コーヒーキャニスターおすすめ人気ランキング|おしゃれな保存容器を徹底比較

おしゃれな人気のコーヒーキャニスターをお探しの方へ。今記事では、コーヒーキャニスターの魅力や選び方から、おすすめランキングまで詳しくご紹介します。コーヒー豆の酸化を防ぎながら保存できるので、ぜひ有効活用してみてください!

コーヒーキャニスターとは|プロのバリスタも愛用するのはなぜ?

コーヒーキャニスターとは

コーヒーキャニスターとは、コーヒー豆やコーヒー粉を保存しておくための容器です。

普通の容器とは異なり外気をしっかりシャットアウトできて密封性が高いため、酸化や香りの劣化を防ぎながら保存できます。コーヒーのおいしさを保てるため、プロのバリスタも愛用しているところが特徴。

様々な種類の容器があり、おしゃれに収納できるようになっているのもポイントです。


コーヒーキャニスターの選び方|酸化を防ぐ保存容器の比較方法とは

ここからは、コーヒーキャニスターの選び方をご紹介します。

「キッチンに合う使いやすいキャニスターを選びたいけれど、ポイントは?」と悩んでいる人も多いはず。

満足のいく商品を購入するためにも、購入前に確認してみてください。


コーヒーキャニスターの選び方1. 蓋付きなど密閉性の高い製品を選ぶ

コーヒー豆やコーヒー粉は湿気の影響を受けやすく、密閉性の高い容器で保管しないと風味や香りが落ちてしまいます。

そこで、コーヒーキャニスターを選ぶ時には、蓋付きや真空状態にできる商品を選ぶのがおすすめ。二重蓋になっており、湿気をダブルブロックできる商品や簡単に真空状態にできる商品は、コーヒー豆の酸化を抑えてくれます。

できるだけ美味しい状態で飲めるようコーヒー豆を保管するためにも、蓋の有り無しや形状にこだわってみてください


コーヒーキャニスターの選び方2. 遮光性を重視なら陶器やホーロー素材を選ぶ

コーヒー豆は紫外線の影響を受けやすく、直射日光の当たる場所で管理をすると劣化が進んでしまいます。せっかくのコーヒーの風味や味が落ちてしまうのは、残念ですよね。

直射日光を遮るなら、陶器やホーローなど光を通さない材質の商品を選ぶといいでしょう。どちらの材質も光を通さないため、紫外線による影響を避けられるところが特徴。

キッチンや食器棚のどのような場所に置いても強い光から守ってくれるため、保管しやすくなりますよ。


直射日光を避ける場所に置くならガラス素材などもOK

コーヒーキャニスターの中には、ガラス容器や樹脂容器など光を通す材質を使用している場合があります。

このような商品を購入する場合は、直射日光が当たらない場所やできるだけ暗い場所といったように保管場所を工夫すれば問題なく使用することが可能。

コーヒーキャニスターをどのような場所に置いておきたいかも、選ぶときの大切なポイントとなります


コーヒーキャニスターの選び方3. 容量は500g位のキャニスターを選ぶ

コーヒー豆は空気に触れると酸化してしまうため、短期間で使い切れる容量をコーヒーキャニスターで保管するのが好ましいです

1杯あたりのコーヒーに使用する豆の量は10〜15gなので、1ヶ月分を保管しようとすると10〜15g×30日となり大体300〜450gあれば問題ありません。

毎日1杯ほどコーヒーを飲む場合は、500g前後の容量を用意すれば、コーヒー豆の劣化を防ぎながら最後の1杯まで美味しく味わえますよ。


二人で使ったり、1日2杯以上飲むなら1,000gを選ぶのもおすすめ

家族でコーヒーを飲む人が多い場合や、1日2杯以上飲む場合は、1,000g以上のコーヒーキャニスターを選ぶことで必要な分が保管できます。

コーヒーを飲む量や家族構成に合わせて、容量をチェックしてみましょう。


コーヒーキャニスターのおすすめ人気ランキング|おしゃれで便利な保存容器を徹底比較

ここからは、おすすめの人気コーヒーキャニスターをランキング形式で紹介します。

密閉性が高く鮮度を保てる商品や瓶やホーローなど材質にこだわった商品などがランクイン。

キッチンに置いて使ってみたいアイテムを、ぜひ見つけてみてくださいね。


【コーヒーキャニスターのおすすめ第10位】 ダルトン ガラスキャニスター

  • コーヒーと書かれたプレートが目に留まるおしゃれなデザインとなっている。
  • 透明なガラス製の容器なので残量を確認しやすく、買い物にいくときに便利。
  • 容器の開口部が直径約9cmと広いので、コーヒー豆の入れ替えがしやすい。

