家庭用焼き芋機のおすすめ13選|美味しい焼き芋が手軽に楽しめる人気商品を解説

おすすめの家庭用焼き芋機をお探しの方へ。本記事では家庭用焼き芋機の選び方からおすすめの人気商品まで大公開!電気式などの熱源はもちろん、じゃがいもやとうもろこしも調理できる商品も紹介していますので、自宅で美味しい焼き芋を食べたい方はぜひチェックしてみてください!

自宅できる焼き芋機の魅力とは

家庭用焼き芋機のおすすめ

自宅で美味しい焼き芋を作ろうと思うとなかなか難しいもの。中まで火が通らなかったり、加熱しすぎて芋の端が乾燥してしまったりなどの失敗は、焼き芋作りのあるあるです。

しかし、家庭用焼き芋機を使えば簡単に中まで火が通り、手軽にお店のような焼き芋作りができます。アイテムによっては電子レンジを使うだけの簡単なものもあるので、料理が苦手な方でも安心ですよ。


家庭用焼き芋機の選び方|購入する前に確認すべき点とは

家で焼き芋作りをするなら、美味しく作れるような焼き芋機を選びたいですよね。しかし、具体的にどんな焼き芋機を選んだらいいのか分からないという方もいるでしょう。

そこでここからは、家庭用焼き芋機の上手な選び方を解説します。


家庭用焼き芋機の選び方1. 自分に合った「熱源」を選ぶ

家庭用焼き芋機の熱源には、直火、IH、電子レンジなど様々なものがあります。対応していない熱源を無理に使うと焼き芋機が故障する恐れがあるため、自宅で活用可能な熱源に対応しているアイテムを選ぶことが大切です。

例えば、オール電化の家庭ならIH対応のものを、ガスコンロを使用している家庭ならガス対応のものにしましょう。また、アウトドアで使いたい場合も直火対応のものを使用したり、手軽さ重視なら電子レンジ使用可能なものを選ぶなどもおすすめです。


家庭用焼き芋機の選び方2. 自分に合った「タイプ」を選ぶ

家庭用焼き芋機と一口にいっても、素材や加熱の仕方などでいくつか種類があります。使い勝手が悪いと焼き芋作りへのモチベーションも下がってしまうため、自分に合ったタイプを選ぶことが大切です。

次項からは、家庭用焼き芋機の主なタイプ2種類を紹介するので、自分好みのタイプを見極める際に役立ててください。


じっくり火を通す「鍋・陶器タイプ」の特徴とは

鍋・陶器タイプは、家庭用焼き芋機の中でもスタンダードなタイプ

小さい鍋のようなルックスで、じっくりと火を通していきます。ガス火専用のものやIH対応のもの、電子レンジ可能なものなど、スペックはアイテムによって様々です。

また、商品ラインナップも豊富なので、ルックス・スペックの両面で自分好みのアイテムを見つけやすいでしょう。たくさんの選択肢の中から比較して、お気に入りの1台を見つけたいという方におすすめです。


焼き芋専用の「ホットプレートタイプ」の特徴とは

ホットプレートタイプは、本体の中に熱源を持つのが特徴。専用プレートでさつまいもを焼くため、熱伝導が良くホクホクで美味しい焼き芋作りができます。

しかし、機械に入る大きさや形が限定されてしまうことがあるので、極端に太くて大きいさつまいもは焼けないなどの弊害が生じる恐れも。

電気の力を利用してさつまいもを焼くので、オール電化の家庭や卓上で家族や友人たちと焼き芋を作りたいという方におすすめです。


家庭用焼き芋機の選び方3. 本格的なものを望む人は「石焼き風」にできるものを選ぶ

家庭用焼き芋機の中には、石を使って石焼き風に仕上げられるものもあります。

蒸気で蒸したり電子レンジで加熱するのと違い、石と陶器による遠赤効果でさつまいもの中までじっくり火を通します。中まで柔らかく、さつまいもの蜜を感じられるようなねっとりとした仕上がりとなり、まるでお店の石焼き芋のように本格的な味わいを堪能できますよ。

