回転式チャイルドシートの人気おすすめランキング|新生児も使える便利アイテムを比較

回転式のおすすめチャイルドシートをお探しの方へ。今記事では、回転式シートのメリットや選び方から、人気ランキングまで詳しくご紹介します。普通のチャイルドシートに比べて乗せおろしが楽に行えるので、自動車を乗る機会が多い方は、ぜひチェックしてみてください!

回転式チャイルドシートとは|特徴やメリットを詳しく解説

回転式チャイルドシートとは

回転式チャイルドシートとは、座面を回転させることができるチャイルドシート。ドアの方へ横向きにすれば、車高や駐車場の広さに関係なく赤ちゃんの乗せ降ろしが楽になる優れものです。

また、日差しの向きによって角度を変えたり、成長に合わせて方向を変えたりでき、赤ちゃんが快適に座っていられるのもポイント。大人にも赤ちゃんにも便利で使いやすいアイテムなので、車でのお出かけを手軽に快適にしたい方には欠かせないアイテムです。


チャイルドシートの選び方|回転できるおすすめの1台とは

回転式チャイルドシートは、子育てをより手軽にしたい方には重要なアイテム。しかし、様々なメーカーから販売されているため、どんなチャイルドシートが使いやすいのか悩んでしまうこともあります。

そこで、自分に合うチャイルドシートを購入するための選び方のポイントを紹介していきますね。


チャイルドシートの選び方1. 乗ってる車種に合わせたシートを選ぶ

チャイルドシートには使用に適した車種が決められており、適合しない車種では安全に搭載できません。商品の価格やメーカーだけを見て選んでしまうと安全に使えなかったり、そもそも自家用車に取り付けられなかったりします。

そのため、必ずチャイルドシートの適合車種をチェックし、自分の乗っている車種に合わせたシートを選びましょう。チャイルドシートの安全性を確保するためにも、正しく使えるようにしておきましょう。


SUVなどだと車高が高い車の場合、座面が低いのものを選ぶ

SUVなど車高の高い車は、シートも地面から高い位置につけられていることが多いです。チャイルドシート自体も25~35cm程度の高さがあるので、車高の高い車に取り付けると子どもを乗せ降ろしが大変になってしまいます。

車高の高い車に取り付けることを考えるなら、チャイルドシートの座面は低いものを選び、少しでも乗せ降ろしが楽になるものを選んでくださいね。


チャイルドシートの選び方2. 車が対応してるならISOFIX式を選ぶ

回転式チャイルドシートは、一般的なチャイルドシートよりもサイズや重量が大きく作られているのが特徴。そのため、1人で車に取り付けようと思うと大変で、取り外すことが多いと苦労も多くなってしまいます。

そこで、車種が適応しているならISOFIX式で固定できるものを選びましょう。ISOFIX式はシートベルトを使わず座席の金具に直接取り付けられるので、チャイルドシートの安全性が高く正しい方法で設置できますよ。


未対応ならシートベルト式を選ぶ

ISOFIX式に未対応な車種や、複数台の車を所有している家庭では、幅広い車種に対応してシートベルト式がおすすめ。

慣れるまでは大変ですが、どんな車種でも設置できるので車を買い換えたときでも使い続けられますよ。


チャイルドシートの選び方3. お子さんの年齢に合うシートを選ぶ

回転式チャイルドシートは回転するギミックの必要性などから、対象年齢が短く設定されているアイテムが多いです。安全にチャイルドシートを利用するためにも、対象年齢をチェックしておき、使用する幼児の年齢に合うシートを選ぶようにしましょう。

また、対象年齢が分かっていると買い換えるタイミングをあらかじめ知っておけるので、次のシートへスムーズに移行できます。ただ、成長スピードによっては対象年齢の中でも合わなくなってしまうこともあるので、きつくなってもまだ座れるからと無理に使用するのは避けましょう。