コーヒーキャニスターの蓋を開けなくても、あとどれくらいコーヒー豆が残っているのか確認できたらとても便利ですよね。

「ダルトン」の『ガラスキャニスター』は重厚感のあるガラス容器で、一目で中身が確認できるようになっています。「コーヒー」とおしゃれに書かれたアルミプレートが付いているので、同じ容器で調味料を揃えてもキッチンに統一感が生まれるところもポイント。

毎日コーヒーを飲みたいからコーヒー豆を切らしたくないという人は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:800 (ml)
  • サイズ:115 × 200 (mm)
  • 重量:700 (g)
  • 素材:本体:ガラス、蓋:アルミニウム
  • メーカー:ダルトン

【コーヒーキャニスターのおすすめ第9位】BRUNO myキャニスター ピンク

  • 陶磁器で作られているので光を通さず、直射日光によるコーヒー豆の劣化が防げる。
  • 蓋の内側にはパッキンが付いており、しっかり密封できるようになっている。
  • ツートンカラーのかわいいデザインで、インテリア性を重視したい人にぴったり。

インテリアに合うようなかわいいコーヒーキャニスターがあれば、キッチンなどをよりおしゃれに演出できますよ。

「BRUNO」の『myキャニスター ピンク』はパリの小さなアパートに住む女の子のキッチンをイメージしたシリーズで、かわいい配色とシルエットが印象的。本体は陶磁器で作られているので光を通さず、日光が当たる場所でも風味を損なわずに保管できます。

ピンク色がキュートなインテリア性が高い商品なので、コーヒーキャニスターもかわいいアイテムで揃えたいという人におすすめです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:ー
  • サイズ:117 × 200 (mm)
  • 重量:1000 (g)
  • 素材:陶磁器
  • メーカー:BRUNO

【コーヒーキャニスターのおすすめ第8位】野田琺瑯 TUTU S

野田琺瑯 TUTU (筒) S TU-9
  • ホワイトを基調としたシンプルなデザインとなっており、キッチンに馴染みやすい。
  • 内蓋が付いている二重構造なので、コーヒー豆の香りや鮮度を逃がさない。
  • 一つ一つ手作業で作られている高品質な商品で、長く愛用できる。

繰り返し使える丈夫な商品なら、長く愛用できて嬉しいですよね。

「野田琺瑯」は老舗のホーローブランドで、全ての過程を職人の手によって手作業で行っています。『TUTU』は熟練した技が光る丁寧な作りとなっており、丈夫で色移りや香り移りがないので長い愛用できるところが特徴。二重蓋になっているので乾燥や湿気を防いで、コーヒー豆の鮮度を保ちます。

「丈夫で水洗いできるので、いつまでも使える」という口コミがある商品なので長く愛用できる商品を探している人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:800 (ml)
  • サイズ:93 × 116 (mm)
  • 重量:420 (g)
  • 素材:ホーロー用鋼板
  • メーカー:野田琺瑯

【コーヒーキャニスターのおすすめ第7位】 twinbird コーヒーキャニスター&メジャースプーン

  • 場所を取らないスリムなデザインなので、コーヒーメーカーの隣など空きスペースで保管しやすい。
  • 使いやすいようスプーンもセットになっており、使用頻度が高い人にもぴったり。
  • クールなカラーで、コーヒーメーカーやケトルなどと一緒に置いておいてもおしゃれに見える。

狭い場所にコーヒーキャニスターを置きたい場合、気になるのはスリムさ。

「twinbird」の『コーヒーキャニスター&メジャースプーン』はコーヒーメーカーの隣に置けるスリムなデザインで、計量用のスプーンも付いているため使いやすくなっています。遮光性と密封性に優れたステンレス製となっており、キャニスター内に移したコーヒー豆の鮮度が保てるところも魅力的。

