空撮できるドローンのおすすめランキング|初心者でも簡単に使える人気モデルを徹底比較

空撮できるドローンのおすすめをお探しの方へ。本記事では、空撮ドローンの選び方&比較方法から、おすすめランキングまで大公開!小型で手頃な価格で購入できる人気モデルを中心に紹介していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

空撮ドローンの選び方|どこを比較して買ったら良い?

空撮ドローンの選び方

ドローンで空撮を楽しみたいと思っても、初めでドローンを手にする場合、どれも良く思えてしまってなかなか選べないことがあります。

そこでここでは、自分の使い方に合う空撮ドローンの比較方法を紹介するので、ぜひドローン選びの参考にしてみてくださいね


空撮ドローンの選び方1. 重量が200g以下かをチェックする

空撮ドローンで最初にチェックしておきたい、重要なポイントがドローン本体の重量です。ドローンの重さは200gを基準に使用方法が異なり、重さの違いで運転できる場所などが変わります

  • 200g未満のドローン
    航空法の規制対象外となるため指定外空域であれば自由に飛ばせる。手軽にドローンでの空撮を楽しみたい人におすすめ。

  • 200g以上のドローン
    航空法の規制対象となるので法律上定められた場所では飛ばせない。高性能なカメラが搭載されていることがあるので、よりリアルな撮影を楽しみたい人におすすめ。

手軽さを重視するなら200g以下、本格的に撮影したいなら200g以上が良いでしょう。

ただし、200g未満のドローンであっても規制によって飛ばせない場所があります。どちらを使用する場合でも、必ず関係法令を確かめておき安全にドローンでの空撮を楽しみましょう。


空撮ドローンの選び方2. 人気メーカーからチェックする

どのドローンが使いやすいのか判断しにくい場合に参考にすると良いのがメーカーです。

人気の高いメーカーは品質が高く種類が豊富なので、自分の使い方や操縦技術などに合わせて選びやすくなります。

さらに、人気メーカーのドローンは多くの人が使っているからこそ、口コミやレビューが集まりやすく、具体的に商品を比較しやすくなるメリットもありますよ。

ドローンで人気のメーカーには次のようなメーカーが挙げられます。

  • DJI
  • RYZETECH
  • Holy Stone など

ドローンの捜査に慣れていない初心者ほど、人気メーカーのドローンを選ぶのがおすすめです。


空撮ドローンの選び方3. 撮影動画の解像度をチェックする

ドローンでの空撮が鮮明になるかどうかのポイントになるのが、搭載されているカメラの解像度です。

カメラの解像度が高いほど高画質の動画を撮影できるので、自分の目指す映像に合う性能のカメラが搭載されているかをチェックしておきましょう。

ただ、高解像度のカメラが搭載されたドローンは価格が高くなったり重くなったりしてしまいます。解像度だけでなく、予算や扱いやすさなどにも注目して選ぶとドローン選びが成功しやすくなりますよ。


空撮ドローンの選び方4. 飛ばしたい距離に合わせて伝送距離をチェックする

ドローンでの空撮は普段見えない形式を撮影できるのが面白いポイント。

空から見下ろしたような映像や飛んでいるような風景のようなダイナミックさは、ドローンでしか撮影できない映像ですよね。

しかし、操縦する電波の距離が短いと、自分好みの映像が取りにくく、思ったよりもコンパクトな映像になってしまうことも。

そのため、自分が撮影したい場所や飛ばしたい距離に合う伝送距離なのか、きちんと比較しておくのがおすすめです。


空撮ドローンの選び方5. 自動追尾やGPSなどの便利な機能をチェックする

ドローンには様々な機能が搭載されており、特に初心者ほど操作しやすくなります。

そこで、ドローンごとに搭載されている機能をチェックして、使いやすさをチェックしておくことが重要です。

ドローンに搭載されている主な機能には、次のような機能が挙げられます。

  • 自動追尾機能:撮影したい対象を追いかけるように動いてくれる
  • GPS機能:見失ってしまってもドローンの場所がわかる
  • 障害物検知機能:木などの障害物を自動で避けてくれる
  • プロペラガード:プロペラが地面や木などに当たるのを防いでくれる

