【タイプ別】鉛筆削りのおすすめ15選|子供も大人も使える便利なアイテムを比較

おすすめの鉛筆削りをお探しの方へ。今記事では、鉛筆削りを選ぶポイントから、おすすめの鉛筆削りまで詳しくご紹介します。手動はもちろん、素早く削れる電動タイプも解説するので、用途に合わせて、最適な商品をGETしてみてください!

鉛筆削りには、大きく3種類のタイプがある

鉛筆削り機のおすすめ

鉛筆や色鉛筆を削れる鉛筆削りは、勉強や仕事で鉛筆を使う方にとっては必要不可欠のアイテムです。鉛筆削りには大きく分けると電動式、手動式、携帯タイプの3種類があります。

ここでは、それぞれのタイプの特徴をご紹介します。


素早く削れる「電動式」の特徴とは

電動式の鉛筆削りは、鉛筆を挿すだけで素早く削れるのが魅力です。鉛筆を挿すだけで簡単に削れるので、鉛筆を使うことの多い子供のいるご家庭や、絵を描くのが好きな方、仕事で鉛筆を使うことの多い方など、鉛筆削りの使用頻度が高い方におすすめのタイプです。

電動式には、乾電池を使うタイプとコンセントに繋ぐコード式の2種類があります。いつも定位置で使いたい場合はコード式、リビング学習などで移動させて使いたい場合は電池式と、使用したいシーンに合わせて選びましょう。


長く使える「手動式」の特徴とは

手動式の鉛筆削りは、ハンドルをくるくる回して鉛筆を削ります。作りがシンプルなので故障が少なく、電動式のようにコンセントが必要だったり、電池を交換したりする必要はありません。

電動式の鉛筆削りよりも低価格の商品が多く、電池代や電気代のランニングコストもかからないので人気。また、リビング学習などで持ち運びして使いたい場合も、手動式が便利です。


筆箱に入る「携帯式」の特徴とは

携帯式の鉛筆削りは、筆箱やペンケースに入るコンパクトな鉛筆削りのこと。音が静かなので、勉強中や仕事中に素早く鉛筆を削りたい時に便利です。

図書館やカフェで勉強することの多い学生や、外回りの仕事の多い社会人の方は、電動式や手動式の鉛筆削りが使えない時のための補助の鉛筆削りとして用意しておくのがおすすめです。


鉛筆削りの選び方|購入する前に確認すべき点とは

「鉛筆削りなんてどれも似たようなもの」と思われがちですが、デザインや機能などの種類が豊富で一つに絞るのは難しいもの。

ここでは、鉛筆削りを購入する際にぜひ確認しておきたい、選び方のポイントをご紹介します。


鉛筆削りの選び方1. 使い分けしたい人は芯の太さが調節できるものを選ぶ

鉛筆を筆記用具として文字を書く時に使う場合と、デッサンや塗り絵など絵を描く時や色を塗る時に使う場合では、求められる芯の太さが異なります。

用途に合わせて芯の太さを調節したい場合は、筆記用なら鋭いシャープな芯、デッサンや色鉛筆なら鋭くなく丸みのある芯と、使い分けることができる鉛筆削りがおすすめです。

また、一般的な書き鉛筆は直径が6mmから8mmですが、絵描き用のデッサン鉛筆や色鉛筆では9mm以上のものもあります。書き鉛筆以外にも使用したい場合は、直径の太い鉛筆や軸全体が芯となっているやクーピーにも対応できる鉛筆削りを選ぶと良いでしょう。


鉛筆削りの選び方2. 子供も安心して使える機能や構造で選ぶ

子供のために鉛筆削りを購入する場合は、安全性に考慮した機能がついているかも確認したいところ。電動式の場合はオートストッパー機能やオーバーヒート防止機能付、手動式なら安定性の高いものや手指を挟まない構造のもの、携帯式なら刃がむき出しになっていないものなどがおすすめ。

鉛筆を削っている最中はもちろん、子供のいたずらや誤った使い方による不慮の事故を防いでくれる安全性に気を配ったデザインのものなら、小さなお子さんにも安心して使えますよ。


電動式の「オートストッパー機能」の特徴とは

ダストボックスを外すと鉛筆を削る刃の部分がむき出しになりますが、そのまま鉛筆削りが作動してしまうと、万が一子供が指や異物を入れてしまうと大変危険です。

オートストッパー機能とは、削りくずを貯めるダストボックスを外した時に鉛筆削りが作動しない安全機能のこと。オートストッパー機能がついていれば、刃がむき出しの状態では作動しないため安心です。


