【2019】人気のスロークッカーとは?おすすめの低温調理レシピも大公開

忙しい毎日に自動調理をしてくれる「スロークッカー」はとても便利ですよね。そこで今記事では、スロークッカーのメリット/デメリットや、スロークッカーで作れる人気レシピ(角煮、焼き芋、おでん)、失敗しない選び方を解説!さらにはおすすめのスロークッカーから、外さないメーカーまでお教えします。

「スロークッカー」とは?

スロークッカー

スロークッカーとは、電気加熱式の鍋型調理器具です。

材料を入れてスイッチを押すと、沸騰する直前の温度でじっくりと火を通して自動的に美味しい煮込み料理やスープなどが完成します。

元々欧米ではポピュラーな家電ですが、近年日本でも著名になり、多くの料理をする男女の心強い味方になっています。

また後ほど紹介する温度を調整して「温度制御タイプ」もスロークッカーと言われる事も多いです。こちらについても後ほど、おすすめ商品を紹介します。


スロークッカーのメリット

材料を入れるだけで美味しい料理が完成するスロークッカーには、3つのメリットがあります。

  • 自動的にできるので空いている時間を活用できる
  • 料理が失敗なく美味しく作れる
  • ガスコンロを使わないので時短、安全面も

スロークッカーとは、材料を入れてスイッチを入れて置けば、設定した時間に料理ができあがります。

仕事などに出かける前にスロークッカーをセットしておけば、帰宅と同時に夕食のおかずが一品出来上がっている、といった使い方も可能です。

また、沸騰する直前の温度でじっくり火を通すため、ふろふき大根や角煮なども煮崩れもなく味がしみた美味しい料理を誰でも作れます。今まで料理経験がない、初めて一人暮らしをする人でもスロークッカーなら失敗なく料理が作れるでしょう。

最後に、ガスコンロを使わないため長時間かかる煮込み料理などもずっと見張っている必要がありません。

ガス代や電気代の節約になるだけでなく、ガスコンロが空くので他のメニューと同時調理もできます。

また、火を使わないため小さいお子さんのいる家庭など、キッチンの安全面に配慮したい家庭にもおすすめです


スロークッカーのデメリット

スロークッカーのデメリットは、すぐに料理を作りたい時には向かないことです。

じっくり低温で調理していくため、一品できるのに時間がかかります。

「できるだけ早く料理を出さなければいけない」時には不向きです。

また、鍋型の調理家電のため据え置きとして使用します。煮込んで作るメニューが中心のため、サイズの多い製品が多いです。

使っていない時にもある程度のスペースが必要なため、キッチンのスペースによっては手狭に感じることもあるでしょう。


スロークッカーで作れるおすすめレシピ

空いている時間を利用してメニューが作れるスロークッカーですが、じっくり低温で火を通していくため活用するといつもの料理ももっと美味しく作れます。

次に、スロークッカーで作れるおすすめのレシピを5つ見てみましょう。


おすすめレシピ1. カレー

煮込み料理の代表格であるカレーは、スロークッカーを使うと一度に大量作ることができます。

さらに、カレーの中にあるじゃがいももスロークッカーなら低温でじっくり火を通していくため煮崩れする心配がありません

具材がゴロゴロ入った美味しいカレーも、スロークッカーなら簡単に作れます。

カレー一品だけで夕食のおかずになるため、お出かけ前にセットして帰宅するとカレーができている、という使い方もできます。


おすすめレシピ2. 焼き芋

オーブンや直火で焼き芋を作ると、表面は焦げて中は生焼け、ということがあります。

スロークッカーは無水調理も可能ですので、焼き芋を失敗なく作るのにもおすすめです。

表面は焦げ付かず、中まで低温でしっかり火を通せますので、焼き芋本来の甘さも引き出せます。

また、焼き芋をそのままスロークッカーにかけることで表面の焦げ付きが気になる場合は、焼き芋用の芋をアルミホイルで巻いた状態で作れば焦げ付かないようになります。オーブンなどの直火調理とは一味違った焼き芋が食べたい人にもおすすめです。


