【2019】年齢別チャイルドシートのおすすめ&選び方|子供に人気の座席シートとは

チャイルドシートのおすすめを知りたい方へ。今記事では、チャイルドシートの種類(ベビーシート、ジュニアシート)や選び方から、2019年おすすめのチャイルドシートまでご紹介。コンビ、アップリカ、グレコなどの人気メーカーの紹介や、安全性や取り付け方まで大公開。赤ちゃん&子供向けの人気の一台とは?

前提として、チャイルドシートっていつから必要なの?

チャイルドシートのおすすめ

6歳未満の子どもが車に乗る時にはチャイルドシートの利用が法律(道路交通法)で義務づけられています。そのため、生まれたばかりの新生児からチャイルドシートが必要です。

仮に産科病院から自家用車で退院する際であっても、チャイルドシートを使用しましょう。

新生児を含め、幼い子どもをチャイルドシートに座らせるだけでなく、保護者が車内の子どもの様子を見守れる状態にあることが望ましいです。


6歳以上でもチャイルドシートを使用するケースもある

法律上6歳未満の幼児を対象にチャイルドシートの着用が義務化されていますが、6歳以上の学童であっても補助シートを使用するケースがほとんど。

6歳以上であっても身長が140cm未満の場合、学童用のジュニアシートを使います。

なぜ140cm未満だとジュニアシートが必要なのかというと、普通車のシートベルトは身長140cmを基準に設計されているためです。身長が達していない子供の場合、万が一事故に合った時に、シートベルトが機能しないことも考えられます。

140cmの身長を目安に補助シートから卒業しましょう。


チャイルドシートは大きく3種類に分けられる

チャイルドシートの種類は子どもの年齢や体格別に、ベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシートの3つに分けられます。

子どもの成長段階に応じて適したチャイルドシートはどれになるのかチェックしてください。


種類① ベビーシート

生まれたばかりの新生児から、1歳くらいまでの乳児専用のチャイルドシートが「ベビーシート」です。

乳児の体格や発育は個人差が大きく、ベビーシートの使用期間は年齢よりも体格を目安にすると良いでしょう。乳児期は首が据わっていないため、寝かせるタイプのシートになっています。

ベビーシートの使用に適している体格は、身長70cm未満、体重10kg未満です。商品によっては体重13kg未満のベビーシートもあります。


種類② チャイルドシート

いわゆるチャイルドシートとは、だいたい9ヶ月から4歳過ぎくらいまでの幼児が利用できる補助シートのことです。

使い始めの目安は、首が据わり、子ども自身で安定した座位が保てるようになってから。横向きに寝かせるタイプベビーシートと違い、チャイルドシートは縦型で前向きのシートとして使います。

なお、チャイルドシートの利用に適した体格の目安は、身長65~100cm未満、体重9kg~18kgです。


種類③ ジュニアシート

おおむね4歳から10歳くらいまでの子どもに使う補助シートをジュニアシートと言います。

シートベルトは身長140cm以上を想定した設計のため、身長や座高が満たない子どものために座面を上げて高さを補い、腰ベルトの位置を子どもの腰に合わせて、大人用のシートベルトでも安全に利用できるようにしたものです。

ジュニアシートは、身長135cm未満、体重15kg~35kgまでの子どもの利用を想定しています。特に法律上の設置・使用義務はありませんが、子どもの安全な乗車のためには、ジュニアシートへの着座とシートベルト着用が望ましいです。


お子さんに合ったチャイルドシートの選び方

チャイルドシートを選ぶ時に重視したいポイントを5つ解説します。

安全性に関わる点は最優先でチェックしておきたいですね。また、チャイルドシートは車に乗るたびに使うものだから、使い勝手の良さも重視して選びましょう。


チャイルドシートの選び方1. 安全性の高さで選ぶ

車に子どもを乗せる親なら誰でも、チャイルドシートの安全性を第一に考えたいところです。子どもが車に乗った時の万一の際の安全性は、親としてはとても気になること。

チャイルドシートのメーカーは安全性に配慮した設計にしていますが、より確かな安全性を求めるなら『Eマーク』『自マーク』のついた製品を選びましょう


より安全性を求めたい人におすすめの「Eマーク」・「自マーク」とは

チャイルドシートには国際的な安全基準が定められており、それに適合する製品には『Eマーク』が添付されています。

特に通販でチャイルドシートを購入する場合は、使用前にこのマークの有無を確認して使用するようにしましょう。海外製(欧州製)でも同様に『Eマーク』が添付されているので参考にしてください。

2012年までに製造された一部のチャイルドシートには、かつて国が定めた安全基準に適合している証として『自マーク』がつけられています。中古品を譲り受けた際は『自マーク』の有無を確認すると良いでしょう。


チャイルドシートの選び方2. 取り付け方で選ぶ

チャイルドシートは製品によっても、車種によっても取付方法が異なります。全てのチャイルドシートや車に共通した取り付け規格はありません。

最近では特殊な車種でない限り、チャイルドシートを取りつけられる「ISOFIX対応シート」がある車がほとんどです。ただし、ISOFIX対応シートでない古い車種の場合、シートベルトで取り付け可能なチャイルドシートを選びましょう。

個別に異なるケースがありうるため、詳しくはチャイルドシートや車の取り扱い説明書を必ず参照してください。


取り付け方① シートベルト式

車のシートがISOFIX(アイソフィックス)に対応していない場合は、従来型のシートベルトで車に固定するタイプのチャイルドシートを選ぶことになります。

2012年7月以降に販売された乗用車は3点式シートベルト対応のため、2点式シートベルトに対応しているチャイルドシートはほとんどありません。

取り付け方は製品によって様々で、チャイルドシートの背面に通すタイプや、大人のように前面で固定する製品もあります。


取り付け方② ISOFIX(アイソフィックス)式

ISOFIX(アイソフィックス)とはチャイルドシートの固定方法を定めた国際的な標準規格です。

シートベルト式よりも取り付けやすいため、扱いやすさを求める方におすすめです。現在市販のチャイルドシートは ISOFIXに対応しているものがほとんどですが、非対応の安価な製品もあります。

