足が速くなる効果的なストレッチメニュー|短距離タイムが短くなる体操とは?

今回は、足を速くしたい男女のために、短距離のタイムを短くできる効果的なストレッチメニューを詳しく解説します。足の速さと聞くと筋肉をつけることに目が行きがちですが、大切なのは筋肉をしっかりと使えるかどうか。正しいストレッチのやり方を学んで、上手に筋肉を使える体を手に入れましょう!

短距離が速くなるストレッチ|柔軟体操で足が速くなる理由とは?

ストレッチで足が速くなる理由

ストレッチで足が速くなる理由

『筋トレしているのに足が速くならない。』

『練習しているのに足が速くならない。』

という方。走る前のストレッチはしていますか。怪我防止のためだけだと思っていませんか。

実は正しいストレッチ方法を習得すれば、あなたの走るスピードが速くなるかもしれません。今回は足が速くなるストレッチメニューとその方法をご紹介します!


1. 筋肉の可動域が広くなり、より大股で走れるようになる

ストレッチで足が速くなる理由|大股になる

ストレッチで足が速くなる理由|大股になる

足の速さは、【足の速さ=一歩の幅×足の回転数】で判断されます

つまり、一歩の幅を広げて、足の回転数を増やせば、足が速くなる、ということ。

一歩の歩幅を広げるためには、それだけ足を大きく開く必要があり、それに耐えられる筋肉の柔軟性が必要になります。特に股関節周りの筋肉は、足を開く際にとても重要です。

ストレッチはそんな筋肉の柔軟性を向上させる方法として、最も手取り早く、誰でもできる簡単なトレーニング。しっかりと取り組んで、柔らかい筋肉を手に入れることで、足幅を大きく取ることができるようになります。

自分自身は体が硬い方かもと思う方は、ぜひこれから紹介するストレッチを積極的に取り入れて、ストライドを大きくとれるようにしましょう!


2. バランス感覚がつき、無駄な動きがなくなる

ストレッチで足が速くなる理由|バランス感覚がつく

ストレッチで足が速くなる理由|バランス感覚がつく

足の回転数を増やし、より早く走るために、なるべく無駄な動きを少なくしたいですよね。そのためには、体の軸を安定させることが大切です。

正しいストレッチを行うとインナーマッスルが鍛えられ、バランス感覚が身につき、さらに筋肉同士の伝達スピードを速くできます

バランス感覚が身につくと無駄な動きが少なくなり、足の回転を邪魔することがなくなります。もちろん怪我のリスクもぐんと下がり、走る上で最適な体を作ることができるのです。


3. 疲労回復効果があるので、最大限のパフォーマンスを発揮できる

ストレッチで足が速くなる理由|疲労回復効果がある

ストレッチで足が速くなる理由|疲労回復効果がある

せっかく速く走るトレーニングをしても、疲労が溜まっていてはより良いパフォーマンスを発揮できません。

ストレッチを取り入れることで、筋肉周りの血行を促進し、疲れの原因を流してくれるのはもちろん、栄養をしっかりと筋肉へ届けてスムーズな回復を促してくれます

疲れにくい体が手に入り、スピードに繋がるのです。


足が速くなるストレッチメニュー|全身の筋肉をほぐす効果的な柔軟体操とは?

ここからは、走る上で必要な筋肉【肩甲骨回り】【股関節】【腹筋】【内転筋】【ハムストリング】にアプローチするストレッチを紹介していきます。

全てのストレッチは共通して、無理せず『伸ばす』ことを意識してくださいね。しっかりコツを掴んで、速く走るためのストレッチを習慣づけていきましょう!