おすすめレシピ3. 角煮

スロークッカーを使ってお魚やお肉のメニューを作ると、低温でしっかりじっくり火を通します。角煮も塊肉からとろけるように柔らかい仕上がりにできます。

角煮も、スロークッカーなら中までしっかり火が通って失敗がありません。

塊肉も箸で切れる柔らかさに加えて、味も奥までしっかりしみ込ませられるため美味しい角煮も出来上がるでしょう。

さらにスロークッカーなら豚の塊肉で作る角煮と一緒に、煮卵も作れます。


おすすめレシピ4. おでん

だしを沸騰しない温度で長時間煮込むおでんは、まさにスロークッカーにぴったりのメニューです。

スロークッカーなら沸騰しない温度で、しっかりとおでんの具材を煮込むことができます。

また、電気式のスロークッカーなら自動で仕上げてくれるため、出来上がりまで長時間ガスコンロの前で火の番をする必要もありません。

練り物の他、卵や昆布、じゃがいもや大根、牛すじと異なる具材を同時に煮込んでも、スロークッカーなら均等に美味しく味をしみ込ませてくれます。


おすすめレシピ5. 肉じゃが

お肉と野菜を使って作る肉じゃがは、スロークッカーで作ると煮崩れの心配もありません。

じゃがいもは形を保ったまま、中まで火を通して柔らかく仕上げてくれます。

また肉じゃがに使うお肉も、スロークッカーなら野菜のうまみを吸収してくれるので、とろけるような柔らかさとうまみが同時に楽しめます。

時間をかけてじっくりと火を通しますので、具材にしっかりと味がしみこんだ肉じゃががスロークッカーなら簡単に作れます。


自分に合ったスロークッカーの選び方

スロークッカーは、色々なメーカーから幅広い製品が発売されています。

料理のシーンや用途など、自分に合ったスロークッカーを選ぶには、覚えておきたいポイントがあります。

次に、スロークッカーの上手な選び方のポイントを4つ見てみましょう。


スロークッカーの選び方1. 容量で選ぶ

スロークッカーは、製品によって鍋の容量が異なります。

実際にどのくらいの料理を作るか、料理を食べる人数は何人かで鍋の容量を選びましょう。

例えば一人暮らしの場合は1L前後の容量の物ならちょうど良い分量のメニューが作れますし、サイズもコンパクトなためキッチンのスペースも圧迫しません。

育ち盛りの子供がいる、家族4~5人で食べたいなどの場合は大きめサイズの2.5L以上のスロークッカーを選ぶと、一度に大量の量を作れます。


スロークッカーの選び方2. 必要な機能がついているか

スロークッカーをどんな用途やシーンで利用したいかを考え、欲しい機能がついている製品を選ぶのも上手な選び方のポイントになります。

例えば、予約調理機能やタイマーがついていれば、指定の時間に料理ができあがります。主にお出かけ前にセットして帰宅後のメニュー作りに活かしたい場合に必須の機能です。

他にも、調理メニューのクイックボタンや指示機能付きなら、幅広い料理を簡単に作れます。料理別の説明書がついている一台なら、料理をしたことない一人暮らしの人でも安心です。


スロークッカーの選び方3. お手入れがしやすい設計になっているか

スロークッカーは材料を入れて調理をするため、できるだけ清潔に使いたい人も多いです。

毎日スロークッカーを使うなら、できるだけお手入れがしやすい製品を選ぶと、掃除の手間やストレスを感じず快適に使用できるでしょう。

鍋の内側がフッ素加工になっていて汚れが付きにくいもの、本体がステンレス製でふき取るだけで汚れが落ちるもの、鍋だけでなく蓋も取り外して水洗いができるものなど、お手入れのしやすさで選ぶのも選び方の一つです。