また、現行車種のほとんどは ISOFIX対応ですが、なかには非対応の車種もあるため、所有している車をよく確認して購入を検討しましょう。


チャイルドシートの選び方3. シートが回転するかで選ぶ

赤ちゃんの乗せ降ろしを楽にしたいなら、ドア正面から乗り降りさせられる回転型のチャイルドシートが良いでしょう。

回転型は固定式に比べて価格が高くなりますが、チャイルドシートに赤ちゃんを固定するのも確実にできるため、より安全に車に乗せることができます。

ベビーシートとチャイルドシートの兼用モデルであれば、乳児期の後ろ向きや幼児期の前向きなど、子どもの成長に合わせてフレキシブルに利用ができて便利です。


チャイルドシートの選び方4. 座り心地の良さで選ぶ

家族みんなで遠出のドライブに行くことが多いなら、長時間楽に車に乗っていられる座り心地の良いチャイルドシートを選びましょう。

厚めで身体にフィットする立体構造のクッション付きのチャイルドシートなら快適に乗っていられます。

車での長距離移動では疲れて眠くなり、頭をこっくりこっくりさせてしまって不安定な体勢になることも。リクライニング機能付きのチャイルドシートなら、シートを倒せば頭をヘッドレストに固定できるから安心です。


チャイルドシートの選び方5. 価格帯で選ぶ

チャイルドシートにはリーズナブルなものから高級品まであり、価格の幅がとても広いため、事前に予算を決めてから選ぶのがおすすめです。

4万円前後のモデルも非常に人気ですが、車に乗る頻度があまり高くなければ、コスパのいい6,000円~2万円代の安いチャイルドシートから選んでみてもいいでしょう。

ただ、乳幼児兼用の長く使えるモデルが欲しいなら、比較的高額な数万円以上するモデルでも十分コスパが高いといえます。


【2019年版】お子様用座席シートのおすすめ商品を徹底ガイド!

ここで、子どもの成長度別に利用したい『ベビーシート』『チャイルドシート』『ジュニアシート』のおすすめ商品を紹介しましょう。

コスパの高いリーズナブルなモデルから、長期利用も可能な兼用モデル、2019年現在の最新モデルまで幅広く紹介します。


【新生児〜1歳】ベビーシートのおすすめモデル7選

ベビーシートとは、誕生直後の新生児から1歳くらいまでの赤ちゃん専用の寝かせるタイプのチャイルドシートになります。

赤ちゃんを持つママの間では、多少価格が高めでも、乗り降ろしさせやすい回転式のベビーシートが人気です。なかにはジュニアシートとして長く使える商品もあるので、合わせてチェックしてみてくださいね。


おすすめのベビーシート1. サイベックス cbx シービーエックス

Cybex サイベックス cbx シービーエックス 新生児用チャイルドシート Shima シマ(新生児~13kgまで) スモーキーアンスラサイト(BK)
  • 別売りのベビーカーにセットできるタイプだから、すぐに車に移動させやすい
  • 他ブランドと比べても3.6kgと軽量だから、赤ちゃんを入れたまま持ち運びやすい
  • シートベルト式だから幅広い車種で使える

安全性と機能性、デザインを兼ね備え、最近世界的に人気が高まっている「ドイツ」のサイベックス製ベビーシートです。

重量は3.6kgとベビーシートとしては非常に軽量で、ハンドル付きだから、赤ちゃんを起こさなくてもそのまま移動させることもできます。別売りのベビーカーに取り付けても使えるタイプのため、赤ちゃんをベビーカーから車に移動させるのも便利です。

ベビーカーとの据え付けタイプが欲しいけれども、実用性を考えると重さがネックで利用に踏み切れないという方におすすめします。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:0ヶ月~12ヶ月
  • 本体重量:3.6kg
  • 対象身長:-
  • 耐荷重:-
  • 取り付け方:シートベルト
  • リクライニング機能:-
  • メーカー:サイベックス

おすすめのベビーシート2. アップリカ ディアターンプラス

アップリカ シートベルト固定 回転式チャイルドシート ディアターン プラス ネイビー 0か月~ (1年保証) 2022072
  • 赤ちゃんのことを熟知したメーカー「アップリカ」で定評があり安心感が持てる
  • 頭の先から足元まで柔らかいクッションで守られており、赤ちゃんに負担がかからない
  • 生まれてまもない新生児から4歳ころまで長く使える

「アップリカ」は日本のベビー用品メーカー大手で看板商品はベビーカー。赤ちゃんのことを熟知しており、国内初のベッド型回転式ベビーシートを販売してもいます。

赤ちゃんの快適さのために、全身を守る柔らかいクッションを内蔵していて、しかも移動に便利な人気の回転式です。

乳児期を過ぎても、4歳までの幼児期のチャイルドシートとしても使える兼用タイプで頻繁に買い替える必要もありません。小さな子どもに長時間移動の負担をかけたくないと思っているなら、このベビーシートがおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢: 0ヶ月~48ヶ月
  • 本体重量:13.5kg
  • 対象身長:-
  • 耐荷重:18kg
  • 取り付け方:シートベルト
  • リクライニング機能:-
  • メーカー:アップリカ

おすすめのベビーシート3. コンビ ウィゴー サイドプロテクション エッグショック LG

コンビ シートベルト固定 チャイルドシート ウィゴー サイドプロテクション エッグショック LG ブラウン 0か月~
  • どれを選んだら良いか迷っても、定評のあるベビーシートだから間違いなし
  • 製品の品質にこだわりがある人も安心の日本製
  • 側面からの衝撃を防ぐ機構や、独自の超衝撃吸収素材による高い安全性