ただし、石は熱が入ると欠けやすい傾向があるため、石を使って焼くなら石だけの購入が可能かどうかも併せてチェックしておきましょう。


家庭用焼き芋機の選び方4. 作りたい量に合わせた「サイズ」を選ぶ

家庭用焼き芋機のサイズはアイテムによって様々なので、一度にどれくらいの量を焼きたいのかを考えた上で最適なサイズを見極めることが大切です。

例えば、一人暮らしで一度に1本しか焼かないのであれば、幅25cm前後のコンパクトなもので十分でしょう。一方、家族全員分を一度に焼きたい、大量のさつまいもを処理するために効率よく焼き芋を量産したいという場合には、幅30cm以上の大型焼き芋機があると便利です。

ちなみに、電気式の場合は2本までしか焼けないものが多いので、一度にたくさんの焼き芋作りは難しいことも念頭に置いておきましょう。


家庭用焼き芋機の選び方5. 自分で扱える「重量」を選ぶ

硬いさつまいもにしっかり火を通すためには、熱伝導を意識した鍋であることが重要。そのために、家庭用焼き芋機では鉄製や陶磁器製などが採用されていることが多く、重量が重くなる傾向にあります。

あまりに重いアイテムだと、調理時はもちろん洗う時や持ち運び時が大変です。中には、重量が3kgを超える重いものもあり、力が弱い女性やお年寄りでは扱いづらいでしょう。

扱いが大変で後悔することがないよう、家庭用焼き芋機を選ぶ際には重量も漏れなくチェックしておいてくださいね。


家庭用焼き芋機の選び方6. 使い勝手を求める人は「焼き芋以外も調理できるもの」を選ぶ

家庭用焼き芋機は、焼き芋を作ることを目的に作られています。しかし、頻繁に使うわけでもないのにわざわざ焼き芋機を買うのはちょっともったいないですよね。

そうした家庭用焼き芋機のデメリットをカバーすべく、アイテムの中には焼き芋以外の調理ができるよう作られたものもあります。例えば、じゃがいもやとうもろこしなど火が通りにくい野菜の加熱ができたり、蒸し料理や燻製ができたりなど。

焼き芋作り以外でも活用したい方は、どんな使い方ができるかを事前に調べておくとニーズに合ったアイテムと出会えるでしょう。


家庭用焼き芋機のおすすめ13選|自宅で美味しく作れる人気商品を大公開

「焼き芋屋さんのように、ほくほくで美味しい焼き芋を作りたい!」

焼き芋を食べたい時にいつでも作れるよう、家庭用焼き芋機の購入を検討している方もいるでしょう。

そんな方に向けて、ここからはおすすめの家庭用焼き芋機を大公開していきます。


【鍋・陶器タイプ】家庭用焼き芋機のおすすめ10選

鍋・陶器タイプは、商品ラインナップが豊富なのが魅力。洋服選びのように、たくさんの商品の中から自分にぴったりな家庭用焼き芋機を選びたい方におすすめです。

また、焼き芋の他にじゃがいもやとうもろこしなど他食材の加熱や、煮込み料理などの別料理で使えるアイテムも多々見られます。汎用性が高いため、デイリーユースにももってこいですよ。


鍋タイプのおすすめ1. 池永鉄工 いも次郎

池永鉄工 いも次郎 (約)φ22(取手含:φ27.2)×h10cm(蓋含む)
  • ガスコンロやIHなど、幅広い熱源に対応しているため、様々なシーンで活用できる
  • 栗、とうもろこし、じゃがいもなどの食材にも使えるから、いろんな料理を楽しめる
  • ドーナツ型の鍋で、中央の穴から入る熱で鍋内を蒸し焼きにできるので、お店のような美味しい焼き芋に仕上がる

熱源が限られていると、使用シーンも限定されて使える幅が狭まってしまいますよね。

こちらの『いも次郎』なら、ガスコンロ、IH、ハロゲンヒーターなどあらゆる熱源に対応可能。自宅のIHキッチンで使ったり、友達が来た時にガスコンロを囲んで焼き芋パーティーをしたりなど、いろんなシーンで使用できて便利と人気を集めています。

