ランニングマシンの効果的な使い方|外ランニングにはないメリットとは?

ランニングマシンの効果を知りたい方へ。今回は、ランニングマシンを使うメリットを外ランニングとの違いを絡めて解説。さらに、ランニングマシンの効果的な使い方や、トレーニングを続ける方法も紹介します。ランニングマシンにしかないメリットを知って、ぜひトレーニングに取り入れてみてくださいね。

ランニングマシンの効果|外ランニングとの違いとは?

ランニングマシンの効果.jpg

年齢や性別を問わず、誰でも気軽に挑戦できるランニングマシンを使ったトレーニング。

ランニングマシンを使ったことがある人は多いと思いますが、外でのランニングと比べて効果があるのか気になるという人もいるでしょう。

そこでここからは、ランニングマシンの効果や外ランニングとの違いについて解説していきます。

外でのランニングにはないランニングマシンのメリットを知りたい人は、ぜひご覧ください。


ランニングマシンの効果1. 走る速度を安定させられる

ランニングマシンの効果_走る速度を安定させられる.jpg

脂肪燃焼や体力アップを目的にランニングをする場合、正しいペース配分で走ることは重要な要素となります。しかし、実際は外でランニングしていると信号待ちがあったり、他の人に道を譲ったりして一定のペースで走るのは難しいもの。

一方、ランニングマシンであれば外的要因に左右されず定められた速度に合わせて走るため、常に一定のペースをキープすることが可能となります。

日々のトレーニングでペースを守って走ることで、持久力を上げることや効率良くダイエットすることに繋がりますよ。


ランニングマシンの効果2. 雨の日でも走れる

外でランニングをする人を悩ませるのが天候の問題。せっかくランニングを日課にしていても、雨の日が続いてしまったことで辞めてしまったという人は多いでしょう。

その点、室内で走れるランニングマシンなら天候を気にせずトレーニングできるため、自分が走りたい時はいつでも走れるという大きなメリットがあります。

梅雨の時期や雪の季節でも問題なくランニングできるため、モチベーションを保ちやすく長続きさせられますよ。継続して運動することで、ダイエットや体力アップの効果も期待できるでしょう。


ランニングマシンの効果3. 距離、時間、心拍数を正確に測れる

ランニングマシンの効果_距離・時間・心拍数を正確に測れる.jpg

特別な道具や機器を用意せずとも行える外でのランニングですが、ただなんとなく走っているだけでは運動効果を高めることはできません。

トレーニングの効率を上げるには、走行距離や時間、消費カロリーなどを考慮して自分に合ったメニューを組む必要があります。しかし、これらを自分で測定するのは簡単ではないでしょう。

一方、ランニングマシンは設定さえしてしまえば上記の項目を簡単かつ正確に測ることが可能です。また、心拍数を測れるものも多いため、運動中の体調管理がしやすいという点も大きなメリットであると言えます。


ランニングマシンの効果4. 怪我のリスクが低い

外でランニングをする際のデメリットになるのが、怪我のリスクが生じてしまうこと。場所によっては舗装されていない道や段差が多い所などがあるため、運動に慣れていないと転んだり足を踏み外したりしてしまう可能性があります。

その点、室内で行うランニングマシンだと、このような心配をする必要は全くありません。

また、ランニングマシンのベルトはアスファルトと比べると硬さにかなりの違いがあり、クッション性があって足腰への負担になりにくいという特徴もあります。

膝や腰を痛めたり足にマメができたりするのを防げるので、終始安心してトレーニングできますよ。


ランニングマシンの効果5. 傾斜角度を変えて負荷を自由に調整できる

ランニングマシンの効果_傾斜角度を変えて負荷を調整できる.jpg

ランニングに慣れている人の中には、坂道などの傾斜がある場所でトレーニングをしたいという人もいるでしょう。

しかし、外でランニングする場合、傾斜のある道で走り続けたければ、坂道を行ったり来たりしなくてはいけないというデメリットがあります。

一方、ランニングマシンであればボタン一つで傾斜を自由に設定できるため、自分が走りたい角度でいつまでも走ることが可能

傾斜を上げるのも下げるのも自分次第なので、自分の体力や目的にあったトレーニングをすることができる点は大きな魅力でしょう。


ランニングマシンの効果的な使い方|トレッドミルを使ったトレーニング方法とは?

ランニングマシンを使った効果的な方法.jpg

屋内でしっかりとした運動ができるランニングマシン。トレッドミルと呼ばれることもあり、脂肪燃焼や持久力の強化を効率良く行えるため、スポーツ初心者から上級者まで様々な人に利用されています。

しかし、ただベルトの上を走っているだけになると、その性能を存分に活かせない可能性があるのも事実。そこでここからは、ランニングマシンを使ったおすすめのトレーニング方法を紹介していきます。

運動能力を高めたい人はもちろん、ダイエット目的の人もぜひ参考にしてくださいね。


ランニングマシンを使ったトレーニング方法1. ペース走トレーニング

ランニングマシンを使った効果的な方法_ペース走トレーニング.jpg

ペース走は、その名の通り一定のペースで一定の距離を走るトレーニングのことで、ペースをコントロールしやすいランニングマシンにぴったりのトレーニング方法です。

マラソンのトレーニングとして用いられることが多く、ペース感覚を体に覚えさせたり目標ペースを上回るための練習として最適。

本格的なアスリートのためだけのトレーニング法だと思われがちですが、持久力を高めたり心肺機能をあげたりする効果があるため、健康維持を目的にする人にもおすすめですよ。また、疲れにくい体にするという効果もあります。