電動式の「オーバーヒート防止機能」の特徴とは

何本もの鉛筆を連続して削ったり、鉛筆を挿したまま放置したりすると、鉛筆削りが連続して作動してしまい、オーバーヒートする危険性があります。

オーバーヒート防止機能は、連続通電しモーターの温度が上がり過ぎるのを防ぐ機能のこと。オーバーヒートによってモーターが故障したり、最悪のケースでは火災の原因になったりすることを防げるため、あると安心な機能です。


手動式の「指をはさまさない構造」の特徴とは

手動式の鉛筆削りでは、鉛筆を固定するためにつまみが付いたデザインのものがあります。子供の指は大人の指よりも細いので、つまみ部分に指が挟まれてしまうことがあります。

子供の指でも入り込まないような構造になっていると、小さなお子さんでも手動式の鉛筆削りを安全に使うことができますよ。


【タイプ別】鉛筆削りのおすすめ15選|子供が安心して使える鉛筆削りとは?

鉛筆や色鉛筆を使う時に欠かせない鉛筆削りですが、種類が豊富なのでどの鉛筆削りを選ぶべきか迷ってしまいますよね。

ここからは、使いやすい人気の鉛筆削りをご紹介していきます。

鉛筆を使うことの多い小学生のお子さんのいる家庭や、仕事や趣味で鉛筆を頻繁に使う方は、ぜひ参考にしてみてください。


【電動式】鉛筆削りのおすすめ5選

鉛筆を素早く削れる電動式鉛筆削りは、鉛筆や色鉛筆の使用頻度の高い方や家族全員で共有したい時に最適のタイプです。電動式には乾電池を使うタイプとコード式の2タイプがありますが、使用頻度や設置したい場所を考慮して選ぶと良いでしょう。

ここでは、電動式の鉛筆削りで特におすすめの人気商品を厳選してご紹介します。


電動式のおすすめ1. ナカバヤシ 電動鉛筆削りき えんぴつタイプ

ナカバヤシ 電動鉛筆削りき えんぴつタイプ ブルー DPS-311KB
  • ブルー、ピンク、イエローの3色の鉛筆の形をしたデザインで、子供用の鉛筆削りにおすすめ
  • 無駄削り防止機能、安全オートストップ機能、オーバーヒート防止機能と、小さなお子さんでも安心して使える機能が豊富
  • 電源はACアダプターと電池の2通りから選べるので、どんな場所にも設置できる

「学校へ行く準備は自分で率先して行って欲しい」小学校入学準備で、子供が自分で率先して使いたくなるような鉛筆削りを探している親御さんも多いはず。

「ナカバヤシ」より、鉛筆の形をしたかわいらしい鉛筆削りです。上から鉛筆を差し込むだけで簡単に鉛筆が削れるから小さなお子さんでも使いやすく、無駄削りやオーバーヒートを防止する機能やオートストップ機能など、安全に使える機能も充実しています。

子供が喜んで使ってくれるかわいい鉛筆削りなので、お子さん用の安全で使いやすい鉛筆削りを探しているご家庭におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:19 × 12 × 10.4 (cm)
  • 重量:490g
  • 太さの調節:×
  • 安全機能:無駄削り防止機能、安全オートストップ機能、オーバーヒート防止機能
  • メーカー:ナカバヤシ

電動式のおすすめ2. 電動鉛筆削り スパイラル切削刃

電動鉛筆削り スパイラル切削刃 自動停止機能(6-8㎜) USB接続/乾電池利用可能 学校/職場/家対応(USBケーブルとACアダプター付属)
  • 縦型で置き場所を取らないので、デスクスペースが狭い方におすすめ
  • 鉛筆が削り終わったら自動的に停止するため、鉛筆が無駄に消耗するのを防げる
  • 折芯除去機能が付いており、折れた芯を取り除く手間が省ける

電動式の鉛筆削りは鉛筆を横に挿すタイプのデザインが多いですが、置き場所を取るのが困りますよね。

「Parake」の電動鉛筆削りは、スパイラル状の刃で素早く鉛筆を削る縦型タイプの鉛筆削り。直径約7.5cmとコンパクトなフットプリントで、パソコンの横や本棚など狭いスペースにも置きやすいですよ。

シンプルでコンパクトなデザインので、デスクスペースが狭い方やデスク周りをすっきりとまとめたい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:直径7.5 × 13 (cm)
  • 重量:ー
  • 太さの調節:×
  • 安全機能:加熱防止機能、無駄削り防止機能、折芯除去機能
  • メーカー:Parake

