アブサンの人気おすすめ10選|風味豊かな美味しいリキュールを大公開

おすすめのアブサンをお探し方へ。本記事では、アブサンの選び方からおすすめのアブサンまで大公開!ストレートやカクテルなどの飲み方はもちろん、味や香りから美味しい人気商品まで紹介しているので、気になった方はぜひチェックしてください!

そもそも、アブサンとは?どんな魅力があるの?

アブサンのおすすめ

アブサンとはニガヨモギやアニスなどを中心に、複数のハーブやスパイスを配合したお酒のこと。

非常に独特な味わいをしており好き嫌いがハッキリと別れますが、一度ハマれば思わず病みつきになってしまう通好みのお酒です。

その中毒性の高さは世界的に有名な芸術家『ゴッホ』を虜にし、破滅に導いたとして一部では「悪魔の酒」と呼ばれているほど。

カンパリやスーズといった薬草系のリキュールが好きな方は口に合う可能性が高いので、ぜひ一度飲んでみることをおすすめします。


アブサンの選び方|購入する前に確認すべき点とは

アブサンは様々なメーカーから販売されており、それぞれ特徴が大きく異なります。

そこでここからは、自分の好みに合ったアブサンを選ぶためのポイントについてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。


アブサンの選び方1. 飲み方に合わせて「度数」や「テイスト」を選ぶ

他のお酒と同様、アブサンも銘柄によって度数や味わいが大きく異なってきます。どの程度の度数・テイストがベストなのかはどんな飲み方・割り方をするかによって左右されるため、飲み方から銘柄を選ぶようにしましょう。

具体的には、ストレートやロックでそのまま飲む場合は50%以下と、アルコール度数が低めのもの。カクテルで頂く場合は、ジュースで割ってもその個性が薄れないようにスパイスが効いている銘柄を選ぶのがおすすめです。


アブサンの選び方2. 色にも注目して選ぶ

アブサンには、天然のハーブで着色した緑色のものと、色付けを行っていない無色透明のものの二種類が存在します。

前者であれば、アブサンならではの綺麗な緑色を楽しむことが可能。後者のホワイトアブサンと呼ばれる無色透明タイプであれば、おしゃれなカクテルを作る際に色の邪魔をしないと、それぞれ違ったメリットがあります。

そのため、色にも注目することで自分の好みに合った銘柄を選ぶのも、満足のいく買い物をするためのコツですよ。


アブサンの選び方3. 生産国をチェックして選ぶ

スコットランドのウイスキーとアメリカのウイスキーが別物であるように、アブサンも生産国によって風味や雰囲気が大きく変わってきます。

例えば、フランスで作られたアブサンはハーブの香りが強く、華やかな印象。チェコなどの東欧諸国で作られたものは、ニガヨモギ由来の味・香りを強く楽しめます。

このように、その国ならではの特徴が色濃く出ていますので生産国にも目を通し、自分の好みに合いそうな国から銘柄を選ぶのもおすすめです。


アブサンのおすすめ10選|多くの芸術家が愛した人気のお酒を大公開

ここからはアブサンの中から、特に美味しいおすすめの銘柄をご紹介していきます。

それぞれの特徴や魅力について詳しくお伝えしていくので、ぜひこちらを参考にすることでお気に入りの銘柄を見つけてみてくださいね。


アブサンのおすすめ1. ペルノ アブサン

ペルノ アブサン [ リキュール 700ml ]
おすすめポイント
  • 元祖アブサン。完成度が高く特に人気な定番銘柄なので、悩んだらこれ
  • 爽やかな飲み口をしており、アブサンの中では比較的飲みやすい
  • ストレートではもちろん、カクテルにしても美味しく使い勝手が良い

世界で最初に商品化され19世紀のヨーロッパで社会現象を巻き起こした、元祖アブサンこと『ペルノ アブサン』。

主原料のニガヨモギに含まれる成分が問題視され、一時期は販売が中止されていましたが、最近になって規制が緩和されたことで念願の復活を果たしました。

そんなペルノ社製のアブサンは爽やかでスッキリとした味わいが特徴で、数あるアブサンの中でも特に有名かつ人気な銘柄

まさに原点にして頂点なアブサンですので、どの銘柄を選ぼうか迷った時はこちらを選んでおけば間違いありませんよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:700 (ml)
  • アルコール度数:68 (度)
  • ホワイトアブサン:×
  • 生産国:フランス

アブサンのおすすめ2. アブサント55

アブサント55 55度/700ml 【リキュール】
おすすめポイント
  • 度数が低めかつ甘さがあって飲みやすいため、アブサン初心者の方におすすめ
  • 100mlのミニボトルも販売されているので、気軽に挑戦できる
  • ハーブの香りが強く、アブサンならではの美味しさを存分に味わえる

ニガヨモギのエキスを主原料とした、南フランス生まれの『アブサント55』。複数のアブサンを手掛けている、フランスの老舗メーカー『ディスティルリ・エ・ドメーヌ・ド・プロヴァンス』のスタンダード商品です。