足が速くなるストレッチメニュー1. 股関節を柔らかくする体操

足が速くなる効果的なストレッチ|レッグランジ

足が速くなる効果的なストレッチ|レッグランジ

リバースランジレントとは、股関節や脇周りを中心に行うストレッチ。初心者でも簡単にできるメニューでありながら、膝への負担が少ないので、挑戦しやすいのが特徴です。

脇を良く伸ばしてあげることで腕も大きく振れるようになるので、速く走るためには欠かせません。


ストレッチの正しいやり方

  1. 足を腰幅程度に広げて立ち、片足を大きく後ろへ出す
  2. 上体はまっすぐにしたまま、腰を下げていく
  3. 膝は床につけず、90度を目標に曲げていく
  4. 右腕を上げ、耳に付けて上体を左側へ曲げる
  5. 上体を戻し、後ろ足で床を蹴って元の位置に戻る
  6. 左側も同じように行う
  7. 終了

左右で1セットとし、2~3セット繰り返しましょう。無理な力を入れず、自分の体重で負荷をかけるイメージで取り組んでみてください。


ストレッチのコツ

  • 体を横に倒すときは、気持ちいいと感じる程度の力加減で行う
  • 股関節、脇が伸びていることを感じながら取り組む
  • 腹筋に力を入れることを意識して行う
  • 後ろ足のかかとは上げたまま行う

無理に体を倒したり、力を入れすぎると腰や脇腹を痛める原因となるので注意しましょう

力が入りすぎてしまう方は、呼吸を意識してみて。じわじわと伸ばしていけば、徐々に動きやすくなりますよ。


足が速くなるストレッチメニュー2. 股関節からお尻をほぐす体操

足が速くなる効果的なストレッチ|ラテラルランジ

足が速くなる効果的なストレッチ|ラテラルランジ

股関節の可動域を広めるために有効なラテラルランジは、主に内転筋にアプローチするストレッチ

太もも内側にある内転筋は、普段の生活であまり使うことがありません。だからこそ、しっかりほぐして刺激していくことで、より速く走るための体づくりに繋がります。


ストレッチの正しいやり方

  1. 腰幅に足を広げて立つ
  2. 右足を大きく横に一歩出し、お尻を後ろに押し出す
  3. 右ひざは90度になるよう意識して曲げる
  4. 爪先は正面を向かせ、左のひざは伸ばすように意識しながら行う
  5. 左の内転筋が伸びていることを感じたら、右脚で地面を蹴って元の位置に戻る
  6. 左脚も同じように行う
  7. 終了

左右で1セットとし、10セット程度繰り返しましょう。1セットで5秒もかからない動きなので、是非チャレンジしてみて下さい。

反動をつけすぎると思わぬ負荷がかかってしまうので、力を入れすぎず床をゆっくり蹴ることが大切です。


ストレッチのコツ

  • 腹筋に力を入れて取り組む
  • 爪先は正面を向けた状態でストレッチする
  • ひざを曲げた方のかかとは浮かさないよう注意

腰が反れてしまう方は、足を横に出すときに上体を前に倒してみて下さいね

内転筋を意識してほぐしてあげることで、股関節の可動域が広まり、大きな一歩を踏み出せるようになります。


足が速くなるストレッチメニュー3. 全身の筋肉を上手にほぐす体操

足が速くなる効果的なストレッチ|ダウンドッグ

足が速くなる効果的なストレッチ|ダウンドッグ

犬が下向いて背中を伸ばす時のような体勢であることから名前が付けられた「ダウンドッグ」は、全身を大きく動かすヨガの基本ポーズとして知られています。

肩、背中、足全てをまんべんなく動かすので、血液の循環を促進し、筋肉の疲れを取ることができますよ


ストレッチの正しいやり方

  1. 両手両足を床につけ、両足は腰幅程度、両手は肩幅より少し広げる
  2. お尻を上げて体全体で三角形になるようにする
  3. 三角形を意識しながら手の平と足の裏に力を込め、床をしっかりと押し返す
  4. 両脇と背中の伸びを感じながら、かかとを押してひざの裏を伸ばしていく
  5. 3〜5回程度呼吸する
  6. ゆっくりと元の位置に戻る 8.終了

