2歳から使えるジュニアシートのおすすめランキング|大きい子も装着できる人気商品とは

2歳児でもジュニアシートは使えるのか知りたい親御さんへ。今記事では、2歳児に最適なチャイルドシートの特徴や選び方から、人気のカー用品まで詳しくご紹介します。お子さんを安全に車へ乗せるためにも、身長や体重など、成長に合わせて最適な商品を選びましょう!

2歳児で「ジュニアシート」は違反?買い替えのタイミングとは

2歳からジュニアシートは使える?

予期せぬ自動車の事故から、子供を守るためのジュニアシート。適応年齢は3歳からだと言われていますが、2歳児が使ったら違反になるのかよくわからなくて、購入をためらっているパパ・ママも多いと思います。

ジュニアシートの適応年齢は3歳児以上ですが、それに加えて身長が100㎝・体重が15kg以上が推奨とも言われています。2歳児でも体型には個人差があるため、本当は2歳半でも3歳児並みに大きい子だっているかもしれませんよね。

お子さんの成長に合わせて、チャイルドシートが使えないのであれば早めにジュニアシートに切り替えても違反になることはありません。成長に合わせて買い替えてあげましょう!


最近はチャイルド/ジュニアシート兼用モデルが人気を集めている

チャイルドシート・ジュニアシートは、適応年齢や体型に合わせて買い替えが必要になります。兄弟がいれば上手く買い替えのタイミングで下の子にチャイルドシートを譲ることもできますが、一人っ子の場合や歳が近ければ都度購入しなくてはいけませんよね。

最近は、1~11歳まで長く使えるロングユースモデルが人気を集めています。途中で買い替える必要もなく1度購入すれば長く使えるため、不安な方はロングユースモデルを検討するのもおすすめですよ


2歳から使えるジュニアシートの選び方|お子さんにぴったりな製品とは

2歳児のお子さんがジュニアシートを使う場合、どのような点に気を付けて購入すれば良いのでしょうか。

ここでは、2歳から使えるジュニアシートの選び方について、どこに注目して選べば良いのか、必ずチェックしておきたいポイントを4つに分けて詳しく紹介します。お子さんのために良いジュニアシートを買ってあげたいと考えているパパ・ママは、ぜひチェックして下さいね。


2歳から使えるジュニアシートの選び方1. 長く使うなら11歳まで使える製品を選ぶ

チャイルドシートは使える年齢に限りがあるため、お子さんの成長に合わせてジュニアシートに買い替えなくてはいけなくなります。長く使い続けたいのであれば、ロングユースモデルのジュニアシートがおすすめです。

子供の成長には個人差があり、お子さんによっては2歳半でもチャイルドシートが窮屈になる恐れもあります。

お子さんに窮屈な思いをさせないためにも、余裕があって使いやすいジュニアシートを選んであげて下さい。1歳~11歳までなら長く使えて、成長を気にしなくても良いので安心して使い続けられますよ


2歳から使えるジュニアシートの選び方2. 安全性を加味してヘッドレスト付きを選ぶ

ジュニアシートは、大きく分けてヘッドレストタイプとブースターシートタイプの2種類があります。2歳児を含め身長が140㎝を超えるまでのお子さんには、安全性を加味してヘッドレストタイプのジュニアシートを選んであげましょう

ジュニアシートは、6歳を過ぎれば法律上使わなくても問題ありません。しかし、シートベルトは身長140㎝以上を想定して設計されているため、身長が低いお子さんだと身体の固定がしっかりと出来なくなります。また、頭の位置も大人より低いため、専用のヘッドレストで頭部を守ってあげた方が安全。

自動車事故はいつ・どこで起こるか予測できるものではありません。常にしっかりとお子さんの安全を守るためにも、ジュニアシートはヘッドレストタイプを選びましょう。


2歳から使えるジュニアシートの選び方3. リクライニング機能付きのシートを選ぶ

2歳児くらいの子供って、車内にいると振動の心地よさでウトウトと眠ってしまうことが多くあります。お子さんが眠ってしまった場合のことを考えて、リクライニング機能付きのジュニアシートを選ぶとお子さんも寝やすいのでとても安心です。

