コールドプレスジュースが作れるスロージューサーの人気おすすめランキング2020

おすすめのコールドプレスジューサーをお探しの方へ。本記事では、コールドプレスジュースが作れるスロージューサーの選び方&比較方法、人気商品まで大公開!価格の安いものから人気メーカーの高級品、業務用スロージューサーなども紹介していますので、気になった方はぜひ活用してみてください!

自宅でコールドプレスジュースを作るならスロージューサーを買おう!

コールドプレスジュースが作れるスロージューサー

コールドプレスジュースは、野菜や果物の水分を30℃以下という低温で絞り出して作るジュースのことです。

一般的なミキサーは高速な攪拌によって生じた摩擦熱により、食材のビタミン・ミネラル類が損失しやすく、十分な栄養を得られにくくなってしまいます。それに対し、スロージューサーで絞り出したコールドプレスジュースは低温処理することから栄養の損失が少なく、健康・美容に効果的です。

そのため、コールドプレスジュースを作るならスロージューサーが必要となります。


コールドプレスジュースが作れるスロージューサーの選び方とは?

コールドプレスジュースを自宅で毎日でも飲めるよう、スロージューサーを導入したいと思っている方は多いでしょう。

ただ、いろんなメーカーがスロージューサーを販売しているため、どれを選ぶか悩みますよね。そこでここからは、スロージューサー選びで見るべきポイントを解説します。


ジューサーの選び方1. お手入れがしやすく使いやすいモデルなのかを口コミでチェック

ジュースの細い注ぎ口など、洗いにくい部分は十分な洗浄ができず不衛生になってしまいます。また、部品が多すぎることで分解・洗浄・組み立てという一連の流れが面倒になり、使うのが億劫になってしまうこともあるでしょう。

こうした事態を防ぐためにも、あらかじめ口コミの評判を参考に使いやすい商品かどうかを確認しておく必要があります。後片付けの簡単さは継続して使う上で重要なポイントなので、コールドプレスジュースを習慣的に摂取したいと考えている方は要チェックです。


ジューサーの選び方2. スクリューの回転数が少ない商品を選ぶ

スクリューの回転数が多い方が、早くジュースができて効率が良いと考える方もいるでしょう。忙しい朝にジュースを作りたい方ならなおさら回転数の多さは魅力的に見えるかもしれません。しかし、回転数が多いスクリューの商品を選んでしまっては、摩擦熱で栄養を壊したり風味を損ねたりする恐れがあります。

コールドプレスジュースは、野菜や果物の栄養をできるだけ壊さず食材本来の風味を味わえるのが魅力。栄養や風味の損失を最小限に抑えるためにも、できるだけスクリューの回転数が少ないものを選ぶ方がおすすめです。


ジューサーの選び方3. 稼働時の騒音が小さい商品を選ぶ

スロージューサーを作動させている間、ずっとガガガっと大きな音がなっていると周囲に迷惑がかからないか気になりますよね。早朝に使っていれば外まで音が響いて近所迷惑になっていないかと心配になりますし、赤ちゃんがいるご家庭なら起こしてしまうのではないかとソワソワしてしまうでしょう。

こうした騒音の不安がある場合は、作動中の音が静かなものを選ぶと良いですよ。静音性に優れたモデルであれば、早朝、深夜など時間を気にせずジュース作りができます


ジューサーの選び方4. 投入口が大きいジューサーだと手間が少ない

ジュースを作るなら野菜や果物などの食材をカットするという下準備が必要となりますが、投入口が小さいとそれに合わせて食材を小さくカットしなければならないため面倒です。包丁を使うのが苦手という方であれば、食材の準備をするだけで時間がかかってしまうでしょう。

だからこそ見ておきたいのが投入口の大きさです。投入口が大きければ、食材を細かく切らずにジューサーに入れられるため、カットの面倒を軽減できます。

忙しい朝もササっとジュース作りができて便利なので、できるだけ手間を減らしたい方には絶対に見ておいてもらいたいポイントです。


【2020最新】コールドプレスジューサーの人気おすすめランキングTOP10

コールドプレスジュースであれば、普段の食事では不足しがちなビタミンやミネラル類を効率よく摂取できるので、健康のために自宅にスロージューサーを導入している方は多いです。

