋は、女性が扱いやすい約300gという軽さが魅力のアイテムです。

やっとこ鍋自体が重いと、やっとこで持ち上げる際に安定せず危険です。

その点こちらの商品はアルミ製なため、二人分の味噌汁が入った状態でも700g~800g程にしかになりません。

食材を入れて調理をする時に、安全に持ち上げることができ腕が疲れにくいでしょう。

力の弱い女性や腕に負担をかけたくない人は、ぜひアルミ製で軽いこちらのやっとこ鍋を選んでみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 深さ:70mm
  • サイズ:内径165×深さ70mm
  • 鍋の材質:アルミ
  • 重量:300g
  • 容量:1.3L
  • 対応熱源:ー
  • フタ:なし
  • 底厚:ー
  • ふたの材質:ー
  • 形状:ラウンド

6. 北陸アルミニウム やっとこ鍋

北陸アルミニウム シルバー 直径18㎝ 業務用 グルメステージ ヤットコ鍋 テフロン加工 IH対応
おすすめポイント
  • 鍋肌にテフロン加工が施されているため、中身が焦げ付きにくい
  • 500ml、1000ml、2000mlの目盛付き。やっとこ鍋一つで計量ができる
  • テフロン加工有りで約2,500円と安いため、非常にコスパが良い

「北陸アルミニウム」からは、このアイテムでは珍しい鍋肌にテフロン加工が施されたやっとこ鍋が販売されています。

食材が焦げ付きにくいため、じっくり時間をかけて加熱したい煮込み料理に最適です。調理後に、スポンジでゴシゴシこすって洗う必要もありません。

表面のテフロンは2層で剝がれにくい加工になっており、「やっとこで掴んでも傷つかない」と口コミでも高評価。

カレーやシチューが気兼ねなく作れるやっとこ鍋なので、お子さまからよくリクエストがある家庭では大活躍するでしょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 深さ:71mm
  • サイズ:直径180mm
  • 鍋の材質:アルミニウム
  • 重量:430g
  • 容量:1.8L
  • 対応熱源:ガス、IH
  • フタ:なし
  • 底厚:ー
  • ふたの材質:ー
  • 形状:ラウンド

7. 北陸アルミニウム グルメステージIH やっとこ鍋 21cm AYT1204

HOKUA(ホクア) 北陸アルミニウム グルメステージIH 矢床鍋 21cm AYT1204
おすすめポイント
  • IH対応なので、卓上IHクッキングヒーターがある家庭におすすめ
  • 他メーカーと比較しても安い1,000円台。コスパ重視の方に最適
  • アルミ製なので軽く、調理中や洗い物中に手が疲れない

「北陸アルミニウム」のやっとこ鍋『グルメステージIH 矢床鍋』は、ガスコンロはもちろん、IHなどあらゆる熱源に対応している万能なアイテムです。

引っ越しの際はキッチン設備が気になる人も多いですが、熱源がガスでもIHでも使い続けられるのがメリット。

また、直径21cmのサイズで1,000円台と安いため、コスパがいいのも嬉しいポイントです。「サイズ違いでまとめ買いした」という口コミもありますよ。

使用する環境を選ばないため、「自宅はIHだけど、ガスコンロを使うキャンプでも使いたい」という方にぴったりなやっとこ鍋です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 深さ:78mm
  • サイズ:内径210×深さ78mm
  • 鍋の材質:アルミニウム
  • 重量:480g
  • 容量:2.3L
  • 対応熱源:ガス、IH
  • フタ:なし
  • 底厚:ー
  • ふたの材質:ー
  • 形状:ラウンド

8. 玉虎堂製作所 やっとこ鍋 44529

玉虎堂製作所 MARUTAMA 玉虎堂 矢床鍋 22cm 44529
おすすめポイント
  • ステンレス製なので、普段の洗い方で手入れはOK
  • 表面がなめらかでつやのある材質だから、デザイン重視の方におすすめ
  • 目盛がついているため、軽量の手間が省けて料理の効率アップ