買うからにはしっかりと活用したいから、できるだけいろんな熱源で使えるアイテムが欲しいという方におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 熱源:直火、IH、ラジエントヒーター 他
  • 石付き:×
  • 一度に焼ける本数:ー
  • サイズ:直径22 × 高さ10 (cm)
  • 重量: ー
  • その他の調理:とうもろこし、栗、じゃがいも など

鍋タイプのおすすめ2. 高木金属 ホーロー 焼いも器 22cm 石付き

  • 専用石つきで、さつまいもを中はホクホク外はパリパリに仕上げられるから、本格的な焼き芋ができる
  • とうもろこしなど、他食材にも使えるため、普段使いしやすい
  • 簡単レシピが付属されているので、初めてでも安心して焼き芋作りに挑戦できる

焼き芋作りでしっとりとした仕上がりを重視してしまうと、全体がべちゃついてしまい、焼き芋ではなく蒸し芋になってしまう可能性も。

「高木金属」の『ホーロー 焼いも器 22cm 石付き』は、専用石がついた本格派の家庭用焼き芋機。中はホクホクだけど外側はパリッと仕上げてくれるから、不快なべちゃつきがなく美味しい焼き芋ができると人気です。

中しっとり外パリパリのメリハリのついた焼き芋を作りたい方は、ぜひ美味しい焼き芋作りに活用してみてください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 熱源:直火(ガスコンロ専用)
  • 石付き:◯
  • 一度に焼ける本数:2 (本)
  • サイズ:22 (cm)
  • 重量: ー
  • その他の調理:とうもろこし など

鍋タイプのおすすめ3. イシガキ産業 ほっこりぐるめやきいも鍋

イシガキ産業 ほっこりぐるめやきいも鍋 セラミックボール付 3817
  • 「陶器×セラミックボール」からダブルの遠赤効果を得られるから、しっとりねっとりの焼き芋作りが可能
  • 重量約2.5kgと適度な重さがあるので、安定感があって安心して調理できる
  • コロンと丸みを帯びたフォルムで可愛らしいから、焼き芋作りへのモチベーションも上がる

さつまいもの中まで柔らかくしようとすると、食材の水分が蒸発してパサパサとした仕上がりになってしまいそうですよね。

「イシガキ産業」の『ほっこりぐるめやきいも鍋』は、陶器とセラミックボールの2つから遠赤効果を得られる仕組み。さつまいもの水分を保持しつつ芯まで柔らかく焼けるから、お店にも負けないくらいの仕上がりを目指せますよ。

しっとり・ねっとりとした焼き芋を作りたいなら、絶対におすすめのアイテムです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 熱源:ー
  • 石付き:◯
  • 一度に焼ける本数:ー
  • サイズ:幅27.5 × 奥行25 × 高さ16.5 (cm)
  • 重量: 2.5 (kg)
  • その他の調理:ー

鍋タイプのおすすめ4. 石焼きいも鍋「いも太郎」 天然石500g付

石焼きいも鍋「いも太郎」 天然石500g付 鍋 焼き芋
  • 一度高温で焼成された石を付属しているので、自宅調理時の破裂を防いで安全に焼き芋作りができる
  • 石と陶器の2つの遠赤効果でさつまいもの中までしっかり火を通すから、柔らかくねっとりとした美味しい仕上がりを目指せる
  • じゃがバターや焼りんごなど、様々な料理に活用できるので、デイリーユースしやすい

石焼き芋を作るためには石が必要となりますが、実際に石を使うと加熱中に破裂しそうで怖いという方もいるでしょう。

「三鈴陶器」の『いも太郎』は、一度800℃以上で焼成した石を付属しています。あらかじめ加熱された石を使うことで自宅調理時の破裂を防げるから、安心して焼き芋作りができると大人気ですよ。