子供は熟睡すると、頭が不安定になって振動に合わせてグラグラと揺れるため、運転しているママもミラー越しで見ながらヒヤヒヤしていると思います。リクライニング機能があれば、少し倒すだけで頭がしっかりとヘッドレストに固定されるため、頭が揺れる心配がありません

パパもママも安心して運転に集中できますので、ジュニアシートはリクライニング機能付きを選ぶことをおすすめします。


2歳から使えるジュニアシートの選び方4. 清潔に使うためにも洗えるシートを選ぶ

子供が使うジュニアシートは、常に清潔なものが良いですよね。まだまだ2歳児のお子さんですと車内でお菓子やお茶などを飲んだときに、うっかりこぼしてしまう事も多いでしょう。また、ぐっすりと眠れば寝汗もたくさんかくかもしれません。

このように、2歳児のお子さんはジュニアシートを些細なことで汚しやすいため、何時でも簡単に取り外せて洗えるシートがあればとても便利です。

また、ロングユースモデルのジュニアシートを購入した場合、使用期間の長さを考えると毎回洗って使用したほうが清潔なので安心ですよ。


2歳でも使える!チャイルド兼用ジュニアシートのおすすめ人気ランキング

ここからは、2歳のお子さんでも使えるおすすめの人気ジュニアシート・チャイルドシートをランキング形式でご紹介します。

人気のロングユースモデルやコスパが良く安いものなどを取り揃えていますので、ぜひ、お子さんに合った素敵なジュニアシートを見つけて下さい!


【人気のジュニアシート第10位】GRACO ジュニアマキシプラス

GRACO(グレコ) ジュニアシート ジュニアマキシプラス カーズ 3歳頃からロングユース ディズニー 67176
  • 男の子はカーズ・女の子はシャイニープリンセスとかわいいデザインのジュニアシート
  • 両サイドにカップホルダーを装備しているのでお気に入りのおもちゃや飲み物などが置ける
  • ウォッシャブルシートでいつでも清潔に使用できる

子供に「車乗りたくない!」と、駄々をこねられると、お出かけの度に苦労しますよね。

GRACOのジュニアマキシプラスシリーズは、男の子はカーズ・女の子はシャイニープリンセスのキャラクターが描かれているジュニアシート。車を嫌がる子供に乗りたい!って思ってもらえるようなかわいいデザインになっています。しかもカップホルダーを両サイドに装備しているので、ジュースやお菓子・お気に入りのおもちゃなどを入れることができます。

ジュニアシートは長時間身体を固定されるため、シートベルトを嫌がる子もいますが、かわいいキャラクターと一緒なら喜んで乗ってくれるでしょう。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢:3歳〜11歳
  • サイズ:W40×D40×H69~82 (cm)
  • 重量:4.72 (kg)
  • 取り付け方法:シートベルト
  • リクライニング: ×
  • 洗濯:◯
  • メーカー:GRACO

【人気のジュニアシート第9位】Child Guard 312アイフィックスジュニア

Child Guard(チャイルドガード) ISOFIX・シートベルト固定両対応 312アイフィックスジュニア グレー/シトロン 日本製 3歳~ (1年保証) TKISJ009
  • シートベルトメーカーと国内外自動車メーカーが共同開発して作ったジュニアシート
  • 2Way対応でISOFIX・シートベルトの両方で使用可能
  • 折り畳めるので、使わない時はコンパクトに収納できる

ジュニアシートはお子さんが使うものなので、安全性を追求したいとは思いませんか。

ChildGuardの『312アイフィックスジュニア』は、シートベルトメーカーと国内外自動車メーカーが共同開発して作った日本製のジュニアシート。厳しい品質確認基準をクリアしたものだけが出荷されるのでとても高品質。