「コンビ」はベビー用品の総合メーカーで、皇室御用達でもあった信頼ある日本ブランドです。特にこのモデルは大人気で定評のあるベストセラー商品だから、どのベビーシートが良いか迷っていても、この製品を選ぶと間違いないでしょう。

赤ちゃんの安全のために2つの安心機構が設けられており、側面からの衝撃を防ぐ『サイドプロテクション』や、新生児の頭を守る独自の超衝撃吸収素材『エッグショック』を搭載し、万一の際も安心。

ウォッシャブル生地を採用しているため、よだれなどで汚れてしまったりしても清潔に保てるのも嬉しいポイントに。

ベビーシートを探しているけれど、どれが良いか悩んでいるなら、安心なこの製品がイチオシです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:0ヶ月~48ヶ月
  • 本体重量:6.3kg
  • 対象身長:-
  • 耐荷重:18kg
  • 取り付け方:シートベルト
  • リクライニング機能:〇
  • メーカー:コンビ

おすすめのベビーシート4. リーマン カイナS

リーマン チャイルドシート 0歳から7歳 カイナS (ネイビー)
  • 新生児期から7歳まで、法令上の着用義務期間をカバーする1万円代の高コスパモデル
  • コンパクトなベビーシートだから、軽自動車やコンパクトカーでも使いやすい
  • 国のチャイルドシートアセスメントで最高評価の「優」を獲得しているから安心して使える

リーマンは質実剛健のモノづくりをモットーする愛知県のチャイルドシート専業メーカー。このシートは適用年齢が7歳までと、法令上義務付けられている期間をカバーしています。

普通のベビーシートやチャイルドシートは1歳や4歳までしか使えないので、着用義務がある6歳までに何度か買い替えしなくてはならないのは面倒という方にちょうどいい製品です。

ベビーシート・チャイルドシートとしては1万円代の非常にコスパが良い製品です。シンプルで軽量コンパクトな設計だから、軽自動車にも載せやすく女性でも扱いやすい。

成長に伴うチャイルドシートの買い替えの手間を省きたい、普段使いのコンパクトカーで使いやすくて安いベビーシートを求めている方におすすめします。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:0ヶ月~7歳頃まで
  • 本体重量:5.3kg
  • 対象身長:-
  • 耐荷重:-
  • 取り付け方:シートベルト
  • リクライニング機能:〇
  • メーカー:リーマン

おすすめのベビーシート5. グレコ チャイルドシート G-FLOW

GRACO (グレコ) チャイルドシート G-FLOW(ジーフロウ) レッドRD 【3段階リクライニング + ふわっとクッション搭載】 67194
  • 高品質ながら、世界規模のメリットを生かした低価格でコスパが高いベビーシート
  • 国内ベビー用品大手のアップリカがサポートしているから、外国製品でも万全なアフターサービス
  • 汗や食べこぼしで汚れても、手洗いできるシートカバーで清潔に保てる

グレコ(GRACO)社は、アメリカの車の部品製造を発祥とする育児用品のグローバルメーカーです。各国の厳しい安全基準をクリアする高品質で、信頼性の高いブランドとして世界80ヵ国の人々に愛用されています。

外国製品にありがちなアフターサポートの不安も、グレコなら国内ベビー用品の大手のアップリカが対応するから問題ありません。

ブランドにこだわらず、コスパの高いベビーシートを探しているなら、世界ブランドのスケールメリットを生かした価格の安いベビーシートを検討してみてはいかがでしょうか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:0ヶ月~48ヶ月
  • 本体重量:5.75kg
  • 対象身長:-
  • 耐荷重:18kg
  • 取り付け方:シートベルト
  • リクライニング機能:-
  • メーカー:グレコ

おすすめのベビーシート6. エールベベ クルットNT2プレミアム

エールベベ 『日本製・安心トリプル保証付』回転型チャイルドシート クルットNT2プレミアム 【シートベルト取付】 新生児から4歳用(サンシェード付き/ワンタッチハーネス) カカオブラウン ALB861
  • ベビーシートに品質を求める方に安心の日本製&長期の4年間の製品保証
  • 赤ちゃんを抱いたままでも片手で360°回転できるから、乗せ降ろしが非常に楽
  • まぶしい太陽光や紫外線を防ぐ大きなドーム型のサンシェードだから赤ちゃんも快適

『エールベベ』は、創立50年以上のカー用品メーカー『カーメイト』社によるチャイルドシートのブランド。エールベベは日本製にこだわりを持ち、さらに4年の長期の製品保証もあるからしっかりした品質を求める方におすすめです。

独自の『クルッと回転』機構により、赤ちゃんを抱いたまま片手で360°自由な方向に向けられるから、狭い駐車場での乗せ降ろしも可能。

深めのドーム型シェードは太陽光や紫外線、エアコンの風も防ぎ、車内で快適に過ごせます。高品質で使い勝手の良い回転式のベビーシートが欲しい人にぴったりの製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:0ヶ月~48ヶ月
  • 本体重量:16.5kg
  • 対象身長:-
  • 耐荷重:18kg
  • 取り付け方:シートベルト
  • リクライニング機能:〇
  • メーカー:エールベベ

おすすめのベビーシート7.ジョイー インファントカーシート ジュバ

Joie(ジョイー) インファントカーシート ジュバ juva 38512
  • 寝かせたままベビーカーにドッキングできる『トラベルシステム』対応でスムーズに移動可能
  • 重量はわずか2.9kgで、赤ちゃんを入れたまま移動もさせやすい
  • 平らな場所で揺らせるゆりかご構造だから、車での移動先で寝かしつけもできる

ジョイー(Joie)は、モノトーンを基調としたデザインが特徴のイギリス発祥の世界的なベビー用品メーカーです。

1台4役の『トラベルシステム』により、ベビーシートとしてだけでなく、ベビーカーとドッキングしたり、ローチェアやゆりかごにもなります。

デフォルトの取り付け方法はシートベルト式ですが、別売の車載用ベース『I-Base』をつけるとISOFIX方式でも取り付けが可能。お出かけ時の赤ちゃんを移動させる手間をできるだけ軽くしたいなら、非常におすすめのマルチなベビーシートです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:0ヶ月~1歳くらいまで
  • 本体重量:2.9kg
  • 対象身長:-
  • 耐荷重:13kg
  • 取り付け方:シートベルト
  • リクライニング機能:-
  • メーカー:ジョイー