電動式のおすすめ3. アスカ 電動シャープナーDUO EPS600W

アスカ 電動シャープナーDUO ホワイト 色鉛筆対応 EPS600W
  • ハード挿入口は細い、普通、太いの3種類の芯先を調整できるので、使い人によって書きやすい芯先を選べる
  • スパイラル刃のハード挿入口と、シングル刃のソフト挿入口に分かれており、書き鉛筆と色鉛筆の両方に対応している
  • 大人用の鉛筆、小学生の子供の書き鉛筆、お絵描き用など、用途に合わせて使い分けしたい方におすすめ

色鉛筆を書き鉛筆用の鉛筆削りで削ると、色鉛筆の柔らかな芯が折れやすく刃の隙間に詰まってしまうことがありますよね。

「アスカ」の『電動シャープナーDUO』は、書き鉛筆用のハード挿入口と、色鉛筆用のソフト挿入口の2種類から選べるのが魅力。さらにハード挿入口では芯先を3通りで調節でき、鉛筆を使い始めた小さいお子さんには太目の芯先、大人が使うなら細目の芯先など、使いやすい芯先を選べます。

色鉛筆も電動で楽々削れるので、鉛筆の種類や用途に削り分けしたい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:11.7 × 16 × 10.9 (cm)
  • 重量:ー
  • 太さの調節:◯(3段階)
  • 安全機能:無駄削り防止機能、安全オートストップ機能、オーバーヒート防止機能
  • メーカー:アスカ

電動式のおすすめ4. ナカバヤシ PACATTO(パカット) 鉛筆削り 充電式

ナカバヤシ PACATTO(パカット) 鉛筆削り 充電式 ブラック 57719
  • ワンプッシュで底の蓋が開くので片手で削りくずを捨てられ、削りくずの始末を楽にしたい方におすすめ
  • 充電式で3~4時間使えるため、リビング学習の時に持ち運びできる
  • 自動引込、自動削り、自動戻りとフルオート式で、鉛筆に無理な力が加わらず折れ芯や無駄削りを防げる

ダストボックスに削りくずがいっぱい貯まってしまい、捨てる時に削りくずがこぼれて周囲を汚してしまったという経験がある方も多いはず。

「ナカバヤシ」の『パカット』は、引き出し式ではなく、ワンプッシュでダストボックス底蓋が開くデザインです。ゴミ箱までそのまま持っていて、片手でパカッと底蓋を開いて削りくずを直接捨てられるので、周囲を汚しませんよ。

鉛筆の削りくずの始末を簡単にできる鉛筆削りを探している方に、おすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:8.2 × 16 × 12.3 (cm)
  • 重量:455g
  • 太さの調節:◯(3段階)
  • 安全機能:全自動機能、自動折芯排出機能、オートストップ機能、オーバーヒート防止機能付
  • メーカー:ナカバヤシ

電動式のおすすめ5.Voulttom 電動鉛筆削り

Voulttom電動鉛筆削り えんぴつシャープナー 自動オフ 電動 小型 安全 子供 学校 オフィス事務用 (シルバーグレー)
  • 6~8mmは通常の鉛筆、9~12mmの太めの鉛筆と、どんな鉛筆にも対応できる
  • コンパクトな電池式の電動式鉛筆削りなので、リビング学習などで持ち運んで使いたい方におすすめ
  • 指が入らないガード付きなので、小さなお子さんがいる家庭でも安心

普通の鉛筆と太めの鉛筆の両方を使うことがある場合、両方削れる鉛筆削りでないと不便ですよね。

「Voulttom」の電動鉛筆削りは、乾電池式のコンパクトな鉛筆削り。6~8mmの削り穴と9~12mmの削り穴の2種類の削り穴を使い分けることができます。ホームオフィス、アトリエ、リビング、子供の部屋など、使いたい場所に移動させてどこでも作業できるのも魅力ですね。

デッサン用の鉛筆や色鉛筆など、いろいろな種類の鉛筆を使いたい人におすすめの鉛筆削りです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:7.5 × 7.5 × 7(cm)
  • 重量:160g
  • 太さの調節:×
  • 安全機能:安全ガード付き、オートストッパー機能
  • メーカー:Voulttom