この需要に伴って数々のメーカーが最新モデルを発表しているため、どれを選べば良いのか悩むのも無理はありません。

そこでここからは、コールドプレスジュースを作るために活躍するおすすめのスロージューサーを紹介します。


【おすすめ人気ランキング第10位】ヒューロムスロージューサー HWプロフェッショナル スマートホッパー

ヒューロムスロージューサー HWプロフェッショナル スマートホッパー HW-PBA18
  • 最大800mlまで搾汁できるため、一度にたっぷりジュース作りができる
  • ボディに高級ステンレスを採用しているので、サビにくく衛生的に使える
  • 業務用モーターを内蔵しているから長時間搾汁が可能で大量のジュース作りが可能

たくさんジュースを作りたいシーンで、スロージューサーを何度も稼働・洗浄するのは大変ですよね。できれば一回で大量に作ってしまいたいと思っている方もいるでしょう。

そんなニーズを満たしてくれるのがヒューロムの『HMプロフェッショナル』です。800mlのジュースを搾汁できる大容量タイプで、一度にたくさんのコールドプレスジュースを作れます。

使用モーターは業務用で長時間稼働してもモーター温度が過剰に上がりにくいため、最長12時間もジュースを作り続けることが可能です。

大容量だから大家族のご家庭や大人数の友達を読んでホームパーティーをするのが好きな方、業務用として使いたい方などにおすすめします。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:139,608円
  • メーカー:ヒューロム
  • 回転数:約40回転/分
  • 稼働時の騒音:ー
  • 本体サイズ:282 × 200 × 529 (mm)
  • 本体重量:9300g

【おすすめ人気ランキング第9位】クビンスサイレントジューサー

【正規品】クビンスサイレントジューサーJSG-120 レッド
  • 静音性に優れたモデルなので、騒音を気にせず使える
  • アタッチメント交換でジュース、スムージー、フローズンの3種類を楽しめる
  • NASAでも採用されている耐久性に長けた素材を使用しているから長く使える

コールドプレスジュースを作るたびにジューサーが大きな音を出していては、周囲が気になって落ち着いてジュース作りができませんよね。早く切り上げようとつい食材をハイペースで詰め込んでしまい、機械を詰まらせてしまう恐れもあります。

しかし、クビンスの『サイレントジューサー』は静音性に優れたモデルなので、作動音のうるささを気にせず使うことが可能です。そのノイズレベルは40~50dBで、これは図書館内くらいの音に匹敵します。

とても静かだから早朝や深夜でも安心して使えると人気を集め、ランキングは9位を獲得。時間を気にせずジュース作りをしたい方はぜひ選んでください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:29,800円
  • メーカー:クビンス
  • 回転数:60回転/分
  • 稼働時の騒音:40~50db
  • 本体サイズ:228 × 208 × 415 (mm)
  • 本体重量:6700g

【おすすめ人気ランキング第8位】CalmDo ジューサー

CalmDo ジューサー ポータブル USB充電式 スロージューサー 栄養丸ごと摂取 果汁純度100% 健康なお飲み物を作る 持ち運び可能 片手持ち ワンボタン操作 ファッションデザイン
  • 6,000円台と他商品と比較しても圧倒的に安いので、気軽に購入できる
  • コンパクトサイズだから省スペースで設置できる
  • コードレスなので、リビングや屋外などキッチン以外の場所でも使えて便利

「スロージューサーを置きたいけど、キッチンに置き場がない…。」

そんな悩みを解決してくれるのがCalmDoのジューサーです。コンパクトなモデルなので、狭いキッチンでも省スペースで設置できます。

また、コードレスだからどうしてもキッチンに置けないという場合でも、リビングなどに設置して使えるから安心ですよ。

「置き場に困らないスロージューサー」と評判なので、キッチンが狭いアパートにお住いの方や、調理家電でキッチンにスペースがないというご家庭にぜひおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:6,299円
  • メーカー:CalmDo
  • 回転数:40回転/分
  • 稼働時の騒音:ー
  • 本体サイズ:270 × 96 × 9.6 (mm)
  • 本体重量:950g

【おすすめ人気ランキング第7位】クビンス ホールスロージューサー

クビンス ホールスロージューサー レッド JSG-721R
  • 投入口が大きいため、お手入れがしやすく清潔な状態をキープできる
  • どっしりと安定感があるので、作動中の振動で倒れるなどの心配がなく置ける
  • フローズンデザートストレーナーが付属されているから、ジュースだけでなくフローズンデザートも楽しめる