外装的なものからセンサーなどを用いたハイテクな機能まで、その種類は様々です。

実際に自分がドローンを操縦しているシーンを思い浮かべながら、使いやすい機能が搭載されているかを比較して選びましょう。


空撮できるドローンのおすすめ人気ランキングTOP10|初心者でも使いやすい人気モデル特集

ここでは、空撮におすすめの人気ドローンをランキング形式で紹介していきます。

ドローンごとの機能や搭載されているカメラの性能などを比較しながら、自分にとって扱いやすいドローンを手に入れてくださいね。


【おすすめ人気ランキング第10位】WALKERA Rodeo 110

【技適・電波法認証済/プロポ説明書付】 室内 FPV ドローン ORI RC WALKERA Rodeo 110 ワルケラ 純正 カメラ 充電器 付き Devo7 セット mode2 RTF (rodeo110-m2-fba) レース レーシング
  • ドローン自体の操作性が高く、アクロバティックな操縦でドローンの操作自体を楽しめる
  • ドローンを自由自在に動かすことで、飛行機に乗っているかのようなダイナミックな撮影ができる
  • 規制や許可取りなどに縛られないので、ドローンの操縦や空撮を思いっきり楽しめる

空撮用のドローンであっても、スピーディーでアクロバティックな操縦を楽しみたい人も多いですよね。

『WALKERA Rodeo 110』はレーシング用ドローンとして作られており、ロール飛行など思い通りの操縦を実現できますよ。

カメラでの撮影をアクロバティックな操縦にプラスすれば、飛行機に乗っているかのような迫力ある映像を撮影可能。

動画を撮影するだけでなく、ドローンを飛ばす楽しみも味わいたい人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 価格:2万6,000円
  • メーカー:WALKERA
  • 連続飛行時間:7~8分
  • 動画解像度:-
  • 伝送距離:-
  • 本体重量:147g

【おすすめ人気ランキング第9位】Holy Stone ドローン

Holy Stone ドローン GPS搭載 200g未満 収納ケース付き カメラ付き 飛行時間25分 1080P 広角110° 2.4GHz 高度維持 紛失の機体を探す機能 WiFiリアタイム リターンモード フォローミーモード ヘッドレスモード モード1/2自由転換 HS110G
  • 機体の位置をスマホの地図上に表示できるので、見失ってしまっても見つけやすい
  • 操縦機能を制限する初心者モードによって、本格的な操作の前にきちんと練習できる
  • 110度広角カメラによって広範囲を撮影でき、迫力のある映像を撮影可能

「ドローンを見失ってしまった。」伝送距離が長いほど遠くまで飛ばせる反面、ドローン本体を見失ってしまい落ち込んでしまうことも。

『Holy Stone』は、GPSが搭載されており、機体の最後の位置をスマホの地図に表示できるので、ドローンを見失っても見つけやすいのが特徴です。

高度や距離などを制限する初心者モードによって、操縦に慣れるまで練習ができるのもポイント。

撮影に夢中になっても大切なドローンを紛失することが無いので、安心してドローンの空撮を楽しみたい人ほど使って欲しいドローンです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 価格:1万6,990円
  • メーカー:Holy Stone
  • 連続飛行時間:25分
  • 動画解像度:1080p
  • 伝送距離:300m
  • 本体重量:182g

【おすすめ人気ランキング第8位】SNAPTAINドローン

SNAPTAINドローン カメラ付き 折り畳み式 小型 こども向け バッテリー2個付き 最大飛行時間15分 高画質720P WIFI FPVリアルタイム 三段階速度調整 モード1/2自由転換可 体感モード 高度維持機能 国内認証済みA10
  • 小型ボディなので、室内など狭いスペースでも操縦しやすい
  • 折りたたむことでよりコンパクトになり、どんな場所にでも収納できる
  • 音声制御機能やワンキー操作などによって、テクニックがなくてもうまく操縦できる

誕生日パーティーなど、室内でもドローンでの撮影を楽しみたい人も多いはず。

『SNAPTAIN』は小型サイズで作られており、重量が軽いので棚や壁にぶつからないように操縦しやすいのが特徴です。折りたたむことでさらに小型化するため、収納場所を選ばず使わない時も邪魔になりません。

狭い場所でも操縦しやすい小型ボディなので、どんなシーンでも空撮して記録しておきたい人にベストなドローンです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 価格:5,399円
  • メーカー:SNAPTAIN
  • 連続飛行時間:分
  • 動画解像度:720P
  • 伝送距離:-
  • 本体重量:-

【おすすめ人気ランキング第7位】EACHINE E61HW

EACHINE E61HW ドローン カメラ付き 小型 室内 屋外 こども向け おもちゃ 子供用 初心者 高度維持 スマホで操作可 WIFI FPV リアルタイム ミニドローン ラジコン 日本語説明書付き 2.4GHz 国内認証済み ブラック
  • バッテリー残量をランプで教えてくれるので、電力不足による墜落を防いでくれる
  • プロペラガードなど使いやすい機能によって、操縦に慣れてない時でもイメージ通りの撮影ができる
  • 4,000円という低価格で購入できるのでコスパが高く、初心者ほど扱いやすい