スロークッカーの選び方4. 温度調節機能の有無で選ぶ

作りたいメニューによって温度の微調整ができるのが、温度調整機能です。

クイックメニューやメニュー指示機能がついていない製品でも、温度調整機能があればより幅広いメニューを美味しく作れます。

クイックメニューや指示機能のある製品は、コストが高くなってしまいがちですが、温度調整機能のみのものならコストを抑えることも可能です。

コストを押さえつつも、幅広いメニューにチャレンジしたり、失敗なく料理を作りたい製品を求めている時は、温度調整機能付きを選びましょう。


スロークッカーのおすすめ15選。毎日の料理が楽しくなる人気商品一覧

スロークッカーを選ぶポイントをふまえた、おすすめ製品を15台紹介します。

製品ごとの特徴や魅力、どんなシーンや人に向いているかも合わせて解説していますので、納得のスロークッカー選びにぜひ役立ててください。


お鍋タイプのスロークッカー10選

最近では主流になってきた「お鍋タイプ」のスロークッカーは、専用のお鍋に1タッチボタンで料理ができるという優れもの。

そのメーカーならではの特別な昨日が付いていることが多いため、自分に最適な一台を選ぶようにしましょう。


おすすめスロークッカー1. ツインバード スロークッカー 3L EP-4717BR

ツインバード スロークッカー ブラウン EP-4717BR

機能性とデザイン性を兼ね備え、さらにコスパの良いスロークッカーを探してる人におすすめの製品です。

白とブラウンのシンプルな陶器を採用し、デザイン性とお手入れのしやすさを両立させています。

指示通りにメニューと具材を入れるだけで美味しい料理が完成するレシピブックもついているので、初めて料理をする人でも簡単に美味しいメニューが幅広く作れます。

温度調整機能は、ワンタッチのボタン式で簡単に切り替え可能。シンプルで使いやすい製品を求めている人にもおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 使用人数:一人暮らし~二人暮らし向き
  • 容量:0.6~2.4L
  • タイマーの有無:無
  • 温度調節:強、弱の二段階
  • 定格消費電力:強:200W、弱:130W

おすすめスロークッカー2. アイリスオーヤマ スロークッカー 1.6L PSC-20K-W

アイリスオーヤマ スロークッカー ホワイト PSC-20K-W

白のシンプルなデザインにコンパクトなサイズが特徴の製品です。

最大容量も1.6Lで場所を取らないため、一人暮らし用のスロークッカーを探している人や、キッチンのスペースが限られている人にもおすすめと言えます。

ダイヤル式で保温、強、弱を切り替えるシンプル設計で使いやすいのも特徴。

本体自体のコスパも良いですが、一時間当たり約3.1円と電気代をおさえられるのも魅力です。トータルコスパを良くしたい人にもぴったりの製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 使用人数:一人暮らし向き
  • 容量:約0.5~約1.6L
  • タイマーの有無:無
  • 温度調節:保温、強、弱の三段階
  • 定格消費電力:保温:60W、弱:115W、強:175W

おすすめスロークッカー3. シロカ 電気圧力鍋 4L SP-4D151 モデル

siroca 電気圧力鍋 SP-4D151 レッド [1台6役(圧力・無水・蒸し・炊飯・スロー調理・温め直し)/大容量4Lモデル]

シロカらしさが感じられるアイコニックな白の他、情熱的な赤のカラー展開もあり、インテリア性も高くなっている製品がこちらです。

無水カレーや肉じゃが、豚の角煮やふろふき大根などのスロークッカーでぜひ作りたい10種類のメニューがプリセットされているため、材料を入れてワンタッチで失敗なく美味しいメニューが作れます。

毎日のおかずづくりに活用したい人にもおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 使用人数:二人暮らし~ 家族向き
  • 容量:調理容量 2.6L、呼び容量 4L
  • タイマーの有無:有(白米、玄米のみ)
  • 温度調節:保温機能及び10種類のプリセットメニュー
  • 定格消費電力:800W

おすすめスロークッカー4. シャープ ヘルシオ ホットクック 2.4L KN-HT24B-R

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ホットクック 水なし自動調理鍋 2.4L 大容量タイプ レッド KN-HT24B-R

スロークッカーでより美味しいメニューを作りたい時に選びたい製品がこちらです。

食材のうまみを閉じ込める独自の旨味ドリップ加工や、適切な火加減やかき混ぜ具合の自動コントロールなど、より美味しく仕上がる機能が充実しています。

容量も2.4Lと大きめなので、たくさんのメニューを作りたい人や家族向けのスロークッカーを探している時にもおすすめです。

汚れが気になるパーツは、全て取り外して丸洗いできるお手入れのしやすさも魅力。

日々の家事をより手軽にしたい人や、大人数の料理をまとめて作りたい人に向いています。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 使用人数:家族向き
  • 容量:1.6L~2.4L
  • タイマーの有無:有
  • 温度調節:自動調整
  • 定格消費電力:600W