しかも、使わない時は折り畳んでコンパクトに収納することも可能です。細かいところまで気配りが行き届いているのは、さすがメイド・イン・ジャパンだとは思いませんか。

気配りが行き届いている日本製のジュニアシートで、お子さんを予期せぬ衝撃から守ってあげましょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢:3歳〜12歳
  • サイズ:W45×D48×H69 (cm)
  • 重量:6.6 (kg)
  • 取り付け方法:ISOFIX・シートベルト両方可能(2Way)
  • リクライニング:◯
  • 洗濯:ー
  • メーカー:Child Guard

【人気のジュニアシート第8位】TMJ ジュニアシート NENNE(ネンネ)

TMJ ジュニアシート NENNE(ネンネ) 赤/黒 1歳から11歳 ロングユースチャイルドシート ハイバック ブースター
  • 約20度調節できてお子さんが寝やすいリクライニング機能付きジュニアシート
  • 通気性の良いメッシュシートを採用しているので、何時でも快適
  • 成長に合わせて3つのモードで使えるロングユースモデル

車の中でいつも寝てしまうお子さんのために、リクライニング機能付きのジュニアシートがあれば嬉しいですよね。

TMJのジュニアシートNENNEは、リクライニング機能付きで背もたれを約20度調節できてとても寝やすいです。

小さい子は熟睡すると頭がフラフラしがちで、ママも運転中はヒヤヒヤしちゃいますよね。リクライニング機能があれば、背もたれを後ろに倒せるので、お子さんの頭のふらつきを抑えてしっかりとガードしてくれますよ。

ドライブ中にいつも眠ってしまうというお子さんに、TMJのジュニアシートで快適な眠りをプレゼントしましょう。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢:1歳〜11歳
  • サイズ:W47×D51×H64 (cm)
  • 重量:4.1 (kg)
  • 取り付け方法:ISOFIX or シートベルト
  • リクライニング:◯
  • 洗濯:ー
  • メーカー:TMJ

【人気のジュニアシート第7位】リーマン ハイバックジュニアシート

リーマン ハイバックジュニアシート ハイバックジュニア エアロブラウン 73630
  • ユニバーサル認可製品なので、車種が変わっても使用可能
  • 重量が3kgと軽量で、ママでも簡単に取り付けできる
  • 熱がこもりにくいエアーフリーシート構造で汗をかきやすいお子さんも快適

ジュニアシートを購入するのなら、車を買い替えても使えるものが嬉しいですよね。

リーマンのハイバックジュニアシートは、ほとんどの車種に使えるユニバーサルタイプなので車種が変わっても安心して使用できます。また、重量も3kgと軽量なので、ママでも取り扱いやすく載せ替えもラクに行えるのが嬉しいメリット。

せっかく3~11歳までのロングユースモデルのジュニアシートを購入しても、車種が変わって使えなくなったら意味がありません。車種を選ばずに使いやすいジュニアシートを探しているパパ・ママには、リーマンがおすすめですよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢:3歳〜11歳
  • サイズ:W44xD42xH64.5~75(cm)
  • 重量:3(kg)
  • 取り付け方法:シートベルト
  • リクライニング:×
  • 洗濯:-
  • メーカー:リーマン

【人気のジュニアシート第6位】 Combi ジョイトリップ エッグショック GG

コンビ Combi チャイルド&ジュニアシート ジョイトリップ エッグショック GG ネイビー (1才頃~11才頃対象) 産まれたての頭を守る「エッグショック」
  • 超・衝撃吸収素材エッグショックでお子さんの頭を衝撃から守る
  • ヘッドサポート・ランバーサポートで頭と腰を守り、横倒れの軽減に
  • 3Dメッシュシートと本体エアゲートで通気性が高くムレにくい

運転中に不安定になりがちなお子さんの頭をしっかりと守ってくれるジュニアシートがあれば安心ですよね。

CombiのジョイトリップエッグショックGGは、超・衝撃吸収素材エッグショックを搭載しているジュニアシート。やわらかい赤ちゃんの頭も、しっかりと衝撃から守ってくれるでしょう。また、ヘッドサポートとランバーサポートでお子さんの横倒れも軽減してくれるので、ママも安心して運転に集中できます。

