読書記録アプリのおすすめ8選|読んだ本を手軽に管理できる人気ツールとは?

読書記録を残せるおすすめのアプリをお探しの方へ。今記事では、読書記録アプリを選ぶポイントから、おすすめのアプリまで詳しくご紹介します。読んだ後の感想を記録できるアプリも解説するので、読書家の方はぜひ参考にしてみてください!

読書記録アプリの選び方|ダウンロードする前に確認すべき点とは

読書記録アプリの選び方

読書記録アプリには数多くの種類がありますので、何を選んでいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこでここからは、読書記録アプリの選び方を解説していきます。

どこに注目して選ぶと満足できるアプリをダウンロードできるのかチェックしてみてください。


読書記録アプリの選び方1. 本を読む機会が多い人は読みたい、購入検討、読了などステータス記録ができるアプリを選ぶ

ステータスが記録できないアプリを選んでしまうと、たくさんの本を買ったり借りたりした時に本の管理がしづらいことがあります。

今出ている読書管理アプリには、「読みたい本」「読んでいる本」「買った本」をステータス分けできるものが多いです。中には「積読」「読了」「購入検討」などユニークなステータスが用意されているものもあります。

より分かりやすく本や本棚を整理したい方、多数の本も管理したい方は、こうしたアプリを選ぶと便利ですよ。


読書記録アプリの選び方2. どんな内容だったか覚えておきたい人はメモ機能付きのアプリがおすすめ

特に内容を覚えておきたいビジネス書をよく読むという人にとっては、しっかりとメモを取って本の内容を記憶したいという方は多いはず。

多くの読者管理アプリにはメモ機能がついています。アプリによってはEvernoteやTwitterなどで他の人と共有できるものや、自分のためだけの非公開のメモを作れるものもあります。

SNSなどで共有したいのか、自分の勉強用でいいのかで選ぶアプリが変わってきます。用途を決めてアプリを選ぶと良いでしょう。


読書記録アプリの選び方3. 購入した本の登録の手間を省きたい人はバーコード検索ができるアプリを選ぶ

読書管理アプリには本の登録が必須なので、その登録に手間がかかるのは大きなストレスになること間違いなしです。

読書管理アプリにおける本の検索方法は様々で、

  • 本に付いているバーコードをスマホで撮って検索
  • キーワード検索
  • ISBN(国際標準図書番号)を認識して検索

などがあります。

もちろん全て使えるに越したことはないですが、手間を省きたいならバーコード検索があるものがおすすめです。


読書記録アプリの選び方4. 無料で使えるアプリか課金して使うアプリかで選ぶ

読書管理アプリは一度使い始めると長い付き合いになるものです。無料で始めたはずなのに、後で必要な機能が足りないとなると課金しないといけなくなるかもしれません。

読書管理アプリの多くは無料で使えますが、課金することで登録できる本の冊数が増えたり、無料版にありがちな広告が消えたりします。

多くのアプリは公式サイトにどこまでが無料、どこからが有料かが書いてあるので、自分の必要な機能に照らし合わせて選ぶと安心ですよ。


読書記録アプリのおすすめ8選|読んだ本を管理できる便利アプリ集

ここからは、読書記録を付けるのに役立つおすすめアプリをご紹介します。

ステータス機能が充実しているものや、とにかくシンプルなもの、iPadやiPhoneなどのiOSやAndroidどちらでも使えるものなど人気のあるアプリばかり。

ぜひ参考にして、あなたに最適な読書記録アプリを選んでみてくださいね。


読書記録アプリ1. 読書管理ブクログ

読書管理ブクログ_-_本棚_読書記録.jpg

出典:apps.apple.com

  • 自分の読書ステータスに応じて本を分けて登録できるから管理がしやすい
  • ランキングや新刊情報があるため、話題の本が簡単に見つかる
  • ニックネームだけで登録できるので、気軽に始めることができる

たくさん本を読んでいると、どれを読んでどれを読んでいないのか忘れてしまうことってありますよね。

ブクログなら、「読みたい」「いま読んでいる」「積読」「読み終わった」の4つに分けて登録できるので、自分の読書状況が一目瞭然。また、メールアドレスや電話番号がいらず、ニックネームだけで登録できる手軽さもあります。