おすすめスロークッカー5. 象印 電気圧力鍋 1.5L EL-MB30AM-VD

象印 電気圧力鍋 1.5L 煮込み自慢 ボルドー EL-MB30AM-VD

魔法瓶技術の高さで人気のメーカー「象印」が作った電気圧力鍋です。

可変圧力、一定圧力と独自の2通りの圧力方式をメニューによって使い分けているため、食材のおいしさを引き出したこだわりメニューを作りたい人も大満足です。

また温度調節は10℃ごとに可能。一般的な煮込みメニューの他発酵食品などの温度調整が難しいメニューも作れます。

スロークッカーでより料理の幅を広げたい人や、ワンランク上のメニュー作りをしてみたい人にも向いている製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 使用人数:二人暮らし向き
  • 容量:1.5L
  • タイマーの有無:有
  • 温度調節:100~40℃まで10℃刻みで可能
  • 定格消費電力:1200W

おすすめスロークッカー6. ティファール CY8511JP

ティファール T-FAL CY8511JP

調理器具で人気の「ティファール」がリリースした製品です。

本体に内蔵されているレシピはなんと150種類以上、下準備をして材料を入れてボタン一つで美味しいメニューができあがります。

さらに、スロークッカーの「調理に時間がかかる」デメリットを払しょくした、15分でできる時短レシピも内蔵されています。

たっぷり6Lの容量も魅力。忙しい中でも家族に色々なメニューを作りたい共働きの主婦の方など、利便性を重視したスロークッカーを探している人にぴったりの製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 使用人数: 家族向き
  • 容量:6L
  • タイマーの有無:自動調理
  • 温度調節:自動調理
  • 定格消費電力:1200W

おすすめスロークッカー7. ワンダーシェフ 電気圧力鍋 3L OEDA30

ワンダーシェフ 電気圧力鍋 3L OEDA30 浜田陽子クッキングブック付き

スロークッカーとしてはもちろん、炊飯器や蒸し器など幅広い用途が1台に凝縮した製品です。

スロークッカーモードの場合は、ガラス蓋を使用するため実際に調理しているものが目視できます。

内釜はフッ素加工で汚れが付きにくく落としやすい、さらに内蓋も外して丸洗いができるのでお手入れも簡単。

色々な機能を1台にしてキッチンの省スペースを考えている人や、毎日のメニュー作りに活用したい人までおすすめの製品といえます。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 使用人数:二人暮らし向き~家族向き
  • 容量:3L、4L
  • タイマーの有無:有
  • 温度調節:自動調整
  • 定格消費電力:-

おすすめスロークッカー8. パナソニック マイコン電気圧力なべSR-P37-N

Panasonic マイコン電気圧力なべ ノーブルシャンパン SR-P37-N

日本を代表する大手家電メーカーの一つ「パナソニック」から発売されている製品です。

3段階の温度調整が可能なスロークッカーモードに加えて、調理の下ごしらえもおまかせの下ごしらえモード、白米や玄米の炊飯もできます。

内釜はダイヤモンドフッ素加工を施し、汚れや傷に強く耐久性の高さとお手入れのしやすさを両立しています。

コードは引っかかっても取れるマグネットプラグ式のため、万が一踏んでしまっても安心です。

機能面でのバランスの良い一台を探している人におすすめのスロークッカーと言えます。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 使用人数:二人暮らし向き ~ 家族向き
  • 容量:2.4L
  • タイマーの有無:マイコン制御
  • 温度調節:約70℃、85℃、95℃の三段階
  • 定格消費電力:800W

おすすめスロークッカー9. ショップジャパン プレッシャーキングプロPKP-NXAM

ショップジャパン 【公式】プレッシャーキングプロ 電気圧力鍋 炊飯器 無水調理 蒸し料理 PKP-NXAM

タッチパネル式のボタンで、圧力調理による無水調理、煮込み料理はもちろん、炊飯や蒸し料理も可能です。

最大で24時間後までセットできるタイマーがついているため、外出先から戻ってきた時はもちろん、朝食用のお米やスープを夜のうちに仕込んでおくこともできます。

また、再加熱機能や保温機能もついているため、作ったメニューを家族バラバラの時間に食べたい場合も便利です。

子供とお父さんの帰宅時間が異なる家庭など、幅広い時間帯にスロークッカーを使いたい人におすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 使用人数:二人暮らし向き ~家族向き
  • 容量:2.4L
  • タイマーの有無:有
  • 温度調節:自動
  • 定格消費電力:-

おすすめスロークッカー10. アルファックス・コイズミ スロークッカー煮込み名人 JSC-T25/ST

アルファックス・コイズミ スロークッカー・タイマー付 2.5L 煮込み名人 ステンレス JSC-T25/ST

汎用性の高いスロークッカーを探している人におすすめの製品です。

こちらは内鍋を外して直火にかけることもできます。ある程度火を通した状態からスロークッカーとして使用できるため、時短メニューを作りたい時や、仕上げの火の番だけを省きたい時にも使えます。