キッチン用品メーカー「玉虎堂製作所」が販売するやっとこ鍋は、ステンレス製で手入れが簡単な使い勝手の良いアイテムです。

特別な手入れをしなくてもサビや腐食に強いため、いつまでも綺麗で清潔な状態で使い続けられます。

表面はステンレス特有のなめらかで美しい見た目が印象的。スタイリッシュなデザインなので、「調理器具はおしゃれなものがいい」という方に人気です。

面倒な手入れは苦手だけど、おしゃれなやっとこ鍋を長く使いたい」という方は、ステンレス製のものを選ぶと失敗がないですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 深さ:80mm
  • サイズ:内径220×深さ80mm
  • 鍋の材質:ステンレススチール
  • 重量:ー
  • 容量:2.8L
  • 対応熱源:IH
  • フタ:なし
  • 底厚:ー
  • ふたの材質:ー
  • 形状:ラウンド

9. 中尾アルミ製作所 キングデンジ やっとこ鍋(目盛付)21cm

キングデンジ ヤットコ鍋(目盛付)21cm
おすすめポイント
  • シンプルで美しいデザインだから、プレゼントにもおすすめ
  • 厚みのあるステンレス素材だから、調理後しばらく保温したい時に便利
  • 業務用としても人気があり、丈夫で長持ちしやすい

「中尾アルミ製作所」から販売されているやっとこ鍋は、底が広く珍しい形状をしているのが特徴です。

シンプルながらもおしゃれなデザインなため、自宅用はもちろん、贈り物にも適しています。

頑丈で業務用としても人気があるほど長持ちするため、特に結婚祝いにもぴったりですよ。

目盛りがついていたり保温性能に優れていたり、機能性も十分なアイテムだと言えるでしょう。

長く愛用できるやっとこ鍋を探しているなら、見た目も機能も申し分ないこちらのアイテムがイチオシですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 深さ:87mm
  • サイズ:内径210×深さ87mm
  • 鍋の材質:ステンレス
  • 重量:1300g
  • 容量:2.7L
  • 対応熱源:ガス、IH
  • フタ:なし
  • 底厚:ー
  • ふたの材質:ー
  • 形状:ラウンド

10. EBM モリブデンジII ヤットコ鍋 18cm

EBM モリブデンジII ヤットコ鍋 18cm
おすすめポイント
  • モリブデン製なので、耐久性抜群で一生物として使える
  • 表面は美しいミラー加工仕上げ。見せる収納としてもおしゃれ
  • 底厚は3mmと厚めのつくり。熱を均一に伝えるため加熱ムラが発生しない

キッチンツールメーカー「EBM」が販売する『モリブデンジII ヤットコ鍋』は、モリブデンを材質とした非常に頑丈な商品です。

酸化に強い特性があるため、酸や塩分が強いソースやたれを保存する容器としても適しています。スープをまとめて作って保存したい時に大活躍しますよ。

また、底厚は3mmと比較的厚めになっており、加熱ムラが起こりにくい仕様。ガスでもIHでも、美味しい煮込み料理が作れます。

コスパよりも品質を重視したい方には、モリブデン製で最高レベルの耐久性を誇るやっとこ鍋をおすすめします。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 深さ:70mm
  • サイズ:内径180×深さ70mm
  • 鍋の材質:SUS444(モリブデン鋼)
  • 重量:600g
  • 容量:1.3L
  • 対応熱源:IH、ガス
  • フタ:なし
  • 底厚:ー
  • ふたの材質:ー
  • 形状:ラウンド

11. 北陸アルミニウム やっとこ鍋 24.0

SS ヤットコ鍋 24.0
おすすめポイント
  • 直径24cmの大きめサイズなので、カレーやシチューの作り置きに使いやすい
  • 表面の凹凸があるため、頑丈になり長持ちしやすい
  • 板厚が3mmあり、煮込み料理をしても加熱ムラの心配がない