運転中の事故は予期せぬところで起こるもの。いざという時のために、お子さんをしっかりと守れるジュニアシートを購入したいパパ・ママにおすすめです。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢:1歳〜11歳
  • サイズ:W44×D45×H67(cm)
  • 重量:5.3 (kg)
  • 取り付け方法:シートベルト
  • リクライニング:×
  • 洗濯:◯
  • メーカー:Combi

【人気のジュニアシート第5位】エールベベ サラット3ステップ クワトロST

エールベベ 『安心トリプル保証付』サラット3ステップ クワトロST 1歳から11歳用ジュニアシート(軽量&通気性強化モデル) ブラック ALC246
  • 身体を締め付けない作りで安心のサラット3ステップ採用
  • 通気性の良いサラサラメッシュでお子さんを嫌なムレから守る
  • 製品ロング保証・チャイルドシート無料交換・見舞金制度と無料の独自トリプル保証つき

肩ベルトが苦手なお子さんでも、嫌がらずに座ってくれるジュニアシートがあれば嬉しいですよね。

エールベベのクワトロSTは、肩を直接圧迫しないサラット3ステップを採用しています。肩ベルトが苦手なお子さんの多くは、身体をきつく締め付けられるからだと言われています。サラット3ステップならお子さんも嫌がらずジュニアシートに乗ってくれるでしょう

車に乗せるたびにぐずって大変な思いをしていたママも、エールベベのジュニアシートがあれば安心してドライブが楽しめますよ。

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢:1歳〜11歳
  • サイズ:高さ66×幅44×奥行44 (cm)(ヘッドレスト最低位置時)
  • 重量:6.28 (kg)
  • 取り付け方法:シートベルト
  • リクライニング:×
  • 洗濯:◯
  • メーカー:エールベベ

【人気のジュニアシート第4位】GRACO ジュニアプラス メトロポリタンGR

  • 重量が3.6kgと軽量設計なのでママでも簡単に設置可能
  • ヘッドサポートは6段階・アームレストは2段階とお子さんの成長に合わせて調節できる
  • シートはいつでも洗えるウォッシャブルシート採用

パパがいなくてもママが簡単に設置できるジュニアシートがあれば、お出かけの時も苦労しないで済みますよね。

GRACOのジュニアプラスメトロポリタンGRは、重量が3.6kgと軽量なのでママが一人でも簡単に設置できます。お子さんの成長に合わせて、ヘッドサポートは6段階・アームレストは2段階の調節が可能。成長しても長く使えるので、買い替える必要はありません。

背もたれの取り外しも、とても簡単。お子さんが大きくなってもジュニアシートの設置に苦労することはなく使えますよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢:3歳~11歳頃まで
  • サイズ:W40×D40×H69~82(cm)
  • 重量:3.6(kg)
  • 取り付け方法:シートベルト
  • リクライニング:×
  • 洗濯:◯
  • メーカー:GRACO

【人気のジュニアシート第3位】西松屋 マムズキャリー・ベビーFUNハーネスハイバックシートネオ

  • ロングユースモデルのジュニアシートなので1~11歳と幅広い年齢に対応
  • お子さんの成長に合わせてヘッド部分の調節ができる
  • ゆとりを持ったワイドなボディでお子さんの身体をしっかりと包み込む

ロングユースモデルで安いジュニアシートがあったら嬉しいですよね。

西松屋のマムズキャリー・ベビーFUNハーネスハイバックシートネオは、1~11歳頃まで使えるロングユースモデルのジュニアシート。3つのモードに切り替えできるので、お子さんの成長に合わせて長く使えます。

お手頃価格で良い商品を豊富に取り揃えている西松屋のジュニアシートなので、価格も8,000円以下と安いのがおすすめポイント。兄弟が多くてたくさんジュニアシートを用意したいというご家庭でも、安心価格で揃えられますよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢: チャイルドシート:9~18kg・1~4歳頃、ジュニアシート(背面あり):15~25kg・3~7歳頃、ジュニアシート(背面なし):15~36kg・3~11歳頃
  • サイズ:W450×D450×H680mm
  • 重量:4.8 (kg)
  • 取り付け方法:シートベルト
  • リクライニング:×
  • 洗濯:◯
  • メーカー:西松屋