「読みたい、読んだ本がたくさんあって自分の読書状況がわからなくなることがある」という方は、ぜひ選んでみてくださいね。

iPhoneユーザーはこちら

Androidユーザーはこちら


商品ステータス

  • 料金:無料
  • ステータス管理:◯(読みたい/いま読んでいる/積読/読み終わった)
  • メモ機能:◯
  • バーコード検索:◯
  • 対応OS:iOS/Android

読書記録アプリ2. 読書メーター

読書メーター_.jpg

出典:apps.apple.com

  • 相性機能があるから、自分に合う本を新しく見つけやすい
  • 読んだ冊数やページ数をグラフ化してくれるので読書のモチベーションが上がる
  • コメント機能があるため、より趣味の近い読書家さんと交流できる

「自分の趣味に合った本がなかなか見つからない。」特にネットで本を探す方は立ち読みができないことが多いので、買っても趣味に合わなかったという経験をされた方も多いはず。

読書メーターの「相性機能」なら、自分の読んだ本の情報を元に、他の読書家さんとの相性度と、その読書家さんが最近読んだ本を知れます

相性度が高い読書家さんとは趣味が似ていることが多いので、自分に合う新しい本を見つけやすくなりますよ。

自分がハマりそうな本を読み続けたい人は、ぜひ使ってみてください。

iPhoneユーザーはこちら

Androidユーザーはこちら


商品ステータス

  • 料金:無料
  • ステータス管理:◯(読みたい本/積読本/読んでる本/読んだ本)
  • メモ機能:✕
  • バーコード検索:◯
  • 対応OS:iOS/Android

読書記録アプリ3. 読書管理ビブリア

読書管理ビブリア.jpg

出典:apps.apple.com

  • 機能が必要最低限に絞られているので、シンプルで使いやすい
  • SNS機能が付いているため、面白かった本を友達に共有できる
  • 感想入力画面に日付やページ番号の入力補助があるからスムーズに書ける

本の感想をまとめられる読書管理アプリを探している方もいるでしょう。

読書管理ビブリアは、メモ機能が搭載しており、「どんな本だったか?」「どこが面白かったのか?」など自分の読書感想を残しておけます。また、SNSに共有できる機能もあるため、友達におすすめしたりできますよ。

本を読んで感じたことをメモに残したいおきたい方は、ぜひ使ってみてくださいね。

iPhoneユーザーはこちら


商品ステータス

  • 料金:無料
  • ステータス管理: ✕
  • メモ機能:◯
  • バーコード検索:◯
  • 対応OS:iOS

読書記録アプリ4. Readee

Readee.jpg

出典:apps.apple.com

  • 楽天ブックスの購入履歴との連携、データのバックアップができるので、楽天ユーザーの方におすすめ
  • バーコードを読み取って本を登録できるから、手間ががからない
  • 自分で好きなように本棚を設定できるため、管理がしやすい

読書管理はしたいけど、いちいち登録しなきゃいけないのはめんどくさいもの。本を読める時間は限られているので、できるだけ入力に手間をかけたくないというのが本音ですよね。

楽天が提供している『Readee』は、楽天ユーザーさんに便利なアプリ。楽天ブックスと連携すれば、購入した本をそのまま本棚に登録してくれます。もちろん電子書籍も登録可能。

「登録に時間をかけずに読書記録をつけたい。」そんな楽天ユーザーさんはReadeeを使って読書管理を始めてみてはいかがでしょうか。

iPhoneユーザーはこちら

Androidユーザーはこちら


商品ステータス

  • 料金:無料
  • ステータス管理:◯(読みたい/未読/読書中/既読)
  • メモ機能:◯
  • バーコード検索:◯
  • 対応OS:iOS/Android

読書記録アプリ5. My読書ノート

My読書ノート_.jpg

出典:apps.apple.com

  • 登録した図書館の蔵書状況が一括で確認ができるので、図書館をよく利用する方に人気
  • 借りた本の返却日のリマインダー機能がついているから、本を返し忘れることが無くなる
  • 読書目標は月ごとにグラフ化されるので、達成度が確認しやすい

図書館は本がたくさんあって楽しいですよね。でも毎回読みたい本があるかどうかが分からないのが難しいところ。

『My読書ノート』は近くの図書館を複数登録でき、そこに読みたい本があるかどうかを一括で確認できるため、「行ったけど探している本が無かった…。」を防いでくれます。さらに、借りた本の返却日を通知してくれるので、返し忘れも起こりません。