様々な調理器具を制作・販売しているメーカー「北陸アルミニウム」からは、直径24cmでやや大きめサイズのやっとこ鍋が販売されています。

煮込み料理の作り置きに使っても余裕があるサイズで、一般家庭のキッチンでも無駄なく使える絶妙なサイズ感が魅力です。

また、厚みがあって凹凸加工が施されているため、「頑丈」「火の通りがいい」「加熱ムラがない」と口コミでも人気を集めています。

週末に作り置きをする共働きの夫婦などは、容量が大きく煮込み料理に適したやっとこ鍋を選ぶと大活躍しますよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 深さ:101mm
  • サイズ:内径240×深さ101mm
  • 鍋の材質:アルミニウム
  • 重量:768g
  • 容量:4.0L
  • 対応熱源:ガス
  • フタ:なし
  • 底厚:ー
  • ふたの材質:ー
  • 形状:ラウンド

12. 遠藤商事 やっとこ鍋 21cm AYT07021

遠藤商事 業務用 スーパーデンジ 矢床鍋 21cm 電磁調理器用ステンレス鍋 3層クラッド材 日本製 AYT07021
おすすめポイント
  • 材質は3層クラッド材。熱伝導の効率が高く、保温性にも優れている
  • IH専用のやっとこ鍋だから、オール電化の家庭でも使える
  • デザイン性が高いため、見た目にこだわって調理器具を選びたい人に人気

多数の業務用調理器具を取り扱う「遠藤商事」からは、3層クラッド材を使用した熱効率が抜群のやっとこ鍋が販売されています。

ステンレスでアルミを挟み込んだ3層構造になっており、高い熱伝導率をキープしたまま保温性や耐久性がアップ

また、内側は耐蝕性のあるミラー加工仕上げになっており、見た目にもおしゃれでスタイリッシュ。

IHに対応しているため、オール電化の家庭で使用できるのも魅力です。

熱しやすく冷めにくい便利なやっとこ鍋が欲しい!」という方には、アルミとステンレスの長所を兼ね備えたこちらの商品がおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 深さ:70mm
  • サイズ:内径210×深さ70mm
  • 鍋の材質:3層クラッド材
  • 重量:690g
  • 容量:2.3L
  • 対応熱源:IH
  • フタ:なし
  • 底厚:2mm
  • ふたの材質:ー
  • 形状:ラウンド

13. 丸新銅器 やっとこ鍋 銅 15cm

丸新銅器 矢床鍋 銅 15cm
おすすめポイント
  • 銅製のやっとこ鍋なので、火の通りが良くスピーディーに調理できる
  • 直径15cmなため、汁物やスープを作るのにうってつけ
  • 見た目が美しい銅製なので、プレゼントとしても喜ばれる

厨房用製品メーカー「丸新銅器」のやっとこ鍋は、銅製で熱伝導率が抜群に優れているのが特徴です。

火にかければすぐに均一に熱が回り、食材の下茹でや下ごしらえがスピーディーにできます。

汁物やスープが素早く沸かせるため、時短調理にも繋がるでしょう。

15cmサイズで4,000円台と安い価格ではありませんが、高品質なため、しっかり手入れすれば一生物の調理器具として愛用できますよ。

調理器具をこだわって揃えたいなら、幅広い用途に使えて耐久性にも優れた銅製のやっとこ鍋を選ぶのがおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 深さ:68mm
  • サイズ:内径150×深さ68mm
  • 鍋の材質:銅
  • 重量:375g
  • 容量:1.0L
  • 対応熱源:ー
  • フタ:なし
  • 底厚:ー
  • ふたの材質:ー
  • 形状:ラウンド

お気に入りのやっとこ鍋を見つけてみて!

やっとこ鍋は様々なメーカーから販売されており、コスパに優れた安いものやIIH対応のもの、そしておしゃれなものなど種類が豊富です。

似たような商品も多いため、選び方が分からず購入に踏み切れない方もいるのではないでしょうか。

そんな方は、今記事のやっとこ鍋の選び方を参考に、作りたい料理やキッチン環境に合った商品を探してみましょう。

ぜひお気に入りのやっとこ鍋を見つけて、料理に役立ててくださいね。


よく一緒に読まれる記事