【9ヶ月〜4歳過ぎ】チャイルドシートのおすすめモデル10選

チャイルドシートは車のシートの上に載せる独立した小さなシートで、首が据わり安定した座位が保てるようになった頃、9ヶ月から4歳過ぎくらいまでの幼児が利用します。利用に適した体格の目安は、身長65~100cm未満、体重は9kg~18kg程度です。

お出かけ時に疲れてしまっても安定して眠れるように、ほとんどの製品にはリクライニング機能が標準搭載されています。


おすすめのチャイルドシート1. コンビ エッグショック PJ

コンビ チャイルドシート クルムーヴ ISOFIX エッグショック PJ ブラック 新生児~4才頃まで対象
  • 衝撃吸収に優れ、抜群の安定感で赤ちゃんに負担がかかりにくい
  • 操作が楽なワンタッチボタン付きで、指一本で360°のターンやリクライニングができる
  • ISOFIX方式だから、確実・安全に取り付けが可能(公式確認車種リストの確認要)

コンビ独自の強力な衝撃吸収素材『エッグショック』を搭載し、抜群の安定感で頭部を衝撃から守ってくれる安全性の高い人気のチャイルドシート。

ISOFIX方式を採用しているから、取り付けも簡単・確実にできて安心です。ただし、購入前にメーカーが取付可能と確認した公式の車種リストを参照することをおすすめします。

使い勝手もよく、指一本でボタンを押すだけで360°のターンやリクライニングが可能で、子どもを抱えた状態での操作も容易です。約5万円と高額な価格帯になりますが 安全性だけでなくチャイルドシートに使い勝手も求める方におすすめします。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:0歳~4歳
  • 本体重量:12.3kg
  • 対象身長:-
  • 耐荷重:18kg
  • 取り付け方:ISOFIX
  • リクライニング機能:〇
  • メーカー:コンビ

おすすめのチャイルドシート2. コンビ ジョイトリップ エッグショック GG

コンビ Combi チャイルド&ジュニアシート ジョイトリップ エッグショック GG ブラック (1才頃~11才頃対象) 産まれたての頭を守る「エッグショック」
  • チャイルドシートが必要な1歳から11歳までの期間をカバーできるからコスパが良い
  • ベビーシートと同じ超衝撃吸収素材『エッグショック』搭載で、安全性が高く安心
  • 省スペース設計だから、家族みんなが十分座れる車内スペースが確保できる

チャイルドシートが必要な1歳〜11歳向けモデルだから、買い替えの手間がかからず長く使えるコンビの人気モデルです。

ベビーシートで採用されている赤ちゃん向けの超衝撃吸収素材『エッグショック』が搭載されているから、急ブレーキなどもしもの際に子どもの頭部を守ってくれます。

コンビ製チャイルドシートの中でコスパのいいモデルを探しているなら、約2万円で購入できるこの製品が最有力候補となるでしょう。

座り心地の良さやシートの丸洗い対応など長期使用を想定した機能が満載だから、長期間安心して使いたい方におすすめのチャイルドシートです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:1歳~11歳頃
  • 本体重量:5.3kg
  • 対象身長:-
  • 耐荷重:36kg
  • 取り付け方:シートベルト
  • リクライニング機能:〇
  • メーカー:コンビ

おすすめのチャイルドシート3. エールベベ サラット3ステップ クワトロST

エールベベ 『安心トリプル保証付』サラット3ステップ クワトロST 1歳から11歳用ジュニアシート(軽量&通気性強化モデル) ブラック ALC246
  • メーカー独自の圧迫感の少ない『インパクトシールド』により、子どもが快適に着用可能
  • 外付けのインパクトシールドにシートベルトを通す方式だから簡単に取り付け可能
  • 軽量・コンパクトで組み立てやすい構造だから、複数の車を使う場合に便利

独自仕様の肩ベルトのない『インパクトシールド』構造で圧迫感が少なく、組み立て・設置が簡単なチャイルドシートです。

インパクトシールドとはチャイルドシート前面に置く大型パッドで、ここに3点式のシートベルトを通して固定する方式だから取り付けが非常に簡単。

チャイルドシート本体も軽量・コンパクトで組み立てが簡単な構造で車への載せ換えもしやすく、複数の車を利用する子どもにぴったりです。

出かける際は車を使い分けているけれど、1台ごとにチャイルドシートを買うのは負担だと考えているご家庭にぴったりのチャイルドシートです。お値段は約1万円。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:1歳~11歳
  • 本体重量:6.28kg
  • 対象身長:75cm以上
  • 耐荷重:36kg
  • 取り付け方:シートベルト
  • リクライニング機能:〇
  • メーカー:エールベベ

おすすめのチャイルドシート4. 日本育児 トラベルベスト ECプラス

日本育児 チャイルドシート トラベルベスト ECプラス ブラックボーダー 9kg~18kg対象
  • クラス最薄・最軽量で板状に収納できて、携帯して出先でも使いやすい
  • 頭を守るヘッドレストも搭載し、成長に合わせて調整できるから安心
  • おしゃれな3パターンのファブリックが選べて、子どもが喜んで乗ってくれる

日本育児はベビー用品の製造や輸入、販売を手がけている大阪の会社です。

チャイルドシートでは最薄・最軽量クラスのコンパクト設計だから、子どもと一緒にカーシェアリングで近場に移動する時や帰省時、旅先でのレンタカー使用時にと便利に使えます。

格安な携帯モデルでも万一の時に頭部を守る大型ヘッドレストが付いており、安全性も考慮されている一台です。フルサイズのチャイルドシートでなく、車でのちょっとしたお出かけで使える製品を探している方におすすめします。