回転式チャイルドシートの人気おすすめランキングTOP10

ここでは、回転式チャイルドシートの中でも特におすすめのアイテムをランキング形式で紹介していきます。

商品ごとの特徴やメリットなどを比較しながら、あなたにとって使いやすいチャイルドシートを探してみてくださいね。


【人気のチャイルドシート第10位】ブリタックス・レーマー デュアルフィックス

britax 回転式チャイルドシート デュアルフィックス フレイムレッド 新生児~4歳頃 【日本正規品保証付】 BRX22820
  • 4歳ごろまで後ろ向きで乗ることができ、子供の安全をしっかり確保できる
  • 前向きに乗っていても、衝撃を下へ逃がすことで頭や首への衝撃を抑えてくれる
  • 側面からの衝撃にはフレームが変形しながら衝撃を分散し、子供の安全を守ってくれる

もしもの時の衝撃をやわらげてくれるものほど、親としては使いたいと思いますよね。『ブリタックス・レーマー デュアルフィックス 』は、4歳頃まで後ろ向きでの使用が可能で、前向きで使用するよりも長い期間子供への衝撃を減らしてくれます。

前向きで使用した際にも、衝突時の前からの衝撃を下へ逃がす構造になっており、頭や首への衝撃をやわらげてくれますよ。多角的に子供への衝撃を抑えてくれるので、どんな衝撃からも子供を守りたい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢:新生児〜4歳ごろ
  • サイズ:450×630×530mm
  • 重量:14.7kg
  • 取り付け方法:ISOFIX
  • メーカー:ブリタックス・レーマー

【人気のチャイルドシート第9位】マキコシ アクシスフィックス プラス

  • 座面高が低くコンパクトに作られているので、シートが高くても乗せ降ろししやすい
  • 天井までのスペースを確保できるので、子供を圧迫感をいだきにくい
  • サポートレッグを使わずに固定し、足元がスッキリとして空いたスペースを活用できる

車の座席シートが高いと、いくら回転しても子供を載せるのには苦労してしまうもの。『マキコシ アクシスフィックス プラス』は座面の高さが19cmとコンパクトに作られており、シートの高い車でも乗せ降ろしが手軽になります。

さらに、チャイルドシートに高さがないので、天井までの距離にも余裕があり、子供が圧迫感を抱くこともありません。子供を持ち上げるのが大変なママは、座面高が低く乗せやすいこちらのシートがぴったりですよ。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢:新生児〜4歳頃
  • サイズ:445×550×575mm
  • 重量:12.15kg
  • 取り付け方法:ISOFIX
  • メーカー:マキコシ

【人気のチャイルドシート第8位】クレステラ アルテミスターンISOFIX

GRACO (グレコ) チャイルドシート G-FLOW(ジーフロウ) レッドRD 【3段階リクライニング + ふわっとクッション搭載】 67194
  • ISOFIXが正しい設置状況なのかを目で見て判断できる
  • 重心が低く作られており、子供の首や肩にかかる衝撃を抑えてくれる
  • 比較的軽い重量なので、ママ一人でも設置しやすい

チャイルドシートがしっかりと効果を発揮するには、正しく取り付けることが必要です。『クレステラ アルテミスターンISOFIX』は、レッグサポートやコネクターに色のついたインジケータがつけられており、この色から正しくつけられているかを確認できるようになっています。

また、重心を低く設計することで子どもへの衝撃が強くならないように設計されていますよ。正しく設置されているのか心配になる方は、目でロック状態を確認できるこちらが最適です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢:新生児〜4歳
  • サイズ:490×630×575mm
  • 重量:9.9kg
  • 取り付け方法:ISOFIX
  • メーカー:クレステラ

【人気のチャイルドシート第7位】エールベベ クルットNT2プレミアム

エールベベ 『日本製・安心トリプル保証付』回転型チャイルドシート クルットNT2プレミアム 【シートベルト取付】 新生児から4歳用(サンシェード付き/ワンタッチハーネス) チャコール ALB860
  • サンシェードで足元まで覆うことで、日差しが直接当たるのを防ぎ快適に乗れる
  • シートの肩の高さを調節できるので、成長しても座りやすい
  • カバーは簡単に外すことができ、自宅で手軽に洗濯できる