石焼き芋の石は調理時に非常に高温になるため、安全に調理できるようなアイテムが欲しいという方におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 熱源:ー
  • 石付き:◯
  • 一度に焼ける本数:ー
  • サイズ:最長部28 × 直径24 × 高さ14 (cm)
  • 重量: ー
  • その他の調理:じゃがいも、りんご、たけのこ、玉ねぎ など

鍋タイプのおすすめ5. キャプテンスタッグ 石焼きいも鍋

キャプテンスタッグ 石焼きいも鍋26cm(石2kg付) M-5558
  • 約1.1kgと軽いので、力に自信がない方でも扱いやすい
  • 一度に3本程度焼けるため、アウトドア時など複数人分焼きたい時に便利
  • 有名なアウトドアメーカーが販売しているアイテムだから、安心して購入できる

重い焼き芋機だと扱いづらそうと不安に感じている方も少なくないでしょう。

「キャプテンスタッグ」の『石焼きいも鍋』は、約1.1kgと比較的軽量なアイテム。2kgを超える他メーカーの商品と比べても圧倒的に軽いから、アウトドアに持って出たり、使用後に手洗いしたりする際に扱いやすいと好評ですよ。

女性やお年寄りなど、重いものを持つのが苦手な方でも安心して扱えるおすすめの焼き芋機なので、ぜひ手に取ってみて。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 熱源:直火
  • 石付き:◯
  • 一度に焼ける本数:3 (本)
  • サイズ:幅35 × 奥行28.5 × 高さ18 (cm)
  • 重量: 約1.1 (kg)
  • その他の調理:ー

鍋タイプのおすすめ6. 盛栄堂 みよちゃんちの焼芋鍋 CA-36

盛栄堂 みよちゃんちの焼芋鍋 CA-36
  • 鍋底の凸凹が石の役割を果たすから、鍋とは別に石を準備する面倒がない
  • 4.9kgと重量が重めなので、どっしりとしていて安定感がある
  • 鋳造の丈夫な鉄鍋だから、長く愛用しやすい

本格的な石焼き芋を作りたいけど、鍋と石をそれぞれ用意するのは面倒ですよね。

しかし、「盛栄堂」の『みよちゃんちの焼芋鍋 CA-36』なら、底の凸凹が石と同じ役割を果たしてくれるので、わざわざ石を準備する必要がありません。鍋本体のみで石焼き風の焼き芋ができ、手間がなくていいと人気を集めていますよ。

面倒な準備なく手軽に石焼き芋を作りたいという方にとっては、まさに理想的なアイテム。ぜひこちらを選んでみてください。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 熱源:ー
  • 石付き:×
  • 一度に焼ける本数:ー
  • サイズ:直径24 × 高さ14 (cm)
  • 重量: 4.9 (kg)
  • その他の調理:野菜

鍋タイプのおすすめ7. 和平フレイズ ほんわかふぇ ARE-4277

和平フレイズ 土鍋 サツマイモ じゃがいも とうもろこし やきいも土鍋 ほんわかふぇ 陶器 ARE-4277
  • 1,000円台の安い家庭用焼き芋機なので、手軽に購入できる
  • 鍋底が素焼きになっていることで熱の通りが良くなっているため、さつまいもの芯まで熱が入って美味しい焼き芋が作れる
  • とうもろこし、落花生、栗など様々な食材にも活用できて便利

焼き芋作りのために、わざわざ数万円も出して焼き芋機を買う勇気はないという方は多いでしょう。

「和平フレイズ」の『ほんわかふぇ ARE-4277』なら、簡単にホクホクの焼き芋が作れるにもかかわらず、1,000円台と非常に安いのが魅力。これなら手軽に買えると購入を決める方も多いですよ。

できるだけ安い家庭用焼き芋機を購入したいという方にぴったりのアイテムなので、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 熱源:直火
  • 石付き:×
  • 一度に焼ける本数:ー
  • サイズ:24.4 × 22 × 16 (cm)
  • 重量: 0.159 (kg)
  • その他の調理:とうもろこし、じゃがいも、落花生、栗 など