お値段は約1万円とお財布にも優しく、車を持っていない人でも使いやすい汎用性も兼ね備わっています。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:1歳~4歳
  • 本体重量:2.9kg
  • 対象身長:-
  • 耐荷重:18kg
  • 取り付け方:シートベルト
  • リクライニング機能:-
  • メーカー:日本育児

おすすめのチャイルドシート5. コンビ ジョイトリップ AMZ

[Amazon限定ブランド]  コンビ fugebaby チャイルド&ジュニアシート ジョイトリップ AMZ エアスルー ブラック 1才頃~11才頃対象
  • 洗濯機で丸洗い可能なシートなので、いつでも清潔を保てる
  • 通気性の高い3Dシートやエアゲート、クッションだから蒸れずにさわやかに過ごしやすい
  • 点状に凹凸のあるクッションで座り心地がよく、長時間のドライブでも疲れにくい

コンビの『ジョイトリップ エアスルー GG』をベースにした廉価な販売店限定モデルです。ヘッドサポートやドリンクホルダーを省き、基本的な機能に絞ってリーズナブルな価格にしています。

体温調節がしにくい乳幼児のために、通気性を高めた機構と、洗濯機で丸洗い可能なシートにより、いつでも快適かつ清潔に保てます。クッションは点状の凹凸状のため、長時間のドライブでも疲れにくい。

多機能ではなく、基本的な機能を備えたリーズナブルなチャイルドシートが欲しいなら、こちらの製品を選んでみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:1歳~11歳
  • 本体重量:5kg
  • 対象身長:-
  • 耐荷重:36kg
  • 取り付け方:シートベルト
  • リクライニング機能:-
  • メーカー:コンビ

おすすめのチャイルドシート6. アップリカ エアグルーヴ AC クールルージュRD

アップリカ(Aprica) ジュニアシート 1歳頃から エアグルーヴ AG ネイビー 93500
  • シートカバーやパッド等が取りはずせて、洗濯機で丸洗いできるからいつでも清潔
  • 1歳から11歳まで成長に応じてフォームチェンジしつつ長く使える
  • ヘッド&3Dサポートクッションで身体を支え、さわやかなメッシュシートでロングドライブも快適

シートカバーや肩パッド、股ハーネスカバーが簡単に取り外せて、洗濯機で丸洗い(手洗いモード)できるチャイルドシートなので、1歳から11歳までのロングユースタイプだけど気兼ねなく使えます。

成長に合わせて「チャイルドシート」→「ジュニアシート」→「ブースターシート」(座面のみの補助シート)へとフォームチェンジできるから長く使えてコスパも良好です。

座り心地にこだわった最新モデルで、上半身をヘッド&3Dサポートクッションで支えるから頭をしっかりガード。通気性の高いメッシュシートだから暑い季節でも蒸れずに快適にいられます。

長期間の利用やロングドライブでも快適に使えるチャイルドシートを探しているならこの製品がぴったりです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:1歳~11歳
  • 本体重量:チャイルドシートモード5.3kg、ジュニアシートモード5.0kg、ブースターシートモード1.8kg
  • 対象身長:~140cm
  • 耐荷重:36kg
  • 取り付け方:シートベルト
  • リクライニング機能:-
  • メーカー:アップリカ

おすすめのチャイルドシート7.ジョイー チャイルドシート 04 チルト

ジョイー Joie チャイルドシート 04 チルト ブラック
  • ポップなデザインのチャイルドシートで、ママも楽しくドライブできる
  • グローバルなベビー用品メーカーなので価格もリーズナブルで入手しやすい
  • 国際基準はもちろん、側面衝突にも強い確かな安全性でもしもの時も安心

今までにないポップなファブリックのチャイルドシートだから、車内が華やぎ、ママも楽しくドライブできます。世界的なベビー用品メーカーだから、お手頃な価格設定になっているのもが嬉しいところ。

国際基準のEマーク(欧州基準)に対応の他、側面衝突試験にも合格した高い安全性により、もしもの時にも安心です。

お出かけの際は機能優先の質実剛健なデザインでなく、気分が上がる可愛いデザインのチャイルドシートが欲しいママにおすすめします。

お値段は約1万円と懐事情に厳しいお母さんにも嬉しい価格帯です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:0歳~4歳
  • 本体重量:6.1kg
  • 対象身長:-
  • 耐荷重:18kg
  • 取り付け方:シートベルト
  • リクライニング機能:〇
  • メーカー:ジョイー

おすすめのチャイルドシート8.エールベベ スイングムーンプレミアム

エールベベ 『日本製・安心トリプル保証付』リクライニング機能付きジュニアシート スイングムーンプレミアム 1歳から7歳用(ゆったりワイドシート/お子さまの乗せ降ろしがラク) グラファイトレッド ALC461
  • 1歳から7歳用だから、法律で着用義務のある年齢をカバーし長く使える
  • 深さのある半円形上のシートで、身体を包みこんでしっかり守るから安心
  • 子どもを乗せたままリクライニングできるから、寝てしまってもそのまま休ませられる

1歳から7歳までと長く使えるチャイルドシートで、法律で着用義務のある期間をカバーできるから非常に便利です。

深みのある半円形のワイドなシート設計で、子どもの身体を包みこんで衝撃からしっかり守ってくれるからとても安心。子どもをシートに乗せたまま3段階のリクライニング操作ができるから、休んでいる子どもを起こさずに休ませられます。

車で遠出して子どもとレジャーを楽しみたいと考えているなら、帰途に子どもが疲れて眠り込むケースが想定されるのでこの製品を検討してみてくださいね。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:1歳~7歳
  • 本体重量:8kg
  • 対象身長:75cm~120cm
  • 耐荷重:25kg
  • 取り付け方:シートベルト
  • リクライニング機能:〇
  • メーカー:エールベベ