投入口が狭いスロージューサーは、手が入らないので洗いにくいですよね。そのため、後片付けのたびにきちんと洗えているのか不安に感じている方もいるでしょう。

そんな不安を抱かなくて済むのがクビンスの『ホールスロージューサー』。大きな投入口が特徴の商品で、小さめのリンゴや皮をむいたオレンジなら丸ごと投入できる太さがあります。

食材を入れやすいだけでなく、お手入れもしやすいと評判です。しっかりと洗浄したい綺麗好きな方にはぴったりなおすすめ商品ですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:43,780円
  • メーカー:クビンス
  • 回転数:ー
  • 稼働時の騒音:ー
  • 本体サイズ:幅228 × 奥行208 × 高さ446 (mm)
  • 本体重量:6900g

【おすすめ人気ランキング第6位】シャープ ヘルシオ グリーンプレッソ

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) グリーンプレッソ グリーン EJ-GP1-G
  • 葉物野菜をカットせずに投入できるので、下準備の手間がなくて楽
  • タンクに水を注げばタンク内を簡単に洗浄できるため、別食材でのジュース作りを効率よく行える
  • 2万円台と比較的安いので、価格が気になる方も購入しやすい

葉物野菜は比較的繊維が多く絞りにくいため、一度茹でてからジューサーにかけたり細かく切って効率よく水分を搾汁したりなどの工夫が必要で面倒ですよね。

そんな面倒を省けるのがシャープの『ヘルシオ グリーンプレッソ』です。なんと葉物野菜をそのまま投入口に入れられるため、面倒な下処理が必要なく簡単に葉物野菜のジュースができます。

面倒くさい作業が苦手な方も、これなら継続してジュース作りができるので、ぜひ導入してみてください。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:28,800円
  • メーカー:シャープ
  • 回転数:32回転/分
  • 稼働時の騒音:ー
  • 本体サイズ:約127 × 195 × 460 (mm)
  • 本体重量:4800g

【おすすめ人気ランキング第5位】ヒューロム スロージューサー H26-WS17

ヒューロム スロージューサー HUROM H26-WS17(ホワイトシルバー)
  • 半透明キャップ採用でジュース作りの工程が見られるから、食材の詰まりなどを防止できる
  • 汚れを拭き取りやすい素材で作られているため、いつまでも綺麗に使える
  • 食洗器対応なので、後片付けが簡単にできる

早くジュースを作ろうと食材をポンポン投入してしまい、機械を詰まらせてしまったという経験を持つ方もいるでしょう。場合によっては機械が故障する恐れがあるため、食材の入れすぎは未然に防ぎたいですよね。

そこで手に取ってもらいたいのがヒューロムのスロージューサー『H26』です。半透明キャップを採用しているため、ジュース作りの様子が一目で分かります。

食材がどれほど入っているか、スムーズに食材を搾れているかをチェックできるので、食材の詰まりを防止できて安心と評判を集め、ランキングは5位となりました。

機械を故障させないよう安全に使いたい方は、ぜひジュース作りの様子が丸分かりな『H26』を検討してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:34,999円
  • メーカー:ヒューロム
  • 回転数:40回転/分
  • 稼働時の騒音:ー
  • 本体サイズ:223 × 180 × 407 (mm)
  • 本体重量:7000g

【おすすめ人気ランキング第4位】パナソニック ビタミンサーバー グラファイトグレー MJ-L600-H

パナソニック ジューサー ビタミンサーバー グラファイトグレー MJ-L600-H
  • アタッチメントを替えることで3種類の食感を楽しめる
  • 45回転/分でじっくり丁寧に絞るから、口当たりが滑らかで美味しいジュース作りができる
  • 有名メーカーの商品なので、安心して購入できる

「どろっとしたジュースは飲みにくいからサラサラしたジュースが良い。」

このように、ジュースの食感の好みは人それぞれです。実際にスロージューサーを購入してみても、出来上がりが好みと違うと使い続ける気になれず、他のモデルにすれば良かったという後悔につながってしまうでしょう。

しかし、パナソニックの『ビタミンサーバー』は、3種類のアタッチメントが付属しており、自分好みの食感でジュース作りができます

喉が渇いた時にはゴクゴク飲めるサラサラジュースに、朝ごはん代わりにするなら食感の残るあらごしジュースにするなど、好みだけでなく用途に合わせても自由に選択できるのも嬉しいですね。

自分好みの食感でジュースを作りたい方は必見の商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:30,000円
  • メーカー:パナソニック
  • 回転数:45回転/分
  • 稼働時の騒音:ー
  • 本体サイズ:幅185 × 奥行176 × 高さ432 (mm)
  • 本体重量:約4000g