鍋タイプのおすすめ8. イシガキ産業 魔法の焼きいも鍋

イシガキ産業 魔法の焼きいも鍋 小 発熱セラミックボール付き 3820
  • 電子レンジ専用の焼き芋機なので、面倒な温度調整をせず手軽に焼き芋作りができる
  • 見た目がさつまいも型でかわいいから、焼き芋作りがより楽しくなる
  • 約2,000円と安いので、低コストで焼き芋作りを始められる

直火やIHでの焼き芋作りは、中火である程度焼いてから弱火でじっくり火を通すなど、温度調整が難しそうですよね。

「イシガキ産業」の『魔法の焼きいも鍋』は、電子レンジ専用の焼き芋機なので、調理がとにかく簡単です。温度設定をしてボタンを押すだけだから、途中で温度を下げるなどの面倒な温度調整をしなくても大丈夫。

自宅での焼き芋作りはハードルが高いと感じている方も、これなら挑戦しやすいでしょう。ぜひ購入して焼き芋作りを楽しんでみて。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 熱源:電子レンジ
  • 石付き:◯
  • 一度に焼ける本数:1 (本)
  • サイズ:約幅26.5 × 奥行12.5 × 高さ10.5 (cm)
  • 重量: 0.97 (kg)
  • その他の調理:ー

鍋タイプのおすすめ9. 及精鋳造所 南部鉄器 万能鍋

南部鉄器 万能鍋 小石付き 鉄 鍋焼き芋
  • 焼き芋だけでなく、煮たり蒸したりなど様々な調理に活用できるため、普段使いしやすい
  • 高い熱の保持力と気密性を誇るので、火が通りにくい食材も芯まで柔らかくできる
  • 鉄製だから、料理と一緒に鉄分も摂取できて健康面でも嬉しい

美味しい焼き芋作りができる家庭用焼き芋機は確かに便利だけど、それだけのために新たな調理器具を買うのはもったいないですよね。

「及精鋳造所」の『南部鉄器 万能鍋』は、高い熱の保持力で食材の中まで火を通してくれる優れ物。焼き芋はもちろん、煮る、蒸す、炊くなど様々な調理に活躍するから、使い勝手が良く日常的に大活躍させられると人気です。

焼き芋だけでなく、他の調理でも幅広く活用できる汎用性の高いアイテムをお探しの方におすすめします。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 熱源:ー
  • 石付き:◯
  • 一度に焼ける本数:ー
  • サイズ:ー
  • 重量:ー
  • その他の調理:ー

鍋タイプのおすすめ10. Graceramic 陶製焼いも器 GC-04

Graceramic グレイスラミック 陶製焼いも器 電子レンジOK GC-04
  • 電子レンジでの加熱時間約10分だから、素早く焼き芋作りができる
  • 重量約1kgと軽いので、子供や女性など力が弱い方でも楽に扱える
  • 丸みのある和モダンなデザインがおしゃれだから、焼き芋作りがより楽しくなる

使用する芋のサイズにもよりますが、焼き芋作りで必要な加熱時間は大体15~30分程度。すぐに焼き芋を食べたいのに、30分もかかるのはお腹が耐えられませんよね。

「Graceramic」の『陶製焼いも器 GC-04』は電子レンジ調理が可能な家庭用焼き芋機で、焼き芋が約10分程度で作れます。短時間で焼き芋作りができるという手軽さに、多くの方が魅力を感じて購入を決めていますよ。

食べたい時に素早く焼き芋を作れるよう、調理時間が短く済むものを選びたい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 熱源:電子レンジ
  • 石付き:◯
  • 一度に焼ける本数:ー
  • サイズ:約14 × 23 × 12.8 (cm)
  • 重量: 約1.06 (kg)
  • その他の調理:とうもろこし、じゃがいも、枝豆 など

【ホットプレートタイプ】家庭用焼き芋機のおすすめ3選

本体に熱源があるホットプレートタイプは、電気があれば手軽に焼き芋作りができます。「焼き芋作りでコンロを1つ占領しているから、他の料理ができない…。」ということもないから、卓上などキッチン以外の場所で焼き芋をしたい方におすすめです。