上を向いて乗っている赤ちゃんにとって、車に差し込む日差しは非常に強く感じてしまいます。『エールベベ クルットNT2プレミアム』はサンシェードふが付属しており、窓からの日差しや紫外線をガードして眠りやすい環境を整えてくれますよ。

背もたれにつけられたレバーによって方の高さを変えられるため、子供に合わせて座りやすい状態へ調節できます。使用する子供の快適性を重視したい方には、サンシェードで日差しや暑さをガードできるこちらがぴったりです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢:新生児〜4歳
  • サイズ:470×650×710mm
  • 重量:16kg
  • 取り付け方法: シートベルト
  • メーカー:エールベベ

【人気のチャイルドシート第6位】コンビ クルムーヴ スマート エッグショック

  • 簡単な操作でチャイルドシートを操作できるため、赤ちゃんを抱えたままでも操作できる
  • 衝撃を吸収する素材とシート形状によって、赤ちゃんにかかる衝撃をしっかりと抑えてくれる
  • 急性の高いシートで赤ちゃんを包むことで、快適な環境を作り出せる

チャイルドシートを操作する時は赤ちゃんを抱えていることも多く、操作に手間取ってしまうママも多いはず。『コンビ クルムーヴ スマート エッグショック 』は、レバー一つだけでリクライニングやターンができ、簡単にシートの操作が可能です。

さらに、衝撃吸収素材と衝撃を分散させる設計によって、急ブレーキなどの衝撃も軽減。複雑な操作が苦手な方は、簡単な手順で安全にシートの操作ができるこちらがベストです。

楽天で詳細をみる


商品ステータス

  • 対象年齢:新生児〜4歳
  • サイズ:460×640×640mm
  • 重量:11kg
  • 取り付け方法:ISOFIX
  • メーカー:コンビ

【人気のチャイルドシート第5位】ジョイー Arc360°

Joie(ジョイー) ISOFIX固定 チャイルドシート Arc360°(アーク360°) ツートーンブラック 0か月~ 38606
  • 中のシートが着脱式になっており、子供の成長に合わせてしっかりとフィットする
  • クッションシートも取り外すことができ、洗濯できるので清潔に使用できる
  • メッシュ生地を使用することで通気性を確保し、快適な座り心地を実現

長く使えるチャイルドシートは便利な反面、サイズが合わなくなってしまうのが不安な方もいますよね。『ジョイー Arc360°』は二層式のシートになっており、着脱することで子供のサイズに合わせて調節ができますよ。

クッションシートは取り外して洗濯ができるので、清潔に使い続けられるのもポイント。子供に合わせてシートのサイズを調節できるので、しっかりと身体にフィットするチャイルドシートが欲しい方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢:新生児〜◯ヶ月
  • サイズ:460×510×630mm
  • 重量:11.9kg
  • 取り付け方法:ISOFIX、 シートベルト
  • メーカー:ジョイー

【人気のチャイルドシート第4位】日本育児 バンビーノ

日本育児 ISOFIX固定 チャイルドシート Bambino (バンビーノ) 360 Fix スカンジナビアンドット・グリーン 0か月~
  • チャイルドシートと座席の間にリバウンドバーを設置することで、衝撃が直接伝わらない
  • バーによってスペースが確保でき、スムーズに回転する
  • カバー付属するため、日差しやエアコンの直風を遮れる

チャイルドシートは急停止や事故などの衝撃から守ってくれるため、どれくらい衝撃を軽減できるのか気になる方も多いはず。『日本育児 バンビーノ 』は座席シートとチャイルドシートの間に衝撃吸収バーを設けることで、衝撃が直接伝わらないようになっています。

また、このバーに寄って適度なスペースが生まれるため、回転させる時につっかえてしまうこともありません。幼児の安全をしっかりと守りたい方は、リバウンドバーによって衝撃をしっかり分散させるこちらが最適です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢:新生児〜4歳
  • サイズ:45×61×61~65
  • 重量:-
  • 取り付け方法:ISOFIX
  • メーカー:日本育児