ドローンでの空撮に熱中していると、バッテリー残量などを忘れてしまいドローンの墜落を墜落させて落ち込んでしまうことも。

『EACHINE E61HW』は低電力警告機能が搭載されており、バッテリーが少なくなるとドローン底部のランプが点滅し、すぐに分かるようになっています。

また、低価格ですが自動ホバリングやプロペラガードなど、様々な使いやすい機能によってすぐに空撮を楽しめるメリットもあり、コスパ◎。

多様な機能で飛ばしやすく作られているので、安全にドローンを飛ばして撮影したい人にベストです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 価格:4,000円
  • メーカー:EACHINE
  • 連続飛行時間:7分
  • 動画解像度:0.3MP
  • 伝送距離:100m
  • 本体重量:31g

【おすすめ人気ランキング第6位】DJI Mavic Air 2

【国内正規品】DJI Mavic Air 2 コンボ ドローン カメラ付き
  • 4K/60fpsの撮影ができる高性能カメラを搭載することで、ダイナミックな空撮を楽しめる
  • 各種センサーによって撮影場所に合わせた調整が可能になり、より鮮明な映像を撮影できる
  • 多彩な機能が搭載されているのに小型化されており、山や川など自然な風景の撮影にも持っていきやすい

せっかく空撮をしたのに画像が荒れすぎてしまうと、ドローンでの撮影が楽しくなくなってしまいますよね。

『DJI Mavic Air 2 』は小型ボディながら4K/60fps という高彩度な動画撮影が可能で、映画のようなダイナミックな映像を楽しめます。さらに、光度やシーンを捉えるセンサーによってその場所に合う方法で撮影することで、そのままの風景を撮影することもできますよ。

綺麗な動画を撮影できるので、高解像度の空撮を撮影したい人にぴったりです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 価格:12万6,309円
  • メーカー:DJI
  • 連続飛行時間:34分
  • 動画解像度:4K/60fps
  • 伝送距離:6km
  • 本体重量:-

【おすすめ人気ランキング第5位】Holy Stone ドローン

  • プロペラやアームを折りたたむことで小型化でき、コントローラーと一緒に収納できて持ち運びに便利
  • ヘッドレスモードによってドローンの向きに関係なく操作ができ、操作ミスによる墜落などを防げる
  • 300~400mほど操作が可能なので、よりダイナミックな動画を撮影できる

空撮のためには、本体だけでなくコントローラなども持ち運ぶ必要があり、アイテムの多さが面倒になってしまうことも。

『Holy Stone』のこのドローンは、プロペラやアームを折りたたむことで小型化でき、専用のケースでコントローラーと一緒に収納できます。そのため、撮影に必要なアイテムをコンパクトに持ち運べ、好きな時に好きな場所でドローンを飛ばせますよ。

電車などでの移動でも不便さを感じにくいので、山や川など自然の風景を撮影したい人には欠かせないドローンです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 価格:1万7,590円
  • メーカー:Holy Stone
  • 連続飛行時間:13~15分
  • 動画解像度:1,080P
  • 伝送距離:300~400m
  • 本体重量:170g

【おすすめ人気ランキング第4位】SNAPTAINドローン

SNAPTAINドローン GPS搭載 2K 110°広角HDカメラ付き バッテリー2個付き 26分飛行時間 200g未満 折り畳み式 フォローミーモード リターンモード FPVリアルタイム伝送 2.4GHz ヘッドレスモード モード1/2転換可能 国内認証済みSP500
  • オートリターン機能によって自動で自分の場所へ戻ってくるので、ドローンをなくしづらい
  • GPSを搭載することで人や場所を認識したオート運転が可能で、操作に慣れていなくても面白い動画が撮れる
  • ジェスチャー機能によって自動で撮影ができるので、シャッターチャンスを逃さない

「せっかく購入したドローンがどこかへ行ってしまった。」ドローンが操縦不能になった時に行方不明になるケースが多いので、なくすのが心配な人もいますよね

『SNAPTAIN』のこのドローンは、オートリターン機能が搭載されており、自分の場所へ自動で帰ってきてくれるのでドローンを見失って行方不明になるのを防げます。

さらに、GPS機能によって登録地点を周回するような自動運転も可能となり、慣れていなくても思い通りの撮影が可能。

多彩な機能で大切なドローンをなくす心配が無いので、安心してドローン空撮をしたい人にベストです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 価格:1万6,990円
  • メーカー:SNAPTAIN
  • 連続飛行時間:26分
  • 動画解像度:-
  • 伝送距離:-
  • 本体重量:134.5g