おすすめのチャイルドシート9.サイベックス パラスS フィックス

cybex ロングユースチャイルドシート パラスエス フィックス PALLAS S-FIX リベルレッド 9ヶ月〜12歳頃【日本正規品保証付き】
  • 9ヶ月頃から12歳まで長く使える高コスパモデル
  • 安定した取り付けができ安全性も高いISOFIX方式だから、いざという時も安心
  • フォームチェンジする2 in 1 シートだから成長しても使いやすい

ベビーシートを卒業する9ヶ月頃から12歳まで長く使えるチャイルドシートなのでとても経済的。4歳くらいまでは前面のセーフティクッションと下部のベース部分で身体をしっかり守り、成長してジュニアシートとして使う場合は外して使えるから便利です。

取り付けはISOFIX方式のため、取り付けにコツがいるシートベルト式と違い、確実に取り付けられ、側面衝突にも対応しているからいざという時の備えとして心強いのもポイント。

安全性の高さや長期使用できる堅実なチャイルドシートを求めているならこのモデルがおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:9ヶ月頃~12歳
  • 本体重量:10.3kg
  • 対象身長:-
  • 耐荷重:36kg
  • 取り付け方:ISOFIX
  • リクライニング機能:〇
  • メーカー:サイベックス

おすすめのチャイルドシート10.ブリタックス・レーマー アドバンザフィックスlll SICT

ブリタックス・レーマー 【日本正規品・条件付き無償交換保証あり】 チャイルドシート アドヴァンザフィックス III SICT ストームグレイ 9ヶ月~12歳頃対象 ロングユース ISOFIX&トップテザー固定 ADVANSAFIX BRX26111
  • 1歳から12歳まで、チャイルドシートが必要な年齢を通じて長く使えるから経済的
  • 衝突時にISOFIXコネクターが動く『ピボットリンクシステム』により、頭や頸部への衝撃を最小限にするから安心
  • 特殊形状の肩パッドや腰ベルトガイドによって、上半身にかかる力を低減するため負担がかかりにくい

ブリタックス・レーマーはメルセデスベンツ等のメーカー純正品を手がけたり、イギリス王室御用達のチャイルドシートの欧州トップブランド。このモデルはヘッドレストの高さを調整しつつ、1歳から12歳くらいまで長く使えるISOFIX対応のチャイルドシートです。

子どもの安全性に配慮し、いざという時の衝撃を抑える数々の機構が備わっているからとても安心。チャイルドシートには安全性だけでなく、子どもの身体への影響は最小限に抑えたいと考えているご家庭に最適です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:9ヶ月~12歳
  • 本体重量:11.2kg
  • 対象身長:-
  • 耐荷重:36kg
  • 取り付け方:ISOFIX
  • リクライニング機能:〇
  • メーカー:ブリタックス・レーマー

【4歳から10歳】ジュニアシートのおすすめモデル7選

ジュニアシートとは、チャイルドシートを卒業する4歳から10歳くらいまでの子ども専用の補助シートのことです。

身長が135cm未満、体重15kg~35kgまでの子どもに適しています。6歳を超えると法律上の義務はありませんが、安全のためにジュニアシートへの着座とシートベルトの着用をするようにしましょう。


おすすめのジュニアシート1. グレコ ジュニアプラス メトロポリタンGR

GRACO(グレコ) ジュニアシート ジュニアプラス メトロポリタンGR 3歳頃からロングユース 67170
  • ヘッドサポートやアームレストを調節でき、成長段階に応じて長く使える
  • シートベルトを通す部分を赤くしているから、取り付けも間違えず簡単にできる
  • 収納式カップホルダーだから、未使用時は出っ張らずスマートに使える

3~4歳児から学童期の12歳ころまで長く使えるロングユースタイプのコスパのいいジュニアシートです。リクライニングもできるから、ロングドライブで疲れた際に子どもが休むこともできます。

シートベルト式は個々の製品で違いがあり、取り付けしにくいという弱点がありますが、このモデルはベルト通し部分が赤くなっており、間違えにくく簡単に取り付け可能です。

価格も5,000円代とお手頃なので、長く使えるコスパのいいジュニアシートはまずはこちらを第一候補としてみましょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:3歳~12歳
  • 本体重量:3.6kg
  • 対象身長:96cm~145cm
  • 耐荷重:35.8kg
  • 取り付け方:シートベルト
  • リクライニング機能:〇
  • メーカー:グレコ

おすすめのジュニアシート2. アップリカ エアグルーヴ AG

アップリカ(Aprica) ジュニアシート 1歳頃から エアグルーヴ AG ネイビー 93500
  • シートカバーの着脱が簡単で、洗濯機で洗えていつでも清潔な状態を保てる
  • 成長に合わせてフォームチェンジしながら1歳から11歳まで長く使える
  • ヘッドサポートや3Dサポートクッションにより身体を受け止めてくれるから安心

シートカバーの着脱が簡単で、洗濯機で洗えていつでも清潔な状態を保てる人気のジュニアシートです。

着脱が簡単なことからわかる通り、成長に合わせてジュニアシートからブースターシートへとフォームチェンジできて長く使えます。

信頼あるアップリカ製だから安全性も高く、大型の深いヘッドサポートやシート全面の3Dサポートクッションにより身体を受け止めてくれるから安心。長く使えるジュニアシートが欲しいけれど、メンテナンス面を気にする人にはぴったりの製品といえます。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:1歳~11歳
  • 本体重量:チャイルドシートモード5.2kg、ジュニアシートモード5.0kg、ブースターシートモード1.8kg
  • 対象身長:75cm~140cm
  • 耐荷重:36kg
  • 取り付け方:シートベルト
  • リクライニング機能:〇
  • メーカー:アップリカ

おすすめのジュニアシート3. アップリカ エア ライド AB

アップリカ(Aprica) ジュニアシート 3歳頃から エアライド AB アイリスネイビー NV 2049066
  • 予算少なめでも満足いくアップリカの廉価モデル
  • 成長に合わせて使えるシンプルな2WAY式で使い方も簡単
  • 軽量・コンパクトだから、複数の車に乗る子ども用のチャイルドシートとして最適