【人気のジュニアシート第2位】西松屋 日本育児 トラベルベストECプラス

  • 重量約2.9kgでコンパクトサイズなので持ち運びしやすく、簡単にセッティング可能
  • お子さんの頭をしっかりと守る大型ヘッドレスト採用
  • 座り心地の良いやわらかクッションなので、お子さんも車内でリラックス

ジュニアシートには、あまりお金をかけたくないというママもいると思います。

西松屋の日本育児トラベルベストECプラスは、1~4歳まで使えるチャイルド・ジュニアシートで8,000円以下と安いのが魅力。重さが約2.9kgとコンパクトサイズですが、大型ヘッドレストが付いているので、お子さんの頭をしっかりと守ってくれます。

いくら安くても、安全性が確保されていなかったら購入しても不安が残るだけですよね。トラベルベストECプラスなら、コスパが良くてしっかりと赤ちゃんの安全を守ってくれますよ

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢:1歳〜4歳ごろ
  • サイズ:約幅34×奥行き30×高さ54~59(cm)
  • 重量:約2.9(kg)
  • 取り付け方法:シートベルト
  • リクライニング:×
  • 洗濯:ー
  • メーカー:西松屋

【人気のジュニアシート第1位】アップリカ エアグルーヴAG

アップリカ(Aprica) ジュニアシート 1歳頃から エアグルーヴ AG ネイビー 93500
  • 1~11歳ごろまで長く使用できるロングユースモデルの車用シート
  • シートカバーの取り外しが簡単なので、洗濯機での丸洗いもお手軽
  • ヘッドサポート・3Dサポートクッションでお子さんの身体をしっかり包み込む安全設計

ロングユースモデルのジュニアシートなら、何時でも丸洗い出来て清潔を保ちたいですよね。

アップリカのエアグルーヴAGはチャイルドシート・ジュニアシート・ブースターシートと3つのシート機能を備えたロングユースモデルの車用シート。お子さんの成長に合わせてモードを変更できるので、1~11歳ごろまで長く使えます。2015年モデルはシートカバーが簡単に外せるようになったため、洗濯機での丸洗いもお手軽になりました。

お子さんにありがちな食べ物や飲み物の汚れもすぐに洗えるので、アップリカのジュニアシートなら何時でも清潔を保てますよ!

Amazonで詳細を見る

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢:1歳〜11歳
  • サイズ:【チャイルドシートモード】W44.2 × D41.3 × H67.2~75、【ジュニアシートモード】W44.2 × D41.3 × H67.2~75、【ブースターシートモード】W43.3 × D36.8 × H22.0 (cm)
  • 重量:チャイルドシートモード:5.2kg、ジュニアシートモード:5.0kg、ブースターシートモード:1.8kg
  • 取り付け方法:シートベルト
  • リクライニング:×
  • 洗濯:◯
  • メーカー:Aprica

ジュニアシートは助手席に取り付けない方が良い。最適な設置場所とは?

ジュニアシートを助手席に取り付けても違反にはなりません。ですが、エアバック装備の座席の場合は使用禁止となっています。これは、小さい子供はエアバッグの衝撃に耐えられない可能性が高く、かえって危険を伴うことが原因として挙げられるからです。

このような理由からも、ジュニアシートは助手席ではなく後部座席に取りつけましょう。中でもおすすめなのは、運転席の後ろの位置ですよ。


お子さんの成長に合わせてジュニアシートを用意してあげましょう!

ジュニアシートは年齢関係なく、お子さんの成長に合わせて用意してあげる必要があります。都度購入するのが面倒だというママは、ロングユースモデルのシートを用意すると良いでしょう。

お子さんによっては2歳半でも3歳児のように大きくて、ジュニアシートがぴったりなんて子もいるかもしれません。せっかくチャイルドシートを購入しても、成長が早ければそんなに使用できないので勿体ないですよね。

今回紹介したジュニアシートには、人気のロングユースモデルの商品もたくさんあります。ぜひ、お子さんに合ったシートを見つけて長く愛用して下さい!

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事