全身へのストレッチ効果が高い動きなので、ゆっくり休憩しながら2〜3回程度行いましょう


ストレッチのコツ

  • 背中はまっすぐ、フラットな状態で行う
  • 深い呼吸を意識する
  • 自分がやりやすいリズムで行う

手の指、足の指大きく開くと床を押しやすくなりますよ

かかとは押すイメージで、床につける必要はありません。痛い方はひざを曲げて行ってくださいね。


足が速くなるストレッチメニュー4. お腹周りをほぐす体操

足が速くなる効果的なストレッチ|ブリッジ

足が速くなる効果的なストレッチ|ブリッジ

少々難易度高めですが、体幹部分のインナーマッスルにアプローチするブリッジ。体幹は、足の力を上半身、腕へとスムーズに伝達する重要な筋肉です。

どれだけ足の筋肉がついていても、体幹が不安定であれば、足は早くなりません。体幹のストレッチで、体の軸を調整して、より力を伝えやすい体を作っていきましょう!


ストレッチの正しいやり方

  1. 仰向けに寝っ転がる
  2. 足を腰幅に広げてひざを立てる
  3. 耳の横に両手を置く
  4. 床をぐっと押してブリッジの体勢にする
  5. その状態を5秒〜10秒キープ
  6. ゆっくりと体を下ろす
  7. 終了

ストレッチの回数の目安は、1日3回を目安に行いましょう。うまく腰が上がらない方も、繰り返し行えば徐々にできるようになりますよ。


ストレッチのコツ

  • ブリッジを行う前には必ず他のストレッチを行う
  • 首に力は入れず、脱力することを意識する
  • 呼吸を忘れずに行う
  • 腹筋に力を入れて行うとより良い

ブリッジの前に、リバースランジレント等のストレッチを行うのがおすすめ。肩回りをほぐしておくと、体を持ち上げやすくなりますよ

できる方は腹筋を意識して行うと、より体幹にアプローチをかけられます。


足が速くなるストレッチメニュー5. 太ももからふくらはぎをほぐす体操

足が速くなる効果的なストレッチ5

足が速くなる効果的なストレッチ5

ハムストリングと呼ばれる太もも裏の筋肉は、下半身全体の運動能力に大きく影響するので、強化することにより地面を蹴る力のアップ等にも期待できます

その反面、疲労しやすく硬くなりやすい筋肉だといわれており、この部位のストレッチは非常に重要です。

リラックスタイム中にできるハムストリングのストレッチをご紹介します。血液が体を巡っていることを意識して、気持ちよく行ってくださいね。


ストレッチの正しいやり方

  1. ストレッチマットなどを敷いた上に、膝立ちする
  2. 膝立ちの状態で、左足だけを前に出す
  3. 左足を挟む形で両手をマットにつき、ゆっくり前に倒す (3)の時、右足は浮かないようにしましょう
  4. 筋肉が伸びているのを感じたら20秒キープする 5.元に戻す 6.終了

左右20秒程度、1日3セットを目安に行いましょう。一気に体を倒さず、息を吐きながらゆっくり倒してください。


ストレッチのコツ

  • 前に倒すときは腰から倒す。
  • 息を吐きながら倒し、呼吸を止めないよう注意する
  • 太もも裏の筋肉の刺激を感じる
  • 伸ばしていない足は動かさないよう注意する

背筋はなるべく伸ばして、息を吐きながら行ってください。前後の足の向きが、開きすぎないよう、一直線をイメージしましょう。

前足にゆっくり体重をかけると、ハムストリングスを伸ばすことができますよ。


短距離走を速くしたいなら、ストレッチに取り組もう。

今回の目的に合わせた「正しいストレッチ」を意識して行うことで、走る速さに効果が期待できるでしょう。

走る練習はもちろんのこと、ストレッチを習慣にすることも良いパフォーマンスを発揮するためのひとつです。

ぜひチャレンジしてみて下さいね。

【参考記事】足が速くなる筋トレメニューを大公開します

【参考記事】足が速くなる代表的なトレーニング"坂道ダッシュ"のやり方とは?

【参考記事】ジャンプ力を上げる効果的なトレーニングを解説

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