予算を控えめでもしっかりしたジュニアシートが欲しいなら、1万円を切る価格のアップリカの廉価モデルがおすすめです。

3歳から11歳まで成長に合わせて、背もたれつきのジュニアシートや、背面を外した座席のみのブースターシートに変更できる2WAY式で使い方も簡単。シンプルな構造で、軽量・コンパクトのため、複数の車の間で載せ替えもしやすい。

価格優先でジュニアシートが欲しいけけど、品質も気になる方は有名メーカーの廉価モデルで決まりです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:3歳~11歳
  • 本体重量:ジュニアシートモード4.5kg、ブースターシートモード1.7kg
  • 対象身長:-
  • 耐荷重:36kg
  • 取り付け方:シートベルト
  • リクライニング機能:〇
  • メーカー:アップリカ

おすすめのジュニアシート4. グレコ ジュニアプラス DX(グレコ×マイメロディ 限定モデル)

GRACO(グレコ) ジュニアシート ジュニアプラスDX マイメロディPK 3歳頃からロングユース 67399
  • 人気キャラクターのマイメロディとのコラボモデルで、女の子も喜んで車に乗ってくれる
  • 3歳から11歳まで使えるから、長く愛用できる
  • 座り心地や安全面も考慮されているから安心して使える

人気の『マイメロディ』の総柄ファブリックに、マイメロディのたれ耳とリボンをモチーフにしたシートで、女の子でも車でのお出かけが楽しくなる逸品です。

ベースモデルはグレコの『ジュニアプラスDX』で、3歳から11歳まで長く使えるロングユースタイプだから長く愛用できます。

見た目に可愛いだけでなく機能性にも優れており、頭部側面の二重衝撃吸収構造や座面の衝撃吸収素材により安全性や座り心地も抜群。

設置に固定が不要な設計なので、載せ替えや持ち運びも楽にできます。ジュニアシートに機能性だけでなく、女の子が喜ぶデザイン性も求めるなら、こんなキャラクターモノを検討してみてはいかがですか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:3歳~11歳
  • 本体重量:3.8kg
  • 対象身長:-
  • 耐荷重:36kg
  • 取り付け方:シートベルト
  • リクライニング機能:〇
  • メーカー:グレコ

おすすめのジュニアシート5. マキシコシ ロディフィックス エアプロテクト

マキシコシ 【日本正規品・条件付き無償交換保証あり】 チャイルドシート ロディフィックス エアプロテクト ノマドサンド 4歳~12歳頃 ISO-FIX固定も可能 ジュニアシート QNY8824332120
  • マキシコシのフラッグシップモデルで、ジュニア専用だから使いやすい
  • 高級感があるデザインで車のインテリアに自然に馴染む
  • 『エアプロテクト』により頭部側面を守り、ISOFIXにも対応するから安全性も高く安心

「マキシコシ」は50年以上の歴史を持つオランダのチャイルドシートのブランドです。4歳から12歳くらいまでに対応する典型的なジュニアシートで、兼用モデルでないから子どもにとっても無理がなく使いやすいのがポイント。

頭部側面を守る『エアプロテクト』やISOFIX対応など、メーカーのフラッグシップモデルだから品質や機能、安全性も担保されており安心です。

ファブリックも高級感があり、車内のインテリアに馴染むからジュニアシートのある空間だけ悪目立ちしません。子どもにはきちんとした品質と安心感、デザイン性のあるものを買い与えたいと願う方におすすめします。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:4歳~12歳
  • 本体重量:6.15kg
  • 対象身長:-
  • 耐荷重:36kg
  • 取り付け方:シートベルト、ISOFIXの双方に対応
  • リクライニング機能:〇
  • メーカー:マキシコシ

おすすめのジュニアシート6. エールベベ サラットハイバックジュニア クワトロ

カーメイト エールベベ サラットハイバックジュニア クワトロ 3歳から11歳用ジュニアシート(軽量&通気性強化モデル) ブラック
  • シート全面に大口径ホールやメッシュ生地を配し、通気性を強化しているから蒸れにくい
  • 通気性を高めつつ、頭部側面の衝撃に対応し安全性を確保しているから安心
  • 可動式ヘッドレスト、丸洗い可能なカバーで長期での利用もしやすい

暑い時期やロングドライブ時の蒸れが気になるなら、通気性を強化したジュニアシートを使えば快適でいられます。

頭部や背面、座面の広範囲にわたるメッシュ生地や22個の大口径ホールにより、通気性が抜群で、乗車後に汗で服を濡らしたりするも少なくなるでしょう。

頭部の側面への衝撃を抑えるヘッドプロテクションの高い安全性や、可動式ヘッドレスト、丸洗いできるカバーで、長期の利用も安心です。チャイルドシート利用後の汗が気になるなら、こちらのジュニアシートに乗り換えてみてはいかがですか。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:3歳~11歳
  • 本体重量:5.64kg
  • 対象身長:100cm~145cm
  • 耐荷重:36kg
  • 取り付け方:シートベルト
  • リクライニング機能:〇
  • メーカー:エールベベ

おすすめのジュニアシート7.レカロ ジェイスリー

Recaro シートベルト固定 ジェイスリー ジェットブラック RK270.551 3歳~ (1年保証)
  • スポーツシートメーカーのレカロ製なので、品質や座り心地も抜群
  • 大型サイドプロテクションに通気ホールとメッシュカバーで安全性と通気性を両立
  • 体圧を効率的に分散するエルゴノミクスクッションで、長時間ドライブでも疲れにくい

「レカロ」は大人が憧れるスポーツシートで有名な各種シートのメーカーです。シートの品質や座り心地が抜群で、世界の自動車メーカーのプレミアムモデルに採用されています。