ランニングマシンを使ったトレーニング方法2. インターバルトレーニング

ランニングマシンを使った効果的な方法_インターバルトレーニング.jpg

インターバルトレーニングは、「自分をもっと追い込みたい」という人におすすめのトレーニング方法です。自分の限界に近い速度までマシンの速さを上げ、一定距離を走ったら短い休憩を入れるという流れを何度か繰り返します

身体的にかなりキツいトレーニングですが、その効果は絶大で、最大酸素摂取量や筋肉量の増加が期待できます。「効率良く身体能力を上げたい」という人はぜひ一度取り組んでみてください。

また、常に集中して自分の限界に挑戦するトレーニング法なので、ゆったりとしたトレーニングだと飽きやすいという人にもおすすめですよ。


ランニングマシンを使ったトレーニング方法3. 坂道ダッシュトレーニング

ランニングマシンを使った効果的な方法_坂道ダッシュトレーニング.jpg

脚力や心肺機能の強化に最適な坂道ダッシュトレーニングは、ランニングマシンで運動するならぜひ取り入れてみてほしいトレーニング法です。

基本的には傾斜をつけ坂道をダッシュするような感覚で走り込みますが、初心者のうちはゆっくりとしたペースから始めても問題はありません。

慣れてきたらだんだんペースを上げるようにすると、股関節周りの筋肉強化や心肺機能を高めることにつながるでしょう。

また、全身の脂肪燃焼に効果的と言われているお尻の筋肉を鍛える運動でもあるので、ダイエット効果を高めたい人にもおすすめのトレーニング法です。


ランニングマシントレーニングを続けるコツ|楽しく走り続けるポイントとは?

ランニングマシントレーニングを続けるコツ.jpg

天候に左右されず、自分の能力や目的に合わせて有酸素運動ができるランニングマシン。しかし景色が変わらず動きが単調なため、トレーニングに飽きやすいというデメリットがあるのも事実です。

そこでここからは、ランニングマシンでのトレーニングを楽しく続けられるコツを紹介していきます。

トレーニングをなかなか継続させられないという人はぜひ参考にしてください。


ランニングマシントレーニングを続けるコツ1. 好きな音楽を聴いて走る

ランニングマシントレーニングを続けるコツ_好きな音楽を聴いて走る.jpg

同じ動き、同じ景色で退屈に感じてしまうことのあるランニングマシンでのトレーニング。そんな時は、自分の好きな音楽を聴きながら運動してみましょう。

楽しい雰囲気の曲やアップテンポの曲を聞きながら行うと、単調な有酸素運動でもリズムに乗って楽しくこなせますよ

また、自分が走るペースに近いテンポの音楽を聞くことで、辛くなってきてもペースを保ちながら走れるというメリットもあります。

自分好みの音楽でランニング用のプレイリストを作り、変化のないトレーニングでも飽きないように工夫してみましょう。


ランニングマシントレーニングを続けるコツ2. 映画やドラマなどをみながら走る

一人で行うランニングマシンでのトレーニングは、なかなか長時間続けるのは難しいもの。そこで、映画やドラマなど、自分の好きな映像を見ながら走ってみましょう。

ほとんどのランニングマシンがスマートフォンやタブレットを前方に置けるようになっているので、予め映画などをダウンロードしておけば手軽に映像をみながら走ることができます。

また、ジムのマシンなどはテレビが取り付けられているものも多いですよ。

ドラマや映画は基本的に1時間以上のものが多いので、みながら有酸素運動を行えばかなりの運動効果を期待できるでしょう。


ランニングマシントレーニングを続けるコツ3. 負荷は上げすぎずに取り組む

ランニングマシントレーニングを続けるコツ_負荷を上げすぎずに取り組む.jpg

ランニングマシンで運動する人の中には、早く運動効果を出すために最初から負荷を強めにして取り組む人もいるでしょう。

しかし、ランニング初心者のうちから自分の体力以上の負荷をかけてしまうと、トレーニングを辛く感じやすく、すぐにバテてしまうためおすすめできません

普段運動していない場合はゆっくりなペースで傾斜をかけずにやっても案外疲れるものです。長期間続けるためにも、最初からキツすぎるトレーニングをするのではなく、慣れるにつれて少しずつ負荷を上げていくようにしましょう。


ランニングマシンを使って、スムーズに体を絞りましょう!

天候に左右されたり怪我をしたりする可能性が少ないことから、気軽に取り組むことができるランニングマシンでのトレーニング。その運動効果は絶大で、正しい方法で取り組めば脂肪燃焼や持久力アップの効果が期待できます。

「ずっと室内で運動していると飽きてしまいそう...」と心配してしまう人もいるかもしれませんが、音楽を聴いたり映像をみたりしながら運動すると、意外と継続することができますよ。

自分の体力や目的にあった使い方で、楽しみながらトレーニングに取り組んでみましょう。


【参考記事】家庭用ランニングマシンのおすすめ集をチェック!▽

【参考記事】ランニングダイエットの効果的なやり方とは?▽

【参考記事】ダイエット目的ならランニング✕筋トレがおすすめ!

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事