もちろん、スロークッカーとしても使用可能。

本体もステンレス製で錆や汚れに強く、汚れも落としやすい利便性も。

スロークッカーとしての用途に加えて、幅広く使いたい人にも向いている製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 使用人数:二人暮らし向き~家族向き
  • 容量:2.5L
  • タイマーの有無:有
  • 温度調節:強、弱、保温の三段階
  • 定格消費電力:強210W、弱120W、保温90W

水温制御タイプのスロークッカー5選

料理の火加減がなかなか上手にできない人におすすめなのが、適切な温度管理をしてくれる低温調理タイプのスロークッカーです。

お鍋などにセットするだけで適切な温度に制御してくれるタイプのおすすめスロークッカーを5つご紹介します。

色々な商品を比較して選びたい人もぜひ参考にしてください。


水温制御タイプ1. Wancle 低温調理器 Sous Vide

Wancle 低温調理器 Sous Vide 真空調理器 お料理用 水温制御クッカー イマージョンサーキュレーター、ホワイト【赤字覚悟・在庫徹底処分】 (白)

水温制御タイプの低温調理器の場合、製品自体の重量が重いため扱いづらい事があります。

こちらは大きなハンドルがついているため、片手でも楽々操作できるタイプのスロークッカーです。 また、海外メーカー製が多い低温調理器の場合、変圧プラグが必要ですがこちらはプラグの変換アダプターも付属しているため、すぐに使用できます。

初めて低温調理器タイプのスロークッカーを使う人でも、扱いやすい製品です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 温度調節:例.25~99.9℃
  • タイマーの有無:有
  • 定格消費電力:850W

水温制御タイプ2. サンコー マスタースロークッカー SOVDCOOK

簡単に低温調理ができる「マスタースロークッカー」 SOVDCOOK ※日本語マニュアル付き サンコーレアモノショップ

水温制御タイプのスロークッカーでも、変圧プラグやマニュアルなどの不安なく使いたい人におすすめの製品です。

こちらは、日本メーカーであるサンコーがリリースしているスロークッカーですので、もちろん日本製。そのまま使用できますし、マニュアルも日本語です。

また、手にしやすい価格帯も魅力。お試しで水温制御タイプのスロークッカーを購入したい人や、既に鍋タイプのスロークッカーを持っていて、料理メニューの幅を広げたい人にもおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 温度調節:25~99℃
  • タイマーの有無:有
  • 定格消費電力:850W

水温制御タイプ3. Rarewell 低温調理器 SousVide

レアウェル Rarewell 低温調理器 真空調理 SousVide 100Vコンセント 1000W 日本企画 一年保証

水圧制御タイプは、温度調整がきちんとできているか不安という人も多いです。

大きめのディスプレイで扱いやすい製品がこちら。さらに、日本規格品のため変圧プラグなども必要ありません。

万が一お鍋の水圧が下がったり、温度が上がりすぎたりした場合はアラームとともに自動停止する安全機能もついています。

さらに、スマホ連動や遠隔操作機能がない代わりに手にしやすい価格も実現しているのも魅力です。

シンプルかつ安全に低温調理器を使いたい人にもおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 温度調節:室温~99.9℃
  • タイマーの有無:無
  • 定格消費電力:1000W

水温制御タイプ4. OMorc 低温調理器 Sous Vide

OMorc 低温調理器 真空低温調理機 Sous Vide お料理用 水温制御クッカー 家庭用 真空パック機のベストパートナー レシピ 日本語説明書付き 【12ヶ月品質保証】

できるだけシンプルな機能で、リーズナブルな低温調理器を求めている人の選択肢に入る製品です。

スマホ連動やなどの機能性がない代わりに、細かい温度調整ができるなどシンプルに使えて低コストを実現しています。

それだけでなく、安全に配慮した素材を使用するなど細かい安全性の高さも魅力。

海外仕様のため変圧プラグが必要ですが、扱いやすく安全性の高い製品を求めている人にもおすすめです。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 温度調節:25~99℃
  • タイマーの有無:有
  • 定格消費電力:850W

水温制御タイプ5. BONIQ 真空低温調理器

【真空低温調理器】欧米で人気 ミディアムレアのお肉が作れる BONIQ ボニーク (黒)