身体を包みこむように支える大型サイドプロテクションは、安全だけでなく通気性も高い。体圧分散が効率的な高密度クッションパッドもあって長時間のドライブも快適です。

小さな子にも高品質で座り心地の良いレカロのシートに乗せてあげて、日常のドライブを特別な体験にしてあげましょう。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 対象年齢:3歳~12歳
  • 本体重量:5.8kg
  • 対象身長:-
  • 耐荷重:-
  • 取り付け方:シートベルト
  • リクライニング機能:-
  • メーカー:レカロ

安心はどれ?チャイルドシートの人気メーカー7選

子ども用品を気に入ったブランドから選ぶ傾向が高いのは、安全性を第一に考える方が多いから。それでは、チャイルドシートのメーカーやブランドにはどんなものがあるのでしょうか。

人気のチャイルドシートのメーカーやブランド、その特徴を知って購入の参考にしてみましょう。


人気メーカー1. 『combi(コンビ)』

コンビは日本を代表するベビー用品の総合メーカーで、赤ちゃん向けの視点が強く、ベビーシート製造に強いです。

赤ちゃんの頭部を守るための独自の超衝撃吸収素材『エッグショック』が有名。安全性だけでなく、通気性や遮光など赤ちゃんの快適性も考慮した機能性の高いベビーシートがあります。

生まれて間もない新生児のベビーシートを考えているなら、コンビ製を検討すると良いでしょう。

コンビのチャイルドシートを見る


人気メーカー2. 『Aprica(アップリカ)』

アップリカはベビーカーを中心とするベビー用品ブランドで、ベビーシートに強く、新生児用のシートを検討する場合には第一候補にあがるでしょう。回転式のベビーシートでは国内で先駆け的な存在でもあります。

使い勝手も考えられた構造で、ベビーシートを後ろ向きからドア側に片手で回転できるから、車をよく利用するパパやママたちから好評です。

さらに、ベビーシートは平らなベッド状で、赤ちゃんが自然な寝姿勢で安定するから世話もさせやすい。車に乗る時の赤ちゃんや保護者の負担を軽く済ませたいならアップリカがおすすめです。

アップリカのチャイルドシートを見る


人気メーカー3. 『GRACO(グレコ)』

「グレコ」は世界80ヵ国以上で愛用されているグローバルな育児用品メーカーです。世界規模のスケールメリットを生かしたリーズナブルな価格と高品質のバランスのいい高コスパのチャイルドシートがあります。

新生児から使えるチャイルドシートから、ジュニアシートまで幅広く展開。特にジュニアシートは子どもが喜ぶポップなデザインや、キャラクターコラボの限定品が好評です。

子どもが喜んで車に乗りたがるようなチャイルドシートを買い求めるならグレコの製品から選ぶといいでしょう。

グレコのチャイルドシートを見る


人気メーカー4. 『Maxi-Cosi(マキシコシ)』

「マキシコシ」は北欧のオランダらしいデザインが特徴のチャイルドシートのグローバルブランド。

新生児向けのベビーシートを展開していて、ベビーカーとベビーシートをドッキングできるトラベルシステムなら、赤ちゃんとのお出かけも楽になります。

外国製品はサポートに不安がありますが、日本の会社のGMPインターナショナルがアフターサポートをしてくれるから安心。北欧デザインや安全性、機能性に惹かれる方におすすめです。

マキシコシのチャイルドシートを見る


人気メーカー5. 『サイベックス』

「サイベックス」は2005年設立のドイツの企業で、安全性と機能性、デザイン性を兼ね備えたチャイルドシートが特徴です。

一流の技術者による高品質と安全性、国際的なデザイナーによる現代的な商品デザインにより、世界的な人気を集めつつあります。

特にドイツらしい安全性のこだわりがあり、ISOFIXに対応した製品が多いのも特徴。ヨーロッパのモダンなデザインや「ISOFIX」による確実な安全性の発揮に魅力を感じる方にぴったりのブランドです。

サイベックスのチャイルドシートを見る


人気メーカー6. 『リーマン』

「リーマン」は愛知県のチャイルドシート専業メーカーで、シンプルかつ安全性能重視の製品づくりを得意としています。

安全性を優先するとかさが張って重量も増しますが、リーマン製は安全性を犠牲にせず、無駄を削ぎ落しリーズナブルな価格を実現、軽量で女性でも扱いやすく軽自動車にも載せやすいのが特徴です。

チャイルドシートのラインナップが豊富で、シートベルト式だけでなくISOFIXモデルの選択肢もいくつかあります。質実剛健なベビーシートやチャイルドシートを求めるならば、リーマン製を選びましょう。

リーマンのチャイルドシートを見る


チャイルドシートの正しい設置場所とは?

チャイルドシートは、もしもの際の衝撃を受け止めるために運転席側の後部座席に取り付けるのが基本です。次いで運転席から子どもの様子を確認しやすい助手席側の後部座席にするのが良いでしょう。

逆にふさわしくないのは、2点式のシートベルトが設置されている後部座席の中央部です。

市販のチャイルドシートは原則3点式のシートベルトを利用するため、子ども2人と保護者が後部座席に乗る時は保護者が中央部に座ります。

助手席にはエアバッグがありますが、万一の際の衝撃を受けやすいため設置は避け、できるだけ後部座席の運転席側を利用するようにしましょう。


子供の安全を守る「最高のチャイルシート」を選んでみて

6歳以下の子どもが車に乗る時はチャイルドシートの着用が法律上義務づけられています。

普通車のシートベルトは140cm以上の成人を対象にしているから、12歳くらいの子どもには補助シートをつけてあげましょう。

ただし、チャイルドシートは一生に多くとも3つまでしか使わないから、どんなものを選べば良いか迷ってしまうのは当然です。

この記事の選び方や年齢に応じた具体的なおすすめアイテムを参考に、ご家庭の事情や予算、デザインの好みに応じてチャイルドシートを選んでみてくださいね。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事