こちらはアニスやフェンネルといったハーブ感と、砂糖由来の甘みを強く感じられるのが特徴。また、アルコール度数も55%とアブサンの中では低めなので、比較的飲みやすい銘柄です。

まさに入門用にぴったりな銘柄なので、これから初めてアブサンに挑戦するという方にぜひおすすめしたい一本です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:700 (ml)
  • アルコール度数:55 (度)
  • ホワイトアブサン:×
  • 生産国:フランス

アブサンのおすすめ3. アルテミジア アブサン・バタフライ

アブサン・バタフライ Absinthe Butterfly 65度 750ml
おすすめポイント
  • 複雑なアロマを楽しめるアメリカ生まれのアブサン。アブサン好きの方にぜひ
  • ガツンとした飲み口をしており、強い満足感を得られる
  • 味の骨格がハッキリとしているため、カクテルにしても楽しめる

『アブサン・バタフライ』は禁酒法以前にアメリカ・ボストンで作られていたクラシックアブサンを、スイスの蒸留家がリメイクし現代に蘇らせた銘柄です。

レモンやマンダリンオレンジといった柑橘系の中にスパイスとミントの香りを感じられ、エキゾチックなテイストに仕上げられています。

また、ワインでいうところのフルボディのように、どっしりとした飲み口をしているため飲みごたえも十分。

複雑な味わいと強いお酒感を感じられますので、こちらは大のアブサン好きにおすすめ。二本目・三本目に選ぶのにもってこいですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:750 (ml)
  • アルコール度数:65 (度)
  • ホワイトアブサン:×
  • 生産国:スイス

アブサンのおすすめ4. アブサント26

[今だけ特製ショットグラス1個付き] アブサント 26 正規品 26度 700ml
おすすめポイント
  • アルコール度数を低めに抑えたアブサン。お酒に強くない方にぜひ
  • 一般的なリキュールと同程度の同数なので、ストレートやロックでも飲みやすい
  • ショットグラスが付属しているため、別途グラスを購入しなくて済むのも嬉しい

『アブサント26』は、先にご紹介した『アブサント55』を製造しているメーカーの新商品です。こちらは「アブサンを飲んでみたいけど度数が高すぎてちょっと…」と躊躇してしまっている方に向けて開発された商品で、その度数は26%

一般的なアブサンよりも度数こそ低いものの、主体となるニガヨモギに数種のハーブをブレンドしており、アブサンならではの味わいをしっかりと楽しめます。

お酒にあまり強くないがために「アブサンを飲めない」という方は、こちらの銘柄でアブサンの美味しさを味わってみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:700 (ml)
  • アルコール度数:26 (度)
  • ホワイトアブサン:×
  • 生産国:フランス

アブサンのおすすめ5. アブサン マンサン

アブサン マンサン by マリリン・マンソン Absinthe Mansinthe by Marilyn Manson
おすすめポイント
  • ラベルのデザインは『マリリン・マンソン』自身が描いたもの。彼のファンにはたまらない一本
  • コンペでゴールドメダルを獲得した実力派。いい意味で癖がなく飲みやすいため、どんな方にもおすすめ
  • 人口甘味料や着色料を使用していないため、それらが気になる方も安心

『アブサン マンサン』は、アメリカの人気アーティスト『マリリン・マンソン』プロデュースにより作られたアブサンです。

大のアブサン好きである彼が手掛けているだけあって、人口甘味料・人口着色料は一切使っておらず、上等な天然ハーブのみを使用しているというこだわりよう。

その甲斐あって、味・香りともにバランスが良い、抜群に美味しい至高のアブサンに仕上げられています。

その完成度の高さは2008年に行われたコンペにて、金メダルを獲得しているほど。『マリリン・マンソン』のファンの方にはもちろん、上質なアブサンを求めている方にもおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:700 (ml)
  • アルコール度数:66 (度)
  • ホワイトアブサン:×
  • 生産国:スイス

アブサンのおすすめ6. ヴェルサント ラ・ブランシュ アブサン

ヴェルサント ラ・ブランシュ アブサン 並行品 55度 500ml
おすすめポイント
  • 上品で繊細なアロマが特徴のアブサン。味だけでなく、香りも楽しみたい方に
  • 無色透明の液色により、カクテルにも使いやすい
  • 糖分を添加していないため、自然な甘みを味わえる

『ヴェルサント ラ・ブランシュ』はかつて香水やエッセンスを製造する際に用いられていた、低温真空蒸留技術を駆使して作られたフランス製のアブサン。

48℃という低温で真空蒸留することで、高温では壊れてしまう植物の複雑なアロマ成分をそのまま残すことに成功。それにより、植物由来の繊細なアロマを楽しめます

また、無色透明のホワイトアブサンなので、カクテルに使う際に色味の邪魔をしないのも魅力の一つ。

「味はもちろん、香りもしっかり楽しみたい!」と考えている方にぜひおすすめしたい、香味豊かなアブサンです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:500 (ml)
  • アルコール度数:55 (度)
  • ホワイトアブサン:◯
  • 生産国:フランス