【手動式】鉛筆削りのおすすめ5選

ハンドルをくるくる回して鉛筆が削れる手動式の鉛筆削りは、シンプルな構造なので故障しにくく置き場所も選ばないのが魅力。鉛筆削りをたまに使うという家庭や、リビング学習などで移動させて使いたいという方におすすめのタイプです。また、レトロなデザインなどおしゃれな鉛筆削りも多く、デザイン性重視の方にもぴったり。

ここからは、手動式の鉛筆削りのおすすめ商品を厳選してご紹介します。


手動式のおすすめ1. カール事務器 鉛筆削り

  • 美しいメタリックカラーのレトロなデザインで、長く愛用できる鉛筆削りを探している方におすすめ
  • 精度と耐久性の高い日本製の削り刃を使用しており、切れ味がシャープ
  • 芯先は0.5mmと0.9mm2段階の調節できる

値段の安い鉛筆削りを購入したら、刃の切れ味が悪かったりすぐに壊れてしまったり、と後悔させられた経験がある方も少なくないはず。

「カール事務器」の鉛筆削りは、日本製の高品質の削り刃を使用した人気商品。丈夫な板金製のボディは綺麗なメタリックカラーで、昔ながらの機能性重視のデザインが魅力です。鉛筆が美しく削れて丈夫だから、何年も愛用できますよ。

品質が確かで長く愛用し続けられる鉛筆削りを探している方は、ぜひ「カール事務器」の鉛筆削りを試してみて。

公式サイトで見る


商品ステータス
  • サイズ:7.5 × 12 × 13.2 (cm)
  • 重量:484g
  • 太さの調節:◯(2段階)
  • 安全機能:ー
  • メーカー:カール事務器

手動式のおすすめ2. 三菱鉛筆 鉛筆削り KH-20

三菱鉛筆 鉛筆削り KH-20 手動式 黒 KH20.24
  • ノック式芯調節で好みの削り方に調節できる
  • 安定感が高く大きなハンドルがスムーズに回転するので、子供でも使いやすい
  • オールブラックの飽きのこないシンプルなデザインなので、小学生から大人まで長く使い続けられる

子供用に鉛筆削りを買う時に、あまり子供っぽいデザインのものを選んでしまうと中学や高校になると部屋の趣味に合わなくなってしまうことがあります。

「三菱鉛筆」のこちらの鉛筆削りは、黒を基調にしたシンプルな手動式。どっしりと安定感のあるデザインでハンドルも大きく子供でも使いやすくなっています。飽きの来ないデザインだから、子供が成長しても長く使い続けられますよね。

小学生から大人までずっと愛用できる鉛筆削りとして、長く使えるものを選びたい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:8.6 × 13 × 13.1 (cm)
  • 重量:310g
  • 太さの調節:◯(2段階)
  • 安全機能:ノック式芯調節機構付、クランプ(固定用金具取付可能)
  • メーカー:三菱鉛筆

手動式のおすすめ3. ダルトン SHARPENER 117-331 オリーブドラブ

手動式鉛筆削り器 ダルトン SHARPENER 117-331 オリーブドラブ
  • 重厚感のあるヴィンテージなデザインで、おしゃれな鉛筆削りを探している方に最適
  • 作業台に固定できるので、木製の机や製図台の上にしっかり固定して使用できる
  • ステンレス、アルミニウム、木製ハンドルの異素材使いがかっこいい

イラストやデザイン画をしたりするのが好きな方は、創造力が刺激されるようなおしゃれな鉛筆削りを選びたいですよね。

「ダルトン」の『シャープナー』は、ヴィンテージ風のおしゃれな手動式鉛筆削り器です。製図台に固定できるベースデザインや、鉛筆をしっかり取られる挿し込み口など、使い勝手も大変よく、創作活動をしっかりサポートしてくれますよ。

作業デスクの上にあるだけで存在感を発揮するので、機能性はもちろんデザイン性にもこだわりたい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:7.5 × 12 × 12.3 (cm)
  • 重量:ー
  • 太さの調節:×
  • 安全機能:ー
  • メーカー:ダルトン

手動式のおすすめ4. ソニック 鉛筆削り 手動鉛筆削り かるハーフ 青 SK-

ソニック 鉛筆削り 手動鉛筆削り かるハーフ 青 SK-802-B
  • アシストギアを採用しているので、従来の半分の力でハンドルが回せる
  • ダストボックスにはロックが付いているので、使用中や移動時に外れてしまう心配がない
  • 小さな子でも使いやすいデザインなので、幼稚園生や小学校低学年の子用の手動式を探している方におすすめ