置き場所を限定しないコンパクトデザインなので、コーヒーキャニスターの置き場所に困ったらぜひ検討してみましょう。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:200 (g)
  • サイズ:78.6 × 158 (mm)
  • 重量:ー
  • 素材:本体:ステンレス、蓋:天然木
  • メーカー:twinbird

【コーヒーキャニスターのおすすめ第6位】OXO ポップコンテナ レクタングルショート

OXO 保存容器 プラスチック 密閉 1.6L ポップコンテナ 新タイプ レクタングル ショート
  • 蓋の真ん中に付いているボタンを押すだけで開閉でき、使いやすくなっている。
  • 蓋の裏側全体をシリコンで覆うことで密封性を高めており、風味の劣化が防げる。
  • 開口部が広いので、袋ごとコーヒー豆を注いで入れ替えしやすい。

コーヒー豆の使用頻度が高い場合、使いやすさも重視したいポイント。

「OXO」の『ポップコンテナ レクタングルショート』は蓋の真ん中に付いているボタンを押すだけで開閉でき、ワンタッチで操作ができるようになっています。蓋の内側パーツは取り外しができるため、コーヒー豆がなくなった時には隅々まで清潔に洗えるところも特徴。

密封性を保ちながらも片手でも操作できて使いやすいと口コミで人気。「蓋の開け閉めが面倒にならない商品が欲しい」と思っている人にぴったりです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:1.6 (L)
  • サイズ:110 × 160 (mm)
  • 重量:ー
  • 素材:本体:AS樹脂、蓋:ABS樹脂など
  • メーカー:OXO

【コーヒーキャニスターのおすすめ第5位】ZEROJAPAN コーヒーキャニスター

ZEROJAPAN コーヒーキャニスター200 ホワイト CO-200 WH
  • 柔らかなフォルムの陶器製で、光を通さないのでコーヒー豆の劣化を防げる。
  • 日本の風土に合わせた商品開発をしているため、湿気を気にせずオールシーズン使える。
  • 金具部分やシリコンパッキンなど全パーツを自社で生産しており、密封性を高めている。

湿度の高い日本はコーヒー豆を酸化させやすいため、オールシーズン安心して使えて嬉しいですよね。

「ZEROJAPAN」の『コーヒーキャニスター』は細部までこだわった国内生産の商品で、日本の風土に合わせた高い密封性を持っています。優れた保存性能はアメリカで高く評価され、大手コーヒーチェーンで採用されるほどコーヒー豆の品質をしっかり管理できるところがポイント。

湿度変化にも強い商品なので、日本発だからこそできる通年安心して使える商品を探している人はぜひ、チェックしてみてください。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:180~250 (g)
  • サイズ:105 × 160 (mm)
  • 重量:730 (g)
  • 素材:陶器
  • メーカー:ZEROJAPAN

【コーヒーキャニスターのおすすめ第4位】ハリオ 珈琲キャニスター L

HARIO (ハリオ) 珈琲キャニスター L ブラック MCN-300B
  • 中身が見えるガラス容器のため、残量を確認しながら使える。
  • 600円台で購入できる安い価格帯なので、コーヒー豆の種類ごとにいくつも購入したい人にも向いている。
  • 蓋につまみが付いており、蓋をした後に下げることで密封できるようになっている。

コーヒー豆やコーヒー粉をできるだけ新鮮な状態で保管することも大切ですが、キャニスターの価格も気になるところ。

「ハリオ」の人気商品『珈琲キャニスター L』は600円台で購入できる安い価格となっており、コスパにこだわりたい人に向いています。食洗器に対応しているだけでなく熱湯による洗浄も可能なので、清潔に保てて繰り返し使えるところも嬉しいポイント。

「コーヒーキャニスターを購入する時にできるだけコストを抑えたい」という人にぴったりな商品なので、ぜひチェックしてみてください。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:300 (g)
  • サイズ:99 × 189 (mm)
  • 重量:400 (g)
  • 素材:本体:耐熱ガラス、蓋::ABS樹脂
  • メーカー:ハリオ