【人気のチャイルドシート第3位】LETTAS チャイルドシート

LETTAS チャイルドシート 回転式 新生児~12歳頃(0~36kg) ISOFIX対応 シートベルト固定 一年保証 ブラック
  • 奥行きが出ないコンパクト設計になっており、軽自動車などでも設置しやすい
  • 高さの調節幅が広く、体格に合わせて乗りやすいように変更でき安全性が高い
  • 両サイドにプロテクターを装着することで、横方向からの衝撃からも幼児を守ってくれる

軽自動車など車内の面積が限られていると、大きいチャイルドシートは使いづらくサイズ選びに苦労しますよね。『LETTAS チャイルドシート』は奥行きがコンパクトに作られているので、面積を取りすぎずスッキリと設置できるのが特徴です。

高さは最大で20cmまで伸縮でき、車高や子供の成長に合わせて調節が可能。コンパクトながら子供の体格に合わせた使い方ができるので、チャイルドシートのサイズ感に悩んでいる方にベストですよ。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢:新生児〜12歳
  • サイズ:450×450×660mm
  • 重量:-
  • 取り付け方法:ISOFIX、シートベルト
  • メーカー:LETTAS

【人気のチャイルドシート第2位】西松屋 SmartAngel ターン・レジェFIX-ST

  • ISOFIX式とシートベルト式、好きな方法で着脱できるので車種を選ばず使用できる
  • レッグサポートによって固定力がアップし、シートがズレるのをしっかり防いでくれる
  • 口コミや意見を参考に改良することで、満足度の高いシートに仕上がっている

着脱方法から選んでしまうと、車を乗り換える時使いづらくなってしまうことも。『西松屋 SmartAngel ターン・レジェFIX-ST』はISOFIX式とシートベルト式、どちらでも設置できるので乗る車が変わってもそのまま使用できます。

さらに、レッグサポートによって座面をより固定させることで、振動などでシートがズレるのをしっかりとガード。

どんな車種でも使えるチャイルドシートが欲しい方は、2つ方法で幅広く取付可能なこちらがぴったりです。

楽天で詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢:新生児〜4歳
  • サイズ:440×570×570mm
  • 重量:9.9kg
  • 取り付け方法:ISOFIX 、シートベルト
  • メーカー:西松屋

【人気のチャイルドシート第1位】アップリカ 回転式ベッド型 ディアターンプラスISOFIX AB

アップリカ ISOFIX固定 ISOFIX 回転式ベッド型 ディアターンプラスISOFIX AB 新生児から使える ネイビー 0か月~ (1年保証) 2107741
  • ベッドを平らにすることで、赤ちゃんが楽な姿勢になり新生児から乗せられる
  • 手足の動きを縛らないため、赤ちゃんが窮屈さを感じづらい
  • 新生児から4歳まで長く使えるので、コスパを気にする方にもベスト

新生児~1歳ごろまではリクライニングでも、赤ちゃんにとってはリラックスできないことがあります。『アップリカ 回転式ベッド型 ディアターンプラスISOFIX AB』はリクライニングを平らになるまで倒すことができ、赤ちゃんがリラックスしやすい姿勢で載せることが可能です。

身体を固定しても手合の動きを妨げないことで、窮屈さを与えないのもポイント。小さい赤ちゃんでもゆったりと乗れる設計のため、赤ちゃんと一緒に外出する機会が多い方におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス

  • 対象年齢:新生児〜4歳
  • サイズ:-
  • 重量:-
  • 取り付け方法:ISOFIX
  • メーカー:アップリカ

回転式チャイルドシートで赤ちゃんとのお出かけを楽しもう!

回転式のチャイルドシートは、座席を横向きにすることで子供の乗せ降ろしが簡単にあるアイテム。向きを変えることで安全性を高めるうこともでき、幼児の安全を守りながら育児を楽にしてくれますよ。

ただし、子供の安全を確保するためにも細かいところまでチェックしなければいけません。取り付け方などもしっかりヒッカ牛ながら、安全に活用できるシートを選びましょう。


【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事