【おすすめ人気ランキング第3位】Potensic ドローン

Potensic ドローン 小型 200g以下 カメラ付き 初心者向け 高度保持 室外向け HD空撮カメラ WiFiリアタイム ヘッドレスモード バッテリー3個付き 3D VRサポート 2.4GHz 4CH 6軸ジャイロ マルチコプター 日本語説明書付き 国内認証済み A20W
  • 5,000円台で購入できる低価格ドローンなので、手軽に空撮を楽しめてコスパが高い
  • 離着陸の操作や自動ホバリング機能など、操縦をサポートしてくれる機能があるため初心者でも上手に操縦できる
  • バッテリーが3個付属しているので、長時間の撮影もらくらくできる

ドローンには1万円以上のものが多く、手軽に購入でいないため興味があっても諦めてしまった人も多いはず。

『Potensic』のこのドローンは、5,000円台という安い価格で販売されており、気軽に購入しやすいのが特徴です。着陸や離陸が1つのキーで可能だったり、高度維持機能によって自動でホバリングしてくれたりと、価格以上の性能を発揮してくれるメリットも。

お手軽にドローンでの空撮を初められるので、これからドローンで遊んでみたい初心者の方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 価格:5,490円
  • メーカー:Potensic
  • 連続飛行時間:5~6分
  • 動画解像度:-
  • 伝送距離:10~15m
  • 本体重量:20g

【おすすめ人気ランキング第2位】Ryze トイドローン Tello

【国内正規品】 Ryze トイドローン Tello Powered by DJI CP.PT.00000208.01
  • 本体重量が80gと軽いので、目的地まで持ち運びやすい
  • スマートフォンをコントローラーにするため手軽に操作ができて、持ち物が少なくて済む
  • 映像ブレ補正機能や360度撮影機能等によって、テクニックがなくても綺麗な映像を撮れる

「ドローンが重くて移動が不便。」川辺など自然を空撮したい時には、ドローンの重さが使いづらく感じてしまいます。

『Ryze トイドローン Tello』は本体重量80gと非常に軽い設計になっており、好きな場所へ持ち運んで自由に撮影できるのが魅力です。コントローラーはスマートフォンを使用するので直感的な操作が可能で、撮影に必要な機材が少ないのもポイント。

好きな場所で手軽に空撮ができるので、ロケーションにこだわりたい人にぴったりのドローンです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 価格:1万2,619円
  • メーカー:Ryze
  • 連続飛行時間:-
  • 動画解像度:720HD
  • 伝送距離:-
  • 本体重量:-

【おすすめ人気ランキング第1位】DJI Mavic Mini

【国内正規品】DJI Mavic Mini コンボ ドローン カメラ付き 小型
  • 200g以下という軽い重量と小型サイズで、規制や許可取りとは関係なく自由な撮影ができる
  • 画質の良いカメラとブレを抑えられる装備によって、テクニックのない初心者でも綺麗な映像が撮れる
  • 独自アプリで撮影した映像を編集できるので、プロのような動画を簡単に作られる

ドローン空撮を最大限楽しむためにも、規制などがなく存分に楽しみたいですよね。

『DJI Mavic Mini』は200g以下のミニモデルのドローンで、航空法の制約を受けず、許可取りなどが必要なく、自由に撮影を楽しめるのが魅力です。2.7Kのカメラと3軸ジンバルを搭載することで、ドローンのブレを抑えた綺麗な映像を撮影できるので、プロのような迫力ある空撮を楽しめます。

規制などに縛られずダイナミックな撮影ができるので、ドローンならではの撮影を自由に楽しみたい人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 価格:5万9,400円
  • メーカー:DJI
  • 連続飛行時間:18分
  • 動画解像度:2.7K
  • 伝送距離:2km
  • 本体重量:199g

空撮ドローンで迫力のある映像を楽しんでみましょう!

スマホなどカメラでの撮影が手軽になった反面、いつも同じ構図などでの撮影となり、面白みがなくなってしまうことも。

ドローンを使用した空撮では、普段の撮影では実現できないような、迫力のある映像が撮影ができて、より動画撮影の面白さを体感できます。

自分なりの空撮が楽しめるドローンを手に入れて、ダイナミックな映像を撮影して楽しみましょう。


【参考記事】ドローンのおすすめ特集も参考に!▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