【おすすめ人気ランキング第3位】シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ジュースプレッソ EJ-CF10A-R

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ジュースプレッソ レッド EJ-CF10A-R
  • 金属製の刃を使用していないため、お手入れ中に手を切りにくく安全
  • 硬い食材や小さくて潰しにくい食材なども絞れるので、レシピのレパートリーが増やせる
  • 従来品より静音性に優れているから、時間を気にせず使いやすい

栄養をしっかり摂取するためにも、できるだけ栄養成分が多く残るスロージューサーを選びたいと思っている方は多いでしょう。

そこでご紹介したいのが、シャープの『ヘルシオ ジュースプレッソ』。石臼のように食材をすりつぶし、低速でゆっくり水分を絞り出すため栄養の破損を最小限に抑えたジュース作りが可能です。

例えば、高速ジューサーとスロージューサーでそれぞれ残る栄養成分を比較すると、トマトはペクチンが約2倍、オレンジのビタミンCは約21%残ったというデータがあります。

まるで食材をそのまま食べているかのような感覚でジュースを楽しめるので、健康志向な方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:26,800円
  • メーカー:シャープ
  • 回転数:ー
  • 稼働時の騒音:ー
  • 本体サイズ:150 × 177 × 425 (mm)
  • 本体重量:4700g

【おすすめ人気ランキング第2位】アイリスオーヤマ スロージューサー ISJ-56-W

アイリスオーヤマ スロージューサー ホワイト ISJ-56-W
  • 価格が相場の半額以下と安いので、気軽に購入できる
  • 3種類のアタッチメントがあり、コールドプレスジュース以外の用途に使えて便利
  • 誤作動防止がついているため、子供がいる家庭でも安心して使える

一般的なスロージューサーの価格相場は、3~5万円程度。中には10万円以上の高級なモデルもあるため、コストが気になって購入をためらっている方もいるでしょう。

しかし、アイリスオーヤマの『スロージューサー ISJ-56-W』は、約15,000円程度と価格が相場の半分以下なので、気軽に購入しやすいと口コミで評判です。

また、フレッシュジュース用、スムージー用、フローズン用と3種類のアタッチメントがあり様々な用途にも使えて実用的と大人気。

スロージューサーをできるだけ安く購入したいと思っている方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:14,908円
  • メーカー:アイリスオーヤマ
  • 回転数:50回転/分
  • 稼働時の騒音:〇〇db
  • 本体サイズ:幅約150 × 奥行約165 × 高さ約440 (mm)
  • 本体重量:3600g

【おすすめ人気ランキング第1位】ヒューロム スロージューサー

ヒューロムスロージューサー アドバンスド100(グレー)
  • 水洗いで簡単に汚れが落ちるフィルターを採用しているため、後片付けが楽
  • ヒューロム独自の技術によって食材の水分を搾りきれるので、無駄なくジュース作りが可能
  • 高級感のあるスタイリッシュなデザインだからキッチンにおしゃれに設置できる

スロージューサーは、一般的にフィルターを内蔵しているタイプが多いです。口当たりが滑らかなジュースができますが、細かい網目に食材のカスがくっつくので、お手入れが面倒で大変ですよね。

そんな面倒を解消してくれるのがヒューロムのスロージューサーです。こちらは、適度に隙間があいた樹脂製フィルターを2つ重ねて搾汁する仕組みとなっています。

細かい網目のフィルターではないため、水で洗い流すだけで汚れが簡単に落ちて後片付けが楽ちんですよ。

「毎朝コールドプレスジュースを作りたいけど、後片付けが面倒くさそう…。」と懸念している方も安心して使えるおすすめ商品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 値段:54,780円
  • メーカー:ヒューロム
  • 回転数:ー
  • 稼働時の騒音:ー
  • 本体サイズ:210 × 292 × 462 (mm)
  • 本体重量:ー

スロージューサーを使って、フレッシュなコールドプレスジュースを楽しんで。

コールドプレスジュース作りは、毎日の健康に貢献するため今注目を集めています。ただ、コールドプレスジュース作りに役立つスロージューサーにはいろんな商品があるため、選び方が分からず頭を抱えている方は多いでしょう。

そんな方のために、今回はおすすめのスロージューサーをランキングで紹介しました。評判が良い人気モデルばかりなので、ニーズに合ったスロージューサーを見つけられますよ。

ぜひ、お気に入りの一台を見つけてご自宅でコールドプレスジュース作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事

あなたにオススメ