日本にも水温制御タイプの気軽に使用できる製品を作りたい、という希望から生まれた製品です。

日本製のためそのまま使える安心感と性能の高さが光る低温調理器。

さらに、水温制御タイプのスロークッカーは重さがあり、お鍋につけるのも難しい場合もありますが、こちらはなんと1.2kgの計量モデルです。

初めて水温制御タイプを使いたい女性でも簡単に扱えるため、プレゼントとしても人気です。

Amazonで詳細を見る


商品ステータス
  • 温度調節:5~100℃
  • タイマーの有無:有
  • 定格消費電力:800W

【参考記事】はこちら▽


スロークッカーで外さないおすすめメーカー

スロークッカーは、幅広いメーカーから発売されていますが、特に人気の製品をリリースしているメーカーを選べば失敗がありません。

製品を比較しながら選びたい人にも役に立つ、スロークッカーのおすすめメーカーを特徴ごとに見てみましょう。


おすすめメーカー1. アイリスオーヤマ

宮城県仙台市に本社のある「アイリスオーヤマ」は、全て自社で企画し製造、販売を手掛けているのが特徴のメーカーです。

販売している製品の半数以上を新商品にするという目標を常に掲げており、コスパが良いながら人気のトレンドを取り入れた製品を豊富にリリースしています。

スロークッカーは、一人暮らし用のコンパクトサイズが多いのが特徴。

最低限の機能を押さえつつもコスパの良い製品を探している人におすすめです。


おすすめメーカー2. siroca(シロカ)

siroca 電気圧力鍋 SP-4D151 ホワイト [1台6役(圧力・無水・蒸し・炊飯・スロー調理・温め直し)/大容量4Lモデル]

日本でスロークッカー人気に火をつけたメーカーといえば、「シロカ」は外せません。

アメリカ発祥のスロークッカーは、大鍋の容量の大きいタイプが一般的でしたが、シロカは日本の家庭向けにコンパクトサイズのスロークッカーを開発、販売しているメーカーとして有名です。

白や赤、オレンジといった一色カラーでデザインされた製品は、キッチンのインテリアとしても映えるデザイン性も兼ね備えています。

おしゃれなデザインと機能性を両立させたスロークッカーを求める人にぴったりのメーカーです。

シロカのスロークッカーを見る


おすすめメーカー3. ツインバード

ツインバード スロークッカー ブラウン EP-4717BR

トレンドに乗った製品を低コストで製造、販売するいわゆるジェネリック家電や製品で人気のメーカーが「ツインバード」です。

コスパの良い製品が多く、自社のプライベートブランドとして開発から製造販売まで一貫して行うことで低価格高品質を実現しています。

スロークッカーでも、コスパが良いながら使い勝手の良いシンプル機能の製品を多くリリースしているので、同価格帯で製品を比較しながら選びたい人にもおすすめのメーカーです。

ツインバードのスロークッカーを見る


おすすめメーカー4. SHARP(シャープ)

シャープ 自動調理 鍋 ヘルシオ ホットクック 1.6L 無水鍋 AIoT対応 ホワイト KN-HW16D-W

日本が誇る大手家電メーカーの一つが「シャープ」です。

日本らしい繊細、かつ高品質な家電製品を多くリリースしてきた特徴があります。

特に近年では、調理家電に力を入れて多くのヒット製品を生み出してきました。

スロークッカーの「ほっとクック」はもちろん、ワンタッチでIoTにも連動し、幅広い調理が可能なオーブンレンジ「ヘルシオ」など、忙しい女性の手間を省く便利なハイテク家電を多く発売している特徴があります。

シャープのスロークッカーを見る


スロークッカーを使用して料理の時短を目指してみて

日本ではまだ一般的ではありませんが、スロークッカーを使用すると空いている時間を活用した料理や、難しいメニューが初心者でも簡単にできるメリットが得られます。

さらに、電気代がかからないなど家計に優しい魅力も豊富にあるスロークッカーは、一人暮らしの人から共働きの女性まで、幅広い現代人のニーズに応えられる家電です。

自分の用途や使うシーン、実際に料理を食べる人数やメーカーごとの特徴を踏まえて製品を選べば、納得のスロークッカー選びができるようになりますよ。

【参考記事】はこちら▽

LINE はてなブックマーク
お気に入り

注目の記事

関連する記事