手動式の鉛筆削りは、まだ手の力が弱い小学校低学年ぐらいの子はハンドルを回すのが大変なことがありますよね。

「ソニック」の『かるハーフ』は、通常の手動式に比べるとハンドルを回す力が半分で済むのが特徴です。本体に握りやすいくぼみもついており、幼稚園生や小学校に入学したばかりの子供でも、一人で楽々鉛筆が削れますよ。

小さな子供が自分で鉛筆を削れる手動式を探している方は、ぜひ「ソニック」の鉛筆削りを選んでみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:14 × 12.3 × 7.8 (cm)
  • 重量:272.16g
  • 太さの調節:◯(段階)
  • 安全機能:ロック、無駄削り防止機能
  • メーカー:ソニック

手動式のおすすめ5. アスカ 鉛筆削り デッサンメイト

アスカ 鉛筆削り デッサンメイト PSL123 芯先最大19mm 調整機構付き
  • 芯先を約0.9~1.6mmまで7段階で調整でき、デッサンをすることの多いアーティストやデザイナーの方におすすめ
  • 新品の鉛筆も約8秒で素早く削ることができる
  • シンプルで落ち着いた雰囲気のマットブラックの鉛筆削りでおしゃれ

絵を描く時は、文字を描く時よりも鉛筆の芯先が長めを好む方が多いですよね。

「アスカ」の『デッサンメイト』は、芯先を0.9cmから1.6cmまで7段階で調整できるのが魅力の鉛筆削り。用途に合わせてベストな長さを選べるから、デッサンやスケッチで使う鉛筆を削るのにぴったり。マットブラックのスリムでシンプルなデザインも素敵で、アトリエに欠かせない存在となるでしょう。

デッサンやスケッチをすることの多い、アーティストや美大生の方におすすめしたい商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:14.1 × 6.3 × 14 (cm)
  • 重量:g
  • 太さの調節:◯(7段階)
  • 安全機能:無駄削り防止
  • メーカー:アスカ

【携帯式】鉛筆削りのおすすめ5選

外出先で素早く鉛筆を削りたい時に活躍する携帯式の鉛筆削り。鉛筆を削る音も静かだから、周囲の人に迷惑をかけないのも魅力です。図書館やカフェで勉強することの多い学生や外回りの仕事が多い社会人の方は、ペンケースに常備しておくと必要な時にさっと取り出して使えるので便利ですよ。

ここでは、持ち運びに便利な携帯用鉛筆削りの中で人気のおすすめ商品をご紹介します。


携帯式のおすすめ1. クツワ STAD 鉛筆削り ケズール RS018PK

クツワ STAD 鉛筆削り ケズール RS018PK ピンク
  • 芯の長さをダイヤルを回すだけで5段階に調節できて便利
  • 芯が折れてしまったらワンプッシュクリーナー機能で分解せずに芯を取り除ける
  • スライド式シャッターなので削りくずがこぼれず、ペンケースを汚したくない方におすすめ

携帯式の鉛筆削りから削りくずがこぼれてしまい、ペンケースが汚れてしまったという経験がある方も少なくないはず。

「クツワ」の『ケズール』は、削りくずがこぼれないようにスライド式シャッターが付いています。折れた芯を自動的に押し出すワンプッシュクリーナー機能や、芯先の長さを調節する機能など、小型ながら機能も充実していますよ。

ペンケースを汚さずに便利に使える小型鉛筆削りなので、鉛筆削りを常に携帯していたい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:4.6 × 2.2 × 5 (cm)
  • 重量:9g
  • 太さの調節:◯(5段階)
  • 安全機能:スライド式シャッター
  • メーカー:クツワ

携帯式のおすすめ2. 中島重久堂 鉛筆削り 531S

  • 電動鉛筆削りのように切れ味がよく鋭角に削れる
  • クリアケースのシンプルでおしゃれなデザインで飽きがこない
  • 電動式や手動式の鉛筆削りに比べると静かなので、周囲の人に迷惑にならない鉛筆削りを探している方におすすめ

オフィスで鉛筆を使う時、周囲の人が電話をしていたり接客をしていたりすると、音のうるさい電動式や手動式の鉛筆削りは使いにくいことがありますよね。

「中島重久堂」の鉛筆削りは、クリアケースの大人っぽいシンプルなデザインの鉛筆削り。重さわずか13.6の超軽量ですが、電動式鉛筆削りのようにシャープに鉛筆が削れます。