ただ、アイテムによってはさつまいもの形・サイズを限定してしまうものがあるので、事前にスペックをしっかり確認しておきましょう。


ホットプレートタイプ1. SOLUNA 焼き芋メーカー タイマー付き

  • タイマーがついているので、焼けるまでの時間を有効活用できる
  • プレートにフッ素樹脂加工が施されているため、汚れがつきにくく綺麗に洗える
  • ベージュのレトロな雰囲気でかわいいデザインだから、調理が楽しくなる

焼き芋ができるまでにはある程度時間がかかりますが、それまでさつまいもにつきっきりなると、他のことができなくて困りますよね。

「ドウシシャ」の『SOLUNA WFV-102T』なら、タイマーがついているため、焼きすぎなどを未然に防げます。焼いている間の数十分間を有効活用できて助かると、多忙な主婦などを中心に高く支持されていますよ。

さつまいもを焼いている間に他の作業をしたいという方にはうってつけです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 熱源:電気
  • 石付き:×
  • 一度に焼ける本数:2 (本)
  • サイズ:幅35 × 奥行25 × 高さ15 (cm)
  • 重量: 3.7 (kg)
  • その他の調理:とうもろこし など

ホットプレートタイプ2. ドウシシャ 焼き芋メーカー

ドウシシャ 焼き芋メーカー ホットプレート 温度調節機能 付き 平面プレート 付き SOLUNA WFS-100
  • 上下のプレートからさつまいもにまんべんなく火が当たるので、ひっくり返す手間がなくて簡単
  • 平面プレートもついているから、ホットサンドやパイなど、焼き芋以外でも使えて便利
  • ブラックに統一されたシンプルなデザインなので、飽きずに長く使い続けられる

さつまいも全体を加熱するために、様子を見て何度かひっくり返さなければならないのは正直面倒くさいですよね。

「ドウシシャ」の『BakeFree』はさつまいも型にくぼませたプレートが上下についているため、さつまいも全体に火が当たります。小まめにひっくり返す必要もないので、ほったらかし調理ができて楽と人気ですよ。

世話なしで簡単に焼き芋作りをしたい方にとって理想的なアイテムなので、ぜひこちらを使ってみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 熱源:電気
  • 石付き:×
  • 一度に焼ける本数:2 (本)
  • サイズ:約幅35 × 奥行25 × 高さ15 (cm)
  • 重量: 3.5 (kg)
  • その他の調理:とうもろこし など

ホットプレートタイプ3. 焼き芋メーカー

  • プレートに大きなくぼみをつけているため、太めのさつまいもでも焼ける
  • 1本焼き用だから、一人暮らしなど少量だけ作りたい場合に最適
  • さつまいもだけでなくとうもろこしを焼くこともできるので、普段使いしやすい

電気式はプレートによる加熱となるため、太いさつまいもに対応できるアイテムは意外と少ないもの。

しかし、こちらの焼き芋メーカーは1本しか焼けない代わりに、幅6.5cm×長さ21cmと大きめのくぼみを設けたプレートがついているため、太めのさつまいもでも焼けます。食べ応えのある焼き芋作りができて大満足と喜ぶ方も多いですよ。

大ぶりなさつまいもにも対応できる焼き芋メーカーをお探しの方は、ぜひこちらを検討してみてください。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • 熱源:電気
  • 石付き:×
  • 一度に焼ける本数:1 (本)
  • サイズ:約12 × 22 × 11.5 (cm)
  • 重量: 約0.9 (kg)
  • その他の調理:とうもろこし など

焼き芋機があれば家庭でも美味しい焼き芋を堪能できますよ。

自宅で美味しい焼き芋作りができる家庭用焼き芋機。アイテムの中には、焼き芋だけでなくとうもろこしなど他食材の調理にも活用できる場合があり、どれを買おうかと悩みますよね。

今回は、おすすめの家庭用焼き芋機をタイプごとに紹介しました。ぜひ上記を参考に、自分にぴったりな1台を見つけて、焼き芋作りを楽しんでみてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事