【コーヒーキャニスターのおすすめ第3位】ニトリ 磁器キャニスター

磁器キャニスター600ml(COFFEE) 保存容器 NITORI 人気
  • 木製の蓋には突起が付いているので、ずれることなくしっかり蓋ができる。
  • 本体が磁器で光を通さないため、直射日光による酸化が起こらない。
  • 木製蓋が印象的なおしゃれなデザインで、キッチンのインテリアを壊さず使える。

キッチンのどの場所にも置けるよう、日光による影響が避けられるキャニスターだと便利ですよね。

「ニトリ」の人気商品『磁器キャニスター』は本体が光を通さない磁器になっているので、日が差し込む棚でも安心して使えます。600mlの大容量で、コーヒー豆やコーヒー粉のが多くても空気に触れないよう保管することが可能。

コーヒーの劣化をしっかりと防げる人気のコーヒーキャニスターは、コーヒーの鮮度を保ちたい方にこそおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:600 (ml)
  • サイズ:100 × 130 (mm)
  • 重量:430 (g)
  • 素材:本体:磁器、蓋:天然木
  • メーカー:ニトリ

【コーヒーキャニスターのおすすめ第2位】カリタ ホーロー製キャニスター

カリタ キャニスター ホーロー製 コーヒー豆 約250g &カリタ 丸型 #44251
  • 木製の蓋の内にはパッキンが付いているので、密封性を高められる。
  • キッチンに馴染むシンプルなデザインで、おしゃれなデザインを探している人にぴったり。
  • ホーローは容器そのものに匂いや色がつきにくい特性があるため、繰り返し使いやすい。

キッチンのインテリアに馴染む、おしゃれなコーヒーキャニスターを探している人も多いはず。

「カリタ」の人気商品『ホーロー製キャニスター』はホーローの質感がおしゃれなシンプルなデザインで、キッチンや食器棚にさり気なく置けるようになっています。木製の蓋の内部にはパッキンが付いており、密封性を高められるところもポイント。

コーヒーキャニスターだとは思わないような洗練されたデザインなので、キッチンに置いておけるおしゃれさを求める人におすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:250 (g)
  • サイズ:10.8 × 10.8 × 12 (mm)
  • 重量:ー
  • 素材:本体:ホーロー、蓋:木製
  • メーカー:カリタ

【コーヒーキャニスターのおすすめ第1位】ALPS 真空コーヒー キャニスター

コーヒー キャニスター 304ステンレス 真空密封 コーヒー豆 茶筒 お菓子 糖 香料 日付表示ダイヤル 防湿保存 保存容器 密封容器 (シルバー, 1500ml)
  • 内壁にはブラッシュ加工が施されており、傷や汚れが付きにくくなっている。
  • 真空状態を維持できるため、コーヒー豆の酸化を防げる。
  • 蓋に日付ダイヤルが付いているので、いつコーヒー豆を容器に入れたのか記録しておける。

コーヒー豆を長期保存したい場合、風味やおいしさを損なわないか心配。

「ALPS」の人気商品『真空コーヒー キャニスター』は真空状態にすることができ、空気に触れることで起こる豆の酸化を防げます。ステンレス製のロックリングを使用しており隙間を作らず、使用後にしっかりと封ができるようになっているところもポイント。

「密封性が高く鮮度が保てる」という口コミがある商品。風味やおいしさを損なわないで使いたい人におすすめです

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 容量:380~500 (g)
  • サイズ:120× 155 (mm)
  • 重量:ー
  • 素材:ステンレススチール
  • メーカー:ALPS

キャニスターがあればおしゃれにコーヒーを保管できる。

コーヒーキャニスターは、コーヒー好き必須のコーヒー豆やコーヒー粉の鮮度を保ちながら保管できるアイテムです。

コーヒー豆の劣化を防げる密閉性が高い紹介や直射日光を防げる商品が多く、最後の1杯まで美味しいコーヒーが楽しめるようになりますよ。

ぜひ、使ってみたいコーヒーキャニスターを選んで、コーヒー豆をより美味しくよりおしゃれに保管してみてください。

LINE はてなブックマーク
お気に入り

あなたにオススメ

関連する記事

注目の記事