小型ながら切れ味抜群なので、音を気にせずに素早く鉛筆が削れる鉛筆削りを探している方にイチオシです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:2.3 × 3 × 3.8 (cm)
  • 重量:13.6g
  • 太さの調節:×
  • 安全機能:ー
  • メーカー:中島重久堂

携帯式のおすすめ3.ファーバーカステル 鉛筆削り(角型) TFC-182797-2 ブルー

ファーバーカステル 鉛筆削り(角型) TFC-182797-2 ブルー
  • 標準用と太軸用の2種類の削り穴があり、太軸の色鉛筆やクーピーも削れる2つ目の鉛筆削りが欲しい方におすすめ
  • 削りくずがこぼれにくいデザインなのでペンケースを汚さない
  • コンパクトサイズなので、デスクでの使用はもちろん持ち歩きに便利

一般の書き鉛筆に対応した鉛筆削りは持っているけれど、クーピーや太軸の色鉛筆には使えなくて困っている方も多いはず。

ドイツの人気筆記具ブランド「ファーバーカステル」の鉛筆削りは、標準用と太軸用の2種類の削り穴付き。いろいろな軸の太さの鉛筆や色鉛筆が削れるので自宅や職場で2つ目の鉛筆削りとしての使用はもちろん、屋外スケッチの時などの携帯用としても活躍しますよ。

太軸の鉛筆に対応できる小型の鉛筆削りを探している方には、「ファーバーカステル」の鉛筆削りがおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:3.3 × 7.1 × 2.2 (cm)
  • 重量:20g
  • 太さの調節:×
  • 安全機能:ー
  • メーカー:ファーバーカステル

携帯式のおすすめ4. ブラックウィング 鉛筆削り ワンステップシャープナー

ブラックウィング 鉛筆削り ワンステップシャープナー ブラック 105115
  • スチールブレードと高耐久アルミニウム製で、耐久性に優れており長く使い続けられる
  • 絶妙に湾曲したラインで折れにくい芯先を作り出すので、鉛筆の芯が折れやすい方におすすめ
  • 手のひらに収まるコンパクトなサイズなので携帯用として便利

筆圧が高くて力強い文字を書く人は、鋭く削った鉛筆では芯先を折ってしまうことも多いですよね。

「ブラックウィング」の『ワンステップシャープナー』は、湾曲したスチールブレードが折れにくい芯先を作る革新的な鉛筆削り。ボディはクールなブラックのアルミニウム製で、おしゃれな上に耐久性も抜群です。

シャープな芯先でも折れにくいと好評の鉛筆削りなので、鉛筆の芯をいつも折ってしまうという方は使ってみて。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:10.8 × 7 × 3.8 (cm)
  • 重量:80g
  • 太さの調節:×
  • 安全機能:ー
  • メーカー:ブラックウィング

携帯式のおすすめ5. KUM 鉛筆削り 芯研器 AS2M

レイメイ藤井 鉛筆削り 芯研器 KUM AS2M オートマチック KM113
  • 2種類の鉛筆削りと2種類の芯研器の合わせて4種類の刃が入っており、鉛筆と芯ホルダーの両方を使う方に最適
  • 鉛筆削りでは芯削りと木軸削りの二通りの削り方ができる
  • 精度の高い刃を使用しているので、切れ味がシャープ

鉛筆と芯ホルダーの両方を使うことがある方は、鉛筆削りと芯研器の両方を携帯するのは荷物になりますよね。

「KUM」のこちらの鉛筆削りは、2種類の鉛筆削り穴と2種類の芯研器の4通りで使えるハンディな鉛筆削りです。鉛筆削りは芯先用と木軸用の2つの削り穴があり、書き鉛筆と絵描き用鉛筆の両方に対応。芯研器は2mmと3.15mmに対応しています。

鉛筆も芯ホルダーも両方とも外出先で削れるので、建築家やデザイナーなど製図をすることの多い方に最適です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • サイズ:6.6 × 3.2 × 2.7 (cm)
  • 重量:ー
  • 太さの調節:◯(2段階)
  • 安全機能:ー
  • メーカー:KUM

用途に合う便利な鉛筆削りを見つけてみて。

勉強、趣味、仕事などで鉛筆を使うことがある方には必要不可欠な鉛筆削り。種類が豊富なので、どの鉛筆削りを選べば良いのか悩んでしまいますよね。

今回ご紹介した電動式、手動式、携帯式の鉛筆削りは、どれも使い勝手の良い人気商品ばかり。

小学生のお子さん用に鉛筆削りを探している方も、仕事や趣味で使う鉛筆削りを探している方も、ぜひ参考にしてくださいね。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事