アブサンのおすすめ7. 赤屋根 アブサン クスシキ 2020

赤屋根 AKAYANE アブサン クスシキ 2020 55度 500ml
おすすめポイント
  • 日本で作られているアブサン。国産にこだわりたい方はこちら
  • 無肥料・無農薬で育てられたニガヨモギを使用。確かな品質で健康面も安心
  • 日本人向けに作られているため、海外産のものよりも好みに合う可能性が高い

『赤屋根 アブサン クスシキ』は、『不二才』や『角玉』といった芋焼酎を製造している鹿児島の蔵元『佐多宗二商店』が手掛ける国産のアブサンです。

使用しているニガヨモギは蔵が所有する畑にて、完全無肥料・無農薬で育てられたもの。また、紫外線によるダメージを防ぐため、薬用に使われる瓶を使用しているなど品質にこだわって作られています。

肝心な味は計45種のボタニカルを使用することにより、複雑な味わいに。

日本人による日本人のためのアブサン。海外産のアブサンよりも口に合う可能性が高いため、最初の一本に選ぶのにおすすめの銘柄です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:500 (ml)
  • アルコール度数:55 (度)
  • ホワイトアブサン:×
  • 生産国:日本

アブサンのおすすめ8. エクストリーム アブサントビターリファイン

エクストリーム アブサントビターリファイン [ リキュール 100ml ]
おすすめポイント
  • アクセントとして用いるためのアブサン。酒の味を変えたい時やお菓子作りの際に
  • 非常にドライな飲み口をしているため、甘い味わいが苦手な方にもGOOD
  • 水や炭酸飲料に加えるだけで簡単に美味しいカクテルを作れるので、宅飲みでも大活躍

『エクストリーム アブサントビターリファイン』はキャップ部分がスポイト式になっていることで、少量ずつ使用できるユニークなアブサンです。

甘味料を一切使っていないことで非常にドライな口当たりをしており、その上アルコール度数も70%と高め。

そのため、こちらはストレートやロックでそのまま飲むというよりかは、他のお酒やジュースにエッセンスとして加えたり、お菓子作りに用いたりするのにベスト。

いつも飲んでいる飲み物にアクセントを加えたい時・大人の味わいのお菓子を作りたい時に大活躍する、調味料的な立ち位置のアブサンです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:100 (ml)
  • アルコール度数:70 (度)
  • ホワイトアブサン:×
  • 生産国:フランス

アブサンのおすすめ9. ギウ ラ・ションヴリエール アブサン

ギウ ラ・ションヴリエール アブサン 54度 750ml [並行輸入品]
おすすめポイント
  • 原料に麻を使用しているアブサン。苦みと甘みが調和した贅沢な味わい
  • キュートなラベルデザインにより、インテリアとしても映える
  • 完成度が高いプレミアムな一本なので、アブサン好きの方へのプレゼントにもGOOD

『ラ・ションヴリエール』は、様々なアブサンを製造しているスイスの蒸留所『ギウ蒸留所』の主力商品の一つ。世界的なコンペイション『ワールド・スピリッツ・アワード2018』でゴールド受賞している実力派で、日本国内でも高い評価を得ています。

そんな本商品は原料に麻を使用しているのが最大の特徴。アブサン本来の苦みに麻由来の優しい甘みが見事に調和しており、贅沢な味わいを楽しめます。

やや価格が高めですが、その分格別の美味しさを誇る完成度が高い一本ですので、「いいアブサンを飲みたい!」と考えた時にどうぞ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:750 (ml)
  • アルコール度数:54 (度)
  • ホワイトアブサン:×
  • 生産国:スイス

アブサンのおすすめ10. アブサン(チェコ)

アブサン (チェコ) 70度 700ml [並行輸入品]
おすすめポイント
  • スパイシーな味わいが特徴のチェコ産アブサン。ガツンとした口当たりを求めている方に
  • 700mlで3,000円以下とお手頃価格でコスパ抜群
  • 綺麗なライトグリーンの色味により、簡単に綺麗なカクテルを作れる

チェコ共和国の『グリーン・ツリー蒸留所』が、古くから伝わるレシピを基に作り上げたアブサン。

こちらはスパイスが効いたニガヨモギの味わいが特徴で、そのテイストはまさにチェコ産ならでは。70%と高いアルコール度数も手伝って、ガツンとした口当たりを楽しめますよ。

また、鮮やかなライトグリーンの色味も大きな特徴で、ジュースなどで割ると綺麗なカクテルに仕上がるのも魅力の一つ。

価格もお手頃で手を出しやすいので、パンチが効いたスパイシーなアブサンをお探しの方はぜひ一度試してみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 内容量:700 (ml)
  • アルコール度数:70 (度)
  • ホワイトアブサン:×
  • 生産国:チェコ

今日の晩酌にぴったりな美味しいアブサンを見つけてみて。

薬草系のリキュールの一つであるアブサン。今ではそんなアブサンも多数存在するため、どの銘柄を選べばいいのか迷いますよね。

そんな方のために今回は、特におすすめな銘柄を一挙ご紹介してきました。アブサンに興味がある方はお伝えした特徴や魅力を参考にすることで、ぜひこの機会にお気に入りの一本を見つけてみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事