本はもっぱら図書館で借りているという方におすすめです。

iPhoneユーザーはこちら


商品ステータス

  • 料金:無料 or 無料(アプリ内課金あり) or ○円
  • ステータス管理:◯(借りた/買った/読みたい)
  • メモ機能:◯
  • バーコード検索:◯
  • 対応OS:iOS

読書記録アプリ6. ミーテ -絵本読み聞かせ記録アプリ-

ミーテ_-絵本読み聞かせ記録アプリ-.jpg

出典:apps.apple.com

  • ふりかえり機能があるので、読んだ絵本を通した子どもの成長がひと目でわかる
  • 記録はPDFで印刷ができるから、スクラップとして思い出に残すことも
  • 他の親がよく読んでいる本を参考に絵本探しができるので、絵本選びに困らない

子どもの成長記録として、絵本の読書記録をつけたいという親も増えていますよね。

ミーテは子供塾「くもん」が運営する読書記録アプリ。カレンダーなどで昔の記録を振り返られる「ふりかえり機能」があるので、読んだ絵本を通して子どもの成長がひと目でよく分かります。記録はPDFで保存・印刷ができるので思い出として残すことも。

小さいお子さんとの思い出を1つでも多く作りたいという親御さんにおすすめのアプリです。

iPhoneユーザーはこちら

Androidユーザーはこちら


商品ステータス

  • 料金:無料
  • ステータス管理:✕
  • メモ機能:◯
  • バーコード検索:◯
  • 対応OS:iOS/Android

読書記録アプリ7. Bookly

Bookly_-_Read_More_Books_.jpg

出典:apps.apple.com

  • 自分の本の読み方を可視化してくれるので、しっかり読書計画を立てたい人におすすめ
  • iPhone、iPadなどのiOS 、Android両方に対応しているので、すぐに使い始められる
  • 本を読んだ感想をページ番号とともに記録できるので、読み返しがしやすい

図書館で本を借りる時、多く借りすぎて読めずに返した経験はありませんか。

『Bookly』は、自分が1日にどれくらいの時間本を読んでいるか、1時間にどれくらいのページ数を読んでいるか等の記録をリアルタイムで記録してくれます。

どれくらいのペースで読んでいるかが可視化されるので、今後の読書計画に役立てることができるでしょう。

計画的に本を借りたいなら、まずはBooklyを使って自分の読書ペースを知ることから初めてみましょう。

iPhoneユーザーはこちら

Androidユーザーはこちら


商品ステータス

  • 料金: 無料(アプリ内課金あり)
  • ステータス管理:◯(読んだことがある/読みかけ)
  • メモ機能:◯
  • バーコード検索:✕
  • 対応OS:iOS/Android

読書記録アプリ8. 本のアプリStand

美しい読書管理_Yomoo_シンプル_簡単に読書を記録.jpg

出典:apps.apple.com

  • SNSのような読書記録アプリなので本を通して人と交流したい人に最適
  • バーコードで本の登録ができるから手間がかからない
  • 試し読みができるので中身をチェックしてから購入できる

同じ本を読んでも感じ方は人それぞれ。同じ本を読んだ他の人はどんな風に感じているか気になりますよね。

『本のアプリStand』は、他の人が何を読んでいるか、どんなレビューを書いているか等を見れるSNSようなアプリです。本を通して様々な人と繋がれるので、おすすめの本を紹介し合ったりもできます。

また、事前に本の1部を読める「試し読み」ができるのもこのアプリ独自の特徴です。

自分と同じ本を読んで、どんな解釈を持つ人がいるのか気になる人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

iPhoneユーザーはこちら

Androidユーザーはこちら


商品ステータス

  • 料金:無料
  • ステータス管理:◯(読みたい/読んでいる/読了)
  • メモ機能:◯
  • バーコード検索:◯
  • 対応OS:iOS/Android

読書記録アプリは読書家に必須。ぜひ自分に合った使いやすいアプリを選んでみて!

子供の絵本の記録に特化したものや、SNS機能を搭載したもの、最低限の機能に絞ったとにかくシンプルなものなどバラエティ豊かにご紹介しました。

読書記録は手書きでもできますが、冊数が増えてくると「面倒くさいなぁ」と億劫になりがち。

ぜひこの記事を参考にして、自分好みをの読書記録アプリを見つけてくださいね。

よく一緒に読まれる記事

関連する記事

注目の記事